パナホーム

パナホームのデザインはどうなの?ライフスタイルを意識したデザインがおすすめ

投稿日:

求められるパナホーム

パナホームは家族のライフスタイルに従ってデザインを進めて行くことを基本としています。お気に入りの家具があったり、好きな音楽があったり、それらの流れの中で今まで生活して来ていますからこれらの家族の拘りには応えるべきと考えられています。

 

少子高齢化で家はお年寄りにとっても安全でなければなりません。最近の自然災害は大規模化して来ていて、以前よりも安全性が求められて来ています。

 

柔・強・健・美の考え方

パナホームでは柔・強・健・美の考え方を基本とし、長期的な視点に立った住まいを開発して来ています。与えられた敷地は無駄なく効率的に使い、将来への変化も見据えて柔軟性を持たせる設計が望ましいものとされています。

 

安心して住み続けるには地震や台風、その他の自然災害に対してもその強さが求められています。日本は建築材料である木を始めとして自然の中で生かされているのであり、人間の知恵でもってこれらと共存して健全に暮らして行きたいと考えるものです。

 

大型パネル構造や重量鉄骨ラーメン構造

そして地球環境を汚さず、美しい日本という大切な環境を保持して行く使命を負っているとも言えます。これらの考え方がデザインにおいても取り入れられています。鉄骨構造では耐震性に優れ、大きなスパンにも対応する制震鉄骨軸組構造と、大型パネル構造、そして重量鉄骨ラーメン構造の中から予算やプラン、規模に従ってそれに適した構造と工法が適用されます。

 

そして健康で快適な空気環境を提供し、エネルギー消費にも配慮され、高気密・高断熱でかつ火災から住まいを守る住宅というものを柱としています。

パナホームの二世帯住宅のメリットを紹介

二世帯住宅を検討しているあなたは是非共、参考にしていただければと思います。

二世帯住宅のメリット

少子高齢化が進む現在、親と子が一緒にくらし、経済的にもメリットの多いと考えられる二世帯同居が注目されています。特に2011年の東日本大震災以降は家族の絆を大切にする動きが強まっています。さらにエネルギー消費の面からも二世帯同居を考え始めている方が多いそうです。

 

実際パナホームが実施したアンケートによると二世帯同居の満足度は高かったそうです。同居のストレスなどのデメリットの解消法について課題もありますがこれから二世帯住宅は増加する傾向にあると考えられます。そして二世帯住宅のメリットとして家事育児の分担や食費光熱費の節約など様々ありますが、最大のメリットは親子孫の三世代の関係が深まることでしょう。

 

パナホームのアンケートで二世帯住宅でつくってよかったものとしてアンケートを取った結果、一位にリビングやダイニングといった家族の交流空間が選ばれました。このようなスペースがあれば二世帯生活が楽しくなること間違いナシです。

 

パナホームの二世帯住宅

パナホームが作っている二世帯住宅の設備を紹介します。まずエアリ―オープンリビングです。これは、LDK空間と和室を一体化させて、さらに大開口でリビングやテラスともつながっている空間です。

 

この開放的な空間で二世帯の家族がくつろげるスペースを提供しています。特に和室は親世代と孫世代の交流が多く生まれます。日々の団欒は勿論、季節の行事を楽しむ空間にもなり貴重なスペースです。

 

またテラスは休日にBBQをしたり夜は親子で晩酌をするスペースになり重宝します。このように家族の関係を深めるための様々な空間が用意されているのがパナホームの特徴です。それだけでなく書斎コーナーやアイロンがけなどを行う家事コーナーなどパーソナルスペースも設けられ、ストレスを感じない作りになっています

パナホームの狭小住宅の価格と特徴を解説

建物本体の価格を抑えられる分、インテリアに集中できかもしれません。

パナソニックグループという信頼感

大手ハウスメーカーのパナホームは、ほかのハウスメーカーと比較すると坪単価が高い傾向にあります。その分高い品質や、パナソニックグループという信頼感があります。パナホームで家を建てる場合の価格の目安については、坪単価が60万円~70万円が目安となっています。

 

平均的な家の大きさは43坪とされていますので、パナホームで平均的な大きさの家を建てた場合の価格は、2,500万円~3,000万円ほどとなります。

 

狭小住宅を得意商品とする

パナホームは狭小住宅を得意商品としています。狭小住宅であれば、家の大きさが小さくなりますので、必然的に家の価格は3,000万円よりは安くおさえることができます。ただし、家の外壁や屋根、使用する設備のランクを上げたり、オプションを追加するなどした場合には、この限りではありません。

 

家は土地がなければ建てることができません。前述しました金額は、建物本体のみの価格となります。土地を所有していない場合には、土地代が必要になりますし、室内のカーテンやエアコン、照明器具から外構工事やカーポートの費用までかかります。

 

特に、注文住宅の場合には、単価だけで家を建てられるわけではないということを認識しておきましょう。それ以外にも、住宅ローンの手続きや登記などにも費用がかかります。これらには400万円以上は必要になります。

 

オール電化をはじめとする電化に強い

パナホームは、オール電化をはじめとする電化に強いところが魅力であり、特に狭い敷地に家を建てたい方におすすめとなる3階建用の商品を販売されています。

 

狭い土地でも住み心地が良く、スペックの高い家を建てることができ、坪単価に見合った高品質の住宅を手に入れることができます。

 

3階建用の商品となる「ビューノ」は、15センチ刻みで設計が可能となっていますので、限られた敷地を最大限に活かして、狭小住宅でも可能な限りの広い住空間を実現させることができます。さらに、制振装置が採用されていますので、道路際などに家を建てても快適に過ごすことができます。

 

高耐震性でかつ積雪寒冷地まで対応

狭小敷地にもこれまで対応して来ています。高耐震性でかつ積雪寒冷地まで対応し、自然換気と機械換気を組み合わせたエコナビシステムを採用しています。調湿には珪藻土を使ったり断熱材はロックウールとポリスチレンフォームを採用して高断熱を実現しています。

 

最長60年の定期点検とか構造耐力上必要な部分は最長20年という長期保証も行っているようです。これまで住宅建材や住宅設備機器から出発したこともあってソーラーシステムはリチウムイオン蓄電池と連携してこれを最大限生かせるようになっています。外壁には光触媒をタイルに使用していますので雨や太陽光の力で常に外観を美しく保てるようになっています。

 

企画型と呼ばれる定型プラン

住宅においては企画型と呼ばれる定型プランのものが主要な商品となっていて、最近は1階部分を車庫にして2階部分と3階部分を居住スペースとして使う3階建て住宅も主力商品になっているようです。

 

狭小敷地の場合に車庫だけ近隣で借りるというのでは不便極まりないとする考え方から来ているものと見えます。
外観はフラットな陸屋根タイプのものが多く、外装材によっては高級なイメージになっています。採光部分も広くかつ多めにとられているために室内は明るいという特徴が見られます。サイトにおいてはプランニングが無料というサービスも行われています。

パナホームの狭小住宅ビューノ(Vieuno)をご紹介

Vieuno(ビューノ)は先進技術を採用

大手ハウスメーカーのパナホームの狭小住宅は、強度があることで有名です。

 

パナホームが展開する都市向け・狭小向けの住宅商品が、「Vieuno(ビューノ)」となります。ビューノは、高層ビル建築にも採用されている先進技術が採用されていますので、強固な構造となっています。さらに、15センチきざみの細かい間隔でのモジュールが採用されていますので、設計の自由性が非常に高く、狭小地の形に適応した、

 

より施主の理想に近い家を建てることができます。

 

ゆとりのある狭小住宅

 

ビューノは、耐力壁を削減することができる構造体となっていますので、上下左右に思い通りの大空間を実現させることができます。居住空間が狭いという狭小住宅の概念を覆す商品となっています。

 

自由度の高いプランニングが可能であり、狭小を感じさせず暮らしにゆとりをもたらすマイホームが可能となります。

 

通常、モジュールの4分の1~半分単位でしか移動することができなかった壁が、15センチ単位で移動することを可能にしたことによって、狭小の土地に家を建てる方だけではなく、部屋の形状にこだわりたいという方のニーズを満たすことができるようになっています。

 

施主の要望に応えられる幅が広いというのが、パナホームがほかのハウスメーカーと異なる点です。

 

60年間長期延長や24時間365日相談受付も魅力的

パナホームには、60年間長期延長保証システムをはじめとして、60年間長期メンテナンスサポート、24時間・365日相談受付など、建物が完成した後も末永い安心を得ることができるサポート体制がとられています。

 

また、将来のリフォームにも柔軟に対応してもらうことができます。ライフスタイルの変化に伴って大規模なリフォームも可能となっています。

 

パナソニックグループのブランド力がありますので信頼することができ、グループが一丸となって取り組むエコへの取り組みが、
パナホームの住宅にも活かされています。独自の空調システムや、地熱+エコナビによって断熱性・換気性にも特化しています。

 

さまざまな工夫が施された魅力のある住宅となっています。

パナホームは二階・三階建てもOK!!パナホームの多層階住宅の特徴

パナホームでは多層階住宅を積極的に作っています。そこで、今回はそのメリットについて紹介します。

 

多層階住宅は間取りを楽しめる

多層階住宅は、ある意味で個性的な住宅となります。3階建ての住宅も近年は増加していますが、まだまだ少数派だと言えるでしょう。それだけでも、個性を引き出すには十分だと言えます。

 

実際に多層階住宅にすることによって、得られるメリットとしては、そういう間取りの自由や個性などにあると言えるのではないでしょうか。間取りに関しては、エリアが一つ増える分、床面積も多くなるので、より自分たちの理想を形にしやすい環境となっています。

 

実は、多層階住宅は間取りの作り方によって、大きく表情を変える住宅となっていて、作る側も楽しさがあるワケです。例えば、「ここに中庭を設置したらどうなるかな」とか「吹き抜けで太陽光を取り入れるようにしよう」とか「窓は大きくして、沢山配置しよう」とか考えることで、家づくりを積極的に進めていくことができます。

 

パナは比較的自由に家づくりが楽しめる

ある意味で、色々な工夫が取り入れやすいのが多層階住宅なので、自分たちの理想を詰め込みやすいという点を考えると、魅力も大きいものなのではないでしょうか。

 

確実に良い家を作るためには、自分たちの希望を色々と盛り込む必要があるので、設計の段階で色々と要望を伝えておくと良いです。建築会社としても、要望には最低限応えるようにしてくれるので、それが理想的な住宅づくりにも繋がっていきます。パナホームは魅力も大きい会社ですし、比較的自由に家づくりが楽しめるものとなっているので、理想の家を作りたいという方にとっては、魅力も大きいでしょう!

 

 

エリアを活用して生活を充実させられる

2階建ての住宅の場合は、部屋数が足りなくなることも考えられます。家族で生活する時、それぞれプライベートな空間というのは必要で、特に子供がいる家庭やこれから増えそうな家庭の場合、部屋数はとても重要となります。子供部屋というのは後から作っても良いのですが、できれば建築の段階で設定しておいた方が良いです。

 

多層階住宅の場合は利用できるエリアが多いため、その分部屋の役割分担もしやすいのが特徴となっています。1階にはバスルームや倉庫・車庫を配置したり、リビングを配置したりできますし、2階には同様にリビングやダイニングを設置することもできます。子供達の部屋を配置するのも良いでしょう。3階の部屋は趣味の部屋にしたり、子供達のプレイングルームにしたり、色々と汎用性も高くなっています。

 

高齢者がいても大丈夫

また、近年は高齢者の方も多くなり、実家の両親を新築に呼んで暮らすという家庭も増加しています。そういう時は、1階に高齢者の方のスペースを作るということも可能なのです。エリアを活用して生活を区分けできることを考えると、多層階住宅はかなり便利なのではないでしょうか!

 

もちろん、スキップエリアや吹き抜けなど、ちょっとした工夫を取り入れることによって、プライベートもしっかり確保できるし、安全面も確保できるため、エリアの活用方法によって色々と生活が充実していくのは確実と言えます!

 

 

犯罪回避、防犯対策も問題なし

実は広々とした2階建ての住宅よりも、3階建てなどの多層階住宅の方が、犯罪に遭う確率は低いと言えます。例えば、泥棒などは比較的壁が多く、階段などが少ない住宅を狙う傾向があります。

 

極力足音を立てたくないため、階段などはあまり利用しないのが泥棒の特徴です。多層階住宅の場合は、窓を大きく設計しているところも多いですし、様々な階段やステップが配置されているので、泥棒も犯罪しにくい環境だと言えるでしょう。

 

また、縦長の方が見晴しが良いため、泥棒も警戒してなかなか犯罪をすることができなくなります。吹き抜けや中庭などに隠しカメラを設置しておけば、その効果はより大きくなるでしょう!もちろん、多層階住宅が完全に安心なのかと聞かれれば確実とは言えないものの、そういう意味では防犯能力も高いと言って良いのではないでしょうか。もちろん、犯罪に遭うかどうかというのは、ある意味で運も関わってくるので、住宅の作り方によって大きく変わってきます。その点も把握して利用していくことが必要となるでしょう。

 

パナは防犯対策もいい

パナホームでは、近年防犯に対する住宅づくりにも力を入れているため、犯罪回避のための多層階住宅というのも良いと言えます。犯罪者というのは、横よりも縦を警戒する傾向が強いため、吹き抜けなどを設置して、上から監視できるようにしておくということも実は大切な要素だったりします!

 

 

テラスやバルコニーを設置しやすい環境

多層階住宅の場合は、内部を色々と入り組んで作ることも多いため、開放感は十分あると言えます。しかし、3階建てなどとなると、スペースが余ってしまうこともあるため、多層階にする住宅の多くは、上層階にテラスやバルコニーを設置するようにしています。パナホームで施工した住宅の中には、そういう住宅もあり、実績としては申し分ないです。

 

基本的に多層階住宅の場合は、利用できる床面積が多いので、テラスやバルコニーを設置した特殊な形の住宅づくりにも向いていると言えます。特に3階建てなどで多層階住宅を作りたい場合は、屋上や3階部分に作っていくことがおすすめだと言えます。

 

家づくりは個性を引き出すのにも使えるので、興味がある方は積極的に選択していくと良いのではないでしょうか。使い方によっては多くの方が充実した生活を送れるようになるので、より楽しめるようになるはずです。生活の充実はもちろん、家としての質もぐっと高くなるので、取り入れることを検討してみても良いのではないでしょうか。そうすれば、確実に生活は充実してきます。

 

なお、テラスやバルコニーがあることによって、より解放感を得られる生活を送れるようになるため、毎日働いている方などは、癒しの場所として使っていくこともできちゃいます!家はリラックスできることが最低条件となっているので、それも考えて導入してみてはいかがでしょうか。

 

転落やケガのリスクも最低限に抑えられる

多層階住宅は、スキップエリアやスキップスペースを多く確保するため、階段での転落事故を防ぐことも可能となっています。
家に様々なスペースを確保しておけば、階段の数も極力減らすことができ、未然に事故や怪我を防ぐことが可能となるワケです。

 

実際に多層階住宅を採用している住宅は、階段が少なく、一つの階段の中間にスキップエリアが配置されているため、転んでしまってもある程度は安全なのが特徴となっています。

 

生活動線もコントロールしやすい

また、子供がいる家庭もそういうスペースがあることによって、安心感が生まれるはずです。両親はどこにいても子供達を見て置ける環境にもできますし、作り方によっては安全性を特化させた家にすることも可能です。

 

多層階住宅の場合は3階建てなどになることも多いため、高さがネックとなることもあるかもしれません。それを防ぐために、内装を工夫することが何より住宅だったりするのです!パナホームの多層階住宅は、その点しっかりと考えて作られているため、ある程度生活動線もコントロールしやすいのが特徴となっています。

 

それぞれの階層を活用していけば、生活する分のスペースも上手に確保できるので、より安心した生活に繋がっていくことでしょう!子供を持ちたいを思っている方はもちろん、既にいる方や高齢者の方、高齢の両親と二世帯住宅にしたい方などにも向いているのが、多層階住宅なのです!

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-パナホーム

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.