トヨタホーム

注文住宅トヨタホームの特徴や魅力について

投稿日:

もくじ

トヨタと聞けば車を連想してしまう

トヨタは世界的に有名な企業の一つです。恐らく殆どの方がトヨタ製の車に乗った経験があるでしょう。

しかしトヨタは注文住宅業界の中でも高い地位と名声を得ています。トヨタホームと言う言葉もCMや広告などで何度か聞いたことがあると思います。

自動車作りだけがトヨタではないのが特徴なんです。自動車に鉄と言う部品を使っているのは、ご存知ですよね。この鉄に注目した丈夫な家こそがトヨタホームなんです。そして、そこからは4つの幸せを提供されているのです。

  • 「耐震テクノロジー」
  • 「安心テクノロジー」
  • 「防犯テクノロジー」
  • 「環境作りテクノロジー」

の4つです。これだけ聞くとかなり丈夫で最先端な家が建ちそうな印象を受けますね!!(笑)

 

トヨタグループ力の結集と品質

トヨタホームの家づくりには、世界のメーカー、トヨタの技術力が活きます。

 

高品質を徹底的につくり込む

トヨタが考えるモノづくりは、単にクルマや家をつくることではないようです。グループの哲学は、その製品をとおして社会や環境、そして人々の生活をつくっていくことだそうです。

トヨタグループの企業文化には、ユーザーに永く満足感を与えるために、品質を最優先する姿勢が貫かれていて、本当に感銘を受けますね。

「ムリ、ムダ、ムラを徹底して排除して、品質を徹底的につくり込む」

とするトヨタ生産方式は世界で評価されているのです。トヨタホームの注文住宅の品質は、トヨタグループ17社が支えていると言っても過言ではありません。

 

完璧なHEMSがコントロール

人に優しく快適で、地球にも優しい住まいの実現に向け、トヨタグループの技術を最大限に活かし、トヨタホームの注文住宅分野でも先行技術開発に取り組んでいます。

トヨタホームのスマートハウスでは、家の頭脳であるホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)が、情報センターやクルマと通信し、太陽光発電や燃料電池で生み出したエネルギーを蓄電池に貯めたり、クルマに充電したりと、低CO2で経済的なエネルギーを賢く使うZEH(ゼロエネルギー住宅)を実現しています。

 

地震大国日本では強い耐震性能が求められる

地震大国日本は、いつ地震が起きてもおかしくない状態にあります。そんな中で、トヨタホームは強い耐震性能を実現しています。せっかく建てた家が地震によって壊れてしまったら嫌ですよね...。

陥工事や手抜き工事の心配もなく、扉にも防犯のため工夫を施しております。

 

トヨタは環境問題も考慮している

さらに、トヨタホームは環境問題も考慮し、建材から発生するホルムアルデヒド対策にも取り組んでおり、また、健康障害を引き起こすアスベストは一切使用してしないのです。

環境保護が世界的に騒がれている中、このような取り組みは非常に支持できますね。

 

住宅品質確保促進法の最高ランクの断熱性能

トヨタホームの断熱性能は、住宅品質確保促進法の最高ランクで、一日中、部屋間や室内の高低による温度差を抑えることができるそうです。

断熱性能が優れているというと、冬は暖かくても夏は?と不安になってしまうかもしれません。しかしトヨタホームは、設計段階から自然の風や光を効率よく取り込むよう工夫し、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる温熱環境を保っているというので安心です。

 

自由自在な間取り

設計段階からの工夫が可能なのは、トヨタホームの住宅は間取りが自由自在、という特徴があるからだそうです。最小限の柱と梁で建物を支えることで筋交いや体力壁を必要としない「シンセシリーズ」や、上下階に通じた通し柱が必要ない「エスパシオシリーズ」等、自由度の高いプランニングが可能な構造が、広々とした空間を実現させ、快適な環境づくりに繋がっているのだそうです。

窓の位置や大きさも制限されにくいので、大きな窓をつくって自然の光を多く取り込むことができるということですね。

 

オリジナルの空調・換気システム

室内の温度や空気環境に特に影響を受けやすいのは、小さなお子様やご高齢の方々です。

温度差が原因で引き起こされるヒートショックは、特に冬のお風呂場で心臓麻痺等の健康被害を生んでいます。また、花粉や黄砂、PM2.5等は、特に小さなお子様をもつ親御さんは心配なのではないでしょうか。

そこでトヨタホームは、家の中の温度差を軽減するためのオリジナルの空調システムや、室内の空気を清潔に保つ換気システム「ピュア24セントラル」を用意しているようです。

一年を通して全室の温度差が軽減され、常にきれいな空気のもと暮らすことができるというのは、お子様やご高齢の方も安心して健康的な生活を送れそうです。

 

デザインも素晴らしい

トヨタホームはデザインも様々あり、外観、構造、ライフスタイルの3つから選ぶことができるます。

デザインも豊富にあるのが魅力なんです。必ず自分の気に入った家が見つかることと思います。この家ならば、健やかに何気ない日常を幸せに過ごすことができるのです。建てる時の安心感、建てた後も安心で、

また、トヨタグループの総合力で支えてくれるという安心感もあるのです。様々な安心感や幸せを提供してくれるので、相違工夫をしているのだと感じることができます。

トヨタホームの注文住宅は居心地のいい暮らしをデザインするインテリアを取り入れ、住む人に癒しや心地よさを提供します。

 

インテリアは多彩なバリエーションから選ぶ

 

家づくりにおけるインテリアデザインは、家族の個性やライフスタイルと綿密に結び付きます。トヨタホームのトータルにコーディネートするインテリアデザインは6つのバリエーションから選べます。

6つのバリエーションを一つづつ紹介しますね!

 

種類 詳細
Modernbr
(モダン)
色彩のコントラストが愉しめる都会的な空間を演出する。

レザー調の重厚感のある家具やハラコ柄、幾何学模様などのアイテムが似合うインテリアだ。

Plain
(プレーン)
明るく爽やかで軽快な印象のインテリア。

コットンや麻などの柔らなかファブリックやカラフルな小物が大人のカジュアルなインテリアをつくりあげる。

Natural
(ナチュラル)
心が安らぐ居心地のよさがポイントのインテリアで、その名のとおり自然な印象を暮らす人に与える空間。

アースカラーや天然素材のアクセントが、自然を身近に感じさせてくれる。

Japanese
(ジャパニーズ)
日本の美意識を重視した空間演出で格子や障子などのアイテムが印象的だ。

障子から差し込むやわらかな光。ゆったりと落ち着いた和の空間で、贅沢な時間を過ごす。

Japanese Modern
(ジャパニーズモダン)
和の落ち着きとモダンが調和する上質な空間演出。

和を意識した家具やアイテムと調和する直線的なデザインを採用する。

Classic
(クラシック)
オーセンティックなダークブラウンを基調に格調のある空間。

装飾的なアンティークな家具、古典的でオーソドックスな柄の壁、ゆるやかな照明などで優雅な空間をつくりあげる。

大空間、自由設計で快適生活

トヨタホーム・鉄骨構造の注文住宅なら、ゆったりと広いリビング、家族があつまるLDK、上下階をつなぐ開放的な吹き抜け、そしてスキップフロアなど、思い描いたとおりの大空間が実現できる。

トヨタホームなら最小限の鉄骨で柱と梁を支える構造なので、筋交いや構造壁が必要なく、自由度の高い間取り設計が行なえる。

トヨタホームの注文住宅シンセシリーズなら最大で35畳もの大空間をつくることも可能だ。さらに、エスパシオシリーズは上下階に貫通する通し柱が必要なく、少ない耐力壁で一般的な軸組構造と同等の強度が得られる。そのため、プランニングの自由度がさらに広がる。

 

光と風が心地よい

トヨタホームの注文住宅なら、鉄骨の強靱な柱と梁が家を支えるため、夢に見た大開口も思いのまま手に入る。

在来工法による「軸組構造」や「壁式構造」の注文住宅では、構造体を支えるための筋交いや耐力壁によって開口部の大きさが制約を受けてしまう。が、トヨタホームが注文住宅建設で採用する鉄骨ラーメン構造は、開口の大きさが制限されず、光と風を満喫できる大きな開口部設計が可能で、大きな窓から心地よい光や、清々しい風を取り入れることができる。

 

夏涼しく、冬暖かい住まいを実現

熱が家から逃げる。そのため家の中の室温を変化させる。家の中を快適な温度に保つには、住宅の断熱性能を上げることが重要だ。

トヨタホームの戸建て注文住宅は、住宅品質確保促進法の最高ランク「等級4」を実現している。

そのため「部屋と部屋」「室内の高低」「夜と昼」の温度差を抑制する。外壁はもっとも外気に触れる面積の多く、トヨタホームの注文住宅は、すべて構造体の内側を断熱材で覆う「充填断熱工法」を採用する。

これは品質を確保しやすく、性能が高い断熱方法である。もちろん、もっとも夏が逃げやすい開口部である窓は、高気密サッシと高遮熱断熱ペアガラスだ。

 

当然の24時間換気システム

トヨタホームの注文住宅でも、当然24時間換気システム「ピュア24セントラル」が装備となる。室内の空気から熱や湿気を回収し、やっかいな屋外の花粉や黄砂、PM2.5などを除去したうえで新鮮でクリーンな空気を取り込む。

健康な室内空気環境を整えるためにシックハウス対策も万全だ。新鮮でクリーンな空気環境を保つために、下地材や仕上げ材は、ホルムアルデヒド放散量のもっとも少ないF☆☆☆☆建材を使用している。ホルムアルデヒド放散量が多くなる夏場でもクリーンな空気に保つ。

 

空調システム「スマートエアーズ」標準装備

夏、スマートエアーズが家中涼しい環境を保ち、前述したトップクラスの断熱性能や深い軒などの日射制御アイテムで、
エネルギー効率を高め、熱を遮る効果を高める。

一方、冬はスマートエアーズがすみずみまで暖めるため、ヒートショックを防止する。冷たい空気が入りにくい「ピュア24セントラル」や高い断熱性能、光を取り入れることで、家全体を暖かく保つ。

トヨタホームの安心

家は、一生に一度の大きな買い物です。何度も買い替えるわけにはいきません。

だからこそ、安心して何年も住み続けることができる家を購入したいですよね。トヨタホームは家づくりにおいて

    • 建てるときの安心
    • 建てたあとも安心
    • 支え続ける安心

を提供することで、末永く住まいと家族を守っていくことを掲げています。本日はそんなトヨタホーム3つの安心の中の1つ「建てるときの安心」をご紹介します。

 

トヨタホームの建てる時の安心

日本で家を建てるうえで必ずと言っていいほど不安要素となるのが、地震です。地震に弱い家には、当然安心して住むことはできません。

 

トヨタホームの住宅は耐震等級3

トヨタホームの住宅は、「耐震等級3」という、国の定めた住宅性能表示において最高ランクの耐震性です。これは、消防署と同等の強さだそうです。

 

構造体の劣化にも強い

地震以外にも住宅の敵となるものの一つに、構造体の劣化があります。

トヨタホームは、安定した品質が確保できる「鉄」を構造体に使用することで、高い耐久性を実現しているそうです。加えて他社と比べても強みとなるのが、徹底したサビ対策。鉄骨の裏側や小さな部品まで、ムラのないサビ止めを施す防錆技術は、車の生産で培った技術を活かせるトヨタグループならではです。

 

防犯性も高い

住宅への脅威は、自然のものばかりではありません。家族の安全を守るには、高い防犯性が必要です。防犯性のポイントは、360度どこからも狙われにくく、入られにくい住宅であることです。

トヨタホームは、ドアや窓ガラスに、防犯性の高さを証明するCPアイテムを用意し、建物への侵入を防いでいるそうです。被害を未然に防ぐことができれば安心ですね。

トヨタホームは、末永く安心して暮らすことができる住宅づくりのため、徹底した品質追及から、高い耐震性・耐久性・防犯性を実現していると言えそうです。

築80年くらいの実家は耐震・免震が心配だった

愛知県在住のマンション暮らしをしています。世帯は小学生と幼稚園の男の子と夫婦の4人家族ですが、2LDKでもう少し子供が大きくなると手狭になると思いそろそろ戸建のマイホームをと思って1~2年前から探し始めています。

土地は近くの実家がかなり古いのでそこに住む両親と入れ替わって建て直せたらいいなと考えています。最近は地震も多いので免震がとても気になります。築80年くらいの実家は耐震・免震がまったく考慮されていないのではと不安でしたね。

旦那の勤務先がトヨタグループということもあり、トヨタホームが気になってトヨタホームの耐震・免震を調べてみました。

 

トヨタホームは耐震・免震を売りにしている

実際にモデルハウスを回ってもトヨタホームは耐震がしっかりしていそうな印象を受けました。

工場見学でも確か実際にユニットをクレーンで吊り上げて落下させるというデモで頑丈さを見せてくれる企画があった気がします。実際に肌で体験できる点は非常に大きいですね

 

木組でも耐震構造は確保できている

木の家にも興味があり、いろいろとモデルハウスを見たりしています。木組みでも耐震構造は確保できるといこともわかってきました。木の家の広告を見ても東日本大震災で周囲の住宅が倒壊する中でそのハウスメーカーの家だけがポツンと残っていたりとなかなか興味深いです。耐震だけでなく、一生に一度の大きな買い物なので色々と妥協せずに探したいと思っています。

 

トヨタホームの家は業界最高ランクの断熱性能

トヨタホームの家は業界最高ランクの断熱性能をほこり、冷暖房に頼りすぎずに生活することができます。

外壁や窓に工夫があるので、夏は外からの暑さを遮り冬は家のなかの熱を逃がしません。

以前住んでいたマンションではエアコン代がかさみ夏場の電気代は恐ろしいことになっていましたが、今は電気代はかなり抑えられています。節約もできエコなのでとても満足しています。家のなかの空気が快適なのも嬉しいポイントです。

 

トヨタホームの注文住宅は長寿命

ハウスメーカー、トヨタホームが建てる家は耐震性が極めて高い。国の定めた住宅性能表示で最高ランクの「耐震等級3」を達成する。

この数値は災害時などに防災活動拠点となる消防署や拠点病院などと同等の強さを証明する値だ。住宅として想定した耐震実験で、構造体に損傷は見られず大地震のあとでも安心して住み続けられる性能を持つ。

トヨタホームの注文住宅は、鉄筋コンクリート高層ビルなどが採用する鉄骨ラーメン(枠組み)ユニット構造を採用する。戸建て住宅でも鉄の枠組みの持ち味であるしなやかな「粘り強さ」が高い耐震性を発揮する構造だ。トヨタホームの注文住宅では、単体でも強い鉄の柱と梁の枠組みを、

さらに強固に接合した強靭な構造体「パワースケルトン」を採用している。

 

自動車ボディ製造で培った鉄の溶接技術

トヨタホームの注文住宅に採用するパワースケルトンに欠かせないのが、柱と梁を強固につなぐ「剛接合」技術だ。釘やボルトで固定するのではなく、自動車製造で培った溶接技術によりユニット全体を一体化。

さらに変形防止プレート(ダイアフラム)で強化し、耐震性の高いラーメン構造をつくりあげている。

さらに、トヨタホームは強靱な鉄骨ラーメン構造を進化させて、耐震性能が高く、注文住宅として家づくりの自由度が高い「EST工法」によるエスパシオシリーズを用意している。

 

鉄を守る防錆塗装技術

鉄の劣化の大きな原因はサビだ。柱の傷や防錆塗装のムラなどわずかな隙をねらって発生する。

トヨタホームは、鉄の長所を最大限に生かすために適切なサビ対策を実施して長く住める家づくりに取り組んでいる。
注文住宅におけるトヨタホームの家づくりのなかで、防錆塗装技術は非常に重要だ。トヨタのクルマづくりから生まれたカチオン電着塗装は、塗料の入った電着槽に鉄骨を丸ごと浸し、耐久性の高い樹脂塗料を電着させ、鉄骨の表面を強固にガードする。

鉄骨の裏側や、ドッキングプレートなどの小さな部品など細かな部分にも、ムラのないサビ止めを施こすことが出来る。トヨタホームの家づくりで行なわれる防錆塗装技術は、築20年以上のトヨタホームで品質の高さが実証されている。

住まいの中で特に湿気が多く、高温多湿な夏場には錆びやすくなる場所。築20年以上のトヨタホームの家の床下を確認したところ、構造体の耐久性に影響を与えるようなサビはなく、塗装表面は新築時と変わらない状態だったという。

 

制震システム「T4システム」

優れた耐震性能を誇るトヨタホームの構造体住宅に、トヨタ独自の技術が生んだ理想的な制震装置をプラスできれば、さらに強固な家づくりが実現できる。そのために開発したのが「T4システム」だ。

自動車の揺れを最適化するサスペンションに用いられるショックアブソーバー(ダンパー)を発想の原点に、地震エネルギーを回転運動に変え、そのエネルギーをダンパーオイルが吸収して建物の変形量を約20%~70%軽減するシステムだ。

トヨタホーム,二世帯

 

田中
「二世帯住宅で暮らすなら、しっかりとプライバシーを確保できる家がいい」
奥さん
「親世帯・子世帯がゆとりをもって過ごせる広々としたリビングがいい」

など、二世帯住宅を建てるとなると、親世帯・子世帯ともにさまざまな要望があるものです。

トヨタホームは、要望に合わせた高品質な二世帯住宅の家を建てることができ、他にもいろんな特徴があるため多くの人から支持されています。

ここでは、トヨタホームの二世帯住宅が支持される主な理由について紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、トヨタホームの二世帯住宅の良さがわかり、具体的に検討をすることができますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

二世帯住宅におすすめの「シンセ スマートステージ」「シンセ フィーラス ニコリズム」

 

トヨタホームには、鉄骨ラーメン構造のシンセシリーズEST工法のエスパシオシリーズがあり、「仲良し二世帯住宅」を実現するためにシンセシリーズの商品「スマートステージ」と「ニコリズム」をおすすめ商品として提案しています。

スマートステージは「みんなの素敵が見つかる住まい」をコンセプトに多彩なプランやデザインが用意されていて、ニコリズムは独立タイプの二世帯住宅を建てることが可能です。

以下のようにシンセシリーズには他にも多くのラインナップがあり、平屋や二階建て、三階建てのこだわり注文住宅をつくることができます。

  • シンセ・ピアーナ理想の平屋(平屋、勾配屋根)
  • シンセ・カーダ(二階建て、フラット屋根)
  • シンセ・アスイエ(二階建て、フラット屋根)
  • シンセ・ヴィトロワ(三階建て、フラット屋根)

 

素敵な二世帯住宅が建てられるスマートステージやニコリズムには、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

 

家族が気兼ねなく暮らせる4つのプラン

 

トヨタホームプラン

 

二世帯住宅といっても、家族構成や親世帯・子世帯の暮らし方、予算などによって空間や設備の使い方も変わってきます。

トヨタホームでは、ずっと長く快適に暮らせるように以下の4つのプランが用意されています。

 

【1】全部共用タイプ

全部共用タイプは、食事は一緒、浴室と玄関は共用タイプです。

寝室をのぞき、ほとんどの空間を二世帯で共有するためコミュニケーションがとりやすく、家事や育児を一緒にしやすいのがメリットです。

 

【2】部分共用タイプ

部分共用タイプは、食事と浴室は別々で玄関は共用します。

キッチンや水廻り、玄関など一部の空間のみを共有するため、気をつかいすぎず、適度なプライバシーを保てるのがメリットです。

 

【3】独立タイプ

独立タイプは、食事・浴室・玄関をすべて別々に使用します。

ひとつ屋根の下でありながら空間を区切るため、プライバシーを守り、それぞれの生活リズムで暮らせるのがメリットです。

 

【4】建物分離タイプ

建物分離タイプも、食事・浴室・玄関をすべて別々に使用します。

親世帯と子世帯で隣接もしくは近接した土地に家を建てるため、それぞれ自立した生活が送れます。

予算はかかりますが、適度な距離感を保てるのがメリットです。

 

 

親世帯・子世帯の状況や要望に合ったプラン選択により、仲良し二世帯住宅の家づくりが実現可能です。

 

 

地震に強い強靭な構造体

 

トヨタホームは柱と梁を強固に接合した「鉄骨ラーメン構造」を採用しています。

鉄骨ラーメン構造は、高層ビルにも採用されている高い耐震性と耐久性を発揮する構造です。

そして、その鉄骨ラーメン構造をさらに強固に接合した構造体「鉄骨ラーメンユニット」により、地震に強い家づくりを実現しています。

鉄骨ラーメン構造の柱には、100ミリ角の鉄骨の約2倍、125ミリ角の木材の約4.3倍もの強さを誇る、業界トップクラスの125ミリ角の太く強靭な柱を使用しています。

1本の柱で178.4kN(18.2トン)もの重量を支えることが可能です。

そして、1本の柱でも強度178.4kNあるのですが、ユニットにボックスすることでさらに1.5倍もの強度を実現できます(261.8kN、26.7トン)。

また、接合部には変形防止プレート(ダイアフラム)を内蔵しているため、強い外力が加わったとしても変形を防ぎます。

変形防止プレートを内蔵しない場合に比べて約35倍もの強さがあり、94.1kN(9.6トン)の力に耐えることが可能です。

さらに、地震の揺れをオイルが吸収する独自の制振装置T4システムで、地震による建物の変形量を約20%〜70%も軽減します。

このように、強靭な構造体の家づくりをしているため、トヨタホームの耐震性は最高ランクの耐震等級3を満たしています。

耐震等級3は、消防署と同等の高い耐震性で、数百年に1度の確率で発生する大震災の1.5倍の力でも倒壊しない家であることを示してします。

地震から家族を守る家づくりができるため安心です。

 

 

快適な空間を実現する大空間・大開口

 

トヨタホームで二世帯住宅におすすめのスマートステージやニコリズムは、開放感のある大空間・大開口が特徴で、快適な空間や自由な間取りを実現した家づくりが可能です。

一般的な軸組構造や壁式構造の家では、筋交い・耐力壁によって空間が制限されてしまいますが、トヨタホームの鉄骨ラーメン構造であれば、筋交いや耐力壁がなく空間が制限されません

強靭な柱と梁が住まいを支えているため、理想の大開口が実現でき光と風を十分に満喫できます。

また、ワイドスパン工法が可能なため、耐久性の高さを保ちながら最大35畳の柱なしの空間を実現可能です。

田中
「広々としたリビングで家族でゆっくりと過ごしたい」

という住まいづくりの夢を叶えます。

さらに、ユニットのヨコのつながりだけでなく、上下の空間を連結させることでタテの開放感をつくることができ、吹き抜けなどを設けることもできます。

明るく開放的な空間で、親世帯・子世帯仲良く暮らしていけます。

 

 

「長寿命の家」を目指す耐久性の高さ

 

トヨタホーム,長寿命

 

トヨタホームは、長く暮らせる家づくりのために耐久性能に徹底的にこだわっています。耐久性を高めるためのポイントは以下の3つです。

 

【1】きめ細かなサビ対策

 

サビは鉄の劣化の原因となり、鉄が劣化すると耐久性が低下してしまいます。

そのため、トヨタホームの注文住宅では、適切なサビ対策を実施することで鉄骨の構造体の強度を守っています。

鉄骨加工後の電着塗装で裏側までしっかりとサビ止めをし、湿気の多い1階の床下には高耐久メッキ鋼板にカチオン電着塗装、溶接部分は防錆テープで保護することでサビを防ぐことが可能です。

カチオン電着塗装

カチオン電着塗装は、車づくりから生まれたトヨタホームの防錆技術で、塗料の入った電着槽に鉄骨を浸して樹脂塗料を電着させることで鉄骨の表面を強固にガードします。

鉄を知りつくしたトヨタの防錆技術だからこそ、耐久性の高い家づくりが可能です。

 

【2】高耐久外壁

 

トヨタホームの注文住宅は、気候の変化に強い高耐久外壁を使用しています。

外壁材と塗料の素材を厳選しており、気候や温度の変化、風雨によって劣化や色あせが少ないのが特徴です。

使用しているHDセラコートは、30年相当の色の変化を比較する試験(メタルウェザー試験)でも耐久性の高さが実証されています。

 

【3】湿気による劣化を防ぐ通気性能

 

湿気が溜まってしまうと建物の内部に結露が発生し、内装材の腐食やカビの原因になってしまいます。結露の発生を防ぐには、外の空気を取り入れて湿気を逃がすことが必要です。

トヨタホームの注文住宅では、湿気が溜まりやすい床下部分は基礎の天端部分全体から換気するため、効率よく湿気を逃がすことができます。また、壁の中の通気が天井裏に通じているため、建物の隅々まで空気を行きわたらせ、湿気を防ぐことが可能です。

基礎、壁、天井など、建物全体の通気性を確保しているため、湿気による劣化を防ぎます。

これらのこだわりにより、安心して長く暮らせる家づくりを実現しています。

 

安心して長く住める業界トップクラスの60年長期保証

 

トヨタホームは高品質でありながら、業界トップクラスの最長60年長期保証を用意しているため、いつまでも安心して暮らすことが可能です。

高い耐久性と定期的な点検・メンテナンスにより、安心して暮らすことができ資産価値も落ちにくくなります。

60年長期保証の対象部位と保証期間、保証内容は以下のとおりです。

 

保証対象 最長保証期間 保証内容
外壁 60年(初期保証20年) 傾斜、ひび割れ、欠損、破断の著しいものに対して保証。
60年(初期保証20年) 傾斜、変形・たわみ、破断、振動の著しいものに対して保証
屋根 60年(初期保証20年) 変形・たわみの著しいものに対して保証
雨水の侵入防止部分 60年(初期保証15年) 屋内への雨漏り、雨漏りによる室内部材の汚損、仕上材のはがれの著しいものに対して保証
基礎 60年(初期保証30年) 不同沈下、ひび割れ、欠損の著しいものに対して保証。
構造体 60年(初期保証30年) 傾斜、ひび割れ、欠損、腐食、破断、変形・たわみの著しいものに対して保証。
虫害(シロアリ) 30年(初期保証10年) イエシロアリまたはヤマトシロアリの発生による蝕害、損害に対して保証。
付帯設備 10年 製造メーカーや供給業者の定める不具合に対して保証。

 

また、トヨタホームは家がある限り点検をおこなう「生涯点検」を実施しています。

住宅の引き渡し日から25年目までは定期的に無料点検をおこない、30年目以降は10年ごとに点検契約を更新していきます。

点検の際は基礎や構造体などだけでなく、日常的に使用している設備の使用状況や状態についても確認し、住まいの手入れ方法やメンテナンス方法などのアドバイスも受けられるので安心です。

 

自由に選べるインテリアスタイル

 

トヨタホームで二世帯住宅におすすめのスマートステージは、

  • Modern
  • Japanese Modern
  • Plain
  • Japanese
  • Natural
  • Classic

の6つのインテリアスタイルが用意されています。好みの家具や暮らし方に合わせて選択でき、こだわりの空間を演出可能です。

 

家族のこだわりを実現する豊富な外観デザイン

トヨタホームで二世帯住宅などを建てる場合は、外観デザインにもこだわることができます。

豊富なデザインやプランが用意されているため、住む人の個性を表現可能です。

 

 

エネルギーをかしこく効率的に使う独自のスマートハウス

 

トヨタホームの二世帯住宅は、独自のスマートハウスなのでエネルギーをかしこく効率的に使えます。

HeMSを中心に住宅内のエネルギー機器を連携させ、エネルギーをコントロールすることで、光熱費の削減が可能です。

スマホで子どもの帰宅確認やエアコンのオン・オフ、お風呂のお湯はりなども操作できます。

 

 

オリジナル全館空調システム スマート・エアーズ

 

トヨタホームの注文住宅で二世帯住宅を建てる場合は、オリジナルの全館空調システムスマート・エアーズが搭載され、家中を心地よい温度に保ちます。

スマート・エアーズによって夏は涼しく冬は暖かい温度環境をつくることができるため、ヒートショックを軽減し、光熱費の節約も可能です。

また、オリジナル換気システム ピュア24セントラルのフィルターが花粉や黄砂、PM2.5などを90%以上除去し、常に新鮮で清潔な空気環境を実現します。

健康的な環境の中で生活ができ、花粉やホコリが溜まりにくいため掃除もラクです。

 

ここで紹介したように、トヨタホームは高品質で快適に暮らせる二世帯住宅づくりができるため、多くの人から評価されています。

親世帯・子世帯の要望をカタチにでき、安心して長く暮らすことができますので、きっと「仲良し二世帯住宅」を実現できるはずです。

トヨタホーム,全館空調

 

田中
「ゆとりがあり心地よい時間を過ごせる平屋を建てたい」
奥さん
「安全に暮らせるように防犯性の優れた家がいい」
旦那
「地震に強い平屋に住みたい」

など、平屋づくりにこだわりたい場合はトヨタホームがおすすめです。

トヨタホームで建てる平屋であれば、高品質で快適に暮らすとができ、充実したアフターサービスにより購入後も安心できます。

ここでは、高品質な住宅メーカートヨタホームの11つの魅力について紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、トヨタホームの家づくりの特徴が理解でき、他の住宅メーカーとも比較しやすくなりますので、ぜひ参考にご覧ください。

 

 

平屋におすすめの「シンセ・ピアーナ」「シンセ・ピアーナ理想の平屋」

 

トヨタホームには、鉄骨ラーメン構造のシンセシリーズ鉄骨軸組工法のエスパシオシリーズがあり、豊富な商品ラインナップが揃っています。

平屋を建てる際におすすめされているのが、「シンセ・ピアーナ」と「シンセ・ピアーナ理想の平屋です。

どちらも耐震性・耐久性が高く、明るく開放的なマイホームを建てることができます。

ここからは、トヨタホームの平屋ならではの魅力について見ていきましょう。

 

 

耐震等級最高ランクの平屋で地震時も安心

 

トヨタホームは、耐震性の高い平屋を建てることができるため地震の際も安心です。

国の定めた住宅性能表示で最高ランクの耐震等級3を満たしており、数百年に1度の確率で発生する大震災の1.5倍の力でも倒壊しない耐震性能を示しています。

高い耐震性を実現している主な理由は以下のとおりです。

 

鉄骨ラーメン構造

 

トヨタホームのシンセシリーズの注文住宅は、鉄骨ラーメン構造を採用しています。

鉄骨ラーメン構造とは、柱と梁を強固に接合して一体化させた構造のことです。

高い耐震性を発揮するため高層ビルでも採用されています。

トヨタホームで建てる家は、鉄骨ラーメン構造をボックス化してさらに強靭な鉄骨ラーメンユニットによって支えられています。

 

太く強靭な柱

 

トヨタホームの家は太く強靭な柱によって支えられており、高い耐震性を実現しています。

一般的な住宅メーカーで使用される100ミリ角の鉄骨の約2倍、125ミリ角の木材の約4.3倍もの強さを誇る業界トップクラスの125ミリ角を使用していて、1本の柱で18.2tもの重量を支えることが可能です。

 

変形防止プレート

 

外力が集中する柱と梁の接合部には、変形を防止するために変形防止プレート(ダイアフラム)を内蔵しています。

これにより、接合部の強度はプレートを内蔵していない場合に比べて約35倍(0.27t→9.6t)となり、強い外力にも耐えることが可能です。

 

ユニットで強度1.5倍

 

1本の柱で18.2tもの重量を支えることができますが、ユニットにボックスすれば、約1.5倍(26.7t)の強さが生まれます。

耐震性に優れた強い構造体で家を守ります。

 

制振装置T4システム

 

トヨタ独自の制振装置T4システムの搭載により、地震エネルギーをオイルが吸収するため、地震時の建物の変形量を約20%〜70%軽減してくれます。

耐震+制振により、安心して暮らせる家づくりが可能です。

これらの強い構造体により、大震災にも余震にも強い耐震性能を実現しています。

 

大空間・大開口で広く明るい平屋

 

トヨタホームで建てる家は、鉄骨ラーメン構造により強靭な柱と梁が一体となって支えるため、軸組構造や壁式構造のように筋交いや耐力壁が必要ありません

そのため、開口部の大きさが制限されず、光と風を十分に満喫できる大開口の平屋づくりが可能です。

また、ユニットを連結させたワイドスパン工法により、柱のない広々とした大空間をつくることもできます。

耐震性の高さを保ちながら最大35畳の柱なしの空間を実現でき、家族でゆとりの時間を過ごせます。

トヨタホームであれば、優れた構造体により、広さも明るさも自由自在の平屋を建てることができ快適な暮らしが可能です。

 

 

将来のリフォームも自由自在

 

一般的な木造軸組構造の家であれば、耐震強度を保つためにたくさんの耐力壁が必要になります。

しかし、トヨタホームの平屋であれば耐震性・耐久性の高い鉄骨ラーメンユニットを採用しているため、強度を保つための壁が不要です。

したがって、将来のリフォームも自由自在に楽しむことができます。

 

 

長く暮らせる徹底した耐久性能

 

トヨタホームは耐久性能に徹底的にこだわっているため長く暮らせる平屋づくりが可能です。

世代を越えて住み継がれるように、以下の3つのこだわりで長寿命の家を目指しています。

 

高耐久外壁

 

トヨタホームで建てる注文住宅には気候の変化に強い高耐久外壁が採用されています。

日差しや熱、雨などにより劣化や色あせが少ないHDセラコートを使用していて、いつまでも美しさが長く続きます。

 

防錆技術

 

トヨタホームでは、鉄骨の構造体を守り抜くためにきめ細かなサビ対策を施しています。

サビは鉄の劣化の原因となるため、鉄骨の裏側や小さな部品も電着塗装でしっかりと防錆処理を実施。

湿気の多い床下には高耐久メッキ鋼板+電着塗装、溶接部は防錆テープで保護しています。

 

 

湿気を防ぐ建物全体の通気性

 

建物内部に結露が発生すると内装材の腐食やカビの原因となり、家の耐久性も低下し、住む人の健康にも影響を及ぼします。

結露を防ぐためには湿気を逃すことが大事です。

トヨタホームで建てる家であれば、壁、天井、基礎など建物全体の通気性を確保しているため湿気を防ぎます。

これらのこだわりにより、安心して長く住める耐久性を実現しています。

 

家族の安全・安心を守る隙のない防犯対策

 

トヨタホーム,防犯

 

トヨタホームの注文住宅は、家族の安全・安心を守るために隙のない防犯対策を実施しています。

「狙われにくく、入られにくい」をコンセプトに、以下の防犯対策により、360°防犯住宅を実現します。

 

防犯対策 防犯機能
防犯合わせ複層ガラス 割れにくい
日射制御エアリーガード 通風と防犯を両立
面格子 特殊ネジで外されにくい
玄関ドア さまざまな手口の侵入を防止
勝手口ドア 2重ロック
ラ・ロックⅡ 電気錠
窓施錠モニター 不正な解錠をすぐにキャッチ
カラーTVドアホン 訪問者の顔をしっかり確認
センサーライトカメラ 自動点灯
スリット窓&アクセント窓 侵入不可能なサイズ

 

トヨタホームであれば、防犯性能に優れた平屋で暮らすことが可能です。

 

 

業界トップクラスの断熱性能

 

トヨタホームで建てる注文住宅は、天井や壁、床などに適材適所の断熱対策を施しており、等級4の業界トップクラスの断熱性能を実現しています。

断熱性能が高いことで、快適な環境で生活ができ、年間の冷暖房費の節約もできるためお得です。

以下の2つの技術や設備により、断熱性能の高い家づくりができます。

 

充填断熱工法

 

トヨタホームの注文住宅では、トータルな断熱性を追求するために充填断熱工法を採用しています。

充填断熱工法により、基礎から天井まで構造体の内側を断熱材で覆います。

 

高遮熱断熱複層ガラス

 

熱が最も逃げやすいとされる開口部は、高遮熱断熱複層ガラスを採用しています。

これにより、夏は厚さをさえぎり冬は熱を逃さないため、1年を通じて快適な温度環境が実現できます。

 

 

快適な室内環境をつくるスマート・エアーズ

 

トヨタホームで建てる平屋にはオリジナル空調システムのスマート・エアーズが搭載されています。

スマート・エアーズにより、夏涼しく冬暖かい環境実現が可能で、家の中の温度差を抑えることができ、ヒートショックを未然に防ぎます。

また、フロアごとの温度コントロールができるため、冷暖房費の削減が可能です。

さらに、24時間換気システムのピュア24セントラルの高捕集率外気フィルターで、花粉や黄砂、PM2.5などの室内侵入を抑制するためいつでも新鮮で清潔な空気環境を実現でき、家中どこにいても心地よさが実感できます。

 

エネルギーをかしこく使い省エネするスマートハウス

 

トヨタホームで建てる平屋は、エネルギーを効率よく使えて無理なく省エネができるスマートハウスです。

スマートハウスとは、HeMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を中心として、住宅内のエネルギー機器を連携し、エネルギーを作り・蓄え・コントロールできる住まいのことです。

電気料金の安い深夜電力の活用により光熱費の削減ができますし、スマホで玄関の施錠や解錠空調のオン・オフエコキュートのお湯はり予約などもできて非常に便利です。

 

高品質の家を安定してつくり込む工場生産

 

トヨタホームの注文住宅は、安定的に高品質な家づくりをするために住まい全体の約85%を工場生産しています。

屋外作業を最小限に抑えるため、構造体や断熱材などの部材が雨などの影響で劣化することを防ぎます。

これにより、ムラのない品質を確保し、工事期間も短縮が可能です。

 

長く安心に住めて資産価値を保つ60年長期保証・生涯点検

 

平屋や二階建て、三階建てなど、トヨタホームで建てる家は最長60年の長期保証が付いているため、安心して長く住むことができます。

業界トップクラスの60年長期保証や、住まいがある限り続く生涯点検、毎日の暮らしを支えるライフサポートのサービスにより資産価値も保つことが可能です。

長期保証の対象部位や保証期間、保証内容は以下のとおりです。

 

対象部位 最長保証期間 保証内容
外壁 60年(初期保証20年) 傾斜やひび割れなど著しいもの
60年(初期保証20年) 傾斜、変形・たわみなど著しいもの
屋根 60年(初期保証20年) 変形・たわみなどが著しいもの
基礎 60年(初期保証30年) 不同沈下、ひび割れなど著しいもの
構造体 60年(初期保証30年) 傾斜、ひび割れなど著しいもの
雨水の侵入防止部分 60年(初期保証15年) 屋内への雨漏りなど
虫害(シロアリ) 30年(初期保証10年) シロアリによる蝕害など
付帯設備 10年 製造メーカーや業者が定める不具合に対して

 

トヨタホーム販売店の定期的な点検・メンテナンス・補修を受けることで保証期間が延長されて最長60年の長期保証が実現可能です。

また、トヨタホームでは住まいがある限り点検をおこなう生涯点検も実施しています。住宅引渡しから25年目までは定期的無料点検を実施し、30年目以降は10年ごとに点検契約を更新していきます。

点検では、基礎や構造体、屋根、外観の点検や設備の状態確認をおこない、住まいの手入れやメンテナンスに役立つアドバイスもしてくれます。

オーナー専用のコールセンターも用意されていて、保険やファイナンシャルサポート、将来のリフォームなど、さまざまな相談も可能です。

家を建てた後も保証やサポートが充実しているため、いつまでも住まいと暮らしを守り続けることができます。

 

6つのインテリアスタイルから選べる

 

平屋や二階建て、三階建ての家が建てられるシンセシリーズでは、以下の6つのインテリアスタイルが用意されています。

  • 色のコントラストを楽しむ都会的空間の「Modern」
  • 軽快感のある明るく爽やかな空間の「Plain」
  • 自然感が印象的な居心地のよい空間の「Natural」
  • 和の落ち着きがあり上質な空間の「Japanese Modern」
  • 日本の美意識が感じられる空間の「Japanese」
  • ダークブラウンを基調とした格式高い空間の「Classic」

 

これら多彩なバリエーションの中から、好みやライフスタイルに合わせてインテリアデザインを選択可能です。

このように、トヨタホームにはさまざまな魅力があり、高品質で安心して長く暮らせる平屋をつくることができます。

平屋のマイホームを希望している場合は、「シンセ・ピアーナ」と「シンセ・ピアーナ理想の平屋」など、トヨタホームの平屋を検討してみるといいでしょう。

トヨタホーム,平屋

 

田中
トヨタホームはなぜ品質の高い家づくりができるのでしょうか?

 

トヨタホームは、三階建ての注文住宅も建てられる人気の住宅メーカーです。

他の住宅メーカーにはないトヨタホーム独自の仕組みや工法により、安心して長く暮らせる家づくりを実現しており、多くの人から高い支持を得ています。

ここでは、トヨタホームで建てるマイホームの9つの特徴について紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、トヨタホームの特徴を理解でき、より具体的に検討できるようになりますので、ぜひご覧ください。

 

 

三階建ても建てられるシンセシリーズ

 

高品質な家づくりができるトヨタホームのシンセシリーズでは、平屋や二階建てだけでなく、三階建ても建築可能です。

耐震性や耐久性が優れていて長く安心して暮らせるだけでなく、快適な生活環境が実現できます。

以下はシンセシリーズの商品ラインナップです。

  • シンセ・ヴィトロワ:三階建て、フラット屋根
  • シンセ・カーダ:二階建て、フラット屋根
  • シンセ・アスイエ:二階建て、フラット屋根
  • シンセ・スマートステージ:二階建て、フラット屋根or勾配屋根
  • シンセ・フィーラス:二階建て、勾配屋根
  • シンセ・ピアーナ:平屋、勾配屋根

 

多くのラインナップが用意されているため、家族構成やライフスタイル、予算などに合わせた家づくりが可能です。

 

 

広さも明るさも自由自在の大空間・大開口・自由設計

 

トヨタホームの注文住宅で建てる家は、柱や梁の制約が少ないため大きな窓を設置したり、広いリビングや開放的な吹き抜けなどを取り入れることができ、将来のリフォームにも柔軟に対応可能です。

 

大空間

 

トヨタホームの注文住宅であれば、最大35畳の柱なしの広々としたリビングも実現可能です。

構造体が強いため柱なしの理想的な大空間をつくれます。

また、ヨコだけでなく、上下の空間を連結させることで開放的な吹き抜けなどをつくることも可能です。

 

大開口

 

トヨタホームが採用している鉄骨ラーメン構造は、強靭な柱と梁が一体となって家を支えるため、筋交いや耐力壁は必要なく開口の大きさが制限されず、光と風を十分に満喫できます。

一般的な軸組構造や壁式構造の家であれば、筋交いや耐力壁が必要となるため開口部の大きさが制約を受けてしまいます

明るく開放的な理想の大開口が実現可能です。

 

自由設計

 

一般的な木造軸組構造の家であれば、耐震強度を保つために家の外周40mに対して合計20mほどの壁が必要です。

しかし、トヨタホームの注文住宅であれば鉄骨ラーメン構造を活用した強い構造体なため、耐力壁が必要ありません。そのため、耐震性を保ちながら自由な発想でリフォームを楽しむことができます。

 

このように、大空間・大開口・自由設計の実現により、限られたスペースを広く開放的に利用できる家づくりが可能です。

 

 

万が一の地震の際も安心の耐震性「耐震等級3

 

トヨタホーム,耐震等級3

 

三階建ても建てられるトヨタホームのシンセシリーズは、標準仕様で耐震等級3(最高ランク)を実現しています。

耐震等級3は、数百年に1度の確率で発生する大震災の1.5倍の力でも倒壊しない耐震性能で、消防署などと同等の強さを持つことを示しています。

トヨタホームの注文住宅が地震に強い家なのは、以下の5つが主な理由です。

 

鉄骨ラーメン構造

 

トヨタホームは、地震に強い家づくりのために鉄骨ラーメン構造を採用しています。

鉄骨ラーメン構造とは、柱と梁を強固に接合した一体化させた構造のことです。

耐久性と耐震性が高いことから高層ビルにも採用されていて、トヨタホームの家を構成するユニットの一つ一つはこの構造でつくられています。

 

柱の太さは125ミリ角

 

トヨタホームの家づくりで採用されている柱は、太く強靭なものです。

柱の太さは業界トップクラスの125ミリ角で、100ミリ角と比べて約2倍、木材と比べて約4.3倍もの強さを誇ります。

最も多く使用されている3.2ミリ厚の鉄骨の場合は、1本の柱で178.4kNもの重量を支えることが可能です。

 

変形防止プレート

 

力が集中する柱と梁の接合部には変形防止プレート(ダイアフラム)を内蔵しているため、強い外力が加わっても変形するのを防ぎます。

変形防止プレートを内蔵しない場合に比べて約35倍もの強さを誇ります

 

高精度の溶接技術

 

確かな溶接技術でユニットの強度を支えます。

トヨタホームでは、半自動溶接技術者検定をクリアした技能者が溶接をおこない、独自検定制度により技術の向上にも力を入れています。

柱と梁の接合方法には剛接合を採用していて、ユニット全体を一体化させています。

 

制振装置 T4システム

 

三階建ての家も建てられるトヨタホームのシンセシリーズでは、トヨタ独自の制振装置T4システムにより、地震の際の建物の変形を低減させます。

T4システムは、地震エネルギーを回転運動に変えて、そのエネルギーをシリコーンオイルが吸収することで、建物の変形量を約20%〜70%軽減可能です。

 

これらの構造・仕組みにより、安心して住める地震に強い家づくりを実現しています。

 

 

末永く家族で暮らせる耐久性

 

トヨタホームは世代を超えて住み継がれる「長寿命の家」を目指し、耐久性能に徹底的にこだわっています。

優れた耐久性を実現する主なこだわりポイントは以下の4つです。

 

サビ対策

 

トヨタホームは、いつまでも長く暮らせる家づくりのために、サビ対策にこだわっています。

サビは鉄の劣化の原因となるため、サビ対策を徹底することで、時間が経過しても強い構造体の維持が可能です。

一般的に防錆が不十分になりやすい鉄骨の裏側や小さな部品などには、カチオン電着塗装によって、しっかりと防錆処理を施します。

また、溶接部分には防錆テープ、床下部分には高耐久メッキ鋼板にカチオン塗装を施しています。

 

地盤調査

 

トヨタホームでは、地形図による分析やスウェーデン式サウンディング調査など、着工前に地盤調査をおこないます。

そして、調査結果によっては地盤改良工事や基礎の補強をおこない、強靭で長持ちする基礎をつくりあげます。

 

基礎工事

 

一般的に、基礎工事は品質のムラが発生しやすい工程と言われています。

トヨタホームでは、工場であらかじめ鉄筋を溶接・加工したユニット配筋を採用しているため、均一な品質を確保することが可能です。

また、型枠には耐久性と品質に優れた鋼製型枠を使用しています。

 

独自の接合方法

 

基礎と建物の接合では、基礎にアンカーボルトを固定する一般的な工法ではなく、構造体にアンカーボルトを組み込んで専用のクラウト材で固定しています。

そうすることで、接合時の位置調整が安易になり、安定した施工品質を保つことが可能です。

 

家族と財産を守る高い防犯性

 

高品質な平屋や二階建て、三階建ての家が建てられるトヨタホームは、狙われにくく、入られにくい360°防犯住宅で、家族の安全や財産を守ります。

 

 

防犯性機能を備えたブラインドシャッターの「日射制御エアリーガード」

自動車のドアハンドル技術を応用した電気錠でタッチするだけで施解錠ができる「ラ・ロックⅡ」

鎌付デッドボルトやディンプルキーなどによりピッキングなどを防ぐ「玄関ドア」

2重ロックでドア破りをガードする「勝手口ドア」

2枚のガラスと特殊フィルムでガラス破りを防ぐ「防犯合わせ複層ガラス」

訪問者の顔をしっかりと確認する「カラーTVドアホン」

侵入されにくいサッシサイズの「スリット窓&アクセント窓」

 

など、さまざまな防犯対策により狙われず侵入されにくい家づくりを実現します。

最新の防犯システムやセンサーライトカメラ、窓施錠モニターなどを効果的に配置し、被害を未然に防ぐことが可能です。

 

 

開放感のある空間で健康に過ごせる快適性

 

トヨタホームの注文住宅は、最適な断熱対策をおこなっているため、家全体で最高ランクである等級4の断熱性能を実現しています。

断熱性能が高いことで、夏は涼しく冬は暖かく1年中快適に暮らすことができ、冷暖房費の節約も可能です。

高い断熱性能を実現する主なポイントは以下の5つです。

 

スマート・エアーズ

 

トヨタホームの注文住宅は、オリジナル空調システムのスマート・エアーズを採用しています。

スマート・エアーズは1年を通して健康に暮らせる快適な空気環境を実現し、家の中の温度差も抑えるためヒートショックを未然に防げます。

また、フロアごとで温度調節ができるため、冷暖房費の削減が期待できます。

 

ピュア24セントラル

 

トヨタホームの注文住宅は、24時間換気システムのピュア24セントラルも搭載しています。

ピュア24セントラルは、室内の空気から湿気や熱を回収して、屋外からは花粉や黄砂、PM2.5などを90%以上除去した清潔で新鮮な空気を取り込むことが可能です。

健康的な空気環境をつくることができます。

 

F☆☆☆☆部材

 

健康的な空気環境をつくるために素材にもこだわっています。

素材には、ホルムアルデヒドの放散量が最も少ないF☆☆☆☆部材を使用しているため、放散量が多い夏場であっても新鮮な空気環境の実現が可能です。

 

 

充填断熱工法

 

高品質な注文住宅が建てられるトヨタホームでは、充填断熱工法を採用しています。

充填断熱工法により、基礎から天井まで構造体の内側を断熱材で覆うため、高い断熱性能を実現できます。

 

 

高遮熱断熱複層ガラス

 

熱が最も逃げやすい開口部には高遮熱断熱複層ガラスを採用することで、1年を通じて快適な温度を保ちます。

 

 

いつまでも安心して暮らせる60年長期保証

 

トヨタホームでは、平屋、二階建て、三階建てなどのシンセシリーズ・LQ・エスパシオシリーズ購入の「アトリスプラン60年長期保証制度」対象の場合に、最長60年もの長期保証を受けることが可能です。

基本性能が高いからこそ実現する保証制度であり、いつまでも安心して家族が暮らすことができます。対象部位と保証期間は以下のとおりです。

 

対象部位 保証期間
雨水の侵入禁止部分 最長保証期間60年(初期保証15年)
外壁 最長保証期間60年(初期保証20年)
最長保証期間60年(初期保証20年)
屋根 最長保証期間60年(初期保証20年)
基礎 最長保証期間60年(初期保証30年)
構造体 最長保証期間60年(初期保証30年)
虫害(シロアリ) 最長保証期間30年(初期保証10年)
付帯設備 最長保証期間10年

 

また、住宅引渡し日から2ヶ月・11ヶ月・23ヶ月・5年・10年・15年・20年・25年無料点検が実施され、30年目以降は10年ごとに点検契約を更新し、契約年から5年後の点検は無料です。

点検時には日々のお手入れ方法やメンテナンス方法もアドバイスをしてくれます。

 

 

便利で快適なスマートハウス

 

トヨタホームの注文住宅は、エネルギーを効率よく使えて無理なく省エネできるスマートハウスです。

HeMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を中心に、家庭内のさまざまなエネルギー機器を連携させて、エネルギーをつくり、最適にコントロールします。

エネルギー制御により光熱費の節約ができるだけでなく、スマホで玄関の施錠や解錠、空調のオン・オフなども調節可能です。

 

 

高品質な家を安定してつくれるトヨタの工場生産

 

トヨタホームは、高品質な家を安定してつくるために、工場生産を中心にしています。

屋外での作業を最小限に抑えることで、構造体や断熱材などの材料が雨などの影響で劣化することを防ぐことが可能です。

住まい全体の約85%を工場生産し、品質のムラも防ぎます。

 

このように、トヨタホームは独自の仕組みや工法により、高品質な家づくりを実現しています。

優れた耐震性や耐久性、快適性を備え、60年長期保証も用意されているため、安心して暮らせるマイホームが持てる住宅メーカーです。

 

トヨタホーム,耐震

 

田中
「地震に強い家だから万が一の際も安心」
奥さん
「家を建てた後のアフターサービスも充実している」
旦那
「防犯性も高いから家族で安心して暮らせる」

など、トヨタホームに関するさまざまな評判があります。

 

住宅メーカーの中では、比較的価格が高い方になりますが人気のメーカーです。

 

なぜ、ローコスト住宅ではないのに、多くの人がトヨタホームで家を建てるのでしょうか。

 

今回は、長く安心して暮らせると評判のトヨタホームの特徴について紹介しています。

この記事をご覧いただくことでトヨタホームへの理解が深まり、比較検討がしやすくなるはずですので、ぜひ参考にご覧ください。

 

 

トヨタ自動車から生まれたトヨタホーム

 

トヨタホームは、鉄骨ラーメン構造の「シンセシリーズ」鉄骨軸組工法の「エスパレオシリーズ」の2つの工法の家づくりを提供しており、坪単価はシンセシリーズが約60万円〜65万円エスパレオシリーズが約65万円〜70万円となっています。

高い耐震性や耐久性、強靭な構造体使用による大空間・大開口、スマートハウスなど、さまざまな特徴をもった魅力的な家を建てることが可能です。

 

 

太い柱と強い梁の鉄骨ラーメン構造

 

トヨタホームで建てる注文住宅は、太い柱と強い梁を使用した鉄骨ラーメン構造を採用しています。

鉄骨ラーメン構造は高層ビルにも採用されている構造体で、太く強靭な柱と梁をつなぎ一体化させることで構造体全体で強さを発揮します。

そして、ユニットを組み合わせることで、耐震性や耐久性の高い家づくりを実現しています。

 

 

大空間・大開口・自由設計

 

トヨタホームで建てる家の特徴の1つが、大空間・大開口・自由設計であることです。

開放的で明るい空間をつくることができ、リフォームにも柔軟に対応できます。それぞれの特徴は以下のとおりです。

 

 

広々とした大空間

 

トヨタホームは鉄骨ラーメン構造を採用しているため、柱と梁を最小限に抑えることができ、耐力壁や筋交いも必要ないので、最大35畳の柱なしの大空間を実現可能です。

ワイドスパン工法により、構造体の強さはそのままで広々とした空間を楽しめます。

また、ヨコの広さだけでなく上下の空間を連結させることで、開放的な吹き抜け空間も実感できます。

 

 

理想の大開口

 

一般的な軸組構造や壁式構造だと耐力壁や筋交いによって開口部の大きさに制限がありますが、鉄骨ラーメン構造の場合は強靭な柱と梁が住まいを支えるため、耐力壁や筋交いで開口の大きさが制限されません

そのため、大きな窓の設置が可能で、美しい眺めを満喫でき、広さと明るさを実感できます。

 

 

将来も安心の自由設計

 

トヨタホームの家は、柱や壁の制限を受けないため、家族構成やライフスタイルに応じて自由な間取りを実現できます。

一般的な軸組構造の家では建物の外周40mに対して合計20mの壁が耐震強度を保つためには必要です。

しかし、トヨタホームの家であれば耐力壁が必要ない構造なので、将来リフォームする際も自由自在で楽しめます

このように、大空間・大開口・自由設計の家づくりができ、快適に暮らせると評判です。

 

 

耐震等級は最高ランク

 

トヨタホームの建てる家は、国の定めた住宅性能表示において最高ランクである耐震等級3を満たしています。

耐震等級3は、数百年に一度発生する大地震の1.5倍の力でも倒壊しない耐震性能を示し、消防署と同等の高い耐震性であることを証明しています。

業界トップクラスの太さを誇る125ミリ角鉄骨や変形防止プレートを使用した高い耐震性を発揮する鉄骨ラーメンユニットに加え、独自の制震装置T4システムにより「耐震+制振」の地震に強い家づくりが可能です。

T4システムで、地震エネルギーをオイルが吸収し、建物の変形量を約20%〜70%軽減できます。

耐震性の優れた家づくりができることから、トヨタホームの注文住宅は地震に強いと評判です。

 

 

長く住み続けられる耐久性

 

トヨタホームで建てるマイホームは、耐久性に優れており、安心して長く住み続けられると評判です。

耐久性の高い家づくりを実現している主なポイントは以下の3つです。

 

徹底したサビ対策

 

トヨタホームの家は、構造体に安定した品質が確保できる鉄を選び、車づくりで培った徹底したサビ対策を施しています。

サビは鉄の劣化の原因となるため、鉄骨加工後の電着塗装で裏側までしっかりと防錆処理をおこない、溶接部分には防錆テープ、床下には高耐久メッキ鋼板など、場所に応じた対策を実施しています。

 

 

高耐久外壁

 

使用する外壁材と塗料の素材を厳選しています。

劣化や色あせが少なく、30年後も美しい高耐久の外装塗装(HDセラコート)を採用しており、気候の変化や衝撃から住まいを守る高耐久外壁を実現しています。

 

 

湿気を防ぐ通気性能

 

通気性が悪いと建物の内部に結露が発生してしまい、内装材の腐食やカビの原因になります。

しかし、トヨタホームの注文住宅では、湿気による住まいの劣化を防ぐために建物全体の通気性を高めています。床下は基礎の天端部全体から換気し、壁の中の通気は天井裏に通じており、空気の流れを隅々まで行きわたらせることで湿気を防ぎます

サビ対策・高耐久外壁・通気性能により、安心して長く住めるマイホームを持つことが可能です。

 

 

静かで快適な生活環境をつくる防音技術

 

トヨタホーム,防音

 

トヨタホームの注文住宅は、静かで快適な生活ができると評判です。

トヨタホームでは、独自の防音技術により、音の性質に応じた対策を施しているため不快な音を軽減できます。

高性能遮音床TAFにより、子どもが飛び跳ねたときのドスンという重量床衝撃音も軽減可能です。

開口部は複層ガラスと気密性の高いエアタイトサッシの組み合わせ、そして、外壁・空気層・グラスウール・石膏ボードの4重構造により、外部からの音をしっかりとブロックします。

技術力を最大限活かして、静かで快適な環境づくりに取り組んでいます。

 

 

家族の安全を守る防犯性

 

トヨタホームの注文住宅で建てる家は、高い防犯性を実現していると評判です。

「狙われにくく、入られにくい」をコンセプトに防犯性能に優れた家づくりをしています。

以下は主な防犯対策です。

  • 防犯合わせ複層ガラス:2枚のガラスと特殊フィルムでガラス破り浸入を防ぐ
  • 日射制御エアリーガード:通風・日射遮閉と防犯効果
  • 面格子:強い固定で簡単に外されにくい
  • 玄関ドア:さまざまな侵入手口からガード
  • 勝手口ドア:2重ロック
  • ラ・ロックⅡ:電気錠
  • 窓施錠モニター:不正解錠で警告音
  • カラーTVドアホン:訪問者の顔を確認
  • センサーライトカメラ:自動点灯
  • スリット窓&アクセント窓:人の侵入防止に有効
  • キャンチバルコニー:外部から侵入者の姿を確認 など

 

トヨタホームの家は、防犯性の高さを証明する信頼のCPアイテムであり、家族の安全を守ります。

 

 

エネルギーを効率よく使えるスマートハウス

 

トヨタホームの建てる家は、エネルギーを「つくる・ためる・かしこく」使えるスマートハウスです。

HeMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を中心として家の中のエネルギー機器を連携させ、エネルギーを効率よく使い、無理なく省エネできます。

HeMSによって電気の使用状況がひと目でわかり、深夜電力の活用とピークカットでエネルギーが制御できるため光熱費の節約が可能です。

また、車やスマホとつなげることで、玄関の戸締まりや家族の帰宅を外出先から確認もできるようになります。

空調のオン・オフやエコキュートのお湯張り予約もスマホでできるため非常に便利です。

 

 

業界トップクラスの断熱性能

 

トヨタホームの注文住宅は、最高ランク等級4の断熱性能を実現しています。

構造体の内側を断熱材で覆う充填断熱工法を採用し、高遮熱断熱複層ガラスを使用することで、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境を実現できます。

冷暖房費の節約もでき、家計の負担も軽くなると評判です。

 

 

オリジナル空調システム スマート・エアーズ

 

トヨタホームで建てる家は、オリジナル空調システムスマート・エアーズを採用しています。

スマート・エアーズとは、いつでもどこでも健康で快適な温度環境を実現する全館空調システムのことで、家の中の温度差を抑えてヒートショックを防ぎます。

さらに、健康に暮らせる快適な空気環境を実現し、効率的な運転によって冷暖房費の削減が可能です。

 

 

24時間換気するピュア24セントラル

 

スマート・エアーズと合わせて24時間換気システムのピュア24セントラルを使用することで、清潔な空気環境をつくります。

ピュア24セントラルは、室内の空気から湿気や熱を回収して、屋外から黄砂や花粉、PM2.5などを90%以上除去した新鮮な空気を取り込むことが可能です。

また、トヨタホームはホルムアルデヒドの放散量が最も少ないF☆☆☆☆部材を使用しており、1年を通して健康な空気環境づくりができます。

 

 

安定した品質を確保する工場生産

 

トヨタホームは、雨などの影響で構造体や断熱材などの材料が劣化しないように、屋外での作業を最小限に抑えています。

住まい全体の約85%を天候に左右されない工場内でつくることで、高品質の家づくりを可能にしています。住宅完成後も250項目もの検査をおこなうなど、厳しい品質チェックをしているため安心です。

 

 

工事期間も短い現場施工

 

ユニットの据付から屋根の防水工事まで1日で組立を完了してしまいます。

雨などの天候によって家が傷む心配もないですし、工事期間も短いため、余計なコストがかかりません。

トヨタホームが定める重要工種については、高い技術水準をクリアしている工事店だけが施工しています。

そのため、工場でつくり込んだ高い品質をカタチにできるのです。

 

 

安心の60年長期保証

 

トヨタホームの家は長く安心して住めると評判です。その大きな理由となるのが60年長期保証です。

業界トップクラスの60年長期保証では、以下の内容が保証されます。

 

部位 最長保証期間 保証内容
基礎 60年(初期保証30年) 不同沈下、ひび割れなど
構造体 60年(初期保証30年) 傾斜、ひび割れ、欠損、腐食など
60年(初期保証20年) 傾斜、ひび割れ、欠損など
60年(初期保証20年) 傾斜、破断、変形・たわみなど
屋根 60年(初期保証20年) 変形・たわみの著しいもの
60年(初期保証15年) 雨水の浸入防止部分
30年(初期保証10年) 虫害(シロアリ)
5年 付帯設備

 

このように、多数の部位に対して長期保証が付いているため、末長く安心・安全に暮らしていくことが可能です。

 

 

安心できる暮らしをサポートするライフサポート

 

トヨタホームのアフターサービスは60年長期保証だけではありません。

暮らしに関するサービスや特典、住まいの手入れ方法、各種イベント、暮らしに役立つ情報提供などのサービスもおこなっていて、安心して暮らせると評判です。

主なサポート内容は以下の4つです。

 

  • オーナーズデスク:住まいや暮らしの相談、特典利用の質問などのオーナー専用窓口
  • ライフサポートセミナー:住まいのお手入れセミナーやマネーセミナーなど
  • 情報誌らいさぽ:住まいに必要なメンテナンス用品やお手入れ道具の購入など
  • 会報誌らしく:リフォーム実例やメンテナンス情報など

 

このようなサポートもおこなっているため、安心して長く暮らすことができます。

このように、トヨタホームには魅力的な特徴がたくさんあります。

決してローコストで建てられる家ではありませんが、価格以上の品質・サービスを実現しているため、多くの人がトヨタホームで家を建てています。

 

安心・安全な家づくりを強く希望しているのであれば、検討してみてはいかがでしょうか。

トヨタホームでは、工場で家づくりを進めていきます。そこで、今回は工場品質が高品質な理由について紹介します。

環境の良い工場として生産をおこなっている

トヨタホームでは、コンピューターで管理された工場を使っており、
徹底的に工程などをシステム化しているため、生産効率がとても良くなっています。
そのため、人によって確認をおこなうのはもちろん、オートメーション化されている分、
生産環境が安定していることにも繋がっているのです。

理想的な生産環境を整えているため、高品質な住宅づくりを実現しているワケです。
実際に工場で家を作るというのは様々な疑問が出てくると思いますが、利用者は何も気にする必要はありません。
なぜなら、工場で徹底的に工程が管理されているため、人為的なミスを避けることができるワケです。
根本的に質の良い住宅を作るために、トヨタホームではコンピューターによる生産をおこなっているワケです。
職人やスタッフ、担当者というのは、それぞれ人為的なミスをしてしまうこともあるのが現状です。
それを完璧に排除するということは難しいため、色々と考えて生産しているのが、
トヨタホームの最大の特徴だと言っても良いでしょう!

これから家を作ろうと考えている方は、システム化された住宅づくりで、
安心できる家を作っていくというのはいかがでしょうか。
これから長い間住むことになるのが家というものなので、
徹底的に効率化されている方が安心できるはずです!
今後、家を作ろうと思っている方は、トヨタホームに相談してみるというのも良いでしょう♪

250項目にも及ぶ検査を徹底している

チェック

トヨタホームが高品質なのは、250項目にも及ぶ検査をおこなっているためとも言えます。
細かなポイントまで隅々チェックし、その上で検査していくというのが、トヨタホームの家づくりです。

長年やってきたベテランの職人やスタッフ、社員といえどミスをしてしまうことがあるかもしれません。
しかし、そのミスが住宅にとっては致命的となるかもしれません。
そうならないために、トヨタホームでは検査を徹底的におこなっているのです。
もちろん、その細かな項目をチェックしていくことによって、より家の安心感というのは高まっていきます。

特にこれから生活する住人にとっては、チェック項目をクリアしている家こそ、信頼できるのではないでしょうか。
使っていく上で、何かトラブルや問題が発生するということがない家こそ、
最高のクオリティの住宅だと言えます。
トヨタホームでは、工場品質でしっかりと住宅づくりをするのはもちろん、
人の目による検査もおこなっているからこそ、安心して住める住宅を建てていくことができるのです。
なお、項目に関しては様々な情報が出ているので、そちらに関しても知っておきたいところですが、
素人にはわからないことも多いので、検査自体は全て丸投げして大丈夫です。
後はしっかり住宅としての質を高めてもらえるように、チェックしてもらうだけなので、
家を作る側の住人は何も負担になることはありません!

一人一人の技術追究による高品質の実現

トヨタホームは、昔からずっと技術を積み重ねてきた会社だけに、
その分一人一人の技術追究が進められています。
優秀な人材が豊富に揃っているトヨタホームでは、その人材が最高の形で力を発揮できる環境を整えているのです。
そのため、高品質な住宅づくりが可能となっているワケです。

また、分業制を採用しているため、社員やスタッフがそれぞれ負担を抱えているということも少なく、
人為的なミスを極限まで減らせるようにしているのも特徴となっています。
技能者や技術者がそれぞれ高品質を目指すことによって、住宅の精度はより一層高くなっているワケです。
もちろん、社員のそれぞれの能力は異なるため、
最高のポテンシャルを発揮する部署で働かせるようなシステムとなっているのがトヨタホームです。
そのため、自分の力が発揮できないということが少なく、それぞれが最高の形で家づくりをサポートしてくれるワケです。

そういう環境を整えている会社だからこそ、安定して家づくりの評価も得られているというワケです。
これからさらに人材の教育にも力を入れていってくれることが予測できるので、
さらなる高品質な家づくりに繋がっていくと考えられます!
分業制をここまで効率的に取り入れている会社というのも珍しく、
近年は住宅づくり以外の面でも評価されるようになっています。

ただ、高品質を維持するための坪単価は、65万円前後となっています。
坪単価そのものは、シリーズで値段が変化するので自分が欲しい住宅のリシーズを確認してみましょう。
車づくりの技術を応用していることから、それぞれの特徴がはっきりしており自分の好みあわせて、
トヨタホームの住宅を選ぶことをおすすめします。

ということでまずは、トヨタホームの方に相談してみると良いかもしれません♪

天候の影響を受けない環境だらこそ安心

トヨタホームでは、工場で作業をおこなっていくため、
天候による影響を受けないのが特徴となっています。
特に建築現場では、工事をおこなう際に構造体や断熱材などが雨で劣化してしまうこともあります。
もちろん、近年は雨にも強いものが多くなっていますが、
それでも長時間雨に当たってしまうと劣化することは避けられません。
そのため、特に住宅を作る時には、それらの対応が必要となるワケです。

大工

しかし、トヨタホームでは、そもそも工場で作っているため、天候に左右されることがないのです。
つまり、部材や建材が雨で濡れてしまうということもないので、安心の高品質を保てるワケです。

天候が悪い状態で野ざらしにされた家というのは、当然質が低下してしまう恐れも多くなります。
その点を考えると、やはり工場で作るというのは、大きなメリットがあると言えるのではないでしょうか。
また、天候によっては工事が進まないということもありますが、
トヨタホームの場合は工場生産となっているので、それによって大幅な遅れが出るということは少ないです。
もちろん、工場で作った部材を実際に建築現場に運んで建てなくてはならないので、
少なからず天候の影響は受ける可能性があるものの、
そのリスクは最低限に抑えられているのです。
もちろん、安心して利用することができるので、家を正常に作っていきたいという方にも評価されているワケです!

効率化を徹底しているから完成まで早い

もちろん時期などは住宅の質や内容によって異なるのですが、
効率化を徹底しているトヨタホームでは、工事の期間も短く設定することが可能となっています。
何より工場で効率的に作っていくので、その分必要となってくる時間を削減することが可能です。
実際に多くの方が利用していて、その工期の短さを評価している方も多いです。
自動車の生産を通じて得たノウハウを活かして、より効率的な住宅づくりを進めているのも、
トヨタホームの最大の特徴だと言えるのではないでしょうか。

もちろん、作れる家というのは限られてくるのですが、
今後はさらにその幅も拡大していく可能性が高いです。
特に部材や材料にもこだわっていて、近年はさらなる質の向上を目指しているのも特徴となっています。
その点を考えると、より今後はハイクラスの住宅を作ることに特化していく可能性もあるでしょう。

もちろん、気軽に家を作りたいと思っている方に向けた住宅づくりなども進める必要があり、
よりトヨタホームに求められていることは多くなっています。
完成まで無駄の無い工程を踏むからこそ、より安心かつ安全、そして工期の短い施工が可能となっています。
それは、他の建築会社にはない大きな魅力だと言って良いでしょう。
今後、その技術力でさらなる家づくりを進化させていってくれることに期待が高まっています!
もっと良い家づくりに繋がっていくことでしょう♪

トヨタホームで家を作ろうと思っている方は、3階建てを考えている方もいるはずです。今回はメリットを紹介します。

光を上手にコントロールすることができる

住宅にとって、光というのはとても重要な要素の一つとなります。
光がしっかり入ってくる住宅というのは、気持ち良く過ごすために必要な要素となります。
実際に3階建ての場合は、光を十分に取り込める内装にできるため、
使い方によって家をより一層明るくすることができます。

階層が多くなればなる分、陰になるところも多くなると考える方がいるのですが、
作り方によってはその心配が必要ない場合も多いです。
特に多階層住宅の場合は、色々と作り方も自由ですし、
取り入れるものによってコントロールしやすいのが特徴となっています。

実際に光を取り入れる方法としては、中庭を作ったり、吹き抜けを作ったり、方法は色々となります。
上手に使っていくことによって、より一層楽しめるようになっているのが3階建て住宅なのです。

特にトヨタホームは質も良いですし、作り方も比較的自由に選べるということで、多くの方が利用しています。
その実績も近年着実に伸ばしてきているので、安心して依頼することができるのではないでしょうか。
上手に使いながら、より光を取り入れることができる住宅を目指していくというのも良いですね!
なお、光に関しては天候によっても変わってくるので、
その点も踏まえて色々と挑戦してみると良いのではないでしょうか。
使い方によっては、色々と住宅の質を高めることもできるので、太陽光はとても大切な要素となります!

狭い土地を利用することができるので選びやすい

狭い土地を利用することができるのも、3階建て住宅の特徴だと言えるでしょう。
狭小住宅でも工夫の方法によっては、より魅力的な家にできます。
特にトヨタホームでは、狭い土地に住宅を建てられるようもなっているので、有効に使っていくことができるでしょう。
土地というのは、広ければ広いほど価格も高くなるので、
あえて狭い土地を購入して、3階建てにしてみるというのも良いです。
実際にそうやって生活している方も多いですし、
近年は3階建てというメリットを利用して充実した生活を送っている方も多くなっています。
その点を考えると、より魅力的なものだと言えるのではないでしょうか。

特に生活に関しては不便することもないですし、階層が増える分、床面積は広くなります。
狭い土地でも活用の仕方によって大きく変わってくるのが特徴となっているので、
その点も踏まえて利用していくと、より充実した住宅づくりに繋がっていくのではないでしょうか。
狭い土地の場合は価格も抑えることができるので、住宅にかける予算を多くすることも可能となります。
そうなれば、より良い家を作れるのではないでしょうか。
色々と使い勝手が良い住宅も多くなっているため、まずは自分たちがどのような生活を送りたいのか考えてみて、
その上で作っていくと良いです。
住宅は比較的自由に作れるのが魅力となっているので、理想的な住宅を作っていきましょう!

空間を上手に使って行くことができる

狭い土地だからこそ、建てる家に関しては空間を上手に使っていくことができるものが多いです。
実際に空間に関しては、作り方一つで大きく見方も変わってきます。

特に土地が狭い場合は、3階建てにして内装を大きく変えていくという方法もあるワケです。
例えば、壁などは極力作らないようにして、開放感を持たせた家にするということが可能です。
土地が狭い場合は、そういう点で圧迫感を抱いてしまうことも多いので、
そうならないように一つの部屋を大きく確保するということも考えられています。

使い方によって大きく違いが出てくるものの、しっかり考えて利用していけば、
より一層住宅での暮らしが楽しくなっていくことは確実です。
もちろん、使い方によってはかなり効果的に広げていくことができ、
内装に関しては、狭い土地だとは思えないような家づくりもできてしまいます。

もちろん、土地が狭くない地域で3階建てを作るという時にも、
内装を色々と工夫することによって、そのバリエーションは無限と言っても良いでしょう。
自分たちがどのような生活を送りたいのか考えてみると、具体的な住宅の在り方が見えてくるかもしれません。
その点も踏まえて、まずは生活しているところをしっかりイメージできるような家づくりを進めていきましょう。
トヨタホームの場合はある程度のパターンから選んで作っていくことになるのですが、
ある程度自分たちの理想を実現することも可能となっています♪

眺めが良いから清々しい気持ちになれる

自分の家から遠くを見渡せるというのは、意外と大きなポイントとなります。
他にビル群があれば別ですが、基本的に3階建ての住宅は、遠くまで景色を楽しむことができます。
そのため、窮屈さを感じることがなく、清々しい気持ちで生活することができます。
もちろん、景色が良いところに住宅を建てれば、その分眺望も良くなるので、
毎日生活するのが楽しくなることでしょう。

3階建てと2階建てで見える景色というのは大きく違ってくるため、
しっかり考えて利用してみるのが良いのではないでしょうか。
作り方によっては、かなり楽しめるようになっているので、
十分に窓を大きくしたり、テラスを設置してみたり、ベランダを作ってみたり、色々と工夫してみましょう。

もちろん、作り方によってそれぞれ大きく生活が変わってくるので、
自分たちの理想の生活が実現できるようにしていくのがミソとなります。
上手に作れば作るほど、住宅の価値はより大きくなっていくので、
その点も踏まえて、住宅づくりに活かしてみましょう。

3階建ては使えるエリア自体が多くなるので、単純にその点を活かしていくことができるというのは、
大きなポイントとなるのではないでしょうか。
色々と使えるのが3階部分の特徴なので、生活動線を考えながら、
毎日の中でどのように使っていくか考えてみましょう。
まずはトヨタホームのスタッフや担当者の方と相談して決めていくのも楽しいはずです♪

場合によってはコストや費用を抑えられる

3階建て住宅の場合は、設備を配置する時に色々と費用がかかるのですが、
何より土地が小さくても作れるため、その分の費用やコストをカットすることができます。

特に土地というのはとても高いところもあるので、その分カットできるというのは大きいです!
例えば、3階建て住宅を建てる時は、比較的条件が緩い駅周辺などに建てる方も多いのですが、
これらの土地は価格も高くなっているのが特徴です。
いわゆる地価というのが高くなっているため、しっかり対応していくことが必要となるワケです。

実際に内容を色々と見てみると、地価というのは周辺の施設などによっても変わってくるのですが、
駅周辺は基本的に高いのが特徴となっています。
つまり、それらの地域に家を建てる場合は、どうしても土地の価格が高くなってしまうのです。

しかし、狭小でも対応できる3階建て住宅の場合は、比較的安くすることができるのです。
その点も踏まえて、予算を考えてみるというのはいかがでしょうか。
予算自体はとても気軽に決めていくことができるということではないですが、
考え方によってはコストを最低限に抑えることもできます。
また、建物に関しても、3階建てだから確実に高くなるということではなく、
作る家などによっても変わってくるので、その点も考えて予算を決めていくと、よりイメージしやすいのではないでしょうか!

目で確かめること

ここまでいろいろな評判についてみてきました。
しかし、坪単価などの言葉同様に評判も目安程度にしかなりません。

もし、最後まで気になるということであれば自分の目で確かめることをオススメします。
人の解釈と事実は違っていることが多いものです。
そのため、自分の目で確かめにいったものの方がより確かな情報になります。

とは言ってもトヨタホームの平屋は、ユニバーサルデザインを取り入れており、シンプルでフラットなものです。
その良さを実際に確かめてみることをオススメします。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-トヨタホーム
-

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.