日本ハウスホールディングス

日本ハウスの注文住宅は標準仕様が充実!主な標準仕様や特徴を紹介

投稿日:

日本ハウスは創業50年の大手住宅メーカーで、価格の割に標準仕様が充実していることから人気があります。

標準仕様が充実していれば追加費用をかけず、快適な家づくりが可能です。日本ハウスの家は、どのような標準仕様で特徴があるのでしょうか。

ここでは、日本ハウスの主な標準仕様や特徴について紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、日本ハウスの仕様や特徴が把握でき、他の住宅メーカーとも比較がしやすくなります。

自分に合うメーカーかどうかも判断ができますので、ぜひ参考にしてください。

もくじ

日本ハウスの坪単価・価格

 

日本ハウスの注文住宅は、良質な檜にこだわった「やまとシリーズ」と、選べる木造住宅の「Jステージ・シリーズ」の2つのシリーズがあります。

主力商品のやまとシリーズは、檜をふんだんに使い地震にも火にも強い家づくりが可能です。

Jステージ・シリーズは、太陽光発電の家(J-SUNSHINE)、高級タイルの家(J-CERAMIC)、高断熱・高気密の家(J-WARM)の3種類から選択できます。

日本ハウスの坪単価は55万円〜65万円程度ですので、仮に35坪の家を建てる場合の建築費用は1,925万円(坪単価55万円)〜2,275万円(坪単価65万円)前後です。

坪単価30〜40万円程度のローコスト住宅メーカーと比べると高めですが、坪単価70万円を超える他の大手住宅メーカーと比べると比較的安く家を建てられます。

日本ハウスの家は標準仕様が非常に充実しているため、割安感も感じられ人気が高いです。

 

 

標準仕様で檜内装のため心地よく健康的な暮らしができる

 

日本ハウスのやまとシリーズは、檜無垢床や檜天井・羽目板、檜飾り壁、檜腰壁など、標準仕様で檜内装となっています(一部商品を除く)。

檜はさまざまな効果・作用があり、心地よく健康的な暮らしができます。

 

安らぎを与えるリラクゼーション効果

 

檜は森林浴をしたとき同じようにフィトンチッド成分を放出するため、リラクゼーション効果があります。

自立神経活動を鎮静化し、リラックスさせてくれるため快眠などの効果が期待できます。

 

防虫・殺菌作用

 

檜には防虫・殺菌作用もあるため、虫に食べられにくく腐敗からも守り、長持ちする家づくりができます。

 

血統書付きの檜を使用

 

日本ハウスやまとシリーズで採用されている檜は、どこで生産・加工されたかがわかる血統書付きのものです。

良質で選りすぐりの檜を使っています。

 

 

グッドデザイン賞やキッズデザイン賞など多数受賞

 

日本ハウスの家は、標準仕様が充実しているだけでなく、デザインや機能性、取り組みなどが評価され、これまでの多くの賞を獲得しています。

優れたデザインや機能を評価された「グッドデザイン賞」は8年連続受賞

子どものための提案が評価される「キッズデザイン賞」は7年連続受賞

木の良さや価値を再発見させる製品・取り組みについて評価される「ウッドデザイン賞」は2年連続受賞となっています。

 

 

地震に強いグッドストロング工法

 

日本ハウスのやまとシリーズでは、伝統を受け継ぐ木造軸組工法に独自の最新技術を融合したグッドストロング工法を採用しています。

「強い壁」×「強い床」×「強い壁」×「制振」により、耐震等級3の地震に強い家づくりが可能です。

耐震等級3とは、極めて稀に発生する大地震の1.5倍の地震力に耐えることができる耐震性能があることを示しています。

地震から住まいと家族を守り、安心・安全に暮らすことができます。

以下は、地震に強いグッドストロング工法の主な技術・仕様です。

 

 

標準仕様で太くて強い檜無垢柱

 

日本ハウスのやまとシリーズは、標準仕様で太い檜無垢柱を採用しています。

一般的な3.5寸(105mm)の柱よりも断面積が1.3倍ある4寸(120mm)の柱で、最大荷重は1.9倍あります。

また、柱の4面に強さを高めるために切溝を入れることで、さらに耐久性を高めています。

太く強い柱により、家を安全に支えることが可能です。

 

 

地震の揺れの力をスムーズに分散するストロング床組

 

やまとシリーズのグッドストロング工法では、2階の床構造を強化するためにストロング床組を採用しています。

ストロング床組にすることで、地震の揺れの力を分散でき、耐震性を高めることができます。

強度実験では他社よりも高い床倍率6.7倍の最高水準の剛性を実証しています。

 

 

高い耐震性を発揮する高倍率耐力壁パネル

 

床と一体になって高い耐震性を発揮する高倍率耐力壁パネルを採用しています。

日本住宅・木材技術センターの強度試験において、他社よりも強い48.12kNでした。

 

地震の揺れを低減する制振パネルも標準仕様

 

やまとシリーズのグッドストロング工法は、制振パネルを設置していて地震の揺れを低減します。

パネル中央部にある地震エネルギー吸収装置が、地震エネルギーを吸収して揺れを抑えます。

 

省令準耐火構造・長期優良住宅にも対応した高耐久住宅

 

日本ハウスの家は、標準仕様でありながら、省令準耐火構造や長期優良住宅に対応している高耐久住宅で、強く丈夫な家づくりができます。

家族が安心して暮らせて孫の代まで受け継ぐ家が実現可能です。

 

 

火災保険料もお得な省令準耐火構造仕様

 

日本ハウスの家は標準仕様で省令準耐火構造に対応しています。

省令準耐火構造の家は、外部からの延焼防止や他室への延焼遅延、各室防火などの特徴があり、火に強い家づくりが可能です。

万が一、火災が起きた場合も延焼の時間を稼ぎ、家族が避難する時間をつくります。

 

国の定める基準をクリアした長期優良住宅

 

日本ハウスの家は、標準仕様で国土交通省の定める長期優良住宅の基準もクリアしています。

基準には、

  • 耐震性
  • 劣化対策
  • 省エネルギー性
  • バリアフリー性
  • 維持管理・更新

の容易性などの項目があります。

長期優良住宅のメリットは、

  • 住宅ローン控除
  • 不動産取得税
  • 登録免許税
  • 固定資産税

などの税金の優遇措置を受けられることです。

 

住まいを支える高耐久コンクリート基礎

 

高耐久コンクリート(日本ハウスホールディングス)

 

やまとシリーズの家は支えるのは、高耐久コンクリート基礎です。

呼び強度30Nのコンクリートを採用しており、十分に養生期間を確保して強固な基礎を実現しています。

 

 

優れた断熱性で経済性の高い家づくり

 

日本ハウスの注文住宅は、優れた断熱性のグラスウールや樹脂サッシが標準仕様となっているため、断熱性・経済性の高い住まいで暮らすことができます。

 

高い断熱性能を確保するグラスウール

 

日本ハウスやまとシリーズの家は、木造の構造材そのものに断熱性能があり、柱との間には断熱性の高いグラスウールを充填しています。

 

開口部の断熱性能を高める樹脂サッシ

 

最も熱が逃げやすい開口部には、断熱性の高いトリプルガラスや複層ガラスを使用した樹脂サッシを採用しています。

室内の暖かい温度を逃さず、冷暖房効率を高めます

 

 

一次エネルギーの消費を抑える高効率設備も標準仕様

 

日本ハウスのやまとシリーズでは、熱交換型ダクトレス換気システムや高効率給湯器など、標準仕様で高効率設備を搭載しています。

一次エネルギーの消費を抑えるため、光熱費の削減が可能です。

 

冷暖房効果を高める熱交換型ダクトレス換気システム

 

エネルギーのロスをなくして冷暖房効果を高める熱交換型ダクトレス換気システムも標準仕様です。

熱交換型ダクトレス換気システムは、汚れた空気を排気しながら屋内の熱を蓄積し、蓄えた熱を放出しながら屋外より空気を給気するため、室内の温度を確保しながら空気の入れ替えが可能です。

 

 

エネルギーを無駄なく使える高効率給湯器

 

年間給湯保温率が高く、制御技術でエネルギーを無駄なく効率よく利用できるヒートポンプ式給湯器を採用しています。

また、寒冷地においては高効率給湯暖房器が標準仕様です。

 

電気使用量を表示して管理・節約できるHEMS

 

日本ハウスの注文住宅では、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)により、家庭の電気使用量を把握できるため、管理・節約が可能です。

 

長寿命で消費電力も抑えるLED照明

 

LED照明は寿命が2万時間〜6万時間と蛍光灯よりも長く、消費電力は3分の1程度です。

標準仕様で電気代を節約できます。

 

エネルギー効率が高い高効率エアコン

 

少ない電力で効率よく熱をとり除く高効率エアコンを設置しています。

光熱費の削減ができ、家計の負担も軽減可能です。

 

 

環境にも家計にもやさしい太陽光発電システムも標準仕様

 

太陽光システム(日本ハウスホールディングス))

 

日本ハウスは、国内で初めて本格的な太陽光発電システムを開発した住宅メーカーで、ソーラーシステム普及啓蒙促進事業の第1号にも適用されました。

太陽光発電システムを標準仕様(一部商品は除く)としていて、余った電力を売電できるため光熱費の削減が可能です。

 

 

標準仕様でZEHに対応

 

  • 外壁や屋根などによる「断熱性
  • HEMSや高効率給湯器などによる「省エネ
  • 太陽光発電システムなどによる「創エネ

により、使うエネルギーよりも創るエネルギーが上回るZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に標準仕様で対応しています。

他の住宅メーカーの場合は、ZEHに対応するために200〜300万円の追加費用がかかることもありますが、日本ハウスの家であれば追加費用がかかりません

 

 

部屋や廊下が広く快適に暮らせる

 

日本ハウスの家は、一般的な910mmモジュールではなく、基本モジュールを1mにしています。

モジュールを1mにすることで、部屋が広くなりますし、車椅子でも通りやすい廊下やトイレなどのある家づくりが可能です。

子どもや高齢者など、すべての年代の人が快適に暮らすことができます

 

 

充実したアフターフォロー、アフターサービス

 

家を建てた後にどれだけのアフターフォロー、アフターサービスがあるかは非常に重要です。

充実したフォロー、サービスがあれば、長く安心・安全に暮らせるためです。

日本ハウスの注文住宅のフォロー、サービスの内容は以下のとおりです。

 

自社運営の24時間対応コールセンター

 

日本ハウスは自社運営で24時間体制のコールセンターを開設しています。

住まいのトラブルの相談をいつでもでき、迅速に対応してくれます。

 

住まいを見守り続ける感謝訪問(ホームドクターシステム)

 

家を引渡した後から感謝訪問が始まります。

引渡し後5年目までは年2回6年目以降は年1回訪問し、住まいの点検や診断、さまざまな相談に対応してくれます。

 

 

安心して住める独自の長期保証プログラム

 

日本ハウスで建てる家には、独自の保証制度である「60年保証システム(10年毎有料メンテナンス条件付)」が用意されています。

長期にわたる定期点検・保証により、安心して暮らすことができます。

 

 

直営工事・棟梁システムによるつくり手の顔が見える家づくり

 

日本ハウスでは、つくり手の顔が見える家づくりのために、直営工事と棟梁システムを導入しています。

これらの仕組みにより、密なコミュニケーションをとることができ、安心して家を建てることが可能です。

下請方式や代理店方式だと、直接建主とコミュニケーションをとるのは大抵住宅メーカーや販売代理店だけですが、直営方式であれば住宅メーカーも棟梁・職人ともコミュニケーションがとりやすく、同じ立場で施工できます。

直営工事・棟梁システムによって、しっかりとコミュニケーションをとりながら、専属の棟梁・職人が家づくりをしてくれるため安心です。

 

いかがでしたでしょうか、日本ハウスの主な標準仕様や特徴について紹介いたしました。

日本ハウスの注文住宅は、ローコスト住宅メーカーよりも価格は高いですが、標準仕様が非常に充実しているため割安感があります。

他の住宅メーカーだと追加費用がかかるような、太陽光発電システムや省令準耐火構造、長期優良住宅、ZEH、高効率設備なども標準対応です。

 

 

田中

価格だけで選ぶのではなく、仕様や品質、性能など総合的に判断して住宅メーカーを選びたい場合におすすめです。ぜひ、この記事を参考に検討してみてください。

 

 

 

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-日本ハウスホールディングス

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.