ハウスメーカー(注文住宅)

住友不動産の特徴を徹底分析!注文住宅の費用や間取りは?

投稿日:

住友不動産は、注文住宅以外にも、分譲マンションや
オフィスビル、ホテルや商業施設、仲介やリフォームなど、
さまざまな不動産業を展開している大手デベロッパー
です。

注文住宅においては、非常に優れた品質でありながら、
比較的手の届きやすい価格で提供しており、
毎年多くの人が住友不動産でマイホームを建てています。

ここでは、住友不動産の注文住宅のメリットや特徴、工法、
坪単価、実績などについて紹介していますので、
住宅メーカー選びの参考にしてください。

住友不動産で建てる注文住宅のメリットや特徴

住友不動産で建てる注文住宅のメリットや特徴

大手住宅メーカーの住友不動産が建てる注文住宅には、
さまざまなメリットや特徴があります。

ここでは、他の住宅メーカーと比較するためにも、
主なメリット・特徴を確認していきましょう。

万が一の際に備える「火に強い家」にこだわったハウスメーカー

住友不動産で建てる注文住宅は、
石膏ボードやグラスウールの使用、防火構造やファイヤーストップ構造、
省令準耐火構造への対応などにより、火災に強い住まいを実現しています。

特徴 内容
石膏ボード 住友不動産で建てる新築住宅の壁や天井には石膏ボードが使用されています。石膏ボードは約21%の結晶水を含んでいるため、火災の際に結晶水を放出し、温度上昇を防いで延焼を遅らせることが可能です。
グラスウール 住友不動産の注文住宅では、高性能断熱材グラスウールを使用しています。グラスウールは断熱性が高いだけでなく、国からも認定される不燃材で、火災時の延焼や類焼をくい止めます。
防火構造 住友不動産の家は、外壁や軒裏が防火構造となっているので、万が一、近隣で火災が発生した場合も燃え移りを防ぎます。
ファイヤーストップ構造 火の通り道を塞ぐファイヤーストップ材により、火災の際の延焼をくい止めます。
省令準耐火構造 住友不動産の家は、標準仕様で省令準耐火構造に対応しています。省令準耐火構造とは、建築基準法の準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造で、住宅金融支援機構の基準に適合する住まいのことです。外部からの延焼防止・各室防火・他室への延焼遅延の3つの特徴があります。

また、省令準耐火構造の家は、一般的な木造住宅よりも火災保険料がお得です。

「丈夫で長持ちする注文住宅」を実現してくれる

住友不動産の新築住宅は、いつまでも安心して暮らせる
丈夫で長持ちする住まいを実現
しています。

優れた防水性や防湿性で耐久性を向上し、
劣化対策等級・維持管理対策等級は、
どちらも最高ランクの3
です。

いつまでも、安心・快適な住まいを提供しています。

外壁通気工法

住友不動産で建てる新築住宅は、
壁内結露を防ぐために外壁通気工法を採用しています。

壁内に湿気が溜まり結露が発生してしまうと、
構造材の腐朽やカビ、ダニなどの原因になってしまいます。

外壁通気工法にすることで、壁内の通気性を高め
湿気を追い出し、結露の発生を防ぐことが可能です。

床下換気

地面からは非常に多くの水蒸気が発生するため、
床下には湿気が溜まりやすく、構造材の腐朽の原因となります。

住友不動産の注文住宅では、防湿フィルムを地面に敷いて、
基礎と土台の間には基礎パッキンを設置
しています。

従来の床下換気口より2倍近い換気量を実現でき、
床下の湿気をくまなく排出可能です。

優れた防水性

住友不動産の家は、アスファルトルーフィングを
屋根の下地に採用しています。

アスファルトルーフィングを使用することで、
釘穴からの水の浸入も防ぎ、高い耐久性を維持できます。

また、バルコニーには、耐水性の優れたFRP防水を使用しています。

透湿・防水・遮熱シート

住友不動産の注文住宅では、
外壁材の下地に透湿・防水・遮熱シートを使用しています。

壁の内側に水を通さず、内側の水蒸気は
屋外側に通すため、壁内の湿気を排出できます。

防蟻処理

住友不動産では、シロアリ対策も徹底しています。

家の土台の木材や土壌全面、外壁木部などに
シロアリを寄せつけない薬剤処理を施しています。
もちろん、使用している薬剤や人体や環境に影響のないものです。

断熱性が高く「快適でエコな暮らし」な新築住宅

住友不動産で建てる新築住宅は、Low-E複層ガラスサッシや
グラスウールなどを使用することで、優れた断熱性を実現しています。

一般的な木造住宅よりも約25%も年間冷暖房費の節約ができ、
省エネ・省コストでエコな暮らしが可能です。

Low-E複層ガラスサッシ

住友不動産の新築住宅では、開口部の断熱性を高めるために、
アルゴンガス入りのLow-E複層ガラスサッシを採用しています。

Low-E複層ガラスサッシは、一般的な複層ガラスよりも
断熱性が2倍以上
あります。

また、日差しを約60%、紫外線を約82%もカットできます。

グラスウール

住友不動産の家では、高性能断熱材である
グラスウールを採用しています。

天井や壁など、家全体にすき間なく
充填しており、快適な室内温度を保ちます。

透湿・防水・遮熱シート

透湿・防水・遮熱シートを使用することで、
赤外線を約85%反射し、水の浸入や湿気が溜まるのを防げます

騒音や生活音を低減した高品質な注文住宅

住友不動産で建てる新築住宅は、
吊り天井や三層床構造、複層ガラスサッシなどにより、
優れた遮音性を実現
しています。

外からの騒音や室内の生活音を低減できるため、
静かで心地よい暮らしが可能です。

グラスウール

住友不動産の家で採用している断熱材グラスウールは、
吸音性も優れています。

スピーカーの素材としても使用されるなど、
中高音域の騒音レベルを効果的に低減することが可能です。

吊り天井・三層床構造

住友不動産の新築住宅では、吊り天井・三層床構造を採用しています。

吊木を介して取り付ける吊り天井は、
2階で物を落とした時の音や足音を低減可能です。

また、2階の床面は三層床構造(フローリング・石膏ボード・構造用合板)となっており、
生活音の発生を効果的に低減
します。

複層ガラスサッシ

住友不動産で使用している複層ガラスサッシは、
外部からの騒音も約25dB低減できるため、
静かな室内空間をつくれます。

建て替えの後も安心が続く「アフターサービス」

住友不動産の新築住宅は、入居後も充実したアフターサービスがあるため、
末永く安心して暮らすことが可能です。

主なアフターサービスである、
長期保証とお客様センターの特徴は以下のとおりです。

30年長期保証

住友不動産で建てる新築住宅は、
入居後も長期保証により安心が続きます。

一般的な住宅メーカーは瑕疵担保責任の10年間だけ保証するケースが多いですが、
住友不動産は最大30年間の保証が付いています。

3ヶ月・1年・2年・10年点検をおこない、
有償のメンテナンス工事を実施することで、
10年間保証期間が延長され、最長30年間の保証が可能です。

お客様センター

住友不動産では、住まいや暮らしに関する相談・
要望に迅速に対応するため、24時間365日受付の
お客様センターを開設
しています。

困ったことがあれば気軽に相談が可能です。

強固な基礎構造・地盤

住友不動産の新築住宅は、強固な基礎構造・
地盤により、安心・安全の強い家づくりを実現しています。

高強度ベタ基礎

住友不動産の新築住宅では、高強度ベタ基礎を採用しています。

立ち上がり幅は150mm、基礎高は地盤面から430mmの独自のグランド基礎です。
住宅金融支援機構の基準を上回る構造となっています。

地盤調査・地盤改良工事

住友不動産では、着工前に全棟地盤調査を実施しています。

スウェーデン式サウンディング方式の地盤調査をおこない、
地盤の状況に最適な地盤改良工事をしています。

グッドデザイン賞を多数獲得

住友不動産で建てる新築住宅J・アーバンシリーズは、
これまでに何度もグッドデザイン賞を受賞
しています。

2003〜2004は「J・アーバン」、
2006〜2007は「J・アーバンコート」、
2007〜2008は「J・アーバンクリスタ」、
2013は「J・レジデンス」がグッドデザイン賞を獲得しており、

優れたデザイン性や機能性が高く評価されている証です。

住友不動産であれば、洗練されたデザインの家づくりができます。

住友不動産で採用されている工法

ここでは、住友不動産の工法や地震に強い
家づくりの技術について、確認していきましょう。

住友不動産で採用されている工法

地震に強い住まいを実現する「ウッドパネル工法」

住友不動産で建てる新築住宅は、以下の工法や地震対策によって、
地震に強い住まいを実現しています。

住友不動産の新築住宅の耐震性能は、最高ランクの3であり、
地震の揺れから家族や財産を守ります。

ウッドパネル工法

住友不動産の新築住宅J・アーバンシリーズは、
ウッドパネル工法を採用しています。

ウッドパネル工法は、軸組構造と面構造を組み合わせたものです。
地震等の外からの力を1点に集中させず、バランスよく受け止め分散・吸収します。

これにより、地震の揺れによる、建物の損傷や変形を防ぐことが可能です。

構造用接合金物

住友不動産のウッドパネル工法では、
接合部の強度を高めるために、構造用接合金物を採用しています。

構造用接合金物を使用することで、
外力によるねじれやゆがみに強い構造体を実現可能です。

パーティクルボード

住友不動産のウッドパネル工法は、
耐力面材にパーティクルボードを採用
しています。

パーティクルボードは、一般的な構造用合板より
強度が高く耐震性は約2倍です。

また、耐水性や耐腐食性も優れています。

剛床工法

ウッドパネル工法の床は、剛床工法を採用しています。

剛床工法は、梁や根太に構造用合板を直接留め付け
一体化したもので、水平剛性が高いのが特徴です。

パワーパネル

住友不動産で建てる新築住宅は、建物の1階にパワーパネルを採用しています。

パワーパネルは高倍率耐力壁のことで、壁倍率は11.1倍もあります。

高強度なため、住まいの耐力壁の量が少なくてすみます。
そのため、高い耐震性を保ちながら開放的な空間をつくることが可能です。

制震システム

住友不動産のウッドパネル工法は、
耐震構造+制震システムにより、
地震に強い住まいを実現
しています。

制震システムは、特殊粘弾性ゴムを組み込んだダンパーが、
地震エネルギーを熱エネルギーに交換して吸収することで、
地震の揺れを最大約50%低減可能です。

揺れを抑制できることで、
地震による建物の損傷や家具の転倒を防ぐことができます。

制震システムの特殊粘弾性ゴムは、100年経過しても劣化せず
ほとんど性能が変わらないことが実験で確認されています。

住友不動産の注文住宅の坪単価・見積もり

住友不動産で建てる注文住宅の坪単価は、40万円〜60万円程度となっています。

良質でアフターサポートも充実していますし、
「住友不動産」という大手ブランドの安心感もある家が、
40坪であれば約1,600万円〜約2,400万円で購入可能
です。

坪単価80万円前後の大手住宅メーカーもあるなかで、
比較的手の届きやすい価格帯と言えます。

もちろん、注文住宅の仕様によって価格は前後しますので、
しっかりと見積もりをとり、シミュレーションをして検討しましょう。

住友不動産の実績

住友不動産の注文住宅の着工件数は
約2,800件(2017年度)となっています。

大手住宅メーカーとしてのブランド力だけでなく、
確かな技術に裏付けされた品質やアフターサポートなどが評価され、
非常に多くの人が住友不動産で注文住宅を建てています。

管理人の一言

住友不動産さんは、言うまでもなく財閥系の超大手マンションデベロッパー及び、不動産会社です。それだけに注文住宅メーカーとしては逆に知名度はそれほど高くなく、住友不動産で家を建てたと言うと意外と感じる人もいるものです。

もちろん会社の規模も大きいので、住友不動産で家を建てているという人も実際にはかなり多くいます。どういったポイントが評価されているかと言うと、私が聞いた中では防水対策と感じました。家にとって湿気は大敵であり、特に木造住宅の場合躯体を構成する柱や梁の劣化にもつながります。また重量鉄骨の家でも、コンクリートに湿気が浸透してしまうとそこから湿気が入ってしまう恐れがあるので、たかが水分されど水分と言えるものなのです。

住友不動産さんで注文住宅を建てれば、防水対策が非常に念入りに行われているので、安心して長期に渡り住める注文住宅を作り上げられます。雨の多い地域では、住友不動産で家を建ててみるというのも良い選択でしょう。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.