エースホーム

エースホーム

エースホームの注文住宅

投稿日:

もくじ

エースホームのサービス

エースホームには驚きのサービスがあります。
それは「勉強会」です。
例えば、「住宅ローン教室」
お金の損得に直結する住宅ローンを組む方法、「たかだか1%」では済まされない金利差1%の大きな差異、住宅ローンの種類、専門的な用語の解説までしてくれます。
さらに「土地探し教室」
土地をお探しの方、これから探そうと計画している方向けに、 失敗しない土地探しのコツ、良い土地、悪い土地の見分け方など、事前に知っておきたい情報を教えてくれます。
わけの分からないまま不動産屋さんの勧める土地に、いつの間にか決まっている……というのは良いことではないでしょう。
良い土地なのかを総合的に判断し、本当に納得できる土地探しをサポートしてくれます。
「資金計画相談会」
どのくらいの家でどのくらいの予算が必要なのかを考え、教えてくれます。

このような勉強会を積極的に受講し、複雑な家づくりについての知識を手に入れましょう。

エースホームのアフターサービス

また、住宅を購入した後にはもちろんアフターサービスがあります。
エースホームでは「長期継続点検保証制度」を実施しています。
建物の引渡し後、3ヶ月、1年、2年、5年、10年と、建築を請け負ったエースホームの加盟店が定期的に訪問しメンテナンスをしてくれる、というものです。
また修繕の際には住宅の品質確保の促進などに関する法律「品確法」によって、10年間の瑕疵担保責任(長期保証)が義務付けられています。
また、全ての新築住宅の主要な部分(基礎・柱・床・屋根など)と雨水の侵入を防止する部分については10年間保証されます。
さらに、10年目に無償の点検と有償のメンテナンスの両方を受けることで、あと10年延長することができます。
合計で20年の保証になりますね。

「短期保証」の対象になるのが、仕上げや設備の不具合となります。
損傷した部位によって保証期間が異なりますが最長2年の保証になります。
地域密着工務店なので無償補修の際の対応のスピードは強み、とのことです。

サービス、サポート体制を存分に使って納得のいく家づくりを始めましょう!
エースホーム2

子育てにやさしい住まい

エースホームのアンディ・ニードは、ミキハウス子育て総研の「子育てにやさしい住まい」認定に適合する設計が可能です。
ミキハウス子育て総研とは、子供服で有名なあの「ミキハウス」の子育て応援の主旨に賛同した企業数社と共に設立したものです。
注文住宅では68のチェックポイントを専門の認定士が採点します。
そのうち60以上の基準を満たしていれば、『子育てにやさしい住まい』として認定されます。

『子育てにやさしい住まい』の認定チェック項目

認定チェック項目としては、

1. 子育てする上で安心・安全である
→台所からリビング・ダイニングが見渡せる
火災を未然に防ぎ、最小限の被害に止める工夫がある、など

2. ママの家事ストレスを軽減できる空間である 
→泥のついたもの(キックボードやサッカーボールなど)の収納の工夫がある
雨の日に洗濯物が干せるスペースなどがある、など

3. 子どもの健康に良い空間づくりがなされている 
→リビングには十分な採光がある
浴室・洗面所に暖房機能がある、など

4. 親子が触れ合える空間作りがなされているか
→キッチンで子どもがお手伝いできる広さ・工夫がある
子どもがリビング、ダイニングで勉強などをして過ごせる広さがある、など

5. 子どもの情報教育のための工夫がなされている
→リビングを通らないと子ども部屋に行けない間取りになっている
子ども専用の収納スペースがある、など

6. 子どもの成長に応じて暮らしを変化させられる、など 
→将来的にスライドドアなどで間取り変更が可能である、などの基準を満たし合格したものだけが子どもにやさしい住宅として認められるのです。

なおエースホームの場合は認定仕様にするには、設備機器など標準仕様には含まれないオプションを採用し、認定基準を満たす必要がありますので注意してください。

このような子育ての設備が揃った家だと安心ですね。
またどのような設備が必要か、という基準にもなりそうです。
子育て中の方はこのような基準を満たした住宅を見ておくのもよいと思います。

エースホームの二世帯住宅費用

いろいろなハウスメーカーが世の中には存在していますが、どこのハウスメーカーを選ぶかによって出来栄えは大きく変わってきますね。誰でも考えることですか、安い金額で、レベルの高い注文住宅を建てることができれば、どんなに嬉しいことでしょうね。

そのためには事前に、情報を収集する必要がありますよね。ただ、最近の場合はインターネットを使えば、さまざまな情報を手に入れることが可能ですから、まずはインターネットで理想的なハウスメーカーを見つけてみると良いでしょう。

様々なハウスメーカーの情報を調べていくとわかりますが、二世帯住宅の費用も坪単価で考えた場合、それなりに安く仕上げてもらえるところがあります。

それはどこかと言うと、ハウスメーカーのエースホームですよ。いろいろなハウスメーカーがある中で、エースホームは家族にとってとても魅力的な注文住宅を建ててくれますし、それにも関わらず費用をかなり抑えることが可能なんです。

実際に必要な費用を知りたいという方もいると思います。
他のメーカーと比較した時に安くなる場合とそうでない場合があります。
そのため、実際に見積りを複数取り寄せて比較することをおすすめします。
参考記事(エースホームと他社の坪単価の比較)があるので確認してみて下さい。

子どもにやさしい二世帯住宅の間取り

二世帯住宅の場合には、いろいろな間取りが考えられますし、施主の想いも色々とあるでしょうね。そんな内容をきちんと把握してくれて、もちろん提案力もありますので素晴らしい住宅が完成しますよ。

では家族にとって魅力的なマイホームを建ててくれるエースホームは、どんな魅力的な家を建ててくれるのかと言うと、まずは子供を中心とした考え方で、子供がのびのびと暮らせる環境作りです。

さらには、家族みんなができるだけ同じ時間を共有できるような間取りを提供してくれることが可能ですよ。

やはり二世帯住宅ともなりますといろいろな形の間取りが存在してきますが、せっかく2つの世帯が同じ屋根の下で共同で生活していくわけですから、その辺をしっかりとわきまえた形で提案してもらうことが可能です。もちろん、こんな感じの住宅にしたいと言う案があれば、その内容に沿った形で家を建ててくれますから安心ですね。

そして、エースホームの場合なら、単に二世帯住宅で、全ての部分を別々に造るというものではなく、コンパクトな見せたい住宅を提案してもらうことが可能です。

これならば、それほど大きな敷地面積がなくても、家を建てることが可能ですよ。そして単にコンパクトと言うのは狭いと言う意味ではなく、親世帯と子供世帯が一緒に共同で生活できると言う感覚ですから、双方にとっても大きなメリットになっちゃいます。

こんな理想的な二世帯住宅がエースホームならば、可能であってしかもレベルの高いマイホーム作りができてしまうんですから、使い勝手の良いところなんです。快適な暮らしを尊重してくれるハウスメーカーですから、おすすめです。

エースホームならではの家族団らんの間取り

マイホームを購入するのであれば、その家族にぴったりとあった生活導線の確保できる住宅が理想的ですよね。

建売の一戸建て住宅ですと、購入する人の意見などを取り込んで間取りを作ったり、いろいろな部分の設計を行っているわけではないので、完璧な生活導線の確保できる空間はかなり難しいでしょう。

しかし、これが注文住宅というスタイルをとることによって、その家族にぴったりとあった家を建てることが可能なのです。いろいろなハウスメーカーが世の中には存在しているのですが、その中でも子育てをこれから本格的に行っていく家庭で、魅力的な家を建ててくれるのが、エースホームなのです。

エースホームの素晴らしさはどこにあるのかというと、ここのハウスメーカーであれば、子育て住宅を建てることが可能になってくるんです。

具体的にはどのような間取りの住宅なのかというと、毎日家族で楽しく団らんができるような空間だったり、子供が安心して生活できるような火を使わないキッチン、いわゆるIHだったり、お母さんができるだけ楽に家事をしてくことができるような家事の観点から作り上げた導線だったりです。

ちょっとしたことかもしれないのですが、これらの内容が全て重なりあうことによって、子育て住宅が完成します。子供たちものびのびと生活することができますし、主婦の方にとっても一日のうちの大半を家の中で生活することになりますから、主婦の方にとっても快適に暮らせる空間ができあがっていきます。

主婦ができるだけストレスがたまらないようにするためには、どんな空間が望ましいのかをエースホームは知っているのです。

単に、注文住宅を建てるということであれば、施主がこのような感じの家にしたいとか、こんな資材を使いたいとか、理想をハウスメーカーに伝えることによって、その内容にぴったりとあった家を作り上げることは可能でしょう。しかし、エースホームの場合には、きちんとした子育て住宅の実績がありますので、その実績を十分に踏まえてより良い住宅を提案することだって可能です。施主と一緒につくりあげていく素晴らしい家が完成するといったところですね。

だからといって、かなり高い金額が必要になってくるわけでもなく、無駄な部分のコストはしっかりと削減した形で理想的な家を完成させてくれますよ。このような空間で子供たちがこれからどんどんと成長していくことによって、子供はのびのびと生活することができ、主婦の方もストレスを溜めたい生活を送おくっていけますね。夢のマイホームを注文住宅で建てようとするのであれば、エースホームに任せておいて、安心感を得ることができてしまって、末永く素敵な暮らしができますよ。

エースホーム3

長期優良住宅の基準

エースホームの住まいは全商品が長期優良住宅に設定されています。
これは一般社団法人住宅性能評価・表示協会の定めた基準をクリアした「国のお墨付き仕様」ということです。

この長期優良住宅に設定されるための基準は、
1. 劣化対策
少なくとも100年程度は骨組みを使用できること。
2. 居住面積
一戸建て75㎡以上、マンショ55㎡以上(地域の実情に合わせ変更可能)の面積があること。
3. 耐震性
数百年に一度の大規模地震でも改修して住み続けるのが可能なこと。
4. 維持管理・更新の容易性
内装や設備の維持・管理をしやすいこと。
5. 維持保全計画 
屋根や柱、壁、その他設備などの点検時期と内容を定め、少なくとも10年ごとに点検すること。
6. 住宅履歴情報の整備
長期優良住宅に認定された住宅はその建築及び維持保全の状況に関する記録を作成し、保存する。
7. 省エネルギー性
断熱性能などの省エネルギー性能を確保していること。
8. 居住環境 
良好な景観の形成、居住環境の維持・向上に配慮されているもの。

といった基準をクリアすることが必要です。
これらの基準をクリアしたものは、
75年~90年にわたって長く住め、快適な広さを持ち、耐震性があり、配管などを埋め込まないので点検がしやすく、30年以上資産価値が維持され、点検の記録などが保管され、省エネルギー対策等級4をクリアし、良好な景観が保証されているということです。

長期優良住宅はお得?

また、性能だけではなく金銭面でもお得になるポイントがあります。
長期優良住宅では返済当初10年間金利引下げとなる「フラット35S」が適用可能となります。
さらに住宅ローン控除の控除率や不動産取得税・登録免許税・固定資産税等の軽減などの税金についての優遇が拡大されるなど、金銭的な利点もあります。

ローコスト住宅とだけ聞くだと耐震性などに不安が残りますがこのような基準を全ての住宅がクリアしていると安心ですね。
なお、耐震等級は2以上を獲得しており、希望ならば3にすることも可能です。

エースホーム4

■定番商品

エースホームでの定番商品をご紹介します。

『ISAI (イサイ)』

「制振システム」「太陽光発電システム」を標準搭載し、各部材でもワンランク上のグレードを積極的に提案したものです。
要望希望に合わせて、外壁にタイル素材を採用してデザイン性を高めたり、太陽光発電パネルを増やすことを選択できます。
まや設計においても『ママ基っ地ん』や『土間クロ』など、アイデア満載の提案を盛り込んだ住宅になっています。
ママ基っ地んとは、カウンターと棚板で構成された収納スペースのことを言います。
台所家電が半透明ガラスの扉の中にすっぽりと収まります。
土間クロとは、土間とクローゼットの機能を兼ね備えた収納のことです。
土汚れの気になるものをそのまま収納できます。

『Canto (カント)』

居心地のよい空間で集まる、家族の時間が深まる、といった空間設計をコンセプトに、『アクティブラウンジ』を設けてあります。
高い天井は喫茶店のようにおしゃれで心地よい空間です。
さらにフリースペースの壁には棚として使える壁付けカウンターがあり、趣味に合わせて様々なものをディスプレイできます。
リビングの吹き抜けからつながった開放感のあるスペースになっています。

『NOON esse (ヌーン・エッセ)』

家族やお客さんも集まるスペースとして思いっきり暮らしを楽しむことができるのが1階。
2階には浴室や洗面室などを配置し、プライベートな空間になっています。
上下階はスタイリッシュで圧迫感の無いシースルー階段で結ばれており、開放感のある作りになっています。
下を1.5階の吹き抜け、上を0.5階で構成したプレイステージは創造性に富んだ空間になっています。
子供の遊び場としても大人が趣味を楽しめるような場所として多彩に活用できます。
室内干しという実用的な使い方もできます。

以上、定番商品をご紹介しました。
他ハウスメーカーと比べていかがでしょうか。
納得のできる住みたい家をとことん探しましょう!

カントの魅力

それでは商品の一つであるカントの魅力をお伝えしましょう。

エースホームはハウスメーカーの一つなのですが、かなり安い価格設定で理想的な家を建てることができるようになっているので、理想的な住まいを低価格で建てられちゃうすぐれものなんです。
とは言っても他社のメーカーと比較してこそ言える低価格の住宅です。
他社のメーカーと比較する方法は以下の記事を参考にしてみて下さい。
(参考記事:エースホームと他社の坪単価の比較

エースホームカントの特徴としては、安くて質の良い家なのですが、愛する家族と生活していくうえですから、贅沢さを備えつつ、生活しやすい住空間といったところでしょうね。外観全体に重厚で落ち着きのある空間を演出してくれちゃいますよ。

エースホームでは家族みんなで過ごす家を提案してもらうことができるので、家族が多ければ多いなりの良さを演出してもらうことができますし、その反対に夫婦二人だけの生活ということであれば、その生活にぴったりとあった感じの提案をしてくれちゃいますよ。

エースホームの家づくり

実際に施主がこのような感じの家を建てていきたいということを伝えると、その内容に沿った形で家を作り上げてもらうことができるのです。

例えば、家族の気配をいつも感じることができるような空間ということなら、リビング・ダイニングを一階の中央部分にもってきたりして、家族の時間を演出してくれるんです。

また、ちょっとしたオープンカフェのような感覚で庭を作り上げてもらうこともできますし、とにかく、こんな感じの家にしたいということを告げることで、その内容にあったものを作ってくれちゃいます。

イメージがそれほどわかない場合には、ちょっとしたことを伝えるだけでも大丈夫なんです。それはどうしてかというと、エースホームは昔から長い歴史のあるハウスメーカーであり、今までにもとても多くのいろいろな家々を建ててきているからなんです。

過去の実績がありますから、いろいろなノウハウが頭の中に蓄積されていますから、最高のものを提案してもらうことができちゃいます。

それ以外にも二世帯住宅であったり、今の平屋住宅であったり、それ以外にもさまざまなタイプのマイホームを作り上げてもらうことができますよ。

普通に考えると、エースホームのような大手のハウスメーカーに家を建ててもらうことになれば、それなりに費用がかかってくるので、なかなかここをこうしたいということでハウスメーカーにお願いすると、費用がだんだんとアップしていくのが普通ですよね。

しかし、ここのハウスメーカーならば、そのようなこともなく、レベルの高いものを作り上げてもらうことができちゃいます。最初はカタログ請求でもよいでしょうし、それだけではなく近くにあるお店に足を運んでみて、直接話をしてみるとよいですね。

理想的家を思っていたよりも安い金額で手に入れることができるので、使ってお得なハウスメーカーということがわかるでしょうね。

エースホーム5

省令準耐火構造

エースホームは独立行政法人住宅金融支援機構の認める省令準耐火構造使用になっています。
これは家の構造は木造でありながら、通常の木造の建物とは火災保険において異なる取り扱いになり、保険会社では構造が木造などであってもコンクリートや鉄と同等とみなし火災保険料が安くなります。
火災保険の差は約2倍の開きがあるそうです。
木造だと危ないのでは、というイメージもありますが、エースホームは「耐火性のポイントは『燃えない家』ではなく『燃えにくい家』であること」としています。
またこの燃えにくい家は「火災が発生しても延焼する速度を遅くして家族が逃げのびる時間を出来るだけ稼ぎ、消防が初期消火で鎮火できるよう考えられた家」と定義しています。
このような定義に沿った住宅が作られるわけですね。

では省令準耐火構造の特徴について説明します。

省令準耐火構造の特徴

1. 外部からの延焼防止
隣家からのもらい火による火災に備えて屋根や壁、軒裏を防火性の高いものにする必要があります。
省令準耐火構造では、火の粉による火災を防止できるように屋根を不燃材料で葺くこと、としています。

2. 各室防火
省令準耐火構造では各室を区画する構造とする必要が有るため、火災が発生しても一定時間部屋から炎を出さない仕組みになります。
さらに壁や天井には火に強いせっこうボードを使用します。
そのため、柱や梁などに燃え移るまでに相当の時間を必要とするため避難や初期消火などが可能となります。
ちなみにこのせっこうボードは耐震強化装置としても機能します。

3. 他室への延焼遅延
内部で火災が起こった時には火の通り道となる場所に木材または断熱材のファイヤーストップ材を使います。
このような要素があることで燃え広がりを防止することができます。

このように、省令準耐火構造は非常に火災に対して万全の対策を持っている構想となります。

なおエースホームが採用している外壁材や軒天材は、国土交通省より認定を受けた防火サイディングですので、もしも隣家が火災にあったとき、もらい火を防いでくれます。

値段が安めの家ということで防火性などについては不安が残るところだと思いますが、いかがだったでしょうか。

エースホーム6

安いだけがローコストではない

やはり家を建てる時に一番頭を悩ませるのは予算の問題です。
消費者にとって値段が低ければ低いほど嬉しいものですよね。
ですがどうやら安いだけではローコスト、とは言えないみたいです。
ただ安さを追求して建てられた家は結局はメンテナンス費、修繕費などが必要になり、結果として高額な買い物になってしまうことも多いようです。

さて、エースホームはローコストのハウスメーカーです。
エースホームはローコスト住宅については、「何代も住み継がれ、長期にわたって住むことができる住宅」と定義しています。
その定義に沿って長く使える家を作っています。

エースホームの美的耐久性とは

エースホームの住宅のコンセプトのひとつは「美的耐久性」です。
美しい見た目そのままにしっかりと耐久性のあるローコストの住宅を造っています。
エースホームは全棟が長期優良住宅に設定されています。
長期優良住宅とは耐久性、バリアフリー性、劣化対策、維持管理・更新の容易性、耐震性、メンテナンス性、可変性、省エネルギー性、住宅履歴情報の整備などが認められた住宅のことです。
長期にわたり良好な状態で利用できるので、環境に対する配慮、建替え時の際の費用の軽減、長く使えて丈夫なので資産価値低下の防止が期待できます。
さらに税制やローンにおいて優遇措置が受けられるという利点もあります。

エースホームは高くない値段の割には見た目がかなり綺麗に見える、ということでも評判です。
「ぱっと見で気に入った」「安いけれど立派な外観」といった口コミも見られました。

しかし、見た目は綺麗で丈夫ではあるのだが中身がどうにも物足りないといったような意見も見られました。
具体的には「大手ハウスメーカーより断熱材、サッシ仕様が劣る」「異様に暑い、または寒い」といったものです。
気温については住んでいる地域などで大きく左右されるとは思いますが……。
注文住宅なのでオプションのような形で弱点を直すこともできるでしょうが、変にお金がかかってしまうこともあるそうです。
他社と比べる際に留意しておいた方がよいことだと思います。

エースホーム7

CAD見積りシステムとは

これは、水増しや適正価格かどうかを利用者が分かるようにするというシステムです。
全国加盟店共通のシステムになっていて、お金の通り道が分かりやすくなっています。

CADとは、Computer Aided Designの頭文字のことで、コンピュータの助けを借りて設計するという意味です。
このCAD見積りシステムにおいても当然コンピューターで管理しています。

さてエースホームでは細かな部分にわたりコストの検討を行いながら、適正な標準発注金額をフランチャイズ本部で一括して決定して、一方の加盟店ではこのコストシステムに賛同をできる業者に施行を依頼しているそうです。
そうしたフランチャイズ本部・加盟店・業者の関係づくりが見積りシステムと結びつき、一番大事なお金の流れが透明になります。
このような流通がはっきりと分かるのはフランチャイズ企業だからこそできることです。

消費者の立場からすると、多くの過程と人手を必要とする住宅の価格は理解しづらいものですよね。
安すぎても、何かとんでもない材料が使われているのではないか、高い場合には割り増しの料金になっているのではないかと疑ってしまうのは仕方ありません。
土地やプランによって変化する住宅のお値段には定価というのも存在しませんし、調べられるものでもありません。

適正価格を知るためには・・・

そこでありがたいのがこのCAD見積りシステムです。
大手ハウスメーカーなら安心できるけどエースホームのような慣れない企業でもこれなら安心して頼めますね。
口コミの方でも、安心できた、正直法外なほど水増しされているというようなことはありえないと思っているが、このようなシステムの存在に好感が持てた、といったものが見られました。

エースホームでは「納得契約システム」を採用しており、気になる点はすべてを話し合い、エースホーム側も消費者側も相互に納得しあって家を建てる、という考えを持っています。
適正価格をはっきり目に見えるようにするこのCAD見積りシステムもそのうちのひとつです。

家を建てる際になってトラブルがないようにしっかり話し合いましょう。

エースホーム9

miniature-like houses

エースホームの特徴

エースホームという名前は正直あまり聞いたことのない人も多いかもしれません。
それもそのはず、2001年秋、最初の加盟店が営業を開始した新しいな企業だからです。
歴史の浅いハウスメーカーに不安を持つ人もいらっしゃると思いますが、50年以上住宅一筋のハウスメーカーのエス・バイ・エルと住宅建材No.1メーカーのトステムが合弁で始めた企業になります。
ハウスメーカーと地元密着のビルダー双方のメリットを最大限に生かせる住宅フランチャイズ企業として、同社の認知度と評判は着実に高まっている企業です。

エースホームは「デザイン面でも耐久性を持たせた住まいにすることがこれからの住まいにおいては重要である」という信念をもとに住宅を提供しています。

また、エースホームはローコストの戸建て住宅を持ちたい方をターゲットにしています。
さらにミキハウス子育て総研の「子育てにやさしい住まい」の認定を受けており、小さな子供のいる家族向けのようです。

エースホームの家の造り

家の作りから特徴を見れば、
家の構造は木材を使用した木造軸組工法になっており、全棟「長期優良住宅」(長期に使用するための構造および設備を有していること、居住環境などへの配慮を行っていること、一定面積以上の住戸面積を有していること、維持保全の期間や方法を定めていること、といった基準をクリアした住宅のこと)に適合しています。

また、全棟「省令準耐火仕様」(住宅金融支援機構が定める基準をクリアした住宅のことで、特徴としては、外部からの延焼防止、各室防火、他室への延焼遅延があげられる)を標準化しています。

加えて独自の壁体内換気システム「エコドライシステム」があり、耐久性・断熱性・居住性も高くなります。

接合金物使用などの耐震性、オプションでパワーガード制振工法も可能で、耐震等級2を保証しています。

そして全棟引渡し完成保証(役務保証)、「20年継続点検保証制度(構造躯体)」、適正価格を明確にする全加盟店共通の見積りシステムなど安心のサービスがあることが特徴です。

エースホームの評判

ハウスメーカーには、それぞれ特徴があるわけですが、この特徴をしっかりと確認できるのが住宅展示場であったり、ハウスメーカーに直接相談に行ったりすることです。

そして、インターネットの口コミであれば、安心して多くの魅力ある情報が簡単に集めることができますよね。これから注文住宅を建てたい人はまずはインターネットの口コミで情報を確認していくのがよいでしょう。

いろいろとあるハウスメーカーの中でも、私がおすすめなのはエースホームです。エースホームは実際に評判がとても良いですから、使い勝手が良いですよ。せっかくそれなりのお金をかけて夢のマイホームを作っていくことになるわけですから、後悔はしたくないですよね。エースホームに相談して、最初の設計の段階から話を進めていくことによって、ぴったりとあった家を建てていくことができちゃうんです。それなりに金額が発生したとしても、注文住宅で理想通りのものが完成してしまえば、納得できるので後悔はないですよね。

エースホームの注文住宅の魅力

では、具体的にエースホームというハウスメーカーでマイホームを建てた場合には、どんな魅力が含まれているでしょう。これが結構魅力ある感じのメリットになっちゃうんです。

まずは、主婦の人にとってストレスを感じにくい作りの家を建ててもらえますよ。どういうことかというと、各家庭にはそれぞれ生活導線がありますよね。この生活導線がポイントになってくるんです。できるだけ負担の少ない家事、育児ができるような導線に仕上がっているので、使い勝手の良い家ができちゃいますよ。

そして、子供がのびのびと快適に暮らしていけるような素敵な家が出来上がっちゃうんです。さらには、リビングルームを強調していて、家族との間での会話が多く成り立つような住空間もきちんとできちゃいます。ここはちょっとした工夫があるのですが、リビングルームからのびる階段です。かならずリビングルームを通らないとダメなような生活導線がきちんと出来上がっているので、これはものすごく大きなポイントになってきますね。

もちろん、これだけではなくて、エースホームでは、今までに数多くの注文住宅を建ててきた実績がありますので、さまざまな提案をしてもらうことができちゃうんですね。ここに相談しておけば、最高に贅沢なマイホームを手にすることが可能で、長く快適な空間での生活が可能になっちゃいますよ。インターネットの口コミで評判を確認すれば、わかってくる話ですが、坪単価面でもそれほど高い金額が必要になるわけではありませんので、ここで立派な家を建てていくと良いでしょうね。贅沢な家で家族みんなであたたかい生活を送っていくことが実現しますよ。
1

■エースホームの坪単価

簡単に説明をすれば、エースホームはフランチャイズシステム(本部が商品の開発や部材の一括仕入れなどを行い、担当地域の工務店が施工を担当するというシステム。特徴としては、品質保証などの保証体制が整っているケースが多い)のハウスメーカーです。

またこのエースホームは美的耐久性を重視した『戸建住宅』を建てることで有名です。
ローコストで見た目もよいとなれば文句はありませんが、フランチャイズシステムゆえに設備が故障して時など不安を懸念する意見もありました。

さて、家を建てる際に重要なのは「どの会社で建てるか?」ですよね。

たくさんあるハウスメーカーの中から、どうやって選べばいいか、と判断に迷ってしまいますが、まずは予算のことを考えていると思います。

エースホームの坪単価の目安は、だいたい40万円~60万円となっています。
大手のハウスメーカーよりは、安いといえそうです。

具体的には
・Andy (アンディ) 坪単価 37万円

・Canto(カント) 坪単価 38万円

・ISAI(イサイ) 坪単価 42万円

・NOON(ヌーン) 坪単価 41万円

・Xest(ゼスト) 坪単価 42万円

……といった金額が目安になるそうです。
もっとも、土地の状況やつけるプランによって値段は大きく変わると思うのであくまで参考程度にご覧ください。

ここで気になるのは値引きについてです。
肝となるのは他社と比べることだと思います。
他はこんな感じなんですけど……といったような態度で尋ねてみれば、こちらに決めてくれるのなら値引きします、といった展開になることも多いそうです。
もっともローコストが売りの住宅なのでこれ以上下げられない、ということもあり得そうではありますが……。
あとは、キャンペーン期間中を狙うといった方法があります。
特定の期間というのであれば決算期間を狙うのも効果的だと思います。
向こうの会社も早く決めたいと思っているはずですから……。

どちらにせよ情報収集が重要になってくるので、知人や友人のアドバイスを参考にしたり資料請求をしたり積極的に行動しましょう。
なるべくたくさんの情報を収集したい人は多いはずです。
そこで簡単に情報収集できるサービスがあります。
タウンライフというサイトなのですが、詳細は以下の記事を参考にしてみて下さい。
【参考記事:エースホームと他社の坪単価の比較

エースホームで家を建てた人の見積もり価格

家づくりで一番気になるのはやはり価格ですよね。
そこで、実際にエースホームで家を建てた人や見積もりをした人の見積価格を見てみましょう。

・商品 NOON esse 多雪Ⅱ地域
延床面積111㎡(33.58坪)施工床面積121.00㎡(36.61坪)
基本本体工事価格合計\15,885,180
追加変更仕様躯体工事価格合計\249,040
付帯工事価格合計(寒冷地割増等)\2,535,520
消費税8%\1,493,579
建物総合計額\20,163,319

というものがありました。

エースホームの坪単価は40~60万円と言われています。しかし、各住宅シリーズにより異なり、

・Andy (アンディ) 坪単価 37万円
・Canto (カント) 坪単価 38万円
・ISAI (イサイ) 坪単価 42万円
・NOON (ヌーン) 坪単価 41万円
・Xest (ゼスト) 坪単価 42万円

のようです。
坪単価が40~60万円というのは、大手住宅メーカーの中では非常に安いと言えます。

標準仕様の質と評判

ただ、注意が必要なのは窓のサッシです。安くなっている分簡易的なっているようです。もし、寒冷地でエースホームの家を建てるなら、オプションで質のいいサッシの導入を考える必要がありそうです。そうすると、坪単価はこれ以上高くなります。

一番大切なことは、家建設の予算を決めることです。それによって、選べる住宅メーカーの幅は違ってきます。そして、多くの住宅メーカーから資料をもらい、比較検討することです。
しかし、それは時間と労力のいる作業です。
効率的な方法があればそれを選びたい人はいるとおもいます。
複数の見積りを比較する記事はあるので【エースホームと他社の坪単価の比較】を参考にしてみてください。
自分が建てたい住宅の相場がわかると思います。

神奈川でエースホームを建てる場合の価格

マイホームの購入に関しては、さまざまなハウスメーカーがありますから、いろいろとあるハウスメーカーの中から理想的なところを見つけ出して、素敵な住まいを建てていくのが良いでしょうね。

もし神奈川県内で考えてみた場合、この地域は比較的に地価の相場が安めになっているので、注文住宅を建てていくことも可能でしょう。とは言っても注文住宅で理想的なマイホームを建てていくのであれば、それなりに費用は発生してくるものなんです。地価がそれなりに安かったとしても、かなりの金額が上物でかかってきてしまうと、なかなか買いたくても買えないというパターンが多いです。

しかし、よくハウスメーカーを探してみるとおすすめのところがあるんですよ。それが、エースホームなんです。なぜ、ここのハウスメーカーが良いのかというと、とにかく安い金額で家を建ててもらうことができちゃうところなんですよ。

ハウスメーカー、イコール高いというイメージが強いのですが、エースホームのような魅力的な安い金額で対応してくれるところもあるんですよ。神奈川であれば、それなりに土地の金額も安いわけですが、そしてエースホームに依頼することによって、さらに納得のいく金額を提示してもらうことができちゃいますよ。

もちろん、ここにお願いしたとしても安かろう悪かろうというスタイルではなくて、きちんとした質の高い家を提案してもらうことができちゃいますね。家族みんなにとって、快適に過ごすことができるような提案をしてくれます。

快適な空間づくり

では、具体的にはどんな家なのかというと、家族みんなが楽しく過ごすことができるような快適な空間です。

リビングルームに工夫があったり、一般的には二階建ての住宅がメインになってきますが、それだけではなくて、平屋の快適な家を提案してもらうこともできちゃいますよ。

さまざまな内容を提案してもらうことができて、実績もかなりありますので、おすすめ度はとても高いんです。

もちろん、エースホームが提案することもありますが、それだけではなくて、施主の想いをきちんと形にしてくれるような対応も可能なんですね。これならば、間違いなく素敵な家をつくりあげてくれますよ。

そして、エースホームで建ててくれる家は一般的なハウスメーカーに比べてみると安いので、安心して家をつくりあげてもらえるでしょう。相場から考えてみても、ここならば、安心して仕事を任せることができるので良い家が手に入り、そして快適な暮らしがとても長く続いていくでしょうね。いろんなハウスメーカーの中でもここはかなりおすすめですね。

■子育てがしやすい

エースホームでは子育てに優しい間取りをコンセプトに商品開発を行っています。

有名子供服ブランド、「ミキハウス」は子育てを応援するため、
活動の趣旨に賛同した企業数社と「ミキハウス子育て総研」を設立しています。
子育てママの声を聴いて審査基準をきめており、
いくつかのチェックポイントを専門の認定士が採点します。

注文住宅では68のチェックポイントがあり、
60以上の基準を満たすことで「子育てにやさしい住まい」として認定されます。

チェックの内容は例として

  • 「キッチンからリビング・ダイニングが見渡せる」
  • 「水周りの素材が、掃除しやすい素材である」
  • 「リビングを通らないと子供部屋に行けない間取りとなっている」

など、子育てママが暮らしやすい仕組みから子供の情操教育のための工夫まであり、
子育てに必要なことを網羅しています。

エースホームのAndy nido(アンディニード)では、
ミキハウス子育て総研の「子育てにやさしい住まい」認定住宅を建てることができます。

■2世帯住宅

エースホームのAndy(2世帯)は、二世帯住宅に見合った作りになっています。

高齢化社会により、一時期減少していた2世帯住宅は近年急激に増加しています。
2世帯住宅にすることで、高齢の親を近くで見守れるという利点もありますが、
各家族のプライベートスペースがなくなり、非常に息苦しさを感じている人もいます。

それを改善するために、エースホームでは
各家族にプライベートルームを作ることを進めています。
また、各階にリビングルームを設け、食事時は1階の大きなリビングダイニングで、
そのあと子供世帯は2階のリビングで過ごすことができるようにしています。

各世帯を尊重することにより、気楽に二世帯住宅生活を営むことができます。

エースホームってどんな会社?

エースホームは、2000年に設立された比較的新しい住宅メーカーの一つです。半世紀以上、住宅一筋で営業していたハウスメーカー、エス・バイ・エル(現:株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム)と住宅建材No.1メーカーのトステム(現:株式会社LIXILグループ)の共同出資により、始まりました。営業形態はフランチャイズ形態をとっています。住宅フランチャイズとは、大手のホームメーカーが、事業展開のために地方工務店を加盟店とし、営業する方式です。近年できた住宅フランチャイズでありながら、全国50店もの加盟店を保有しています。

エースホームの評判

①フランチャイズだからこその強み
エースホームは住宅フランチャイズ方式をとっています。そのため、大手ホームメーカーの、商品開発力、資材調達能力、品質を備えながら、地方工務店の強みである地域密着力と柔軟な対応力を持っています。つまり、大手ホームメーカーと地方工務店の良いとこどり!というわけです。
ただし、施工の際、エースホームではなく、地方工務店と契約することを忘れてはいけません。エースホームの後ろにいる地方工務店が信頼できるところかどうか見極める必要があります。

②安心の制震性能
近年、地震対策として耐震性能の高い家が多く売り出されています。もちろん、耐震市能は丈夫な家を建てるために必要不可欠な要素です。ただし、耐震性と同等に、揺れを抑える「制震性」が必要となってきています。エースホームでは、最先端の「制振システム」も用意しています。これにより建物の揺れを抑え、地震時も慌てずに行動できます。

エースホームで家を建てるメリット

さまざまなハウスメーカーがあります。こんなさまざまなハウスメーカーを利用して家を建てるということは、理想的な住まいを手に入れることができるということです。せっかく手にするマイホーム、自分にとって最高の家を手にしたいところですよね。

エースホームを利用するのであれば、確実に魅力的なマイホームを建ててもらうことができますよ。

一般的に考えてみた場合、ハウスメーカーに仕事をお願いすれば、自分の理想通りの家を完成させることができますよね。ということは、かなり満足度の高い家が出来上がってくるわけです。

しかも、エースホームならば、坪単価も結構安くできますので、おすすめなんですよ。ここにお願いすることによって、間違いのない家ができるのと同時に、坪単価が安価の設定になっているので、理想的な家づくりをしていくことができちゃいますよ。

では、例としてどんな魅力的な家を建てていくことができるのかというと、それは家族みんなが過ごしやすい家づくりを提案してもらうことができますね。

例としては、リビングルームの中に階段を設けるスタイルになりますね。これならば、二階で生活している人でも必ずリビングルームを通過することになるわけです。ということは、リビングルームでの会話も結構楽しむことができるわけです。こうした工夫によって魅力的な快適空間が出来上がっていきますよ。

普通に考えると、注文住宅で家を建てることになれば、それなりに費用はかかってくるのが普通ですが、エースホームで建てるのであれば、確実にレベルの高い家が安い金額で完成するんです。これは、非常に大きなメリットになってきますよね。

さらに、ここで建ててくれる住宅は二階建ての家だけではなくて、平屋の住宅もきちんとしたスタイルで建ててもらうことができちゃいますよ。実際にインターネットの口コミ情報でも内容は確認していくことができるわけですが、評判がとても良いところなんですよ。

誰にとってもかなりの金額を使って注文住宅を建てていくことになるわけですから、理想的なハウスメーカーを使っていきたいところです。それをきっちりと実現してもらえるのが、エースホームなんですね。

家族が快適に過ごすことができる家は二階建ての家、平屋の家、もちろん、三階建ての家もそうですが、きちんと仕事をしてくれるんです。ここに任せておけば安心感がありますね。さまざまなハウスメーカーがありますが、ここに任せておけば安心感があって、非常に素敵な家を仕上げてもらうことが可能ですよ。

エースホームで家を建てる

まずエースホームとはハウスメーカーのエスバイエルと住宅建材メーカーのトステムが共同出資してできた会社です。前身のエス・バイ・エルは業界の老舗として良い品質の注文住宅を提供しているのがウリでした。

さらに優れたデザイン力で理想の家を実現する自由設計ができることや、家の内部の見えない部分まで独自のシステムで住む人のストレスをためない家づくりを行っていました。
そしてエースホームになった現在でもエス・バイ・エルの時のよいところを引き継いでいます。

エースホームは業界内でも老舗として安定感があり強引な営業や大胆な戦略はなく堅実なハウスメーカーです。ウリとしているS×L工法は、前身のエス・バイ・エルの社名にもなっており、軽い、硬い、制震、免震の四拍子がそろっていて、地震に強いと定評があります。

エースホームの二世帯住宅について

エースホームのラインナップには「Andy」というものがあります。その「Andy」のなかに「Andy二世帯」という商品があります。少子高齢化が進んでいる現在、二世帯住宅を考えている方もいると思います。その二世帯住宅の暮らし方には様々あると思いますが、エースホームは程よい距離感で同居ができるコンパクトな二世帯住宅を提供していると評判です。

コンパクトな二世帯住宅とは、二世帯で一緒に過ごす時間、プライベートな時間、それぞれの世帯ごとの時間など、どの時間も尊重できるお互いがストレスを感じない間取りになるということです。

そんなエースホームの二世帯住宅の価格ですが、1500万円程度のお値段で建てられるそうです。二世帯住宅をローコストで建てたい方におすすめのハウスメーカーでもあります。

東京都内で家を建てるなら~エースホームの価格~

マイホームの購入に関しては、誰にとっても大きな目標であり、この大きな目標を達成するために一生懸命働いている人はものすごく多いですよね。こんな魅力的なマイホームを購入するにあたっては、できる限りレベルの高い家を買いたいところでしょうね。

ただ、多くの人々にとってこの夢のマイホームに関しては、かなりの費用が必要になってきますので、できるだけ多くの情報を仕入れて、最高のパートナーと一緒に家を建てていくのがよいですね。

それでは、東京都内を目標として、ここで理想的な家を建てる場合にはどんな内容をしていくのがよいか、それはハウスメーカーを上手に利用していって、最高の住宅を建てていくことが重要になってくるでしょう。

そして、この地域で注文住宅を建てていくことになった場合には、まずは価格帯が気になるところですよね。

土地代だけでもその他の地域に比べてみると、東京都内ですとかなりの金額が必要になってくるので、さらに注文住宅で家を購入することになれば、土地代に上物の代金が絡んできますので、大きな買い物をすることになりますよ。

よって、土地は東京都内ともなればそれなりの金額が当然必要になってくるので、それにプラスする上物でなんとか価格帯おさえておきたいところでしょう。

では、どこのハウスメーカーに相談していくのがよいのかというと、それはエースホームになってきます。

いろいろとあるハウスメーカーの中でも、なぜエースホームを利用するのがよいかというと、注文住宅で家を建てるわりには費用を一気に抑えることができて、しかも見事なマイホームを手に入れることができるからなんです。

注文というスタイルで家を購入することになれば、基本的にはかなりの費用が必要になってくるわけですが、エースホームであれば、価格帯は結構おさえることができちゃいますよ。

では、実際にはどんなマイホームをたてていくことができるのかというと、もちろん、注文というスタイルでお願いすることになるので、それなりに自由にいろいろとお願いして建てていくことは可能なんです。

ただ、エースホームなら、満足のいく提案をしてもらうことができます。二階建ての家はもちろんのことですが、それだけではなく平屋の住宅であっても満足の行く仕上がりになりますから、間違いなくレベルの高い家を手に入れることは可能ですね。

実際に担当者と真剣に話をしてみるとわかりますが、対応能力はものすごく高いものがありますので、使い勝手もとてもよいハウスメーカーになっていますよ。かなりの費用をかけて購入していくものですから、間違いのないハウスメーカーを使って、家を建てていくのがものすごくよいことなんですね。

愛知県で家を建てるなら

地域によって大きく異なってくるのが土地の単価になってきます。もちろん、単価が安めの設定になっているところでも、物価が安い傾向にはあるので、収入についても低かったりしますよね。ですから、一概にはいえないところはありますが、それでも理想通りの夢の注文住宅を建てたい場合は、都内などで土地代が高いところで買うのではなくて、愛知県のようなところが比較的にオススメですね。

では、注文住宅で家を建てる場合には、夢のマイホームを建てることになるのでハウスメーカーを選ぶ必要が出てきますよね。注文住宅で坪単価も抑えることができるのが、エースホームなんです。

エースホームならば、納得のいく家づくりを提案してもらうことができますし、それでいてそんなに高い金額設定になっているわけでもないので、安心感が違いますよ。

そして、愛知県ならば都内などに比べてみると当然地価が安いので、上物にそれなりの費用をかけることができちゃいます。これで、理想通りの家が完成するでしょうね。

エースホームの家づくりとは

こんなエースホームでは、どんなタイプの家を建てることができるのかというと、もちろんさまざまな提案はしてもらうことができますし、こんな家をつくりたいと言えば、その内容にぴったりとあった家をつくりあげてもらうことだって可能なんですよ。

若い世代を中心とした住まいづくりでは、主婦の方がストレスをできるだけ溜めないような提案をしてくれます。家に長い時間いる主婦の方は子育てをして、家事をして、結構毎日家の中をかけずりまわっていますよね。そんな状態ですから家の中ではできるだけストレスをためないような工夫が必要なんですよ。

ここは生活導線が大きなポイントになってきますね。いかに主婦の方が家の中で疲れないような導線、これをエースホームがきちんと提案してくれちゃいます。ここまでこだわって考えてくれるハウスメーカーなんですよ。

それ以外にもたくさんのことがありまして、子供がある程度成長してくると、思春期に突入しますよね。そんなときでもできるだけ家族の時間を大切にできるような提案をしてくれますよ。

具体的には、一階のリビングルームから二階へのびている階段ですね。廊下に階段があるわけではないので、一階と二階を行き来するためには、必ずリビングルームを通過する必要があるんです。ここがポイントになってきますね。これで、かなり家族みんなの会話がリビングルームで生まれてくるでしょうね。こんな家族みんなの会話を大切にするような提案もきちんと行ってもらうことができちゃうんですよ。

こんな素敵な家も坪単価が抑えられているエースホームだからこそですね。理想の注文住宅ならば、ここで決まりでしょう。

 

エースホームの平屋建て住宅

エースホームで平屋建て住宅を建てる場合、「アンディ(平屋)」という商品になります。
平屋は、実は家族がより近くに感じられ、子育てに向いた間取りといえるようなんです。
エースホームの平屋プランは、高齢層など退職者向きのプランが多く作成されていました。
ですが近年、若年層から平屋建て住宅へのニーズが高まりつつあることを受け、
子育てなどを視野に入れた平屋のプランが出来ました。
平屋のコンパクトさを子育てに生かしたプランで、約25~40坪が標準プランとされています。
エースホームで平屋住宅を建てるメリットをご紹介します。

平屋住宅のメリット

1.リビングダイニング

コンパクトで、効率的な間取りが作成できる平屋。
エースホームの平屋はリビングを中心としている間取りになっています。
リビングダイニングなので、家族の様子が見渡せ、コミュニケーションを取ることができます。
動線の中心、生活の中心をリビングにすることで、家事なども楽にできます。

2.タタミルーム

和室のことです。フローリングとは違う、畳の感触が楽しめるのは平屋ならでは。
客間として使う以外にも、日常のうちホッとしたいときなどに使えますね。
この和室ともリビングが繋がっているので、リビングで遊ぶ子供たちを見ながら和室にいたり、
リビングから和室にいる両親を見ることも可能です。
フローリングのリビングとは違う寛ぎが平屋に合っていますね。

3.小屋裏部屋

屋根の下にある、まるで秘密基地のような空間です。
リビングでも収納でもないこのスペース。
子供と一緒に遊んだり、ひとりで読書をするのにも向いている部屋ですね。
時間と空間を楽しめる部屋になっています。
なお、こちらはオーダーエントリーになっているので注意が必要です。

このように、親世代が住むイメージの強かった平屋でも、近年は様々なプランが出来ています。どのような家に住みたいのか、どのような家でなら理想の暮らしができるのか。ぜひ悩んでください。エースホームの資料請求は無料なので、ぜひ積極的に活用してください。

エースホームで建てる平屋の相場価格

一般的にはマイホームを購入することになった場合には、当然といってもよいですが、二階建ての一戸建て住宅を好んでみたり、土地が狭いところであれば三階建てを好んでみたりするでしょうね。

そして、注文住宅というスタイルで家を建ててくれる業者で、ハウスメーカーと一言でいってもかなり多くの業者が存在しているわけですが、その中でもエースホームを利用することによって、かなりレベルの高い平屋を建ててもらうことができちゃいますよ。

平屋はなかなか今の若い世代にはなじみのないものかもしれないのですが、実際にこのような空間で生活してみるとわかりますが、かなり生活しやすい環境が整っています。

金額面でみてみても、普通の二階建ての住宅の場合ですと、平屋住宅に比べると、当然多くの資材を使っていくことになってきますよね。ですから、その分、作業にも時間がかかってくるケースが多いので、相場価格も二階建ての方が高くなってくるでしょう。

そして、一般的に考えてみた場合ですと、平屋住宅に関してはそれだけ資材をおさえることができますし、人件費も結構おさえていくことができちゃいますよ。これは非常に魅力的な内容といってよいでしょうね。

エースホームでは、すでにとても多くの平屋を完成させてきておりますし、多くの人々に喜ばれています。ですから、実績の中からいろいろなノウハウを吸収していくことができますし、それだけではなく提案力もすばらしいものがあるんです。

せっかく注文住宅というスタイルで家を建てていくことになるわけですから、少しでも満足度の高い家を購入したいところでしょう。そのためにはできるだけ理想的なハウスメーカーを使う必要がありますよ。

もちろん、二階建て住宅でも、三階建て住宅でも実績は十分ありますし、家族みんなが快適に過ごすことができるような提案力も持っていますし、それだけではなく子供たちの成長にしっかりと合わせた形での注文住宅の提案もできちゃうんですよ。

そして、担当者のノウハウも実にすばらしいものがそろっていますので、安心して任せることができるでしょう。

もちろん、家を建てることだけにとどまらず、お金の話に関しても親身になって相談にのってくれるような業者になっていますよ。これならば、家族みんなが納得できるようなすばらしい家が完成しますし、費用もかなり抑えることができ、家族みんながハッピーになれますよ。
とは言っても他社のメーカーがいくらの金額になるのか気になるものです。
そこで、複数のメーカーから見積もってもらう方法があります。
詳細については、【エースホームと他社の坪単価の比較】の記事内容を参考にしてみて下さい。

坪単価の安いエースホーム

夢のマイホームの購入に向けて、今まずはお金をちょこちょこと貯めていくことが必要ですよね。頭金がそれなりにないと、やはり住宅ローンで多額のお金を借りることになりますので、家を購入した後の生活が結構大変になっちゃいますからね。

ある程度のお金を貯めることができたら、注文住宅で夢のマイホームを購入すると良いのですが、その際にはどこのハウスメーカーを利用するのかを考える必要もありますよね。いろいろなハウスメーカーが世の中にはありますが、その中でもエースホームは理想的な家を、平均的な坪単価で建ててくれるのです。

エースホームは若い世代を中心とした夢のマイホームを積極的に提案してくれるんです。ここであれば、坪単価も抑えられていますので、魅力的な家を購入することができますよ。

では、エースホームを利用して夢の注文住宅を建ててもらう場合で平屋の家を建てるときのメリットについて説明しちゃいましょう。

最近の傾向では、二階建ての住宅、狭小地の場合には三階建ての住宅が多いですよね。しかし、最近は平屋住宅の需要も実はありまして、生活していく上でも結構魅力的な家なんですよ。

平屋ですと、第二の人生をおくるような夫婦が生活していくというイメージですが、実は若い世代であってもこんな家を好む人は結構いたりするんですね。

まず第一にこんなタイプの家の場合、一階と二階に分かれていないことが大きなメリットになってくるんです。老夫婦ということであれば、足腰が仮に弱ってきてしまっても、階段の昇り降りがありませんから、足腰への負担がなくなりますよね。これはとても大きなポイントなんですよ。

そして、もちろん、これだけではなくて家族と過ごせる時間についてもきちんと確保できるような空間が用意されていますよ。これは非常に大きなメリットと言えますね。

具体的には中央に大きめのリビングルームを確保することで、ここに家族が集まってくるんですよ。ということは、普通に考えてみてもここで会話が増えますよね。中央にリビングがあることで、まわりにある部屋から出てくるときにはリビングを通る感じになるんです。よって、多くの時間を自然とリビングで過ごすようになっていきます。

こんな魅力的な家族での生活が可能になるような提案力もエースホームにはあるんです。そして、エースホームからの提案についてはもちろんですが、施主がこんな感じの平屋住宅を建てたいということであれば、その内容を積極的に取り入れて、夢のマイホームを建ててくれちゃいますよ。このような納得のいく家であれば、これから長く生活していく上では、メリット性がとても高く、そして、長く快適に過ごせる最高の空間になりますね。

エースホームで家を建てるメリットについて

エースホームで家を建てる契約を結ぶと、住み心地の良い家を作ってもらえるようになるのと同時に、大きな安心感が手に入るというメリットを得ることができます。昨今の住宅業界は、業者間の競争が激化しています。そのため、工事途中で建築会社が倒産してしまい、家が完成しなくなってしまうというケースが実際にしばしば起こっています。倒産後は、一般債権者として会社財産の分配を受けることになりますが、倒産するくらいの会社ですから、他にも大口の債権者がたくさんいます。現実的なことを考えると、既に払い込んであるお金の1割も取り戻せないケースが大半です。お金は戻ってこない上に家も建たなくなってしまうため、まさに踏んだり蹴ったりの状態になってしまいます。しかし、それ以上どうすることもできませんから、結局のところ、泣き寝入りせざるをえなくなってしまいます。

エースホームの引き渡し完成保証

でも、エースホームの場合は、全棟に引き渡し完成保証が付いているため、安心して建築契約を結ぶことができます。これは、万が一工事を担当している加盟店が倒産してしまっても、エースホームが責任を持って代替施工店を手配してくれるという保証システムです。完成した家の引き渡しがなされるまで保証効力が維持されるというメリットは、はっきり言ってかなり大きいです。また、家が完成した後も、20年継続点検保証制度が用意されていますので、末永く快適に暮らし続けられるようになります。ちなみに、施工店の作業内容に不満を感じた場合は、その施工店ではなくエースホームの本部に相談できるようになっているので、嫌な思いをせずに済ませることができます。

大阪でエースホームの家づくり

大阪に住む友人がエースホームの魅力を教えてくれました。その時の内容がこちらです。

「今住んでいるお家がかなり古くなって来ていて建て替えか、買い替えか悩んでいるところなんだけど。

主人はやはり地元の大阪で暮らしたいらしい、

そうだよねやっぱり生まれ育ったところだしと思うんだけど、費用とかってどのくらいかかるのかな。

知り合いがエースホームって会社で家を建てたのだけど、

とっても素敵な家で先日新築祝いに行って来て家の中も外もとっても可愛い感じで、

奥さんとご主人の意見をエースホームさんがいろいろと相談に乗ってくれて、

思い通りの家が建てたられたって話してたの。

うちはこれから子供は大きくなって巣立って行くだろうし、二世代の時期もそんなに長くはないと思うんだよね。

主人と二人の生活が始まるんだろうけど費用ってどれくらいかかるのかな。

そこまではいくら仲のいい友達でも聞きにくいので直接エースホームさんに見積もりしてもらおうと思っているのだけどどうだろう。

なんかインテリア相談とかもしてくれるみたいだし、

親身になって住みやすい家を提案してくれるらしいって友達が話していたからし全国にあるらしいんだよね。

土地は今のところを使うとしても建て替え費用なども考えてみて、

それでもこれから暮らしやすいお家がいいなと思っているんだけどな。

大阪の人は相談にも気楽に乗ってくれそうだし一度エースホームさんに行ってみることにしたんだ。

もしかしたら子供たち誰かとまた二世帯で同居とかになるかも知れないし、

そのまんま夫婦世帯になるかも知れないとかそんな幅を持たせたこちらの相談にもこたえてくれそうな会社で、

やはり今の土地を生かせて住みやすい環境が一番だと思っているのだけども、

そのあたりも親身に応えてくれそうな感じだった。

もう少し費用の面で相談も必要かなとは思うけど、なかかなかいいアイデアがいっぱいで話をしているだけでもすごく勉強になったし楽しかった。

友達もお勧めよって太鼓判を押してくれたと言うことは住み心地もいいってことだろうなって思ったりしているところなんだけどね。

実を言えば今までの家は階段が多いからなるべくなら平屋なんていいなって思っていたんだけど、

平屋は意外と子育て世代に向いているとかって教えてもらったり、

専門家の話しはすごく為になるなって思ったし、

やっぱり少し費用は上がるけれど二世帯にしておこうかななんて主人と相談中です。

大阪は住みやすいし近所に病院とかもあって買い物も便利なのでここでずっと暮らして行くことになりそうだと思う。」

 

やはり私も建て替えのためにはこれからもエースホームさんにいろいろと聞いてもらって納得の家づくりをしたいなって思って計画は進行中です。

友人がお勧めしている様に私もどんな家になって行くか本当に楽しみです。

二世帯住宅を建てる時のポイント

これから、自身のマイホームを購入するために計画を進めていくのに際して、事前に多面的な情報の収集と精査がとても重要なテーマとなっていくことになります。

中長期的な、自身とその家族の生活を、より満足度の高いものにしていくための具体的な検討が求められていくのです。特に、自身に子供や配偶者がいる場合においては、その成長に合わせたニーズを、大きな満足感を得られる形で実現し続けていく姿勢が大切になってきます。

また、配偶者にとっても、家事や育児がしやすい環境であることは、欠かすことのできない要素であると言えます。

このような点を含めて、エースホームでの二世帯住宅購入を計画していくことが肝心です。その際には、他の住宅メーカーが販売している二世帯住宅の相場にも着目して、個別具体的な比較・検討をしていくことが必要です。

そうした取り組みを丁寧に、段階的に進めていくことによって、後から振り返っても適切な選択だったと納得のできる購入となるのです。

エースホームが提供している二世帯住宅について、他のメーカーと比較したメリットがあれば、その一つ一つに対してしっかりと目を向けていくことが肝心です。特に、機能性に関わる要素については、明らかなメリットを見出すことができれば、それを優位性として判断していくことが可能です。室内空間のデザインは、そうした要素の中でもとりわけ優先度の高い検討材料と言えます。子供から高齢者まで、常に安全・安心な暮らしを営んでいくためにも欠かすことのできない視点なのです。

それは同時に、生活上の様々な利便性を高め、快適な住環境を備えているという評価にも結び付いていくものです。キッチンの使い勝手や、子供も登れる階段といった個々の要素について、丁寧に捉えていく姿勢が求められることになります。

二世帯住宅の購入で特に重要視すべき事項として、お年寄りの安全性が挙げられます。それは必ずしも日常の生活に限ったことではなく、災害の発生時にもあてはめて考えておく必要があります。

自身が発生した際に逃げやすい環境であることはもちろん、耐震性や免震性に優れた構造になっているかどうかも、大切な観点となっていくのです。こうした点を含めて、二世帯住宅の相場がどのようになっているか、客観的に捉えていく姿勢が求められています。

エースホームでの購入が、こうした観点から、自身にとってメリットを得られるものであるか、しっかりと見極めていくことが必要不可欠な要素であるといえます。このことを念頭に置いて、目の前にある一つ一つの課題に対して、真摯に向き合っていくことが重要です。その取り組みの先により良い家作りが実現されることになります。

注文住宅を建てるメリット

ハウスメーカーに依頼することによって、とても自由な設計で注文住宅を建てることができますね。ですから、まずハウスメーカーを選んで注文住宅を建てることそのものが大きなメリットになってきます。

建売一戸建て住宅の場合ですと、既に出来上がった家を購入することになりますので、このような自由な設計と言うものは、なかなか手に入れることができない状況ですよね。では色々とあるハウスメーカーの中でも、レベルの高いメリットを得ることができるのはどこかと言うと、エースホームになります。

エースホームは、坪単価は比較的抑えられている状態で、その上家族に優しい快適な住宅を作り上げてもらうことができます。 この部分がものすごく大きなメリットになってきます。

では具体的に家族にやさしい住まいとは、どのようなものを提案してもらえるのかと言うと、主婦の方がそれほどストレスを家庭の中でためないような導線が提案できますよ。一般的に注文住宅を建てる場合ですと、その家族が住みやすいと思うものをイメージして、その内容に沿って家を建ててもらえますよね。

しかし、エースホームの場合は、もちろんその家族の思いをしっかりと形に仕上げることができますが、さらにエースホームとしては今まで多くの実績がありますので、どのようなスタイルを提案すれば、その家族が安心して生活することができるか、主婦の方がストレスをためないような空間作りができるかを提案してもらえますよ。

ですから双方にとって、非常にレベルの高い注文住宅が完成してしまうのです。ここまで手厚く対応してくれて、坪単価がそれなりに抑えられているハウスメーカーと言うと、なかなかありませんから、エースホームはとても相談しやすい環境にあり、メリットが高いですね。

そして子供が居る家庭ですと、家族のコミニュケーションと言うものは非常に大切になってきますよね。特に子供が思春期を迎えた場合、親と子供の間に壁ができてしまうことが結構あります。

しかし、そのようなものも工夫によって解決することが可能なんです。その解決策の一つがリビング階段ですよ。これがあることによって、階段を使って2階から1階に降りてきたときに、必ずリビングを通ると言う行動ができますよね。ここで家族と交流することができちゃうんです。このように、様々な提案をしてくれるハウスメーカーなんですよ。一般的にはこのような建物の場合ですと、2階建ての住宅の提案になりますが、このハウスメーカーでは、2階建だけではなく、平屋についても素晴らしい提案をしてくれますから、そういった点も大きなメリットですね。

バリアフリーの必要性

地代が高くて自力で家を購入することができない、将来的に親の面倒をみる必要があるので最初から一緒の家に住んでいる方が便利だなどという理由で、親世帯と子世帯が資金を出し合って二世帯住宅を建てるケースがよくあります。親が所有している土地に親子が共同で二世帯住宅を建てることが多いですが、1階部分を親世帯の居住スペースに、2階部分を子世帯の居住スペースにするのが一般的です。改めて言うまでもないことですが、子供よりも親の方が確実に先に老いていきます。たとえ家を建てた時は元気だったとしても、その状態がずっと続くことは考えられません。現実的なことを考えると、年齢が高くなれば病気にかかるリスクが高くなります。また、足腰が弱るため、ほんの少しの段差につまずいて転んでしまうようになります。将来、車椅子を使用することにならないという保証はありませんし、在宅介護することになる可能性も高いので、最初からバリアフリーに配慮した住宅を建てておくようにした方がよいです。

エースホームのバリアフリー住宅について

細かな配慮が行き届いたバリアフリー住宅のプランを提供しているのが、住宅フランチャイズ企業のエースホームです。エースホームは、地元密着型で長く営業し続けてきた優良業者ばかりを加盟させています。地元でずっと家を作ってきた良い業者に家を建ててもらうことができるため、利用したほとんどの客が高い満足感を得ています。バリアフリーと聞いただけで面倒臭いと感じる人がたまにいますが、室内の段差をなくし各所に手すりを設置するだけで、高齢になっても安心して暮らせる家にすることができます。

エースホームの特徴とは

エースホームはもとはエスバイエルという住宅会社でしたが、2000年に住宅建材のトステムと共同出資してフランチャイズ企業を立ちあげました。現在は大手家電量販店のヤマダ電機の傘下に入っています。特徴としてはデザインと耐久性を併せ持った住宅の販売を行っています。

間取りは企画型と呼ばれる敷地の形や面積、あるいは前面道路や玄関の位置とかから既存の間取りの中から適したものを選択して作られるような体制がとられています。価格設定も坪当り40万円から60万円ぐらいで他の有名なハウスメーカーに比べるとそう高くはないものです。工法は木造在来軸組工法がとられ、省エネにも配慮され、太陽光発電用のソーラーパネルも屋根に取り付けることが出来ます。

外観デザインは真新しいものではなくてエスバイエルのものを受け継いでいるようです。吹き抜けやスキップフロアのあるタイプのものもあります。アフターサービスも整っているようですからまあ安心できるのではないかと思われます。

エースホームで間取りシミュレーション

エースホームの間取りは企画型と言われていますが、どういう感じなのか体験してみたいものです。このメーカーではサイトで間取りシミュレーションの行えるページが見つかりません。それでも自分で間取りシミュレーションを行いたい場合には安価な3D表現のできるソフトウェアもあります。3Dのマイホームのデザイナーというソフトで間取りを変更したり窓やドア、収納、床や壁、天井の設定や家具・電化製品、備品の設置、カーテンやインテリアの設置が行え直ちに3D表現でこれを確認できます。既存の間取りを描いてそこへ色々配置して確認するのも楽しいものです。

平屋の間取りについて

エースホームでは、さまざまなマイホームを注文住宅というスタイルで建ててくれます。このマイホームですが、やはり誰でも人生の中でも規模の大きな買い物になるので、それならば、理想的なマイホームを建てたいものです。

実際のところ、とても数多くのハウスメーカーがあるわけですが、その中でもエースホームならば、魅力的な物件を建ててくれます。

やはり、ハウスメーカーによって違いはとても大きなものがありますので、よく吟味して探していくのが良いでしょう。インターネットの口コミをチェックしてみたり、さらには住宅展示場に足を運んでみることで、どこに依頼するのが良いのかが見えてきます。

そして、浮上してくるのがエースホームになります。

では、ここではどんな間取りが例として挙げられるのかというと、多くの平屋の物件を作り出しています。

よって、平屋の住宅であれば、かなり納得のいく家が完成するでしょう。では、例としてはどんな間取りかというと、リビングルームを中心としたマイホームです。

中央にリビングルームを設けておき、そしてここで家族みんなが集まってくるというものです。こんな魅力ある家を作り出すことによって家族の絆が一気に深まるのです。リビングルームがあって、そのまわりには寝室であったり、子供部屋があります。こんな素晴らしい家で生活することができれば、かなりレベルの高い家となるので、非常に魅力的です。

もちろん、このような間取りはあくまでも参考ということになります。これを上手にアレンジしていって、さらに快適な生活を送っていけるような家を作り出すことが重要です。

今までにとても多くの平屋を建ててきているハウスメーカーですから、提案力も素晴らしいですし、それだけではなく、施主の想いをしっかりと受け止めて、それを形にしていくこともできます。

また、平屋の住宅だけではなくて、多くの人々が建てていく2階建ての住宅であったり、3階建ての住宅も当然可能です。このような家の場合は、上下の行き来が必要になってきますから、生活導線をしっかりと考えたものが出来上がります。とくに主婦の方は家の中にいることが多いですから、できるだけ主婦の方がストレスを溜めないような家づくりを行ってくれます。もちろん、子供の成長に合わせた可動式の収納だったり、さらにはそれだけではなく、魅力ある提案力が持ち味です。

このようにエースホームに任せておけば内容の濃い家を建ててくれますから、利用して満足できます。肝心な費用面ですが、金額としては注文住宅で建てる割には、かなり安く仕上げてもらうことができます。

エースホームでの建て替え費用

マイホームを建てるのが夢だったけど、お金もないし諦めかけていました。
インターネットを見ていると、エースホームがとても良いと評判だったので、
ホームページを見てみました。

すると、二世帯住宅におすすめのものや、平屋、ほかにもたくさんの種類のものがありました。
ホームページをよく見てみると、建て替え費用なども載っていて、とても参考になりました。

とても気になってしまったので、カタログを無料請求できるとのことでしたので、
請求して家族で見てみることにしたのです。

うちでは、私の両親、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでいるのです。
結婚したので、苗字は違うのですが、
私の旦那、子供たちと一緒に私の両親たちとも一緒に住んでいて、みんな仲良しなので、
二世帯で建てようと資料を見て決意したのです。
また、価格についてはいくつか見積もってもらいました。
そこから自分たちの条件にあっていたこともあってエースホームを選んだのです。
費用については見積もってもらうことが必要になりますが、参考になる記事があります。
エースホームと他社の坪単価の比較】という記事です。

エースホームの二世帯住宅

エースホームの二世帯住宅はコンパクトなのに、
快適に共有するためにたくさんの工夫をされていました。

ダイニングはとても広々としていて、家族の集えるダイニングにしてくれ、
二階にもバルコニーを作ってくれるので、陽や風を感じることができる空間もあるのです。

一階にある寝室はおじいちゃん、おばあちゃん用にしたのですが、
キッチンから離れたところに作ってくれたので、
子供たちや私たち若夫婦が遅くまで起きていても迷惑かけることなく過ごすことができています。

おじいちゃん、おばあちゃんの部屋の近くにトイレを付けてくれたので、
とても快適に過ごしています。

建て替え費用などを明確に丁寧に説明していただけたので、とてもわかりやすかったです。

エースホームで二世帯住宅を検討しています。

もう私たち夫婦もそこそこの年代だし将来が少し心配になってきたところに息子たち夫婦から二世帯住宅に建て替えて一緒に住もうと提案があったんですよ。

まだまだ現役で頑張れるとも言えないし、家事や食事の支度にも疲れてきていたしいい提案じゃないのかなって主人と話しててエースホームさんに相談してみたんです。

今住んでいる家は息子たちが住んでいたときのままで、お嫁さんは気さくな人なんで気を使わないと言えばそうなのだけど、自分がお姑さんに気を使って生活したりしたので間取りは完全に別々とまではいかないけど、私たちがお姑さんと同居してた様にはしたくなかったのよね。

なんて言うかつかず離れずの生活って感じで暮らせたらいいなって思ってエースホームさんにお話をしてみたら、二世帯住宅でもいろいろなパターンがあるので相談に乗りますよって言ってくださったんですよ。

息子たち夫婦の意見もあるだろうし、孫たちも少しはみてあげられるような間取りをお願いしようかなって思って。普段は息子は仕事が遅くなったりするので玄関は別々の方が気兼ねがないだろうとか、パートに出ているお嫁さんより孫たちが早く帰ってきても気楽に私たちのところに来られるような出入り口を考えてもらったりね。

エースホームさんでは二世帯住宅も数多く取り扱っているらしいから経験豊富で助かったんです。

そう言えばお友達も二世帯住宅を建てたのだけどそちらは完璧に別世帯にして暮らしているみたい。それも寂しいなと思って少しラフな感じに設計してもらうことにしたんです。

息子たち夫婦も共働きだし子供たちが帰ってきても家の中で待っているよりも安心な生活が出来る家になればいいなって思っていて、でも年寄りが出しゃばりすぎないそんな間取りをお願いしたいと思ってますけど。この歳になってもあれこれとインテリアを考えてみるのは楽しいもので、エースホームさんは私の楽しみをどんどんと取り入れてくれたり、広げてくれたりしてくれて本当にいいお家が建ちそうだと思うんです。

友達のところのように別々の生活も気楽かもしれないけど、私たち親子は普段でも一緒にバーベキューをしたり、鍋を囲んだりしている仲だからたまにはそんな風にご飯も食べてお酒も飲めるような間取りにしてもらおうかなと思っているんです。

私たち親世代の空間にみんなで集まれる場所を作ってもらっておけば、親せきや娘たちも集まりやすいんじゃないかなって。

つかず離れずは最低限はお互いのために守りたいと思うけどね。エースホームさんで二世帯住宅を建ててもらえる日が待ち遠しいです。孫たちを近くで大きくなるのを見守ることも出来るなんてすばらしい老後になりそうで、今からワクワクしているのは私だけかしら。きっと他にもいらっしゃるわよね。

エースホームの新築住宅は安全と安心がモットー

 

新築住宅を建てる場合、最も重要なのは建設会社の選び方なんです。
色々な建設会社があって、それぞれの特徴があります。

高機能をうたっているハウスメーカー、
建物のデザインを主張する工務店などなど
色々な特色を前面に出して宣伝しています。

エースホームの住まいづくりの原点は、安心と安全です。
家は家族を守るものというモットーで
家づくりをしている建設会社です。
エースホームは全国の優秀な工務店と
フランチャイズ契約を結んでいるので、
その土地の風土や気候に合った家づくりができるんです。
まさにフランチャイズならではのメリットです。

新築住宅を建てたらそれで完成ではなく、
その後のアフターフォローまでしっかりやれるのが
地域密着型のフランチャイズだからこそ可能になっているのです。

確かな品質を目指した家づくり

家族を守るためには住宅の性能が良くなければダメなんです。
ですからエースホームでは確かな品質を目指した家づくりを実践しています。

例えば国のお墨付きである長期優良住宅や、
火災に強い省令準耐火構造を基本としているんです。
新築住宅の全てにこの2つの仕様を採用しているので、
安心して暮らすことができます。

家を新築するというのは多くの資金が必要になります。
長期のローンを組んで夢を実現させるわけです。
エースホームでは資金面で苦しむことのないように、
納得できる価格で住まいを提供しているんです。
建てたあとも楽しく暮らせるように、
資金計画に無理のないような計画を提案しています。

 

エースホームの二世帯住宅

エースホームは、二世帯住宅を購入したいって方にお薦めなブランドの1つです。エースホームは、株式会社ヤマダ・エスバイエルホームと住宅建材No.1メーカーの株式会社LIXILグループが、共同出資して設立した住宅フランチャイズ企業です。加盟店が全国各地に50店舗存在して、ユーザーへ提供しています。

エースホームは「みんなに夢のマイホーム」というネイミングがあり、ユーザー重視の企業と思えます。これからお爺ちゃんやお婆ちゃんとみんなで過ごしたいから、二世帯住宅を購入したいと言う方にはお薦め!

普通なら二世帯住宅を建てるとなると、駄々広くなり余計な建築費や土地が必要になり総価格が思ったよりも多額になります。

エースホームは違って、ほどよくコンパクトに収まる二世帯住宅の建築が可能です。ユーザーの納得のいくデザインや価格、無理のない資金計画を提案しお財布を守る仕組みを作っています。

長く住み世代に渡していくのですから、安全な家を建て住みたいですよね。地震や台風から家族を守ることが前提で、壊されたら全てが水の泡になってしまい家族を守ることが出来ません。

建築条件で最も重視すべき点はやはり耐震性です。エースホームの建物は、数百年に一度発生する地震による力の1.25倍の力に対しても倒壊・崩壊しない、最低でも耐震等級2以上を確保した、大地震の揺れに耐え抜く住まいにしています。 二世帯住宅は二階建てが多く揺れは上にいく程、揺れやすくなります。それを吸収してくれるのが「制振システム」という特殊装置があり、揺れを吸収して建物や住んでる方を守っています。

あと気になるのが火災時です。エースホームの建物は全商品「省令準耐火構造」で、燃えにくい家と言えます。「燃えない」でなく「燃えにくい」家なので、延焼を遅らせて家族を避難させる時間を稼ぎ、初期消火で鎮火できるように工夫された家です。2020年までに住宅に対して省エネ基準が義務化が予定されています。夏は熱気、冬は冷気を家の中に入れなくしエアコンなどの使用を減らしCO2削減的としています。室内の温度を外に逃がさない断熱材や高断熱サッシを採用し、冷暖房費を最小限に抑え家計にも自然にも優しい省エネ設計になっていて、2020年の生活を先取りできる家と言えます。

さらに、「安心の長期断続点検制度」があり、3ヶ月、1年、2年、5年、10年と請け負った加盟店が定期的に訪問し、家を点検をやってくれるというサポート付きです。将来、こんないい家に住み家族を守りたいものです。

エースホームの注文住宅完成までの流れについて

エースホームに注文住宅の建築を依頼した場合、
注文住宅完成までの流れは以下のようになります。

まずエースホームの店舗を訪ね、どのような家を建てたいと望んでいるのか、
また資金計画をどうするのかなどを、担当者と話し合うことになります。

既に土地を持っている場合であれば、その後に敷地調査を受けて、
住宅プランの具体的な検討に入ることになります。

一方、まだ家を建てるための土地を持っていない人の場合は、
担当者と一緒に土地探しからスタートすることになります。

土地探しから始める場合

事前に土地を確保してから店舗を訪ねるようにした方がスムーズに家づくりが
進むのではないかと考える人が多いですが、意外にそうでもありません。
確かに土地探しのための時間や手間が余計にかかってしまうことになりますが、
素人では気づかないような部分をチェックしてもらうことができるため、
希望通りの家を建てやすくなります。
素人目にはとても良さそうな土地に見えていても、
プロの視点から見ると問題の多い土地だというケースが実際にありますので、
土地探しの段階からエースホームのスタッフのサポートを受けるようにした方が安全です。

購入する土地が決まったら、まず土地の購入契約を結び、
さらに住宅設計の本格的な打ち合わせに入ることになります。

その際には、申し込み金として100万円を支払うことになっています。
このお金は最終的には住宅建築費用に充当されることになっていますので、
損をしてしまうことはありません。
初めて家を建てる人は不安をたくさん持っているのが当たり前ですが、
あらかじめ注文住宅完成までの流れを知っていれば、安心して業者に依頼することができます。

エースホームの評判

マイホームを一戸建て住宅で購入する場合には、建て売りの一戸建て住宅を購入する人もいれば、自分の自由な設計が可能である注文住宅で家を購入する場合に分かれますよね。

どちらのケースも、それぞれメリットはあるのですが、その中でもやはり自由な設計ができる注文住宅はレベルが高い家が完成しますよね。

では、たくさんあるハウスメーカーの中でも比較的に費用を安く抑えることができて、さらにインターネットの口コミサイトなどでも評判の良いところはどこかと言うと、それはエースホームなんです。費用をそれなりに抑えることができて、そしてレベルの高い家ができるのですから、使っておいて損はなく、満足のいく家が完成するでしょう。

実際の費用について知りたいのであれば、見積もってもらう必要があります。
確実に費用の内容を知りたいということであれば、以下の記事を読んでください。
【対象記事:エースホームと他社の坪単価の比較

子どもと親とのコミュニケーションを意識した注文住宅

家族みんなが快適に過ごせる空間を提案してくれるのはもちろんですが、そんな中でもエースホームの特徴としては、子供と親のコミュニケーションを最大限に活かせるような空間づくりを提案してくれますよ。

例えばどんなものがあるのかというと、子供部屋の可動間仕切り収納ですね。これはどのようなメリットがあるのかと言うと、子供の成長に合わせて移動できる形になっているので、子供が巣立ったときには、これを外して大きな一つの部屋として使うことができちゃうんです。

特に子供が居る家庭には、非常に評判が良い内容になっていますよ。

そして、このスタイルの収納では、とても多くの荷物をしまうことができちゃいますし、可動式なので、楽々レイアウト変更もできてしまうんです。子供が成長することで、だんだんと子供の生活スタイルも変わりますから、使い勝手がとても良いですよね。

ここが大きなポイントにもなっているんですね。そして、これ以外にもいろんな工夫を提案してもらうことができちゃいます。

子供とのコミュニケーションをもっと深くするためのリビング階段です。外付けの階段の場合は、2階にいる子供が1階に降りてきて、そのまま外出する場合、基本的にはリビングを通り抜けて外にいけますよね。しかし、リビング階段ですと、階段を降りるとそこにはリビングがあるので、必ずリビングを通り抜けないと外には行けないような工夫になっていますよ。これならば、思春期の子供とコミュニケーション不足を感じることなく、この空間で蜜に会話もしていくことができるでしょう。

非常に魅力溢れるところなんですね。このようにエースホームでは、いろいろと考えられた提案をしてくれるので、安心して生活をおくっていくことができちゃいますよ。もちろん、提案力だけではなくて、施主の考えている想いもきちんと形にしてくれちゃうので、かなりレベルの高い家づくりがここにはあります。使って安心のハウスメーカーなんです。

 注文住宅を建てる際のポイント

今後、自身の一戸建て注文住宅を東京都内に建てる計画を検討していくのに際して、あらかじめ様々な角度から情報の収集と精査を進めていくことがとても大切なテーマとなります。

これから先、中長期的な自身と家族の生活を考慮した場合に、どれだけ快適で満足度の高い暮らしを実現し続けられるかが重要なポイントとなっていくのです。

特に、配偶者や子供がいる場合には、子育てや教育上の観点からも将来を見据えた注文住宅の在り方を見極めていく必要があります。

また、急な病気やケガに見舞われた場合に、すぐ対応してもらえるような医療機関が近くにあるかどうかも考えなければなりません。こうした、立地上のメリット・デメリットを比較・検討することになります。

このようなニーズを踏まえて、エースホームがこれまで行ってきた注文住宅建築のノウハウを自身の計画と照らし合わせて一つ一つの選択を深化させていくことが求められるのです。

東京都内で注文住宅を建てる場合

東京都内での注文住宅購入は、他地域と比べてどうしてもコストが高くなってしまう傾向にあります。近年では東京オリンピック関連の開発等の重なって、都内のマイホーム事情の大きく変化しつつあります。

特に、地価の上昇が著しい地点もあり、自身の設定した予算内での注文住宅購入が難しくなってしまう可能性もあります。こうした中で、エースホームが提供しているローコストでクオリティーの高い住宅に着目していくことが重要です。

ローコストでありながら、自身とその家族の様々なニーズにしっかりと向き合い、より良い方法を見出していく姿勢がエースホームにはあるのです。

長期的なマイホームでの暮らしを前提として、機能性や快適性を高めていくための工夫を随所に施していくスタイルは、インターネット上の口コミサイトや各種情報媒体でも多くの施主から信頼を集めています。マイホームを購入する際の検討材料として、使い勝手の良い室内デザインをどのように実現していくかという点が挙げられます。自身だけではなく、子供の成長や将来共に暮らす可能性のある高齢の両親も安心して生活できる機能性を考慮することが求められます。

また、採光や風通しなど、年間を通して快適性を向上させる工夫も必要となってきます。家電製品に頼らず、自然エネルギーを活用したエコロジーな住宅をイメージすることも、中長期的な視座に立った場合しても大切な要素として捉えることができます。このような視点を念頭に置いた中で、エースホームからマイホームを購入するメリットをしっかりと把握していくことが肝心です。地価の高い東京都内であっても、予算内で可能な限り満足感の得られる家づくりを実現するための取り組みが大切です。

エースホームでこれから注文住宅を建ててもらう際に重要なポイントを5つ説明します。

エースホームは資金計画の勉強会を開催している

エースホームではこれから注文住宅を建てたいという方のために資金計画についての勉強会を実施しています。
これによって資金計画についてのいろいろな知識を得ることができるのです。
そもそも何から始めるべきなのかを説明して、いつごろに建てればお得になるのか、
実際に家を建てるためにはどのくらいのお金が必要なのかなどを説明しているのです。
住まいづくりに関するプロがさまざまなアドバイスをしてくれるためとても貴重な機会となっています。
住まいづくりについての悩みを解消してくれるでしょう。

住宅を建てる際には資金について失敗してしまうことが多いのです。
資金計画をきちんと立てておかなかったためにあとで後悔することになったという人は大勢いるのです。
そのような状況にならないように気をつけましょう。
住宅ローンを利用することになるのですが、その際には1千万円以上ものお金を借りることになります。
それを長期的に返済していかなければいけないのです。
これはその人の人生にかなり大きな影響を与えてしまうことになります。
そのためきちんとした計画を立てて、慎重に行動を取ることが求められるのです。
資金計画によって今後の人生が決まってしまうといっても過言ではないでしょう。
問題のない方法で住宅ローンを組むためのコツについてエースホームが教えてくれるのです。
このようなイベントを定期的に開催しています。

資金計画は家づくりの基本である

"家づくりの際に基本となるのが資金計画です。
資金計画を立てていないと家づくりがスタートしないでしょう。
これからどのような家を建てるのか考える際には、総予算が決まっていないといけません。
総予算が決まっていれば、そこから逆算してどのくらいの規模の家を建てることができるのかが分かるのです。
お金をどんどんかけていけば、際限なく豪華な家を建てることができるのですが、
普通の人の場合は総予算はある程度の範囲に限定されてしまうでしょう。
どこまでならばお金をかけることができるのかを決めてから、
実際に具体的な家のプランについて考えることになるのです。
総予算が決まってから初めて実際に家のプランについて相談をすることができるでしょう。

総予算を決める際には実際にどのくらいの住宅ローンを借りられるのかも考えておく必要があります。
また、実際に住宅ローンを借りたとしてそれをどのように返していくのか返済プランについても考えるべきです。
将来的に自分達の収入がどのように変化していき、
また、子供が成長していくに連れてどのくらいの出費が増えていくのかも考える必要があるでしょう。
無理なく返済できるようなプランにしないと生活に苦しんでしまうことになります。
このように考えるべきことがたくさんあるため、資金計画は早めに準備を始めるべきでしょう。
ここで失敗してしまえばあとになってどんどん影響が出てきてしまいます。

住宅ローンは借金であるということを理解する

資金計画について考える際には住宅ローンについてが最も大きな問題となるでしょう。
住宅ローンというのはある意味では人生最大の買い物といえるでしょう。
住宅ローンは借金であり、利息がかかってしまうのです。
そのため、実際に支払うことになる金額というのは、住宅そのものの価格を超えてしまうのです。
つまり、人生最大の買い物は家ではなくて住宅ローンであるということを理解しましょう。

現金で家を買うことができるならば住宅ローンについて悩まされることはなくなります。
しかし、大部分の方はローンを組まないと家を満足に建てることはできないでしょう。
そして、住宅ローンというのは借金なのです。
先にお金を借りてそれによって家を買うための代金を支払ってしまいます。
そのあとで金融機関に対して少しずつお金を返していくことになるのです。
ローンは時には20年を超えるほどの返済期間となることも珍しくありません。
その間、ずっと借金の返済をしていかなければいけないのです。
なかなかローンの返済が終わらなくて苦しんでいる方もいます。
そのためローンの組み方というのは資金計画をする際にはとても重要なのです。

住宅ローンにはいろいろな選択肢があるため、
資金計画の際にはどの金融機関のどんなプランを利用してお金をいくら借りるのか、
それをどのくらいの返済期間で返していくのかを決めることになります。

できるだけ利息を減らすようにする

資金計画の際にはできるだけ住宅ローンの利息を減らすようにしましょう。
住宅ローンを利用するとそれを返済するために長期間かかってしまうことになります。
その間、ずっと利息がかかってしまうのです。
たとえ金利が低かったとしても、借りる額がかなり高額となってしまうため、利息はかなりの額に達してしまうでしょう。
実際に借りるお金に加えて利息分もきちんと返さなければいけないことをきちんと理解しておきましょう。

利息を減らすための方法としてまずは返済期間を短くしましょう。
それによってかなり利息を減らすことができるのです。
しかし、あまりにも返済期間を短く設定してしまうと
月々の返済額がかなり高くなってしまうためとても苦しくなってしまうでしょう。
無理なく支払える毎月の返済額を見極めることが大切です。
あまり返済期間が長すぎることのないようにすることは大切です。
たとえばボーナスの時には普段よりも多めに返すようにしておけば、返済期間を短くできるでしょう。
また、返済している途中で余裕があるならばどんどん繰り上げ返済をしていくと良いでしょう。
そうすることによって、利息は減っていくのです。

金利については固定型と変動型の二種類があります。
どちらにもメリットとデメリットがあるため慎重に検討しましょう。
異なる金利タイプを組み合わせるという方法もあります。
この場合はリスクを抑えることができるのです。

頭金をできるだけ多く準備しておく

住宅を買う際には通常頭金を用意しておくものです。
住宅の代金のすべてをローンで支払うのではなくて、一部を頭金として現金で支払うのです。
これによってローンの借入額を減らすことができるでしょう。
結果的に利息を減らすことができるのです。
また、そもそも頭金がないと住宅ローンを借りることができないというケースもあります。
住宅ローンの条件として、住宅価格のうちたとえば8割までしかお金を出さないというケースもあるのです。
この場合は残りを自分で用意して支払わなければいけません。

頭金として一般的なのは住宅価格の2割を自分で払うというものです。
これは自分で現金を用意することになります。
しかし、2割というのはかなりの額となるでしょう。
たとえば2000万円の住宅だったとしても、2割の頭金を用意するためには400万円ものお金が必要となるのです。
これを現金で貯金するのは大変だという方もいるかもしれません。
最近は頭金不要で住宅ローンを借りられるような商品も出ています。
いろいろなタイプの住宅ローンが出てきているためぜひともチェックしておきましょう。

エースホームに相談をすることによって、条件の良い住宅ローンを紹介してもらうこともできます。
提携先の金融機関から良い条件でローンを組めるというケースもあるため相談してみると良いでしょう。
頭金についてはよく考えておきましょう。

エースホームが家づくりの際に実現している設計の知恵の素晴らしい具体例を5つ紹介します。

エースホームの注文住宅はエコデザインを実現

エースホームの建物の大きな特徴の一つとしてエコデザインを取り入れています。
設計の知恵としてエコに効果的な家の形を実現しているのです。
エコのためにそのような製品を導入するケースは多いのですが、
エースホームの場合はもっと本質的に家の形によってエコを実現しようとしているのです。
最新機器を導入するわけではないためコストをかけずにエコな家となります。

まず、オーバーハングしている住宅を提案しています。
オーバーハングというのは二階部分が飛び出している住宅のことです。
このような形によって1階に強烈な日差しがあたってしまうことを防ぐことができるのです。
真夏の強烈な日差しを遮ることによって冷房の効果を高めることができます。
また、ホリゾンスリット窓を採用することで西日にも対応できます。
また、冬にはむしろ日差しを部屋の中まで入れた方が良いでしょう。
そのために南側に大きく開く窓を設置して冬に暖かい日差しを取り入れられるようにすることもできます。
リビングを吹き抜けにして2階の窓からリビングへ向けて日差しが届くように設計するのです。
これによって開放感も得られます。

さらには間取りについても工夫をしています。
夏と冬にそれぞれ別々のリビングで過ごせるように工夫することができるのです。
このような試みもエースホームは実現しており、エコで快適な空間を可能としているのです。

エースホームの全商品が省令準耐火構造

住宅について最も大きな不安とは火災でしょう。
木の家に住みたいと考えている方は多いのですが、
万が一火事になった時には被害がかなり大きくなってしまうと恐れている人は多いのです。
しかし、実際には火災による被害が大きくなりやすいかどうかというのは、燃えにくいことが大事なのです。
鉄の家やコンクリートの家であっても燃えやすい家は存在しています。
本当に大切なことは、たとえ火災が発生しても
火が延焼する速度が遅くなり十分家族が逃げのびる時間を確保することができたり、
初期消火ですぐに消防が鎮火できるような家なのです。
このような木造住宅のことを省令準耐火構造といい、エースホームのすべての商品においてこの構造が標準となっています。

建築基準法において準耐火構造が定められているのですが、
それに準ずる防火性能を持っているとされているのが省令準耐火構造なのです。
省令準耐火構造の仕様として屋根には不燃材料が用いられており、
天井にはファやーストップが取り付けられています。
外壁は軒裏防火構造となっており、各質感にはファイヤーストップとしてせっこうボードが付けられています。
このような構造となっているためにたとえ火災が発生したとしても被害を最小限に食い止めることができるのです。
これによって火災保険料もお得になります。
木造住宅であっても防火性能に優れていると判断されるため火災保険料が安くなるのです。

エースホームのすべての商品が長期優良住宅

エースホームの提供している住まいはすべてが長期優良住宅となっています。
これは長期間にわたって使い続けることを前提としたものであり、国は法律によって長期優良住宅を促進しようとしています。
国が定めた基準が存在しており、エースホームの住まいはすべてその基準をクリアしているのです。
そのため数世代にわたってその家で暮らし続けることができるため経済的であり、
環境への負担も軽減することができるため地球にやさしい住まいとなっています。

基本的には3世代にわたって使用できるように対策が講じられています。
75年から90年程度使い続けることが可能なのです。
快適な広さが確保されており、居住水準は良好に保たれています。
日本のすまいにとって重要である地震の強さも問題ありません。
大地震が発生したとしても少し改修するだけで継続して利用できるようになるでしょう。
損傷のレベルはできるだけ低減されるように工夫されているのです。
点検しやすいつくりとなっており、
たとえば配管はコンクリートに埋め込まないようにしているため、維持管理がしやすいです。
住宅履歴情報を長期保存してくれます。
省エネを実現しており、住まいの断熱性が優れています。
良好な景観を保つために街並みへの調和を考えています。

これらの要素がすべて含まれているのが大きな特徴となっているのです。
住んでみたいと思わせてくれる素敵な住まいを提供してくれます。

エースホームの住まいは地震に耐えられる

日本では大地震が頻繁に起きています。
21世紀になってからのわずかな期間にも記憶に新しい大地震がたくさん思い起こされるでしょう。
そのため、日本の建築条件として最も重要なものはやはり耐震性なのです。
エースホームでは耐震等級が2以上の地震にも耐えられることを最低条件としています。
これは数百年に一度しか発生しないような大きな地震の力をさらに1.25倍した力に対しても倒壊や崩壊をしないこととなっています。
つまり、どのような大地震にも耐え抜けるのです。

エースホームの住まいは法律によって定められている基準よりも1.25倍の性能を持っており、
それによって家族を守ることができるのです。
また、要望があれば最高レベルの地震に対して耐えることのできる住まいを提供することも可能です。
すべての住まいについて全棟地盤調査を行っており、きちんと地耐力を調べて適切な基礎工事をしています。
これによって確かな家づくりを実施しているのです。

エースホームでは軸組に対して信頼性の高い金具を用いています。
これによって地震への強さや粘りを保証しているのです。
建物の構造や基礎に対しては一般的な基準を上回るものを使用しているのです。
強い地震に耐えることのできる住まいを実現させるためにいろいろな工夫をしています。
最先端の制振システムの準備もしてあります。
地震への備えは完璧なのです。

エースホームの住まいは子育てがしやすい

住宅を手に入れようとしている方の中には子供のいる家庭が多いです。
子育てを快適にするための環境を求めて住宅を買おうと決意された人はたくさんいるでしょう。
エースホームの住まいは子育てに配慮した設計となっています。
子育てしやすい間取りになっているのです。

まず子育てをする上で安心安全な環境が整っています。
キッチンからはリビングやダイニングを見渡せるのです。
火災を防ぐための工夫もしてあります。
家事ストレスを軽減するための空間となっています。
雨の日でも洗濯物を干せる空間が用意されていたり、水回りの素材は掃除しやすいものとなっているのです。
子供の健康にも良い家づくりがされています。
リビングはきちんと採光されており、健在は健康に配慮したものとなっています。
浴室や洗面室には暖房機能が設置されているのです。

このような基準をすべて満たしている注文住宅をエースホームは提案することができるのです。
子育てしやすい住宅としての認定を受けている住まいの提案が可能なのです。
標準仕様には含まれていないオプションを利用することもできます。
そうすることによって、子育てのための住まいづくりを目指すことができるのです。
子供にとって暮らしやすいだけではなくて、ママが家事をしやすいつくりとなっており、
毎日笑顔で子供達と一緒に楽しい暮らしを送ることができるでしょう。

■エースホームでの家づくり費用

いろいろとあるハウスメーカーの中でも理想的な費用ですばらしい家を建ててくれるのがエースホームになります。

なぜエースホームが理想的な家を建ててくれるのかというと、ここに相談しておけば、
まずは親切丁寧な対応を心がけてくれますし、それだけではなく非常に素敵な提案なども併せて行ってくれちゃいます。

イメージとしては注文住宅でマイホームを購入するとなれば、
かなりの費用が必要になってくると考えられがちなんですが、
エースホームであれば坪単価も比較的に安い金額設定になっているので、
安心していろいろと家に関する相談をしていくことができます。

子供を育てる環境としてふさわしい家、
二世帯で一緒に生活していく上で快適に過ごすことができるような家、
とにかく施主の想いをしっかりと形にしてくれるので、おすすめできます。

せっかく、購入するマイホームなわけですから、
素敵な空間を手に入れたいと思うのは、誰でも一緒ですよね。
あとはいかに世界にひとつだけの家で、快適な生活ができるかどうかです。

もちろん、費用面でも高ければ高いなりのいい家は完成するんですが、
エースホームの場合ですと、無駄な出費をすることなく、
コストダウンをした状態
で快適に過ごすことができるような家を提案してもらうことができちゃいますよ。

これから家を購入しようと考えているのであれば、
最初に住宅展示場に足を運んでみるとよいでしょう。
全国各地に住宅展示場はありますし、
インターネットでどこの展示場にエースホームがあるのか、
すぐにわかりますし、直接展示場ではないところでも、
相談できるところがありますよ。ここに相談して理想の家を建てることで、
快適な暮らしがそこには待っているんです。

■エースホームでさらにコストを抑えるには

そして、エースホームの一戸建てですが、
坪単価としては基本的には先ほども記載したような金額設定になっていますので、
値引きをすることは難しいようなんです。

大手のハウスメーカーの坪単価に比べてみると、
最初の段階から比較的に安めの設定が用意されているからでしょうね。

エースホームでは、誰もが実現できるようなコストで、
夢のマイホームを提案
してくれますから、
一度、相談にのってもらってみるとよいですよ。
もちろん、家に関する相談は親切丁寧に対応してくれますし、
それだけではなく住宅ローンに関する相談にものってくれたり、
家に関するものならば、気軽に相談にのってもらえる理想的なハウスメーカーなんです。
子育てに優しい家づくりなどもとても得意にしていますね。

■平屋の間取りについて

実際にエースホームで注文住宅を依頼したとすると、
平屋ではどんな素晴らしい間取りを提案してもらうことができちゃうのかというと、
リビングルームを中心とした内容になってきますね。

もちろん、注文で建てる家ですから、色々とバラエティーに富んだ内容が可能になってくるのですが、
家族との時間を大切にしたいような間取りがエースホームであれば、可能になってくるんです。

そして、当然のことですが1階部分と2階部分の行き来が全くなくなりますので、
ある程度の年配の方でも膝への負担がなくなりますよね。
これってそれなりに年をとってくると、1階と2階の部分の移動だけでもかなりの負担になってくるんです。

ですから、家族みんなで過ごす時間を目いっぱいにすることができるだけではなく、
体にもとても優しいですからおすすめのマイホームになってきますよね。

普通に考えると一戸建て住宅は2階建てであったり、最近の傾向としては3階建てであったりするんですが、
今はこのような平屋の広々としたリビングルームを中心とした間取りもおすすめなんです。
ワンフロア―で全てのことが済んでしまいますので、小さい子供がいる家庭であれば、
目が行き届くところに子供がいるわけで安全面においても魅力的と言えますよね。

そして、子供が成長した時にも、思春期を子供が迎えても、家族のだんらんを中心とした家になりますから、
コミュニケーションがしっかりととれますよね。

そして、子供が巣立っていったとすると、その段階で夫婦二人の生活になったりするでしょうね。
その頃になってくると、老夫婦はどうしても年齢には勝つことができませんので、足腰は当然のことですが、
かなり弱ってきますよ。1階から2階、そして2階から1階への移動が結構大変になるんです。
そんな状態ですから、長い年月過ごしやすい快適なマイホームと言えるのが、エースホームで建ててもらう平屋の住宅なんです。

イメージとしては、注文というスタイルでマイホームを建てることになると、
かなり費用がかかるのではないかと考えられがちですが、エースホームは坪単価も比較的に安い設定になっているので、
安心して相談にのってもらうことができるでしょうね。

■エースホームのローコスト注文住宅

注文住宅といえば非常に贅沢なものを連想するでしょうが、ローコストで建てるとしても有効な建築方法です。

それというのもただ一戸建てを買うよりも、必要なものだけを備えた住宅を新しく建てたほうが結果的にローコストに抑えることができるといえます。

そうした予算を抑えた注文住宅を建てるならばエースホームに依頼すると良いでしょう。低コストの木造軸組み住宅を建ててきた実績があります。注文どおりに安く住宅を建てるならばエースホームに任せるべきです。

ローコストはエコを考えた建物でもあります。これからはエコロジーを重視した住宅が推奨されることになるので末永く住宅を使うならば低予算住宅針にかなっているのです。この世界で最も多い住宅は低予算住宅であり、高級住宅はあまり実績を積み上げていないといえます。

様々な前例をしっかりと調べ、自分にあった住宅を注文するようにすれば失敗することはないでしょう。ハウスメーカーに注文住宅を依頼するときはしっかりと注文するのが一番重要です。ハウスメーカー側もしっかりといいたいことを全部言われたほうが仕事がやりやすいといわれています。そうすることで何が必要なのか、また不必要なのかがわかってくるのです。

まずはしっかりといいたいことを全部伝えるように心がけましょう。

エースホームでは長年木造住宅を建ててきましたし、低コストで建てるといえばやはり木造しかありません。壊れた部位を簡単に補修することができますし、そうしたメンテナンスを繰り返すことで長年住むことが可能です。

現実に長持ちしている住宅も木造軸組み住宅となっています。ホームセンターならどこもそうですが、エースホームも専用の木材プレカット工場を持っているのです。なので木造住宅であってもかなり設計の自由が利きます。昔は不可能だったレベルの加工も容易にできるので設計にも口を出してみても良いかもしれません。だめもとで言ったことを簡単に承認してもらえるのも珍しくないのです。ハウスメーカーは常に最新の技術をこぞって集積しているのでごく最近に使われるようになった設備なども質問してみると良いでしょう。

換気システムやシステムキッチンなど最新の安く済む設備をそろえることができます。最新式というと高級品が思い浮かびますが、予算を大きく抑えたものも存在しているのです。注文住宅は目的をしっかりと伝え、快適な住環境を整えることが大事といえます。

ローコストで済ませるのも立派な目的であり、長い間住み続けるために経済的な住宅は住みやすいといえるでしょう。子育てや高齢者が住むことなども考慮して、エースホームにしっかりと要望を伝えれば航海しない注文住宅が出来上がります。

住宅購入者の口コミ・評判

私の家は、以前は2階まである普通の住宅でした。次に新しく家を建てる時も、きっと同じような複数階まである家を建てるのだろうと、その頃はイメージしていました。

 

しかし、家の購入を検討し始めた頃、ちょうど京都を旅行する機会があって、その時京都で見てきた平屋住宅のたたずまいが気に入ってしまったことが、平屋建築を選ぶきっかけになりました。

 

今は、エースホームの家に住み始めてまだ数年ですが、2階と1階の行き来がなく、階段やエレベーターでの移動が必要ない、落ち着いた生活ができると思っています。

 

エースホームにした理由は、見積もりを取った中で一番安い価格を提示してきた点が一番ですが、それ以外にも大きな理由がありました。特に良かった点は、平屋という1階だけの建物なのに、収納場所が過不足なく十分に備え付けられている点です。

 

一つ前に住んでいた家の場合は、2階に家族の大量の荷物を保管する状態になっていました。そのため、せっかく2階があっても、人を泊めてあげたり何か作業をしたりする部屋にしていませんでした。

 

もし、今回2階建てや3階建ての新居にしていたら、その時と同じように、また、2階に不要な荷物がたくさん溜まってきてしまっていたでしょう。また、昔の我が家にはあまり収納場所がなく、みんなモノをまめに捨てたり人に譲ったりするタイプでなかったので、

 

時間と共に荷物が大量になってしまっていました。しかし、今では、新しい家を居心地よい場所にするために、荷物をためないように各自が工夫して過ごしています。家の中に荷物があまり増やせないことは平屋住宅の意外なメリットであり、荷物が増えないことは、最初は予想していなかった効果でした。

 

また、エースホームの平屋の家は収納スペースが多く、コンパクトながら機能的で使い勝手が良いので、購入してよかったと満足しています。平屋の建物は、簡素で落ち着いた和の雰囲気があるだけでなく、家に不要なモノをためなくなることも良い点だと思います。

2020年にすべての新築住宅に適合義務化

エースホームの注文住宅は、2020年にすべての新築住宅に適合義務化される「H25改正省エネ基準」を先取りして標準仕様として設定した

 

1年を通じて快適に暮らせるように、住宅全体の断熱性・気密性を高めることで、夏の熱気や、冬の冷気を室内に伝えず、室内の温度を外に逃さない断熱材や高断熱サッシを採用する。快適な室内環境を維持するのはもちろん、冷暖房費が減らせる省コスト・省エネ設計だ。

 

熱は温度の高いところから低いところへ移動する性質があるのは、ご存じのとおり。住宅建設で、この熱の移動を抑えること、つまり断熱性能が問われる。

 

一般住宅で熱の移動がもっとも多いのは、屋根や壁よりも窓やドアなどの開口部だ。冬の暖房使用時に住宅から逃げていく熱の約半分は、窓とドアからの熱だ。逆に夏の冷房時に外から侵入する熱の約7割は窓とドアから入ってくる。

 

つまり、冬暖かく、夏涼しい家を獲得するには、それら開口部から出入りする熱を最小限に抑える断熱が重要なのだ。

 

高性能複層ガラスを採用

 

エースホームの注文住宅は、標準仕様として優れた断熱性能を発揮する高性能複層ガラスを採用したLIXIL(リクシル)の窓「サーモスⅡH」を採用する。

 

スリムですっきりしたデザインのLIXILの高断熱窓で、快適な暮らしを実現する。寒冷地向けエースホームの注文住宅では、樹脂サッシ「マイスターⅡ」(アルゴンガス封入遮熱高断熱ガラス)を採用している。

 

断熱玄関ドアを採用

エースホームの注文住宅は、冬場「室外の冷気の侵入と室内の暖気の流出」を防ぎ、夏場「室外の暖気の侵入と室内の冷気の流出」を防ぐ断熱玄関ドアは、一年中温度差の少ない「快適な玄関空間」をつくり出し、冷暖房費を減らすことに貢献する。

 

ZEH住宅も対応

 

政府が2020年までに新築住宅の標準的な性能として定めた「ZEH(ネットゼロ・エネルギー住宅)」。建物の断熱性能のアップだけではなく、太陽光発電や燃料電池などの創エネで、つくる電気と使う電気を相殺してゼロとし、さらに売電による収入や補助金がもらえるなど、
施主にとっては非常にうれしい制度だ。

 

が、実際に申請する方法は複雑で手間のかかる作業。また、小さな工務店アドでは、専門の担当者を育てる時間がない、そもそもZEHに対応する商品開発ができないという悩みを抱えている小規模店も多い。エースホームでは、UA値計算・一次エネルギー計算のサポートおよび、補助金の受領に向けた申請のサポート体制も万全だ。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-エースホーム
-,

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.