アイフルホーム

アイフルホームの費用・相場や特徴について①

投稿日:

アイフルホームとは

アイフルホームは、住宅業界では最大規模を誇るフランチャイズチェーンの会社です。誰もがCMで流れる「アイフルホ?ム♪」のメロディーには聞き覚えがあるのではないでしょうか。最近では、大物女優をCMタレントで起用しているため、その方のイメージが強いかもしれませんね。

 

アイフルホームは1984年5月、江東区に設立されました。イフルホームはのアイフル(EYEFUL)という言葉には
「大きく目を開く」、「よくものが見える」という意味があります。顧客の求める真の住まいづくりのあり方を示すことによって、建築業をより見えるものにしていく。

 

そんな思いが、アイフル(EYEFUL)というネーミングには込められています。

 

アイフルホームの家づくりとは

アイフルホームでの家づくりは、居住者とその家族の視点に立って、より満足感を得られる生活を目指していくことに力を入れています。そして、二世帯住宅を購入するためのシミュレーションを進めていく際にも、将来を見据えた居住者のニーズをどこまで反映させることができるかについて丁寧に考慮してくれるのです。

 

こうした姿勢には大きな信頼感を持つことができ、マイホーム購入に際して生じる様々な不安を和らげてくれるのです。これは、長期的に安心して家族が生活していく拠点としての二世帯住宅を実現する上でとても重要な要素となります。事前の詳細なシミュレーションを通して具体的な家づくりのイメージを持つことができたら、家族と共に室内のデサインや機能性等についても一つ一つ丁寧に検討を深めていくことになります。このような視点を念頭に置いて、満足度の高いアイフルホームでの家づくりを具現化することが大切です。

 

アイフルホームの評判

アイフルホームで家を建てることを考えている方は、評判も気になるところだと思います。
気になる評判を集めてみました。

 

アイフルホームは住宅をローコストで供給することで評価されているハウスメーカーです。
たくさんのシリーズ商品を提供していますが、バリエーションはそう多くは見えません。ローコストで出来る理由はこのあたりにあるのかもしれませんね。耐震設計や断熱仕様などのある基本性能の良い家が比較的低めの価格で建てられると評判のようです。

 

ですが、フランチャイズ経営なので施工は代理店が行います。代理店の施行なので技術に差が見られてしまうこともあるようです。マニュアルのようなものはありますが、代理店がきちんとその基準に従っているかどうかのチェック体制が不完全なため、低評価されている部分もあります。

 

保証制度や耐震設計について

「完成引き渡し保証」や「60年継続瑕疵保証」などが採用され、充実した保障制度は評価されています。
また2008年に発売した「c´e-si-bo(セシボ)」が「家庭を育む家」としてキッズデザイン賞を受賞し、空間の設計が評価されています。これは、キッチンからリビングにいる子供の様子がわかるようになっていたり、収納が工夫され大きなものでも入るようになったり、子どもと料理できるようゆとりあるキッチンなどが備えられています。

 

また耐震等級3になるような耐震設計、制震装置EVASの設置やグラスウールによる断熱仕様など基本性能が良く、設備を追加しても全体のコストはそこまでかけずに家をたてることができると評判が高く、さらにアイフルホームはLIXILグループなので豊富で高性能なLIXIL製品が企画的安い値段で手に入れることができます。低コストの割に……というのが総評のようです。

 

アイフルホームの3つの特徴

気になる特徴です。

ローコスト住宅

意外と知られていませんが、アイフルホームの住宅はとにかく安いです。
その理由は、

  • フランチャイズ(代理店)方式であるため、中間マージンをカットでき、建築コストを大幅にダウンさせられるため。
  • アイフルホームがLIXILグループの一部であるため、必要なもの(サッシ等)を安く手に入れられるため。
  • 多くのシリーズ商品が用意されているが、バリエーションは多くないため(タマホーム同様)
  • メーターモジュール(※1)を採用しているため、使う材料を減らすことができるから。

などがあげらます。

 

※1 メタモジュール…1mを基本寸法とする設計基準のこと。一般的な「尺モジュール」と比べて約90mm長くなる。そのため、
(1)廊下や階段、浴室・洗面所、トイレなどのスペースが広くなる、
(2)住宅性能評価制度の「高齢者への配慮」5等級(最高等級)が取りやすい、
などのメリットがある。しかしその半面、
(1)建物の面積が同じだとすると、廊下や浴室等のスペースが広くなる分だけ、居室の面積は狭くなる、
(2)和室のデザインが崩れやすい、
(3)住宅設備機器・建具等の価格やメンテナンス費用が高い、
などのデメリットが指摘されている。

 

キッズデザイン

アイフルホームはキッズデザイン賞を第二回の2008年から、8年連続で獲得しています。
キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、そして、子どもたちを産み育てやすいデザインを表彰するものです。
アイフルホームはローコスト住宅会社のため、購入者の多くは小さな子どもをもつ、若い夫婦です。
購入者のニーズに合わせた家づくりを行っていると言えます。

 

フランチャイズ

アイフルホームは日本最大級のフランチャイズチェーン住宅会社です。
どの地域でも同じサービスを提供できることが強みです。

アイフルホームの保証とアフターサービスについて

人生で住宅購入は、大きなイベントと同時に、出費金額も大きいです。住んでいて、お家のトラブルが発生してしまったらどうすれば良いのか?アイフルホームの保証はどうなっているの?安心していただくために、続きを読んでいただければと思います。

アイフルホームのゆとりある注文住宅

アイフルホームの注文住宅/初めての家づくり、ゆとりと安心をサポートするアイフルホームの注文住宅保証。アイフルホームは、安全に暮らせる家、快適に暮らし続けられること。そしてゆとりある暮らしを実現することを掲げる企業だ。

 

この当たり前のことを実現するために、耐震性や耐久性、居住性などの設計品質はもちろん、工事の検査、住まいの保証、点検システムまでの万全のサポート体制を整える。また、無駄なマージンや、無駄なコストの発生を徹底して省いたFCシステムで、安心とゆとりある家づくりを達成する。

 

住まいは大切な財産

住まいは大切な財産でもある。その財産を永く保ち、次の世代への資産として残すためには、家の基本となる構造の耐久性をきちんと考えたうえで、永きにわたる保証とメンテナンスのためのシステムが必要だ。

 

アイフルホームは暮らしの「安心」をしっかり見据えた「建てる前」「建てる時」「建てた後」の「住まいの安心」を目指している。

 

アイフルホームの保証まとめ

保証は、大変重要になってきますので、繰り返し読んでいただくことをおすすめいたします。

完成引き渡し保証

アイフルホームグループでは、契約された住まいの“完成”と「引き渡し」を保証するシステム「完成引き渡し保証」を実施している。

 

万一、契約した加盟店が不測の事態により契約を遂行できない場合、アイフルホームが“完成”“引き渡し”を完全に保証する。

 

耐震保証

「地震に負けない、安心して生活できる住宅を供給する」、それがアイフルホームの使命。強い構造体と独自の検査体制で高い耐震性能を誇る住宅を建築し、その構造に自信があるからこそできる「耐震補償付き住宅」。

 

これは、万一、アイフルホームの注文住宅が地震の揺れを起因として全壊した場合、一定条件のもと建て替えを実施する場合に、建て替え費用の一部を負担する制度だ。

 

住宅履歴情報

家の資産価値向上、リフォーム時の円滑対応のため、住宅の設計・施工図面、維持管理の履歴などの情報「住まいの履歴書」を、お引渡し後30年間データ保管するサービスだ。

 

データ保管された情報は、いつでもパソコン上で閲覧可能だ。

 

瑕疵保証

アイフルホーム加盟店で契約された全ての新築住宅において、瑕疵担保履行法に基づき瑕疵の補修が確実に実施されるよう指定保険法人の住宅瑕疵担保責任保険に加入して資力を確保し、平成12年4月に施行された品確法により国が定めた10年の瑕疵担保の責任を履行する。

 

長期継続点検

家を完成させることだけがアイフルホームの仕事ではない。建物の資産価値を保つために、引き渡し後長期にわたり、契約したアイフルホーム加盟店が住まいの健康状態を継続して点検。

 

ユーザーの希望によって、幅広い範囲で定期的に点検、相談に応じる。

 

アイフルホーム加盟店の品質検査

瑕疵保証において、長期間にわたり性能を保てる住宅かどうか、着工から引き渡しまでの間、アイフルホーム加盟店独自で行なう8回の品質検査(200項目以上)を厳しく実施する。

 

国交省指定の保険法人による現場検査

3階建て以下の瑕疵保険対象住宅では、保険法人による2度の現場検査が必須。

 

その2回の現場検査では、主に、構造に関わる部分の検査が行なわれ、雨漏れの要因となる部分の検査は十分ではないのが実態だ。アイフルホームでは、その雨漏れの要因となる重要な部分についても、国土交通大臣指定の保険法人による現場検査を実施し、現場検査は合計3回となる。

 

アイフルホームでリフォーム・増改築することの3つのメリット

アイフルホームでリフォーム・増改築するとこんなメリットがあります。
この記事では代表的なメリットを3つほど紹介しますね。

 

メリット1:豊富な物件

1つ目は豊富な物件の中から選択できるという点。

 

通常リフォームは今ある家を改築することを思い浮かべるであろうが、アイフルホームのリフォームは古い家を改築して再利用するといったものである。これにより、環境にもよく自信をもって人に勧めることができる。

 

メリット2:実際の建物からの選択

 

2つ目は実際に建っている家から選択できるという点。

 

リフォームで最も怖いのが、せっかくお金を出したのに以前よりも使い勝手が悪くなってしまったり、汚くなってしまう。あるいは、お金をかけた以上のものができずに元の方が良かったという場合である。

 

これらは実際の建物から選ぶようにすれば解消できるが、アイフルホームのように経営地盤がしっかりとした企業でないと、数多くの建物を全国に所有することができない。この点もメリットとして挙げられる。

 

メリット3:人に優しい家づくり

最後はバリアフリーを推進して至る所に人にやさしい作りの家を導入している点である。

 

家の中でも快適に過ごすことができるよう風の通りを考慮した作りにしている。ゼロから生み出すのは難しいが、2つ目の利点があるからこそ目で見て完成形を確認してから施工に取り掛かることができるのでより精度の高い仕事ができるのである。

 

階段の手すりをつけたり、狭い通路を広く取り、逆に狭くなった通路を物置などの収納スペースにすることで無駄のない有効利用を心がけた作りになる。

 

これも依頼者の意見をくみ取り、いかにして限られた予算の中で目的を達するかが明確になっている会社であるアイフルホームならではのメリットといえる。

アイフルホームの口コミと評判で多い感想や意見をまとめてみた

口コミって気になりますよね?アイフルホームの口コこみをまとめましたので、是非とも参考にしていただければと思います。

アイフルホームの口コミ・評判で多い内容

アイフルホームの口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。

 

コスパがよい

こだわりがある方は、プランニングの自由度が高くコストパフォーマンスもよいので是非。同じ仕様で他店ハウスメーカー3社に見積もりを頼んだところ、1.5~1.8倍ほどの価格だった。アフターについてもまずハガキで連絡が来て、都合の良い日を予約し点検作業と、きちんとしている。

 

対応が柔軟だ

営業さんの誠意が良い。こちらが仕事の都合で夜遅くにしか会えないことや打ち合わせをドタキャンしても必ず時間を合わせてくれた。要望にもきちんと対応して、こちらのペースで進行してくれるので、好感をもった。

 

若い人でも家を建てられる

価格が若い人にも建てられる値段設定になっていて相談会にも若い夫婦が多い。また設計自体も子供に優しくなっていて子育てをしやすいものにすることができる。特にセシボシリーズがお勧めでグレードによって値段が変わってくるが子供の出す騒音を優れた遮音性を持つ材質で遮断してくれる。またこのセシボシリーズは2008年にキッズデザイン賞を受賞しました

 

自然の恵みを生かした家

現在様々なハウスメーカーがスマートハウスを提供してくれるがアイフルホームのスマートハウスが一番綿密に計算されていているように感じる。まず風の心地よさを最大限生かす設計がされており湿気の少ない家になっています。またうまく風邪を利用することで夏は涼しく、冬は暖かい家にすることが可能です。また雨水を雨水タンクに貯めて水まきや非常用の水に再利用することができます。さらに太陽光が二階から一階にさしこむ設計にできるので明るい室内にすることができます。

 

実際の口コミ・評判

必ず口コミは読んでくださいね!

 

東京都在住60代男性

「東京都内で20年前に中古で購入した一軒家の我が家も、だいぶガタが来ている感じ。

 

水回りとかもかなり気になってきたし、地震が各地で発生していて、東京都内も他人事ではないので、耐震なども築年数が古くなってくると、不安な気がしてくる。20~30年前の昔と今とでは、耐震対策の性能などもだいぶ変わってきているだろうと思うし。

 

夫や親とも相談していたところだったんだけど、まったくはじめての試みだし、素人の私たち同士で話し合っても何の知識もないので進展もない。

 

近所の人が、変なリフォーム業者に騙されたという噂があったし、リフォームや建て替えとかの業者の、何だかいかにも怪しそうなチラシとかがポストに入っていたりすることがあるんだけど、やっぱ無名なところに頼むのはなんかこわい気もする。

 

そんなときにたまたまテレビで、『アイフルホーム』のリフォームとか建て替えのCMがやっていたのを見て、CMのキャッチフレーズの音楽も覚えちゃってるくらいだから、すごい有名なんだろうし…

 

なんてことで、有名業者だったら少しは安心かな、なんて話になり、ちょっととりあえず、いくらくらいかかるかとか、どんな風に変えられるのかとか、いろいろとプロに相談してみるのが一番早いかな…、と思い、ネットで検索してみた。

 

調べてみるに、この会社の悪い噂は見かけなかったし、『アイフルホーム』のホームページを見てたら、私が「欲しい」と思う情報が満載で、ちょっと興味津々になっちゃって、今までの建て替えとかリフォームの実績の例がいろいろ出ていたので 「建て替えするなら、こんなのがいいな」とか、いろいろじっくり見ちゃった。

 

あと何十年住むことになるのかわからないけど、もしかしたら子どもたちが受け継いで使うかもしれないし、無駄なお金は使いたくないし、かなりじっくり拝見。

 

とにかく我が家の場合は、耐震対策をするっていうのがメインだけど、トイレの流れとかも悪いし、水道水もサビっぽい匂いがしたりするので、水回りのフルリフォーム。それが必要かなと。

 

『アイフルホーム』は、都内に住宅展示場とかモデルハウスもあるみたいだから、見に行ってみてもいいかも、と思ったのと、興味を惹かれたのが、リフォームすると、今Tポイントが超貯まるらしい、というやつ(笑)

 

それでとりあえず電話してみた。そうしたら、我が家まで担当の人が見に来てくれるということに。実地を見てもらわないとわからないだろうし。数日後に担当の人が来てくれて、いくらかかるかとか、どんな風に変えられるのかとか、建て替えやフルリフォームのシミュレーションを作ってもらった。

 

なんだか夢が膨らんじゃった。作ってもらったシミュレーション資料を見つつ、予算内で最大限どれくらいやってみるか、夫婦で現在相談中。やっぱりプロに見てもらうのが一番早いなー、と思った。すごく参考になるわ。」

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-アイフルホーム

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.