注文住宅の間取りとデザイン

注文住宅の間取りや費用を考える秘訣

投稿日:

注文住宅の間取りや費用を考えるときに、あなたはこう考えるのではないでしょうか?

「自分たちの生活に合ったより良い間取りを考えたい」
「なるべく費用を抑えたい」

そう考えるのは、当然のことです。
では、どのように考えると希望に沿った家づくりが進むのでしょうか?

注文住宅の間取りプランを練る前に床面積の最大値を考える

家の間取りについてアイデアを練る前に、確認しておくことがあります。

それは「どのぐらいの床面積を持つ家が建てられるのか」ということです。

床面積とは、各階の床の面積をすべて足した広さのことです。

3階建てなら1~3階までの各階の床面積を足して算出します。

間取りを決める前に床面積を計算する理由

具体的な間取りの内容よりも床面積の最大値を先に計算するのには、3つの理由があります。

1つめは注文住宅の金額の問題です。

予算に上限がある以上、坪単価がいくらになるのかを考える必要があるわけですから、これは無視できない問題です。

2つめは床面積を決めることで、ご自分も含めたご家族のライフスタイルが見えてくるからです。

建築する住宅の床面積により部屋を1つ増やせるかどうかで、ライフスタイルが変わる場合があります。

3つめは算出した住宅の床面積が希望に合わない場合、
希望の注文住宅を2階建てを3階建てにして対処するのか、
地下室を作るのかを決める必要があるから
です。

具体例からわかる床面積の重要性

ここで一例として、以前私が担当した東京都世田谷区のお客様のケースをご紹介します。

そのお客様の希望の注文住宅は30坪の土地
2階建ての家を建てることを希望されていました。

ところが、容積率の関係で、
床面積が30坪ぶんしか取れなかったのです。

安くはない建築費用を払ってこのぐらいの床面積にしかならないのであれば、
わざわざ建て替えるメリットを感じられないとのことで、
お客様も最初は気が引けていらっしゃいました。

そこで私からご提案させていただいたのが、
予算が多少増えても1階ぶんを総地下にすることでした。

これなら床面積の半分を地下にすることができますから、
30坪×50%=15坪ぶんを増やせます。

つまり30坪の土地に2階建て・地下1階で床面積45坪の家を建てられるわけです。

このお客様も含めて、ハウスメーカーの住宅展示場に来る方が一番知りたいのは
自分の敷地に何坪の家が建てられるのか」という疑問に対する答えなのです。

制約が多い都市部での住宅建築

たとえばこれが、地方で300坪の広い土地を持つお客様であれば、
床面積はそれほど気にする必要はないかもしれません。

予算が許す限り、間取りに悩むこともあまりないでしょう。

しかし、都市部に家を建てる場合は敷地の広さに厳しい制約がありますから、
細かく計算する必要があるのです。

都市部であれば、北側斜線建蔽率容積率用途地域などの条件を見て、
2階・3階建ての場合の最大床面積をそれぞれ考え、
それをどの部屋に配分するかを考えることは大事です。

私がこれまで担当した東京、神奈川、埼玉のお客様のなかでも、
東京のお客様は高い地価の40坪前後の土地をお持ちの方が多く、
床面積の問題は本当に切実でした。

この悩みに寄り添い、的確なアドバイスができる人が
ハウスメーカーの良い営業マンだと思います。

住宅展示場に行ったらいろいろなメーカーの営業マンに話しかけて、
どんな具体的なアドバイスがもらえるのかを、ぜひ比較してみてください。

【関連記事】▼プランニングのコツ内装の色使いについて記載しています▼

間取りを決めるとき家相を考えるべきか

これまでに私が担当したお客様のなかで、
気にされる方が意外と多かったのが、家づくりにおける家相の扱いでした。

家相とは、方角と間取りの関係から運勢や運気をみる占術で、風水に近いものだと考えるとイメージしやすいでしょう。

実は気にされる方が多い「家相」

家相は昔からある知恵のひとつというイメージのためか、
一見、ご高齢の方ほど気にされることのようにも思えます。

ところが実際にお客様と話してみると、
若くても気にされる方が多いことがわかりました。

とくに住宅について熱心に勉強をされている方ほど、
家相についていろいろと考えていらっしゃったのです

では、注文住宅を建てる際に、家相についてはどう考えれば良いのでしょうか?

暮らしやすさを第一に考える

ひとつ明確なのは、家相を重視し過ぎて、
そのすべての条件が良くなるように間取りを考えると、
自分のライフスタイルにあった家にならない場合が多い
ということです。

家相の考え方をなんでも取り入れるのではなく、
そのなかから重視するポイントを絞り込むのが良いと考えます。

最も優先すべき家相

家相のなかで優先すべきポイントは、水まわりに対する考え方です。

この水回りを決める際にも、あえて絞り込む家相を決めます。

何を重視するかについては、専門家のご意見はいろいろあるかと思いますけれど、
本来は人が暮らしやすい家を作るための知恵のひとつですし、
風水なども同じような考え方からきているものです。

なので、ハウスメーカーや工務店を選ぶときは、
その企業が家相についてどういった考え方をお持ちなのか
を確認してみることをおすすめします。

実は家相の結果によって見積もり額が増えてしまったり、
注文住宅のコストが大きく変わってしまったりすることがあるのです。

費用とのバランスも考えながら、家相の知恵をうまく取り入れましょう。

家相や風水に振り回されない家づくりを

なお、お客様によっては家相と同じぐらい風水を気にされる方もいらっしゃいます。

これも個人の考え方しだいになりますが、
立地や陽当たりと関係する問題でもありますから、
気にしないよりは気にされるほうが良いでしょう。

かといって、家相同様にこだわり過ぎて、
使いづらい間取りになったり、
土地探しの際に良い条件の土地をみすみす逃してしまう
のも損な話
です。

これも知恵の活かし方のバランスを考えましょう。

家相について詳しく解説しているサイト
用途別家相表がダウンロードできます。
参考株式会社カク企画設計 様
http://kakukikaku.com/kasouhyou.htm

PR

タウンライフ家づくり




絶対知っておくべき住宅会社の選び方


家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。
でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」

というギャップを感じた人は大変多いそうです。
適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか?

いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、
夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。
ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法


  • 住宅展示場へ行く

  • ネットの情報をもとに問い合わせをする

  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する

  • ネットで資料請求する


どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く

メリット
・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる
・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる

デメリット
・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ
・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い
・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される

検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする


メリット
・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる
デメリット
・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある)
・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難

ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く


メリット
・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる
デメリット
・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも
・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった

大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。
担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。

住宅情報の雑誌を見て資料請求する

メリット
・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる
デメリット
・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。

ネットで資料請求する

メリット
・自宅で簡単に請求ができる
・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる)

デメリット
・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある

最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法

自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。
それは
資料を一括請求すること

一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。

しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。

タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。
タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。

細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由



  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ

  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない

  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない
(※検証・ネット口コミ・評判による情報)

  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する

  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる

  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる


他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。

何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で
他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。

※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要
よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます

大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。

厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照


タウンライフが信頼できる証証拠


ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。

注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。
↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓




すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-注文住宅の間取りとデザイン

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2019 All Rights Reserved.