契約書にサインしている

ハウスメーカー ハウスメーカー(注文住宅)

ハウスメーカーに契約を急がされる理由と知っておくべき事!

投稿日:

家づくりの過程で重要なポイントの1つが、契約です。

契約を結んだら、本格的に家づくりがスタートします。

契約は非常に大事だからこそ、信頼できる注文住宅会社を見つけなければいけません。

信頼できない業者だと、半ば強引に契約をすることになり、あとで後悔することになります。

良い家づくりをするには、信頼できる注文住宅会社と納得した上で契約を結ぶことが大事です。

この記事で分かること

  • 契約を急がされる理由
  • 契約前に必ず知っておくべきこと
  • 危険なハウスメーカーの見分け方

契約を急がせるハウスメーカーには注意すること

木造骨組みの模型

工事請負契約をすると、「やっぱりやめた!」など施主様のハウスメーカー変更や値引きができない為、ハウスメーカーにとっては他社に奪われないなど、大変都合が良いのです。

契約を急がせる理由の大半がそのようなケースです。
(※例外もあります)

ハウスメーカーでマイホームを建てる場合、業者と交わす書類はたくさんあります。その中で、最も大事なものが契約です。

工事請負契約のは次の項目です。

  • ハウスメーカー:家づくりの完成と引き渡しを約束する
  • 施主:完成・引き渡しに対して対価を支払うことを約束する

という内容です。

ハウスメーカーと工事請負契約を交わすことで、法的な効力が発生します。

そのため、契約を交わした後は、「やっぱり気持ちが変わった」と、簡単に契約破棄をすることはできません。場合によっては、損害賠償請求を受ける可能性があるため注意が必要です。

工事請負契約を交わす前に、疑問点や心配な点があれば、すべて解消をしておきましょう。

疑問点などが残ったまま契約を進めてしまうと、あとで後悔する可能性があります。

よくある疑問点や心配点、明確にしておきたいポイントには、次のようなものがあります。

追加費用は発生するのか

日本円と電卓が並んでいる

契約時に明らかになっている費用ですべてか確認をしましょう。

後に追加費用がかかると、資金計画が大きく狂ってしまいます。

場合によっては予算オーバーとなってしまい、毎月の住宅ローン返済が大変厳しいものになるでしょう。

追加費用が発生するかどうか、わからないまま契約を進めることに何のメリットもありません。

事前に追加費用の有無、発生するとしたらいくらぐらいか確認しておきましょう。

工事期間はどれくらいか

住宅模型が並んでいる

工事期間が明確でない場合は、契約を進めてはいけません。

工事期間がわからなければ、引っ越しの手配や資金スケジュール、現在の賃貸住宅の退去時期など、すべてが決まらないためです。

早いタイミングで工事期間がわかっていなければ、これらを計画・手続きすることはできません。

通常は、「工事期間は●月●日まで」「●月●日には建物が完成し、▲日には内覧を行います」など、明確なスケジュールを提示され、納得した上で契約を交わすものです。

一般的な注文住宅会社であれば、工事期間がわかった上で契約をしますが、わからないまま進むようであれば注意してください。

総費用はいくらか

ハンコと朱肉

「おそらく3,000万円くらいです」「もしかすると300万円〜400万円増えるかもしれません」など、総費用がわからない、もしくは明確でないままでの契約は不安しかありません。

通常、契約書には金額が載るため、総費用がわかった状態で契約をします。しかし、「なんだかんだで予定よりも800万円高くなった」など、費用が高くなることがあります。

敢えて総費用を明確にせず、契約を交わし、あとでより多くの費用を請求する悪徳な業者もあるため注意が必要です。

なにより、総費用が明確でないと資金計画を立てることもできませんし、ローン借入額も決めることができません。

契約をする前までに、総費用を明確にするようにしましょう。金額が曖昧な場合は、ハウスメーカーになぜ曖昧なのか理由を確認するようにしてください。

どのようなスケジュールで支払いをすればいいのか

カレンダーとペン

注文住宅会社と工事請負契約を交わす前に、今後の支払いスケジュールを確認しましょう。

一般的に、注文住宅を建てる際は、「建築請負契約時」「着工時」「上棟時」「引き渡し」に分けて支払いをします。

これらの支払いスケジュールが明確でないと、適切な時期に資金を用意できず、支払いが遅れてしまう可能性もあります。

「●月●日に▲円」など、いついくら必要になるのか、事前にはっきりとさせておく必要があります。

基本的には、建築請負契約時に工事費の1割、着工時に3割、上棟時にも3割、引き渡し時にも3割が相場です。

支払いスケジュールと費用の内訳が判明することで、つなぎ融資のタイミングや金融機関選びも変わってきます。

支払いスケジュールが明確でないと、安心して家づくりを進めることができません。

間取りの問題点は解消されたのか

建築図面の上に家の模型とペンが乗っている

間取りや設備などの問題点がすべて解消されていないと、契約をしても不安が残ります。

間取り変更や設備、仕様など、要望がすべて反映されているか、問題点は解消されているか確認をしましょう。

問題点が解消されていないまま契約を進めてしまうと、反映や解消がされておらず、トラブルになることもあります。

ハウスメーカーと工事請負契約を交わす前に、設計や仕様に関する問題がすべて解消されているか必ず確認するようにしてください。

家族から設計変更の話が出ている

建築図面の上に家の模型と電卓が乗っている

ハウスメーカーと工事請負契約を交わすタイミングでも、家族から設計変更に関する話が出ていることもあります。

契約をする前に、どんな変更をするのか確定させておくことが必要です。

工事途中で「やっぱり●●を▲▲に変更したい」と要望を出しても、対応できない可能性があります。

また、反映できたとしても、通常よりも高額な費用がかかってしまいます。

マイホームへのこだわりが強い家族であれば、いつ要望が出てきてもおかしくありません。

契約間近のタイミングで、家族の話がまとまっていない場合は、ハウスメーカーも交えて話し合うようにしましょう。

そして、契約を後にずらすことも考えるようにしましょう。

建築業者は信頼できるのか

建築業者がルーペで家の模型をみている

家を建てるにあたり、ハウスメーカーの役割は非常に大きいものがあります。

どれだけ家族の要望を反映して、良い注文住宅会社に巡り会えたとしても、建設業者が悪ければ満足のいくマイホームを建てることはできません。

工事請負契約をする前に、本当に信頼できるハウスメーカーなのか確認をしましょう。

注文住宅の場合、ハウスメーカーを選べる場合もあれば、ハウスメーカーが連携している業者を紹介するケースもあります。

ハウスメーカーを選ぶ際は、実績や評判、現場の様子を確認しましょう。

実績が豊富であれば、多くの人が依頼し、ノウハウもあるため安心感があります。

実績が乏しい業者だと、なかなか安心できないものです。

また、ホームページの情報だけではわからないため、業者の評判も確認をしましょう。

実際に利用した人の意見や感想がわかるため、業者の実態を知ることができます。

そして、できれば、その業者が工事をしている現場の様子もチェックしたいものです。

明らかに職人のモチベーションが低い場合は、手抜き工事になる可能性があるため危険です。

ゴミが散乱している場合は、仕事への向き合い方に問題がある可能性があります。

品質の高いマイホームづくりをするには、信頼できる建築業者に依頼をする必要があります。

業者の内容を確認せずに、ハウスメーカーとの工事請負契約を交わしてしまうと、信頼できない建築業者かもしれませんので注意しましょう。

諸費用はいくらかかるのか

帳簿と電卓とペン

諸費用がいくらかかるのかはっきりしていない状態で、ハウスメーカーと工事請負契約を交わすことがないようにしましょう。

一般的に、注文住宅を建てる際は、以下の諸費用がかかります。

設計料
建築費用の10%〜15%程度
印紙代
金額が1,000万円超5,000万円以下であれば印紙代は1万円
水道加入料
自治体によって金額は異なる
登録免許税(建物表示登記、所有権保存登記)
不動産評価額によって異なる。司法書士報酬は1登記につき5万円〜10万円程度
式祭典費用
地鎮祭や上棟式を実施する場合は費用がかかる。地鎮祭は5万円〜7万円前後、上棟式は10万円前後が相場

これらの費用はあくまでも相場です。

ハウスメーカーや物件、自治体などによって費用は変わってきます。

工事請負契約を結ぶ前に、諸費用についてもはっきりとさせておきましょう。

諸費用が不透明だと、契約後も不安ですし、ローンの借入金額も明確になりません。

諸費用についても確認した上で、契約を進めるようにしてください。

引き渡し日は確定しているのか

家の模型を手渡している

当然のことですが、引き渡し日が確定もしていないのに工事請負契約を交わすことがないようにしましょう。

引き渡し日が決まっていなければ、さまざまな物事を決められないので不安です。

また、引き渡し日が確定されていないことにより、工事が間延びして、ズルズルと完成日・入居日が遅くなる可能性もあります。

契約書に載っている引き渡し期日は、遅延損害金の算定根拠日になります。

そのため、契約書には明確な引き渡し日が載っているのが普通です。

しかし、業者によっては、「引き渡し日は●月吉日にしておきましょう」「一旦、引き渡し日を●月●日にしていますが、正式な日は状況を見ながら柔軟に決めていきましょう」など、提案してくるケースもあります。

引き渡し日が決まっていない契約はありえませんし、曖昧にすることも考えられないことです。

引き渡し日が確定していない状態での契約は、トラブルの原因になりますので、事前にはっきりとさせましょう。

本当に今のハウスメーカーでいいのか

疑問に思っている主婦

契約するにもかかわらず、本当に今のハウスメーカーでいいのか迷っている人もいます。

工事請負契約を結ぶと、簡単に契約破棄はできません。

手付金も支払うことになりますし、工事も開始されるので、「やっぱりハウスメーカーを変更します」と言っても、変えることは現実的ではありません。

基本的に、契約を結ぶと後戻りはできません。

今のハウスメーカーに不満があり、このままではいけないと思うのであれば、契約前に決断が必要です。

ハウスメーカーに不満がある場合は、どんな点に不満があるのか、どうすればその不満は解消されるのか考えましょう。

そして、その不満が解消できず、どうしても我慢できない場合は、早めに別のハウスメーカーを探す必要があります。

もし、ハウスメーカーを変更する場合は、それまでに支払った費用のほとんどは返ってこないため注意してください。

工事請負契約前の仮契約

仮契約書

ハウスメーカーによっては、施主と工事請負契約を交わす前に、仮契約として設計申込契約を結ぶ場合もあります。

仮契約なので、工事請負契約のような義務や責任は生じません。

あくまでも、建築の意思表示を目的とした契約になります。

とはいえ、仮契約を結ぶ場合は、どのような契約内容になっているか確認をしましょう。

何も考えずに仮契約をすると、契約破棄をすることになった場合に、トラブルになってしまいます。

ほとんどの施主にとって、家づくりは人生に1回だけの経験です。

そのため、「まずは契約をして、話を進めていきましょう。契約をすれば、なんとか値引きができると思います」など言われて、わけもわからずに契約を結ぶことになるケースもあります。

ハウスメーカーの中には、自社の利益をとことん重視しているところもあります。

そのような業者にとっては、顧客満足度など二の次です。

とりあえず、契約をすれば顧客を囲い込むことになり、売上につながるため、契約を急がせます。

本当に顧客のことを考えている良い注文住宅会社であれば、このようなことはありません。

しっかりと仮契約の理由や目的を説明し、初めて家づくりをする施主も理解・納得した上で、一つひとつ進めていきます。

契約のことしか考えていない悪質な業者であれば、巧みな営業トークで何とか契約をしようと迫ってきます。

そのような業者と契約をしてしまうと、あとでトラブルになる可能性があり、きっと後悔することになるでしょう。

工事請負契約は慎重に行うこと

6面キューブ3つに注意!!と書いてある

ここまで紹介したように、工事請負契約は非常に重要なものです。

契約をしたら、工事は始まりますし、簡単に工事変更や契約破棄はできません。

だからこそ、疑問点や不安などをすべて解消した上で、契約を交わすことが大事です。

また、悪質なハウスメーカーは、自社の利益しか考えていないため、あの手この手で契約を急がせてきます。焦って契約をしても何一つ良いことはありません。

「ここまでお願いしてきたから、今さら言いづらい。。」など、申し訳なさがあるかもしれませんが、数千万円の高い買い物をするわけですから、変な妥協はしないようにしましょう。

あとで後悔しないように、工事請負契約は慎重に行うようにしてください。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー, ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.