ハウスメーカー(注文住宅)

フィアスホームの特徴を徹底分析!注文住宅の費用や間取りは?

投稿日:

フィアスホームは、永く住み継がれる住まいを提供している住宅メーカーです。
LIXILグループの一員であり、フランチャイズシステムにより全国各地に展開しています。

ここでは、住宅メーカーフィアスホームの
メリットや特徴、こだわり、工法、坪単価、実績などについて紹介
しています。

フィアスホームの魅力がわかり、
他の住宅メーカーとも比較しやすくなりますので、参考にしてください。

フィアスホームで建てる注文住宅のメリットや特徴

フィアスホームで建てる新築住宅には、他の住宅とは違ったメリットや特徴があります。
ここでは、主なメリットや特徴について見ていきましょう。

年を通して快適な暮らしを実現する高気密・高断熱注文住宅

高気密・高断熱で快適な注文住宅
フィアスホームで建てる新築住宅は、
高気密・高断熱で少ないエネルギー消費で快適な暮らしを実現できます。

高気密・高断熱の住まいをつくる、特徴や技術は以下のとおりです。

断熱性の高いeパネル
フィアスホームのオリジナルeパネルは、高性能断熱パネルです。

eパネルを使用することで、暑さをブロックし、寒さを遮り、快適な室内温度を保てます。

eパネルは、断熱性が高いだけでなく、
施工性も優れているため、現場施工によるバラつきを抑えることが可能です。

開口部へ配慮して熱が逃げるのを防ぐ
家の断熱性能の弱点となるのが、窓や玄関ドアなどの開口部です。

そこでフィアスホームでは、開口部に気密性・断熱性の
優れた部材を使用して、熱が逃げるのを最小限に抑えています

自然の恵みを活かす
フィアスホームの新築住宅は、深い軒の出によって夏の厳しい日差しをブロックします。

また、庭に水盤や芝生を採用すれば、日差しや熱気の侵入を抑えることが可能です。
また、従来のよりも大きめのサッシを採用することで、冬の日差しをたくさん取り込めます

フル3Dウィンドウで風を取り込む
フィアスホームでは、屋外の風を効率的に取り込めるフル3Dウィンドウを使用しています。
すべり出し窓を開けた状態にすれば、自然の風を効果的に取り込むことが可能です。

末永く安心して暮らす注文住宅であるための充実した保証・点検

充実した保証・点検
フィアスホームで建てる新築住宅は、以下のように充実した保証・点検制度が用意されているため、
いつまでも安心して暮らせる住まいを実現できます。

それぞれの内容は以下のとおりです。

完成保証
フィアスホームの家には、契約した加盟店に万が一のことがあって、
契約を遂行できなくなった場合でも、引渡しを保証する完成保証が付いています。

追加費用がかかった場合も、保証により一切負担はありません

瑕疵保証
フィアスホームで建てた新築住宅は、
引渡し後10年間の住宅瑕疵担保責任保険が付いています。

対象部分に瑕疵が見つかった場合は、保険金で補修を受けることができます

耐震補償
フィアスホームは、地震に強い家づくりをしているからこそ、
耐震補償を付けています

耐震補償は、万が一地震の揺れを起因としてマイホームが全壊した場合に、
建て替え費用の一部が補償される制度です。

※補償期間は10年間

地盤20年保証
地盤の不同沈下などで住まいに損傷が発生した場合、
最大5,000万円の補修費用が補償されます。

短期保証
フィアスホームでは、マイホーム引渡し後1〜2年間は、
設備や仕上げ部分の保証をおこなっています。

長期定期点検
フィアスホームでは、マイホーム引渡し後も定期的に点検をおこない、
住まいの健康状態の確認やメンテナンスサポートをしています。

20年目までは無料点検で、それ以降は有料点検となります。

フィアスホームのハウスメーカーとしてのこだわり

フィアスホームは、お得な料金で太陽光発電システムを提供していたり、
HEMSの設置やハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー受賞など、
環境や家計にやさしい住まいづくりをしています。

ここでは、主なこだわりについて見ていきましょう。

電気を創る太陽光発電システムで省エネ性能の高い注文住宅づくり

省エネ性能の高い注文住宅づくり
フィアスホームの新築住宅には、太陽光発電システムを採用することも可能です。

太陽光発電システムを設置することで、発電して余った電力は売却ができ、光熱費の節約ができます。

フィアスホームの太陽光発電システムは、
提携クレジット会社がシステムの購入資金を建て替えるため、初期支出は0円で済み、
分割手数料はフィアスホームが全額負担してくれます。

また、月々の返済は売電額を充てられるため負担が小さく、
売電額が返済額を上回れば実質0円でシステムを搭載可能です。

そして、返済が完了する11年目以降に関しては、
売電額が丸ごと収入になるため、さまざまな用途に使えます。

フィアスホームであれば、環境にやさしく経済的な住まいを実現可能です。

エネルギーを見える化する「HEMS」で建て替えの効果もバッチリ

フィアスホームでは、消費エネルギーを見える化するHEMSの設置ができます。

HEMSは、HomeEnergyManagementSystemの略で、家庭用エネルギー管理システムのことです。
HEMSを使用することで、電力量や電気料金などを簡単にチェックできるようになります。
さらに、外出先からエアコンや照明を操作したり、インターホンで来訪者の確認をすることも可能です。

エネルギー収支ゼロ「ZEH」対応

フィアスホームの新築住宅は、
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応しており、
効率的にエネルギーを使用し、経済的な暮らしを実現しています。

ZEHは、太陽光発電システムなどの「創エネ」、
高効率でエネルギーを使用できる省エネ機器などによる「省エネ」、
建物の「高断熱性」によって、年間の一次エネルギー消費量を正味ゼロにする住まいのことです。

エネルギーが効率的に使えることで、光熱費を大幅に節約できます。

新築住宅のメンテナンス性を高める「ヘッダー工法」

フィアスホームで建てる住まいは、水漏れのリスクを抑え、
点検・補修などのメンテナンスがしやすいヘッダー工法を採用しています。

コンクリートの耐久性を向上させる「高耐久性の基礎仕上げ塗装」

フィアスホームでは、住宅の基礎を美しく長持ちさせるために、
高耐久性の基礎仕上げ塗装Fコートを使用しています。

Fコートは、コンクリート表面のヒビ割れを保護し、
コンクリート内部への水の侵入も防ぐことが可能です。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー8年連続受賞

フィアスホームは、省エネ住宅のトップランナーを選定する
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
で8年連続受賞しています。

2017年度には優秀賞と5年連続受賞した企業だけに贈られる
特別優秀企業賞をダブル受賞しています。

省エネ住宅において、非常に高い評価を得ている企業です。

現場の進捗を確認できる「FCNAVI」

フィアスホームでは、直接現場に足を運ばなくても現場の進捗状況をWeb上で確認できます
仕事で忙しい人や、施工現場と住まいが離れている人でも安心です。

耐久性を高める「通気層」

フィアスホームで建てる新築住宅では、
壁体内結露を抑えて耐久性を高めるために通気層を設けています

壁体内に結露が発生すると、下地が腐るなどして構造体の劣化を招いてしまいます。
フィアスホームでは、通気層のない一般工法住宅とは違い、
外装材の内側に通気層を設け、さらに湿気に強い樹脂系断熱材を使用しています。

フィアスホームで採用されている工法

ここでは、フィアスホームで採用されているモノコック構造の特徴や
技術等について確認していきましょう。

いつまでも安全に暮らせるテクノロジーと施工

安全に暮らせるテクノロジーと施工
フィアスホームで建てる新築住宅は、外力を分散して
地震に強いモノコック構造を採用しています。

一般的な木造軸組工法であれば、地震の際、
柱や筋交いなどの軸材に大きな力が集中して建物がねじれやすいですが、
モノコック構造であれば地震に強い構造躯体を実現できます。

地震や台風に強いモノコック構造の技術や特徴は以下のとおりです。

オリジナル「ベタ基礎」
フィアスホームの新築住宅の基礎部分は、建物にかかる負担を
地面全体に分散するオリジナルベタ基礎を採用しています。

一般的な布基礎は地震の力で破損しやすい弱点がありますが、
ベタ基礎は一体型なため壊れにくい特徴を持っています。

地震や台風などの災害時にかかる瞬間的な負荷を
しっかりと地面に伝え、住まいを足元から支えるオリジナル基礎です。

安定した品質の「エンジニアリングウッド」
フィアスホームの家に使われる柱や梁などの主要構造材には、
高い強度と安定した品質が特徴のエンジニアリングウッドを採用しています。

厳格な生産管理により、含水率が15%以下で反りや割れの発生も抑えます。
使用している接着剤は、JAS規格の「浸漬剥離試験」
「煮沸剥離試験」「減圧加圧試験」などに合格したものを使用しているため、
優れた性能を発揮することが可能です。

エンジニアリングウッドによって、強い家づくりを実現しています。

強度を高める「テクノスター金物」
フィアスホームの新築住宅で採用しているモノコック構造では、
接合部の強度を高めるためにテクノスター金物を使用しています。

在来工法だと梁の接合部分すべて欠損しますが、テクノスター金物であれば
ボルト穴部分のみの欠損で済みます。

接合部の断面欠損リスクを減らし、強固に接合することが可能です。

オリジナル高性能パネル「eパネル」
フィアスホームの新築住宅のモノコック構造では、木造軸組+パネル工法により、
地震や台風などの外力に強い構造躯体を実現しています。

高層ビルにも用いられる粘弾性体を一体化したeパネルを使用することで、
繰り返しの地震にも強い家づくりが可能です。

地震による建物の変形量も低減します。

ねじれや揺れに強い「剛性床」
フィアスホームのモノコック構造では、建物の剛性を高める剛性床を採用しています。

床面の剛性が低いと、地震などの強い外力を受け止められず、
建物が変形する可能性があります。

しかし、剛性床であれば、土台や床梁に直接構造用合板を打ち付けて
一体化させているため、ねじれや揺れに強い住まいづくりが可能です。

品質のバラつきを抑える施工方法
フィアスホームの新築住宅は、工場でプレカットされた構造材に接合金物を使用して、
安定した品質を確保しています。

金属流動を利用した制震ダンパー「ミューダム」
フィアスホームの建てる新築住宅は、制震ダンパー「ミューダム」により、
地震の際も安心の家づくりを実現しています。

制震ダンパーミューダムは、金属流動を利用しており、
摩擦によって地震エネルギーを熱エネルギーに変換します。

大地震や繰り返しの余震にも強く、揺れ幅を大幅に低減可能です。

地震の揺れ幅を低減することで、建物の損傷を抑えるだけでなく、家具の転倒や怪我を防げます。

フィアスホームの新築住宅の坪単価・見積もり

フィアスホームの新築住宅の坪単価は、45万円〜70万円程度です。

他の住宅メーカーと比べて、決してリーズナブルな価格帯とは言えませんが、
クオリティが高くコストパフォーマンスのよい家づくりをしています。

フィアスホームの実績

フィアスホームはフランチャイズ展開をしており、全体の施工実績は公表されていません

ただし、売上5億円程度の加盟店も少なくないため、
全国で毎年多くの家族が家を建てていることが予想されます。

管理人の一言
最近では、エコロジーに関する関心を持っているお客様も増えています。太陽光発電の売電や、発電した電力を蓄電池に蓄えて、自分たちで使用することで、火力発電から生まれた電力を使わないようにすれば、地球の限りある資源を守ることができます。そんなエコロジーに関心のある方にオススメしたいのが、このフィアスホームです。フィアスホームを購入されたお客様の中には、地球に生きる一員として、やはり地球環境のことを考えたいので、そういった対策を行っている会社を選びましたという方も何人かいらっしゃったほどです。

最近では空き家をリフォームして、できるだけ廃材などを出さないように住宅環境を維持していきたいという国の考えもあります。新築住宅を建てる時にも、長持ちをするもの、地球環境に配慮した住宅を建てるようにすれば、数々の補助金なども受けられて、一石二鳥です。フィアスホームさんであれば、そういったお客様のご要望にも期待以上に応えてくれるでしょう。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.