ハウスメーカーの相場と費用

注文住宅で知っておきたい価格、費用のポイント

投稿日:

もくじ

家を建てる方には間取りが自由に出来る注文住宅がオススメです

これから家を建てる予定の方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。家を建てる方法は様々ありますが、注文住宅を考えられてはどうでしょうか。注文住宅は間取りを自由に設計できることが大きなポイントです。家族の形態は多種多様です。様々な家族の形態に合った間取りにすることが、快適な家を建てる上では大切なことです。せっかく家を建てたのに、間取りが悪くて住みにくいとなってしまっては、後悔しきれません。家は一生に一度の買い物と言われます。それだけに多くの費用がかかりますから、出来るだけ住み良いものにしなければいけません。建売住宅などを購入して、実際に住み始めてからここが使いづらい等と言ってもどうしようもありません。間取りが自由に考えられるのは注文住宅だけです。夢のマイホームは希望溢れるものでなければいけません。希望溢れるものにするためには、様々な事を考えながら、住宅建設を進めていかなければいけません。 家を建てる前に間取り作成から資金計画を作成する事で、スケジュールと予算が大きく変わってきます。まずは調査から始めてみては?

 

家を建てるイメージが重要

家を建てるならこんな家にしたいとイメージをされると思います。夢のマイホームなのですから、希望を叶えるのはとても良いことです。しかし、実際にはイメージ通りの家にはなったものの、住むにはちょっと…となってしまうこともあります。例えば、窓を大きくして光をたっぷり室内に取り込みたいと考えていて、実際にそうしてみると、眩しすぎて耐えられないとなってしまうこともあります。こうなるのであれば、窓はそんなに大きくしなくても室内の照明を多めにするなど工夫して、室内の明るさを調整することが出来たはずです。しかし、建ててしまってからでは遅すぎます。家を建てる際には、光の入り具合などを打ち合わせの段階で設計士さんに相談して、確認することが必要です。そうすれば自分の希望を叶えつつ、現実的には困らない理想の家になることでしょう。このような家にしたいと希望を持つことは良いことですが、現実的な住み心地を考えることは非常に重要なことです。設計士さんとの打ち合わせの時に、希望と現実的なことを話し合っておくことが大切です。

 

家を建てる「間取りも自由な注文住宅か、見て納得の建売住宅か」

衣・食・住は生活を支えるものとして必要なものです。特に家は仕事して帰ってくる場所、自分や家族の落ち着く場所、また雨風を避け、凌ぐものとしてなくてはならないものです。そして、その家を建てるということは人生で一番大きく高価な買い物です。そのため、家選びは慎重に納得して購入したいものです。私たちは家を購入する時に大きく分けて二つの選択ができます。一つは建て売りの住宅を買うことです。もう一つは自分で間取りなどを決める家を建てる注文住宅です。建売の住宅の良いところはまず、注文住宅よりも安く購入できることです。また、建物をみた上で購入ができるので、自分のイメージと実際の物件に落差がないということです。そのため納得して購入ができますし、プランニングも不要なので早急に購入したい人には便利です。区間販売をしている場合はその区間の住人は同時期に購入して住み始めるため、ご近所づきあいがしやすいなどといったメリットもあります。

 

 

注文住宅のメリット

一方、注文住宅のメリットは自分の希望通りの家を建てられることです。全てにおいてオーダーメイドなので天井の高さや部屋数、間取りをはじめ、階段の構造やキッチンの種類までおもいのままです。また、こだわりの部分には費用をあて、こだわらない部分には費用を抑えると言った予算配分もできます。 家の間取りも子育てをしている家族には大きなポイントですが、それも思いのままです。双方に必ずメリットもデメリットもあります。どちらが優れているというものもありません。あるとすれば、自分や家族の意見や希望にあっているか、ライフスタイルにあった住宅かどうかです。家族で話し合い、購入のタイミングや価格、立地など妥協できること、できないことを明確にしましょう。また販売会社との相性もあります。どのような理念で作っている会社なのか知った上で購入や物件探しなどの相談をしましょう。あとで後悔しないためにもある程度の知識も必要です。家を建てることはとても大きな買い物です。メリット・デメリットをよく考慮して注文住宅にするか、建売住宅にするかを決めましょう。

 

自由に間取り設計しよう

外装のデザイン、内装や設備など選べるのは、もちろんですが、ドアの色や形、天井の高さ、コンセントの位置や数など細かく決められるのが良い所です。また、コストも自分で決める事も出来、予算が余れば設備等をグレートを上げ、予算が厳しければコストを抑えるなど決められます。デメリットですが、設計図等から建つ家のイメージが湧かず、実際に家が建つと想像と違う。自由に決める事が出来る為、打ち合わせや工事などで、入居するまでの時間がかかり予算もオーバーしやすくなるな等が挙げられます。色々な事を考えている時は、未来に住む家の事を想像して決める事で、楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。間取りやデザインなど、自分で決めた家を建てる事で、誇りを持って家に住むことが出来ると思います。家を買うのは一生に一度の高い買い物ですので、展示場やモデルハウス等に見学に行って参考にした方が後悔なく住宅を購入出来るのではないでしょうか。

 

生活導線にも気を付けたい

注文ですから、土地の建築条件さえクリアしていれば、間取りを変更していくことも可能なのです。間取り部分では、ここの部屋の窓を大きくとりたいですとか、廊下は少し広めにとりたいですとか、ここの部屋は少し広めにしたいですとか、自由に間取りを変更していくことができてしまうのです。ですから、家を建てる人、そして建てる家族の生活スタイルにあった間取りが実現してしまうのです。注文住宅の家の内部設計の基本をまずは学ぶことから始めるべきです。長く住む家ですので、生活導線にも気を付けたいところです。生活導線というものは、その各家庭によって異なってくるのです。ですから、家族の数があれば、その数だけ生活導線、生活スタイルは異なってきます。よって、建売ですと、すでに決められた生活導線になってしまっているので、注文住宅という形で自分だけの生活導線にあった家を建てるのが良いのです。もちろん、コスト部分を考えてみた場合、建売一戸建てを購入するよりは、費用はかかりますが、それに見合った家が完成します。

 

理想の形をそのまま家に

家を建てるのであれば、やっぱり、自分の理想の形をそのまま家に反映することができてしまう注文住宅がおすすめです。注文住宅は、建売物件に比べてみると、やはり、それなりの金額はかかってくるものです。しかしながら、長い目で考えた場合、多くの場合、一生そこで生活をしていくことになりますので、それであれば、できるだけ自分の理想の空間で生活をしていくのが良いのです。自分の理想の空間を実現するためには、注文住宅が良いという結論になってくるのです。もちろん、多くの時間をかけまして、そして、建売一戸建て住宅をたくさん見学していくことによって、理想に近い物件を見つけることはできるでしょう。しかし、注文で建てた家にはやはりかなわないと言えます。さて、注文で建てる場合には、建築士の方との打ち合わせがとても重要になってくると言えます。自分の理想像を建築士に伝えまして、そして、それに合わせて図面をひいてもらうことになってきます。

注文住宅を建てる前に考えておくこと

家を建てる前に資金調達や部屋の大きさ、希望の間取りなど考えておくことがたくさんあります。

これから家を建てるという人へ

これから家を建てるという人にとって、注文住宅というのは最高の夢なのではないでしょうか。自分たちの理想のマイホームを細部まで完全に形にすることができるからです。 しかし、あれも欲しいこれも付けようと夢や理想だけで注文住宅を構築していけば、実際に住んだ時に、ああしておけばよかったこうしておけばよかったという不満が必ず出てきます。そうならないために、現実的にシュミレーションしておかなければならないことがあります。それは「間取り」についてです。 注文住宅を建てた人が実際に住んでみて失敗したと感じるものに「収納」があります。…動線上に収納をつけてしまい出し入れが面倒になった、収納の奥行が足りなかった、幅や高さが合わず家具が収まらなかった、などなど。収納は住宅の中でも地味な部分ですが、それがうまく機能するかしないかでストレスの度合いが違ってくるのです。 収納スペースといえば「床面積」で考えがちですが、収納するものは立体ですから「壁面積」も考慮に入れることが必要です。

 

部屋の広さを間違えないで

他にも間取りの問題としてよくあるのは、部屋の広さを間違えてしまうということです。…浴室の広さばかりに気を取られてしまい脱衣所が狭くなってしまった、リビングが広すぎて冷暖房のききが悪い、寝室にベッドを置いたら足の踏み場がなくなってしまった、などなど。なんとなくの想像で各部屋の間取りを決めてしまうのではなく、部屋や持ち込む家具などを同率で縮小した図面を作り、論理的に組み立てていく必要があります。 一国一城の主という言葉があるように、家を建てるということは、人生の中で最も重要な出来事のひとつです。建ててからガッカリしないためにも計画は綿密に、必要に応じてプロの建築士さんに相談することが大事です。 家を建てるということは、そこに住む家族一人一人の夢を実現させるということです。また同時に家族みんなの共通の夢を実現させるということです。いうなれば、家を建てることで家族が家族になっていく。注文住宅の間取りを考えることからそれはもう始まっているのかもしれません。

 

家を建てる前の下準備

さて、実際に家を建てる場合には、敷地周辺を何度も歩いてみることをお勧めします。また、敷地を様々な角度から見ることも重要です。家の周りに何も無いということは、現実的にはなかなかありえないことです。隣に家があったり、大きな通りに面していることもあるでしょう。そのような敷地では、自分の家がどのように見えるかを意識して、間取りを考えることが大切です。なぜどのように見えるかを意識する必用があるかというと、ドアや窓を開けた時に、家の中が丸見えでは困るからです。実際に住んでいれば、見えても良い場所と、見られたくない場所があるはずです。家を建てる際にはそのようなことも考える必要があります。ドアや窓はずっと開けておくものではないかもしれません。しかし、防犯の面から考えても、あまり見え過ぎる家というのは良くないでしょう。図面が出来上がってきてからでも、この角度からはどのように見えるか、などを確認することをお勧めします。注文住宅のメリットを活かして、安心して住める家を建てましょう。

 

ライフスタイルにあわせて

マイホームの建築にあたり、重視しなければならないポイントは自分のライフスタイルに合っていることや、家族に優しい間取りプランを考える必要があります。自由に設計できることが注文住宅のメリットですから、望み通りの家を建てるポイントを理解する必要があるのです。しかし、現実には敷地との関係から、建ぺい率や容積率によって間取りが制限されるのも事実です。快適な家を建てる秘訣は、プランの優先順位を決めていくことからはじめる必要があります。何を重視するか、またそのために犠牲にしてもいい部分は無いか、と言う点について事前に検討することが大切です。あれもこれもと欲を出したところで、建てられる面積には限りがある訳ですから、家の中で最も重視したい部屋をはじめに決めて、それに合わせてプランを絞っていくのが良い間取りプランの考え方なのです。注文住宅で家を建てる際に大切なのは、目的をしっかりと持つことや、理想のプランを思い描くところからはじめる

 

注文住宅プランの資金計画や設計プラン

注文住宅のプランを考える時に、部屋の大きさについてイメージが沸きにくいと言うケースが多くなります。家具を置くことを考えれば、平面的な大きさだけでは判断しにくい部分がありますが、高さ方向の圧迫感は仕方が無いと言う考え方も必要です。設計プランが完成すれば、設計事務所から100分の1か50分の1スケールの平面図をもらうことができます。どのような家具を置くのか、部屋の使い方を考えるには最適なアイテムとなりますので、大いに活用してプランを考えていく必要があります。特にどうしても希望通りの機能性が持てない場合には、間取りの変更のために再度設計プランの変更を申し出るのも良い方法です。注文住宅は自由な設計プランが魅力ですから、設計プランにもこだわりが出てくるのが普通です。しかしデザインにこだわるあまり、動線など機能的な使い勝手を下げてしまうケースも多くあるのです。注文住宅は一生に一度の高い買い物ですから、後悔しないように間取りプランを決定することが大切なのです。

 

資金計画をしっかりと

ただ家を建てるにはかなりのお金が必要です。ローンを組むにしても、予算があるでしょう。頭金がいくらで、月々の支払いがいくらで、という事を考えると、すべての理想を盛り込んだ家を建てるのは難しいかもしれません。そう考えるとある程度の妥協は必要です。部屋数を減らしたり、家自体を少し小さいものにしたりする事を考えなければいけません。それでも建売住宅より、理想に近いものが出来るでしょう。妥協点を見つけるには、建築士と良く話し合う必要があります。彼等は住宅設計のプロなので、予算内でいかに顧客の理想に近づけた家を作れるか真剣に考えてくれます。十分に話し合えば、多少妥協しなければいけない点が見つかるでしょう。その上で間取りなどを変更して、少しでも自分の理想に近い家を建てるように、こちらも努力するべきでしょう。注文住宅でも予算に限りがあるので、その予算内で家族が快適に過ごせるような家を納得して建てるようにしましょう。

 

出来上がった家に対する愛着は建売住宅の比ではありません

注文住宅は自分達で自由に間取りを決めることが可能です。そのため出来上がった家に対する愛着は建売住宅の比ではありません。しかしそのためには間取りを自分で決めるという関門があります。結構これが難しいのです。ハウスメーカーや工務店では注文住宅とはいえ一定のモデルを設定している事が多く、このモデルを基礎にして手直しをするような形で注文させるケースが多くあります。しかし、この方法で家を建てるとしても建売住宅の一部仕様変更に過ぎず注文住宅の醍醐味である自分で決める間取りを実現することはできません。自分達ですべて決める事は難しいとしても現在住んでいる家における不満点や、こうだったらいいなという希望を家族全員で相談するだけでずいぶんと違ってきます。そうしていくと、どんな家が欲しいのかというイメージが出来上がってくるはずです。そのイメージまでできたら工務店やハウスメーカーに行って自分たちの欲しい家のイメージを話してみるといいでしょう。

家を建てる際に注意すべき点はこれ!間取り、費用、防犯そして維持管理費

知らなかったでは済まされない、注意点を書き留めておきました。

家を建てるということは、恐らくほとんどの方にとって初めての経験だと思います。この記事では家を建てる際に注意すべき点をいくつかご紹介します。

 

家を建てる場所

まずは、場所をどこにするかを決めるということがあります。
賃貸の場合は、一度入居した物件でも、気になる点があれば
比較的簡単に引越しすることができますが、家を建てるとそれが難しくなります。

 

その為、建てる場所は慎重に考える必要があります。
通勤のしやすさや、周りの環境など十分に考え確認した上で決める必要があります。

 

家を建てる場合には、決めた候補の場所について、何度か実際に足を運び、
周りの雰囲気などを十分に確認する必要があります。
特に、夜になると雰囲気が変わる場所もあるため、
昼と夜の量時間帯に行くことが重要です。

 

また、近隣でのトラブルが無いかなども確認しておくと安心できます。

 

住宅の間取り

間取りも十分に考えておく必要があります。
この場合も、賃貸では家族が増えるなどにより、
別の物件に移り住むことで部屋数の問題などが解消できますが、
一戸建て住宅では、購入後に部屋数を変えることが難しい場合も多くなります。

 

その為、家を建てる際には、将来のことも考えた上で、
部屋数や間取りを考えて購入することも重要になります。

 

部屋の見た目や大きさが気になりますが、実生活の中では収納がポイントです。
家族が多い場合には、収納場所が多く必要になります。
ですが、収納場所の確保に失敗した場合には、別途タンスなどの家具を購入したりする必要性が出てきます。
収納は可能ならば、多めに用意しておく必要があります。

 

次に、日当たりを重視した設計にすることです。
建てる際に日当たりを考えることは非常に重要です。
部屋に光をうまく取り込むことで、明るさを保つことができます。
暗い部屋にならないように設計を考えていくことが重要です。

 

 

家を建てる費用面

また、資金面に関してもいくつかの注意点があります。

 

土地や建物代以外にも諸費用が多くかかることです。
例えば、付帯工事や外溝工事等の費用や家具代、カーテン費用、税金等が考えられます。
専門の不動産会社に諸費用については、相談しておくことが重要です。
諸費用だけで非常に多くのお金が必要になってくることは事実ですので、十分に予算に組み込んでおく必要があります。

 

 

土地の調査に必要な費用

土地が決まってまずすることは、家を建てるときのプランや見積もりに必要な情報を集めるために、土地の調査をすることです。
調査内容は、測量、法的制限などの確認、周辺の調査、地盤地質の調査などです。この調査にはおおむね10万円ほどかかるようです。

 

工事費用・諸費用

 

この後、施工業者を正規に決めて、細かい内容まで盛り込んだ本見積もりを作ってもらうことになります。
本見積もりに含まれる家を建てるときに必要な工事と外回りの付帯工事、そして諸費用と工事費用の支払時期も含めてチェックしておきます。
工事に関する費用は4回ほどに分けて支払うことがほとんどです。最初に契約するときに、契約金もしくは着手金として10%程度を支払います。
そして実際の工事が始まる着工時に約3割、上棟時にまた3割、引渡し前に残りの代金(おおむね3割ほど)を支払うことになります。

 

家を建てるのに必要な諸費用は、工事費全他の約10%程度になります。家の建築工事の過程で諸費用が必要となってくるので、
まとめて取り分けておき、必要に応じて支払えるように準備しておきます。
最初に必要な経費は、工事請負契約の前後に支払いが必要となります。契約印紙代は5千万円以下の住宅なら1万円、それと建築確認申請費用として5万から20万円ほどの金額です。

 

さらに住宅性能表示制度を利用する際には、この費用として10万円から20万円ほども必要となります。
この住宅性の表示制度の分に関しては、工事費と一緒に請求されることもあるので確認しておきます。

 

地鎮祭・上棟式の費用

次に着工時に必要なのが、地鎮祭の費用です。
行わなければかからない費用ですが、祭壇を作る費用や神主さんへの謝礼として6万円ほどというのが相場のようです。
地域によって金額の差が大きい部分ですので、見積もりの際に相場を聞いておくと安心です。
さらに工事が進み上棟時に、上棟式の費用として10万円前後が必要となります。

 

地鎮祭の費用

住宅が完成し、引渡しの際に必要な経費もあります。それは登記の費用です。
新築建物の表示登記、所有権保存登記、抵当権設定登記の際に必要な登録免許税、さらに測量を行う土地家屋調査士や登記を実際に行う司法書士の報酬などが必要です。
建物の規模や、地域によって金額はまちまちなのでこれも事前に確認して具体的な金額を出してもらっておく必要があります。

 

住宅ローンの借り入れ費用

さらに住宅ローンを土地と建物で分けて借りる場合には、住宅ローン契約のときにも5千万円以下のローンで2万円必要となります。
そしてローン借り入れの費用として、事務手数料や保証料などが必要となります。万が一のための火災保険の費用も忘れずに計上しておきます。

 

引っ越しや家具・家電の費用

無事引き渡しが終わった後は、引っ越しの費用や、家具・家電の購入に関する費用が必要となります。
引っ越し費用の平均は15~17万円ほどといわれています。
カーテンや照明器具、エアコン、テレビなどで25万円ほど、ほかにもそろえると50万円ほどかかるようです。

 

税金

そして最後に来るのが税金です。引き渡し後半年から1年ほどで、不動産取得税の納付通知が来るはずです。
諸費用などについてはリストに金額と支払時期をまとめておくと忘れずに済むのでおすすめです。

 

住宅のためのローン

また、家を建てる際の頭金の準備があります。
通常は、家を購入する場合はローンを組んで購入しますが、
頭金を幾ら入れられるかによって、借入額が変わってきます。
借りたお金分については利息がかかるため、できる限り少なくすることが重要です。
家を建てることを考え始める前から、将来のことを考え、頭金を準備することが重要です。

 

ローンを組む際も、現役世代のうちに返済できる計画とすることや、
毎月の返済額について、負担が大きすぎない額になるようにするなども注意が必要です。
その為には、幾らの家を購入し、ローンの返済シュミレーションをあらかじめ立てた上で、家を建てることが重要になります。

 

金額に関連し、家を建てる際の要望の優先度をつけることもポイントになります。
すべての要望を満たす家を建てようとした場合、金額は大きくなり、ローンの返済計画が苦しくなります。
その為、ローンの返済計画から、幾らまでの家であれば購入できそうか検討し、その金額の範囲で、要望を優先度の高いものから満たしている家を建てるということが必要になります。

 

住宅業者選びにも注意

家を建てる際には、業者選びにも注意する必要があります。
各メーカーに特色が異なり、品質重視、価格重視、スピード重視などさまざまです。
業者によって、同じ内容でも金額が大きく変わる場合があったり、
アフターサポートの充実度に問題がある場合などもあります。

 

その為、工務店やハウスメーカーを選ぶ際には、
その業者の情報を収集し、比較検討することが必要です。
その際には、周りに利用者がいれば直接対応具合を聞いてみたり、
または口コミサイトなどで、その業者の対応を聞いておくことも重要です。

 

業者のサイトなどでは、業者側からの情報しか載っていないため、
どの業者も良く見えてしまいがちです。
その為、実際利用した人からの情報が重要になります。

 

防犯設備に気をつける

昨今では建てる際に防犯設備を強化するところが増えています。
実は一戸建ては、マンションに比べて空き巣に入られやすい傾向があるため、きちんとした防犯設備が必要です。
ドア鍵、窓、ガラスなどを含めた防犯対策の状況をきちんと取り入れておくことが大事です。
特に最近の住宅では非常に高度なセキュリティ対策が行われており、簡単に侵入ができない仕組みもあります。
また、防犯カメラを設置して、万一の際に証拠となるための情報収集を行うサービスも存在しています。
防犯カメラ自体が予防対策にもなるため、検討を進めていくことも必要です。

 

以外とかかる維持管理費

維持管理も考えておくことです。
維持管理費用として、水回りの交換、屋根の張替え、壁の塗り替え、毎月の電気代、水道代、固定資産税などがあります。
毎月のローンを払いながら、維持管理費用もかかってくるため、事前に維持管理費用項目の洗い出しを行って、きちんと計画しておくことが大事です。
また、庭、木などの維持管理も重要で、定期的な除草なども必要となります。

 

注意点は非常に多いですが、自分達が思いを込めて作るものであるため、きちんとハウスメーカーの担当者と時間をかけて検討を進めていくことで、注意事項の検討漏れがなくなります。
また、担当者との信頼感が出てくるので、理想的な物件に近づいていくことになります。

 

注意点のまとめ

今回は注意して欲しい点をまとめました。
要点は以下になります。

 

  • 家を建てる場所(どの土地を購入するか)
  • 家を建てる費用面(ローンまで配慮する)
  • 住宅業者選び(ハウスメーカーや工務店など)
  • 防犯設備
  • 維持管理費

 

これらの点に気をつけて満足のいく住宅を建ててもらえると幸いです。

建て替えかリフォームか?建て替えの費用の相場って思ったよりも安い?

「建替えとリフォームって何が違うの」「金額の差は?」どんな疑問に答えていきます。

家の建て替えにかかる費用はズバリ?

条件もさまざまなので一概にはいえませんが、最多価格帯は1800万円~2700万円となっており、これが建替え相場といえるでしょう。

 

家の建て替えの価格は、建築する建物の内容や建築面積、そして建築地などによって変わります。

 

建て替え費用は、千数百万円~数千万円が一般的な相場と言われていますが、これでは幅が広すぎて、実際はどのくらいかが分かりにくいですね。

 

また、見積もり価格では、建築業者によっても建築する建物の提案内容が違いますので、価格に差が出る可能性があります。

建て替えか?全面リフォームか?どっちがおすすめ?

建て替えとなると、まだ使用できるものを解体してしまうので無駄も多く、全面リフォームと比べて工事費以外の必要経費がかかってきます。

 

しかしながら、基礎や土台がかなり老朽化している場合には、リフォームをしてもまた何年か後に改修が必要になる可能性も考えられるので、どちらがお得かについては、建築業者を交えてあらゆる角度から、現状や希望を検討する必要があります。

 

一般的な坪単価の相場を比較してみると、

  • 建替えでは約55万円~(税込)
  • 全面リフォームでは約19万円~(税込/30坪)

となっており、工期も費用も建て替えの3分の1となります。これ以外の全面リフォームのメリットは、永年家族が暮らしてきた愛着のある家を、壊さずきれいに便利に、そして快適にリフォームが可能であるということです。

 

どちらがいいのかは個々の家の具合を見なければわかりません。ただ、費用がなければ、とりあえず全面とまではいかに程度のリフォームをしておき、予算の都合がついたら建替えをするというのも1つの方法ですし、金利が安くなるまで待つというのも選択肢にあります。

建て替えのメリット・デメリット

 

家の建て替えとは、今住んでいる家を取り壊して更地にし、そこに新しく家を新築することをいいます。一方、今住んでいる家を改修、増築するという場合にはリフォームといいます。

 

建替えするタイミングというのは、人それぞれではあるのですが、基本的には家が老朽化したために建替えをするというのが、一般的なようです。

建替えのメリット

  • 今の住まいの不満なところを解消できること
  • 耐震性が良くなること
  • 外観が近代的になること
  • 生活スタイルを変えなくても良いということ

等が挙げられます。ただ、建替えの場合、新しい土地に建てるのと違うのは、家を建てている間に住むところがなくなるということです。

 

新築であれば、新しい家ができるまでの間は今まで通り生活をすればいいわけです。そして、出来上がったら引越しをすれば完了です。

 

ですが、建替えとなると、住んでいるところは解体してしまいますから、家が出来上がるまで、他に仮の住まいを見つけなければなりません。まずはそこへ引越し、そして家が出来れば、新居への引越しと2回にわたり引越しをしなければなりません。

 

建替えとなると、建築業者だけではなく解体業者も必要となりますから、それを一緒に行なってくれる業者に依頼するとスムーズに進むのでおすすめします。

 

ハウスメーカーなどでは、買い替えに関してもいろいろな知識がありますし、仮住まいの手配も行ってくれるところもあります。たくさんの業者がある中で、ひとつに絞るのは大変ですが、いろいろ見積もりを取ったり話を聞いたりして、慎重に決めるようにしましょう。

建て替え費用の相場の情報収集方法

建て替えの費用相場について、様々な情報媒体を駆使して情報を得ました。

インテリアや住宅関連の雑誌

まず、最初に活用したのが、インテリアや住宅関連の雑誌です。雑誌には色んな形式の住宅が紹介され、読者モデルによる建て替えに掛かった費用や対応している住宅メーカーが体験を交えてスケジュールで掲載されていたので、参考にすることができました。

 

さらに家具情報もあったため、新しく購入する家具やどんな庭にしたいかといった情報も得ることができ、また、建築士やインテリアコーディネーターといった専門家による解説も行われています。専門的な観点からアドバイスが行われているので、費用の相場の確認情報として参考にできました。

インターネット

次に参考にしたのが、インターネットです。インターネットには、住宅メーカーや工務店といった事業者のホームページがあり、これまでに手掛けた建て替え住宅が掲載され、外観や内部、設備といった情報から大まかな費用も記載されていたので、事業者ごとに費用相場を把握することができました。

 

さらに実際に依頼してから契約、建設までの一連の流れも掲載されていたので、役に立ちました。

 

そして、インターネットには住宅情報サイトもあります。サイトには多くの建て替えに対応した住宅メーカーなどの事業者が紹介され、利用する際の活用方法や注意事項、費用相場についての解説も行われています。

 

さらに実際に利用した方の評判も費用や事業者、完成した住宅の満足度、サポートなど様々な視点で評価されているので、参考にすることができました。

 

また、一括で簡易的に見積もりできるサイトもあったので、相場の把握もしやすかったです。見積もりサイトは、基本的には全国に展開している大手の事業者を中心だったので、安心して利用することができたのも良かったです。

住宅メーカーの事業所

最後に活用したのが、住宅メーカーの事業所です。直接、相談できたので、説明で疑問に感じた点や不安に感じたことも質問して解決することができました。

 

さらに費用に関しても地域や間取り、設備などから詳細に費用を見積もりしてくれたので、参考にすることができました。これを複数の事業者でも行うことによって詳細な費用相場もチェックすることができたので、最終的な相場の検討に役に立ちました。

 

費用の相場は、雑誌やインターネット、事業所での直接の説明によって把握することができたことによって、費用を抑えて満足の行く建て替えを行うことができました。

 

さらに費用を確認する際に住宅や事業者に関する基本的な情報から活用、注意点といったノウハウも得られたので、事業者と交渉や調整を行う際に役に立ち、特に費用の抑えることに役立ちました。

建築費用だけじゃない!家を建てる際に必要な諸費用まとめ

新築一戸建てを購入すると、まずは土地代と建物の建設代金が必要になってくるのは誰でも考えがつくとは思いますが新築の一戸建てを建築するとそれ以外にも様々な諸費用が必要になってきます。その為、資金を用意するときは建物以外の代金も考慮して準備しておく必要があります。

 

では、実際何にどれくらいかかるのかを見ていきましょう。例として3000万円の新築分譲一戸建てを購入するときと考えて解説していきます。

契約時に必要となる諸費用

まずは物件の契約時ですが契約の申し込みをする際には手付金というものが必要になってきます。これはいわばこの物件を購入しますよといった予約のお金のようなものです。

 

料金は業者によって違いはあるものの、最低では1万円から商品価格の5パーセントまでの範囲内となっています。だいたい10万円から100万円までといった範囲に収まることが多いようです。

 

それから契約書の印紙代が必要になってきます。これはだいたい1万5000円くらいです。

引き渡し時に必要となる諸費用

次は物件引渡しのときになります。まず、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますので
住宅ローンを組む際の事務手数料が必要になります。しかし、これは住宅ローンの総額に組み込まれることが多いので現金は必要ありません。

 

そして、物件の購入が仲介による購入であった場合は仲介手数料が必要になってきます。物件の代金の3パーセントプラス6万円というのが相場で、今回の場合は66万円となります。売主から直接購入した場合はもちろん必要ありません。

 

そして物件の所有権を売主から購入者に移転する場合の登記が必要になってきます。これも業者によって違ってきますが物件価格の1パーセント以内と考えればよいでしょう。今回の例であれば20万円くらいがだいたいの相場ということになります。

 

さらに固定資産税がかかってきますが、これは年額で1月1日時点での所有者が支払うことになりますので引き渡し日から起算して日数分支払うことになります。市町村によって違いますが、3000万円の物件ならば数万円という範囲で納まるでしょう。

 

ここまでが必ず必要になるお金で手付金10万円、印紙代1万5000円、登記費用20万円、固定資産税5万円と、合計で36万5000円の現金が必要になってきます。

 

その他必要となる諸費用

しかし、これ以外にも必要なお金があります。まずは家に入居してからすぐに必ず必要になるものです。アンテナ・カーテン・照明と、季節が夏や冬であればエアコンも必須になってきます。

 

カーテンは自分たちでサイズをきちんと測って購入すれば、部屋にもよりますが大体数万円ですむはずです。

 

エアコンは家電量販店で購入するのが一番安く済むでしょう。数台まとめ買いをすると割引してくれるようなお店も多いです。これはグレードによって値段が大きく変わりますが数十万円は必要になります。

 

照明は安いものなら1つ1万円もあれば購入できます。アンテナは家電量販店で設置してもらうと数万円になります。このほかにも引越し代や家具のお金など、住宅以外の費用というのは意外に多くかかるものなのです。

住宅の坪単価と費用について見方

住宅費用について正しい見方をお伝えいたします。

新築一戸建ての建物価格の相場

最近、新築の一戸建ての建物価格がかなりの安値で販売されているのを目にします。

少し前までは一戸建てと言えば、高い費用がかかっていたものです。しかし最近は、工務店やハウスメーカーで、安くて安全、お洒落な建物などといった感じで宣伝されている事があります。しかし、家を建てるには耐震基準などをしっかりとクリアしなければならず、合格基準も定まっているため、問題はないようです。しかし、価格が安い分、内装、外装、設備、どこかの費用を抑えて作っているため、満足いかない部分は、別途料金で建築主がリフォームすることもよくある話です。そういったことにならないためには、しっかりと施行の段階で価格の予算などを明確にし、その予算に合った家作りを進めて行くことで、満足いく家を建てる事が出来ます。満足いく家を建てたいのであれば、ハウスメーカーや工務店などの情報などもしっかりと前もって調べ、予算内で満足出来る理想の家を建ててくれる業者を見つける事が一番重要です。

 

 

 新築の建物価格というものの相場は、明確ではなく、各ハウスメーカーや工務店などにより異なります。さらに使用している建物素材などの違いからも費用が異なってくるため、平均というものはありません。ただ言えることは、新築の家を建てる際に、自分達にこだわりがあればあるほど、費用が高くなってくると言う事です。これは当然の事で、使用する木材の種類を高価な物にすれば、その木材の仕入れ価格が上がるため、建築主に請求される額も上がるのです。そのため、一軒家を建てようと考える際には、しっかりと自分達で予算を決め、その予算内で希望を通す事が重要です。そのためには、妥協しなければならない部分も出てくることもありますが、どうしてもここだけは譲れないといった希望の間取りや設備をランクつけし、不要な設備などをはずすなど調整しながら進めていくことにより、本当に満足いく素敵な家を建てることが出来るはずです。是非、相場などに頼らずに、自分たちに合った予算で理想の家を築き上げて下さい。

 

 

一戸建て住宅の新築費用をトータルコストから考える

 

マイホームのトータルコストを考えると、やはりある一定の基準を満たした建築資材で建てる必要があります。そうしないと、必要以上にメンテナンスの経費がかさんだり、住宅が長持ちしなかったりしてトータルコストが高くなったりするからです。ですから、トータルコストを下げるためにはどうしても建坪あたりの単価を上げることになります。このことから、安価で販売されている住宅は避けた方が無難だということです。現代ではインターネットが普及してマイホームの質や費用などを簡単に比較することができます。ですから、マイホームを建てる前にインターネットを利用していろいろな情報を入手しておくべきです。そして、どうしてもローンの支払いが厳しくなるようでしたら、質を落とすことなく、建坪を減らすようにした方が良いのです。いずれは子供たちも巣立っていき、その家で暮らすのは夫婦二人だけになることが多いのですから、あまり大きな一戸建ては必要ないのです。

 

 

家の建て替え費用予算について考えてみる

家の建て替えに掛かる費用は条件によってことなる場合が多いですが、大体の目安の金額を紹介します。
例えば30坪の木造2階建ての住宅を取り壊して、家を新築した場合のケースを想定した時の費用計算となりますので、参考にしてください。建て替えの際にはまず取り壊しが必要です。解体費は既存の建物を取り壊すのに必要な費用となります。その建物の規模や構造によって費用は異なりますので注意してください。建物の解体費は、建物床面積×3万5千円です。こうして算出した場合、30坪木造二階建ての住宅を建て替える際に必要なのは110万円強となります。そして登録免許税もかかります。登録免許税とは建物を取り壊した事を登記所に申請するための必要になります。実質的にはすべてが手続きを代行してくれる土地家屋調査士への報酬になります。報酬は3万円から5万円程度です。これは土地家屋調査士への報酬となり、登録免許税自体は無税となってます。

 

 

引越し費用は仮住まいへの引越しの際に必要な経費です。粗大ごみの処分や電話移設などにも勿論経費がかかりますので、出来れば多めの予算を計画に入れておくのがベストです。引越し金額は業者によって異なりますが、10万円から30万円を見積もっておいた方が良さそうです。粗大ごみは大体2万円程度で電話移設費は1万円程度になります。仮住まいの家賃も発生します。仮住まいは工事期間の6から8カ月分の敷金と麗金が必要になります。大体合算すると100万円は見といたほうが安全です。仲介手数料も必要になります。こちらは住まいを手配してくれた不動産会社し支払う料金です。全ての経費をまとめると、工事業者に支払う解体費、調査士への報酬、引越し代金、仮住まいの賃金、仲介手数料となります。30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合目安としては大体、250万円は見積もっておいた方が安全です。中でも仮住まいの料金が多く占めます。マンスリーマンションやウィークリーマンションを借りた方が安い場合もありますので下調べが必要です。

 

注文住宅の坪単価と相場

 

自由に設計できる注文住宅は、家族構成やライフプランにあった間取りを実現できるメリットがありますが、
分譲住宅を購入するよりも割高になる傾向があります。
新築を検討するには予算を把握する必要がありますが、そのためには坪単価を基準にしていくことで可能となります。一坪当たりの単価になりますので、単純に坪数を掛ければ概算的な建築費を算出することができます。坪単価は40万円台から70万円台前後と開きが大きくなりますが、地域によっても異なりますので相場を判断するには新築予定地の地域性も考慮する必要があります。注文住宅と言っても防火地域内では鉄筋コンクリート造となりますので坪単価の相場は高くなりますが、地方にいけば木造住宅が多くなるために単価は低くなる傾向があります。もちろん構造が同じでも都市計画などの法律の関係から地域によって価格は異なってきます。ですから、注文住宅の建築費相場には構造や地域性が強く影響するために参考程度に考えることが大切なのです。

 

 

注文住宅はこだわりのプランを実現できることで、1棟ごとに建築費が異なるのが普通です。豪華な仕様にすることもできますしローコスト住宅も実現できますので、坪単価を参考にする場合には注意も必要になります。総工費を1坪当たりの面積で割った金額ですから、床面積が小さくなれば高くなりますし、逆に床面積が大きくなると低くなります。一方で面積の大きい建物の坪単価が低いとはいっても、総工費は床面積なりに高くなってしまうのです。1坪当たりの単価には誤解を招くこともありますので、仕組みを理解した上で参考にする必要があるのです。構造による単価の違いでは、鉄筋コンクリート造が最も高く木造が最も低くなりますが、設計プランによっては逆転する場合もあります。また土地が不整形な場合や狭小土地の場合には複雑な設計プランとなりやすいため、当然のように単価は高くなってしまいます。注文住宅では建物ごとに設計プランが異なるように、相場も異なるのが普通なのです。

選ぶ基準を決めよう!土地がある場合の注文住宅の価格

土地を持っているあなたにはたくさんのメリットが存在します。

土地がある場合の注文住宅の価格

注文住宅で気になるのがその値段です。
この場合、土地の値段はかからないので必要となる金額は純粋に家を建てる費用ということになります。

 

2500万円前後あれば良い家を建てることが可能です。
これは、家の延べ床面積を30坪にして、坪単価を60万円にした場合になります。
それだと計算が1800万前後になるのでは?と考える人はいるかもしれません。
新築の工事費には様々なものが含まれます。
地質調査などから、建築確認申請費、設計監理、エアコンやカーテンなどもその費用になります。
それから、多くの人はローンを借りることになるのでそれらの内容についてプラスしています。

 

ただし、地域差があるのでその点は、ハウスメーカーや工務店に見積もってもらう方が適正な値段が出てきます。

 

土地がある場合のメリット

 

大きくわけて2つのメリットがあります。

  • 土地を購入する費用が安くなる
  • 土地を選ぶ時間を必要としない

実際にどこに住むのかという点で考えたことがある人はわかると思いますが、購入する土地を選ぶにはとても時間がかかります。
土地の土質にこだわる人から、近隣の建物や道路の交通量など様々なことを気にすることになります。
土質にこだわる人は、最近多くなっている地震によって住宅が耐えることができるかどうかという点で気にしています。
土質というよりも地盤を気にするということの方が正しいかもしれません。
もちろん、業者へ確認してもらい調査してもらうことも可能ですがそれにはお金がかかります。
気になる土地の地盤調査を全てしていては多くの資金が必要になるため、自分で勉強した上で土質や地盤について確認することも重要です。
そこから業者へ地盤調査を依頼するということでも遅くはありません。
簡単な地震でも地盤が崩れることがないようにしたいという点で、土質や地盤に興味を持つことは重要なのです。

 

注文住宅を建てる時に気にする交通量

交通量を気にする人でポイントになるのは音になります。
寝る時間まで、大きなトラックが通るような道路であっては慣れていなければ寝付けないということもあります。
また、家の外側をカバーするような外壁も必要になってきます。
交通量が多い場所に建てた住宅はそれだけ人から住宅を見られることになります。
プライバシーの保護の為にも何かしらの対策が必要になります。

 

土地がある場合は、これまでのようなことを気にする必要はあまりなくなります。
気になる場合は地盤の補強や基礎工事にお金をかけていく必要がありますが、土地を選ぶための時間は必要ありません。
これは大きなメリットでもあります。

 

土地がある場合の注意点

 

土地がある場合の注意点として考えておきたいのは、譲渡する場合の決め事を定めておくということです。
土地があるケースで問題になるのは、いろいろあります。これは相続の問題も絡んできますが、親が所持している住宅に家を建てて住んでいても必ずしも住んでいる人が土地を所有できるとは限りません。
いろいろな問題が発生する前に、確認やあらかじめ決める事を面倒だと考えず行っておきましょう。

 

土地の形で費用が変化するということもある。

どうして土地の形で住宅の費用が変化してしまうのかというと土地の形で住宅の間取りも変化するケースがあります。間取りが複雑になってしまうと費用がかかります。
複雑な間取りの場合には住宅の材料を量産する事が難しくなります。量産できない材料は、費用が高くなってしまいます。
また、複雑な間取りは工事の期間も長くしてしまうこともあります。工事の期間が長くなるとその分、工事の人件費がかかってしまうため、費用がかかってしまうということになります。

 

?オプションを少なくして価格を抑えるには?

オプションを少なくすることで安くすることもできますが、断熱材などのコストを減らす場合には注意が必要になります。
断熱材などのコストを減らしてしまったために、住宅内の気温を保つために電気代がかかってしまうということになりかねません。

 

では満足できるオプションを減らしてグレードを落とした注文住宅にするにはどの部分がいいのでしょうか。
それは、自分がこだわりたい部分を明確にしておくことです。
自分がこだわりたい部分以外の部屋や場所にはお金をかけないことにするのです。
「何当たり前のこと言っているんだ。」
ということを言われそうですが、以外とこだわらない場所を決めていない場合があります。
例えば、水回りは痛みやすくリフォームの対象となりやすい部分です。
そのため、費用をかけて長期的にメンテナンスの費用がかからないものにしようという意見があったとします。
しかし、水回りの費用に関して言うと、台所や洗面台、お風呂場にトイレなどオプションのグレードを上げるとかなりの費用が必要になります。
細かい点ですが、こだわる部分の比重をどのようにするのかというところまで決めておく必要があります。

 

これを読んでくださっている方はどこまでこだわる部分を決めているでしょうか。
以上、オプションについてこだわる部分を細部まで決めておきましょうということでした。
確かにオプションを減らすことで、費用を抑えることができます。
その内容については自分たちが生活していく場合に困らないものにして、快適な注文住宅のライフを送りましょう。

 

?1000万円台でも建てることができる住宅

 

住宅を1000万円台で建てるかどうかということは、依頼する会社によります。
工務店かハウスメーカーかという点でも大きく違ってきます。
重要なのは、漠然としてイメージだけで選ばないようにすることです。

 

いくつかの見積もりを見て、そこでどのような部分の費用がかかっているかを確認して、選ぶことが必要になります。

 

また、いくつか見積もりをもらっても注意点があります。
それは、金銭感覚がいつよりも変化することです。

 

例えば1000万円以上の買い物をした後で、
「やっぱりお風呂は豪華にしたいからオプションのグレードを上げたい」
などでは100万円程度にお金が変化してきます。
1000万円以上の買い物をしているため、数十万円の商品も簡単に購入してしまいやすくなるためにここも注意する必要があるでしょう。
心理的な効果もあり、簡単に高額な商品を購入しやすい状態を自分でうまくコントロールすることが必要になります。

 

土地ありの場合に1000万円台で注文住宅を建てることは可能です。
しかし、それには自分で情報収集することはもちろん明確な目標設定をし、セルフコントロールすることも必要になります。

 

自分の選択する基準を明確にするための情報収集が重要

 

さて、最後になりましたが、自分の選択する基準を明確にすることが重要です。
ということは誰もが知っていることでしょう。
ですが、考えている以上に決めることが多く混乱してしまうこともあります。
土地がある場合に注文住宅を建てるには少し決めることが少なく、楽になるかもしれません。

 

それでも選ぶ基準を明確にするための情報収集は怠らないようにしておくことがオススメです。
情報収集で気にする部分の例は以下になります。

 

  • どのような工務店・ハウスメーカーに所属しているのか?
  • 住宅に関して言っている内容は、論理的で理解できるか?
  • 情報を提供している人はどのような経歴の持ち主か?

 

これはほんの一部です。
自分で情報収集しながら、注文住宅を建てるための条件を決めていくことが重要になります。
満足のいく注文住宅ライフにするために考える機会になれば幸いです。

土地がある場合の注文住宅の相場とは?

土地があれば、マイホームを手に入る金額はグンっと下がります。

注文住宅を建てるだけの相場とは?

土地がある場合の東京の相場について考えると3600万円程度になります。坪単価でいうと57.4万円程度になります。値段については各都道府県で差があるのでもっと調査が必要になります。いろいろなサイトで相場を見かけることがありますがそれは全国の平均となり、目安の数字から遠くなります。ちなみに私が調べた結果では都道府県によっては1000万円以上も差が生じてしまうようです。このように各都道府県によっても大きな差が生じてしまいます。重要なのは、自分の建てたい住宅の相場は、より明確なイメージを持って確認することです。間取りや各オプションなどどのようなものに決定するのかについて決まっていればそれだけ価格が決定します。例えば、システムキッチンでも同じメーカーで価格によっては400万円程の差があります。そのようなこともあり、あまり一般的に書かれている相場のみで土地がある場合の注文住宅の相場を決定してしまうことは危険です。

 

金額が大幅に変化する設計料と工事費

注文住宅の金額を左右するポイントは他にもあります。それは設計料と工事費です。設計料に関しては以下のように分かれているようです。

  • 工務店(工事費の2~5%前後)
  • ハウスメーカー(工事費の3%前後)
  • 設計事務所(工事費の8~25%)

これも依頼する会社によって違いがあるので自分の予算によって選択する必要があります。

 

土地の所有権には注意が必要?

 

土地がある場合の注文住宅を建てる場合で注意しなければならないのは、土地の所有権です。最近では相続で親が所持している土地に注文住宅を建てるというケースがあります。この場合だと土地の所有者から借地権を得て住宅を建てるということが必要になります。税金の発生で気をつけることが必要になりますが、まず所有権と借地権の違いについて理解しましょう。
所有権とは、土地を所有する権利のことです。土地の売買、贈与、相続などをすることができます。
次に借地権になります。借地権とは土地を借りてその場所に住宅を建てたりするなどの権利を持つことができるものです。ただし、借地権には地上権と賃借権があり、地上権の方が土地について強い権利を持ちます。地上権は地主に許可を得ずに地上権を登記したり、他者に譲渡することが可能です。賃借権は、いろいろと地主の許可が必要となります。賃借権の登記や他者への譲渡には地主への承諾が必要となります。

 

場合によっては必要になる地盤調査

土地がある場合でも注文住宅を建てる場合には地盤の調査が必要となるケースがあります。というのも近年では全国で地震が発生し、建てた住宅が簡単に破損してしまうこともあるためです。以前から住宅を建てていたから安心だということはありません。その地形や状態を理解する必要があるのです。ポイントなのは地質になります。注意しなければならないのは、持っている土地の周辺が田んぼであったり水域を埋め立てた場所である場合です。地盤が軟弱であっては、注文住宅を建てたとしても地震などの災害で沈下する可能性もあります。調査費そのものは5万円前後で決して安くないため、自分で調査できる点においては確認が必要です。自分で調査できる範囲で確実に宅地に向いていないという場所も見わけがつきます。自分で確認した基準から選んで地盤調査が必要と考えられる場所で依頼しましょう。

 

また、宅地でなかった場所に住宅を建てる場合には申請作業が発生します。例えば地目が農地であった場合には、農地から変更しますという申請が必要になります。(この場合では農地転用申請と言います。)登記に費用が発生するのでこの点の詳細については確認をしておきましょう。

 

地形の複雑な場合は通常の注文住宅よりも費用がかかる可能性も

注文住宅で費用がかかってしまうことポイントの1つに間取りを複雑にすることがあります。これがなぜなのかご存知でしょうか。これには大きく分けて2つの理由があります。まず1つ目に大量生産できない材料を使用する必要があるということです。材料を大量生産するとそれだけコストを1つあたりのコストを下げることができます。スーパーで売られている食品が定価の価格よりも安くなっているのは、大量に仕入れることでそれだけ値段を安くしているからです。この構造は、注文住宅の材料にも同じことが言うことができます。大量に住宅に使用する材料を仕入れることでコストカットしています。しかし、注文住宅で自由に設計した場合に、その間取りや使用する材料が独特なもので特別に発注しなければならない時コストカットは難しくなります。そのため、間取りを複雑にした場合で特別な材料を使用すると費用がかかってしまいます。そして2つ目の費用がかかってしまう要因としてあげられるものが、人件費がかかってしまうということです。複雑な間取りにした場合、簡単な間取りよりも工事の日数が必要となります。慣れている作業の場合の方が住宅の工事に時間がかからず、工事における人件費がかかりません。ということは、複雑な間取りで慣れない注文住宅の場合は工事に日数がかかります。そのため、建設に日数で発生した人件費が必要となるのです。

 

1000万円台での注文住宅はできるのか?

結論から述べると可能です。ただこれにはいくつか条件があります。極力間取りを簡単にすることとオプションはグレードの低いものにするということです。上記でも述べましたが、工事に時間がかかることと、素材に高価なものを使用した場合にそれだけ費用がかかってしまいます。1000万円台で住宅を建てるのはギリギリまで無駄を省く必要があります。中には上限を1500万円程度でも住宅を建てることもできます。これはハウスメーカーや工務店で建てれるかどうかが異なります。ハウスメーカーや工務店はそれぞれで得意分野があり、コストカットできる部分があります。耐震性に優れている会社もあれば、デザイン性に優れている住宅を得意としている会社もあります。それは自分がこだわりたいところを明確にして、会社を選ぶ必要があります。調べる条件の例として以下を上げることができます。

  • 価格
  • 会社の注文住宅における得意なポイント
  • 間取りのレパートリー
  • 安くした時にグレードを下げる部分

 

ここで覚えておいてほしいのが予算に合わせてもらうリスクについてです。自分に予算があって安くしてもらうことになった場合は得したと考えるよりも、使用する素材のランクが下がることを考える必要があります。前提として、会社の利益や人件費は下げることが難しく、材料に安いものを使用したり、オプションのグレードを下げることの方が優先順位は高くなります。例えば断熱材を安い素材を使用したために、空調の効きが悪くなることがあります。その場合に電気代がかかってしまい残念な注文住宅生活になってしまうということにもつながります。費用を安くしてもらう場合には、その時のリスクについても考えておくことが好ましいのです。

 

メンテナンスで考えること

土地がある場合の注文住宅では、建てる時だけに費用がかかると着目しがちです。しかし、住宅は建てた後も費用がかかります。外壁の塗装などは良い例でしょう。建築時に安いものを使用した場合に、次回にメンテナンスする期間が短くなります。平均的なメンテナンスに必要な期間は10年です。費用については100万円もあれば依頼することが可能です。安い外壁の塗装ほど耐久性に劣るため、初期の段階で費用を削ることばかり考えていては長期的にお金がかかってしまったということになりかねないので注意が必要です。

 

土地がある場合において、注文住宅は費用が安くなると考えがちです。コストカットばかりに気をとられて注文住宅ライフが不快なものにならないようにしましょう。

見積と住宅についての情報収集と勉強について

あなたはどのように情報収集していますか?
情報収集の仕方によって、建築コストが抑えられる可能性があります。

注文住宅を購入するときの情報収集

マイホームを購入するときには、購入する費用などの見積もりをしっかり立てて、物件を探すことが大切です。
情報収集には、新聞広告や住宅情報誌、不動産業者の店頭、インターネット、知人の口コミなどがあります。これらを上手に活用して、家族構成やライフスタイル、家族の年齢、費用などを考えて、家族としっかり相談しながら注文住宅を検討することが重要です。注文住宅を購入するということは、一生のうちで何度もあることではありません。何年分の年収にもなるお金を取引するのですから、慎重に見積もりも作成する必要があります。また注文住宅の建築予定地の周辺の学校や公共施設、病院、スーパー、交通の便もチェックする必要があります。周辺地図を持参して、書いておくと便利です。隣地が空き地の場合は、建築計画の有無や、建築計画がなくても、古家が建っている場合は、再建築時にどの程度の高さや、規模のものが建つ可能性があるのか調べることも重要です。

 

 

また建物を建てる場合には、さまざまな建築物の規制があります。都市計画区域では12種類の地域に分けて、その用途についての規制があります。第1種低層住宅専用地域には、工場は建設することはできません。また工場専用地域には、住宅を建てることはできません。また建ぺい率や容積率による規制もあります。建ぺい率とは、敷地の面積に対する建物の建築面積の割合をいいます。敷地面積が150平方メートルで、建ぺい率が50%の地域では、75平方メートル以下の建物面積のものしか建築することができません。しかし壁から1メートル以内のひさしやべランダは、建築面積には入らないとされています。容積率とは、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合です。2階建ての注文住宅の場合、1階と2階の床面積を足して、敷地の面積で割った数です。これらの規制も考慮に入れて、また毎月いくらくらいの費用を返済できるかの見積もりも作成して建築する必要があります。

 

費用の内容を完全に把握したいのであれば勉強が必要

 

注文住宅を依頼する時、見積もりを取られるますがどの業者をみても内容が専門的すぎて、一般の建築知識がないと見てもあまり分かりません。
複数の業者から同じ仕様・同じ間取りで見積もり費用を出しても金額はみんなばらばらです。分かることは金額が他社より安いか高いか、費用が高いと敬遠しがちになり、逆に安い場合だと一生にほぼ一度しかないマイホームつくりを任せていいのか、素材が丈夫でないとか手抜き工事をしないか不安になります。注文住宅を依頼してから工事完了までの流れは、最初の二ヶ月間で打ち合わせ・設計契約の基本計画・地質の調査をおこないます。次の二ヶ月で工事の見積・解体工事・工事契約内容の確認をこなしていきます。その二ヵ月後にいよいよ工事の着工・地鎮祭をやっていきます。数ヶ月かけて家を建てていき、代金もこの頃で工事の残金を各業者に支払ってきます。最後は家が完成して、引越し・登記簿の作成や保険関連の手続きをして終了です。

 

 

見積というのはそもそも、各社それぞれの仕入れコストがあり、専門業者への外注コストが含まれていて、更に会社それぞれの利益を設定してるので、当然単価はもちろん、かかる費用もバラバラなのです。依頼してる見積もりが高いか安いか妥当なのかのを導き出すには、最安値の仕入れ金額で、外注工事は適切な工事ができるだけの費用があり、会社が健全に運営できるだけの利益を確保するといったところですが、それに見合うだけの業者を探すのは困難です。工事を請け負う工務店やハウスメーカーはほとんどが理想的な見積は作らないし、依頼者の立場で家をつくる建築家や設計事務所は図面を描いたり指示するだけで、自分達が工事をやらないから当然素材は理解しても、適正な工事費用は算出できず結局ハウスメーカーか工務店に依頼するのです。どこも公共事業をやっている大手ゼネコン会社のように適正な価格で工事をしていれば迷う心配もないのですが、現状は建築アドバイザーから注文住宅の相場を聞くのが一番信頼できるとみてます。

 

 

勉強することで見えてくるの費用相場と内訳

注文住宅は建築主の希望やライフスタイルに合わせて、住宅の間取りや設備を設計する住宅のことです。
初めて家を買う人が使う分譲住宅や建売住宅と違って、既に住んでいた住宅や別に土地を持っている人が、新しい家を建てるときに使う事が多い住宅の建て方です。ところで、注文住宅の建築費の相場ですが、住宅メーカーの広告や宣伝などでは坪単価で表示されています。例えば坪単価50万円で敷地面積が30坪だったら建築費として1500万円が必要となります。しかし、注文住宅は単純に坪単価と敷地面積を掛け合わせた価格では家は建ちません。住宅メーカーが提示している坪単価は工事費と材料費だけだからです。住宅を建てるには、建築家による家の設計や、近隣住宅との境界を明確にするための測量、住宅を地震から守るための地盤調査などが必要ですが、これらの設計費や調査費は坪単価には含まれていません。設計費の相場は通常建築費用の10パーセント程度ですので1500万円の住宅なら150万円が別に必要になります。

 

 

また、既に住んでいたいた住宅の建て替えの場合は、古い住宅の解体費として100万円、地盤調査の結果によっては地震対策としての地盤改良などに50万円はかかります。更に、家を新しくした場合はその間取りに合わせたキッチン・風呂・トイレなどの設備も揃えなければなりません。分譲住宅や建売住宅はこれらの設備は販売価格に含まれますが、注文住宅の場合は別見積もりとなります。更に、家具や電化製品なども揃えると、その購入費用は数百万円になります。この様に注文住宅を作る場合は様々な費用が必要になるので予算オーバーにならない様に注意しなければなりません。特に住宅ローンは住宅の建築費の支払いには使えますが、住宅設備・家具・電化製品の購入費には使えないので、別のカードローンなどの契約が必要になります。また、役所へ支払う住宅建設に関する法律的な諸経費は必ず現金支払いになるので、諸経費の相場である100万円程度は現金で手元に確保しておかなければなりません。

 

 

工事や設備に関して

 

一般的に標準仕様価格に含まれる工事や設備としては次のようなものがあります。標準外部工事では基礎や構造体、屋根や外部の建具や雨戸、網戸や2階の窓の手すりや玄関ポーチ、このほかに勝手口のポーチや雨樋なども含まれます。標準内部工事としては玄関やホールや廊下、階段室や暖房や食堂や脱衣所、洗面所や浴室やトイレ、このほかに各部屋や収納や天井などが含まれます。標準付帯設備としては暖房設備や流し台や換気扇があります。衛生設備として洗面化粧台やタオル掛けや便器や浴槽や風呂釜などが含まれます。このほかに電気設備としては屋内配線一式や照明器具、各部屋のコンセントや内部の建具などが含まれます。給排水設備としては屋内や屋外1メートル以内までの給排水管や給水栓が含まれます。このように標準仕様価格にはたくさんのものが含まれているので、事前に確認をしておくことが大切です。このほかに工事を依頼したい場合には別に料金が必要となってきます。

 

見積と比較から考える注文住宅

あなたも各ハウスメーカーを比較していると思います。
しかし、その作業って大変ですよね...。
その作業を簡単に行える方法があります。

注文住宅の相場を比較する

一戸建てを建てるというのは、一生に一度あるか無いかという人が大半ですから、やはり充分に納得した家を建てたいものです。そして、人生の中でもとても大きな買い物ですので、少しでもお金を無駄にせず節約しつつもその中で一番良いものを手に入れたいと考えるのは、当然のことです。しかし、家を建てるということ自体が初めてという人が殆どですから、どのように話を進めて良いかわからないのが実情です。

 

そこで、注文住宅を建てるときに利用したいのが、相場を一発で比較できるインターネットのサイトです。住宅の相場というのは、業者によって大幅に変わったりするもので、素人にはその内訳がわかりにくいところです。このため、他の業者と比較せず一社で決めてしまったり、1人で情報収集していると本当の相場が見えてこないことがあります。しかし、インターネットのサイトでの比較を利用すれば、数十社のカタログや値段を検索することができて、自分の希望する住宅を手に入れるためにはどのくらいの相場が適正なのかが、見えてきやすいのです。また、1人で調べていた時には自分のアンテナに引っかからないような、お得な情報や知らなかった業者なども知ることができます。大きな買い物ですから、充分な情報から慎重に納得のいく住宅を選びたいものです。そのためにこのようなツールを使うことで、時間の短縮にもつながり役に立つ情報も得られるので、お勧めです。

 

 

注文住宅の見積もり一括サイトの利用について

 

注文住宅を検討している方は、モデルハウスを見学したり実際に建設中の住宅を視察した方が安心ではないでしょうか。
最近は、街中モデルハウス好評です。実際に注文を請け負った住宅の構造や建設過程を見学させてもらえるので、狭い敷地などに建設中の注文住宅を確認できます。近隣に便利なモデルハウスがない方でも便利な注文住宅一括見積もりサイトを利用すれば安心です。信頼できるサイトを参考にした方がいいでしょう。住宅メーカーが作った一括見積もりサイトもあるし、メーカーサイドが集まってサイトを運営している場合もあります。利用する時は目的に合ったサイトを選びましょう。家の建て替えをする場合は土地探しは必要ありませんが、土地を所有しない場合は土地探しから始める必要があります。一括見積もりサイトでは、建て替え、リフォームなども比較検討できるようになっています。業者を選ぶ前に新築費用だけでなく、解体やリフォームにかかる費用も確認しておきましょう。

 

 

自宅を解体して注文住宅を建てたい方は、解体にかかる費用も必要軽費になります。古い家の解体には、かなりの費用が掛かるので一括見積もりサイトが便利です。色々なハウスメーカーや工務店などの専門業者があるので、最初から決めてしまわないようにしましょう。費用の概算を作ってもらって、比較することが大切です。価格の交渉をする場合も業者の平均的な価格を確認しておいた方がいいでしょう。気に入った注文住宅があれば、基本的な設計図や大まかな費用を出してもらえば、数社を同時に比較できるので便利です。一般的な概算には時間がかかりますが、サイトを利用すれば手軽に数社を比較検討できます。匿名で概算を依頼することができるので安心です。注文住宅のモデルハウスを見て回るのが大変な方は、まず無料で利用できる一括見積もりサイトを利用しましょう。数日しかかからないので多忙な方におすすめです。たくさんある建築業者や工務店から数社に絞り込みができるので便利です。

 

注文住宅を建てる時に大事なことは、できるだけいろいろな情報を集めていただくことです。

例えば、見積もり一つをとってみても、一つの会社からだけでしか申し込みをしていない方と、たくさんの会社から見積もりをお願いしている方とでは、かなり手間のかかる作業ではありますが、わかることが全然違うと思いますし、自分の希望通りのものが出来上がるかというところでも差が出てくることでしょう。しかしながら、先ほど書かせていただきましたように、たくさんの会社から見積もりを取ることは、とても面倒な作業でありますし、時間のない方にとっては、したくてもできない作業であるかもしれません。そんな時に役立てていただきたいのが、注文住宅の見積もりを一括比較できるサイトです。こちらを使用していただきますと、時間の短縮だけではなく、見積もりの見方まで詳しく説明されているようなところもありますので、とても参考にしていただけると思います。

 

 

注文住宅の一括比較ができましたら、どの会社を選べば良いのかというところが、とてもわかりやすく、明確になりますし、無料で利用していただけますので、最初の段階から費用が発生するのは嫌だなと思っている方にも最適だと思います。一括比較できるところでは、同じような条件で検討することができますので、後になっていろいろな費用が発生してしまったというところも最小限にできますし、知識がなくて不安だという方でも安心して比べていただくことができるでしょう。注文住宅を建てるにあたって、自分たちの希望をよく聞いてくれて、必要な設備とそうでないものを的確にアドバイスをもらうことができて、信頼できる会社にお願いすることはとても大切ですから、比較しながらじっくりと検討していただくと良いと思います。家を建ててから、これが必要だったかなと後悔することがないように、できるだけ綿密に打ち合わせていただき、時間をかけていただくことが大切です。

見積と住宅を建てる計画

まずは、見積をとることが最重要になってきます。
しこから計画を練り、イメージを具現化していきます。
そのためには、各ハウスメーカーの比較が重要になってきます。

準備が必要な注文住宅

住宅会社によって、住宅の構造自体が大きく異なりますし、使う材料の仕様も全く違うのが普通です。もともと基準が全く異なるのですから、これを同一線上に横並びに並べて比較するというのは無理な話です。また、注文住宅の場合、見積もりすること自体に大きなコストがかかることも、理由の一つになります。家を一軒建てるのには、何万個ものパーツを使うことになりますが、これを全て書き出していかないと正確な費用提示はできません。一通書き上げるのにそれ相応の人件費がかかるのです。万が一それで注文が取れなかった場合には、それにかかったコストはその会社に実際に仕事を依頼している他のお客様の負担となります。つまり、そういうコストを見込んだ価格設定になってしまうというわけで、何もいいことはありません。ですので、最初から費用の相見積もりを断っている住宅会社も数多く存在します。これから、住宅を建てようと計画している方は、パンフレットなどで各社のプランをよく検討して、「こんな家が欲しい」と気持ちが固まってから営業マンに相談することをおすすめします。

 

グレードをダウンさせるか貯金をするか、両方必要か

 

貯金に関しては増やすのに時間がかかってしまうので、とにかく「削れる費用」を探すことにしました。業者の人いわく「躯体工事費」というのは絶対に減らすことができないとのことだったので諦めたのですが、それ以外の設備工事費などは減らすことができるとのことだったので、業者の人ととことん、話し合いました。「トイレはそこまで高級じゃなくていいんです、もっと普通のものにしてください」「お風呂はそんなに高機能じゃなくていいんです」「畳も普通のタイプにしてください。壁もワンランク落としてください」このようにとにかく色々と変更してもらったところ、費用の額はどんどん下がっていきました。それでも理想とする額にはまだ届かなかったのですが、仕上げ工事費という費用も削ることができるようなので、どんどん削ることにしました。正直言うと「削りすぎかな」と感じるくらい削ってしまってますが、そうしないと購入できないので、今はとにかく、「理想の額にする」ことに注力してます。

 

建築費用と見積もりの見方

一般論として、注文住宅では見積もりで出された金額がそのまま総工費となる訳ではなく、あくまでも参考程度と考えるのが普通です。僅かな間取りプランの変更や仕上げ材の変更によって、建築費用は大きく変わってしまうのです。見積もりを取ることで相場の参考にすることはできますが、本格的な設計段階に入ると金額が変わってしまうことを覚えておく必要があります。住宅の場合には、本設計に入ってから金額がはっきりするため、市場経済では普通となっている合見積もりを取ってもあまり意味はありませんので、それよりも技術力や提案力と言った業者の力量を判断したほうがいいのです。

 

建築業界では建築費用で競争するのではなく、設計者の間取りのプランニングやデザインなど、センスと満足度で競争するのが普通です。一度建てれば、ほとんどの人は一生住むことになるため、後悔しないように金額ではなく満足度と納得できる内容で選ぶのが普通なのです。特に自由に設計できる注文住宅にはその傾向が強く、本契約を結んでから設計に入ると、それまで見積もりで考えていたプランとは大きく異なってくることが普通なのです。だからと言って注文住宅が必ずしも高くなるとは言い切れず、こだわらなくてもいい部分では建築費用を落としていくこともできるのです。自由に設計できることが割高なイメージを与えてしまいますが、逆に建築費用に関しても自由度が増してくるものなのです。しかしコストを落とすと言っても、基礎や軸組など建物として重要な部分は耐震性能に関わってくるので、構造と関わりの少ない部分でコストダウンを図る必要があります。注文住宅は見積もりで業者を決めるのではなく、コストダウンまでを含めた提案力が大切なのです。

 

 

住宅ローンの費用や見積もりの計画

 

注文住宅を建てる場合、頭金のメドなど費用をしっかりとした見積もり書を考えないといけません。
そして住宅ローン計画だと、どこから、いくら借りるかを考えます。ローンは借金です。借金はきちんと返済しなければなりません。注文住宅のためにいくら借りられるのかではなく、いくらなら今の生活を維持しながら、ローンの費用を返せるかに重点を置いて計画を立てる必要があります。長引く不況だからこそ、金利は低くなっています。しかし、依然としてボーナスのカットや、残業代のカット、リストラ、ひいては会社が倒産しないとも断言できません。また病気や転職、災害など、一生のうちにはどのような事故や災難が起こるかも知れません。それでも、ローンは払い続けなければならないのです。そのためにこそ、破綻を来たさない注文住宅の返済計画や、正しい見積もりを作ることが肝要なのです。住宅金融公庫融資では、毎月の返済額の5倍以上の月収が条件になっています。

 

 

また財形融資でも、返済額の4倍以上の月収が条件となっています。住宅金融公庫以外にも費用の借入れのある場合は、総返済負担率による審査も行われます。毎月の返済額は、月収の20%から25%以下に抑えられるかどうかが基本となります。ボーナス払いを併用する場合にも、ボーナスは何かあった場合の拠り所となるものですし、会社の景気により増減しがちなものなので、余裕を持ったボーナス返済をすることが大事です。あくまでも、現在の生活を踏まえたうえで、可能な限りの将来の予測に立って、実行可能な計画を立てることが大事です。それは計画的な見積もりを作成することでもあります。将来の自分のライフサイクルを見据えた計画でなければなりません。夫婦共稼ぎであれば、借入限度額はアップします。しかし、子供が生まれれば出産にいくらかかり、また子育てはどうするかなども考慮する必用があります。マイホームを手放さないためにも、返済計画が大事です。

注文住宅のプランや見積もりについて

自由設計と言っても、すべてを希望通りにできるわけではありません。
建築基準法などに準拠しながら、設計をしていく必要があります。
しっかりと建築士と相談しながらプランニングすることをおすすめいたします。

注文住宅のプランや費用を見積もりの注意点

素人ですから注文住宅や建売住宅、見積もりなどなど、最初は分からない所を勉強するしかなかったですよ。
私の経験が役立つかもしれないので注文住宅の建設について少し注意点を書いておきますね。
注文住宅は一言で言えば「自由度が高い」ということですね。
ハウスメーカーや建築設計事務所に設計を依頼して、次に施工会社に建築してもらうのですね。
施工する工務店にやハウスメーカーに全てまとめて依頼することもできれば建築士には設計と施工監視を任せて施工自体は工務店に任せるということもできるようでした。
注文住宅のメリットは工法や間取り、内装や外装、設備など自分好みでいじれるところでしょうね。
もちろん法律やら条例の規制などの諸条件を満たす必要があるんですけどね。
ハウスメーカーの場合はある程度規格化されている住宅があるので多少の制約があるので注意ですよ。
その分費用が安くなっていますけどね。
依頼し建築士が建築過程を細かく監視してくれるのも良いんですよね。

 

家の見積もりを建てる前に土地を選ばなければ話は進みませんね。
土地選びの過程でその後のに大きな違いがでるんだそうですよ。
すでに土地を持っているのであればあとは発注するだけなんですけど、土地を所有してないなら最初は土地を買わなければいけないのです。
土地は形が様々で、各自治体で法規制違うことがあるからですね。
それらの影響で住宅の建設設計が制限されることがあるので注意です。
土地が決まったら建築士や工務店などに見積もりを取って費用やプランを比較することになります。
注文住宅の見積もりを取ることは建設を依頼するための重要なプロセスですから気が抜けませんね。
普通は住宅展示場へ行ったり現場に見学にいったりして家族間のイメージをまとめておきますよね。
そして好みの建築士やハウスメーカーに見積もりの提出を依頼をします。
この時しっかりと費用の範囲や住宅のイメージなどの要望を伝えておくと良いですよ。
建築士達はこれらの要望を元にプランを作成してきますから。
自分と家族の完成したイメージと建築士たちのイメージが一致するまで何度でもプランを練り直してもらうのが大切ですね。

 

 

注文住宅でのプランと見積もりで費用を有効利用

注文住宅は依頼者自身の考えやこだわりを反映させることできる点が大きな魅力となっていて、夫婦世帯から第家族世帯までに対応していることが特徴となっています。
その特徴として自由度が高いこと、予算の調整ができる、建設途中で現場を確認できる、などの点があります。
自由度が高いとは最初の触れた依頼者の望みを反映させることができることにあり、予算の調整とは住宅を建築する際の建築資材の選択を一定程度自由に選べることで、
こだわりたい部分に予算をかけ、そうでない部分は予算を削るという選択ができます。
そのため、断熱や遮音に力を入れて他の部分を削るなどという選択ができるので便利なのです。
また、住宅建設の際には「住宅性能表示制度」というものがありますので、この制度を利用して第三者に性能調査依頼をしたり、
住宅工事現場を訪れて施工管理者に質問などをして気になることの解決にもつなげることができる点が大きなメリットとなっています。

 

ですが、この注文住宅などを依頼する際にプランを立て見積もりや費用に目を通しておかなければなりません。
なかなか難しいこのプラン作成と見積りをより適切に行う方法として次の方法にメリットが有ります。
1)注文住宅を発注する際には気になっている複数の業者にプランの作成を依頼する、
2)業者から見積もりを受け取ったら内容を確認し、
満足できない場合であれば更にプランと見積もりを依頼します。

 

その際には坪単価や決算日で安くなる、特別に安くなるなどの発言に気を取られることなく、施工管理者として適切であるか否かを常に考えて行うとより希望に近い結果を得ることが期待できます。
また、プランの作成の際には具体的な要望を箇条書きにしておくと便利です。
例えば、玄関の広さは何畳ほどにしたいか、和室は1階か2階かトイレは1階のみか2階にも設置するか、
などです。プランの作成を依頼する場合には、複数業者に依頼する、はっきりと分かる要望、その要望の実現の優先順位をつけておくと
予算・費用に合わせることができますので利用してみてはどうでしょうか。

 

注文住宅では土地の費用も考えて見積もりを

 

注文住宅でマイホームを建てる際に、どのくらいの費用を考えておけばよいか、気になりますね。
まず大きく左右するのは、土地代です。
これはもともと親の土地があるとか、そういうことならば関係ありませんが、
注文住宅を建てることを検討するのと同時進行で、土地を探すとなると、ここが一番大きいところになってきます。
住んでいる場所にもよりますが、場合によっては上に建てるものよりも、土地代の方が費用が高くなることがあります。
特に、地盤がしっかりしていて、川や沼地を埋め立てたような場所ではなく、交通の便もよく、治安がしっかりしていて、スーパーや病院、コンビニが近くにあるといった利便性まで考えると、土地の値段はどんどん上がっていきます。
また、周りの建物との関係、日照時間、傾斜なども検討しなければなりません。
周囲の土地の値段と比べて、あまりにも安すぎるような土地は、事故物件であったり、何かあると考えた方が良いでしょう。

 

土地取得にかかる費用の見積もりが、ある程度固まってきたら、注文住宅にいくらかけられるのかの見積もりを、検討する段階に入ったと言えるでしょう。
もちろん全ての前提として、最初に自分たちの頭金やローン返済を考えて、総額でいくらの家を建てられるのか、考えておくのは言うまでもありません。注文住宅の見積もりは、何回相談しても、何回出してもらっても問題ありません。
各住宅メーカーの住宅展示場などを訪れて、間違っても、一社だけを見て、きれいな家に舞い上がって、即決することだけは避けた方が良いです。
また、有名な住宅メーカーだけではなく、地元の工務店なども訪れる価値があります。
地元の工務店のようなところでは、その道何十年というベテランの大工さんが在籍していて、ちゃんと建ててくれることが期待できます。
家は大きな買い物です。一生で一度か二度経験する程度ですから、
わからないことが沢山あって当然です。
後で後悔しないよう、自分でも情報収集することが大事です。

 

建売住宅と注文住宅の見積もり費用

一戸建てと一口に言っても、建売住宅と注文住宅があります。
建売住宅の特徴としては、土地と住宅がセットになって販売されているということがあります。
住宅が完成してから販売する場合もあれば、建設中の段階で販売される場合もあります。
メリットとしては、あらかじめ間取りや設備・仕様が決まっており、費用も明示されています。
また、完成している場合には内部を見ることが出来ます。
土地と住宅を一括で購入するため、いちいち見積もりを取る必要はありませんし、短時間で手に入れる事が出来ます。
さらに、まとまった土地をいくつかの区画に分けて同じ仕様の住宅か建てられるため、外観の統一や街並みの調和などを期待することが出来ます。
一方のデメリットとしては、あらかじめ完成した住宅を購入するため自分の好みに合わせる事は出来ないと考えるべきでしょう。
また、建築過程を見ることが出来ない場合には、材料や工事方法などのチェックが難しいと言えます。

 

注文住宅とは、建築士などに設計を依頼し、施工会社に建築してもらうという住宅の事をいいます。
注文住宅のメリットとしては、法律に違反しない場合には間取りや設備、内装にいたるまで自分の好みに合わせて自由に選択する事が出来ると言う事があります。
また、建築過程を細かくチェックすることが可能です。

 

デメリットとしては、土地を持っていない場合には土地探しから始めることになります。
その後、住宅の建築に入るため、それぞれの見積もりを取る必要があります。
その都度、それぞれの異なった相手と契約を結んだり、見積もりを依頼したり、費用を支払ったりと、工程が複雑になるうえ、時間も多く掛かってしまいます。
自分好みの住宅を手に入れたいという人にはオススメです。
どちらの住宅を選ぶかは、それぞれの特徴を知り自分のスタイルにあったものを選択するようにしましょう。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカーの相場と費用

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.