住友不動産

強く快適な平屋が建てられる住友不動産の注文住宅!魅力的な9つの特徴

投稿日:

人気の大手住宅メーカー住友不動産では、二階建てや平屋の高品質・高性能な家づくりが可能です。

田中
住友不動産の平屋にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、住友不動産で建てる平屋の魅力的な特徴について紹介しています。

この記事をご覧いただくことで住友不動産の平屋の特徴が把握でき、本格的に検討することができますので、ぜひ参考にご覧ください。

 

 

平屋も建てられる住友不動産のJ・アーバンシリーズ

 

住友不動産の主力商品であるJ・アーバンシリーズは洗練されたデザインで、これまで何度もグッドデザイン賞を受賞しています。

下記のように商品ラインナップも充実しており、住む人のさまざまなニーズに応えることが可能です。

商品ラインナップ
J・アーバン 先進のデザインに都市の住まいの未来を提示するようなイメージ。
J・アーバンコート 日本の郊外の街並に調和するモダンデザイン。
J・レジデンス 世代を超えて愛される落ち着きのあるデザイン。
J・スカイ 空に浮かぶ平屋のシルエット、美しい浮遊感を住まいに表現。
J・アーバンⅢ 都市の3階てに求められた理想を追求。
J・アーバントラッド 時代を超えた伝統モードをシルエットにしたデザイン。
J・アーバンクリスタ 自分らしさを楽しむ女性向けのデザイン。

住友不動産の注文住宅は、二階建てや平屋も建てることができ、

  • 耐震性
  • 耐久性
  • 断熱性
  • 快適性

などが優れた安心して暮らせる家づくりができます。

 

 

決して高くない!住友不動産の坪単価・価格

 

大手住宅メーカー住友不動産の注文住宅の坪単価は40万円台〜60万円台です。

坪単価30万円台〜40万円台のローコスト住宅メーカーと比べると高めですが、坪単価70万円台〜の他の大手住宅メーカーと比べると比較的安めとなっています。

仮に、住友不動産で40坪の家を建てる場合の建築費用は、1,600万円(坪単価40万円)〜2,400万円(坪単価60万円)前後です。

品質や性能も非常に優れているため、多くの人が平屋や二階建て住宅などを建てています。

 

 

地震に強い平屋づくりができる

 

住友不動産では、耐震等級3の地震に強い平屋づくりが可能です。

耐震等級3の建物は、数百年に1度発生する確率の大地震の1.5倍の地震力でも倒壊・崩壊しない耐震性能があることを示しています。

また、耐震性が高い強い構造体だからこそ、広く開放的な住まいを実現できます。

以下は、強い平屋をつくる主な工法・仕様です。

 

 

ハイブリッド構造の「ウッドパネル工法」

 

住友不動産のJ・アーバンシリーズの平屋は軸組構造をベースに面構造の強さを加えた、ウッドパネル工法を採用しています。

軸組+面の2つの長所を合わせたハイブリッド構造なので、地震などの外力をバランスよく分散できるため変形やねじれを抑えることができます。

 

 

接合部強度1.5倍の「構造用接合金物」

 

一般的な木造軸組構造では、地震などの外力が接合部に集中し、ねじれや変形の原因になります。

住友不動産のウッドパネル工法では、構造用接合金物で接合部を緊結しており、通常の1.5倍の接合部強度を実現しています。

 

 

構造用合板をしのぐ強さの「パーティクルボード」

 

住友不動産の平屋の耐力面材には、一般的な構造用合板のせん断強度が約2倍あるパーティクルボードを採用しています。

耐水性が高いため腐食による劣化にも強い面材です。

 

 

地盤調査や高強度ベタ基礎

 

住友不動産の家は着工前に丁寧な地盤調査を実施しています。

日本建築学会からも推奨されているスウェーデン式サウンディング方式を採用しており、調査の結果地盤が軟弱であるとわかった場合は適切な地盤改良工事をおこないます。

 

 

開放的な間取りの平屋もつくれる「パワーパネル」

 

高倍率耐力壁であるパワーパネルを採用しています。

パワーパネルは、一般的な木造軸組構造に使用される筋交い耐力壁の壁倍率の5倍以上の強度があるため、耐力壁の量を少なく抑えることが可能です。

設計の自由度も高まり、広々とした空間づくりができます。

 

 

設置後のメンテナンスも不要な「制振システム」

 

ウッドパネル工法の耐震構造に加え、特殊粘弾性ゴムによる制振システムを搭載することで、地震に強い家づくりを実現しています。

制振システムにより地震の揺れを50%低減でき、家具の転倒や内外装の損傷を抑えます。

 

 

火に強い平屋を実現

 

住友不動産で建てる平屋は、標準仕様でありながら省令準耐火構造に対応しています。

ファイヤーストップ構造や石膏ボード、グラスウールなどにより、火に強い家を実現しており、火災保険料もお得です。

 

 

火の通り道をふさぐ「ファイヤーストップ構造」

 

ファイヤーストップ構造のため、火災が発生した際に火の通り道をふさぎ燃え広がりを抑えます

 

温度上昇を抑える「石膏ボード」

 

天井や壁全面に石膏ボードを使用しています。

石膏ボードには約21%の結晶水が含まれているため、火災で熱分解を起こし結晶水を放出します。

そのため、温度上昇を抑え、構造材が発火点に達するまでの時間を遅らせることが可能です。

 

 

不燃材として認定されている「グラスウール」

 

住友不動産の家全体には断熱材グラスウールが敷き詰められています。

グラスウールは国土交通省から不燃材として認定されている断熱材であり、火災で長時間高熱にさらされても変形や劣化が少なく、延焼や類焼被害を抑えます。

 

 

近隣火災時の類焼から守る「外壁防火構造」

 

近隣火災が発生した際にもらい火を防ぐため、外壁・軒裏は防火構造となっています。

大事な住まいを類焼から守ります。

 

 

「火災保険料は約2分の1」でお得

 

省令準耐火構造仕様の家は、火災保険料が一般的な木造住宅に比べて約2分の1となっています。

家計の負担を軽減できてお得です。

 

 

平屋を建てた後も安心のアフターサービス

 

住友不動産、平屋、アフターサービス

 

住宅メーカーは、家を建てるときだけでなく、建てた後のアフターサービスも大事です。

マイホームは数十年住み続けるものですので、困ったことや不具合があった場合に頼れるサービスを実施しているメーカーを選ぶことで安心して暮らすことができます。

 

いつでも対応可能な「お客様センター」

 

住友不動産の平屋は、お客様センターがあるので建てた後も安心です。

お客様センターは24時間365日受付可能で、要望や意見に迅速に対応してくれます。

 

長く安心が続く「30年長期保証システム」

 

住友不動産の家は30年長期保証システムが用意されています。

住宅引渡し後10年目、20年目に点検を実施し、必要と認められた有料メンテナンス工事を実施することで、最大30年目まで保証延長が可能です。

 

 

優れた防犯性で安心・安全な平屋を実現

 

住友不動産で建てる平屋は、優れた防犯性で安心して快適に暮らすことができます。

侵入犯は侵入に5分以上時間がかかると7割が諦めると言われており、住友不動産では「侵入しづらい住まいづくり」を重点におき、安心・安全の家づくりをしています。

 

「侵入しづらい家」のための防犯対策

 

侵入しづらい家にするために

  • 2ロック玄関ドア
  • 脱着式サムターン
  • 鎌付デッドボルト
  • テレビドアホン
  • 窓シャッター
  • プチFix窓

など、さまざまな防犯対策を備えています。

 

 

家中どこでも新鮮で清潔な空気環境をつくりだす

 

住友不動産で建てる平屋は、入念なVOC対策、24時間計画換気システムにより、快適で健康的な空気環境を保てます。

家族が長く安心して暮らすことが可能です。

 

 

入念なVOC対策

 

住友不動産では、快適な室内環境を実現するために、建材や接着剤にはVOCの代表的な物質を含まない、もしくは含有率の低いものを採用しています。

また、壁クロスには、厳しい安全基準を適用したSV規格の製品を使っています。

 

 

室内の湿気やカビを抑制する「24時間計画換気システム」

 

標準装備の24時間計画換気システムにより、住まいの隅々まで快適で心地よい室内環境をつくります。

常に新鮮でクリーンな空気を保つことにより、湿気やカビの発生を抑え家族の健康を守ります。

 

 

静かで心地よい暮らしができる家づくり

 

住友不動産で建てる家は、遮音性に優れているため、静かで心地よい暮らしが可能です。

外からの騒音も居室間の音の伝わりも効果的に低減できます。

以下は、静かで心地よい暮らしを実現する主な仕様です。

 

 

音がダイレクトに伝わりにくい「吊り天井」

 

2階の音がダイレクトに伝わりにくいように吊り天井を採用しています。

1階天井を2階の床梁に直接貼るのではなく、吊木を介して取り付けるため、足音や衝撃音を低減可能です。

 

 

音の発生を抑える「三層床構造」

 

吊り天井に加え、遮音性・吸音性に優れた構造用合板・石膏ボード・フローリングの三層床構造を採用し、音の発生そのものを効果的に低減します。

 

「複層ガラスサッシ」で騒音も低減

 

外部から入ってくる音を低減するために、開口部には複層ガラスサッシを採用しています。

騒音を25dB低減でき、静かな室内環境をつくれます。

 

 

吸音性も優れた「グラスウール」

 

住友不動産の家に使用されている断熱材グラスウールは、防音室やスピーカーの素材としても使用されるほど吸音性が優れています

中高音域の騒音レベルを約10〜15dB低減可能です。

 

 

いつまでも丈夫で長持ちする平屋の住まい

 

住友不動産、丈夫で長持ち、高齢者になっても住み続けられる家

 

住友不動産で建てる平屋は、劣化対策等級・維持管理対策等級ともに最高ランクです。

優れた防水性・防湿性、そして防蟻処理により、丈夫で長持ちする住まいを実現できます。

耐久性を高める主な仕様は以下のとおりです。

 

 

結露を防止する「外壁通気工法」

 

壁内に水蒸気が貯まり結露が発生すると、構造材が腐朽する原因になります。

また、壁表面に発生する結露はカビやダニの原因にもなり、構造体だけでなく住む人の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

住友不動産の平屋では結露発生を防ぐために、水蒸気を壁内から追い出す外壁通気工法を採用しています。

結露を防ぎ、木の強さを最大限に発揮できます。

 

 

「透湿・防水・遮熱シート」で雨水の浸入を防ぐ

 

外壁材の下地に透湿・防水・遮熱シートを採用しているため、雨水の浸入を防ぎ、水蒸気を屋外側に通します。

また、窓まわりには防水テープを使用しています。

 

 

「信頼性の高い防水性」の屋根とバルコニー

 

屋根の下地にはゴム状の性質を持つアスファルトルーフィングを使用しているため、釘穴からの水の浸入を防ぎます。

また、バルコニーには耐水性・耐久性に優れたFRP防水を採用しているため、つなぎ目のない一体施工が可能です。

 

防湿フィルムと基礎パッキンで効果的な「床下換気」

 

地面から発生する水蒸気で住まいの耐久性が損なわれないように、床下の全面に防湿フィルムを敷いてコンクリートを打設しています。

また、基礎と土台の間には基礎パッキンを採用しており、従来の換気口に比べて1.5倍〜2倍の換気量を実現しています。

 

 

土壌や木材など「徹底した防蟻処理」

 

基礎施工前には土壌全面に薬剤を散布し、土台の木材にもインサイジング加工を施したうえで防腐・防蟻処理をしています。

また、外壁木部も地上1.5mの高さまで防腐・防蟻処理をしており、木造住宅の大敵となるシロアリを寄せ付けません。

 

このように、住友不動産では高品質・高性能の平屋を建てることができ、安心・安全に家族が暮らしていくことができます。

坪単価・価格だけで比べるとローコスト住宅メーカーの家の方が魅力を感じるかもしれませんが、品質や性能、サービスなどを総合的に比較する場合は、割安感も感じて非常に魅力的な住宅メーカーです。

田中
予算的に問題がない場合は、ぜひ検討してみましょう。

 

 

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-住友不動産

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.