アイフルホーム

アイフルホームの費用・相場や特徴について②

投稿日:

アイフルホームの建築費用・頭金と資金計画のお話

頭金はどのくらい準備すべき?

アイフルホームに注文住宅を頼む際に発生する費用や資金計画のお話をしたいと思います。

 

住宅価格の2割程度のお金

住宅を購入する際には通常頭金を準備することになります。頭金の一つの目安として住宅価格の2割程度のお金を用意するべきだとされています。

 

それによって無理のないローンを組めるとされているのです。頭金を支払うことによって、住宅ローンの借入額を減らすことができます。そうなれば住宅ローンの利息による負担は減るでしょう。

 

借入額が増えるにしたがって利息も増えていくため余計な出費がどんどん増えていってしまうのです。本来はできるだけ多くの頭金を貯めることがベストなのですが、そのような余裕のない方もいるでしょう。また、頭金にすべてのお金をつぎ込むようなことをすれば、そのあとの生活に影響が出てしまいます。

 

現金だけを準備すれば良いのではない

実際に住宅を買う際には現金として頭金だけを準備すれば良いのではありません。住宅を買うために諸費用がかかってしまうのです。具体的にどのような費用がかかるのかはアイフルホームに聞いてみると良いでしょう。

 

また、手元に残しておく資金についても考えておくべきです。これらのお金というのはすぐに準備することは難しいでしょう。通常はこれから将来的に住宅を建てることを見越して少しずつ貯金をしておくものです。

 

そうやって頭金を準備しておくことによって、住宅を買う際の負担を減らすことができるでしょう。頭金がなくても全額住宅ローンで家を建てるという方法もあるのですが、この場合は利息の負担が大きくなるため注意しましょう。

 

 

注文住宅で家を建てる建築費用

アイフルホームで注文住宅を建てるためにはさまざまな費用がかかります。資金計画をしたいならば、まずはどのような費用がかかるのかを把握しておくことが大切でしょう。

建築費用(家を建てるための費用)

 

まずは建物代金がかかります。これはメーカーによってかなり価格に差があり、またそれぞれの建物の条件によっても異なるでしょう。大きな建物であり、グレードの高い設備がたくさん整えられていればかなりの価格となってしまうこともあるのです。

 

アイフルホームではできるだけリーズナブルな価格で住宅を建てるためのさまざまな工夫をしているため安心しましょう。

 

土地代金(家を建てる場所の費用)

建物代金に加えて土地代金もかかります。土地の価格というのは地域差が非常に大きいです。

 

場合によっては建物代金の何倍もの土地代金がかかってしまうこともあるでしょう。それぐらい土地というのは高いものであり、住宅を買うための価格の大半を占めてしまうこともあります。

 

その他の諸費用

他にはいろいろな諸費用がかかります。設計監理費や登記費用、地盤改良工事費、その他工事費がかかるでしょう。火災保険や仲介手数料、予備費といったお金も必要です。

 

固定資産税積算金や水道加入金、不動産取得税などの費用を支払う必要もあります。このようにいろいろな費用が必要になることを知っておきましょう。引っ越しをしたり、その他いろいろな手続のためにお金がかかることもあります。たくさんのお金が必要となるのです。

 

 

資金計画は今後の人生を左右する

資金計画を建てる際には現時点での状況だけで判断をしてはいけません。これから人生を送っていくうちに家庭環境はどんどん変化していくでしょう。子供がさらに生まれるかもしれません。子供が大きくなったら学校へどんどん進学していくことになります。

 

習い事をしたり、進学塾へ通わせるようになったらかなりのお金がかかってしまうでしょう。その間もずっと住宅ローンの返済をしなければいけないのです。ひょっとしたら親の介護をしなければいけないこともあります。結婚をするということもあるでしょう。家計状況はどんどん変化していくのです。

 

将来どのように収入が変化する?

将来どのような状況の変化が起きるのかを完全に予測することは不可能でしょう。それでも、おおまかなことについては予測が可能であり、それを念頭に入れた資金計画をするべきなのです。

 

現在共働きをしていたとしても、子供が生まれて仕事を辞めることになるかもしれません。あるいは、子供がある程度大きくなってから再び働き始めることになるかもしれません。そのようなことも考えておきましょう。

 

将来どのように収入が変化していくのかも予測のうちに含めておくのです。

 

返済期間の間で返済額変更可能

返済期間の間で返済額を変更することもできます。共働きできる時には返済額を高く設定して、子供が生まれたら返済額の少ないプランに変更するということもできるでしょう。ライフサイクルを念頭において返済計画を考えることは、資金計画の中でも特に重要なことの一つといえます。

 

住宅ローンの返済方法も理解しておこう

住宅ローンでお金を借りたならば、それをきちんと返さなければいけません。お金を返す際の方法にはいろいろなものがあります。

 

さまざまな返済方法が存在しているため、それぞれの違いを理解しておくことは大切なのです。大きく分けると元利均等返済と元金均等返済という二種類の返済方法が存在しています。

 

元利均等返済

元利均等返済というのは常に返済額が一定となっているのが特徴であり、計画を立てやすいというメリットがあります。一般的にはこちらが選択されることが多いでしょう。無理なく返済していくことができるためお金を借りやすいです。

 

元金均等返済

一方、元金均等返済というのは毎月の返済額がどんどん少なくなっていくという特徴があります。また、最終的に支払うことになる返済総額は元金均等返済の方が少なくて済むのです。

 

ただし、最初の頃の返済額はかなり高くなってしまうため、お金に余裕がないと選択できない方法となります。住宅ローンを借りる際にはこのどちらかの返済方法を選ばなければいけません。

 

一部を繰り上げ返済も可能

返済している途中でまとまったお金ができた時にはそれで元金の一部を繰り上げ返済することもできます。これによって総返済額を減らすことができれば返済期間を短縮することが可能なのです。

 

このような方法があることも知っておきましょう。これから住宅ローンを利用する予定のある方は、細かいシステムについてもきちんと説明を聞いておくべきです。

 

 

税金の事も理解しておこう

住まいには税金がかかるため、きちんとこれを支払わなければいけません。大きく分けると住まいを建てる際にかかる税金と、建てたあとも継続してかかる税金があります。この二つの税金がかかることを資金計画を考える際に考慮しておいてください。

 

  • 登録免許税
  • 印紙税
  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • 都市計画税

 

たとえば、不動産登記のための登録免許税や契約書に貼ることになる印紙税があります。不動産を取得するためにかかる不動産取得税も支払わなければいけません。

 

家を建てる祭にはこれらの税金を支払うための資金を用意しておかなければいけないのです。さらに家を建てた後には毎年固定資産税と都市計画税を支払う必要があります。これらは毎年必ず払わなければいけないものです。

 

ただし、3年毎に評価替えが行われるため、税額はどんどん変化していきます。基本的には住宅の価値というのは月日とともに下がっていくもののため、税金も安くなっていきます。

 

最大で10年間で500万円の減税

 

新築の住宅を建てる場合にはいろいろな制度によって税金が軽減される可能性があります。土地の税金については住宅が建っていれば安くなるため、土地と住宅は同時に購入する方が良いでしょう。税金の減額措置については期限が定められているケースがあるため注意しましょう。

 

住宅ローン減税というものがあり、これを活用すると所得税の控除を受けることができます。最大で10年間で500万円の減税を受けられる可能性があるためきちんと調べておきましょう。

 

アイフルホームの坪単価はズバリ●●円!!相場と費用が知りたい方必見

気になる坪単価の話です。

アイフルホームの坪単価はズバリ

アイフルホームにはインターネット限定商品、「i-Prime7」というものがあります。

 

これは「ネットで楽しい家づくり」をコンセプトとした[web housing]のページで行われているものです。3Dモデルで希望のプランをシミュレーションし、土地情報や資金計画を入力するだけで家が建てられるというすぐれものです。

 

一軒700万円、坪単価20万円程という激安価格で話題となりました。

 

その他の住宅シリーズは、40~45坪ほどの家で坪単価40~55万円程です。他のホームメーカーと比べると非常に安いと言えます。
大量購入や資材のランクを落とすことで成り立っているという意見もあるので、しっかりとした情報収集が大切です。

 

 

アイフルホーム新築の相場

多くの人々があこがれるマイホームですが、マイホームの中でもかなり魅力的なものといえるのが、注文住宅で建てる家になります。

 

マイホームを建売の一戸建て住宅で購入した場合でも、多くの人は人生の中でも最大級の買い物をすることになりますが、その中でも注文住宅ということになれば、さらにお金が必要になってきますよね。

 

ですから、注文住宅で家を購入するのであれば、それなりに費用を蓄えておく必要がありますし、理想的なハウスメーカーに家を建ててもらう必要がでてきますね。

 

では、いろいろとあるハウスメーカーの中でも比較的に安価で家を建てることができるところは、具体的にどこになってくるのかというと、それはアイフルホームになります。

 

アイフルホームでは、年間で5000棟程度の家を建てている企業です。この規模の大手となると、高価なメーカーが多くなってくるところですが、そんな中でもアイフルホームは比較的に安く家を建てることができるハウスメーカーなんです。大手であっても費用は嵩みすぎず、安心して家を建ててもらえる環境が整っています。

 

では、注文住宅で新築の一戸建て住宅を建ててもらうとしてだいたいどれくらいの金額が必要になってくるのでしょうか。アイフルホームの相場価格は、坪単価で50万円を切ってくる程度です。大手では比較的に安い金額設定であるといえるでしょう。

 

たとえば、30坪ぐらいのマイホームを新築の一戸建てで建てることを考えたら、30坪に540万円をかけるので、1500万円前後ということになりますね。注文住宅ではもちろんこれ以上に高い金額設定になっているところも多いので、利用して損のないハウスメーカーといえますね。

 

しかも、年間での実績もかなりのものになっているので、任せて安心です。今までにいろいろな家を建ててきているところですから、施主の想いをしっかりと形にしてくれるハウスメーカーですね。平均的な相場としてはもっと高い金額が必要になってくるのが普通ですから、そういった意味から考えると、ここは結構おすすめです。

 

実際にアイフルホームの家をみてみたい人は、住宅展示場に足を運んでみるとよいでしょう。すべてがすべてというわけではないですが、いろいろな住宅展示場にアイフルホームが建てたとても素敵な家々があります。

 

ここで担当者と相談をして理想的な家を建てていくのがよいですね。かなり納得のいく家を建てていくことができちゃいますよ。

 

アイフルホームで家づくりをシミュレーション

 

これから家づくりを始める人、注目してください。アイフルホームのホームページならば、そんな家づくり初心者でも分かりやすく家づくりを学ぶことができます。

 

家を建てるとなった時に、まず知っておきたいのが住宅ローンについてです。資金繰りがうまくいかなくては、先々行き詰ってしまうので重要ですよ。アイフルホームのホームページならば、そんな住宅ローンの組み方について知ることができます。どんなに金利が低くても予算オーバーしてしまっては、後々困ったことにもなりかねません。やっぱり、そこは堅実な計画が大事じゃないでしょうか。具体的なプランについても最初にちゃんと考えておけば、きっとスムーズに進められるでしょう。

 

アイフルホームのホームページには、他にも家づくりに必須の情報が満載です。土地の探し方や依頼先の選び方なんていう初歩的な問題から、実際に建てるとなった時に問題となる間取りプランや家の構造についてもチェックできます。

 

特に間取りプランにはこだわりたいという方も多いでしょう。そんな間取りの実例を交えながら考えることができるので、アイフルホームのホームページは頼りになります。

 

もちろん、ホームページで情報収集したあとは、モデルハウスを見るのも重要ですよ。写真で見るのと実際の建物を見るのとでは、格段の差があるからです。見た時のインスピレーションも大事です。毎日、長い時間を過ごすことになるんですから、便利さや暮らしやすさ同様、好きと思える家づくりをすることも大切なんです。

 

実際のモデルハウスを見てみれば、家族が暮らすイメージもつかみやすいでしょう。キッチンとお風呂場の動線とか、光の入り方とかチェックすべきポイントはたくさんあります。あらかじめ、重視したいポイントを整理しておくと、スムーズな見学ができるんじゃないでしょうか。

 

比較したいモデルハウスを事前に決めておくのもおすすめです。あれこれ見ちゃうとやっぱり迷ってきちゃいます。

 

でも、目的をしぼって行けば、よりポイントをしぼったチェックができるでしょう。モデルハウスはあくまでも例だから、それをもとに家族の実情を考え合わせるのも大切です。

 

モデルハウスの種類はさまざまです。二階建てはもちろん、平屋や三階建ても捨てがたい魅力があります。土地を有効活用するためには、地下室付きも素敵です。実際に見ればエレベーターという選択肢も浮上するかもしれませんね。そんな具体例が満載な住宅展示場は、一回と言わず何度も訪れて欲しい場所です。

 

家づくりは、一生に一度のチャンスですから、しっかり迷ってしっかり考えて、よりよいマイホームをつくりましょう。何よりも家づくりを楽しまなくちゃですよ。

 

商品別の坪単価について

ローコストメーカーで有名なアイフルホームですが、その坪単価は40~55万円程度だと言われています。確かに一般的なハウスメーカーと比べて低めの料金設定となっていますね。
ではシリーズごとにかかる坪単価を見ていきましょう。

 

アヤ(AYA)(32坪)
平屋 1階建て(2012年)
32坪   = 1535万円
坪単価 48万円/坪

 

スプリーム(SUPREME)(42坪)
3階建て(2013年)
42坪   = 1600万円
坪単価 38万円/坪

 

セシボ(cesibo)(40坪)
2階建て(2010年)
40坪   = 2000万円
坪単価 50万円/坪

 

見積もりではこの程度の費用が必要のようです。
オプションを一切付けずに、全ての部材のランクを落とし、費用の掛からないようにすると坪単価30万円台で抑えることも可能なようです。企画されたもの以外から自分で選ぶ場合料金は上がってしまうようです。地盤検査、改良、ガス工事費などの料金は含まれていないのでさらにお金が必要になることを想定した方が良いようですね。

 

アイフルは値引き可能なの?

 

アイフルホームはフランチャイズ経営なので、各営業所によって値引き対応に差があるようです。交渉をする場合は、必ず契約決定前までに交渉しなくてはなりません。他ハウスメーカーでもたくさんの見積りを取り、競合させてみたり、ここまでまけてもらえれば契約したい~と伝えると良いかもしれません。

土地探しや土地購入の費用と知識の紹介

お家を建てる時、建築知識って今まで知る機会なかったですよね。
当ブログを参考にしていただくと、大変うれしく思います。

家を建てる際に知っておくべきこと

初めて建てるマイホーム、その注文住宅をどこに発注するか依頼先を決めるのと同じように重要なのが、マイホームを建設する「土地を探す」ことだ。

 

土地探しからマイホームづくりを始める場合、少しでも広くて、少しでも安い物件で、周辺環境や学区の条件が良い場所を手に入れたい。しかし、条件が良くて安い土地には、それなりの理由がある。土地探しで知っておきたいことを以下にまとめる。

 

都市計画図をチェックしよう

マイホームを注文住宅で建てる。その住宅を建てるべき土地探しの基本。土地を探している自治体の都市計画を知っておくべきだ。どんな市町村であっても必ず都市計画法があって、その取り決めに従った都市計画図がある。

 

その「都市計画図」で検討している土地を確かめる。「都市計画図」は、さまざまな色づけがされているが、色が塗ってあるところが都市として開発・整備を進めていく「市街化区域」です。

 

色が塗っていないところは、「市街化調整区域」と呼ばれる市街化を抑制する区域で、家が建てられない場所だ。まず、検討している土地が最低限「市街化区域」に入っていることを確かめておこう。

 

建ぺい率と容積率をチェックしよう

地域によって建てられる家の最大の大きさが建ぺい率と容積率で決まっている。建ぺい率は、1階部分の工事面積を決定づける数字だ。

 

(建ぺい率=建築面積÷敷地面積)
 容積率は建物の延べ床面積をきめる数字

 

(容積率=延べ床面積÷敷地面積)
土地を探す場合、どんな家が建てられるか

 

まず建ぺい率・容積率を確かめることがポイントとなる。

 

北側斜線制限、道路斜線制限を注意しよう

建築基準法では、家を建てる場合、北側住戸が十分日照が得られるよう、南側に家の高さを制限している。

 

同じように、道路の幅や距離により家の高さを制限している。また民法によって、都市計画では隣地境界線から家をどれだけ離さなくてはならないか決められている。

 

建ぺい率、容積率と合わせて、どんな広さ、高さの家が建てられるかを決める要素だから、土地を購入する際に十分な調査が大切だ。

 

土地費用以外に必要な経費はこれ

土地の広さや価格が条件以上だからといって、すぐに飛びつくのは危険だ。その土地に面した道路幅員は十分にあるだろうか。

 

幅員が狭い場合、大型車が入れず別途小型運搬費がかかる。また、ガスや水道の引込みが敷地内にされていない場合、引込み工費費用も別に必要だ。道路と敷地の高低差も要チェック。

 

高低差があると、造成工事・土留(どどめ)工事・よう壁などの外構工事が必要。なぜ安いのか、その訳を確認することが大切なのだ。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-アイフルホーム

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.