日本ハウスホールディングス

大手住宅メーカー日本ハウスの坪単価や価格、見積り、主な特徴について

投稿日:

マイホームは建てた後に何十年と住むものなので、品質や性能、アフターサービスなども考慮したうえで住宅メーカーを選ぶことが大事です。

田中
坪単価や価格、見積りなどは判断材料の1つにすぎません。

ここでは、大手住宅メーカー日本ハウスの注文住宅の坪単価や価格、見積り、主な特徴などについて紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、日本ハウスの注文住宅の魅力・特徴が把握でき、より具体的に他の住宅メーカーとも比較できるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

 

日本ハウスの注文住宅

 

日本ハウスは創業50年の大手住宅メーカーで、良質な檜を使った「やまとシリーズ」と、太陽光発電の家・高級タイルの家・高断熱で高気密の家から選べる「Jステージ・シリーズ」の注文住宅を提供しています。

主力のやまとシリーズは、耐震性や耐久性も優れて快適で心地よい暮らしができる家づくりで人気が高いです。

 

坪単価・価格、見積りは?

日本ハウスの坪単価は55万円〜65万円程度です。

仮に、40坪の家を建てる場合は2,200万円(坪単価55万円)〜2,600万円(坪単価65万円)程度の建築費用がかかります。

坪単価30万円前後のローコスト住宅メーカーと比べると価格は高いですが、坪単価70万円を超える他の大手住宅メーカーと比べると比較的安いです。

 

 

住宅メーカーを選ぶ際は複数業者の見積りをとる

 

日本ハウスに限らず、住宅メーカーを検討したり家を建てる際は、複数業者で見積りをとることをおすすめします。

坪単価はあくまでも参考価格にしかすぎず、見積りをとることで、より明確な費用を把握できて比較ができるためです。

ただし、品質や性能をあまり求めない場合は見積りの価格だけで比較すればいいですが、優れた品質や性能の家を建てたい場合は、価格だけで比較しないようにしましょう。

価格に加えて、住まいの品質や性能、アフターサービスなどを総合的に判断したうえで住宅メーカー選びをすることが大事です。

 

良質な檜を使った家づくり

 

日本ハウスのやまとシリーズは、良質な檜を使った強くて快適な家づくりができます。

檜に含まれるフィトンチッド成分によって、リラクゼーション効果やストレス軽減効果があり、心地よい暮らしを実現できます。

また、吸放湿性が優れており、室内の空気環境を整えます。

 

内装も標準で「檜仕様」

  • 檜天井
  • 羽目板
  • 檜腰壁
  • 檜飾り壁
  • 檜無垢床

など、やまとシリーズの家は一部商品を除き、内装も檜仕様が標準となっています。

 

選りすぐりの檜を使用「血統書付きの檜」

やまとシリーズの家で使用されている檜は、血統書付きのものです。

どこで生産・加工されたかわかっている選りすぐりの良質な檜を使っています。

 

心と身体をリラックス「檜のリラクゼーション効果」

檜にはリラクゼーション効果があり、心地よい安らぎを与えてくれます。

檜に含まれる木の香りは自立神経活動を鎮静化してくれるため、リラックスでき、快眠など多くの効果をもたらしてくれます。

 

 

引渡し後も確かなアフターサービスで安心・安全

 

日本ハウスホールディングス

 

日本ハウスは、一般的なローコスト住宅メーカーよりも、坪単価や見積りが高めですが、家を建てた後のアフターサービスが充実しています。

引渡し後から始まる訪問や年1回の感謝祭、独自の長期保証プログラムなどがあり、家族が安心・安全に長く暮らすことが可能です。

 

感謝の気持ちを表す場でもある「ホームドクターシステム」

日本ハウスは、住宅引渡し後から感謝訪問を開始します。

引渡し後5年目までは年2回、6年目以降は年1回、家のある限り訪問して感謝の気持ちを表し、点検や診断、住まいに関するさまざまな相談に対応します。

 

住み始めてからも安心の独自の「60年保証システム」

独自の保証制度である60年保証システムも用意されています。

10年ごとに必要とされる有料メンテナンスを実施することで、安心の長期保証を受けることができます。

 

 

「耐震等級3」地震に強い家を実現するグッドストロング工法

 

日本ハウスのやまとシリーズの家は、木造軸組工法に独自の技術を融合させたグッドストロング工法を採用しています。

強い柱・強い床・強い壁・制振システムにより、高い耐震性を実現し、耐震等級は最高ランクの3です。

耐震等級3は、数百年に1度の確率で発生する大地震の1.5倍の力でも倒壊・崩壊しない耐震性能であることを示しています。

実大振動実験では、阪神淡路大震災の200%加振にも耐えるなど、地震に強い家づくりが可能です。

高い耐震性を実現する主な仕様は以下のとおりです。

 

最大荷重1.9倍の太い「檜無垢柱」

やまとシリーズは、4寸(120mm)の太い檜無垢柱を採用しています。

3.5寸(105mm)の柱に比べて最大荷重が1.9倍もあり、建物を安全に支えることができます。

また、柱の4面に切溝を入れる加工をして強度と耐久性を高めています。

 

床倍率6.7倍で耐震性を向上させる「ストロング床組」

グッドストロング工法では、家全体の耐震性を高めるストロング床組を採用しています。

強度実験で床倍率6.7倍の最高水準の剛性を実証しており、地震の揺れの力を分散します。

 

床と一体になって家を地震に耐える「高倍率耐力壁パネル」

やまとシリーズのグッドストロング工法には、壁倍率5.0、壁倍率3.7、壁倍率3.0の高倍率耐力壁パネルが採用されており、床と一体になり高い耐震性を発揮します。

 

地震エネルギーを吸収して揺れを抑える「制振パネル」

日本ハウスで建てる注文住宅には、地震の揺れを低減する制振パネルが設置されています。

パネル中央部にあるダンパーが上下に動き、地震エネルギーを吸収して揺れを抑えることができます。

 

いつまでも安心して長く住める高耐久性

 

日本ハウスで建てる家は、高耐久コンクリート基礎で支え、長期優良住宅や省令準耐火構造に対応しているなど、高い耐久性能を追及しています。

丈夫で孫の代まで受け継げる家づくりが可能です。

 

住まいを足元から支える「100年基礎」

日本ハウスの家は呼び強度30Nのコンクリートを採用し、充分な養生期間を確保して高耐久の基礎をつくっています。

強固な基礎でしっかりと住まいを支えます。

 

税制面等でも有利「長期優良住宅」

日本ハウスの家は標準仕様で、

  • 劣化対策
  • 耐震性
  • 維持管理
  • 更新の容易性
  • 可変性
  • バリアフリー性
  • 省エネルギー性

…などの長期優良住宅の基準をクリアしています。

長期優良住宅は、

  • 住宅ローン控除
  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • 登録免許税

…などの税金の優遇措置を受けられるためお得です。

 

火に強い家で避難する時間をつくる「省令準耐火構造」

省令準耐火構造で優れた耐火性の家です。

万が一、火災が発生した場合も家族が避難する時間をつくります。

また、省令準耐火構造の家は、火災保険料が一般的な木造住宅の半分程度です。

 

 

優れた断熱性で経済性の高い高性能住宅

 

住宅メーカー日本ハウスは、他の大手住宅メーカーに比べて坪単価・見積りが安いですが、優れた断熱性能を持った家づくりができます。

断熱性が高いことで、限りある資源を効率よく使用できるため、光熱費の削減が可能です。

経済性の高い高性能住宅で暮らすことができます。

 

室内の暖かい温度を外部に逃さない「断熱性能トップクラスの樹脂サッシ」

暖かい空気が逃げやすい開口部には、複層ガラスやトリプルガラスを使用した断熱性能トップクラスの樹脂サッシを採用しています。

室内の暖かい温度が外に逃げるのを防ぐため、快適な室内環境をつくります。

 

快適な室内環境をつくる断熱材「グラスウール」

日本ハウスの注文住宅は木造の構造材自体に断熱性があります。

柱との間にグラスウールの断熱材を充填することで、さらに高い断熱性を確保することが可能です。

 

省エネルギーの家を実現する多くの高効率設備

 

日本ハウスのやまとシリーズは、ローコスト住宅メーカーの家よりも坪単価や見積りが高めですが、地域に合わせて高効率設備を取り入れているため、一次エネルギーの消費を抑制できます。

光熱費を削減でき、家計の負担を軽減します。

 

室内温度を確保しながら空気を入れ替える「熱交換型ダクトレス換気システム」

熱交換型ダクトレス換気システムを搭載しているため、汚れた空気を排気しながら屋内の熱を蓄積し、蓄えた熱の放出と同時に屋外より新しい空気を給気できます。

室内温度を確保しながら、新鮮でクリーンな空気への入れ替えが可能です。

 

エネルギーを効率よく使える「高効率給湯器」

年間給湯保温率が高いヒートポンプ式給湯器を採用しており、制御技術によりエネルギーを無駄なく効率よく利用できます。

寒冷地などでは、高効率給湯暖房器を採用しています。

 

エネルギーを節約できる管理システム「HEMS」

HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)は、家庭の電気使用量を見える化するため、管理して節約することができます。

政府も2030年までにすべての住まいにHEMSを設置することを目指しています。

 

長寿命で消費電力も少ない「LED照明」

日本ハウスの注文住宅は、寿命が2万時間〜6万時間と蛍光灯よりも長寿命のLED照明を採用しています。

LED照明は、長寿命だけでなく消費電力が蛍光灯の3分の1程度なので非常に経済的です。

 

部屋や廊下が広くすべての年代の人にやさしい1メーターモジュールの家

 

日本ハウスホールディングスLED

 

日本ハウスの注文住宅は、ローコスト住宅よりも坪単価・見積りが高めですが、子どもにも高齢者にもやさしい1メーターモジュールバリアフリー設計になっています。

主流となっている910mmモジュールではなく1メーターモジュールにすることで、広い部屋や廊下を実現可能です。

車椅子でも通りやすいため、すべての年代の人が快適に暮らせます

 

エネルギーは自分で創り出し環境にも家計にもやさしい

 

日本ハウスは、日本初の本格的ソーラーシステムハウスを開発した住宅メーカーです。

当時の通産省の「ソーラーシステム普及啓蒙促進事業」の第1号にも適用されています。

エネルギーを限りなく自給自足することで、家計にも環境にもやさしい暮らしが実現できます。

 

電力を創り売電もできる「太陽光発電システム」

日本ハウスの家は太陽光発電システムを一部商品を除いて標準搭載しています。

日中は太陽光発電で自給自足し、余った電力については売電が可能です。

太陽光発電システムを利用した光熱費の削減で、通年で電気料金をゼロに近づけます。

太陽電池モジュールやスマートメーターなどが設置されます。

 

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が標準仕様

 

ZEHとは、外壁や屋根などの「高い断熱性能」LED照明やHEMSなどの「省エネ」太陽光発電システムなどの「創エネ」によって、使用エネルギーよりも創るエネルギーの方が上回る住まいのことです。

他の住宅メーカーでZEHに求められる高い住宅性能を実現しようとすると、200〜300万円の追加費用がかかることもあります。

しかし、日本ハウスの注文住宅であれば標準仕様で対応しているため、追加費用なしで実現可能です。

光熱費を大きく削減することができます。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、日本ハウスの注文住宅の坪単価や価格、見積り、主な特徴などについて紹介いたしました。

日本ハウスのやまとシリーズは、他の大手住宅メーカーよりも安い価格で、選りすぐりの檜を使用した高品質・高性能の家づくりができます。

檜の内装や太陽光発電システム高効率設備なども標準仕様で、長期優良住宅や省令準耐火構造、ZEHにも対応しています。

国内の多くの場所に展示場があり、現場見学会や家づくりセミナーなど開催していますので、ぜひ現地で確認してみてください。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-日本ハウスホールディングス

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.