愛車を守るガレージづくり

注文住宅の間取りとデザイン

注文住宅において愛車を守る使いやすいガレージ作りの秘訣は?

投稿日:

すでに自動車をお持ちの方や、これから購入する予定のある方は、
注文住宅を建てるにあたって、ガレージや駐車場を検討されていることと思います。

ご自宅の近くに安価で良い駐車場があるなら、
ガレージを作らずにそちらを借りるというのも手ですが、
玄関から車までの歩く距離や、車への荷物の出し入れのことを考えと、
やはり家の敷地内にガレージや駐車場があったほうが便利です。

特に天気が悪い日などは、傘を差しながら離れた駐車場に行ったり、
そこから家まで歩いて帰ったりするのは面倒なものです。

高級車をお持ちの場合は、
車にいたずらをされてしまう可能性も考えてしまうでしょう。

注文住宅を建てる上でのガレージの種類は大きく分けて4種類

ひとくちにガレージといっても、その種類や形はさまざまです。

まずは、どんな種類があるのかを確認してから、
ご自分の注文住宅にあったガレージを選びましょう

カーポート

カーポート

金属製の簡易的な柱に屋根をつけ、敷地内に作った駐車スペースのことを言います。

駐車方法としては最もシンプルで費用も安く済みますが、
凝ったカーポートのなかには屋根の部分に
ソーラーパネルがついた商品などもあります。

また、屋根を支える柱は左右両側にあるタイプと、
片側か後方にしかないタイプがあります。

片側か後方にしかないタイプは、
両側に柱があるタイプよりは柱を気にせずに車の出し入れができますので、
敷地の角にガレージを作る場合などに良いでしょう。

ビルトインガレージ

建物の1階に作るガレージのことです。

ガレージの入り口にシャッターを設けることで防犯性を高め
風雨からも車を守れます。

メリット、デメリットも含めて、
詳細は下のほうに記述してありますのでご覧ください。

建物独立型のガレージ

建物独立型ガレージ

ビルトインガレージとは違い、
敷地内に独立して建ててあるガレージのことです。

車の周囲が壁や屋根で覆われているため、カーポートよりも防犯性に優れているほか、
シャッターで風雨をしのげるので、車が傷むのを防げる効果もあります。

このガレージは敷地に余裕がないと作りづらいのが欠点です。

掘り込み式の駐車場・地下駐車場(地下車庫)

掘り込み式の駐車場や地下駐車場は、建物の地下にある駐車場です。

地下駐車場というと、ビルの地下駐車場のように、
地下1階・地下2階にあるイメージをお持ちかもしれませんが、
注文住宅の場合は少し違います。

これは、急な坂道にある敷地や、
道路沿いにある擁壁で守られている敷地でよくみかける駐車場で、
道路よりも高い斜面や土地を削って、そこを駐車場にするのです。

いずれも土地(斜面)を堀って、
その周囲をブロックやコンクリートで固めて作ります。

固めた駐車場の上に建物を建てることも可能で、活かしにくそうな斜面がある敷地でも、
こういった形で有効活用することもできるわけです。

地階の天井部分が地盤面よりも1m以下にあれば地下と認められるので、
その場合は建蔽率の制限がなくなります

また容積率も全床面積の33%(1/3)以内になっていれば、面積に含まれません

ガレージについて考えるときに、基本事項として知っておいていただきたいのが、
ガレージや屋根のある駐車場は、建築物扱いになるということです。

つまり、建蔽率や容積率を考慮しなければいけなくなることに加え、
作るには建築確認申請も必要になります。

また、建物の中にガレージを作るビルトインガレージの場合は、
ガレージ部分の面積が延べ床面積の20%(1/5)以下であれば、
床面積に含まれない点
も覚えておくと良いでしょう。

つまり100坪の家なら、20坪以下のビルトインガレージは面積に含まれずに済むのです。

また、ビルトインガレージを地下に作った場合は、建蔽率の制限を受けずに済み、
また容積率も延べ床面積の33%(1/3)以内であれば面積に含まれずに済みます。

注文住宅におけるビルトインガレージを作る際に必要な注意点

ビルトインガレージ

上で紹介しましたように、ガレージにはさまざまな種類がありますが、
敷地を有効活用できるという点では、ビルトインガレージをおすすめします

ビルトインガレージを作る際には以下のような点に注意しましょう。

排気ガスの換気対策を十分に行う

ビルトインガレージは建物内に作るガレージですから、
車から出る排気ガスで一酸化炭素中毒にならないよう
窓や換気扇を付けて十分な換気ができるようにしましょう

車の運転を誤った場合に備えてセーフティネットを張る

毎日のようにガレージから車の出し入れを行っていれば、
アクセルを踏み間違えたり、ブレーキを踏むのが遅れたりして、
壁や柱にぶつかってしまう可能性もあります。

そのときに備えて、あらかじめ壁や柱、梁を補強しておくと安心です。

そのためには柱に添え柱を当てるなどして、構造的に強化することはもちろん、
柱に衝撃を吸収するクッション材を巻いて衝撃に備えたり床に車止めを置いたりして、
車がそれ以上進まないように防ぐのも効果があります。

十分な照明器具を設置しておく

夜間に車で帰宅したときのことを考えて、
ビルトインガレージ内には十分な明るさの照明器具を付けておきましょう

人感センサー付きの照明にしておけば、灯りの消し忘れもなくなり安心です。

メンテナンス用品を置く棚や水栓を設置する

洗車のときに使うホースをつなぐための水栓や、
車内の清掃用具を置いておけるがガレージ内にあると非常に便利です。

さらに、掃除機や電動ポリッシャーが使えるように
コンセントもあると車のお手入れや掃除がさらにはかどります

ビルトインガレージは間口の広さや周辺道路の幅を考慮に入れる

注文住宅でビルトインガレージを作るときには、
車とガレージの両方のサイズを把握することが大事です。

図面上ではガレージにうまく車が収まっているように見えても、
実際に車をガレージに入れてみると、車幅がギリギリでカベにぶつかりそうになる、
ハンドルを切ってガレージから出るときに
曲がりきれないなどの問題が発覚する場合があります。

図面と実物を見たときに、サイズ感にズレがあると
このようなことが起こってしまう
のです。

また、ガレージから車をうまく出すことができても、
敷地から道路に出にくい場合などもありますので、
敷地とガレージだけではなく、周辺の道路の幅も含めて、
総合的に判断しないといけません。

いたずらの心配がいらないガレージづくりをしよう

縦列駐車のビルトインガレージをつくったお客様のエピソード

以前、私がハウスメーカーの営業マンだったときに、
埼玉県大宮市のお客様の注文住宅で、
ビルトインガレージを作ったことがありました。

その家は40坪程度の敷地にある3階建ての建物でした。

お客様はビルトインガレージに車を2台停めることを希望されていましたが、
敷地の広さの関係で並列駐車が無理だったため、縦列駐車をするようにしたのです

その際ガレージの開口部は2m50cmほどの幅を取っていました。

一般的に小型の普通自動車の幅は1m70cm程度、
大型普通自動車でも1m90cm程度ですから、
2m50cmはそれなりに余裕のある幅に思えます。

ところが、自動車の出し入れは、
ガレージの入口と常に水平状態で行われるわけではありません。

そのため、ガレージでハンドルを切りながら車を斜めに出し入れをしようとしたところ、
壁にぶつかってしまったのです。

特に縦列駐車の奥に停めた車の出し入れが非常にやりにくいということで、
お客様からクレームをいただいてしまいました。

その結果、ガレージ部分の再工事をして間口を2m80cmまで広げさせていただきました

このように、図面上では車幅に対してガレージの幅に余裕があるように見えても、
実際に使ってみるとわかる問題点があるものなのです。

PR

タウンライフ家づくり




絶対知っておくべき住宅会社の選び方


家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。
でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」

というギャップを感じた人は大変多いそうです。
適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか?

いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、
夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。
ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法


  • 住宅展示場へ行く

  • ネットの情報をもとに問い合わせをする

  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する

  • ネットで資料請求する


どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く

メリット
・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる
・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる

デメリット
・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ
・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い
・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される

検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする


メリット
・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる
デメリット
・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある)
・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難

ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く


メリット
・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる
デメリット
・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも
・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった

大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。
担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。

住宅情報の雑誌を見て資料請求する

メリット
・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる
デメリット
・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。

ネットで資料請求する

メリット
・自宅で簡単に請求ができる
・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる)

デメリット
・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある

最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法

自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。
それは
資料を一括請求すること

一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。

しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。

タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。
タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。

細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由



  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ

  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない

  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない
(※検証・ネット口コミ・評判による情報)

  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する

  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる

  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる


他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。

何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で
他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。

※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要
よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます

大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。

厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照


タウンライフが信頼できる証証拠


ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。

注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。
↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓




すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-注文住宅の間取りとデザイン

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2019 All Rights Reserved.