家にビックリマーク

ハウスメーカー(注文住宅)

家づくりや不動産会社選びで大切なこと

投稿日:

ここでは、家づくりや不動産会社選びをする際の大切なことについて、紹介していきます。

ここで紹介する、押さえておきたいポイントや注意点を知っていることで、スムーズに家づくりを進めていけるようになります。

また、表示価格や営業マンのトークを信じ、あとで後悔することが少なくなるでしょう。

家づくりや不動産会社選びで大切なことについて、解説していきます。

この記事でわかること

  • ダメ会社の見分け方
  • 失敗しない会社選び
  • 坪単価の注意点

家を建てるお金は本体価格だけではない

見積書
家づくりをする際にかかるお金は、建物本体価格だけではありません。

建物本体価格は、その名の通り、建物本体にかかる費用のことです。土地代や諸費用など、その他の費用は含まれていません。

そのため、建物本体価格と総費用では、大きな差があります。

なかには、多額の追加費用がかかることもあります。

不動産会社との契約前段階では、すべてがはっきりとしていないことも多いです。

見積りには、ある程度の金額だけ載っていて、契約の直前で初めて総金額がわかることもあります。

または、「もしかすると追加料金が●●万円くらいかかるかもしれません」とだけ、伝えられることもあります。

不動産情報サイトや情報誌、チラシなどに載っている金額は、多くが建物本体価格だけです。

金額を見る際は、「どこまでの範囲が含まれているのか」を確認するようにしましょう。

「安い!と思って、興味を持ったが諸費用や追加費用を加えると、かなりの高額だった」ということはよくあることです。

失敗しないためには坪単価には気をつける

売り物件の看板が立っている土地
住宅サイトや情報誌、チラシなどを見ると「坪単価●●万円」という表記があります。

坪単価とは、1坪あたりの建築費のことです。
1坪は約3.3㎡で、建物の本体価格を床面積(坪)で割ることで算出できます。

仮に、床面積が50坪で本体価格が2,500万円であれば、坪単価は50万円です。
ただし、坪単価を見る場合は、延床面積と施工床面積どちらで算出されているのか、確認する必要があります。

理由は次にあげられます。

  • 延床面積:玄関ポーチやベランダ、クローゼットの面積は含まれていない
  • 施工床面積:すべての床面積が含まれる

そのため、同じ本体価格の場合、施工床面積で計算をした方が坪単価は安くなります。

一般的に、坪単価と言えば延床面積で算出するものです。

しかし、不動産会社によっては、坪単価を安く見せるために施工床面積で算出していますので、坪単価の算出方法を確認するようにしましょう。

家づくりを急がせる営業マンや不動産会社には気をつける

スーツ着た男性の後ろにマンション
不動産会社を選ぶ際は、契約を急がせる営業マンや業者に注意をしましょう。

不動産会社や営業マンによっては、ノルマをクリアすることしか考えておらず、とにかく契約を急がせようとしてきます。

「●日までに契約をしたら、△△のサービスがあります」
「値引きを希望する場合は、今週末までに返事をください」
「他にも検討している人がいるので、明後日までに決断をしてください」
「早く決めないと、金利が上がるかもしれませんよ」

など、さまざまな理由をつけて、クロージングをかけてくるため注意が必要です。

大抵、このような場合は、「建主にとって良い家づくりをする」という姿勢が、ほとんど見られません。

契約を急がせる営業マンや不動産会社は、売上確保のために必死です。

本当に売れている不動産会社は、強引な営業をしなくても売れるため、契約を急かす必要がありません。

急がせる不動産会社や営業マンには、注意してください。

家づくりの工事請負契約をする際は費用や支払い条件を明確に

建築工事請負契約書
工事請負契約をする際は、家づくりにかかる費用や支払い条件などを明確にしましょう。

確認事項

  • 費用
  • 支払い条件
  • 工事スケジュール
  • 引き渡しスケジュール

などが曖昧なままだと、トラブルになる可能性があります。

費用が確定していないとローンを利用できませんし、後から多額の費用がかかった場合は、資金捻出に困ってしまいます。

支払い条件についても、不動産会社によって偏りがあるため、内容を確認し、理解した上で進めていくようにしてください。

また、契約約款や仕様書、設計図など、すべての契約関連書類に目を通し、すべてに納得した上でハンコを押すようにしましょう。

契約内容に少しでも疑問がある場合は、担当者に聞くなどして、疑問を解決して進めるようにしてください。

打ち合わせ時間が少ない注文住宅業者には注意

老夫婦とスーツ着た営業男性とパソコンを見て打ち合わせしている
既に建物が完成している建売住宅の場合は、打ち合わせに時間をかける必要はありません。

しかし、0から家づくりを行う注文住宅の場合は、十分な打ち合わせが必要です。

打ち合わせが不十分だと、満足のいく家づくりはできません。

ただし、不動産会社によっては、少しでも早く家を完成させて資金を回収するために、打ち合わせに時間をかけないことがあります。

打ち合わせによって、人件費などのコストもかかるためです。

建主としては、間取りや設備、仕様、外観デザインなど、細かい部分まで打ち合わせを行い、納得した家づくりをしたいものです。

ですが、不動産会社は、「コストをかけたくない」「早く資金を回収したい」「面倒なことに時間をかけたくない」など、自社都合を優先して打ち合わせに時間をかけないようにします。

このような、自社都合を優先する不動産会社に依頼をしても、良いことはありません。

打ち合わせ時間が少ない注文住宅業者には注意してください。

インテリアコーディネーターの意見は参考程度にする

リビング真ん中に木製のソファーとテーブルが置いてある
注文住宅で家づくりをする中で、インテリアコーディネーターから室内デザインや仕様について、アドバイスがあります。

インテリアコーディネーターは、インテリアデザインのプロであり、多くのノウハウを持っています。

しかし、インテリアコーディネーターのアドバイスがすべて適切だとは限りません。

インテリアは、個人の好みが出やすい分野であり、どれだけ素晴らしいコーディネートでも、住む人が気に入っていなければ意味がありません。

インテリアコーディネーターが勧める内容を本当に気に入っている場合は別ですが、そうでない場合は1つの参考として留めておきましょう。

また、インテリアコーディネーターが勧める商品は高額なケースも多いです。

すべて自分たちで行えば、リーズナブルで好みのインテリアコーディネートができます。

現在は、イケアやニトリなど、格安でオシャレなインテリアが揃うお店がたくさんありますので、上手く活用をしましょう。

インテリアコーディネーターの意見は、参考程度として捉えることをおすすめします。

工事現場は積極的に見学をすることが良い会社の選び方につながる

木造建築現場
家づくりの際は、工事現場を積極的に見学するようにしましょう。

工事現場を見学することには、次のようなメリットがあります。

  • 現場の雰囲気や取り組み方がわかり、不動産会社選びに役立つ
  • 現場に緊張感を与え、手抜き工事を防げる

しかし、建主の現場見学に積極的な業者もあれば、消極的な不動産会社があります。

なかには、現場に「あまり建主と話さないように」と通達する業者もあるほどです。

不動産会社が現場見学に消極的で、このような通達をするのには、次の理由が考えられます。

  • 現場の職人が見学対応に時間をとられ、工期が遅れてしまう
  • 業者や家に関してネガティブな発言をする可能性があるから

1つ目の理由もわかりますが、建主が現場を見学しても、職人が作業の手を止める時間はわずかです。そのため、現場見学をしたからといって、それほど工事内容や工期に影響は出ないでしょう。

不動産会社が現場見学に消極的な理由は、2つ目の方だと考えられます。

建主が現場見学をすることで、契約に近づくようであれば、不動産会社は喜んで現場見学を勧めるでしょう。現場見学を勧めないということは、契約に近づかないと判断した可能性が高いです。

建主としては、積極的に現場見学をするべきです。業者の反応が冷たいこともありますが、必ず現場は見学するようにしましょう。

その上で、不動産会社選びをするようにしてください。

すぐに値下げをしてくる不動産会社には警戒しよう

建築図面の上に印鑑と電卓が乗っている
建主にとって値下げは嬉しいものですが、すぐに値下げをしてくる不動産会社には警戒をしましょう。

不動産会社は決算期になると、競合他社同士で激しい値引き合戦が繰り広げられます。

チラシや情報サイト、TVCMなどで、

「限定2戸!300万円引き」
「残り1戸につき200万円引きで最終販売!」

など、値引きを謳うことも珍しくありません。

また、直接的な値引きではなく、

「100万円分のインテリアや家電製品をプレゼント」
「50型テレビと引越し費用をサービス」

などのサービスを付ける場合もあります。

不動産会社は、あらかじめ決まった量の材料を買い付けしているため、売れ残ると単価が高くなり、利益が圧迫されてしまうのです。

そのため、不動産会社は値引きをして、利益が出なくてもいいので、目標棟数を売り切るため必死になって営業活動を行います。

とはいえ、不動産会社はわずかでも利益は残すようにします。

そして、そのしわ寄せが現場の下請け業者にいくことになります。

たとえば、不動産会社が下請け業者へ支払う工事代金を5%カットするなどです。

下請け業者は、発注金額が削られる中で、利益を確保しないといけないため、通常よりも工期を短くしたり、人件費を抑えることになります。

すると、現場で働く職人さんはモチベーションが下がり、家の品質にも影響が出てしまいます。手抜き工事なども行われ、耐震性や耐久性、断熱性など、家の品質に大きな問題が生じてしまうでしょう。

このような状態になると、良い家は生まれづらくなります。

  • 不動産会社:在庫にしないために値引きを行い、その分、下請け業者にはコストカットを行う
  • 下請け業者:コストカットで売上が下がり、職人へ支払う報酬は低くなる。工期などにも影響
  • 現場の職人:給料が減る上、急かされるためモチベーション低下。仕事に集中ができない

家づくりに関わる多くの人に、ネガティブな事柄となるため、すぐに値下げをしてくる不動産会社があった場合は警戒をしましょう。

200万円〜300万円値下げがあったとしても、家の品質が低下したり、手抜き工事の被害に遭ったら、値下げ以上の損害やストレスなどを被る可能性があります。

値下げだからと安易に喜ぶのではなく、本当に良い値下げなのか冷静に考えるようにしましょう。

失敗しないためにすべては自己責任という意識を持ち進めていく

土地選びや不動産会社選び、内装や設備の選択、住宅ローン選びなど、家づくりをしていくなかで大事なことは、最終的には自己責任という意識を持つことです。

あとになって、

「営業マンが勧めてくる仕様にしたが、自分が考えていたプランにしていればよかった」
「知人が紹介した住宅ローンを選んだが、もっと自分で情報収集をすればよかった」

など、後悔しても仕方がありません。

すべてが自己責任という意識があれば、以下の事を判断材料にしてください。

判断材料

  • 土地選び
  • 内装選び
  • 設備選び
  • 金利タイプ選び
  • 不動産会社選び
  • 外観デザイン選び
  • 住宅ローン借入額決め

など、すべてのことに対して、しっかりとした情報収集を行い、後悔の少ない判断ができるようになります。

何も考えず、営業マンや周囲の人の言うことを鵜呑みにして進めてしまうと、あとで後悔する可能性が非常に高いです。

周囲の人は、自分が責任を取るわけではないため、いろいろなことを言ったり、アドバイスをしてきます。

「フローリングの色は暗く落ち着いた雰囲気の方がおすすめ」
「その家族構成であれば、間取りは4LDKで和室を1室設けた方がいい」
「仕事を頑張る理由にもなるので、住宅ローンは限界まで借りた方がいい」
「不動産会社は絶対にB社がおすすめ!親切だし、うちの家をつくってもらった」
「住宅ローンを利用するなら●●銀行のローンが絶対にいい!他の銀行は考えられない」

など、さまざまな助言があっても、参考程度に留めるようにしましょう。

いろいろな人の意見をすべて取り入れるのは不可能ですし、誰のための家づくりかわからなくなります。

確かに、誰かに意見を求め、その通りに進める方がラクです。

しかし、そのような進め方では、満足のいくマイホームを建てることはできないでしょう。

多くの意見やアドバイスがあろうとも、最終的には自己責任という意識のもと、自分たちで判断・決断していくようにしてください。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.