セキスイハイム

二世帯住宅ならセキスイハイムがおすすめ!その理由を

投稿日:

セキスイハイムの二世帯住宅

少子高齢化が進み、二世帯住宅を考えている方も多いのではないでしょうか。そこで、セキスイハイムの「家続二世帯」をご紹介します。二世帯生活で一番大切なことは、親世帯と子世帯、家族みんなが気持ちがいい生活を毎日送れることだといいます。そのために、どれくらいお互いの家庭を干渉しあうかを考える必要性があります。セキスイハイムでは「二世帯プラン診断」を受けることができます。簡単な質問に答えていくことによって、どういったタイプの二世帯住宅を建てるべきかを診断してくれます。

 

かつて、二世帯住宅とは、親世帯と子世帯が一つの家で同じ生活を送ることを指してきましたが、近年変わりつつあります。お互いの世帯が相手を尊重できるように、共有するところは共有し、分離するところは分離した二世帯住宅が提唱されるようになりました。セキスイハイムでは大きく分けて完全分離型、玄関共有型、玄関・浴室共有型、完全共有型の4つのタイプを提案しています。

 

二世帯住宅は4つのタイプがある

 

完全分離型

 

完全分離型は、玄関を含めすべての機能が親世帯と子世帯が分離された住宅です。一階が親世帯、二階が子世帯の住宅スペースとし、お互いのスペースに簡単に行き来できる状態でありながら、プライベートスペースには立ち入らない、適度な距離を保った生活を送れます。また、子世帯の帰りが遅くなったとしても玄関が別のため、親世帯に迷惑をかけません。

 

玄関共有型

 

玄関共有型は、一緒の家で暮らしながら別々にキッチン・浴槽があるので、ゆっくりとお風呂につかることやあわただしい朝のお弁当作りに重宝します。

 

玄関・浴室共有型

 

玄関・浴室共有型では、他よりも共有スペースが多く、お互いの家族を感じながら生活できますが、子世帯専用のリビングルームがあるため、夜に親子だけで話をゆっくりすることができます。

 

完全共有型

 

完全共有型は従来の二世帯住宅。家族が一つになることができますが、しっかりとプライベートスペースも設けることができるので、家族が仲良く暮らすことができます。

 

どのタイプにするかは、その家族次第です。セキスイハイムで自分に合った二世帯住宅を考えてみてくださいね。

 

 

我が家も二世帯住宅を検討しました

 

去年結婚したばかりの友人から、先月引っ越したばかりの新築一戸建てのお披露目会のご招待を受けました。30代で新築一戸建て、やる気になれば実現するものなんですね。

 

そろそろ我が家も考えなければいけません。ということで我が家も実現が可能な新築の一戸建てについて調べてみました。

 

目をつけたのはセキスイハイムの二世帯住宅。そろそろ実家も老朽化していて建て替えを検討する時期なのに加え、高齢の両親のことも気になります。完全同居は両親と夫との間で自分が気を遣ってしまうので出来れば避けたい。

 

両親のことを見守りつつ新築住宅に住む、そんな我儘を叶えられるのが二世帯住宅の良いところ。二世帯住宅といえばCMでも流れているセキスイハイム。外観がモダンでお洒落なので気になっていたので早速セキスイハイムのホームページを調べてみました。

 

二世帯住宅にも色々なプランがあって玄関やお風呂は共用か別々にするかなどと、それぞれの世帯が心地よく過ごせるように設計プランも工夫されています。

 

自分にはどのプランが合っているのか情報量が膨大でわからなかったので、セキスイハイムのホームページで見つけた「プラン診断」というものを早速やってみました。

 

その結果、我が家は「完全分離型」がピッタリとのことでした。お風呂も玄関も全て別々でお互い気がねなく暮らせるように設計されたプランです。玄関だけは共同にしようかな。外出する時にお互いの状態がわかって防犯上も安全かもしれないし。プラン例を見ているだけでもすっかり施主気分を味わってしまいました。

 

セキスイハイムの二世帯住宅の相場

 

そして実際に家を建てるとなると気になるのは相場。ハウスメーカーや施工内容にもよりますが二世帯住宅の相場は坪単価60万~80万といったところでしょうか。
ただ、それぞれのこだわりがある場合相場はあまり参考になりません。
いろいろなところから見積もってもらい、自分が建てたい住宅の相場について確認してみましょう。
以下の記事が参考になります。
(参考記事:セキスイハイムと他社の比較)

 

税金や引っ越しなどの諸費用に関わる相場は土地や建物取得価額の10%ほど。もちろん相場も気にはなりますが、無理なく自分でお支払いできる返済プランを考えるのが良さそうです。

 

それに一戸建ては建てたあとにかかる諸費用のことも考えなくてはなりません。セキスイハイムはソーラー建設住宅世界No.1と謳っているだけあって太陽光発電システムの搭載には実績があるし、光熱費削減の省エネ効果が期待できそうですし、住宅のユニットを工場で作っているので隙間が少ない家になるんですね。

 

つまり、高気密・高断熱になり、エネルギーを逃さないので年間の冷暖房費が一般住宅に比べると2倍以上の差が出ることもあるそうです。かなりエコな住宅ですね。しかも、屋根や壁も耐久性があるので修繕費用のほうもかなりお得になるのではないでしょうか。こうして調べてみると家作りって、間取りや費用、性能だけでなく検討しなくてはいけないことがたくさんあるんですね。長いお付き合いになる家だからこそ、各家庭のライフスタイルを見つめ直してからプランニングしたいものですね。

セキスイハイムの二世帯住宅への強み

セキスイハイムの二世帯住宅が脚光を浴びているのは、
それだけ時代の流れを取り込んでいるからといえるでしょう。
セキスイハイムといえば、日本を代表するハウスメーカーの一つであり、
卓越した技術力やスキル、ノウハウを持っており、実績も十分にあります。
とりわけ、戸建て住宅には強みを持っており、多くのニーズにこたえてきた実績も持っています。

 

日本においては、ここ数年の景気拡大傾向も追い風になり、
マイホームの購入をする人が急増してきており、話題を集めています。
人生における最大の買い物ともいわれるマイホームを購入するには、
やはりその時期や依頼するメーカーについても何かとこだわりたいものです。
さまざまなカテゴリーにおいて、価値観が多様化を見せている中、
住環境整備にまつわる話題も例外ではありません。ネット時代の到来により、
ハウスメーカーや建設会社、不動産業者などは、ホームページを充実させたり、
関連サイトの刷新を図るなどしており、需要の囲い込みに躍起になっています。

 

長い目で考えているセキスイハイム

セキスイハイムの二世帯住宅が脚光を浴びているのは
そんな中、二世帯住宅への関心が高まってきており、話題を呼んでいます。
二世帯住宅とは、読んで字のごとく、二つの世帯が一緒に住むということであり、
核家族化の流れが加速する中において、注目を集めています。
高齢化社会の波が容赦なく押し寄せてきている中においては、
二世帯住宅が増加することを歓迎する声もあがっています。
高齢化により、一人暮らしの老人が増えてきており、
孤独死などの問題が浮き彫りになっています。

 

セキスイハイムにおいては、時代の流れを読み解くことによって、
二世帯住宅の住まいづくりに注力しているのです。
セキスイハイムの強みは、住む人の利便性や快適さに
とことんこだわる住まいづくりができることです。
バリアフリーや階段への手すりの設置などといったことにも好意的に取り組んでいるのです。
十年後二十年後を見据えての息の長い住まいづくりを常に考えているのです。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-セキスイハイム

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.