上棟式は職人との交流の意味でも大事な儀式

ハウスメーカー(注文住宅)

上棟式は職人との交流を深める意味でも大事な儀式

投稿日:

注文住宅建築の際の、上棟式は地鎮祭同様に、新築の建物を建てる際に行われる祭祀で、
上棟まで工程が無事に進んだこと、そして今後も安全に工事が進められることを祈願します。

木造の注文住宅の場合は、基礎を打った後に、柱立てを行ってそこに梁を繋げ、
そのあとに棟木を上げます。これが上棟式と言われる所以です。

ただ、同じ注文住宅でも依頼するハウスメーカーごとに、
独自の工法で建物を建てるため、上棟式を行うタイミングがそれぞれ違ってきます

たとえば、鉄骨系、木造系、2×4(ツーバイフォー)のパネル系、
コンクリート系といくつかの工法がありますが、
これらは上棟のタイミングがそれぞれ違います。

2×4の場合なら、1階と2階の屋根まで作ったあとに上棟式を行うのです。

そもそも上棟式は平安時代から行われていると言われていますが、
現在は地鎮祭などと比べると式の内容が大幅に簡略化されています

参考までに本来の上棟式簡略化された上棟式の2つの手順を挙げておきますが、
本来の上棟式のほうは地鎮祭とほぼ同じ内容なので、比較してみてください。

【本来の上棟式の手順】

  1. 1)着座(ちゃくざ)
  2. 2)修祓(しゅうばつ)
  3. 3)降神(こうしん)の儀
  4. 4)献饌(けんせん)の儀
  5. 5)大祓詩奉唱(おおはらいしほうしょう)
  6. 6)祝詞奉唱(のりとそうじょう)
  7. 7)清祓い(きよはらい)
  8. 8)槌打(つちうち) の儀
  9. 9)玉串奉典(たまぐしほうてん)
  10. 10)撤饌(てっせん)の儀
  11. 11)昇神(しょうしん)の儀
  12. 12)退下(たいげ)

【簡略化された上棟式の主な手順】

    1. 1)施工会社の棟梁が住宅の棟木の部分まで上がり、

魔除けの効果があるとされる幣串(へいぐし)を棟に縛り付ける。昔は破魔矢も使われていたことがあります。

  1. 2)簡単な祭壇を作り、そこにお供え物(神饌)を捧げます。
  2. 3)建物の四方の柱に米や酒、塩などをまいて清めます
  3. 4)施主、棟梁、工事関係者などのあいさつ
  4. 5)施主が職人へご祝儀を渡す

上記の略式はあくまでも一例で、最後に餅を蒔いてふるまうこともあれば、
餅と一緒にお金やお菓子を蒔くこともあります。

また、地方によって式の手順や内容が多少異なります

いずれにしろ、上棟式ができる段階まで作業が進むと、
建物の骨組みが出来るとともに部屋の大きさなどもわかるようになり、
施主にとっては自分の家のイメージがよりつかみやすいものになるでしょう。

上棟式は大工を始めとした職人にとっても工程上の1つの区切りになります。

これを読んでいる方のなかには「上棟式自体が必要なのだろうか」
と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、20年近くハウスメーカーの営業マンをやっていた私の経験からすると、
上棟式はやっておいたほうが良いと言い切れます

上棟式も地震歳も本来祭祀ではあるものの、それはきっかけの1つでもあって、
主な目的は施主と大工を始めとした職人たちとのコミュニケーションにあると考えています。

もちろん神様にお願いをすることで、得られる安心感というものもあるでしょう。

上棟式もただ飲み食いするのではなくて、たとえば骨組みが出来上がった家を見ながら
「作り付けの棚が欲しいと思っているのだけれど」
と職人たちに相談を持ち掛けてみれば、そこから具体的な案が聞けるでしょうし、
場合によってはもっと良いアイデアを提示してもらえるかもしれません。

上棟式の後も大工とのコミュニケーションを大事に

上棟式を通じて職人たちとお話しをするきっかけができたら、
その後も作業の邪魔をしない程度にコミュニケーションを図ることは大事です。

家を作るのは機械ではなくあくまでも人間ですので、
施主と職人のコミュニケーションがうまくいっていれば、
職人も「あの施主のために頑張ろう」という気持ちにもなってくれます。

その積み重ねが良い家を作るわけです。

特に大工が一番活躍できる木造軸組工法(在来工法)で家を建てる場合は、
大工のモチベーションによって建物の完成度は変わってきます

職人に好かれる施主はこんな人物

上棟式を行う意味

注文住宅を建てる場合、施主はお金を払ってくださるお客様ですから、
職人からすれば好き嫌いの感情はないはずです。

それでも施主の性格によっては、職人たちから非常に好かれることがあります。

私がハウスメーカーの営業マン時代に担当した東京都目黒区のお客様のケースでは、
こんなことがありました。

そのお客様は、現場の職人にとても好かれた方でした。

職人の間で「あの施主はいい人だな」
あの施主のために何かしてあげたい
という感想が自然に漏れ聞こえてくるような方だったのです。

そこまで好かれた理由を改めて考えてみると、
施主の細やかな心配りと感謝の気持ちを示してくれたことにあったと思います

施主はお歳をめした男性で、職人によっては孫と祖父のような年齢差がありました。

その方は現場によく顔を出される方で、現場に貼り紙をしては
「大工さん、今日もありがとう」と感謝の言葉を書いていらっしゃいました。

そのほか、玄関のところに

「家を建てるなら〇〇〇ホームが一番良いです。
私がおすすめします。担当営業マンは〇〇さんです。
こちらまでご連絡ください→(連絡先)。施主より」

というような貼り紙までしてくださっていて、私はそれを見て感激してしまいました。

このようにさまざまな形で施主から感謝の言葉をいただければ、
現場で働く者は皆、嬉しい気持ちになりますし、仕事の励みにもなります

その結果、いつも以上に良い家を建ててあげたいという気持ちになるのです。

こう書くと、施主がここまでしないと職人は一生懸命働かないと思われるかもしれませんが、
もちろんそんなことはありません。

どの施主の注文住宅でもプロとして一生懸命作ります。

ただ、自分の仕事に対して感謝をされるのは職種を問わず嬉しいものですし、
その結果より仕事に力が入るということなのです。

この目黒区のお客様からは、職人の仕事ぶりを評価していただけたためか、
その後もご縁があって、新たに2棟分の住宅に関わらせていただきました。

GIVE&TAKEならぬ、GIVE&GIVEの精神で仕事に取り組んでいれば、
それはお客様にも伝わりますし、成果物にもきちんと表れるものなのです。

職人の休憩時間を施主側で決めてもよいかどうか

職人への差し入れは必要か?

現場で一生懸命働く職人をねぎらいたいという気持ちで、
施主が午前10時・午後3時にお菓子やお茶を提供することは昔からあります。

しかし、職人というのは仕事に集中できているときは、
その集中力を維持したまま仕事を続けたいと思うものなのです

実際、高い集中力を発揮しているときの作業のほうが、
仕事の効率も仕上がりも良いものになることがほとんどです。

この集中できる時間は、時計どおりに決められているわけではありませんので、
調子が良いときは食事や休憩の時間を多少変えても作業の時間を優先することがあります。

したがって、午後3時になったからとお菓子を提供して休んでもらおうと思っても、
職人の集中力を削ぐことにもなり兼ねないのです。

そのためか、最近はあらかじめ施主からのお菓子・お茶の差し入れをお断りしている現場もあります

それらが必要かどうかはあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.