トヨタホーム

トヨタホームの家・商品

投稿日:

もくじ

商品

トヨタホームの商品を一部ご紹介します。
トヨタホームには鉄骨ラーメン構造の「シンセシリーズ」、鉄骨軸組工法の「エスパレオシリーズ」がありますが、今回ご紹介するのはシンセシリーズの住宅です。

『HUGMI』

家族の距離を近くに、がこだわりの家です。
キッチンはリビングとつながっており、料理中も片付けの最中でも子供の姿が確認できます。
インテリアのデザインスタイルは「モダン+クラシック」、「モダンスタイル」、「プレーンスタイル」の三種から選べます。

『グレートソーラー平屋』

太陽光発電10kw超が搭載可能な家です。平屋ならではですね。
「20年間まるごと売電の家」をキャッチコピーにしており、20年間で約1,128万円の売電収入が見込め、暮らしを大きく支えてくれるものとなります。
ユニバーサルデザインの考え方を採用し、ワンタッチの簡単操作でドアの開放固定、解除ができるマグネット式戸当りや段差のないフラット設計がポイントです。

『LQ LIFESTYLE&QUARITY』

1600万円台より作れる家、がコピーです。
ゆとりある大空間&大開口で、空間を大きく自由に使用することが可能です。
デザイン性にも富み、自由に動かせる壁を使ったり、壁にもなるムーブクローゼットなどで空間アレンジが楽しめます。

簡単に3つほど二階建ての家をご紹介しましたが、エスパレオシリーズやそれぞれの三階建ての住宅など種類豊富な商品が存在します。
気になったものがあれば見学をしたり資料請求をしたり無料のカタログを他社のハウスメーカーと比べてみてください。

住宅展示場でのポイント

ここで、住宅展示場でのポイント、とされていることをお話しします。
多くのハウスメーカーや工務店では、お客様の対応を行った営業マンがその後も家づくりのお世話をするという暗黙のルールが存在するそうです。
家づくりには営業マンとの相性がとても重要なので、こちらからも積極的に質問を投げかけ、その応対ぶりを確認しておきましょう。
希望が伝わらないようなら、再検討をなさった方がよいかもしれませんね。

■防犯性

家づくりに重要なのは自然災害だけではなく、防犯性も重要になってきます。
トヨタホームは「狙われにくく、入られにくい」をコンセプトに、360°防犯住宅を作っています。
防犯性の高さを証明するCPアイテムを多く取り入れた防犯住宅になっています。
CPアイテムとは、平成14年11月に警察庁等関係省庁と民間団体が結成した
「官民合同会議」において工具などを使用した試験を実施し、
「侵入に五分以上の時間がかかる」などの一定の防犯性能があると
認定された建物部品(ドア・ガラス・サッシ・錠・シャッター・ウィンドウフィルムなど)のことです。

1. 窓

2枚ガラスと特殊フィルムで割れにくい「複層ガラス」、
強い固定と特殊ねじで外されにくい「面格子」、通風・日射の遮閉と防犯を両立した
「日射制御エアリーガード」を使っています。

エアリーガードは防犯性能を備えたブラインドで、トヨタホームが独自で作ったものです。
全閉ではすべてのスラットを閉じることでシャッターとして使用でき、
防犯+通風モードでは、上部3枚のスラットを開き、外部の空気を取り入れ、
すべてを開けばブラインドとして使用できます。

防犯対策

2. ドア

ピッキング防止をはじめとし、侵入を防止する「玄関ドア」、二重の錠でロックする
「勝手口ドア」、PC認証を取得した電気錠「ラ・ロック」を使用しています。
ラ・ロックはクルマの盗難防止に効果を発揮するイモビライザーの
高度なセキュリティ技術を応用してできた電気錠です。

3. その他防犯

不正な解錠を認知する「窓施錠モニター」、訪問者の顔が確認できる「
カラーTVドアホン」、自動点灯の「センサーライトカメラ」、
侵入不可能なサイズ設定された「スリット窓&アクセント窓」、
外部からの侵入者を確認できる「キャンチバルコニー」、
音で異常を発見する「砂利敷き」、隠れる場所を作らない「スリット塀」などが使用されています。

あげたものすべてにCPアイテムが取り入れられているわけではないのですが、
高い防犯性能を備えていると言えるでしょう。

■快適性

見た目も大事ですが、やはり重要なのは寝食の場面で使う家の内側です。
部屋が快適じゃないといやですよね。
トヨタホームの住み心地とはどのようなものでしょうか。

1. 断熱性

トヨタホームは業界トップクラスの断熱性能を維持しており、もっとも外気に触れる面積の多い外壁の内側を断熱材で覆う「充填断熱工法」を採用しています。
鉄骨で充填断熱工法のみだと鉄骨部が熱橋となり、寒さや結露などの問題に繋がります。しかし、トヨタホームは、鉄骨部も断熱材で断熱補強し、熱橋とならない工夫がされているようです。

熱がもっとも逃げやすい開口部を徹底対策し、冷暖房効率の高い高遮熱断熱ペアガラスを採用し、夏は暑さをさえぎり、冬は熱を逃がさない、生活に快適な温度を保ちます。
このような断熱対策を施し家全体で最高ランク等級4の断熱性能を誇っています。
高い断熱性のおかげで、年間で冷暖房費を約4.6万円もカットでき、環境だけでなく家計の負担も軽くなります。

2. 全館空調

また、独自のオリジナルの全館空調システム「スマート・エアーズ」も快適性を高めます。
全館空調によって家の中の温度差を抑え、上手に管理し、一年を通して健康に暮らせる、快適な空気環境を実現します。
部屋全体が一定温度になるので、脱衣所だけが異様に寒い……なんてこともありません。大切なお子様の体調管理にもこのようなシステムは役立ってくると思います。
また、1・2階が独立したシステムになっているので、無人の階の空調を弱めたり、フロアごとの温度調節が行えたり、生活パターンに合せて曜日や時間による冷暖房温度をプログラムし管理できるため、、消費エネルギーの無駄を減らし、冷暖房費を削減します。
家自体が高い断熱性を持っているので冷暖房のエネルギーの効率を高めることができ、光熱費の節約につながります。
ですが、全館空調なので本体はやはり大きめのサイズになってしまい、設置するのにそれなりの場所を必要とすることに注意が必要です。

気になるトヨタホームの坪単価

トヨタホームの快適性は理解していただけたと思います。
それでは、気になるのが購入したらいくらになるのかという点になります。

シリーズで異なるのですが、65万円前後といったところがトヨタホームの坪単価になります。
この坪単価はもちろん目安です。
オプションをつけたりすると価格は上がっていきます。
ということで知りたくなるのは、坪単価よりも自分が望む住宅がいくらになるのかという点になります。

そのためには見積りをもらうことが必要になります。
もし、購入しなかったら断ることが面倒という方や住宅展示場まで行っている余裕がないと言う方もいるかもしれません。
そんな方には、タウンライフというサイトがオススメです。
複数の会社からネット上の情報入力で見積りをもらうことができます。
詳細はトヨタホームの価格を他社と比較を参考にしてみてください。
営業の方のトークを聞いたりすることや同じ説明を何度もすることもないのでおすすめです。

■2つの鉄骨

トヨタホームは鉄骨を使った建築を扱いますが、それには2つのジャンルがあります。
鉄骨ラーメン構造の「シンセシリーズ」、鉄骨軸組工法の「エスパレオシリーズ」です。

1. シンセシリーズ

比較的安価で工期の短いユニット工法です。複数のユニット(箱状のもの)を組み合わせて、現場で1つの家にまで組み立てます。
シンセシリーズには鉄骨ラーメン構造が使用されています。
鉄骨ラーメン構造とは、太さ125ミリ角の強靭な鉄骨を使い、単体でも十分強度のある柱と梁をボックス化することで強度をさらにあげる構造のことです。

ユニットをつなげることにより力を均一に発揮することができます。
柱と梁の接合部には変形防止のプレート、ダイアフラムを内蔵することで、接合部分の変形を防いでいます。

2. エスパシオシリーズ

軽量鉄骨の軸組構造で作られます。工場で全てを作らずに現場で鉄骨を組んでいく作り方です。
エスパシオシリーズでは鉄骨軸組工法が使われています。これにはラチス材という部材が用いられています。
これは地震・台風などの力に耐えるために採用されたものです。中規模地震にはラチス材が外側からの力を受け止め、大規模地震にはラチス材が曲がり変形をすることで外側からの力を吸収し倒壊を防ぎます。
エスパシオには、「EST工法」が採用されています。
ESTとは「Evolutional System of TOYOTA」の頭文字であり、災害に強く、柔軟なプランニングに対応が可能というトヨタホーム独自の工法です。
安定感のある鉄を柱や梁などに採用することで、木を極力排除したその作りは、非常に強度が高く、万が一の時にも安心できます。

値段はエスパシオのほうがやや高くなります。理由としては、エスパシオは工場生産できる割合が低く、現場で作っていく割合が高いためです。
それぞれ価格も違うので、特徴を理解しつつしっかりと予算と相談して使用する工法を選ぶことが重要ですね。

トヨタホームの鉄骨ラーメン構造

いろいろなハウスメーカーがありますが、そんな中でもおすすめ度がとても高いものがありますよ。それはトヨタホームというハウスメーカーなんです。

ここに仕事をお願いすることによって、どのような作業が生まれてくるのかというと、トヨタホームでは鉄骨ラーメン構造を採用しているので、耐久性にも優れておりますし、それだけではなく耐震性にも優れているんです。

では耐久性、耐震性に優れている家はどんなメリットがあるのかというと、それは長く住み続けることができる家を作ってもらうことができちゃいますよ。

鉄骨ラーメン構造のラーメンというものはドイツ語で言うと枠ということなのです。ラーメンですからどんな麺なのかと考えてしまう人も少なくはありませんが、これは枠ということ、これは覚えておいて損はないでしょうね。

さて、話は戻りまして。トヨタホームで鉄骨ラーメン構造におけるマイホームを作り上げてもらう場合、長く住み続けることができる家は完成するのですが、それ以外にはどのような特徴があるかというと、60年の長期保証です。

これは長く生活することができる家を提案してもらうことができるので、このような保証が成り立っているんでしょうね。人生の中でもかなりの金額を支払って夢のマイホームを建てていくわけですから、できるだけ理想にぴったりなものを建てていきたいところですよね。ですから、これだけ頑丈な家なら間違いなく安心感が違いますよ。

鉄骨でイメージするのが鉄ですよね。
トヨタホームが自慢できるのは、「剛接合」技術です。
釘やボルトは使用せずに溶接によりユニットを一体化しています。
これもトヨタの技術があってこその高精度の溶接が可能になっているのです。

トヨタホームの快適性

そして、快適性にもとても重視しているんです。とても心地よい空間を演出してくれますから、家族全員が健康に快適に暮らしていくことができちゃうんです。

よって、特に小さい子供がいる家庭にはぴったりなハウスメーカーといえます。一年中快適に過ごすことができるんですが、なぜそれが可能になってくるのかというと、それは断熱性能が優れているからなんです。

省エネ効果をかなり高めてくれるので、その分電気代金の節約にもきちんとつながっていきますよ。さらには風通しもよいですよ。

そして、今の時代ではとても大切なのが防犯対策、防犯システムですよね。窓であったり、ドアであったりこれらに防犯対策が施されているんです。

このように至れりつくせりといった感じのマイホームですと、かなり坪単価が高いのではないか、こんなイメージを持っている人がいますが、実際にトヨタホームで建てる家の坪単価は結構抑えられているんです。これだけ価格が抑えられているので、マイホームを注文住宅で建てることはちょっと難しいと考えている人でも、頑張ってお金を貯めることで、坪単価の抑えられているトヨタホームで家を建てることは可能でしょうね。頑張って、理想通りのマイホームを建ててみるとよいでしょう。

スマートハウスとは

エネルギーを賢く使いながら地球環境にやさしい家を
目指したものがトヨタのスマートハウスです。
現代的テクノロジーを使い、自然と調和した家になっています。

特徴としては、

1. HEMS

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。
家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムで、
エネルギー使用状況の「見える化」して自分たちの使った
エネルギー量が数値として見ることができます。
電気だけではなくガスや水道の使用量や料金も確認することができるので、省エネ・節約に役立ちます。

さらにモニターのチェックボタンを押すと部屋ごとの電気使用量を
5Wという僅かな消費電力まで表示されるので、
出かける前の消し忘れが一目で確認できます。

2. エネルギー管理

「おやすみ蓄電モード」「おひさま蓄電モード」の選べる2種の蓄電モードがあります。
太陽光で発電していない時間帯や雨の日には、電気料金が安い深夜に蓄電して
安価に電気を貯める「おやすみ蓄電モード」と日中につくる太陽光のエネルギーを貯めて
電気料金の高い夜に使い、電力会社から電気を買わない「おひさま蓄電モード」があります。
また電気を使いすぎてブレーカーが落ちてしまったことがある方もいらっしゃると思います。
HEMSは電気の使用量を把握し、使用電気量がオーバーしそうになった時は、充電や運転を自動オフしていきます。
なお、自動オフの順番についてはあらかじめ優先順位を決めることができます。

3. クルマとのつながり

スマートハウスではHEMSと対象のクルマをつなげることができます。
現段階の充電量でどのくらいの距離を走行することができるのかをモニターでチェックすることが可能で、
バッテリー残量も分かるので、安心してドライブも計画を立てることができます。
また家の中から出発前に車内の冷房を稼働させることができるのが、「プレ空調」です。
モニターから冷房のスイッチを入れておけば、充分に涼しくなった状態でクルマに乗ることができます。
夏場にとても重宝する機能ですね。
ガソリンを使わず家庭用の電気で稼働するので、環境にも優しいです。

4. スマホとのつながり

トヨタホームのHEMSは、トヨタスマートセンターを通じてスマートフォンと連携することが可能です。
て利用できる機能のひとつが、玄関の戸締り確認。
電気錠システムと組み合わせることにより、外出先から鍵の開閉状況を確認することができます。
「あれ、鍵をかけたっけ?」と慌てて家に帰る必要もありません。
もしもうっかり鍵を閉め忘れてしまった時でもスマートフォンからの遠隔操作によって施錠できるので安心です。
開錠はできないので、悪用されることはありません。
「部屋の電気や空調を消し忘れたまま寝てしまった」というこれもありがちなうっかりを防ぐために、
家の中でもスマートフォンでモニターを確認することができます。
消し忘れ確認をすることで、省エネ効果が高まり、節約にもなります。

などです。
スマートハウスには未来的な工夫がたくさん組み合わされた画期的な新時代の家と言えるでしょう。

保証期間

保証期間が長いと、家にかかる定期点検やメンテナンス費、
さらには修繕費などを気にかける必要もなく、
子どもの養育費や人生設計などの幅を広げることができます。
さらにトヨタホームでは中古住宅の流通を促す「スムストック」
(住宅履歴データを有した長期点検・補修制度に守られている優れた耐震性能を持った住居)
に取り組んでおり、
既存住宅の流通時の信頼性が高まり、
次の購入者が安心して購入できるようになり、
スムーズな売却が可能です。

トヨタホームの保証期間は60年間と非常に長い期間になっています。
(この保証制度はトヨタホームシンセシリーズ・LQ・エスパシオシリーズ購入の「アトリスプラン60年長期保証制度」対象限定のサービス)

雨水の侵入防止部分(屋内への雨漏り、雨漏りによる室内部材の汚損、仕上材のはがれの著しいもの)
外壁(傾斜、ひび割れ、欠損、破断の著しいもの)
床(傾斜、破断、変形・たわみ、振動の著しいもの)
屋根(変形・たわみの著しいもの)
基礎(不同沈下、ひび割れ、欠損の著しいもの)
構造体(傾斜、ひび割れ、欠損、腐食、破断、変形・たわみの著しいもの)
などが保証対象です。

さらに、
最長保証期間30年の虫害
最長保証期間5年の付帯設備
も対象です。
加えて生涯点検やお手入れのアドバイスなどの役立つ話も聞くことができます。

長期間の保証ができる理由

何故ここまで長期間の保証ができるかというと、
それは壊れない自信があるからでしょう。
トヨタホームの家は、鉄骨ラーメン構造で作られています。
鉄骨には、クルマづくりから生まれた技術で錆や劣化を防ぎます。
また、構造体は柱と梁を強固に接合して一体化させたユニット構造になっており、
耐震等級は最高ランクの3を備えています。
錆の発生しない鉄骨を作りあげることで、長期保証を可能にしたのでしょう。

基本性能が高いため60年長期保証が可能になっています。
トヨタの自動車に関する技術があるからこそ、
高耐久テクノロジーが実現しました。
さらに定期的にメンテナンスをするお手伝いをすることで、
トヨタホームの住宅は長持ちするようになっています。
そう考えると坪単価が少し高かったとしてもトヨタホームの住宅を購入したくなりますね。

繰り返しますが、この60年間保証はアトリスプラン60年長期保証制度」
対象のサービスになりますので注意が必要です。

耐震性

トヨタホームの営業マンの方に自社の強みを伺ったところ、「耐震性」と答えられた、という口コミをいくつか見かけました。
地震大国日本では近年の大地震もあって強い家作りが求められています。
トヨタホームの耐震性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

トヨタホームは、「パワースケルトン」という構造体を使用しています。
これは、強靭な柱と梁で家を支える構造になっています。

柱の太さは業界トップクラスの125ミリ角を使用し、一般的なものより太くて重さに耐えられるものを使用しています。

もっとも多く使われている3.2ミリ厚の鉄骨の場合、1本の柱で178.4kの重量を支えることができ、これは一般的な100ミリ角の鉄骨の約二倍の強さで、125ミリ角の木材の約4.5倍にもなります。

柱と梁の接合部にはダイアフラム(力を受けて変形を防止するプレート)を内蔵し、力が集中した際の家の変改を防げる作りになっています。接合部の強度はダイアフラムを使用しない場合に比べてなんと約35倍にもなります。
さらに鉄骨構造で重要な錆止めについても考えられており、外部の工場へ委託するのではなく自分たちの工場で品質を管理し、錆止めを剥がさないために溶接してから錆止めを行っています。

トヨタホームの地震対策

またトヨタホームの地震対策を特徴付けるものに、制震装置「T4システム」があります。
トヨタグループの自動車づくりの経験を活かしたもので、自動車の部品に用いられるショックアブソーバーの原理を元に開発されたものです。
標準的な2階建て住宅の場合は、4ヵ所に設置する必要があり、地震の揺れから建物の変形を軽減します。
これにより地震による建物の変形を約20%~70%低減させることが可能になりました。2階建て住宅の2階部分については、揺れの大きさを30~50%程度低減できるそうです。
これによって室内のクロス(壁や天井などに張る内装のこと。壁紙ともいう)の皺や、切れといった細かな被害も軽減することができ、揺れ自体はもちろん大地震の後の補修も最小限に抑えられます。

これらの仕組みのおかげで、大地震が起きても住み続けることができる家を作ることができるのです。

地震

鉄骨軸組工法

鉄骨軸組工法についてしっかりと把握しておくことで安心・安全を重視したクオリティーの高い施工を行えるようになっていきます。トヨタホームが提供している、耐震・免震性に優れた家作りのノウハウを生かした、災害に強いマイホームの建築技術を取り入れていく姿勢が求められるのです。

また、自身に子供や配偶者がいる場合には、家族のニーズもしっかりと計画に反映していくことが重要視されます。そのためには、自身が今までに収集してきた情報を参考にして、各住宅メーカーのサービスを比較検討していくことが必要です。

そして、なるべく多くの要望を適切な形で反映してくれる業者を見極めていくことになります。この観点から、鉄骨軸組工法での施工を前提として、坪単価を考慮したトヨタホームでの家作りも具体的に評価することが重要であると言えます。

他の住宅メーカーが行っている鉄骨軸組工法について、坪単価を加味した見積もりをとることで、より具体的かつ客観性のある比較を進めていくことが可能になります。

自身の想定している予算内で、どれだけクオリティーの高い住空間を作り上げていくことが出来るのか、この点からしっかりと見極めておくことが肝心です。

鉄骨軸組工法を採用した家作りを実施することで得られる最大のメリットは、その高い気密性と安全性にあります。一般的な住宅の工法と比べると、ややコストは高くなりますが、それに見合った大きな満足感を得ることができます。坪単価と予算を照らし合わせて、自身の予算内に収まるようトヨタホームの担当者と打ち合わせを重ねながら、計画を進めていくことが大切です。

家づくりを進めるにあたって

これまでの検討要素に加えて、将来的なライフスタイルの変化に対応可能な家作りも視野に入れておくことが大切です。高齢の両親と同居することになった場合には、二世代住宅としてリフォーム等が必要となる可能性も意識しておくことが求められるのです。

また、自身の子育て環境についても、その成長段階に応じて柔軟に改良していけるかどうかも見定めておくことが重要です。

このように、機能性と快適性をフレキシブルに実現すめためには、多くの要素を検討していかなければならないのです。各住宅メーカーを比較し、デメリットとメリットを見極めた上でトヨタホームを選定した際には、この点も重視した計画を進める必要性があります。

 

トヨタホームの特徴

トヨタホームは3つの安心を提唱しています。
高度な技術による品質力による「建てるときの安心」、
長期にわたる保証力による「建てたあとも安心」、
トヨタグループの企業力による「支える安心」です。

 建てるときの安心

安心

トヨタの自動車製造で培ったスキルが家づくりに使われていることを売りにしており、
トヨタならではの鉄骨構造がこだわりのひとつです。
鉄骨構造の場合、気になるのは錆ですが、トヨタホームはクルマづくりで培った防錆技術、
自社工場での品質管理によって高い防錆品質を維持しています。
また防犯対策も特徴的で、1階窓や2階のテラス窓など侵入の危険性がある窓は、
全て防犯ガラスが標準になっています。

また、防犯性に優れた独自のシャッターも開発されていて、
通気しながらもしっかりとした防犯対策になっています。
また家の大半を工場で作ることもポイントでしょう。
工場で作るおかげで、現場では「組み立て作業」が主になるため、
施工から完成までが驚異的な速さで進みます。
部材が雨や風にさらされることもないので、劣化の心配も少ないです。
また通常土地購入や着工時、住宅ローンやつなぎ融資の利用が必要になるのですが
家の完成までの間の金利負担・家賃負担もスパンが短いため最小限に抑えることが出来るという利点もあります。

建てたあとも安心

一般的な木造建築の家は耐震強度を保つために建物の外周り40mに対して
構造耐力上動かせない壁は合計で20mの壁が必要になります。
一方、パワースケルトンという工法を採用しているトヨタホームは、
耐力壁が必要ない構造なので改築も自由にできます。
さらに業界トップクラスである、驚きの最長60年保証。
アトラスプラン60年保証制度対象住宅の場合、外観や内部、虫害、
付帯設備に至るまで保証が確保されています。
25年目まで点検はすべて無料。その後は10年ごとに無料で点検、
さらに家が維持される限り永久メンテナンスを約束し、トヨタならではの安心感が特徴です。
『東北大震災でも特に問題は無く、すぐに社員の方が訪問してくださり外の給湯器、
外壁など全て点検してくれました。クロスが破けるなどのトラブルはありましたが、
無償補修していただいています。』という口コミもありました。

支える安心

トヨタホームはトヨタグループ17社のひとつで、快適な環境づくり、エネルギー対策、
クルマとの連携、防犯対策などグループの高い技術を活かした建築が特徴です。
防犯性能についても、グループの強みを活かした対策が施されています。

「安心」をキーワードにトヨタホームは家を建てているんですね。

トヨタホームの坪単価

トヨタホームの坪単価は60~70万円といわれています。
鉄骨ラーメン構造の「シンセシリーズ」、鉄骨軸組工法の「エスパレオシリーズ」のどちらの工法を選ぶのかによって変わってきますが、後者のほうが若干高いのが相場になってるようです。
具体的には、シンセシリーズで建てる場合は坪単価が60万~65万円、エスパレオシリーズで建てる場合は坪単価が65万~70万円になっています。
値段も品質同様、やや高め、という感じでしょうか。

トヨタホームとの交渉

トヨタホームは本来の自動車メーカーですので、そこで培った経験や技術というのを、家の構造などに活かしている、というところに自負があります。
そういった背景があるため、坪単価も若干高いのでしょう。
そのため、と比べてみるとかなり大きな差がでてしまっている、というところもあります。
ハウスメーカーと迷っていますと言うニュアンスで営業マンと交渉してみてもいいかもしれません。

情報を方集めていくうちに、他のメーカーの方がよいのでは、と新たな発見があるかもわかりませんし、重要なのはひたすら情報を集めることです。
口コミサイトや友人・知人に話を聞いたりして自分に合った家を建てましょう!

トヨタホームの注文住宅

トヨタホームの注文住宅についてです。
トヨタホームは今まで、環境にも、家族にも、家計にも気を使った家を目標として、
世界的に有名なトヨタグループの技術を使って、家を提供してきました。
ちなみにコンセプトは「人生をごいっしょに。」です。

トヨタホームはユニット工法の「シンセシリーズ」、
鉄骨軸組工法の「エスパシオシリーズ」
という二つの工法を使っています。
またユニット工法は約85%を工場で生産しています。
建築現場では約半日で屋根までを作り上げるとても短い期間で、
非常に高い耐震性や耐久性があり、それが魅力となっています。
一方、鉄骨軸組工法はその人その人の希望や敷地の条件に合わせた対応をしています。
そこでこの二つのシリーズを紹介しようと思います。

『エスパシオ』

まず一つ目が都会に住む人をターゲットにする「エスパシオ」シリーズです。
このエスパシオシリーズは鉄骨軸組系である「EST工法」を用いており、
自動車メーカーのTOYOTAの系列会社であるトヨタホームは鉄を使うことに関して
自信があり実際高い評価を得ています。しかし安い相場の家ではないため、
主に都会に住む富裕層がターゲットとなっています。

『シンセ・はぐみ』

二つ目が子育て世代に評判のよい「シンセ・はぐみ」です。
このシンセ・はぐみの魅力としては家族のことを考えた家造りをしているので
若い世代の親が喜ぶポイントが盛りだくさんです。
まず「はぐみダイニング」という広々とした空間を設けています。
これはただたんに家族で食事をとする空間というだけでなく子どもが遊ぶスペースや勉強する場所にも変化します。
また外壁も選択できるようになっていて外壁で他の家と違いを出したい若い人からの評判が良いです。

『シンセ・ソレスト』

そしてもう一つのシンセシリーズが「シンセ・ソレスト」です。
この商品のスローガンが次世代に引き継げる家です。
このために耐久性、耐震性を強くし最長60年保証の家を提供しています。

また次世代に引き継ぐことができるようにリフォームがしやすい家をつくっています。

平屋建て住宅の坪単価

家を建てる時に利用しやすい業者としてトヨタホームがあり、
多くの人がこの建設会社を使っています。

この業者の特徴は車を作る技術を応用している点で、
そのような高い技術を使っているので安心して利用することができます。

トヨタホームの建物は細かい部分までしっかり作られており、
長期的な利用ができる便利なものになっています。
建設にかかる時間も短い傾向があるので、
家を短期間で建ててもらいたい時に利用がしやすいです。

またこの業者では2階建てなどの一般的に売られている住宅と同じくらい、
平屋の建物を重視しています。

最近は高齢化社会が進んできていますから、
2階建ではないタイプのものが人気を得ています。
そのためどちらかというと高齢者向けの物件として、
このような平屋の建物を提供しています。

このような建物は二階建てのものに比べると坪単価はいくらか安く、
軽い負担で不動産を作れるようになっています。
その坪単価は50万円くらいになることがよくありますが、
キャンペーン等によって変わるのである程度は変動します。

このタイプの建物はトヨタホームが非常に力を入れていますから、
質の良い物件を購入することができます。

トヨタホームの平屋建て住宅

建物の防犯性などもしっかりしているので、
犯罪者などを防ぐ効果も高く住みやすくなっています。
この業者を利用して平屋の物件を建設したいときは、
どのようにするのかを工夫したほうがうまく行きやすいです。

こういう業者を利用するときは土地の購入とセットで行うことがありますが、
そのような形にすると自由度が下がります。
土地と建物をセットにして建設業者に依頼をした場合は、
それ以外の業者との相談が難しくなります。

この業者の提供している平屋の物件は二階建てのものに比べて、
坪単価が安いので購入のしやすいものになっています。
2階建てのものを作る負担に比べると三分の二くらいですむこともあり、
高齢者にとっても仕事を頼みやすいです。

この業者の建物は一般的な住宅に比べて一つ一つのパーツが優れており、
質のいい家を利用することができます。
例えば柱や梁をつなげる部分に特殊なものを使っていたり、
一階部分の窓ガラスの防犯性が高くなっています。
この業者を利用して住宅を建てることができれば、
それなりの費用で不動産を手に入れることができます。
その時は大体の目安になる坪単価から、
どの程度の負担になるのか計算をしておくと便利です。

さらに平屋について言えば他社の情報を集めておくことも重要になります。
集めた情報を比較することによってトヨタホームを選ぶかどうかの基準にもなるからです。
他社の平屋住宅の見積りを取りたい方はこちら。

トヨタホームの評判

トヨタホームは世界的に有名な自動車メーカーのトヨタグループのハウスメーカーです。
世界トップシェアである自動車塗装の技術を注文住宅にとりいれ、地震や劣化への対策がしっかりとしている家づくりを目指し防錆塗装が充実しています。
小さな部材から床の柱に至るまで防錆効果を効かせ、長く住める丈夫な家を実現しています。

そしてトヨタホームは何種類かの商品を提供していますが、そのうちオススメの商品の評判を紹介します。

「新発想の家LQ」です。この家は独自の発想や工法を採用しています。
また、購入者に様々な住宅からプランを選んでもらって家を建てます。
このような選択形式の注文住宅は自分の理想に近い家を作ることができながら、完全オリジナルなものよりも単価を抑えることができるので、近年人気を博しています。

またトヨタホームで家を建てるメリットとして、
・耐震性が高い
・経営母体が非常に強いので倒産の心配がほとんどない
・工場見学や社内でやる花火大会などイベントが他社と比べて充実している
ことが挙げられます。

トヨタホームで家を建てた人の感想

またトヨタホームで家を建てた人からは次のような感想がありました。

仙台にトヨタホームで家を建てて今回東日本大震災で被災した。しかし家に何の問題もなかった。さらに社員の人がすぐ点検に来てくれ、給湯機や外壁などをチェックしてくれた。クロスが若干破けていたが無償で修理してくれた。

また他に、

トヨタホームの営業の方は本当に親身になって相談に乗ってくれました。他の会社の方にも何社か相談に行きましたがトヨタホームの方が一番根気強く相談に乗ってくれたと感じました。

家づくりを考えている方は、トヨタホームも検討してみるのはいかがでしょうか。

費用についての評判

いろいろなハウスメーカーが世の中にあるのですが、そんな中でも快適な住空間を手に入れたいと考えている場合には、まずどのハウスメーカーを利用するのが良いのか、そしてそのハウスメーカーではだいたいどれくらいの金額が必要になってくるのか、このあたりを考えて行動していくのが良いでしょうね。

また、どのくらいの金額になるかについて複数で見積もってもらい金額を比較したいという方がいると思います。
そんな複数のハウスメーカーから一括で見積もってもらいたい方にはこちら。

では、実際のところ安心の費用設定になっていて、インターネットの口コミなどでもとても評判が良いハウスメーカーはどこになるでしょう。

それはトヨタホームというところが理想的でしょうね。

ここではさまざまな家を今までに建ててきているので、かなりのノウハウが蓄積されているところです。よって、トヨタホームに相談しておけば、まず多くの知識の中からその施主にぴったりとあったプランを紹介してもらうことができちゃいますよ。

家を初めて建てる人にとっては、どんな家を建てるのが良いのかさえよくわからない場合もありますよね。そんな時には多くのノウハウを持った企業ですから、営業マンだけではなく建築士の人も親切丁寧に相談にのってもらうことができちゃいます。

トヨタホームの平屋の評判

そして、数ある家の中でも夫婦の第二の人生にふさわしい家として、今とても注目されているのが平屋の快適なマイホームなんです。これは費用をおさえた形で実にゆとりのある快適な住まいを実現することが可能なんです。

平屋ですからワンフロアーにすべてが揃っているので、特にお年をめした人であれば、面倒になってくる階段の上り下りが必要なくなってくるので、安心して楽しい生活をおくっていくことができちゃいますよ。

そして、リビングルームは広々とした空間を用意して、夫婦の程よい距離感を演出してくれるでしょうね。第二の人生としての最高のマイホーム提供になるんです。

実際に平屋をトヨタホームで建てた人々の感想などはインターネットで確認することができますが、やはり評判はかなり良いものなんですね。それが、それほど多くの費用をかけることなく購入できてしまうわけなので、魅力はかなりあるでしょうね。

さらには、夫婦二人だけの生活ではなく、子供のいる世帯でも、平屋であれば家族の気配を常に感じながらの生活が可能になってきますので、小さい子供がいても、それなりに成長した子供がいたとしても、家族の絆は変わらない生活を送っていけちゃいますね。

そして、トヨタホームが家の中だけではなく、外観にもかなりのこだわりがありますので、さまざまなデザインがあり、気に入った外観で家を建ててもらえちゃいますよ。ここまで理想的なマイホームがそれほど費用をかけることなく作り上げることができるわけなのでおすすめできますし、ここで家を建ててよかったという結果になるでしょうね。

間取り

間取りは家づくりの中でも最も気にするものの一つなのではないでしょうか。
トヨタホームは何種類もの間取りプランを用意しており、その中から自分のライフスタイルに合わせてプランを選べます。
そのプランとは「子育て家族のための家」「インナーガレージのある家」「開放的なテラスのある家」「都市に映える三階建ての家」「家事バックヤードのある家」などです。

そこでいくつかトヨタホームで家を建てた方の家の間取りを紹介します。


Aさんの家(延床:129㎡ 一階:67㎡ 二階:61㎡)

一階はLDK空間と和室、中庭がつながって開放的な空間になってます。
ここでは家族がそれぞれ自分の好きなことをしていてもそれぞれの存在を感じ取れる家族のつながりを重視した設計になっています。
また和洋空間をまたぐようにテーブルをレイアウトすれば広々とくろげ、天気の良い日にはウッドデッキのある中庭でアウトリビングを楽しめます。
さらに、ファミリースペースがある二階も一階の雰囲気が感じられる吹き抜けがあり開放的な家になっています。

Bさんの家(延床:119㎡ 一階:61㎡ 二階:59㎡)

一階は中庭を囲むようにしてLDK空間と和室がある開放的なスタイル。
LDK空間が広いので一人ひとりの瀬克次官が異なっていても家族の存在を感じられます。
例えば朝はキッチン前のカウンターで朝食をとりながら子どもと話したりなどが可能です。
また二階も家族で使えるファミリースペースと子ども部屋が一体的なつくりになっており、
家族のつながりが感じられる間取りとなっています。

Cさんの家(延床:174㎡ 一階:64㎡ 二階:56㎡ 三階:54㎡)

一階にあるキッチンと洗面所と浴室が一直線上にある設計。
とても便利で使い勝手が良い作りになっています。
忙しい時間帯でも料理と選択が同時にできるといったメリットがあります。
また一階と三階に大容量のクローゼットを設置し広大なスペースを確保できます。
さらに、二階のバルコニーには園芸ができる広いスペースがあるなど開放的な空間となっています。

間取りに着目した家づくりのポイント

これから、トヨタホームを利用して住宅の間取りに着目したマイホームの購入を検討していくのに際しては、事前に様々な側面から情報の収集を行っていくことが重要なポイントとして捉えることができます。

中長期的な自身の生活を、より満足感の大きい形で具現化していくための取り組みが大切になってくるのです。

そして、家族と共に今後長い期間暮らしていく環境を、より良いものにしていくことが鍵となります。子供がいる場合には、安心して家の中で遊べることや、落ち着いて勉強をしていくための静かな空間を設ける必要性があります。

また、配偶者にとってもくつろげる居間や家事をするためのキッチンスペースなど、日常過ごす室内のデザインについても出来る限りニーズを満たすものにしていく姿勢が大切です。

このような個別具体的な要望を、具体的な計画として反映していくための取り組みが肝心です。

自身が集めてきたマイホーム購入に関する様々な情報をと照らし合わせて、購入をする住宅メーカーを選定することも大事な前提条件となります。
また、いくつか見積りをしてもらい、どの程度の金額の相場になるのかという点を確認しておきましょう。
他社と比較するには以下記事も参考になります。
【参考記事:トヨタホームの価格を他社と比較

平屋の間取りについて

マイホームの購入計画を進めていく際、その住宅がどのような構造であるかが重要な検討課題となってきます。一般的には2階建ての家を想定して計画する場合が多い中、間取りを工夫した平屋の建築も選択肢に含めておくことが大切です。

地価が高い都市部では、平屋にすると土地の購入にかかる費用が大幅に増えてしまうことから、敷地面積を狭めて階を重ねていくような形での家作りを検討することが多くなります。

しかし、地方在住の場合や既に土地を所有しているのなら、平屋での暮らしのメリットについても考慮してみることが有効であると言えるのです。

将来的に、配偶者や自身の親と同居する場合には、バリアフリー対策を行う必要があります。その際に2階建て以上の構造だと、それぞれの階で何が起こっているのか把握することがやや難しくなってしまいます。プライバシーの観点から見れば大事なことである一方で、高齢者を抱える家庭としては必ずしもメリットにだけ目を向けるわけにはいかないのです。

そこで、平屋の住宅をイメージしてみると、こうした問題を解消するための出かかりが見えてきます。トヨタホームで提供している、耐震・免震性に優れた平屋の住宅を購入することで災害に強く、家族の顔が見れる暮らしを実現していくことが可能となるのです。階段も無いので、バリアフリー化していくためのコストも削減できます。

このような点を踏まえて、家族や自身が思い描く理想の家作りを、トヨタホームの担当者と共に進めてくことが重要です。個々の検討要素について、より大きなメリットや満足感の得ていくための選択をしていくことが求められます。

間取りと費用の関係

平屋や間取りについてこれまで考えてきました。
平屋や二世帯住宅といったことと、間取りをどのようにするかという点について言うと費用が関連してきます。
複雑な間取りは費用がかかります。
複雑なために工事に時間がかかり、その分人件費が必要となるためです。

また、しっかりと自分の情報を伝えてない見積りや坪単価の価格も目安であり、
自分が建てたい住宅の費用に関して、的確なものを知りたい場合は担当者へ自分の情報を伝えた見積りが必要です。

トヨタホームで家を建てる

トヨタホームで家を建てる時に、注意すべきことはなんでしょうか。
気になった点を調べました。

トヨタホームは、知名度はあまりないですが親会社があの自動車メーカーで世界的に有名なトヨタです。
それゆえ安心感のある中堅メーカーとされています。
そのおかげで地元工務店などに頼む場合に不安な倒産の危機というものがほとんどありません。
イベントも充実しており、花火大会などに家を建てた後でも参加できるようです。充実したサービスですね
価格は、「他ハウスメーカーと比較すると高い」と言われています。
実際に知りたい方は、複数の見積りを一度でできるサービスがあるので、そちらの記事をご利用下さい。
(記事タイトル:トヨタホームの価格を他社と比較)
また、鉄骨住宅なので多少寒さと暑さを感じるようです。しかし、シロアリなどからは家を守れますよ。

トヨタホームの家の特徴

このハウスメーカーはユニット工法を使っており、工場内で組み立てられます。
この際にもトヨタの生産方式で作られ、さびなどに強い鉄骨が家に使われます。
鉄骨で気になる部分は錆という方も多いと思いますが、トヨタ式と思うと安心ですね。

見た目は、あまり派手ではないというのが印象です。
おかしいとか変だというわけではなく、大人しめで、バリエーションも少ないように思います。
外見を派手にしたい、重視したいという方には向かないと思います。
もちろんモダンな外見のものもありますが、その分値段が高くなってしまうことは留意しておくといいですね。

住宅設備は、トヨタオリジナルのものがある訳ではなく、既存のものを使います。
例えば湯船などで言えばヤマハやサンウェーブなどです。

トヨタブランドがあるおかげか、営業マンの接客態度は好感が持てるものが多いようです。
強引な接客をしないというのは良いですね。

さらにトヨタはトヨタホームローンといった独自のローン制度を導入しており、
トータルの支払いで見ると安くなるシステムになっているようです。
トヨタホームで家を建てる際には知っておいた方が良いかもしれません。
もちろん他のローン会社と比較することも忘れずに!

トヨタホームで一戸建て住宅を建てる時のポイント

今後、トヨタホームでの一戸建て住宅購入を検討するのに際して、
多角的な点からの情報収集を進めていくことが、とても重要かつ不可欠なポイントとなってきます。
中長期的に満足感の得られる、快適な住環境を実現するための取り組みが必要とされていくのです。

家族との日々の暮らしをより豊かなものにして、安心・安全な家作りに
繋げていくための工夫を凝らしていくことが求められます。

このような点を着目した上で、家作りにかかる諸費用を丁寧に見つめていき、
自身が収集した情報と照らし合わせながら比較していくことが大切です。

トヨタホームでの一戸建て住宅の購入では、この点を意識した
コストパフォーマンスに優れた形での計画を組んでいくことになります。
機能性や快適性の面で、高いクオリティーを持ったマイホームを建てることによって、
より大きな満足感を得ていくことに結びついていくのです。

また、自身に子供や配偶者がいるなら、その成長をライフプランの変化を見据えた
検討も求められるようになっていきます。
特に、立地の側面では、周辺環境との調和がとれているかについても見極めておくことが肝心です。

更に、近くに学校や医療機関があるかどうかも重要な要素となります。
病気やケガに見舞われたときに、スピーディーな対応をすることが可能であることが大きなポイントとなります。

また、日常の買い物に便利なロケーションであればより多くのメリットを享受していけます。
徒歩圏内に大型のショッピングセンターやモールがあるか確認しておくことが大切です。

そして、公共交通機関の整備や最寄駅へのアクセスなど個々の要素を丁寧に捉えていく姿勢が求められるのです。

各メーカーとの比較をすることがおすすめ

一戸建て住宅の購入は、一生に一度の大きな買い物と言われる程に、
重大な決断を要します。
そのため、各メーカーが提供しているサービスや、
これまでの実績等を総合的に評価していくことが大切なのです。

技術的な優位性があったとしても、
その分価格に転嫁されていればコストパフォーマンスに魅力を感じることは難しくなります。
施工方法や完成までに要する期間、そしてトータルコストについて各メーカーの類似した事例をもとに比較することになります。

そして、自身のニーズを予算内でどれだけ多く反映していくことが可能であるか考慮するため、
諸費用についても個別具体的に見定めていくことが肝心です。

こうした視点を念頭に置きつつ、トヨタホームの専門スタッフと共に満足度の高い
一戸建て購入計画を具体化していくことが必要であると言えます。
快適で、機能性に優れたマイホーム作りに必要なスキルとノウハウを持ったスタッフからアドバイスを受けながら、
一つ一つの計画を丁寧に進めていくことが求められます。

トヨタホームの二世帯住宅

トヨタホームの二世帯住宅が大きくもてはやされているのは、
それだけ多くの興味関心が寄せられていることを物語っているといえるでしょう。

二世帯住宅とえいば、大家族をイメージする人が多いものです。
日本においては、高齢化社会の進行が大きな課題となってきています。
厚生労働省をはじめ、関連省庁においては、喫緊に対応するべき案件として取り上げています。

そんな中において、高齢化社会を意識した住まいづくりを手掛ける業者が多くなってきており、話題を呼んでいます。

トヨタホームにおいては、二世帯住宅にも注力しています。
ありとあらゆるジャンルにおいて、ネットワークサービスのメリットがもたらされる今、
住まいの相場にまつわる分野においても、例外ではありません。

一括見積サイトや一括査定サイトをなどといったサイトが活況を呈してきており、
利用者の利便性に大きく貢献しています。

住まいへの関心

日本においては、景気拡大傾向があらわになるにつれ、住まいへの関心が高まっています。
当然ながら、購入希望の人にとって、相場の状況が気になるところです。

都心部を中心に景気回復局面においては、地価の値上がりが起こるとされています。
とりわけ、東京においては、世界的なイベントでもある東京オリンピックパラリンピックの
開催もあることから、地価の値上がりが続いているのです。

ロボット社会や自動運転、人工知能などといった未来に向けての取り組みが
国家主導で進められる中において、あくまでも、変わることが許されないのが、
人を思いやる心です。ややもすれば、次世代に向けての取り組みが脚光を浴びる一方において、
高齢者への配慮を忘れることがあってはいけません。

昨今においては、介護施設やケアハウス、老人ホームなどといった施設の建設が相次いでおり、
受け皿の確保が着実に進んでいます。
そんな中、家族と一緒に暮らしたいとする思いに寄り添うのが、二世帯住宅なのです。

最近では、二世帯が快適に住むことが可能になる取り組みにも配慮がなされるようになってきました。
台所はもとより、トイレなどの水回りも分けられるなど、
世代によって異なる問題にも適切に配慮することで快適な住まいを維持しているのです。
グローバル化の波も容赦なく押し寄せてきている今、国際結婚も多くなってきています。
同居生活を円滑にするためには、外国人への配慮が必要になります。

慣習や文化、歴史などが異なる外国人のことを理解してあげることが重要なのです。
高齢化やグローバル化などといった観点からも、
住環境に求められることはより複雑なものになっていきます。
二世帯住宅への期待感もより大きなものになることが予測されます。
目が離せない状況が続きます。

トヨタホームの子育て住宅

子どもの成長に伴って家が狭く感じ新しく家を建てたいという方もいると思います。
そこでトヨタホームが提案する子育てが快適になるような家作りを紹介したいと思います。

まずトヨタホームが力を入れているのは子供を含めた家族で触れ合う時間の確保です。
これに関して家の隅ずみまで工夫が凝らされています。
まずは従来のリビングやダイニングといったLDK空間の使い分けを失くしたことです。
食事のとき、一緒に食卓を囲むだけでなく家族みんなで遊んだり、
勉強を教えたりできる自然と家族が集まってくるような空間を作っています。

そして子供は少し成長するとそれぞれのプライベートスペースが必要になってきます。ここで重要になってくるのが家の可変性です。トヨタホームは子供の成長のことを考えた家づくりをしているのでキッズルームも兼ね備えた家作りをしています。さらにそれだけではなくキッズルームには大きな収納スペースを備えつけ子どものしつけにつながる作りをしています。

家族

子育て住宅の具体例

そのような家づくりの例としてAさんの家を具体例として見てみましょう。

まずキッチンとダイニング、キッチンスペースを緩やかなL字状に設計しキッチンスペースに立ちながら家族の様子をうかがったり話したりできる空間になっています。そしてリビングの延長線上にあるウッドデッキも魅力の一つです。ウッドデッキは子供たちの遊び場になるだけでなく大人のリラックス空間としても使える機能性を持っています。

また子供は成長すると自分の部屋にこもりたがるようになります。そんな時期でも部屋よりリビングにいるくらいリラックスできる空間造りをしています。これはさきほどのLDK空間を一つにつなげた家づくりが理由となっています。子ども部屋にも工夫がなされています。兄弟で一つの広い部屋を使うことで兄弟の絆を深め、やがて一人一つの部屋がほしくなった時には壁を設置し部屋を分けることも可能なつくりになっています。この他にも様々な工夫がなされています。

一度トヨタホームのモデルルームで子育て住宅を体感してみてください。

トヨタホームの鉄骨ラーメン構造とは

トヨタホームのローコスト注文住宅の特徴には、なんといっても耐震性、
耐久性に優れている点が挙げられます。それは構造体に、業界では数少ない鉄骨ラーメン構造を採用しているからです。

ラーメン構造とは柱と梁を剛結合で固定されているもので、堅固で強靭な躯体が得られます。
大型マンションや商業ビルに使われるほどです。個人の2階建て住宅には珍しいですね。
太さ125mm角の骨太鉄骨ユニットによるメリットとしては、工期が比較的短いこと、
品質が職人によって左右されにくいこととされ、ボックス化された構造を組み合わせることで大きな開口部、
壁のない大空間を創出できることです。
大きく開けた空間は、動かせるクローゼット、動かせる壁で仕切ることもできます。
子供たちの成長に合わせて部屋のレイアウトを変更するには便利です。
またトヨタ自動車で培った塗装技術により、鉄の構造体は高い防錆性能を施されています。
これらの仕様により60年間の長期保証も可能になりました。
地震などの災害が多い日本においては安心材料になりますね。

鉄骨
(写真はイメージです。)

ピュア24セントラルとは

トヨタホームローコスト注文住宅のもうひとつの特徴、それはピュア24セントラルです。
家全体、各部屋の換気を24時間管理するものでPM2.5まで除去してくれるとのこと。
低価格帯の住宅にも標準装備でうれしい限りです。
また熱交換機能でエアコンによる空調も効率的になります。
トヨタホームが目指す省エネ、省温室効果ガスの柱として活躍が期待できます。

平屋住宅のメリット

トヨタホームの場合、平屋住宅であればかなり安い金額でできちゃいます。
平屋というとなかなか難しいところはあると感じる人は少なくないでしょうね。

もちろん、敷地面積がかなり狭い家になってしまうと、
この狭い空間で平屋をつくるのはデメリットが多くなってしまうんですが、
狭小地ではなければ、納得のいくマイホームレイアウトを提案してもらうことができますし、
家族での時間を大切にできる間取りに仕上げてもらうことができちゃいますよ。

相場価格でみてみても、かなりの金額が必要になる注文住宅ではあるものの、
トヨタホームの場合には結構金額的にも抑えられている内容なので、
安心して任せることができるでしょう。
いろいろと相談すればきちんと答えてくれる業者でもありますよ。

平屋の場合ですと、階段の昇り降りの動作が不要になってきますよ。
ということは、ここがないおかげで確実に足腰への負担もなくなっていくんです。
若いうちはそれほど気にならないことかもしれないのですが、それなりに年をとっていくと、
足腰が誰でも弱ってきますので、そんな夫婦、家族が生活するのであれば、
できるだけ足腰への負担が少なくなる家が良いわけです。

そして、それだけではなく平屋にはもう一つの大きなメリットがあるんです。
それはどんな内容かというと、小さい子供が家庭にいた場合、
全てにおいてフロア内が見渡せるようになっているので、
安心して子供が遊んでいる内容を確認しつつ、
家事をしていくことができるんです。
いろいろな理想の住まいの提案をしてくれますし、
施主がこうしたいという想いにもきちんと応えてくれますから、
使って損のしない理想的なハウスメーカーですね。

トヨタホームの幅広いメリット

■優れた耐震性

トヨタホームのメリットは、さまざまな部分において、
質の高さを感じることができる家づくりにあります。
トヨタといえば車が有名ですが、家に関してもクオリティーの高さが魅力なのです。
例えば、魅力の一つに優れた耐震性があります。日本は地震の多い国ですから、
住まいにおける耐震性というのは、とても重要な部分ですが、
高層ビルの構造体にも採用されている鉄骨ラーメン構造になっています。
これにより、地震の衝撃を構造体全体で吸収するようになっているのです。

■屋根や外壁の耐久性

トヨタホームのメリットはこれだけではなく、
地震以外の外部からの影響を受けにくい造りになっているのも魅力です。
一戸建てというのは、屋根や外壁が風雨にさらされることになりますから、
この部分の耐久性というのが重要になってくるものですが、
トヨタホームの家は汚れがつきにくいタイル外壁、
厳しい防水実験をクリアした優れた防水性能を持つ屋根でできていますから安心感があります。

■高い防犯性

警官

それ以外に一戸建てで重要なポイントとして防犯性が挙げられますが、
トヨタホームの家は、この点においても優れた性能を提供してくれます。
防犯性の高い複層ガラスに加え、二重ロック、さらにサブロックもついています。
また、面格子や防犯性だけでなく通気性にも配慮したブラインドシャッターもあり、
安全・快適な生活につながるようになっています。

その他にも、家中の温度が快適になる空調システムや複数の音性質に強い遮音性もメリットです。

トヨタホームの特徴

トヨタホームは全国各地に住宅展示場を展開している総合住宅メーカーです。
注文住宅をはじめとして、分譲、賃貸住宅も手掛けています。

そんなトヨタホームの特徴は、何といっても長く住める家という点にあります。
60年の長期保証を実施しているんです。家は建てたら終わりというものではありませんよね。
これから先の長い人生をずっと過ごす場所だから、長く安心して住めることは大切です。

それに耐震性能に優れているのもポイントです。
地震は日本全国どこで起きてもおかしくない災害ですよね。
最近の大地震では、そんな地震列島日本を実感することも多いでしょう。
決して他人ごとじゃありませんよ。より安全に安心して住むためには大切なことです。

トヨタホームならば、独自開発した強靭なパワースケルトンとT4システムと
呼ばれる制震装置で大地震にも対する備えもしっかりしています。標準仕様で耐震等級3をクリアしているのもトヨタホームならではです。

それに鉄を知り尽くしたトヨタならではの鉄骨ラーメン構造もポイントですよ。
ラーメンといってももちろん、食べるラーメンじゃないですよ。
業界トップクラスの太い柱は、建物の重みをしっかりと支えてくれます。
車製造で培った技術と知識が生かされているのを感じるでしょう。

耐震性だけではなく、耐久性にも優れているのも魅力です。
家の基礎や土台に使われる鉄はサビることがあります。
そんなサビは柱のちょっとした傷からでも発生します。
でも、そんなスキをなくす取り組みをしているから大丈夫です。

通気性能に優れているのも耐久性を高める手段です。
湿気の多い日本の気候はカビや腐食の原因ともなります。
住む人の健康に影響を与えることもありますよね。
そんなカビや腐食を防ぐために外気を取り入れやすく、
しかも湿気を逃がしやすい構造になっているんです。

さらに、長期住宅への取り組みはまだあります。
外壁材の塗装や素材にもこだわっているんです。
外壁材やその塗装は実は様々な役割を果たしています。
その一つが強い日差しや雨風をしっかりと遮ることです。
寒暖差やあらゆる要因で刺激を受けやすい場所でもあります。
そんな外壁の素材や塗料を厳選することで、強い外壁が実現しているんですね。

しかも、見た目も美しく洗練されてるから素敵でしょう。
トヨタホームには、さまざまな努力と高い技術が結集されていることを感じますね。

そんな家を見てみたくなったら、展示場を見に行くと良いでしょう。
トヨタのおひざ元、愛知県でも多数の住宅展示場を展開していますよ。
展示場ではモデルハウスの見学はもちろん、
費用や間取り、スケジュールなどについても相談に乗ってもらえますよ。
まずは、ホームページで詳細をチェックするのもおすすめです。
愛知県内の住宅展示場の検索はもちろん、費用や家づくりの基礎知識を学ぶこともできます。

トヨタホームのバリアフリー住宅について

トヨタホームは、人に優しい住宅を建てるハウスメーカーとして知られています。
家の中の温度差を解消しヒートショックの発生を予防する設備や、
家の中の空気を常に清浄な状態に保つトヨタホームオリジナルの空調設備などが有名です。
しかし、それだけしかプランが用意されていないわけではありません。
近年になり注目を集めるようになってきているのは、
高齢になってからも快適に暮らし続けることができるバリアフリープランです。
トヨタホームは、新築時のバリアフリー施工だけでなく、
バリアフリー・リフォームにも対応しています。

車いす

バリアフリーの必要性

現在の日本は、急激なスピードで社会の高齢化が進んでいます。
平均寿命が伸びていますから、体を若い頃のように自由に動かすことができなくなってからも、
かなり長く生き続けることになります。
年を取ると、筋力だけでなく視力や聴力も衰えてしまいます。
若い頃であれば絶対につまずかなかったほんの少しの段差でもつまずいてしまうようになり、
怪我をするリスクが高くなります。
また、階段から落ちたり、トイレで転んだりなどの家庭内事故が増えるという特徴があります。
一番安全であるはずの自宅で怪我を負ってしまってはどうしようもありません。
そのような状態に陥りたくないのであれば、
将来に備えて早めにバリアフリー対策を講じておくようにするのが望ましいです。
具体的には、トイレや浴室、階段などに手すりを設けたり、
階段にフットライトを設置したりするのが有効です。
また、玄関アプローチにスロープを設けておけば、
車椅子を使う必要が生じた時にも慌てる必要がありません。

トヨタホームに相談すれば、長い目で見て最善のバリアフリープランを提案してもらうことができます。

トヨタホームで新築を考えてみると良いのです

トヨタホームは日本、世界でも最大級の自動車メーカーと関連の深い住宅メーカーです。
今は住宅に置いても地球環境にやさしい住宅、省エネルギー住宅、
高気密高断熱住宅というものが一般的になりつつあるのです。

これから新築を使用とする場合には省エネ基準という国の定める基準もだんだんと厳しくなりつつあるので、
こうした基準に対応しながらも単に一時的にコストが安いということだけではなく、
新築をして住んで暮らす中で日々使う電力の量や水道の量といったものが節約できるような
トヨタホームでの新築住宅を建てることによって、
20年経ってみれば選んでよかったという風に思える新築住宅を建てることは可能なのです。

自動車メーカーならではのメリット

自動車メーカーとの関係からは、プラグインハイブリッドの自動車との連携ということも可能な
新築住宅を提案しているのはトヨタホームの特徴でもあり、
万が一災害などで停電になったりしたときにもプラグインハイブリッドの自動車のバッテリーを活用して
住宅に電力を供給するということも可能なものも用意しているのが魅力の一つでもあるのです。

自動車

こうした車との連携のみならず地球環境に配慮した自動車を開発している自動車メーカーの関連会社であることから
省エネについては様々なノウハウを持っているということが期待できるのです。
今の住宅はかなりハイテク仕様になりつつあるのです。
太陽光発電とバッテリーを組み合わせるということもかなり一般的になってきているのです。
こうしたハイテクについてもトヨタホームは期待できるのです。

トヨタホームの価格

それなりにコツコツとお金を貯めていき、そろそろまとまった頭金を貯めることができたので、理想的なマイホームを注文住宅というスタイルで建てたい人は、迷うことなく理想的なハウスメーカーを見つけ出す必要がありますよね。

では、このような理想的なハウスメーカーを見つけるためにはどうするのがよいか、当然のことですが、インターネットなどを利用して口コミ情報などをもとに、評判の良いハウスメーカーを探してみるのが良いでしょうね。
費用面で探すのであれば良い複数の会社に見積もってもらうことが必要です。
詳しくは下の記事を参考にしてください。
【参考:トヨタホームの価格を他社と比較
いろいろと調べていくとよくわかりますが、評判の良いハウスメーカーの中にはトヨタホームもあります。

トヨタホームは実際に家をここで建てたことがない人でも、その名前ぐらいは聞いたことがあるでしょう。それだけ有名な大手のハウスメーカーなんです。ここの魅力を取り上げてみましょう。

大手のハウスメーカーでありながら、坪単価に関しては適正な価格帯になっているところがまず大きな特徴ですね。

誰でも注文住宅で家を建てることになれば、金額が結構心配するところですよ。しかし、トヨタホームならそんな心配はご無用といったところでして、安心して家を建ててもらえちゃいます。

トヨタホームの自由設計

管理者

では、金額は心配する必要がないとして、あとはどんな魅力がここにはあるでしょうね。それは、広さであったり明るさであったり、自由自在にアレンジしていけるところでしょう。

一般的な建売一戸建て住宅ですと、どこに建っている家でも似たような家が多く、間口についてもそれほど広いものはなかなか見かけることがないんです。しかし、トヨタホームならば、大空間で、大開口で自由設計なんです。これだけ開放的な空間を手に入れることができるので、長く住んでいくうえではとても重要なことなんです。

なかなか、このような解放感のある家を建売の一戸建て住宅で手に入れることは不可能ですから、建売ですと満足度としては低くなってしまいます。適正価格のマイホームであり、それでレベルの高い家が完成するので、お金にある程度余裕がある人なら、トヨタホームで決まりでしょう。

では、なぜここのハウスメーカーの場合、大開口が可能なのかというと、ここの特徴でもある鉄骨ラーメン構造になっているからなんです。

一般的なマイホームですと、構造を支えるための筋交いが必要になってくるので、大開口は難しくなってしまうんです。こうした企業努力もありまして、普段目にするような住宅ではなかなか見かけることができないような家を提案してもらうことができちゃいます。その家で生活する人が当然喜びを一番感じるわけですが、住んでいるだけではなく、そんな素晴らしい家を持っているということだけでも優越感に浸ることだってできちゃいますよ。

ライフスタイルに合わせた間取り

突然ですが、私の趣味の一つに、住宅展示場巡りや家の広告を見て妄想するっていうのがあるんですね。最近その熱がすごく上がってきていて、今日はひたすらネットで、住宅関係のメーカーのホームページやカタログを見てたんです。

自分でも何をやってるんだろうと思うんですが、これが楽しいからやめられないんですよね。

そんな中で私好みのメーカーを発見したので、ご紹介したいと思います。

それがトヨタホームです。CMとかで名前は聞いたことあったけど、実際にはあんまり詳しくないメーカーだったんですよね。

それが、ライフスタイルに合わせた間取りの工夫ができたり、自分の要望を伝えれば、きちんと対応してもらえるみたいだし、外観とかも好きな系統で、トヨタホームすごい好みだなと思ってずっとホームページを見てました。

子育てのための家や、家事がしやすい家など、コンセプトや予算ごとにいろんなプランの家が提案されてあって、ひとつひとつをじっくり見て、その家で生活している姿を想像すると、とてもテンションが上がりました。

一組のご夫婦は、会話が弾むキッチンと、大容量のクローゼット、天気に左右されない室内干しのスペース、南向きのリビングなど、細かい要望をしっかりと形にされていて、すごいうらやましかったです。

トヨタホームのおすすめ

機能的なだけじゃなくて、外観含めてちゃんとおしゃれだし、単純にいいお家でした。私も自分の思い描く理想の家を形にしたいな。間取りを工夫したり、部屋の形にこだわったり、インテリアを自分好みにしたりしたいな。今はそんな願望がふつふつと湧き上がってきています。

家を建てるならトヨタホームだな、とまで思っています。今のところ家を建てる予定はありませんが、夢は大きい方がいいですからね。他にもいろんなパターンの家があるんですが、実際問題として、家を建てるときに、ものすごいこだわって作る人って、そんなにいないと思うんですよね。こんなに盛り上がっておきながら、私もいざ家を建てる時が来たら、「これくらいの予算内で最低限の条件さえクリアしていれば大丈夫です」ってなると思うんですよ。そういう人達のためにも、きちんとプランが用意されているのも高ポイントです。

どこを重んじるかによって、いくつかのプランが用意されているため、一番しっくりくるプランに、自分なりのアレンジを加えて家をつくることができるところも安心ですよね。理想の家の事ばかり想像していると、デザインや間取りの事ばかりに気を取られがちですが、トヨタホームは鉄筋構造のため、耐震性能や耐久性に優れていて、「狙われにくく、入られにくい」とうたっているように、防犯にも強い家なのだそうです。「自分好みのデザインや間取りにできて、性能もいいなんて素敵だなー」と思いながら、ひたすら家のプランを見ていた今日一日は最高に幸せでした。みなさんも、自分の理想の家に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

土地が狭い家と聞くと、ちょっと不安があるかもしれません。しかし、実は狭いなりのメリットがあります!

狭い分費用を安く抑えることができる

狭小住宅の場合は、そもそも土地が狭いので、その分安くすることができます。
土地が狭いし、尚且つ建物も小さくすれば、全体的な費用は抑えることができます。
実際に住宅を建てる時、土地を購入して、建物を建てて、その他の費用を支払うとなると、
結構費用が莫大になることが多いです。
だからこそ、一生に一度の買い物と言われているワケですが、
基本的に狭小住宅は設備もほどほどに、土地自体が狭いし、建物も狭くなるので費用はかなり抑えることができるでしょう。

費用

もちろん、狭小だとしても3階建てなどに工夫すれば、狭さを感じることはほとんどないですし、
より充実した家づくりを進めていくことができます。
予算的に3階建てにすると高くなるのですが、その点はもともと土地などが安い場合もあるので、
その点と照らし合わせていくと良いかもしれません!

狭小だからメリットがないと考えている方もいますが、実は色々とメリットはあるワケです。
もちろん、近年は様々な住宅が登場していて、トヨタホームで作れる家もバリエーションが豊富となってきているので、
その点をしっかり考えて利用していくと良いのではないでしょうか。
作り方によって大きく変わってくるものの、予算を抑えたいという方は、
その点をあらかじめトヨタホームのスタッフや担当者に伝えておくと良いです。
その中で決めていくことができるので、コストに関しても心配はいらないでしょう!
さらに費用の安いハウスメーカーを探したいということであれば、
いくつかのメーカーに見積もってもらう必要があります。
そこで便利で紹介したいサイトがあります。
一括で複数の会社へ見積り依頼ができるタウンライフというサイトになります。
便利なので試してみてください。

移動が少ない分生活が楽になるかも

狭小住宅は、生活している時の移動が少ないため、逆に生活が楽になるということもメリットだと言えるでしょう。
土地が狭いので、当然家の中での移動も最小限に抑えることができます。
近年は無駄に広い家に住むよりも、コンパクトな生活を好む方が多くなっているため、
狭小だからこそのメリットを感じる方も多いかもしれません。

大豪邸に住むというのもある意味では夢という方もいますが、
大豪邸の場合はトイレに行くのも時間がかかるし、お風呂まで行くのも時間がかかるかもしれません。
それに比べて狭小住宅の場合は、ちょっと移動すれば生活ができてしまうので、全体的に楽なのです。

もちろん、狭いとは言っても作り方によってオシャレにできるし、
生活動線をよりコンパクトにしていくことも可能となっています。
そのため、最小限の負担で生活することができるワケです。
家族が多くなることを見越して、ある程度部屋数などは必要となってくるものの、
夫婦二人で暮らすという場合は、狭小住宅の方がメリットも多いかもしれません。
もちろん、家での家族同士の距離が近いので、会話が生まれやすく、
一家団欒の時間も作りやすいのが特徴となっています。
部屋を持つことはとても重要ですが、それによって家族の時間が少なくなれば、
それこそ大きな問題だと言えるのではないでしょうか。
狭小ならではのメリットを活用しましょう!

家族

小さいからこそ独特の演出ができる

狭小住宅の面白いところと言えば、色々工夫して住宅を演出していくことができるということです。
ある意味で広さを保てる住宅と言うのは、一定の演出しかできないことも多く、
あまり工夫して作るということは少なくなってしまう傾向があります。
それに比べて狭小住宅の場合は、「ここに吹き抜けを作れば広く見えるかも」とか
「中庭を取り入れたら光も入ってくるんじゃないかな」とか、色々な意味で家づくりを楽しむことができます。
そういう演出について考えるというのは、一生に一度の大きな買い物だからこそ楽しいのではないでしょうか!

もちろん、狭い敷地ならではのプランを考えていくのが楽しいという方が多く、
好んで狭小住宅にするという方も近年は多くなっています。
独特の間取りや空間づくりを進めていくことによって、より充実した人生を作っていくことにも繋がるワケです。
これから家を作ろうと思っている方は、その点「楽しむ」ということを忘れないようにしておきたいですね。

住宅づくりというのは好みが大きく別れるし、敷地が広ければ広いほど良いという方がいるのも事実です。
しかし、結局のところ狭くても良い家は作れるということです。
予算なども色々と考えて、まずはしっかりと演出などについても考えていくというのが、
家づくり本来の楽しみ方だったりします。
狭いからこそ、狭いなりの住宅づくりを考えてみてはいかがでしょうか♪

消耗しないライフスタイルに合っている

近年よく言われているのが「消耗しない生活をしよう」とか「無駄な生活は贈らないようにしよう」などという文言です。
なんでも消費して楽しむという時代、豪華なものばかりが評価される時代だったのですが、
近年は自分たちのライフスタイルに合わせた住宅づくりを進める方が多くなっています。

いわゆる無駄に費用をかけて消耗するのではなく、コンパクトな生活を送って、
最低限の費用に抑えるということが好まれる時代になっているのです。
そういう時代背景の中、消耗しないライフスタイルを実現することができるのが、狭小住宅だと言えます。
狭いが故に苦労することもあるのはもちろんなのですが、
その一方で得られるメリットというのも多いのが特徴となっています。

実際に無駄に高価なインテリアを配置したり、豪華な設備を取り入れたりすることに意味を見出さない方も増えています。
近年は土地が狭くても魅力的な住宅は作れるようになっているので、
その点を考えると、より魅力も大きいと言えるのではないでしょうか。
これから作りたいという方は、自分たちのライフサイクルを考えてみて、
消耗しない生き方を選んでみるというのも良いですね!
もともと日本人のライフスタイルや意識が変わってきたことによって、
住宅づくりにも違った兆しが見えてきています。
新しい可能性を秘めているのが、狭小住宅なのではないでしょうか!

売れ行き好調!ミニマリストに人気の狭小住宅

これはメリットと言えるのか判断しかねるのですが、
狭小住宅は近年どんどん売り上げを伸ばしています。
つまり、昔は「狭い家なんて貧乏な証だ」なんて言われてい時代だったのですが、
そうではなくなってきているということです。

無駄なものは作らず、最低限のコンパクトな生活を進めていく人たちが多くなってきていると言えるワケです。
当然、そういう方が増えることによって、より狭小住宅に対する偏見が少なくなってきているので、
自分たちの住宅選びにも影響してくるでしょう。
少なからず、まだまだ日本人の中には「広い家こそ人生の成功者の証」という方もいれば、
「豪邸を作ってこそセレブの証」だと思っている方も多いです。
確かにそれはもちろんのことなのですが、近年は資金的に余裕がない方も増加しているため、
狭い土地で狭小住宅を作り、最低限の費用に抑えているという賢い方も増加しているのです。

暮らしてみると、無駄に広い家は使いこなせないことが多く、逆に生活の質が落ちているという方もいます。
それなら、最低限の空間を確保して、より狭い住宅での生活を楽しむ方が、
充実していると言えるのではないでしょうか!
もちろん、そこは好みの問題なのでどうこう言えることではないのですが、
近年は売れ行きが好調となっているということもメリットだと言えるのは間違いないです。
確実に狭小住宅が評価されてきている証なので、興味がある方は作ってみてはいかがでしょうか。

トヨタホームの平屋住宅がおすすめな理由

トヨタホームは、プラスアルファの付加価値がある平屋建て住宅プランをたくさん用意している住宅メーカーです。

たとえば、定年後の何もしなくてもよい生活を贅沢に楽しみたいと考える人がいますが、そのような希望を満たすことができる美しい空間プランを提案してもらうことができます。

また、幼い頃のワクワク感を大人になっても持ち続けたいと望んでいる人には、大人の隠れ家として使うことができる小屋裏収納プランが用意されています。

それ以外にも、健康な生活を長く続けていくためのトヨタホームオリジナルの空調設備プランもあります。人によって望んでいる生活の形は異なっていますが、どのような望みにも柔軟に対応してくれるのがトヨタホームです。

 

平屋住宅は高齢者や子供に安心

若いうちはよいですが、年齢を重ねるにしたがって、二階や三階に上がることが苦痛になっていきます。年をとれば体力が衰えますので、階段の上り下りは結構大きな負担になります。

ホームエレベーターを設置するという方法もありますが、そのためのスペースを確保する必要がありますし、コストもかかります。

また、停電や事故の心配もあるため、ホームエレベーターの導入に消極的になってしまう人が少なくありません。高齢になっても快適に暮らし続けたいのであれば、平屋建て住宅にするのが一番です。

トヨタホームの二世帯住宅の4つのプラン

 

トヨタホームの二世帯住宅には4つのプランがあります。

  • 「くっつき家族プラン」
  • 「ほどよく家族プラン」
  • 「それぞれ家族プラン」
  • 「おとなり家族プラン」

以上4つです。通常のハウスメーカーの場合は二世帯住宅を一くくりに考えて商品化している場合が多いのですが、トヨタホームの場合は一味違います。

家族の数だけ家族の形があるという言葉が示しているように、ライフスタイルや考え方は家族ごとにバラバラになっているため、その部分にトヨタホームは着目し4つのプランを作り出しました。

それぞれの家族が自分達のライフスタイルや考え方に一番合ったプランを選べるようになっているため、トヨタホームの二世帯住宅プランが高い人気を集めています。

 

二世帯住宅の特徴やメリット

 

高齢者や子供が安心して暮らせる

まだ幼いお子さんや介護が必要な高齢者がいる家庭の場合は、ほとんどの空間を二世帯で共有するようにしていた方が何かと便利です。親世帯と子世帯がいろいろな面で協力し合うことができるため、お互いの負担を軽減することができるようになります。

 

生活が一元化できる

生活を一元化することができるので、光熱費等の節約にも結びつきます。一方、同じ家に住んでいても、互いに干渉し合わずにできるだけ独立した生活を営みたいと考えている場合は、玄関やキッチン、リビングなどを全て2つずつ設けるそれぞれ家族プランが適しています。玄関まで別々にするのなら同じ家に住む意味などないのではないかと考える人もいますが、そのようなことはありません。お互いの生活を尊重しつつ、必要に応じて交流することができるようになるため、無用なトラブルの発生を回避できるようになります。

トヨタホームと世界レベルの技術

トヨタホームは言わずと知れたトヨタグループの一員です。品質を最優先する「トヨタ生産方式」は世界で支持されています。

グループ全体で培ってきた最先端の技術力が、トヨタホームの家づくりにどのように活かされているのか、いくつかご紹介します。

 

トヨタホームのスマートハウス

省エネしたくても、何をどうすればいいか分からない…という方も多いのではないでしょうか。トヨタホームは、「スマートハウス」でエネルギーをつくって蓄え、効率よく使うことによる、無理のない省エネを提供しています。

「スマートハウス」をもっと詳しく紹介すると…HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を中心に家庭内のエネルギー機器を連携させ、最適にコントロールする住宅を言います。

特にクルマとの連携の良さが特徴で、電気料金の安い深夜に室内からクルマを充電して光熱費を節約したり、室内から事前にクルマの冷房をつけておいたりすることができます。

また、電気の使用量を可視化したり、玄関の戸締りをスマートフォンから確認したり・・・と、暮らし方に合わせた無理のない省エネを試せそうです。

トヨタの技術は凄いですね!

 

品質を守る工場生産

トヨタホームでは、構造体や断熱材などの材料が雨などの影響で劣化することを防ぐため、多くの作業を工場内で行っているそうです。

特に工場生産化率の高いシンセシリーズでは、全体の約85%を工場内でつくっているというので驚きです。作業環境の整備や生産工程の効率化を進めることで、徹底的に質にこだわった家づくりができるというわけです。

車の生産などから培ったモノづくりの思想は、トヨタホームにも受け継がれているようですね。

 

品質をカタチにする現場施工

いくら品質の高い部品をつくっても、それを実際に家というカタチにできなければ意味がありません。住宅を選ぶ基準の一つとなる「住宅性能表示制度」は、実はあくまで設計段階の評価なのです。

高い品質の設備があったとしても、それを実際に施工する人の腕が確かでなければ、正しいカタチを作り上げることはできません。だからこそトヨタホームは、高品質を正しくカタチにする
ことにこだわっているそうです。

具体的には、「工事スタッフ研修」や「重要工種認定制度」に基づいた工事スタッフの技術育成に取りくんでいたり、トヨタホームの定めた重要工種は、基準をクリアした工事店だけが施工を行っていたりするそうです。

実際の現場施工の範囲にまでしっかりと気を配っていることが分かり、安心して工事を任せることができそうです。

トヨタホームの注文住宅はライフスタイルに応じて暮らしをデザインする家として不動の地位を確立してきました。

 

平屋から3階建て、ふたつの構造と3ブランド

トヨタホームの注文住宅は大きく分けて、構造による2タイプから選択できます。

ブランドは3つで

  • 鉄骨による柱と梁を強固に接合する「鉄骨ラーメンユニット構造」のシンセシリーズ
  • LQシリーズと
  • より自由度が高い独自のEST工法を採用するエスパシオシリーズ

から選択できます。

それぞれ平屋づくりから3階建て仕様を用意して、さまざまな要望に対応しています。

 

メインとなる2階建

トヨタホームの大きな特徴である「鉄骨ラーメンユニット構造」を全面に打ち出す大型ブランド、シンセシリーズは6つの個性的な提案がなされ、メインとなる2階建てシリーズは、

  • 「シンセ・フィーラス」
  • 「シンセ・カーダ」
  • 「シンセ・アスイエ」
  • 「シンセ・スマートステージ」

という構成になっています。

なかで「シンセ・フィーラス」は、伝統的な勾配屋根を持つ注文住宅だが、ほかのシリーズが強固な鉄骨構造を活かしたフラットな屋根のトヨタホームらしい注文住宅といえます。

 

シンセシリーズの個性派注文住宅、4タイプ

 

シンセシリーズには、前述した普遍的な注文住宅である2階建てのほかに、個性的な4タイプをラインアップしています。

 

「シンセ・ピアーナ」

贅沢な平屋建て注文住宅です。家族の気配を感じられるが、ほどよい距離感もある、大人のゆとりを感じさせる住居として人気を集めます。

 

「シンセ・ヴィトロワ」

ワンフロア毎に大空間を設えた3階建てシリーズ「シンセ・ヴィトロワ」は、インナーガレージを設けた開放感たっぷりの注文住宅です。

 

「シンセ・はぐみ」

家族がいつもそばにいて愛情を確かめながら過ごせる、家族の距離を近くする子育て支援の注文住宅。子どもの感性や知性を豊かにする家です。

 

「シンセ・グレートソーラー」

10kWを超える大容量太陽光発電システムを搭載した創エネ注文住宅です。LQシリーズは、トヨタホームの特徴である「鉄骨ラーメン構造」でありながら、ユーザーのアイデアを活かす新発想の注文住宅です。

 

もうひとつの個性「エスパシオ」シリーズ

強靱な鉄骨ラーメンフレーム構造と構造壁を組み合わせて自由なレイアウトを実現する、トヨタホームの個性派注文住宅がエスパシオ。

 

「エスパシオEF」

室内空間を思いのままにデザインし、都市と美しく調和する機能美あふれる住まい。

 

「エスパシオEF3」

スキップフロアが織りなす豊かな表情の住空間を実現。都市型3階建て住居である。

 

「エスパシオ・ガレージStyleプラス」

オリジナルガレージやパーキングポーチが、開放感とゆとりを演出。家とクルマのコラボレーションしたスマートデザインハウスだ。曲線を大胆に活かしたデザインと暮らす人の安らぎのために閉じた家。

 

「エスパシオLX」

開放感あふれる吹き抜けやしかいが広がるパノラマリビングなど、品格のある佇まいが実現する“邸宅感”に満ちた住まいだ。

後悔しないための注文住宅ポイント

 

生きている間に注文住宅を何度も建てるという人は、そう多くありません。実際には、1度きり、もしくは建て替えを含めて2度程度という人がほとんどです。

そもそも注文住宅の価格は建売住宅よりも高いので、注文住宅を建てる人の数自体がそれほど多くありません。注文住宅の建築はある意味でとても贅沢なことですから、憧れる人がたくさんいます。

その憧れの住宅を残念なものにしてしまいたくないのであれば、ハウスメーカー担当者との事前打ち合わせをしっかりと行い、後悔しない家づくりを心がけるようにすることが大切です。

 

相談~契約までの流れ

トヨタホームでは、家を建てたいという顧客に、契約前の調査&ヒヤリングに時間をかけます。

家族構成、家族それぞれの新しい家への夢、ライフスタイル、生活感、現在の住まい、入居後のイメージなどを細かく調査し、トヨタホームの住まいづくりの魅力を伝え納得の上で契約をしてもらいます。

 

まずは土地探しから始める

土地を持っていない人の場合は、トヨタホームの営業マンのサポートを受けながら土地探しから始めることになります。土地探し=生活の拠点となる場所探しなのでかなり重要です。土地探しをミスってしまうと、一生涯その場所で生活する可能性が高くなるため、ずっと後悔が付きまといます。

 

並行して資金計画を開始する

土地代金や住宅建築費を全て現金で用意できる人は滅多にいません。多くの人が住宅ローンを組むことになりますが、ローン審査に1ヶ月以上かかることもありますので、資金面の相談は早い段階から行われることになります。

ちなみに、トヨタホームにはファイナンシャルプランナーなどの専門資格を持ったスタッフが在籍していますので、安心して資金計画の相談にのってもらうことができます。

プロに相談できる点は非常にありがたいですね!資金計画がぐらぐらだと人生が狂ってしまって借金まみれに...なんて最悪の事態もありますので、慎重に行いたいですね。

 

家の設計(デザインや間取り計画)

土地が決まって敷地調査が終わったら、家の設計に入ります。また、インテリアデザイナーと一緒に内装などについても細かく決めていきます。

間取りはどうするのか?何を重視するのか?部屋数は?壁や床の素材は?などあなたの拘りや要望を反映させつつ作業を進めていきます。

 

完成、引き渡し、入居

新築した注文住宅、どんなに優れた品質の住まいであっても、その後のメンテナンスを怠ると、住まいとしての価値を保つことはできない。トヨタホームは、入居後も5年ごとの定期点検を実施、トヨタホームの注文住宅、その住宅には最長60年の長期保証が付帯される。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-トヨタホーム
-

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.