ダイワハウス

ダイワハウスの特徴

投稿日:

ダイワハウスの特徴

ダイワハウスは、積水ハウスに次ぐ第2位の販売実績を持つメーカーで、1947年(昭和22年) 奈良県奈良市で設立された、70年近く続く、日本の老舗ハウスメーカーです。近年では大物俳優を起用したインパクトのあるテレビコマーシャルで話題となりました。そんなダイワハウスの特徴をご紹介します。

大和ハウス,鉄骨

1. 軽量鉄骨系(鉄骨プレハブ)

ダイワハウスは軽量鉄骨系の家がメインです。外張り断熱仕様の『XEVO(ジーヴォ)』シリーズは大人気シリーズとなりました。XEVOシリーズは商品によって価格が違い、予算に合わせて建てることができます。

また、軽量鉄骨系でありながら外張り断熱を可能にし、高い断熱性と気密性を実現。従来の鉄骨系の家は寒くなるというイメージを一掃しました。
また、住宅の要となる鉄骨には高い防錆技術を導入し、構造躯体の耐久性を向上させました。こうして、鉄骨系ホームメーカーの地位を守っています。

2. 耐震性/免震性

ダイワハウスでは独自の技術を開発し、日々研究所での研究を行っています。その中でも地震に対して強い家を作ることにこだわりがあり、大型の耐震実験を行ってその様子をWebで公開しています。EXVOΣでは、エネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」を使用することで、外壁や構造体の損傷を最小限に抑えます。

3. AQ ASSETサポート

ダイワハウス独自の長期保証として、AQ ASSETサポートがあります。これは、「構造耐力上主要な部分」は20年間の無料保証を確保し、それ以降は10年ごとに保証延長を行えば、最長50年間の保証を受けられるというものです。他社とは違う20年の無料保証は家を建てる人に安心感があります。

4. 信頼と実績

ダイワハウスは創業から70年の老舗ホームメーカーで、第2位の販売実績を持っています。そのため、長年のうちに培われてきたノウハウで、理想の家を建てるサポートをしてもらうことができます。

ダイワハウスで家を建てる

ダイワハウスは大手ハウスメーカーとして有名で、歴史ある会社としても有名です。
長年の経験・実績もあり、信頼できるメーカーですね。
「なんでダイワハウスなんだ?」のダイワマンのCMや、リリーフランキーと深津絵里の心温まるCMでも有名です。

使用している材料についてもきちんと検査してあり、安心です。
実際に施行するのは工務店です。大抵のハウスメーカーが工務店に依頼します。
部材が良くても、施行する工務店が悪いと住み心地の悪い家が建ってしまいます。
ですが、ダイワハウスは工務店も一定以上の実力があるところを使っているので、大きな失敗はないといわれています。

さらに、耐震性や耐久性、防音性、断熱などに優れており、サポートも高品質です。
設備そのものが極端に秀でている訳ではなく、どの製品も合格点という印象のようです。
アフターについては、
外壁のコーキングがはがれても点検の際に無償で直してもらった、という口コミもありました。

大和ハウス,点検コーキング

ハイクオリティのダイワハウス

ですが、安心できる分お値段は高額です。
ハイクオリティを求める人にはおすすめのハウスメーカーと言えるでしょう。

また長年の実績を活かし、オプションなども豊富で、玄関先にオリジナルのベンチを作ってもらうこともできるのだそうです!
もっとも、40万ほどしてしまうのですが……。
あまり「大手だから大丈夫」「面倒だから任せちゃおう」とは思わず、オプションなどはよく考えて購入する方がよいと思います。
オプションは値段が張る、と覚えておいて損はないと思います。
また、契約のハンコを押してからオプションをキャンセルしたりすると、キャンセル代のようなものを取られてしまうようです。
ハンコを押す前なら大丈夫なのですが。
いくつかのハウスメーカーでも見かける問題ですが、ダイワハウスでもそのような問題があるということを忘れないでくださいね。

できる限り安くダイワハウスで建てたい、という方には標準プランをおすすめします。
注文住宅の方が値段が高くなってしまうことに注意をしてください。

ダイワハウスの耐震性

ダイワハウスの鉄骨住宅では、立ち上がり幅170㎜の布基礎(※1)を利用しています。
また、基礎の安全性を高める、独自の基礎補強工法を採用。
日本建築センターの認定または日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得したしており、
頑丈性は裏付けされています。

鉄骨住宅の看板商品、xevoΣではD-NΣQSTという
ダイワハウスの独自の技術を標準搭載しています。
これにより、地震エネルギーを効率的に吸収できます。
また、D-NΣQSTの柱は80mm角角形鋼管柱、
アンカーボルト(※2)は直径22mmの高強度異形鉄筋を採用しました。

ボルトの先端部分にはふくらみをつけており、地震時の建物の浮き上がりを防ぎます。

この強靭な構造体を利用することで壁や柱を最小限に抑えることに成功し、
天井高最高2m72㎝、開口幅最大7m10㎝を実現しています。
大きな窓を取り付けて、部屋全体を明るくしたい人や、
大人数が一度に集まれる広間を作りたい人には嬉しいですね。

※1 床基礎…壁下などに用いられる,細長く連続した基礎。
※2 アンカーボルト…柱・土台や機械類を取りつけるため、
コンクリートの基礎や柱・壁などに埋め込んだボルト。基礎ボルト。

大和ハウス,耐震
(※イラストはイメージです。)

耐震性の実績について

耐震性を証明するため大和ハウスでは、2013年9月、
実大三次元震動破壊実験を行いました。
国内観測史上最大の地震波である阪神・淡路大震災の169kine(※3)を越える175kineの揺れを
連続で4回おこし、どのような影響があるかを調査しました。
結果としてxevoΣは震度7相当を4回連続で受けても、
新築時の耐震性能を維持することを実証しました。
公式サイトで実験映像を見ることもできます。

また、木造住宅でも意欲的に地震対策へ取り組んでいます。
邸別構造解析を行い、その土地にあった地震対策を行います。
また、木材をはじめ面や接合金物までこだわりのものを使用しています。
結果、阪神・淡路大震災をはじめとする大地震にも全半倒壊ゼロという結果を残しました。
※3 kine(カイン)…地震による揺れの強さを,地動の速度振幅で表した単位。
一カインは1センチメートル毎秒。(大辞林 第三版)
つまり、実験した175kineとは1秒間に1m75㎝移動するほどの地震ということ。

☆日々研究所で実験を行ってるだけあり、
口コミでもダイワハウスの耐震性について厳しい意見はあまり聞かれませんでした。
しっかりと検証結果をホームページに掲載しているため、信頼できます。

■ダイワハウスのデザイン性

ダイワハウスはモダンでスタイリッシュなデザインが印象的です。
その印象を守るため、どのような工夫をしているのでしょうか。

大和ハウス,デザイン

◇チームxevo

ダイワハウスにはプロの建築士や施工技術者など、
あらゆる分野の専門スタッフチーム、
チームxevoにマイホームづくりをサポートしてもらえます。
その中にはデザイナーやインテリアコーディネイターもいるので、
家のデザインについて悩んだ時には相談に乗ってもらえます。

◇外装

ダイワハウスの鉄骨造住宅はモダンなデザインで、高級感があります。

また、木造住宅も自然の暖かさが感じられるデザインで、
2013年のグッドデザイン賞も受賞しています。
また、xevoシリーズにはコラボレーション住宅と言われるものがあります。

1つはキャトル・セゾンが似合う家。キャトル・セゾンは、
自然を暮らしながら豊かに住まうパリ暮らしがキャッチフレーズなように、
欧州の雰囲気が感じられながらナチュラルテイストなインテリアショップです。
それに合わせているため、まるでケーキ屋さんのよなおしゃれでかわいらしい外観が印象的な木造住宅です。

もう1つはBoConceptが似合う家。
北欧インテリアを扱うBoConceptとコラボレーションした住宅で、
先ほどとは打って変わって、モノトーンを基調としたシンプルかつ
スタイリッシュなデザインです。
「機能美」にこだわったシンプルな生活をしたい人におすすめです。

◇内装

ダイワハウスの鉄骨注文住宅、XEVOΣは、
独自の鉄骨造技術を用いることで、天井高2m72㎝、
開口幅7m10㎝を実現しました。
柱が少なく、高さのある大空間は、
その人に合った空間造形を可能です。
例えば、親戚一同が集まれる大広間に、
例えば趣味を存分に楽しめるシアタールームに。
想像は広がります。
また、この大空間には、幅3m45cmの窓を2枚連続で配置することができます。
光あふれる明るい住まいを作ることができます。

◇子育てしやすい住まい

ダイワハウスではベネッセコーポレーションの「たまひよ」ともコラボしています。
「たまひよ」のアンケート結果を参考にし、
お母さんが子供を育てるうえで住みやすい家を実現しました。
子供がお手伝いしやすく、
また食事の準備をしながら子供とコミュニケーションが取れるハッピーキッチンや、
キッチンから目が届き収納力にも優れたタタミスペースなど、
家族が一緒にいられる空間が広く作られています。

■ダイワハウスの外張り断熱

夏涼しくて、冬暖かい、省エネ生活をするには不可欠な断熱性。
大和ハウスはどのような方法で断熱性を高めているのでしょう。

☆鉄骨住宅の断熱機能

鉄骨住宅は基本的に冬は寒くなると言われていました。
その理由は、鉄骨住宅では気密性が低く、外張り断熱(※1)を行えなかったからです。
大和ハウスではそんな鉄骨住宅では困難とされていた外張り断熱を実現しました。
住宅全体を断熱材で覆い、外部環境からの影響を抑えることができます。

大和ハウス,断熱

外壁は独自に開発した高気密グラスウール(※1)ボードを利用しています。
このおかげで、一般的なグラスウールの約1.5倍の断熱性能を実現しました。
密度が高いため、ボードにはほとんど水がしみこみません。
バーナーで表面を加熱しても燃え上がらない、高い防火性を備えています。

また、外壁室内側には「アルミ蒸着防湿フィルム」を張りめぐらし、
お部屋の湿気が壁の中に侵入しにくくしています。
さらに、もしも壁内に湿気が侵入したとしても、
屋外に効率的に排出される仕組みをとっています。
この2重の対策で結露を防ぎます。

これらの技術が評価され、平成25年省エネルギー基準もクリアしています。

※1 外張り断熱…断熱材を柱の外側に貼り、
家全体を断熱材で包み込むような断熱工法。
断熱材が途切れないので家の断熱効果が非常に高いと言われている。
※2 グラスウール…ガラスの短繊維を綿状にしたもの。
断熱材・遮音材・吸音材などに用いる。ガラス綿。

大和ハウス,断熱2

☆木造住宅の断熱機能

木造住宅の外張り断熱はもはやあたりまえとなっている近年。
大和ハウスでは、さらにその機能を高めるために断熱材と
遮熱透湿防水シートを一体にして施工する遮熱外張り断熱工法に進化させました。
また、こうした外張り断熱技術を、壁・天井・屋根にまで展開した
「オールバリア断熱」を実現しました。

☆評判

鉄骨住宅の外張り断熱については評判が良く、快適に生活できるという口コミが多く見受けられました。
ただ、木造は、高気密性を推している割に他社を抜きんでる効果は見込めないようです。
一般的に涼しくなりがちな鉄骨住宅で暖かさを求める人には合っているように思います。

 

ダイワハウスで新築戸建を建てる予定です

昨年、両親から生前贈与として土地を譲り受けたので、マイホームを建てる決意をしました。
それまではマンション暮らしだったので、憧れの新築一軒家です。ウッドデッキがあるバルコニー、
家庭菜園ができる庭、吹き抜けのあるリビングなど、色々と夢が広がります。

そこで、どのハウスメーカーに依頼するか悩みました。
インターネットで調べていてもよくわからないので、住宅展示場に行ってみることにしました。

ハウスメーカーの家が立ち並んでいて、どこに入るか迷ってしまうほどです。
一番目を引いたダイワハウスの家を見学することにしました。
天井が高くて、最新の設備を兼ね備えた立派な戸建でした。

大和ハウス,新築

ダイワハウスの印象

あとから分かったのですが、私の両親が依頼したハウスメーカーもダイワハウスでした。
担当者の方の説明も丁寧で好感を持ったので、平均予算やダイワハウスの新築戸建の特徴を説明してもらいました。

その後、家に持ち帰り、お互いの両親にも相談しました。
すると、やはり大手ハウスメーカーの方がサポート体制もしっかりしているので、安心できるとアドバイスもらいました。
その点ダイワハウスは、経営もしっかりしているし、大企業なので問題ないと確信を持っています。

また、両親がお世話になっていたのもダイワハウスだったので、我が家も同じところに決めました。
次回の打ち合わせでは私の土地の資料を見せて、実際の間取りや要望を話し合うことになりました。
どれだけ要望通りになるか楽しみです。

バリアフリーとは

バリアフリーとは障害者やお年寄りなどの生活弱者のために生活するに当たって障害となる物理的な障壁を取り除くことを目的とした考え方を言います。

大和ハウス,バリアフリー

ユニバーサルデザインという用語も聞かれますが、これは前記の弱者に限らず設計時点で国籍の違いとか個人差などに注目してこれに対応させようという考え方から来ていて全ての人々が対象になるところに違いがあります。バリアフリーは行政指導型として法律でも規制することができ、ユニバーサルデザインはその点民間主導型とされています。

ダイワハウスのバリアフリーについて

ダイワハウスでは身体障害者となって車椅子での移動が余儀なくされた場合、住宅内外の部分において介護者にとっても望ましいバリアフリー対策がとられる例が見られます。

ダイワハウスの場合、室内においては食事やトイレ、入浴や移動で本人と介護者にとってスムーズに行動ができるものであることが望まれます。床はフローリング材を主体として段差を取り除き、車椅子での移動がスムーズに行われるように計画されています。トイレは3方向からアプローチできるようにオープンな状態にされていて浴室への動線にも配慮されています。浴室は介護者に負担がかからないように浴槽の横に高低差のあるスペースが設けられています。室内の広めの介護室に車椅子で進入できる洗面所スペースが設けられていますし、食事は移動しやすいように部屋が広めに取られています。玄関は框の段差をなくして緩やかなスロープにし、玄関扉は巾の広い引き戸となっています。テラスは広めで庇を設け、車での移動時には危険のないように段差や床仕上げ材にも配慮されています。

家づくりの資金

住まいを建てるための諸条件が整い出したら、いよいよ本格的にハウスメーカーを決定して、
どのような住まいにするかを具体化していきたいところです。
ハウスメーカーとしての実績が高いのがダイワハウスです。
耐震性や防火性、そして防犯生にも優れた安心な住まいを建てることができます。
ただ住まいを建てることに関して、資金面の不安がある場合も当然あります。
金融機関からの借り入れをなるべく最小限に留めて長期の負担をなくすことを優先したい場合もあります。

大和ハウス,ローコスト

ダイワハウスで建てるローコスト注文住宅

そのような場合には、ローコスト注文住宅の建設を検討しましょう。
たとえローコスト注文住宅といっても、基礎や骨組みといった基本はダイワハウスのものをそのまま用いるので、
基本性能が大幅に落ちることはありません。
どのような住宅設備を取り入れるかをじっくりと検討したり、
これからの生活に必要ないものをはじめから省くことで、大幅にコストダウンが実現できます。

コストダウンをしてしまうと、その住まいに不安があるかもしれません。
しかし住まいの設計段階からきちんと関わり、納得して方向性を決めていくことができます。

また注文住宅ですから、工事の期間も度々工事現場に足を運んで進捗状況の確認ができます。
そのような工法を用いて住まいが建てられていくのかや作業の丁寧さの度合いなどを
確認することができるので、とても安心です。
たとえ予算面に不安があったとしても、ダイワハウスなら、
ローコスト注文住宅でいい住まいを建てることができます。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ダイワハウス
-

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.