アイフルホーム

アイフルホームの間取りをまとめてみました!

投稿日:

もくじ

アイフルホームの狭小住宅のメリットや費用の話

狭小住宅についてお伝えします。

土地が狭い場合工夫が重要

住宅を建てるには十分な敷地の広さが必要となります。しかし好ましい土地が見つかっても価格が高かったり、面積が狭かったりして希望通りには行かないものです。土地が100平米内外で狭い場合はそれなりに工夫して建てることも必要になります。

 

車庫の部分を1階部分に取ったり、居室のスペースが不足する場合には3階建て住宅にすることも出来ます。いかに無駄なスペースを排除するかが1つの決め手になります。一般的にとられる方法は駐車場の奥に水回りを置き、2階部分にキッチンやリビングのスペースをとり、3階部分を居住スペースとして使うという住まい方が見られます。

 

そして3階部分にはスカイバルコニーを作ってそこから外の眺望が見渡せたり、読書をしたり食事をとったりして楽しむことが出来るものです。3階建ての場合には高齢化した家族にとっては上がり降りも手間になるということも考えられますが2世帯住宅仕様の場合にはエレベーターを設置して1階から3階部分まで移動することも可能です。

 

収納部分も計画的に配置し、断熱・気密性、防火・防音、耐久性にも配慮し、耐震性に優れるというのが現代の住まい作りには不可欠となって来ています。そして必要になった時にバリアフリーのリフォーム工事を行うのではなくて当初からユニバーサルデザインに沿った計画がなされることで子どもさんやお年寄りにも優しい住宅となるものです。

 

一般には3階建て住宅の場合は鉄筋コンクリート造とか重量鉄骨造で作られる場合が多いものですが、そうなると地盤面の地耐力の問題が出てくる場合もあります。

 

アイフルホームは木造在来工法

アイフルホームの狭小住宅は木造在来工法で建てられますので、その点地盤調査を行い場合によっては改良工事を行った上で施工を行いますから安全な建物に仕上がります。

 

しかも太陽光発電を行うソーラーパネルの設置も行えますので省エネ生活も可能となります。アイフルホームの狭小住宅では採光が最大限に取り入れられるように配慮されていますので子育てや健康面から言っても好ましいものになります。

アイフルホームの三階建て住宅の特徴や5つのメリット

「三階建てを検討しているけど、実際のところどうなの?」三階建ての特徴、メリットをお伝えしていきます。

 

スカイバルコニーが素敵

アイフルホームは3階建ての住宅を提供しています。通常、日本の家というのは2階建てが主流となっているのですが、その中であえて3階建ての住宅を提供することによって、独自の空間を生み出すことに成功しているのです。

 

2階建ての住宅に住んでいたのでは味わえなかった素敵な時間を過ごすことができるのが特徴的です。たとえばアイフルホームの3階建ての住宅にはスカイバルコニーが設置されています。普通の家には絶対にないような空に近いバルコニーを利用してそれぞれが楽しい時間を過ごすことができるのです。

 

太陽の光がさんさんと室内に

3階建てのカーテンを開けると太陽の光がさんさんと室内に差し込んできます。遮るものがなにもないため、ありのままの日光を浴びることができるのです。そのままバルコニーに出てそこで朝食を取ることができます。ゆっくりとコーヒーを飲みながら家族と一緒に落ち着いた時間を過ごせるでしょう。午後には友達を招待してみんなで和気あいあいとした時間を過ごすと良いでしょう。3階のバルコニーならば周囲の反応を気にする必要はないのです。開放感があり、そこでは普段ならできないような会話をしてみんなと打ち解けることができるでしょう。見渡すかぎりの眺望を楽しめるのも魅力的な要素です。

 

満天の星空を満喫

夜になったらプライベートな空間でゆっくりとお酒を飲むことができます。満天の星空を満喫することも可能でしょう。

 

二世帯住宅・三世帯住宅にも対応

アイフルホームの3階建ての住居についてはいろいろな利用例が存在しています。通常の住宅よりも床面積が広くなっており自由に使える空間が増えているために、その空間を活用してさまざまなメリットを得ることができるのです。そのような例の一つとして、3階建ての住居で親世帯と同居しているケースがあります。

 

2世帯で生活実例多数

親世帯と同居したいと考えている方はたくさんいます。親の面倒を見る必要があり、一緒に住もうと思う方は多いでしょう。しかし、普通の住宅の場合は2世帯で同居することになると手狭になってしまいます。お互いのプライバシーをきちんと守ることもできなくなってしまうでしょう。

 

そこで3階建ての建物の登場となるのです。実際にアイフルホームに3階建て住宅を頼んで、そこで2世帯で生活をしているという家族はたくさんいます。

 

限られたスペースに広いスペース確保

限られた敷地しか利用できない場合には3階建ては大きなメリットがあります。通常の住宅よりも広いスペースを確保することができるからです。

 

たとえば1階を親世帯に利用してもらい、2階を共同で利用するスペースにして、3階は親や子供の世帯が利用するというケースがあります。他にもいろいろなプランを考えることができるでしょう。2階建ての住宅よりも自由度の高い利用法を検討することができるのです。3階建ての住宅にはこのようなメリットが存在しています。

 

 

東京や大阪などの都心でも大活躍

アイフルホームで3階建て住宅を建てたという人はたくさんいます。そういう人達の建築実例を見てみましょう。

 

広島県広島市に建てられた3階建て

まず紹介するのは広島県広島市に建てられた3階建ての住宅です。外壁はウッド調によって貼り分けられており、ナチュラルでとてもシンプルな住宅となっています。リビング階段には引き戸がつけられています。

 

これによって冷暖房を使っている際の配慮ができるのです。とても狭い敷地に建てられているのですが、広々としたダイニングキッチンを実現しています。3階には3人の子供達のための部屋がそれぞれ用意されています。

 

5人家族であっても3階建てのために狭い敷地を有効活用することができて、家族が快適に暮らすことができる家が実現しているのです。

 

都心に建てられた3階建て

次に紹介するのは都心に建てられた3階建てです。リビングダイニングが開放的となっているのが特徴的であり、こちらで家族集まって食事ができるのが楽しみとなっています。

 

カウンターが用意されており、そこでは子供が宿題をしたり、夜遅く帰ってきたお父さんが食事をしたり、それぞれの家族が快適に利用しているのです。リビングには和室がつながっており、たとえば子供がそこで昼寝をしていたとしても親はきちんと目を届かせることができるのです。

 

このような3階建ても実現することができるのです。
他にもアイフルホームはいろいろな3階建てを手がけています。

 

キッズデザインを重視(子育てもOK)

アイフルホームはこれまでにたくさんの注文住宅を請け負ってきたという実績があります。そのため、アイフルホームの3階建て住宅というのはとても優れているのです。特にキッズデザインを重視しているのが特徴となっています。子供にとっての暮らしやすさを重視しているのです。

 

ユニバーサルデザインやバリアフリー

日本ではユニバーサルデザインやバリアフリーという言葉が浸透するようになりました。
これによって暮らしやすい家づくりが目指されるようになっていったのです。しかし、これらの言葉通りに家づくりが進められたとしても、従来は大人があくまでも基準となっていました。

 

大人のサイズに合わせた家づくりが行われていたのです。そこでアイフルホームでは子供にもやさしい住宅を目指して家づくりを行っています。子供目線になって家づくりをすることによって、初めて家族全員が快適に暮らしていける家となるのです。

 

バリアフリーとユニバーサルデザイン、そこにさらにキッズデザインを加えてすべての家族にとってやさしい住まいを実現させたのです。

 

子供でも楽にドアの開閉ができる

たとえば引き戸にすることによって子供でも楽にドアの開閉ができます。チャイルドロックを設置することで浴槽に子供が転落するような事故を防ぎます。

 

段差は極力なくすようにしています。玄関には手すりが設置されています。このような子供への細かい配慮を施した3階建ての家を建ててもらうことができるのです。

 

安心サポート(アフターサービス)

アイフルホームで3階建て住宅を建てると安心サポートを受けることができます。充実した内容となっており、安心して住宅を注文することができるのです。まず完成した住宅の引き渡しを100%保証してくれます。どのようなことがあっても注文した住宅を完成して、それを引き渡してくれることを約束してくれるのです。

 

地震に対する安心

アイフルホームでは地震に対する安心を重視しています。どんなに大きな地震が合ったとしてもそれに耐えるような住宅を設計しているのです。それでも万が一地震の揺れによって家が全壊するようなことがあったならば、条件次第では建て替えを実施してくれます。

 

その費用の一分を負担してくれる耐震補償の制度を用意しているのです。

 

住宅履歴情報をきちんと保管

住宅履歴情報をきちんと保管してくれるサービスがあります。住宅の設計や施工の図面や維持管理の履歴に関する情報などを30年間ずっと保管してくれます。それはいつでもパソコン上から閲覧できるようになっているのです。

 

長期継続点検も実施

長期継続点検も実施しています。これによってこれから先長期にわたって家の価値を永く保つことができるように点検を実施してくれるのです。

 

定期的に幅広い範囲にわたって点検をしてくれるため、メンテナンスを完璧にしてもらうことができます。このように充実したサポート体制が用意されているため、アイフルホームで3階建て住宅を建てることにはメリットがたくさんあるのです。

 

3階建て住宅スプリーム

アイフルホームの「スプリーム」というのをご存じですか。実はこれ、3階建て住宅のことなんです。敷地面積がせまい都会で、空間を有意義に利用したい…という人の声を汲み取った、夢の間取りが実現しているんです。実質はせまい面積なのに広く感じる間取りにしてあったり、3階建てという特性を生かしてバルコニーまで造ってあったりと、さまざまな楽しみ方が出来るのが魅力です。

 

例えば、1階のちょっとした空間を使って小さな畑や花壇を造ることも可能ですし、窓を開けるとリビングと一体化するウッドデッキでバーベキューを楽しむことも出来るんです。さらに、アイフルホームは、せまい空間を生かした収納も得意だということが分かります。玄関そばの土間収納は天井までの高さがありながら圧迫感がありませんし、壁面を使った収納なんかも得意なんです。

 

それらは見せない収納となっていますので、扉を閉めればスッキリとした空間に早変わりです。そして動線を考えた間取りもさすがです。家事が楽に行えるように、洗濯から物干しまでの距離や動きやすさがきちんと計算されていたり、キッチンのすぐそばに大容量の収納場所を置くことで楽に料理が出来たりと、とにかく家の中動く人の目線がきちんと考え尽くされているのです。これでパパもママも、はりきって家事が出来ますね。そして、実は二世帯で暮らすにも、とっても便利な造りになっているんです。

 

 

みんなで過ごす場所が広く取られていますので、自然と交流することが出来るのです。最後に、これは子どもがいる家庭にとっては大切なことなのですが、子どもの成長に合わせて間取りを変化させることも可能なのです。間仕切りが出来る可動式の家具や壁を効果的に使っていますので、小さな時は兄弟姉妹が同室の場合でも、間仕切りを上手く動かすことによって、

 

成長するにつれて個室のような間取りに変化させることが出来るのです。家族といっしょに成長する家なんて素敵ですよね。

アイフルホームの二世帯住宅の気になる相場や特徴を紹介

二世帯住宅は色々と考えることが増えてきます。
この記事で、特徴をつかんでいただければと思います。

アイフルホームの特徴

アイフルホームはフランチャイズチェーン方式で全国に展開している中堅のハウスメーカーです。旧アイフルホームテクノロジーが旧トステム住宅研究所と合併してできたのが現在のアイフルホームです。

 

住宅業界では最大のフランチャイズチェーン数で代理店数は250店以上です。そして年間5000棟以上の販売戸数は木造建築をウリにするハウスメーカーの中でも上位になります。

 

坪単価はずばり

坪単価は20~55万円程度です。ローコストで住宅を建てられるということもあり、若者層にも人気のハウスメーカーになっています。

 

アイフルホームの二世帯住宅

 

「家族が増えて、そして年のいった親のことも気になる…。みんな一緒に暮らせたらいいのだけど、生活リズムがみんなそれぞれ違うし、家も狭いしなあ」とお考え中の方がいましたら、そんな時二世帯住宅を考えてみてもいいかもしれません。

 

暮らしやすさを徹底的に追求

アイフルホームは二世帯住宅の暮らしやすさを徹底的に追求し、住みやすい住宅を提案しており、・お互いの家族のプライバシーを適度に保ってくれる。・お互いが必要なときは行き来しやすい。そんな家づくりを提案しています。

 

これならお互い、生活習慣の時間帯が違っても適度にお互いを身近に感じあえる家になるでしょう。

 

気になる相場(坪単価)

二世帯住宅の価格は、二世帯のスタイルによっても全然違います。その中でもアイフルホームはローコスト住宅の普及に努めており、価格面では消費者の私たちにとても嬉しい価格になっていること間違いありません。

 

そして気になる相場ですが、アイフルホームの坪単価は40~55万/坪あたりが目安とされています。平均的な一軒家サイズの家を建てるとなると約2100万円との計算です。家のみの値段ですので、塀、車庫、照明などの経費は含まれておりません。

 

ですので大体2500万くらいでアイフルホームでの家の価格の相場となるようです。

 

型によって費用が変わってくる

二世帯では、共有スペースが「完全同居型」→「一部分離型」→「完全分離型」というように「同じ土地で同じ家に暮らす」か「同じ土地で別々に暮らす」かで価格に大きな違いが発生します。

 

二世帯住宅を建てるときは普通の一軒家の1.5~1.8倍の値段はかかるということも視野に入れておきましょう。価格を抑えたいがために共有スペースを多くして生活していてストレスがかかるようなことにならないよう、よく検討しましょう。

 

完全分離の家を建てるというようなら洗面所やトイレが二か所ずつ必要となりコストも2倍かかります。生活習慣やお互いの生活の距離感など確かめ合い本当に別に暮らすのか。共有部分は数が多いとその後の出費がかさむ。など建てた後の生活も考えるとリアリティが出てくると思います。

 

建てる前にメーカーとよく相談し、二世帯でも間取りは色々提案されてきます。親世代と子供世代でストレスのかからない家づくりを検討するのベストですね。念願のマイホームは上手に考えて作りたいですよね。二度とない機会だからこそ、家族とよく相談し、慎重になって価格もこだわりたいもの。メーカーとも良く話し合い協力してご自身にとって快適な住環境を実現してください。

 

アイフルホームが低価格な理由

ローコスト住宅を建てるための工夫として次のようなことが行われています。

 

web house

まず「web house」という展示場を持たずにインターネットで住宅を販売するサービスを行っており、展示場の維持費や人件費を削減しています。

 

間取りを制限

さらに間取りを制限し顧客に選択しから選んでもらうことで設計や積算の費用を抑えています。それに加えINAXやトステム等が参加するLIXILグループの総合力を生かし、各種建材や住宅設備等の機器を安価に入手しています。

 

メーターモジュール

アイフルホームは早くからメーターモジュールを採用していました。メーターモジュールとは一般的な尺モジュールと比べて約90mm基本寸法が長くなるので、廊下や階段、浴室、洗面所などのスペースが広くなり、
住宅性能評価制度の「高齢者への配慮」5等級が得られやすいなど様々なメリットがあります。

 

 

二世帯住宅でシミュレーション

これから、自身のマイホーム購入の計画を立てていくのに際しては、あらかじめ多角的な情報の収集と分析を進めていくことが重要なポイントとなっていきます。中長期的なスパンで、自身とその家族の生活を考えた場合に、より満足度の高い暮らしを実現するための取り組みが求められるのです。

 

特に、自身に子供がいる場合には、育児や教育をしっかりと行っていく環境が整っているかについても丁寧に情報を精査して、見極めていくことが大切な要素であると言えます。また、配偶者にとっても、新生活の拠点として一戸建て住宅を購入することについて様々なニーズを反映していけるように、配慮していくことが求められます。

 

このような点に留意しつつ、満足度を高めていくための検討を深めることが必要とされています。

 

シミュレーションを活用しよう

アイフルホームで行っている二世帯住宅購入に際しての事前シミュレーションを活用することによって、これからのマイホーム購入計画を具体的に捉えていくことが可能となります。

 

自身の家族と、その両親が共に暮らしていく二世帯住宅では、バリアフリーやプライバシー等の観点から多面的な検討をしていくことが重要視されます。

 

アイフルホームのシミュレーションは、担当者に自身と家族が抱いている様々なニーズを伝えて、どのような二世帯住宅を築いていくかについての具体的なイメージを掴むには適したシステムです。マイホームの購入後に生じた問題点については改修することが難しい場合も多いので、事前に想定される課題について対応を考えておくことが大切になってくるのです。

 

想定される問題点について、アイフルホームの担当者とともにシミュレーションしておくことによって、その内容を家族と情報の共有化をしておくことが可能である点も大きなメリットであると言えます。

 

アイフルホームでバリアフリーなら平屋住宅がおすすめ!費用・相場の話も

平屋は定年退職して新たな環境を手に入れたり、建築予算をおさえたい方におすすめです。
平屋にはまた違ったメリットがたくさんあります。

まずはアイフルホームの事を紹介

アイフルホームはフランチャイズシステムをとる住宅建築の最大規模の会社です。全国の250近くの工務店が加盟するチェーンで年間5千棟以上の木造住宅を建設して来ています。

 

この会社の特徴としてはまず価格が安いことがあげられます。建築材料や住宅設備機器を大量に仕入れる為に材料費が安くつくことがあげられます。メーターモジュールを採用している為に寸法が1メートル単位で部材をカットするという無駄な作業を必要としません。スパンが1メートルということで廊下巾も広くとれ、手すりを付けたり、トイレにも車椅子で入ることも可能となります。

 

平屋住宅は現在のトレンド?

定年を迎え退職後には夫婦で平屋建て住宅を建てることも現在のトレンドになっています。老後は子供たちもいなくて2階建てであると部屋や建物の維持管理も負担に感じて来ます。特に階段での掃除などは下手をすると階段から転げ落ちる心配もあります。

 

風通しがいい

平屋建てであると風通しを良くすることが出来ますし、2階への上がり降りの必要もなく安全で、しかも同じ高さのところを移動するためにバリアフリーにも向いているとも言えます。階段がない分そこを他のことに利用したり、光を取り入れたい場合にはトップライトを設置したり、光庭や浴室の外に坪庭を設けることも出来ます。

 

地震にも強い

住宅自体の重量は少ないために地震にも強い住宅となります。プランの建て方次第では移動の少ない動線やそれを利用した部屋と部屋の繋がりも計画出来ます。

 

天井を高くすると開放的

2階部分がない分天井高を高くすることもできて開放的な雰囲気も味わえます。

 

アイフルホームの平屋の相場

アイフルホームには企画型の平屋建て住宅があり、2012年に建てられたケースでは32坪で1535万円という例が見られこれを坪単価に直すと48万円ということになります。

 

アイフルホームでは平屋建て、2階建て、それに3階建てという住宅建築の実績があり、2階建て住宅の坪当りの相場は40万円から50万円、3階建て住宅の場合は38万円となっています。全般的な相場からみると坪40万円から50万円というところになりそうです。但し平屋建ての場合は2階建て住宅よりも少し高めの相場のようです。

 

アイフルの平屋は安い?

近年の日本の家は様々な様式がありますが、最近見直されるようになってきている住宅が平屋建て住宅です。平屋建て住宅は一階建ての住宅であり、価格の安さや比較的自然災害に強いといったメリットがあります。

 

また開放的な空間も作る事ができるので、様々な魅力がある住宅です。家を建てる時は専門業者に依頼する事が一般的ですが、特にハウスメーカーは建築業界の中でも業績を伸ばしています。

 

またハウスメーカーの中でもアイフルホームはメリットとデメリットがいくつか掲載されているので、利用する時は理解しておく事が大切です。まず最大のメリットと言われている事は価格の安さです。

 

アイフルホームはローコスト住宅と言われており、住宅にかかる費用以外の部分を押さえている為、顧客にとってはメリットが多いと言われています。会社によって差はありますが、ハウスメーカーの平均的な坪単価は約50万円前後とされています。

 

特に都市部高級住宅地となるほど価格は高めとなります。しかしアイフルホームでは平均の坪単価は約40万円前後となっています。ですから安く家を建てたい時は検討すると良いと言われています。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-アイフルホーム

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.