セキスイハイム

セキスイハイムとは?

投稿日:

もくじ

コミュ二ケーションを考える家づくり

セキスイハイムでは、子育て住宅に注目しています。
我が家も新築を検討していて、
子育て真っ最中なのでとても気になります。
セキスイハイムの子育て住宅で取り入れていることは、
主に「学習できる環境作り」「生活習慣」「家族間コミュ二ケーション」を支えるような家づくりです。
最近話題のリビング学習の考えも取り入れています。
たしかに、低学年のうちは、部屋に一人こもって勉強するよりも、
これは何。今日こんな事あってね。
等とコミュニケーションの中から学習することも、
とても多いように思います。

 

ですから、リビングの一角にでも、
机に向かえる環境があると、勉強するのに良い習慣になります。
はじめからそのような間取りであれば、
住み始める際に揃える家具も少なくなり、助かります。
キッチンにおいても、一般的にコミュニケーションが
重用視される傾向が多いです。
子どもがお手伝いしたくなる空間づくりも大切です。
最近人気なオープンキッチンや、IHヒーター等があります。

 

 

セキスイハイムの家づくりでこだわりたい部分

作る事もそうですが、準備、片付けをする習慣もつきやすくなるといいます。
建て替え費用も住宅メーカーと相談して値引きをしてもらったり、
無料でオプションをつけてくれたりするようです。
我が家で是非取り入れたいと思っていた本棚も、
子育て住宅を建てる際に人気があります。
大人の読書は教養を身につける等の要素がありますが、
幼児期から絵本をよんだり、学生が気になったことをすぐ本で調べられる、
というのは、成長.発達にも大きく影響してきます。
ですから、大量の本でも整理できる本棚は取り入れたいな、と思います。

 

使いやすいデザインにすることがポイント

いろいろ吟味しましたが、担当の方に言われました。
最終的にはシンプルなデザインのお家が1番使いやすく、住みやすいんです。
と…
4LDKで、一階にリビング、ダイニングキッチンと、和室と洋室が一つずつ、
そして二階には洋室が二つあり、両親の寝室と私の寝室になっています。
キッチンもお風呂も基本的な機能をつけて、シンプルなものにしました。
母は、もっとオシャレな洗面台にすれば良かったなーと言っておりますが、
きっと飽きがくると思います。

 

シンプルなので、マットや絨毯が派手めなものでも、バッチリ合います。
なので、うちは廊下にバージンロードのような、
花柄でエンジン色の絨毯をひいてしまいました。
外観もベージュ系の色で、屋根は、ブラウンです。
特に目立ちませんが、その分庭に色鮮やかなお花を植えているので、
お家と喧嘩せず、マッチしています。

 

リフォームもしやすく子供が大きくなったときに利便性が高いのです。

セキスイハイムの商品性質

セキスイハイムには商品に種類があり、鉄骨系住宅(軽量鉄骨、または重量鉄骨)、木質系住宅、積雪地向け住宅、土地活用商品の4種に大別されます。

 

鉄骨系には、 モダンな外観、軟弱地盤でも対応が可能木質系には、 ぬくもりのある外観、強い耐震性など、それぞれ独自の特徴を持っています。価格も違いますね。鉄骨系住宅と木質系住宅の商品の一部をご紹介します、特徴を考慮したうえでご検討ください!

 

セキスイハイムの定番商品

 

鉄骨系住宅ではこんな商品があります!

 

パルフェ

すぐれた住性能があるセキスイハイムのなかでも、最高水準の性能を備えた住宅です。ロングセラーブランドとして、美しい外観に加え、大きく広い空間が豪華さを際立てています。

 

ドマーニ

ゆとりとおおらかさを形作る、傾斜屋根の家です。屋根構造の工夫から生まれた小屋裏空間が、プラスアルファの創造空間を生み出し、もう一部屋や遊びのスペースを作ってくれます。和風から洋風まで幅広く対応できる家になっています。

 

スマートパワーステーション

電力の自給自足に近づく、スマートハイムのフラッグシップモデル10kWもの大容量ソーラーパネルが搭載可能となった、現代都市にあったでスタイリッシュな外観です。テクノロジーと環境を融合させた住宅で、フラットな屋根が特徴的です。

 

木質系住宅ではこんな商品があります!

 

グランツーユー

2×6ユニット工法で作られた住宅です。強度の高い工法なので、空間も自由に設計可能で、断熱性・気密性にも優れ、家全体の温度差も少ない構造です。快適性の高い住宅ですね。

 

ミオーレ

洋風から和風デザインまで可能な、長く愛されている2×4住宅です。ミオーレは様々な外観コーディネートが可能で、本当に自分の目指す家づくりが可能です。

 

このほかにもたくさんのラインナップが存在します。
ぜひ他のハウスメーカーと比べたりカタログを取り寄せて資料請求をしたり住宅展示場に足を運んでみてください!

見学をして住宅をイメージ

ハウスメーカー、セキスイハイムでの
注文住宅完成までの流れを紹介していきます。
契約の前に、モデルハウス見学をします。
そこで、営業担当者から、セキスイハイム独自の
建て方や機能などの説明を聞きます。
そうしながら、自分の建てたい家のかたちを具体的に考えて行きます。

 

自分が理想とする間取りなどを営業担当者に相談します。
自分の理想が叶う事が明確になったら、契約を結びます。
契約を結んだら、本格的に実際に建てる家の
設計図を決定していきます。
使い勝手や土地の広さ、方角など、営業担当者や設計士などと
充分に話し合い、作成していきます。
太陽光システムや全館空気循環システム(空気工房)などの
設備の設置も決めます。

 

明確な金額を把握する

そうして、建築費用が算出されます。
ローンの申請など支払い方法も確定していきます。
カーテンや床材、壁紙などの金額も含まれています。
それぞれのデザインは、数あるカタログの中からじっくり決めていきます。
セキスイハイムの家は、大方、工場で組み立てます。

 

そして、現地へ運び、設置します。建物の設置が終わると、
各部屋の床やカーテンレールなどを取り付けていきます。
インターホンやポストの位置を家主と調整していきます。
部屋に取り付けるモニターの位置も家の中で家主と微調整していきます。

 

注文住宅の引渡し

全ての工事が完了すると引渡しです。
責任者と共に、各部屋を一つ一つ確認していきます。
機器や設備の使い方の説明もこの時に受けます。
そして、引渡し完了の書類にサインをします。
以上が、注文住宅完成までの流れです。

セキスイハイムのグランツーユーって?

おすすめの商品としてご紹介しましたが、グランツーユーとは2×6ユニット工法を採用して建てられた住宅です。外壁の枠組みに、2×6材(断面が公称2インチ×6インチ(3.8cm×14cm)を使用した建て方を2×6工法と呼びます。これを「ユニット」単位に分けて生産し、組み立てる方法を2×6ユニット工法といいます。

 

グランツーユーのおすすめポイント4点

 

耐震性がいい

 

外壁の構造に骨太な2×6木材を使用するだけでなく、壁・床・屋根をパネル化し強固に接合した構造です。地震などの巨大な力を面で受けとめて家全体へ分散します。震度7相当の耐震実験でも致命的な損傷はなかったそうです。

 

快適性に優れている

 

冬場の隙間風に悩んだことはありませんか?隙間は快適性を損ない、さらには湿気を侵入させて、劣化を早める原因に繋がります。セキスイハイムは、工場、建築現場で徹底した気密施工を実施しており、壁や床の隙間、天井やコンセント回りなどを引渡しに隙間の量(C値)を測定・調査し、一般の高気密住宅の1/5以下をクリアすることを確認します。また快適性で挙げられているのは空気の清浄さです。

 

独自の換気システム空気工房では、近年問題となっている黄砂やPM2.5など大気中の微粒子も除去し、花粉も99.9%以上をカットして外気をとり込め、綺麗な空気を実感することができます。その他に寝苦しさの原因となる湿気もカットし、10%?20%も家湿度を下げることができます。

 

耐久性に優れている

 

外からの水分の侵入をカットする防湿と気密で湿気を通しにくい仕組みになっており、湿気も小屋根換気・床下換気などで留めない通気構造を採用して劣化軽減対策をしています。
さらに紫外線をカットし長期間再び塗装する必要がない高耐久塗装や、塗り替えそのものが不要な磁器タイルを使うことで、家にかけるメンテナンス費を大幅に減らすことができます。

 

環境にも優しい

 

高断熱住宅で、エネルギー消費が少ない住宅だからこそ、太陽光発電システムも活躍できます。グランツーユーは太陽光発電量、使用電力や電気代がスマホ、パソコンからひと目でわかるスマートハイム・ナビに対応しています。

 

電気をスマートに創り、貯蓄・管理することで大幅な省エネと光熱費削減に繋がるのです。さらに停電時には蓄電システムからあらかじめ貯めていた電気を供給でき、万が一の時にも安心です。高い性能を持つグランツーユー、ご検討されてみてはいかがでしょうか?

スマートハイムって何??

自然エネルギーをうまく使い、環境にもお財布にも優しい高性能な家、スマートハイムの特徴をご紹介します。スマートハイムとは、近代科学技術を使った環境にやさしい住宅のことです。

 

具体的にどんな機能があるの?

 

大容量ソーラー

 

セキスイハイムの代表的な屋根「フラットルーフ」の場合ならソーラーパネルを屋根いっぱいに設置でき、たくさん発電することが可能です。フラットルーフなら方位は関係なくどこからでも日の光を吸収し発電することができます。また部分的に庇を延長させてパネルを増やすこともでき、たっぷり余裕のある発電が可能になります。

 

さらに、ソーラーパネルのついた住宅にすると電力会社が余った電気を買い取ってくれる制度が実施されています。たっぷり発電していた方がお得ですね!

 

蓄電システム

 

ソーラーパネルでたくさん充電した太陽エネルギーを貯め、後で必要になった時に使うことができる蓄電システムです。スマートハイムでは高性能・大容量なリチウムイオン電池「e-Pocket」を採用。使い勝手がよく、また高い耐久性を持ちメンテナンスコストが低いことが特徴です。

 

また家に合わせて屋内・屋外設置のタイプを選ぶことができます。また3つのモードがあり、使用分を補おうとするグリーンモード、電気代の高い朝晩に充電した電力を使い光熱費を抑える経済モード、停電時に備えるための非常運転モードがあります。

 

スマートハイム・ナビ

 

インターネットを通じて、自宅の光熱費データがパソコンやスマホで確認することができます。年別グラフ、月別グラフ、日別グラフ……と掘り下げることで、無駄使いをしているポイントが明確になります。

 

さらにそこから場所や機器を限定し、使われている時間帯の電力単価を数字として意識することで節電、節約意識が生まれ、効率的に削減できます。また、独自のクラウドサーバ「シフトサーバ」を採用し、内容をパターン化した的確なアドバイスを受け取れます。

 

 

スマートハイムの3つの0(ゼロ)

セキスイハイムは3つのゼロを目指す住まいです。

 

光熱費をゼロ

光熱費は今後値上げすることが予想されます。消費税増税や円安によるものです。その点でスマートハイムは心配することがありません。

 

電力不安をゼロ

電力の不安は、人口増加によるものです。人が増えることでそれだけエネルギーが必要になり、化石燃料を必要とするためです。
さらに近年では災害が増えています。災害などの停電などへの不安を少なくすることが可能です。

 

エネルギー収支をゼロ

消費するエネルギーと創るエネルギーの和がゼロになることです。くわしくは、「ZEH」で調べてみてください。

 

この3つのゼロを実現しています。

セキスイハイムの鉄骨住宅はこんなに凄い!耐久性・免震性〇

セキスイハイムでは鉄骨住宅も建てることができます。そこで、メリットについて知っておきましょう!

 

鉄骨住宅なのに自由度の高い家

 

鉄骨を使う場合は、柱を少なくすることが可能となるので、広々とした部屋を作りたいという方などに向いていると言えます。
また、柱が少ないことによって、間取りなども比較的自由に作っていくことができるので、自由度の高い家が作れます。

 

その点は木造建築などと同様のメリットだと言って良いですね。もちろん、自由度が高いとは言っても、作り方によって色々な条件やルールなどがあるので、そこはセキスイハイムの建築士の方や担当者の方と相談していくと良いです。

 

色々と使える内容が豊富となっているだけに、家に対する要望が多い方は、鉄骨住宅にすると良いかもしれません。
例えば、開放感を持たせるために、ドアや壁のない家を作りたいという時、木造建築よりは鉄骨建築の方が向いていると言えるかもしれません。もちろん、それぞれに良さがあるのでどちらを選ぶかによって変わってくるものの、鉄骨住宅でも素敵な家を作ることはできます。

 

広々とした空間を作りたいと思っているのなら、鉄骨住宅も視野に入れて考えてみると良いでしょう。「強度的には問題ないの?」と不安になる方もいるかもしれませんが、基本的に強度自体はとても強いのが鉄骨です。

 

劣化や老朽化はしないとは言えませんが、長く持つことは事実なので、その点は安心して利用していくことが可能です。まずは担当者などにアドバイスしてもらいながら、好きな住宅を作ってみましょう!

 

比較的着工・施工実績も豊富

総重量が大きくなりがちな鉄筋コンクリート住宅は、当然のようにその重さがアダとなることもあります。また、その建物を支えるために土台や基礎をしっかり作らなければならないため、その分とてもコストがかかってしまうのも事実です。

 

それに比べると鉄骨は比較的軽いので、コンパクトな土台や基礎で建築することができます。当然、そこに必要となってくる費用を抑えることができるので、余剰分は他の住宅部分に使っていくこともできます。そういう面では、コストのコントロールがしやすい点も魅力的だと言えるでしょう。

 

予算に関しては、それぞれの家によって大きく違ってくるので一概には言えないですが、鉄骨にするメリットとしては十分あると言って良いです。

 

また、メーカーによっても変わってくるものの、セキスイハイムに関しては比較的着工・施工実績も豊富なので、安心して依頼することもできます。鉄骨というのは、工場で作っているため、家の完成度も高く、ブレが少ない点も魅力です。つまり、少量の鉄骨で軽くし、ある程度自由に作っていくことができるのも、鉄骨住宅の魅力だと言えるのです。もちろん、総重量が軽いとは言っ
ても、他の住宅に比べると重いこともあるので、その点は勘違いしないようにして下さい。重ければ重いほど家というのは、土台や基礎にかかってくる負担も大きくなります。それらを考慮して作っていくと、より安心ですね♪

 

地震に強いという嬉しい構造

現代は地震による深刻な被害も多いということから、耐震強度が強い住宅などが注目されています。鉄骨住宅は、木造建築のように柔軟かつ伸縮性に優れているとは言えないものの、強固な作りで構造計算されているため、地震にも耐えられるようになっています。

 

鉄骨構造の場合は、地震の時に一緒に揺れてエネルギーを吸収するようになっているので、地面との揺れの違いによって倒壊することも避けられます。もちろん、その分内部は揺れることもあるのですが、それは耐震強度以外の面でしっかりサポートしてあげれば良いです。

 

近年増加しているものとしては、免震や制震を取り入れた住宅です。これは耐震よりも効果が大きな要素となっていて、取り入れることによって、大きな地震でも揺れを少なくすることが可能となっているワケです。地震というのはいつ発生するのかわからない面も大きいですし、構造上地震に強い家がある一方で、弱い家があるのも事実です。

 

近年はそれらのことを配慮して、耐震住宅は基本的な住宅には全て備わっているといえるのですが、鉄骨の丈夫さという安心感はやはり大きいです。「この家は鉄骨でできているから大丈夫だ」という安心感は、他の住宅にはない魅力だと言えるのではないでしょうか。木造建築は火災や火事に強いですが、その一方で鉄骨住宅は地震に強いと言えます。それぞれどちらを取るかによって決断も決まってくるかもしれません!

 

降雪地域でも安心

住宅において、メンテナンス費用というのはとても大きなものとなります。また、維持費だけで見ても、数十年以上暮らすと考えると、どうしても必要となってくることが多いです。そんな中、鉄骨住宅は維持費がそこまでかからないというのもメリットだと言えます。

 

特に降雪地域では、雪による被害が多くなっているのですが、鉄骨の場合は雪の重みで崩れるということはほとんどありません。木造の場合は、一定の重みが加わると柔軟に伸縮して重みを逃がすのですが、それが耐え切れなくなると倒壊する恐れがあります。つまり、定期的な雪かきが必要となってくるワケです。

 

しかし、鉄骨の場合は相当なことがない限り、雪の重みで倒壊するということはないので、雪降ろしをする必要も溶かす必要もないワケです!その分、労力も設備も必要とならないので、維持費を削減することができます。もちろん、他のメンテナンスや修理などには費用がかかるものの、降雪地域では大きな魅力を発揮すると言えるでしょう。

 

ただ、降雪地域の場合は湿気が溜まることも多いため、鉄骨だと老朽化の原因となってしまうこともあります。それらも考慮して、対応できる家を作っていくことが必要となるでしょう!それぞれの住宅ごとにメリットがあるので、その点も把握しておくと、より快適な住宅を作っていくことに繋がっていきます♪鉄骨は見た目以上に丈夫です。

 

 

火災や火事にも強い

木造建築の場合は、火災や火事になった時、倒壊しにくいというのが特徴となっているのですが、鉄骨の場合はそもそも火事や火災の被害に遭うことが少ないです。燃え広がるということがそもそもほとんどないので、ある程度は火災に耐えやすくなっているのが特徴です。

 

木造建築は見た目に反して火災に強いのですが、どうしても木材を使用しているため、火の燃え広がりが早いというのが特徴となっています。それに比べて、鉄骨はある程度の火であれば耐えることができるのです。その点も踏まえて考えていくと、どちらもメリットがあると言って良いかもしれません。

 

ただ、ここで一つ考えておきたいのが火災保険です。実は鉄骨住宅は火災保険が安いという特徴があり、従来の火災保険の半額以下にすることも可能と言われています。木造建築に住んでいたという方は、その分の保険料が浮くので、生活をする上で少し楽になるかもしれませんね。もちろん、保険料というのは支払い義務が生じているものもあるのですが、それ以外のものもあります。その点は自分で判断しながら、必要のあるものとないものをしっかり見極めていくことが必要となるのではないでしょうか。

 

火災や火事にそもそも遭いにくいからこそ、保険料も安くなっているので、それ自体が安心を買っているような気持ちにもなれます♪快適に暮らし、尚且つ安全面も考慮されているのが鉄骨住宅です。

セキスイハイムの木造住宅は火事にも強いし断熱性もあるよ

セキスイハイムの木造建築のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。今回はその点について説明します。

 

木造建築という安心感・安堵感が大きい

 

木造建築は、日本古来の住宅のあり方ということもあり、遺伝子レベル的にも安心すると言われています。もともと木造建築の家というのはイメージが良く、住んでいる方も安心して暮らせるようになっているのが特徴です。

 

日本では昔から住宅建築には木材が取り入れられてきたため、それがすでに生活に馴染んできていると言えるのです。もちろん鉄骨や鉄筋コンクリートの住宅もメリットは大きいですが、リラックスして生活できる住宅について聞かれると、やはり木造建築だと答える方も多いです。

 

また、セキスイハイムはその手の住宅づくりに対して、実績も豊富な会社となっています。だからこそ、色々と頼りになる存在なのです。

 

住宅というのは毎日生活するところなので、「落ち着ける」とか「リラックスできる」というのは大きな要素となります。毎日暮らす場所が冷たく温もりのないところだとしたらどうでしょうか。おそらく長く住むことはできないですよね。もちろん人によって好みが違ってくるので一概には言えないのですが、そういう精神的な面も大きいのが木造建築のメリットだったりします。

 

実際に木の温もりを間近で感じられる住宅づくりも進められているので、ログハウスや木目調の家など、作るものによって印象も変わってきます。それぞれ考えて作っていくことによって、より楽しめるようになるのではないでしょうか!

 

火災・火事に意外と強いという特性がある

 

火災や火事というのは、住宅から切っても切れない問題となっています。実際に毎日のように火事や火災は発生していて、小さなものを含めると毎日何かしらの被害があると言っても過言ではありません。

 

そんな中、住宅火災などに強いのが木造建築となっています。もちろん、燃えてしまうが故に家の中のものは使い物にならなくなってしまうのですが、住宅全体が倒壊するということは少ないのが木造建築の強みです。

 

一見すると他の住宅に比べて脆いと思われがちな木造ですが、実は火災や火事に強いというメリットがあります。実際に火の被害に遭った住宅を見てみると、骨格自体は残っていることが多いはずです。木というのは燃えやすいですが、芯まで燃えてしまうということがすくないため、実は倒壊する可能性が低いとも言えるのです。つまり、火災によって逃げ遅れてしまった場合も、家が潰れて命を落とすということを避けられる可能性があります。

 

他の住宅の場合は、そのまま倒壊してしまう可能性もあるのですが、木造はしなやかに生き残ることができる住宅でもあるのです。火災や火事というのは発生しないのが一番ですが、近年は放火事件なども発生しているので、必ずしも自分が気を付けているから安心できるとは限りません。その点も踏まえて、住宅づくりを考えていくことが必要となるのではないでしょうか♪木造建築は意外と強いです。

 

自由なデザインで個性を引き出すこともできる

 

比較的外観も内装も自由に作っていくことができるのが、木造建築の特徴となっています。木造建築は組み合わせによって自由に作っていけるので、比較的要望を取り入れやすいという特徴があります。鉄骨や鉄筋コンクリートだと、既に形が決まっているものもありますし、材料などが工場で作られることも多いため、決まったパターンでの住宅づくりしかできない可能性もあります。

 

それに比べて、木材というのは加工が簡単ですし、持ち運びも比較的楽なことから、住宅づくりに適しているとも言えるのです。

 

また、素材自体が鉄骨や鉄筋コンクリートに比べて軽いので、吹き抜けや中庭、テラスなどを作りたい時などにも向いていると言えるでしょう。柱自体は必要となるものの、ある程度自由でデザイン性に特化した建物などを作っていくこともできるので、より自由な住宅を作りたいという方にとっては、魅力も大きなものとなるのではないでしょうか。

 

また、建築士や担当者によっては、どのようなものを取り入れれば良いのかアドバイスしてくれるので、そちらも合わせて考えていく楽しさがあります。もちろん、自分たちで考えて「リビングは広々とした空間にしたい」とか「窓は大きいのを設置したい」とか考えることもできます。それぞれ自由な発想で取り入れたいものを取り入れるのが良いと言えるのではないでしょうか。本当の意味で住宅を作る楽しさを感じられるはずです!

 

湿度や湿気にも対応しやすい環境

 

木造建築の場合、湿気や湿度にも対応しやすい環境が整っていると言えます。鉄筋コンクリートや鉄骨の住宅の場合は、湿気が籠っていてもそれを逃がすことは難しいです。素材自体が吸水性に優れているものではないですし、何より木材とは違って伸縮性もないため、湿度に弱いのが鉄骨や鉄筋コンクリートなのです。

 

それに比べて木造建築は、吸水性も優れていて、何より湿気や湿度に強い素材となっています。もちろん、度を超えた湿度に関しては木材を腐らせてしまう原因にもなるのですが、ある程度は湿気に耐えられるように作られているのです。つまり、特に湿気が多くなる地域で暮らしているという方にとっては、魅力的な家となるでしょう。

 

また、降雪地域で暮らすという方も雪などによって湿気が溜まることを防ぐことも可能です。雪が解けて水が家に浸透しやすくなるため、湿気というのはどうしても溜まってしまうのですが、木造建築の方がそれらの環境に適していると言えるでしょう。

 

また、湿度が高い状態が続くと、鉄骨や鉄筋コンクリートは劣化するのが早くなってしまうことも多いです。その点も踏まえて、しっかり考えておくことが必要だと言えるのではないでしょうか。木造建築を利用する場合、湿気などの対策を進めて行けば、より快適に暮らすことができます。最近は除湿機などもあるので、それらと組み合わせれば、環境を整えることも容易です!

 

断熱性に優れていて環境に左右されにくい

 

一見すると鉄筋コンクリートや鉄骨の方が、断熱性に優れていそうですが、実は木造の方が優れている面も大きいです。特に住宅として使っていく場合、外界の環境に左右されることも多く、日本の場合は四季折々あるからこそ夏から冬まで環境に適応する家が必要となります。

 

そんな中、木造建築の場合は熱を通しにくいので、夏は涼しく、冬は暖かさを保つことができるのです。木造建築以外の家で夏の日差しをずっと受けていると、全体的に家が暑くなってきて、熱気を帯びることも多いです。

 

鉄筋コンクリートや鉄骨というのは、より熱を通しやすい素材でできているため、その分暑い日には苦労することも多いです。そもそも熱が逃げていくことも少ないため、一度熱気が籠ってしまうと長時間暑い状態が続いてしまうこともあるのです。

 

木造の場合は夏の日差しから家を守ることができるし、冬は熱をなかなか通さないため、快適な暮らしができるワケです。暖めた空気も逃げにくいので、部屋の環境を常に快適な状態に保つことも可能となっています。これから住宅建築を考えている方は、その点も考慮して建てていくことが必要となるでしょう!特に家を作る時は、点だけで生活を見てしまうのですが、線で見ていくことも必要だと言えるのではないでしょうか♪作り方によって、非常に環境に適応しやすくなるのが、木造建築のメリットとも言えます。

セキスイハイムの快適エリア-とは

快適エアリーとは、通年型空気調整システムになります。他のハウスメーカーの空気調整システムと相互点は天井や壁から冷気や暖気を吹き出させるのではなく、快適エアリーの場合は、床面から吹き出させているというところです。
暖房では床下の本体機器からも直接、暖気を吹き出させて、床下の基礎断熱空間に暖気を充満させ、床下に暖かい熱を溜めることで足元から暖めるというセキスイハイム独自の方法を採用しています。

 

適切な場所に適切な温度の風を送ることでストレスのない快適な生活を過ごすことができます。また高性能換気フィルターを用いており、家に入ってくる風を浄化します。例えば、季節によって悩まされる花粉は99.9%以上をカットし、粉塵は96%カット。PM2.5などの対策にも適しています。NO?は80%以上除去および脱臭が可能です。

 

廃棄のみ機械で行う第三種換気システムではなく、給排気を一か所で行う第一種換気システムを採用しており、一か所集中換気を採用しているので外部からの音の侵入もわずかです。またスマートハイムナビとの連携により、効果的に使うことができます。快適エアリーは運転モードがアレンジ可能で、スマートハイム・ナビをで消費電力を確認しながら無理のない運転設定ができ、快適性と省エネ性の両立が可能となります。

 

 

快適エアリーのシステム構成について

快適エアリーは

 

①ヒートポンプ式冷暖房・除湿ユニット
②熱交換型第一種換気システム

 

の2つのシステムで構成されています。

 

例えばヒートポンプ式冷暖房・除湿ユニットでは冷暖房・除湿を行い、熱交換型第一種換気システムでは換気を行うなど、2つのシステムは目的も違えば起動する電圧も分電盤も違っており、注意が必要です。スマートハイム・ナビにおいても別々に考える必要があります。

 

季節ごとに小まめに運転モードを変更し、スマートハイム・ナビで消費電力を丁寧にチェックすることで、1年を通じて快適な省エネライフを目指せます。温度などの変更は登録しているスマートフォンやパソコンで遠隔操作も可能で、非常に使いやすいシステムになっています。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-セキスイハイム

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.