手の上に家の模型が乗っている

ハウスメーカー(注文住宅)

住宅会社の選び方で知っておきたい最重要ポイント

投稿日:

ここでは、住宅会社を選ぶ前にやっておきたいことや情報収集方法、業者選びの基本的な注意点について、紹介しています。

住宅会社を選ぶ上で、知っておきたい基本的なポイントが中心ですので、一つひとつ確認していきましょう。

この記事でわかること

  • 失敗しない情報収集方法
  • 住宅会社の選び方のコツ
  • ローンについて

住宅会社の選び方「どんな家にしたいのか」計画を立てる

シミュレーション用紙とパソコン
会社を選ぶ前に、家族でじっくりと話し合い、どんな家にするのか計画を立てましょう。

  1. 水まわりの設備は?
  2. どこに1番こだわる?
  3. 家の広さは?間取りは?
  4. どのエリアに家を建てる?
  5. 土地・建物、それぞれの予算はいくら?

など、他にも多くのことを決めていきます。

また、建物や土地の予算や今後の返済計画を立てるにあたり、次の項目を確認し、決めてください。

  • 審査は通るのか?
  • 返済期間は適正か?
  • 金利タイプはどうするのか?
  • 毎月いくらまでなら返せるか?
  • ボーナス比重が大きくないか?
  • いくらまで借り入れできるのか?
  • どの金融機関を利用するのか?

なども決めます。

事前に、しっかりとした家の計画やシミュレーションを立てることは、とても大事です。

家族の要望も整理できますし、判断基準が明確になるため、今後の家づくりが進めやすくなります。

まずは、会社を決める前に、家族とじっくりと話し合い、明確な計画や精度の高いシミュレーションを考えるようにしましょう。

そして、それらをもとに適した住宅会社を選びます。

住宅会社を選ぶ前に情報収集を徹底することで失敗しないようにできる

雑誌が重なっている
大事な会社選びをする前に、情報収集を徹底するようにしましょう。

主な情報収集方法は、次の7つです。

  • 知人の紹介
  • 住宅情報誌
  • 住宅展示場
  • 評判や口コミ
  • 会社のサイト
  • 不動産情報ポータルサイト
  • 新聞折込チラシや投函チラシ

それぞれの情報収集方法の特徴について、見ていきましょう。

情報収集方法1.住宅情報ポータルサイト

情報収集方法の1つが、住宅情報ポータルサイトの利用です。

LIFULL HOME’SやSUUMO、townlifeなど、他にもたくさんの住宅情報ポータルサイトがあり、物件情報だけでなく、不動産会社情報も確認できます。

また、「(エリア) 不動産会社 比較」など検索をして、比較サイトやおすすめサイトを確認するのも、効果的です。

これらのサイトを利用することで、住宅会社の特徴を把握でき、比較がしやすくなります。

いずれのサイトも無料ですし、スマホやパソコンからすぐにアクセスが可能です。

情報収集方法2.住宅会社のサイト

不動産会社のサイトを直接確認するのも、情報収集方法の1つです。

「セキスイハイム」「大和ハウス」「住友林業」など、気になる不動産会社がある程度明確な場合は、業者のホームページを必ず確認しておきましょう。

その業者の工法や設備、保証、サポート、こだわり、実例などがすべて載っているためです。

業者の特徴を深く理解できるため、希望の不動産会社や検討業者がある場合は、不動産会社のサイトを直接チェックしましょう。

情報収集方法3.新聞折込チラシや投函チラシ

新聞折込チラシや投函チラシから、情報収集する方法もあります。

新聞をとっている場合は、毎週のように住宅関連の折込チラシが入っているはずです。

建売住宅の内容がメインだとは思いますが、気になる物件があれば不動産会社のことも調べてみましょう。

注文住宅を手掛けている可能性もあり、良い業者に出会えるかもしれません。

また、住宅展示場に関するチラシが入っていることも多いので、欠かさずチェックするようにしましょう。

投函チラシについては、リーズナブルな優良物件や業者と出会える可能性があります。

安易に捨てず、目を通すようにしましょう。

新聞折込チラシや投函チラシからも、有益な情報を得ることができます。

情報収集方法4.住宅情報誌

情報収集方法の1つが、住宅情報誌の利用です。

コンビニや駅で、無料で住宅情報誌を手にすることができます。

住宅情報誌には、新築マンションや中古マンション、建売住宅や中古住宅などの物件情報に加え、会社の詳細や比較情報が載っていることがあります。

気になる物件を見つけ、そこから不動産会社を調べることも可能です。

物件情報も住宅会社情報も、効率よく見つけられるため、1冊は持っておいた方がいいでしょう。

無料で手に入るため、コストもかかりません。

情報収集方法5.住宅展示場

住宅展示場に行くことも、不動産会社の有効な情報収集方法です。

郊外に行けば、毎週末のように、どこかで住宅展示場が開催されています。

多くのハウスメーカーや工務店が出展しており、その会社の家を直接見ながら説明を聞けるため、業者同士の比較をしやすいのが特徴です。

参加費は無料で、逆に来場プレゼントを貰えたり、子どもが喜ぶショーイベントを実施しているのも魅力です。

特に、家の近くに住宅展示場がある方は、参加してみましょう。

情報収集方法6.評判や口コミ

評判や口コミから、気になる不動産会社の情報収集をする方法もあります。

2〜3社の不動産会社を比較する場合に、おすすめの方法です。

評判や口コミには、業者のホームページや住宅情報誌には載っていない、情報がたくさんあります。

実際に利用した人の意見を確認できるため、業者比較には有効です。

ただし、サクラ的なレビューと思える意見もあるため、あまりに良い意見が多い場合は注意しましょう。

不動産会社の情報収集として、評判や口コミを調べることも1つの方法です。

情報収集方法7.知人や友人の紹介

会社の情報収集方法には、知人や友人に紹介してもらう方法もあります。

知人や友人の紹介であれば、信頼性が高い情報を得ることが可能です。

ただし、親しい人から業者を勧められた場合、断れなくなる可能性もあるため注意しましょう。

最近、家づくりをした知人や友人がいる場合は、検討してください。

現場見学やOB訪問できない会社は避ける

建築現場
会社の情報収集には、直接工事現場を見学させてもらったり、その業者で家づくりをしたOBに会わせてもらう方法もあります。

直接工事現場を見れば、どのような下請け業者が家づくりをしているのか掴めます。
また、工事現場の雰囲気で、家づくりへの本気度もわかるでしょう。

ゴミが散乱していたり、まったく作業していない場合は、他の業者を選んだ方が安心です。
なかには、OB訪問に対して後ろ向きな会社もあります。

もちろん、OB自身が断っている場合は仕方がありませんが、そうでない場合は、後ろ向きになる理由がわかりません。

業者としては、実際に建てた家を見てもらうことはプラスのプロモーションになるはずです。施主が満足していれば、物件や業者の良い点を話し、見学者に勧めてくれるでしょう。

業者がOB訪問に後ろ向きなのは、施主の満足度が低い理由が考えられます。
満足度が低いと、業者を勧めてくれないどころか、批判的な話をする可能性があるため、後ろ向きなのでしょう。

このような会社は、選ばない方が安心です。

現場見学やOB訪問ができる場合

もし、工事現場の見学やOB訪問ができる場合は、積極的に参加をしましょう。

工事現場の見学については、業者が指定する時間帯ではなく、こちらが希望する時間帯に見学するのがおすすめです。また、「仕事帰りに少し見るだけです」などと伝え、突然、見学するのもいいでしょう。

業者が決めた時間の見学であれば、現場をキレイに片付けている可能性があるためです。

できるだけ、建主側のペースで見学し、いつもの様子を確認しましょう。

OB訪問についても同様です。業者が指定する時間は、「施主が仕事で不在なので〜」などの理由で、施主と直接話をさせないようにする可能性があります。

夕方や夜など、施主と会える時間帯を指定して、調整してもらいましょう。

施主と直接話すことができれば、リアルな業者の評価や家のメリット・デメリットを確認できます。

現場見学やOB訪問は、業者や家のことを知る非常に有効な機会です。

極力、参加する方向で考えてください。

住宅会社の選び方のコツとして知っておきたい、セミオーダーとフルオーダーの特徴や違い

おしゃれなリビングルーム
会社によって、セミオーダーを提供している場合もあれば、フルオーダーに対応しているケースがあります。

セミオーダーとフルオーダーで、内容がまったく異なりますので、それぞれの特徴や違いについて、理解をしておきましょう。

セミオーダーの場合は、一括仕入れ・大量生産となるため、価格が安いのがメリットです。また、会社がマーケティングを行い、一般的に好まれる間取りや仕様となっているため、売却しやすいのも特徴と言えます。

また、規格化されているため、工期も短めです。

フルオーダーの場合は、何度も打ち合わせを重ねた上で、工事に入るため、相談〜完成までに1年以上かかることもあります。

予算の範囲内であれば、家族の要望を反映させた家づくりが可能です。

セミオーダーの物件は、外観がどれも同じように見えますが、フルオーダーの物件は1軒1軒異なります。

他の家とは被らない、個性的なデザインの家づくりもできます。

セミオーダーとフルオーダーのどちらにするかでも、会社選びは変わってきますので、じっくりと家族で話し合い決めるようにしましょう。

プロとして提案してくれる住宅会社の選び方

スーツを着た男性が人差し指を立てている
不動産会社を選ぶ場合は、プロとしてしっかりと提案してくれる業者を選びましょう。

こちら側の要望をすべて聞き入れてくれる会社が、良い家をつくれるとは限りません。

住宅会社はプロであり、これまでにたくさんの家づくりに携わっているわけなので、多くのノウハウを持ち合わせています。

そのため、建主の要望に対して、「もっとこうした方がいい」「そこを変えると、●●がおかしくなる」など、プロの立場できちんと指摘やアドバイスをしてくれることが、良い家づくりにつながります。

建主側としては、初めての家づくりで家族の想いも強いため、いろいろな要望を凝縮したいと考えがちです。

しかし、家づくりの素人であるがゆえに、あとで「ここは変にこだわりすぎてしまった」など、後悔する可能性があります。

本当に良い会社であれば、「もっとこうした方がいい」ということを、きちんと伝えてくれるため、建設後の後悔は少ないものです。

住宅会社を選ぶ場合は、プロとして提案してくれる業者を選ぶようにしましょう。

契約にしか興味がなさそうな業者は避けることで失敗しないで済む

営業男と老夫婦が握手している
不動産会社を選ぶ際、契約にしか興味がなさそうな業者は避けましょう。

具体的には、次の内容があげられます。

  • やたら契約を急かしてくる
  • 予算のことばかり聞かれる
  • 最初から値引きをアピールしてくる
  • 良い部分のアピールや主張を押し付けてくる
  • 質問に答えないと見込みがないと判断され冷たくなる

などです。

契約にしか興味がない会社を選んでしまうと、家づくりに成功する可能性はかなり低くなるでしょう。

契約に至らないようなマイナスな点は説明しないでしょうし、契約後は熱意のある対応は期待できないためです。

会社を選ぶ場合は、建主の要望を実現したり、満足度を考えて対応してくれる業者を選びましょう。

住宅会社を選びながら土地探しも同時に進める

家の模型と森林
注文住宅を希望していて、まだ土地が決まっていない方は、会社を選びながら土地探しも進めていきましょう。

土地の予算や形状、立地などによって、依頼する会社も変わる可能性があります。

また、土地選びは非常に重要です。

どこにするかで、今後のライフスタイルやライフプランにも影響を与える可能性があります。

住宅会社が土地を取り扱っているケースもあるため、業者選びをしながらも、慎重に土地探しを進めるようにしましょう。

家づくりで土地契約と建物契約が別の場合は2つのローンが必要

住宅ローンの用紙
土地と建物の契約が別になる場合は、それぞれのスケジュールに沿って、資金を用意する必要があります。

資金の支払いタイミングは土地の方が早くなるため、家の住宅ローンとは別のローンを利用するなど必要です。

現金を用意できるのであれば1番いいですが、まとまった金額になるため、なかなか難しいものです。

つなぎ融資などを活用し、それぞれの支払いに遅れないようにしましょう。

2つのローンを利用する際は、両方の審査を受ける必要があるため、手間も2倍になります。
そのことを知っておかないと、余計な手間が発生する可能性があります。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.