家族が集まるリビングの作り方

注文住宅の間取りとデザイン

家族が集まるリビングの作り方

投稿日:

パブリックスペースであるリビングとダイニングは、
家族が集まり団らんのひとときを過ごす場所です。

特にリビングは家の中心となる大切な場所ということもあり、
注文住宅の打ち合わせの際にも、お客様のご要望が出やすい部屋になっています。

リビングに求めるのは団らんだけではない場合もある

お客様によっては、リビングに家族の団らん以外の要素も求める場合があります。

一例として、私が担当したお客様のなかから、

リビングに対して良く覚えているエピソードをご紹介しましょう。

事例で見る「家族が集まるリビング」プラン

家族が集まるリビングプラン

そのお客様は都内の大学病院にお勤めの外科医の先生で、
奥様はキャリアウーマンです。

日中はお二人ともバリバリ働いていらっしゃいました。

そのご夫婦がご両親から相続した土地に、注文住宅を建てたいとのことでご相談を受けました。

子供2人、共働きの夫婦、珍しい形の家づくり

家づくりは家族全員に関わることですから、
通常は打ち合わせにご夫婦でお見えになられるか、
場合によってはお子様がご一緒されます。

ところがこのお客様との打ち合わせは、私が大学病院に行って、
旦那様と2人でプランを詰めていきました

当然、奥様はその場にはいらっしゃいませんし、
小学校高学年と高校生の、2人の息子さんもほとんど参加されませんでした。

これはやや珍しいケースで、ここまでの経緯を聞くと
ちょっと冷たいご家族のように思えてしまうかもしれません

しかし、そういうわけでもないのです。

難しいご要望「家族の気配とプライバシーと個人の独立性」

旦那様は家づくりについては細かく要望を出さず
ただ「家族の気配が感じられつつ、プライバシーが守られ、個人の独立性が保たれた間取り
を一貫して希望されていました。

これは一見簡単なようで、実はご提案するのが非常に難しい注文だと感じました。

なぜなら、解釈の仕方によって、
プランの方向性がさまざまに変わってしまうからです。

とにかく何度も「打ち合わせ」

私は何度も打ち合わせを行って、
お客様が望んでいる間取りをなんとか形にしようと努力しました。

しかし、プランを提出するたびに旦那様は唸るばかりで、
なかなかOKをいただけません。

お客様は職業柄お忙しく、また無口な方でしたので、
提出した案に対して具体的な改善案を提示していただくことも難しかったのです。

そのため、プランはしばらくの間迷走してしまいました。

相見積もりで完敗した他社の秀逸プラン

プランニング

あまりにもプランが形にならないので、
将来的にはこのご依頼をお断りする可能性も頭の片隅に置きつつ
どうしようかと悩んでいたところ、お客様からご連絡が来ました。

実は旦那様は、大手ハウスメーカーの積水ハウスにも注文住宅の合い見積もりを取っていて、
そちらから上がってきたプランが大変気に入ったというのです。

私が唸った他社営業マンのプランニング

早速そのプランを見せていただいたところ、
あまりにも完璧かつ見事な内容に、私は目から鱗が落ちてしまいました。

それは廊下がほとんどなく吹き抜けになったリビングを中心とした間取りで、
回り廊下に沿って作られた個室が見えるようになっているプランでした。

しかも個室の出入口はドアではなく引き戸になっていたのです。

これなら確かにリビングにいながら家族の気配が感じられ、
個室で独立性とプライバシーが保たれています。

ラウンジとしての機能を果たすリビング

私はその時にようやく、お客様は家族のだんらんを楽しむ場だけではなく、
ある種ラウンジとしての機能をリビングに求めていたのだとわかりました。

私はこの見事なプランには完敗したと思い、
お客様には積水ハウスで注文住宅を建てていただくようにおすすめしました。

ところがお客様は、あきらめずに何度もプランを提出してきた私にぜひ作ってほしいのだとおっしゃって、
そのプランをもとに契約をしてくださいました。

この決定には正直なところ驚きましたが、私はお客様の心意気に感謝しつつ、
見事なプランを提出した積水ハウスの営業マンを尊敬しています。

できればお会いして御礼を述べたかったのですが、
その機会をいただくことはできませんでした。

家の中で最も広くなるリビングをどう作るか

上で挙げた例のように、リビングに団らんを求めるかラウンジ的な機能を求めるかで、
間取りが大きく変わること
をご理解いただけたかと思います。

ひと昔前ならリビングは家族団らんの場であり客間でした。

ベビーブームの頃は子供も多く、
リビングは子供たちが遊ぶ場所にもなっていましたが、
子供の出生率が低くなってからは、必ずしもリビングだけが団らんの場ではなくなったといえるでしょう。

また、お子様が成長されれば、お互いの生活サイクルも変わりますので、
リビングの果たす役割も変わります

事例から見る「300年保つ家」に採用した飽きのこないリビングデザイン

300年後も飽きない家

ここでもうひとつ、リビングの作り方の一例として、
私が担当した東京都世田谷区のお客様のケースをご紹介しましょう。

そのお客様はお年を召したご夫婦で、田舎の土地を売って得た資金を元に、
当時お住まいだった築200年以上のかやぶきの家を、
注文建築で建て替えたいというご依頼でした。

古民家の雰囲気を引き継ぐ和洋折衷の家づくり

私が「どんな家をご希望ですか?」とお客様に聞くと
300年間は保つ家にしてほしい」とおっしゃいました。

そのときに問題になったのが、リビングをどう作り変えるかでした。

元の家はかやぶき屋根の古い家でしたので、基本的に土間以外は畳の和室しかありません。

これをすべて洋室に変えてしまうのでは、
元の家との違いが大きすぎて違和感を覚えるでしょう。

「永遠の美」を目指しリビングをデザイン

検討を重ねた結果、玄関から入ってすぐの場所に
フローリングの大きなリビングを作り、その横に縁側を配置。

そこから奥に行った場所に8畳・6畳のほか
いくつかの和室と床の間を配置して、モダンで純和風の家を作りました。

「300年保つ家」というご要望に対しては、
永遠の美をテーマにコンセプトを練りました

いつも時代も美しいシンメトリーのデザイン

まず必要なのは、長い年月を経ても陳腐化しないデザインです。

具体的にいうと、建物を正面から見たときに、
屋根の形や窓の配置が左右対称(シンメトリー)になったデザインを採用しました。

屋根もシンメトリーな切妻です。

実はアーリーアメリカンの家にはシンメトリーのデザインが多く、
日本の家屋には少ないのです。

そのため、300年後も保つという壮大なテーマで家を考えると、
必ずしも日本家屋のデザインを踏襲する必要はないと考えました。

耐久性も重視したプランニング

また、耐久性という面では、建物にどこか出っ張った部分があると
防水性能が弱くなったときにそこから水が漏れやすくなりますし、
腐食も始まります。

そのため、バルコニーや出窓といった凹凸のない、
長方形の家
にしました。

この例を見ても、リビングのプランには
さまざまなアプローチがあることがおわかりいただけたかと思います。

「わが家に独立したリビングが必要か」ライフスタイルを振り返ろう

まずは、リビングでの暮らしをとおして、
どんなライフスタイルを実現したいのかを見直してみてください。

その結果、ご自分の生活に本当に必要なのはリビング単体ではなく、
実はリビングダイニングだったという可能性もあります。

その場合はリビングダイニングの項目を別に用意してありますので、そちらも合わせてご覧ください。

▼こちらの記事で「リビングだインニング」について記載しています。▼

いずれにしても、リビングは家の間取りのなかでも最大のスペースを取る部屋です。

広いということは冷暖房の効率が悪くなるということでもあります。

なるべく自然の力を借りて部屋の温度調整ができるよう、
リビングの風通しや陽当たりを良くすることを考えましょう。

南向きの窓をできるだけ大きくする、
開け閉めできる欄間ハイサイドウインドウを設けるなど、
明るく風通しの良いリビング作りが大切です。

PR

タウンライフ家づくり




絶対知っておくべき住宅会社の選び方


家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。
でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」

というギャップを感じた人は大変多いそうです。
適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか?

いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、
夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。
ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法


  • 住宅展示場へ行く

  • ネットの情報をもとに問い合わせをする

  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する

  • ネットで資料請求する


どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く

メリット
・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる
・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる

デメリット
・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ
・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い
・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される

検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする


メリット
・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる
デメリット
・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある)
・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難

ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く


メリット
・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる
デメリット
・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも
・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった

大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。
担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。

住宅情報の雑誌を見て資料請求する

メリット
・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる
デメリット
・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。

ネットで資料請求する

メリット
・自宅で簡単に請求ができる
・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる)

デメリット
・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある

最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法

自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。
それは
資料を一括請求すること

一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。

しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。

タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。
タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。

細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由



  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ

  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない

  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない
(※検証・ネット口コミ・評判による情報)

  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する

  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる

  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる


他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。

何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で
他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。

※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要
よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます

大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。

厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照


タウンライフが信頼できる証証拠


ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。

注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。
↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓




すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-注文住宅の間取りとデザイン

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2019 All Rights Reserved.