収支と支出と書いてあるサイコロがシーソーしている

ハウスメーカー(注文住宅)

ハウスメーカーの諸費用内訳【一挙大公開】

投稿日:

家を建てる際に、どのような費用がかかるのか知っていないと、見積もり内容を確認したり、明確な資金計画を立てることはできません。

家を建てる・購入する際の費用や税金の基礎知識を身につけ、精度の高い資金計画や予算配分ができるようになりましょう。

これらの知識がないと、適切な注文住宅会社を選ぶこともできません。

この記事でわかること

  • 税金の基礎知識
  • 建物以外の諸費用
  • 広告を見た時に相場感がわかる

本体価格だけで家が建つわけではない

家の模型
住宅情報誌やWEBサイト、チラシなどに載っている価格は、建物本体価格です。

「100㎡2,400万円」「120㎡2,580万円」など、魅力的な価格に興味を惹かれるかもしれませんが、本体価格だけで家が建つわけではありません。

建物本体価格が表すのは、建物本体のみの金額です。

建物本体価格の他にも、数多くの費用がかかります。

ハウスメーカーに相談をして見積もりを出してもらう場合、見積もりにどこまでの費用が含まれているのかわからない場合があります。

どこまで含まれた費用なのか営業マンが説明をするべきなのですが、業者や営業マンによってはまったく説明しないケースもあります。

なかには、契約前日や当日まで費用の詳細がわからない場合もあるようです。

また、業者によって、建物本体価格の範囲も異なります。

ポスト投函されているチラシや住宅情報誌、折り込みチラシなどで、リーズナブルな価格をアピールした物件がありますが、その多くは建物本体価格のことです。

土地取得代や地盤改良工事費、給排水工事費、諸費用など、他にかかる費用が含まれていないため、安く見えるだけです。

「たった●●万円でマイホームを持てる!」と喜んで飛びついたはいいものの、他の費用も含めた総費用を見ると、建物本体価格よりも500万円〜1,000万円以上高いということは、珍しくありません。

ハウスメーカーとしては、少しでも物件に興味を持ってもらうよう、建物本体価格だけを訴求します。

このように、業者の思惑に乗り、惑わされないためには、建物本体価格以外にどのような費用がかかるのか知っておく必要があります。

他の費用を知っておけば、建物本体価格から総費用を予想できるようになりますし、資金のシミュレーションもより精度の高いものになります。

家を建てる際にかかる主な費用は次のとおりです。

土地取得費用

芝の広場
注文住宅を建てる際は、土地取得費用がかかります。建売住宅であれば土地を探す必要はありませんが、注文住宅の場合は土地を所有していないと、家を建てることができません。

土地費用は立地や広さ、形状によってまちまちです。

また、資金スケジュールが住宅と異なり、早いタイミングでまとまったお金が必要になります。現金を用意するか、つなぎ融資を利用するのが一般的です。

設計料

電卓とメモ帳と書類

注文住宅を建てる場合は、業者に設計料を支払わなくてはいけません。設計料とは、その名の通り、業者に設計・デザインをしてもらうための費用です。

ハウスメーカーの場合は、総工事費用の2%〜5%が設計料の相場と言われています。仮に、総工事費用が3,000万円であれば、設計料は60万円〜100万円です。

設計事務所に依頼する場合は、もっと高くなります。

設計料の相場は10%〜15%と言われており、総工事費用が3,000万円であれば300万円〜450万円もかかります。

設計料は非常に高額ですので、早めに金額を把握しておくことが大切です。

解体工事費用

ハンマーで模型の家を叩こうとしている

既に建物があり、建て替えをする場合には解体工事費用がかかります。

建物の大きさや形状などによって費用は変わってきます。

塀や庭の樹木も処分する場合は、余計に費用がかかります。

解体費用も業者によって異なるため、複数業者で査定をしましょう。

造成工事費用

砂、砂利、砕石

造成工事費用とは、擁壁をつくる際の費用のことです。高低差がある敷地に家を建てる場合にかかります。

基礎補強工事費用

ブロックが積まれている

家を建てる敷地の地盤が軟弱な場合は、地盤改良工事が必要です。

表層改良工法や柱状改良工法、小口径鋼管杭工法などによって地盤の補強を行います。

地盤に問題がなければ工事は必要ありませんが、地盤調査で軟弱地盤だと判明すれば、これらの工事が必要になります。

電設工事費用

電球と工具

空調や照明器具などの設置工事費用のことです。付帯工事費用として、取り扱われます。

エクステリア工事費用

外構工事

家づくりの際次の費用がかかります。

  • フェンス
  • ガレージ
  • 門柱・門扉

などをつくる費用もかかります。

こだわり方や広さによっては、これらエクステリア工事費用は高額になります。

エクステリア工事費用の予算も事前に決めておきましょう。

申込証拠金

スーツ着た人が電卓を持っている

申込証拠金は、家を買う際にかかる費用です。

ハウスメーカーに支払うもので、契約に至る場合は、手付金に充当されます。

もし、契約に至らない場合は返金されます。

金額はハウスメーカーや物件価格により異なりますが、1万円〜10万円程度が相場です。

業者によっては申込証拠金がない場合もあります。

手付金

電卓でお金の計算をしている

手付金は、売買契約をする際に支払うお金のことです。

金額は業者によって異なりますが、購入代金の5%〜10%程度が相場になります。

仮に、売買代金が3,000万円であれば、手付金は150万円〜300万円程です。

契約に至る場合は、代金の一部に充当されます。

ただし、契約を破棄する場合は、手付金は戻ってきません。

印紙税

納税証明書

印紙税は、売買契約書に貼る印紙代のことです。

印紙税額は、売買金額に応じて、以下のように異なります。

印紙税額

  • 100万円以下:500円
  • 500万円以下:1,000円
  • 1,000万円以下:5,000円
  • 5,000万円以下:10,000円
  • 1億円以下:30,000円
  • 5億円以下:60,000円

仲介手数料

流れ作業で模型がお金を運んでいる

中古住宅など、仲介業者を通してマイホームを購入する場合は仲介手数料がかかります。

仲介手数料は、法律で上限(物件価格×3%+6万円+消費税)が決まっています。

仮に、購入代金が3,000万円であれば、上限は約105万円です。

注文住宅会社によっては、「仲介手数料半額キャンペーン」など実施していますので、仲介業者を選ぶ際は手数料にも注目をしましょう。

不動産取得税

黒板に不動産取得税を書いてある

不動産取得税は、家や土地など不動産を取得した際に支払う税金のことです。

マイホームに入居をすると、自治体から納税通知書が送られてきます。

不動産取得税は、「課税標準(固定資産税評価額)×税率」で算出ができ、税率は原則4%です。

ただし、2021年3月31日までは軽減措置によって3%まで引き下げられています。

不動産を購入する際は、1度だけ不動産取得税がかかることを覚えておきましょう。

固定資産税・都市計画税

6面キューブ5個にアルファベットが書いてある

固定資産税は、毎年1月1日時点の不動産所有者にかかる税金です。不動産を購入する場合は、日割り金額を支払うのが一般的です。

固定資産税は、「課税標準(固定資産税評価額)×1.4%(標準税率)」で算出できます。固定資産税の基準となる固定資産税評価額は、3年に1回評価替えが行われます。

固定資産税評価額は、公示価格の7割が目安です。

都市計画税は、不動産が市街化区域内にある場合にかかる税金で、固定資産税と合わせて徴収されます。

都市計画税は、「課税標準(固定資産税評価額)×0.3%(制限税率)」です。

所有不動産の固定資産税評価額を知りたい場合は、役所で土地価格等縦覧帳簿や家屋価格等縦覧帳簿を確認しましょう。

もしくは、4月頃に届く固定資産税の課税明細書や役所で入手できる固定資産評価証明書でも確認できます。

登録免許税

家の模型と6面キューブ3つにTAXと書いてある

登録免許税とは、所有権の保存や移転、抵当権設定登記などでかかる税金のことです。

登録免許税は「固定資産税評価額×税率」で算出ができ、税率は登記の種類によって異なります。

  • 土地の所有権移転登記:2.0%
  • 建物(新築)の所有権移転登記:0.4%
  • 建物(中古)の所有権移転登記:2.0%

また、住宅ローン借り入れの際の抵当権設定登記は「借入額×0.4%」です。

そして、土地や建物は条件を満たすことで、軽減措置を受けることができます。

軽減措置が適用されると、次の%になります。

  • 土地:1.5%
  • 新築:0.15%
  • 中古:0.3%

の税率となり、大幅な節税になります。

司法書士報酬

書類に角ハンコを押している

一般的に、登記手続きは司法書士に依頼をします。

その際、報酬として支払うのが司法書士報酬です。

報酬費用は、2万円〜7万円程度になります。

火災保険料・地震保険料

模型の人形と保険とかいてある黒板

マイホームを持つにあたり、火災保険料や地震保険料もかかります。

近年、自然災害が猛威を振るっており、保険はあった方が安心です。

火災保険料は2万円〜20万円以上と、内容によって大きく変わります。

保険料は、次の項目の影響をうけます。

  • 特約
  • 所在地
  • 専有面積
  • 補償内容
  • 保険期間
  • 保険金額
  • 建物の構造

などの影響を受けるためです。

もし、安く抑えたい場合は、補償内容を絞ったり、保険期間を長期にしましょう。すべての補償を付けてしまうと、どうしても保険料は高くなります。

また、2年以上の保険期間から保険料が割引になります。

そのため、長期契約を行い、少しでも保険料を節約しましょう。

火災保険や地震保険は、万が一を考えとても大切なものです。

とはいえ、保険料が原因で家計を圧迫する可能性もあるため、これらの方法で保険料を節約することをおすすめします。

仮住まい費用

軍手、段ボール、ガムテープと家の模型

注文住宅を建てる場合は、打ち合わせ〜建物完成までに1年以上かかることもあります。

現在、賃貸物件に住んでいる場合、タイミングによってはホテルなどの仮住まい費用が必要です。

賃貸費用と仮住まい費用のバランスを考え、最もお得なタイミングで賃貸を引き払いましょう。

式祭典費用

多数の風船が飛んでいる

マイホームが注文住宅の場合は、地鎮祭や上棟式などの費用がかかります。

これらの式祭典を実施しないケースも多いですが、実施する場合は予算を確保しておきましょう。

式祭典を実施するかどうかは、事前にハウスメーカーと話し合っておいてください。

引越し費用

積み重なった段ボール

マイホームを購入する際は、引越し費用も考えておかなくてはいけません。

荷物が多く、距離が離れている場合は多額の引越し費用がかかります。

業者や時期によって、引越し費用が安くもなるため、早いタイミングで情報収集をしておきましょう。

住宅ローン諸費用

虫眼鏡で家の模型を見ている

住宅ローンを利用する場合は、次の諸費用もかかります。

  • 保証料
  • 印紙税
  • 事務手数料
  • 司法書士報酬
  • 団体信用生命保険料
  • 抵当権設定登録免許税

などが含まれています。

ほとんどの費用は、金融機関によって異なります。

住宅ローンを利用する際は、金利だけでなく、諸費用金額も考慮した上で選ぶようにしましょう。

また、団体信用生命保険料は諸費用に含まれているケースもあれば、金利に0.1%〜0.2%上乗せされていることもあります。

修繕積立基金

マンション足場

戸建てを購入する場合は関係ありませんが、マンションを購入する場合は修繕積立基金がかかります。

修繕積立基金とは、最初に集めるまとまった金額の修繕積立金のことです。

修繕積立金は、将来の大規模修繕へ向けて毎月積立をするお金になります。

修繕積立基金は、修繕積立一時金や修繕積立準備金とも言われており、金額は物件によって異なります。

20万円台〜50万円台は見ておくといいでしょう。

尚、マンションの場合は、入居後も毎月管理費と修繕積立金が必要です。

家具・家電購入費用

リビング

新居での生活スタートを機に、家具や家電製品を新調する人は多いです。

冷蔵庫やエアコン、オーブンレンジ、洗濯機、テレビ、掃除機、カーテン、ダイニングテーブル、ベッド、、、など、購入するものが多ければ、100万円以上は必要になります。

マイホームの資金計画を立てる際に、購入予定の家具・家電製品もリストアップし、予算に組み入れるようにしましょう。

その他費用

クレジットカード

マイホームの地域や条件によっても変わりますが、水道局に納付する給水負担金や放流負担金、町並保全費、町内会費などがかかります。

事前にどのような費用がかかるのか、注文住宅会社に確認をしておきましょう。

このように、家を買う際は、建物本体価格だけでなく、さまざまな費用がかかります。

できるだけ早いタイミングで、総費用がどれくらいかかるか次の項目を把握しておくことが大切です。

  • 諸費用
  • 引越し費用
  • 土地取得費用
  • 建物本体価格
  • 付帯工事費用

など、かかる費用を確認し、予算オーバーにならないようにしましょう。

本体価格以外のまとめ

このような費用がかかることを、きちんと把握していれば、チラシや住宅情報誌に載っている建物本体価格に惑わされなくて済みます。

項目があまりにもおおすぎるので、あなたのスマホのホーム画面に当記事を保存し、いつでも見られるようにしておくことをおすすめいたします。

それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
あなたの素敵なお家づくりを願っています。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.