パナホーム

パナホームの相場や費用や特徴①

投稿日:

パナホームの坪単価

パナホームの家は、独自技術のキラテックを取り入れていたり、オール電化や太陽光発電のバリエーションが豊富だったり、長期優良住宅の条件を満たしていたりと、とても高品質な住宅です。

 

坪単価70万~80万円と、少し高めの価格帯となっています。しかしメンテナンス費用を削減できたり、太陽光発電を売電したりと長い目で見れば、決して高いばかりではないというポイントもあります。

 

大手なので、簡単には倒産しないということ、そしてデザインや間取りプランの提案力が高いのも魅力です。

 

ちなみに、パナホームの住宅商品それぞれのシリーズごとの坪単価は、

 

・エルソラーナシリーズ…55~75万円
・ユールキアシリーズ…60~75万円
・ソルビオスシリーズ…70~85万円

 

というのが目安です。

 

パナホームの費用について

家を建てる時は業者を慎重に選ぶ必要があり、特に信頼できる住宅会社を利用することは重要です。信頼できるかという面について考えると、やはり地域の小さな工務店よりは全国区の大きなハウスメーカーの方が倒産の心配なども少なく安心と言えるでしょう。

 

パナホームも、全国区の大規模な住宅メーカーのうちのひとつです。

 

パナホームで家を建てるメリットは、最新の技術を使った住宅を建てられる点で、耐震性などが優れた物件を建設してくれます。その分坪単価が高い傾向がありますが、しっかりとした建物を作ってくれるので長期の利用が可能です。

 

このパナホームを利用する時は建物の建設費用について、あらかじめある程度考えておくことをおすすめします。この業者の坪単価は大体70万円程度ですから、自分が建てたい家の大きさに合わせて計算をしておくと便利です。

 

また家を建てる時は備品の費用の必要になるため、そういう事についてもよく考えておかなければいけません。そのような諸費用は建物の種類にもよりますが、300~400万円程度かかるので予算に組み込んでおいたほうがいいです。

 

諸費用は家で使う家具の種類などによって変わるため、必ずこの程度の費用がかかるわけではありません。しかしこの程度の負担は発生がしやすいですから、建設費用だけではなく諸費用についても計算をしておくとよいでしょう。

 

長期的な費用の事も考えよう

またパナホームで住宅を建てる時は長期的な計画も必要で、そのようなことについても考えておきましょう。この業者の建物は非常に耐久性が高く、長期間の利用ができるようになっています。しかしなんの対策もせずに長期間利用するのは難しく、長い間使いたい時はメンテナンスが欠かせません。そのような費用についても建設を依頼する時に想定したほうがよく、ローンの支払などと一緒に計算をしておくことは重要です。

 

一般的に住宅を建てる時にかかる諸費用は建設費の10%~5%で、その程度の負担は想定しておいたほうがいいですね。住宅を建てる時は将来必要になる費用について細かく計算をしたほうがよく、そういう対応をしておくことが重要です。

 

また建設時の費用について計算がやりづらいときは、業者に相談をして対応をすることもできます。建設業者はそのような計算を得意にしていますから、必要な費用について短期間で見積もりを出してくれます。ただ業者に依頼をした計算は業者よりの考えになりやすいので、ある程度は自分で計算をしておいたほうがいいと思います。

 

パナホームの特徴

現在全国展開しているハウスメーカーが多くある中で、そのことから言えば住宅設備機器や建材などでは古くから良く知られて来ましたが、どういう特徴があるのかというと取り立てていうほどの話題はありませんでした。

 

近年国土交通省の主催する省エネに関する性能の高さや評価、その普及に対して贈られる賞というのを受賞しています。

 

話題というと敷地を最大限利用するための工夫のなされた住宅というのがあります。これは壁を15センチ単位で移動できるもので、部屋の間仕切りが固定化したものではなくて、ある程度の融通性がある仕組みとなっています。

 

 

パナホームの新築について

パナホームは量産住宅で鉄骨材など工場で組み立てて現場へ搬入しますから製品の精度は高くその点は他のブレハブ式のハウスメーカーと同じとも言えます。それと現場はそれと並行して鉄筋コンクリートの基礎工事なども行いますから工事の管理面も大切な事柄になって来ます。

 

国の認定を受けているとして言葉だけが通り過ぎて行くような実情のはっきりしない内容のものもあります。心配な場合は第三者機関に調査してもらうのも心配を取り除く1つの方法です。パナホームの場合は新築工事を行う場合に直営店と代理店の場合があり、代理店の場合には管理の面で不安も残ります。

 

外壁材に今話題の光触媒を使うものがあり、これは汚れにくく太陽光線で汚れが分解され雨水などで洗い落とされる作用を持つもので新築の際に使う人も多いとされています。スパンが最大6メートル巾まで可能ということで大き目の空間も可能なところは魅力です。

 

パナホームの魅力

 

パナホームは、前述しましたように、パナソニック系列のハウスメーカーとなりますので、住宅の設備の総合力が最大の魅力となります。パナソニック商品の信頼性やデザイン性の良さなどを気に入って、このメーカーで家を建てたいと思う人も少なくありません。

 

工場で生産された鉄骨材を、建設予定地で組み上げていくという工法となりますので、製品の精度が高いという点も大きな魅力となっています。また、他社のメーカーには見られない、換気システムが導入されているという点が特徴として挙げられます。屋根の上に換気用の煙突があるので、外観から見てもどこのハウスメーカーであるのかがすぐにわかります。

 

パナソニック製品が嫌いな方は選ばないハウスメーカーではあるのですが、パナソニック製品が好きな方には非常に高評価のハウスメーカーとなります。このメーカーで家を建てるのであれば、絶対に外壁は長期間メンテナンスフリーで汚れがつきにくいタイルである「キラテック」をおすすめします。メンテナンスフリーというだけではなく、火災に対しても非常に耐火性に優れており、強いタイルとなりますので、オプションとなるのですが、ぜひ検討されることをおすすめします。

 

独自の施工技術が話題

そこで今回はパナホームを例に、どんなメリットがあるのか挙げていきましょう。パナホームを選ぶメリットで最大といえるのは3つの施工技術でしょう。一つ目のPURETECH(ピュアテック)は換気と湿度のバランスを図る独自の空気コントロール技術であり、家計に無理のない範囲で家族の健康を守りたいという希望にこたえることが出来ます。二つ目のPOWERTECH(パワテック)は大地震はもちろん、繰り返す地震にも強い構造技術です。その強さは実大住宅振動実験で実証済みであり何よりも災害から大切な家族を守りたいという願いをかなえるお手伝いが出来るでしょう。

 

そして最後はKIRATECH(キラテック)。これは光触媒作用によってセルフクリーニングを可能とし、メンテナンスの手間やコストを軽減しながら外壁を美しく保つことが出来ます。また種類が豊富なため、より理想に近い家づくりが可能です。施工会社それぞれにメリットはありますが、それぞれの特徴を吟味して夢のマイホームを手に入れられると良いですね。

 

パナホームの住宅設備

また家電製品、住宅設備など標準設備はパナソニック商品です。豪華ですね。変更は可能ですが、多少のお金がかかってしまう可能性があります。もちろん、パナソニック製品に不満がないのなら大丈夫だと思います!設備といえば、パナホームの魅力なのがキラテックタイルという外壁に使われるタイルです。これを決め手にパナホームで家を建てることを決める人も!
見た目も美しく丈夫で水はけもよいのですが、これはオプション商品なので留意してください。

 

さらに軸組工法を採用しているので間取りに制約がありません!これで、建てたい家に近づけることができますね。

 

アレルギーなどが気になる方は、一度「宿泊体験」をするといいと思います。モデルハウス内で料理をしたり、お風呂に入ったり出来、もしもパナホームで家を建てたならどのような暮らしになるのか、ということを体験することができます。日帰りの体験も可能のようですの、興味のある方はご参加ください。

 

パナホームで家を建てる時には以上のようなことを踏まえ、検討してみてください。

パナホームの見積もり価格と住宅費用相場について

住宅を購入する際に、坪単価やランニングコストは重要になってきますよね?
パナホームの費用について、お伝えいたします。

パナホームの見積もり価格

家づくりで一番気になるのはやはり価格ですよね。そこで、実際にパナホームで家を建てた人や見積もりをした人の見積価格を見てみましょう。

 

・静岡。土地坪数:60坪述べ床面積:34坪(1階17坪、2階17坪)
エルソラーナ、キラテックタイル、パナソニック家事楽キッチン、エコキュート等つけて、2350万円+外構工事90万、アンテナ12万、カーテン・照明・50万で192万円  計254万円

 

・土地坪数:28.9坪本体工事2216万円、外構:95万円、その他諸費用:58万円で合計:2369万円オール電化、エコキュート、南面と東面光触媒タイル指定。その他はメーカー標準品

 

パナホームの住宅価格

 

パナホームの坪単価は60~70万円程と言われています。ただし、これは平均坪単価ですので、仕様によってはもっと安くなったり高くなったりします。

 

どうしても、価格を見るとき坪単価だけで考えてしまいがちですが、本体価格なども考えて比較することが大切です。坪単価の計算方法は複数あり、それによって価格が大きく異なるからです。また、安すぎる家はどこかに犠牲としている部分があると思います。

 

家づくりをする際はまず、自分の譲れないこだわりを見つけることが大切です。そうしなければ、自分らしい家が建てられず、後悔するからです。そしてそのあと、そのこだわりが必ず含まれたもので本体価格を比較検討しましょう。注文住宅において家は買うものではなくて建てるものです。納得の住まいを作れるといいですね。

パナホームを建て替えする場合の費用相場ってどの程度なの?

建替えをする機会は少ないです。近所や知人でも少ないのではないでしょうか?
情報が入りにくいと思いますので、この記事へ書き留めときました。

パナホームの建て替え費用

古い家を壊して新しい家に建て替える場合、少なからぬ費用と手間をかけて建て替えるわけですから、耐震性能や省エネ性能に優れた家を建てたいと考えるのが当然です。

 

パナホームの家は、軽量鉄骨造りや重量鉄骨造りが基本になっていますので、大地震が発生しても簡単に壊れてしまうことはありません。また、断熱性能や気密性能にも優れているため、光熱費を節約できるようになります。さらに、健康な空気環境を保つ設備や騒音対策設備、防犯対策設備なども充実していますので、末永く快適に暮らせる家を作ることができます。

 

とはいえ、パナホームのような有名メーカーに家の建て替えを依頼すると、かなり高額の費用がかかってしまいそうです。

 

しかし、パナホームの場合、インターネット経由で建て替え費用の個別相談ができるようになっているので、それほど心配する必要はありません。相談したからといって必ず建て替え契約を結ばなくてはならないという決まりはありませんから、まずは相談してみることをおすすめします。

 

建て替え費用の内訳を公開

建て替え費用の具体的な内訳は、旧家屋の解体費用、整地費用、仮住まい費用、2度の引っ越し費用、新居の建築費用となります。更地に家を新築する場合よりもずっと高額の費用がかかることになるため、パナホームの担当者と相談してしっかりとした資金計画を立てる必要があります。

 

現実的なことを考えると、先程述べた費用の他に、エクステリア工事の費用や、家財道具の保管費用などがかかるようになるケースが多いです。また、家を新築した場合と同様に、必ず登録免許税や不動産取得税などが課税されますので、納税資金も準備しておく必要があります。

低予算で家が欲しい方はパナのローコスト住宅がおすすめ

建築費用を工面できなくて困っている場合は、建築費用を最小限に抑える低コスト住宅をおすすめいたします。

ローコスト住宅のメリット

ローコスト注文住宅と言う言葉を良く耳にしていました。どのような住宅なのか非常に興味があったので、色々と調べてみる事にしたのです。そうすると、非常に魅力的な住宅である事を知りました。何と言っても建築費用がとても安く済むと言うのが最大の魅力でした。私たちは現在家族3人で賃貸マンションに住んでいます。そろそろ契約更新時期が近付いてきているので、住宅を購入しようかと家族で話をしていたのですが、やはりネックとなるのは建築費用の面でした。その建築費用をローコスト注文住宅であればクリアする事が出来るのは、非常に魅力的な事だったのです。色々なローコスト注文住宅に関するホームページを見てみました。すると、ローコスト注文住宅を得意としているハウスメーカーをいくつか見つけたのです。また、色々な口コミなどを参考にしてみると、パナホームが魅力的だなと感じました。

 

ただ、一度は見積りを比較してみるだけの価値があります。

 

パナホームのローコスト住宅

そのため、まずはパナホームに連絡を取って見ました。ホームページなどからカタログやパンフレットを取り寄せて、それらをじっくりと見てみる事にしました。すると、ますます魅力を感じるようになりました。営業マンの方に実際にお会いしてみると、その魅力は更に増してきたのです。しっかりと説明をしてくれましたし、作りもしっかりとしている事も分かりました。また、建築費用の見積もりももらいましたが、予想以上に安く済む事が分かったのです。実際に建築をしてもらうと、その出来栄えは非常に良いものでした。

パナホームのアフターサービス・サポートについて紹介

お家も家族と共に進化します。
進化に伴い、住宅も劣化していきますので、定期的なメンテナンスが必要になってきます。
パナホームのアフターサービスについてお伝えいたします。

パナの無料家づくり相談

家の購入前と後とでサービスが受けられます。コンサルティング窓口では、無料で家づくりの相談をすることができます。「プラン提案サービス」では、条件要望にあったプランを提案してくれますし、「敷地環境調査サービス」では、敷地の特性・法的規制や近隣の環境、自然環境をチェックすることができます。

 

その他気になることがあれば無料で資料請求したり、メールフォームで気になることを相談したりできます。

 

最長20年間の長期保証

家を建てた後のアフターサービスとしては、建物の主要な部分は最長20年間の長期保証を実施しており、家の引き渡し後2年間はアフターサービスの期間となり、定期点検や調整などが受けれます。アフターサービス以降は希望する人は最長60年目までのフレッシュアップ点検を受けることができます。フレッシュアップ点検は25年目点検から有料点検になるので注意が必要です。

 

日常的なサポート体制としては、設備の故障、異常や水漏れなど24時間365日で対応してもらえます。

 

また土地売買の不動産会社の斡旋や、その会社への連絡、仮住まいの調整、法的手続きについても相談に乗ってくれるのでよければ一度話してみることをおすすめします。そもそも大手メーカーなので、ある程度は充実した体制にあると思います。

 

パナホームのサポートに対する評判

なおメンテナンスを実際に行った人の感想によると、「パナホームは、メンテナンス部門という部署があるというイメージでは無く、一人のメンテナンススタッフに直接、連絡が入るようになっている。
経費削減か、メンテナンススタッフを定年後の再雇用した社員で対応しているのかも。だからこそ確かな知識を持ったスタッフが対応してくれ、非常に安心できた」「アドバイスのセンスが違う、他と比べて信頼性が高い」という口コミがありました。

 

パナホームならではのサポートも注目

アフターサービスも充実していて住宅が完成してからも何度も気にかけてくれますし、現場の担当者の方は他の現場に行く途中や、その合間でもたまに来てくれて使い勝手や気になるところを心配して聞いてくれましたので、非常に満足のいく内容になっています。

 

さらに、壁に物をつける時や時計をかける位置を行けるだけでも、こちらから電話をすると来てくれて、画鋲のような、釘のような物をきっちりとつけて行ってくれました。

 

自分でもできますが、やっつけ仕事になってしまうと意外にいがんだり、傷つけたりしてしまうものですから、そのような事にならずに綺麗に設置してもらえて非常に満足のいくサービスをしてもらっています。

 

また、定期点検にも来てくれて、そのたびに周りの様子を確認してくれますし、こちらの気になる点もきちんと押さえてくれます。また、気になる小さな事でも質問すれば答えてくれたり調べてきてくれますので、安心して全てを任せることができます。ほんとに、こんな些細な事でも話ても良いんだと思わせてくれます。このように私の中では、パナホームは設計や施工からアフターサービスまで非常にきっちりとサポートしてくれる信頼のおける住宅会社となっています。

パナホームの地震対策、耐震性と免震の秘密について

耐震技術をお客様の為に研究、開発に力をいれています。

安心の耐震性能

熊本地震もまだ余震が続いており、マイホームを建てる際のポイントとして、地震対策という項目が、今後ますます注目されると推測されます。

 

身の安全にかかわってくる地震対策は、マイホームの最重要項目ということもでき、各ハウスメーカーでは耐震・免震への取り組みがなされています。

 

大手ハウスメーカーのパナホームでは、自社公式ホームページ上の「耐震性能」というページで、パナホームの耐震・免震性能に対する解説を行なっています。

 

パナホームが採用している3つの構法となる、鉄骨軸組構造と大型パネル構造、重量鉄骨ラーメン構造の3つの構造について、地震への対策を紹介しています。

 

写真を交えての紹介となっていますので、非常にわかりやすくなっています。それぞれの構法ごとにさまざまな実験を実施し、繰り返す地震にも大地震にも強いということを証明しています。それぞれの構造体の耐震・免震の詳細については、ホームページで確認してください。

 

外壁には「キラテックタイル」が採用

そもそもパナホームは、日本最大手の全国展開をしているハウスメーカーであり、パナソニック系列のメーカーとなります。
パナソニック系列であるために、設備や床、ドアに至るまでグループ関連会社の製品でまとめることができるため割安感があるという点と、信頼出来るパナソニック系列であるという点も人気の秘密となっています。

 

外壁には「キラテックタイル」が採用されており、耐久性に非常に優れ総タイル張りの外観に魅力を感じる人も少なくありません。

 

防火性能も高いタイルとなっていますので、地震で火災が起こった際にも、いわゆる隣家のもらい火による延焼に対しても強いという特徴があります。

 

宿泊体験で肌で感じよう

パナホームでは、見込み客に設備などを実際に体感してもらうために、モデルハウスに宿泊することができるサービスが用意されています。モデルハウスに1泊して、実際に料理をしたり入浴したり、住み心地や快適性を体感することができるサービスです。

 

公式ホームページ上から宿泊体験することができるモデルハウスの詳細と、申込みや問い合わせを行なうことができます。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-パナホーム

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.