注文住宅の間取りとデザイン

廊下と階段に隠された意外な機能性とは?

投稿日:

ここでは注文住宅の間取りのうち、廊下と階段について考えてみましょう。
これらの場所は、ただ通り抜けるだけの場所ではなく
他の空間と同様に重要な役割があります

廊下は本当に必要のない空間?

注文住宅のなかでも、狭小な家のプランを考える際は、
優先的にスペースを削られてしまうのが廊下です。

狭小住宅は床面積に厳しい制約がある以上、
限りあるスペースを有効に使うためには、
廊下よりほかの部屋が優先されるのは仕方のないことではあります。

仮に、やたらと廊下の長い狭小住宅があったとすれば、
部屋が狭くて住みにくく感じるはずです。

もともと廊下は部屋と部屋をつなぐ空間というイメージが強いためか、
「ただ通り抜ける場所」と思われてしまうのも仕方がありません。

「廊下を全部なくして、すべての部屋を直接つなげてしまえばいいのでは
と考える方もいらっしゃるかと思います。

それも1つの方法でしょう。

しかし、廊下にはちゃんと機能的な意味もあるのです

廊下の果たす役割は気持ちの小さな切り替え

廊下があると生活にメリハリが生まれる

住まいの間取りにおいて、廊下はどんな役目をはたしているのかを考えてみましょう。

廊下は「気持ちを切り替えてくれる空間」

あくまでも個人的な意見ですが、
廊下は住んでいる人の気持ちを切り替えてくれる空間と考えています。

たとえば、入浴後に浴室から廊下を通ってリビングでくつろぐ、
ダイニングから廊下を通ってトイレで用を足すというように、
目的の変化に合わせて気持ちを切り替えてくれる場所が廊下なのです。

いわば”気持ちに間(ま)ができる”感覚を持てる場所が廊下といえるでしょう。

生活にメリハリが生まれる「廊下の存在」

お風呂上りに身体をクールダウンさせながら廊下を通る、
出勤前に洗面所から廊下を歩きつつスーツを整えて玄関に向かうなど、

生活のワンシーンを思い浮かべていただければ、
気持ちを切り替える、気持ちに間を作る、という感覚もおわかりいただけるのではないかと思います。

音の遮断、緩衝地帯の役割

また、実用的な面で見れば、
部屋の間に廊下があることで浴室やトイレから出る音を和らげられるといったメリットもあり、
部屋と部屋の緩衝地帯の役割も持っているわけです。

階段は上下に移動する吹き抜けの空間

かね折れ階段

廊下と並んで階段は「移動する場所」以上の意味を
なかなか見いだせないのが階段ではないでしょうか。

階段がないと上下階への移動ができないので、
廊下以上に必要なのはわかるものの、
それ以外に意味があるのかがわかりにくい。

多くの方が抱く疑問はこんなところではないかと思います。

階段は「吹き抜け」で解放感を演出できる

階段は少なくとも2階ぶんの空間を縦につなぐ吹き抜けです。

上下に開かれた空間は開放感がありますし、
ここには空気の流れができて循環しています。

夏は暑い空気が2階に上がっていき、冬は冷たい空気が1階に降りてくるわけです。

夏や冬でなくても、気温の高い日、低い日は同じ現象が起こります。

階段と部屋の寒暖差対策

窓や階段を通して冷えた空気が降りてくることをコールドドラフト(Cold Draft)と言います。

このうち階段の対策は、冷暖房の設備をしっかりと作るか、階段の前に引き戸を作ったり、
カーテンを付けたりするなどして空気の流れを遮る工夫が必要です。

階段の種類と特徴を見てみましょう

ひとくちに階段といっても、構造の違いによってだいたい4つの種類に分けられます。
まずは構造の違いとそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

1)直階段

直階段

注文住宅のなかで最も一般的なのがこの直階段です。

これは上下階を直線に結ぶため踊り場はありません。

構造がシンプルなぶん、費用も比較的安価で済みますが、
狭いスペースに設置する場合は、どうしても急こう配になってしまいます。

2)折り返し階段

折り返し階段

中間点で180度反対方向に折り返す階段です。

折り返し部分に踊り場があるタイプと、
折り返し部分まで階段になっているタイプの2種類があります。

階段の踊り場は4m以上登る場合にはつけなければなりませんが、
折り返し階段はそれより低い場合でもつけることがあります。

費用は直階段よりもかかるものの、階段の段数(ステップ数)が増やしやすいので、
勾配をよりなだらかにしやすいメリットがあります。

3)かね折れ階段

階段は吹き抜けの空間

中間点で左右どちらかの向きに90度(直角)で曲がる階段です。

曲がる場所が小さな踊り場になっているため、
階段の上から転げ落ちてしまっても、一番下までは落ちずに済みます。

構造が直階段より複雑なぶん、費用はかね折れ階段のほうが上です。
階段の下が収納スペースとして活用されることもあります。

4)螺旋階段

螺旋階段

中央の柱を中心に、下から上までぐるりとステップが巻き付いた螺旋構造の階段です。

設置スペースをあまりとらない、見た目がスタイリッシュになるといったメリットがある一方、
構造が複雑で費用がかかるステップの幅が狭いなどのデメリットもあります。

事例で見る「螺旋階段」の良さ

実際に注文住宅で作った階段の一例として、
私が担当した東京都狛江市のお客様のケースをご紹介しましょう。

そのお客様は新宿の歌舞伎町に複数のビルを持っている資産家の方でした。

石原裕次郎さんがお好きで、ご自分の年齢と足の長さが裕次郎さんと同じなんだと、
冗談交じりにおっしゃる楽しい方です。

私はハウスメーカーの営業マン時代にひいきにしていただきました。

2000万の追加費用の内訳は・・・

その方が建てた注文住宅は、
本体が約3000万円、追加費用が5000万円という珍しいケースだったために、
私の記憶に強く残っています。

なぜそんなにも追加費用が発生したのかというと、
お客様がデザインや装飾に凝ったからです。

「見た目の楽しい廊下と階段」とは

特に廊下と階段のデザインに強いこだわりがあり、
打ち合わせの際にも「とにかく見た目の楽しい廊下と階段にしてほしい」と何度もおっしゃっていました。

「楽しい」といっても捉え方は人によってさまざまですから、
どんな廊下と階段にしたらよいかで、私と設計士は当時かなり悩みました。

結局、廊下と階段の壁を無垢材と珪藻土で作ったり
リビングとつながった欄間の部分にも何十万円もするステンドグラスを入れたりする、

大規模な追加工事を行ったのです。

さらに、階段は螺旋階段を選び、
手すりの部分に彫刻が入ったオーダーメイドの品を使いました。

このような装飾をいろいろな場所に施したので、
追加費用が膨れ上がってしまったのです。

追加費用2000万円が生んだ「満足の家づくり」

それでもお客様は夢がかなったと満足されていましたから、
費用がかさむことが必ずしも悪いとは言えません。

このお客様のケースは極端な例ですが、
自分のライフスタイルに合った階段や廊下はどんなものなのか、じっくり考えてみてください。

階段と廊下を作るときは2つのポイントに注意

ここまで廊下と階段の特徴や種類について見てきました。

それを踏まえて、実際に注文住宅を建てるときには、以下の点を参考にプランを練ってみてください。

1)バリアフリーを意識して事故を未然に防ぐ

バリアフリーを考えた設計を

廊下・階段を作るうえで、
最初に検討していただきたいのがバリアフリー化でしょう。

家の中で起こる事故のなかで、
最も多いのが転倒です

これを防ぐには、廊下から部屋に移る時に足が引っかからないよう、なるべく段差をなくすことです。

また、狭すぎて動きが不自由にならないように、
廊下は最低でもお互いがすれ違える広さを確保することも大切です。

階段は転倒防止のための細かな配慮が必要

転倒事故が発生したときに、とくに危ない場所のひとつが階段です。

そのため、とっさの時につかめる手すりを階段につけたり、
階段の1段当たりの高さ(蹴上げ)と奥行(踏み面(づら))を調整したりすることも重要です。

階段1段あたりの目安

1段当たりの高さ<蹴上げ>
蹴上げは階段の広さにもよりますが、1段当たりの高さは20cm以内に収めたいところです。

あまりにも高すぎると踏み出した足のつま先がひっかかりますし、
歳を取ると足が上がりにくくなりますから、
30cmもあるような蹴上げはおすすめできません。

奥行<踏み面(づら)>
踏み面に関しても階段の種類や
広さに左右されるところがあるとはいえ、20~25cmは必要です。

ただ、スリッパを履いたときのことを考えると、
20cmだと少し狭く感じるかもしれません。

最低でも踏み面25㎝は確保する

それでも、踏み板どうしの間を垂直につなぐ板・蹴込み(けこみ)がない階段、
たとえばリビング階段などは、足のつま先が前方に出せるぶん、
あまり気にならないかもしれません。

蹴込みがあるなら、やはり踏み面は25cmあると安心です。

折り返し階段・かね折れ階段で安全性アップ

なお、万が一階段から転げ落ちた場合のことを考えると、
一番下まで一気に落ちてしまうこともある直階段よりは、
踊り場が作れる折り返し階段・かね折れ階段のほうが安心でしょう。

なぜなら、踊り場があれば、そこで転げ落ちるのが止まる可能性があるからです。

踏板に滑り止めのテープを貼る

このほかにも、階段の踏み板に滑り止めのテープを貼るなど、
階段の構造とは別に転倒事故防止対策をしておきましょう。

同じように、廊下にも転倒防止の手すりがあるとより安心です。

2)採光・照明計画をしっかりと練る

廊下は間取りによっては袋小路のような場所があったり、
近くに窓がなかったりするところもありますので、採光・照明計画が必要です。

照明で全体を照らしやすい階段と比べると、
廊下は何かと足元が暗くなりがちです。

外から光の入らない夜は特にその傾向が強くなります。

したがって、廊下は足元に照明をつけたり、
短い間隔でライトを設置したりするなどの工夫が必要
です。

PR

タウンライフ家づくり




絶対知っておくべき住宅会社の選び方


家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。
でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」

というギャップを感じた人は大変多いそうです。
適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか?

いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、
夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。
ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法


  • 住宅展示場へ行く

  • ネットの情報をもとに問い合わせをする

  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する

  • ネットで資料請求する


どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く

メリット
・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる
・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる

デメリット
・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ
・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い
・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される

検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする


メリット
・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる
デメリット
・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある)
・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難

ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く


メリット
・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる
デメリット
・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも
・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった

大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。
担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。

住宅情報の雑誌を見て資料請求する

メリット
・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる
デメリット
・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。

ネットで資料請求する

メリット
・自宅で簡単に請求ができる
・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる)

デメリット
・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある

最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法

自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。
それは
資料を一括請求すること

一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。

しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。

タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。
タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。

細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由



  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ

  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない

  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない
(※検証・ネット口コミ・評判による情報)

  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する

  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる

  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる


他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。

何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で
他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。

※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要
よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます

大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。

厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照


タウンライフが信頼できる証証拠


ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。

注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。
↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓




すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-注文住宅の間取りとデザイン

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2019 All Rights Reserved.