ハウスメーカー(注文住宅)

あなたの基準はどこ?ハウスメーカー・担当者・建築費用のどれで選ぶ?

投稿日:

ハウスメーカーを選ぶ際の4つの注意点

家づくりにおける業者選定は非常に重要です。有名なハウスメーカーに頼むという方も多いのではないでしょうか?有名ハウスメーカー=安心という考えは間違っていませんが、あなたの理想とする家を建ててくれるかは別問題です。

 

ハウスメーカーにも得意不得意があります。あなたがフルハウスに出てくるような輸入住宅を建てたいという場合に、輸入住宅の実績が少ないハウスメーカーに頼んでしまっては、思い描く理想の家とかけ離れたものが完成してしまうかもしれません。

 

あなたの理想をかなえてくれる、最適なハウスメーカー選びが家づくりのカギとなります。ハウスメーカーで選ぶ場合の4つの注意点をご紹介します。

 

 

注意点1:ブランド力は無視する

大手ハウスメーカーは広告費をかけてPRを行います。新宿東口駅前にはスマップの木村拓哉さんを使った某ハウスメーカーの看板が出てますよね?有名芸能人を使ったPRは当たり前ですが、ブランド力や有名人でハウスメーカーを選ぶのは危険です。もちろんブランド力を一つの判断材料にするのは間違ってませんが、ブランドだけで選ぶと後悔することもあります。

 

例えば、ブランドの服よりも、ユニクロの服の方が着心地がいい場合もあります。高いお金を支払って、ブランドの服を買ってもあなたに合うかどうかはわかりません。もし合わなかったら高いお金を払った行為が無駄になってしまうのです。

 

ブランド力はいったん無視して、そのハウスメーカーがあなたの理想を叶えられるのか?の判断が重要です。

 

 

注意点2:ハウスメーカーには得意不得意がある

 

大手ハウスメーカーに依頼をすれば、確実に理想の家が建つと思ってませんか?

 

ハウスメーカーには得意不得意がある事をしっかり理解しましょう。ヒノキの家を建てたいのに、そのハウスメーカーがヒノキの家に対応してくれるとは限りません。しっかりとそのハウスメーカーの情報を調べて依頼するようにしましょう。調べ方はいろいろありますが、公式サイトにアクセスし調べるのが一番確実だと思います。まさか、公式ホームページに誤った情報が掲載されているわけはないと思うので...(笑)。

 

業者には得意不得意があることを意識するだけで、どの業者に頼めばいいのかが見えてくると思いますよ。

 

注意点3:口コミや評判はあてにし過ぎない

 

インターネット上でハウスメーカー+口コミ、ハウスメーカー+評判などのキーワードで検索すると、実際に対象のハウスメーカーで家を建てたであろう人の意見を見ることができます。それらの情報を参考にすることは非常に重要ですが、あてにしすぎるのは危険です。

 

理由としては2点あります。まず、業者または業者の関連会社がいい評判を自作自演で書き込んでいる場合があるという点です。もう一つが、評価や口コミは人それぞれの主観によるものなので、その情報が本当に正しいとは限らないのです。

 

口コミや評判は、業者選びの一つの材料程度に考えておいたほうがいいでしょうね。

 

注意点4:資料だけで決定しない

 

気になる業者を見つけたら必ず資料を請求しましょう。

 

ただ、資料だけで業者を選ぶことはNGです。資料は基本的にいいことしか書いてありません。しかも、建築費用を伏せていることが多いです。資料以外に、見積もりや間取り計画、資金計画書を請求して、最終的には担当者としっかりあって業者を選びましょう。展示場に足を運んで、雰囲気を見ることも重要です。

 

家づくりにおいて担当営業マンの力量はかなり重要!

 

なぜ、営業マンの力量や、営業マンとの相性にこだわるのかを紹介していきます。きっと営業マンの重要性が伝わると思いますよ。

 

提案の種類が豊富

経験の多い営業マンが担当だと、提案の種類が豊富で、選択肢が多くなります。Aプランだけしか用意できない営業マンと比べてA/B/C/Dプランまで用意できる営業マンの方が、理想の家を建てられる期待度が上がるでしょう。選択肢が多いという事は非常に重要なのです。特に住宅のような高額な買い物をする時には複数の提案をじっくり比較して選ぶことが成功への近道な気がします。

 

値段交渉もしやすい

経験豊富な営業マンの場合、値段の交渉もしやすいでしょう。この費用なら営業マンに入る報酬は〇〇だから、〇〇までは下げれるというボーダーラインが有ります。あとはお客と営業マンの駆け引きで決まりますが、営業マンの力量がないとそうもいきません。上司を説得できず却下されました...と結局最初の金額と変わらないでしょう。営業マンによって、費用が変わるのであればできる限り安い費用で交渉できる営業マンを選びたいですよね。

 

相性が悪いと最悪

営業マンによって育った環境も違えば、価値観や性格もバラバラです。それは人間なので当たり前ですよね。家のプランを考える~家が建って納品されるまでの窓口は基本的には担当の営業マンが行うことになります。つまり、人と人の付き合いが家づくりの間は続くわけです。そのため、営業マンとの相性は非常に重要です。時には趣味の話で盛り上がってもいいですし、悩みを相談したっていいんです。そのくらいの関係になれた方が、ちょっとわがままを言っても、対応してくれるかもしれませんよ。

 

力量がないと損しかしない

繰り返しになる部分もありますが、営業マンに力量がないと損しかしません。費用の交渉、わがままに対する対応力など、担当する営業によって結果が違うという事はよくある話です。できれば、一番最適な費用で、理想の家を手に入れたいですよね?そのためにも、力量のある営業マンを選ぶことが重要です。もし、営業マンに不満があれば、担当の変更を提案してみてはどうでしょう?

 

建築費用で選ぶ場合のポイント

 

新築一戸建ての建築費用と、費用を抑えるコツをご紹介します

 

新築一戸建ての家を建てる場合にはどのくらいの建築費用が発生するかご存知ですか?
不安や気になることを含めてご紹介します。

 

新築一戸建て建築費用の相場は

まず、建築費用は本体工事費と付帯工事費の合計でお考え下さい。念のため説明しておくと「本体工事費」とはその名の通り建物そのものに発生する費用のことです。そして「付帯工事費」は何かというと建物本体以外の全ての工事で発生する費用のことです。具体的に説明すると地盤改良工事、電気・ガス・水道の引き込み工事などがあげられます。

 

で、本題の建築費用の相場はというと....

 

2,500万~4,000万円前後とお考え下さい。この数値は2015年度フラット35利用者調査のデータをもとに算出しました。参考程度にお考え下さいね。また、土地の費用を除きますので、土地がない方はプラスで費用が発生しますのでご注意を。

 

さらにいうと、建てる地域や選ぶハウスメーカー、工務店によって建築費用に大きな差が出るようです。高級な素材で家を建てたい、特殊なデザインの家が欲しいなど、要望によっては上記の相場よりも高くなるでしょうね。

 

相場から考える家づくり

 

建築費用の相場は先述した通り、2,500万~4,000万円前後となっております。
では相場から、あなたがどのようなことを考えながら家づくりを進めるべきかという事をお話ししたいと思います。

 

月々の支払いで生活を圧迫しないか?

せっかく理想の家を手に入れても、支払いが厳しくてかつかつの生活になってしまっては元も子もないです。上記の相場はあくまで建物に発生する費用なので、土地代やその他の諸費用が発生することを考えて資金計画を立てなければいけません。「家づくりには大体これだけの費用が必要で、月々の支払いは大体この位になる」という事を事前に把握する事は本当に重要ですよ。

相場だけで業者を選ぶのは危険

○○というハウスメーカーは相場が安いという情報を鵜?みにして業者を選んでしまうのは危険です。もちろん正しい情報なのかもしれませんが、その業者とあなたの要望がマッチするとは限りません。ハウスメーカーには強み弱みがありますし、業者選びに失敗すると余計な費用が発生したり、イメージと違う家が完成してしまうこともあるのです。

相場は参考程度に

先述の通り相場は依頼する業者や建てる場所によって大きく変わってくるので、参考程度に考えましょう。3,000万円程度の相場って聞いてたけど、実際に見積もりをしてみたら4,000万だったという話はよく聞きます。相場だけで資金計画を立てるのではなく、より正確な金額を知ったうえで判断するか、業者が提案する資金計画書をもとに考えるようにしましょう。

高ければいいという話でもない

お金を出せば広くて高級で、設備が充実した家を建てることができると思いますが、高ければいいという話でもありません。住宅はあなたの生活の一部になります。住み心地が悪かったり、生活しにくい空間の家が建ってしまったら、今後のあなたの生活に影響が出てしまうでしょう。また、先ほど紹介した通り、経済的に生活がきつくなる最悪の事態は避けなければいけません。

土地を持っている場合とランキングから業者を選ぶ場合

土地ありと土地なしでは住宅購入の手順が、また変わってきます。
得意、不得意の業者も正直ありますので、ハウスメーカ―選びも違ってきます。

土地を持っている場合の注文住宅業者の選び方

家を建てるにあたって土地選びも悩みの種ですよね。登記の手間や、土地探しの手間など正直自分で全て行うとなると面倒です。

 

中には、すでに土地を持っていて、あとは住宅に関して悩めばいいだけだという方もいます。先祖が地主だった方は先祖に感謝ですね!土地代が浮く分、建築費や設備にお金をかけれるのも大きいですね。一生の買い物である以上、凝りたいですもんね。

 

土地を購入しなくていい分、費用面でかなり安価に済ませることができます。
トイレやキッチンにお金を使えます!

 

土地有りの場合どうすればいい?

 

土地があり、なしで基本的には業者の選び方は変わりません。土地がない分、ちょっとリッチな業者に依頼できるくらいですかね(笑)。土地有りの場合はしっかりと業者にその旨を伝えることを忘れずに!

 

注文住宅業者は土地探しを行ってくれる業者も多いです。土地有りとしっかり伝えないと、土地代金をのせた見積書が出来上がってしまって、時間のロスにもなってしまいまう可能性もあります。問い合わせの段階で備考欄に記載するなど業者に事前に伝えましょうね。

 

選び方というよりも、土地有りの場合の流れを紹介しておきますね。

 

 

 

問合せの段階で土地が有る事を伝える

電話なのか、WEBからなのかは人それぞれだと思いますが、業者に土地があることをしっかりと伝えましょう。電話の場合は必ず口頭で、WEBの場合は備考欄に「土地有り」と記載をするようにしましょう。そうすることで、土地探し込の見積もりが上がる心配もなくなりますし、話もスムーズに進むと思います。

 

土地有りの場合の見積書や計画書が届く

これは業者によりますが、「土地あり」をしっかり伝えていれば、資料+土地有りの場合の見積書、資金計画書、間取りプランが届きます。資料だけではなく、電話や直接会って話す機会もあると思います。それは業者のやり方によってさまざまです。

 

業者を徹底的に比較する

最低10社以上から資料請求をしましょう。判断材料は多ければ多いほどいいです。
資料+土地有りの場合の見積書、資金計画書、間取りプランは業者によって大きな差が出ると思います。特に費用の差は浮き彫りになります。同じ条件でも200万円近く差が出る場合もあるので、複数業者の比較は絶対にやったほうがいいでしょう。

 

展示場や直接話してみる

業者の比較をして、2~3社に絞り込んだら、実際に担当者と会ってお話しすることをお勧めします。担当者の腕や人柄も重要だからです。いい加減な担当者にあたってしまうと、いい加減な家しか建ちません。やり取りも頻繁になるので、性格の相性なども非常に重要です。
展示場で家の雰囲気を感じることも重要です。パンフレットの写真だけで判断すると「イメージと違っていた」などの問題が起こる可能性もあるからです。

 

注文住宅業者をランキングだけの理由で選んではいけない理由

注文住宅業者選びでランキングサイトを元に業者を選ぶ方が多いようです。この方法は間違っていませんが、ランキング上位だからという理由だけで業者を選びをすることは危険かもしれません。
ランキング上位=素晴らしい業者とは限らないからです。
お金を払って上位表示している可能性もあるので、ご注意を...。

 

ランキングだけで選んではいけない3つの理由

もう一度お伝えしておきますが、ランキングサイトがNGということを言っているわけではなく、ランキングだけをあてにすると危険という事を忘れずに。その理由を以下に紹介します。

 

ランキング上位=あなたの理想が叶うわけではない

ラインキング上位だから確実にいい業者とは限りません。よく女の子とお酒が飲めるお店で上位指名したけど微妙だったという話を聞きますが、注文住宅業者選びでも同じことが言えると思います。
大手のランキングサイトで上位表示されているという事は、実績もあって、評判もいい業者なのかもしれません。しかし、あなたの好みに合った家を建てられるのかは不明なのです。業者には得意不得意がありますし、建てる家のデザインも業者ごとでバラバラなのです。
ランキング1位の業者なら何でもOKというわけではありませんので、あなたの要望を形にできそうな業者を選ぶことが重要です。

 

曖昧なランキングサイトが多い

大手が運営しているランキングサイトのように○○人にアンケートした結果などと、ある程度信憑性があればいいのですが、個人の比較サイトのランキングなどはランキング基準が曖昧な場合が多いです。
ランキングの根拠となる資料がないランキングは個人の主観や広告費目当てで作られている可能性もあるので、注意が必要です。個人の意見や体験談を参考にする事は大切なことですが、その情報が正しい情報なのかの見極めもしっかりしましょう。

 

お金を支払って上位表示されている可能性も

広告費を積んだ業者がランキング上位に表示されている場合もあります。運営元もお金が欲しいですからね。運営元が大手であってもそのような手法をとっている場合があるので、注意が必要です。どんな根拠で上位に表示されているのかをしっかりと見極めましょう。

 

大手が運営しているランキングサイトだから安心だ!という容易な考えはやめましょう。

 

 

ランキングは参考程度に考えよう!

ランキング上位だからという安心感はありますが、何度もお伝えしている通り、ランキングだけで業者を選んではいけません。ランキングは業者選びの一つの材料程度に考えましょう。

 

では、何を重視すべきかというお話ですが、

 

  • あなたの要望を叶えられるのか?
  • あなた好みのデザインの家を建てれるのか?
  • 予算オーバーにならない業者なのか?

 

など、あなたの家づくりを成功に導いてくれる業者なのかを重点的にみましょう。

工務店で注文住宅を建てる場合のメリットはこんなにある

地元などの「工務店」で家を新築する場合、どんなメリットがあるのでしょうか?この記事では工務店のメリットを中心にお話しします。

そもそも「工務店」って何?

もう少し詳しく説明すると工務店とは、複数の専門工事業者をマネジメントし、工事全体を管理する事によって、総合的な工事を請け負う業者の事を指します。代表的な工務店は以下のような業者があげられます。

  • 木下工務店
  • 一条工務店
  • 穴吹工務店
  • スターディ・スタイル
  • Regard(リガード)

日本古来からの建築方法で言うと、木工職人である大工の親方(棟梁)が、設計から左官さんなどの職人を監督しつつ、住宅建築の全てを仕切ってきました。この大工の棟梁が発展した形がいまで言う「工務店」なのです。

 

しかし時代の移り変わりによって、伝統的な棟梁のいるシステムから以下のような形にそれぞれ移り変わりつつあります。

棟梁タイプ

職人である棟梁が全てを監督する

デザイン重視タイプ

社内に設計士を抱えたり、社外にある設計事務所と提携し、
デザインによって他社との差別化を図っている

施工専門タイプ

外部の設計士の施工だけを行ない、設計は行なわない

フランチャイズタイプ

ハウスメーカーの下請けや特定工法のフランチャイズ業務が中心

ハウスメーカータイプ

特定の決まった建材や設備などを使った住宅を商品化したり、シリーズ化しているもの

デベロッパータイプ

自社であらかじめ土地を購入した上で、建売の住宅を販売するもの

 

などがあります。伝統的な棟梁が職人を率いて総監督を行なうタイプのみだったものが、時代の流れに沿って多岐に分かれてきています。

工務店で家を建てるメリットって何だろう?

以上のように、タイプは多岐に分かれてきているとはいえ、「工務店」で新築の家を建てると言えば、設計と施工の両方を依頼するというのが一般的なものになります。

 

施工会社は、サブコン・ゼネコンと呼ばれる事があるので参考にして下さい。では、そのような会社で家を建てるメリットとはどんなものなのでしょうか。

建築の価格を抑えられる

まず第一に挙げられるのは、建築の価格を抑えられるという事です。工務店は、管理コストの安い小規模な企業が多いため、ほぼ原価に近い価格で建てられるからです。ハウスメーカーのように仕様に制限が無いため、都市部の狭小な土地や、複雑で変形した土地などでも住宅を安く建築する事が可能です。

 

お風呂や台所や洗面所やトイレなどの水廻りなどの設備メーカーとの独自の仕入れルートを持っている場合があり、格安でそれらの設備を調達する事が可能です。もちろん、水廻り関係の設備だけではなく、窓枠やシャッターや雨どいなど他の設備についても同じような事が言えます。

 

また、小規模な業者では管理費用や広告費などをあまりかけていないので、それらの費用が建築費に反映される大手の住宅メーカーよりも費用を削減できます。

自由度の高い家づくり

また、ハウスメーカーと違って、法令や予算以外の制約は一切有りませんので、より自由度の高い家づくりが実現できるでしょう。

 

伝統的な棟梁制度の考えを引き継いでいる会社であれば、「職人のプライド」という考えがまだ脈々と引き継がれています。

 

職人の、ひいては会社としてのプライドにかけて、品質のいい住宅を提供するという心意気のある会社も少なくはありません。良い工務店を見つけて、価格を抑えたいい家を建てるという方法も、ひとつの手段です。

品質面のメリット

工務店は、品質面においてもメリットとなる場合が多くあります。特に地元に密着した業者などでは、欠陥住宅を出し地元の評判を落としてしまえば、会社の存続に関わります。

 

これは、大手の業者においても同じことが言えます。その為、欠陥住宅を出さないように、現場の管理監視が行われる場合が多くなっています。それにより品質の良い家が提供される可能性が高まります。

住宅を建てた後の保証が充実

住宅を建てた後の保証が充実している場合が多いということもメリットとしてあります。業者側は、竣工後10年間の瑕疵責任を負うことが義務付けられています。その為、特に竣工後10年間の間に、建物に問題が発生する場合は、瑕疵責任で保証をしてもらえる場合が多くなっています。

 

業者によっては独自に20年間瑕疵責任を保証するなどのサービスを行っている場合もあるため、業者を選ぶ際にその点も考慮して選ぶことも重要になります。

 

特に一戸建てについては、購入後の使用期間が長く、建築当初の問題が後々発生する可能性も高くなります。その為、保証が充実しているかということは購入時に重要なポイントとなってきます。

 

 

ローンを組む際のメリット

ローンを組む際にメリットとなることもあります。工務店では、銀行と連携し住宅ローンを斡旋および組む手続きなどを行ってくれる業者が多くなっています。

 

ハウスメーカーではこの点において弱い場合が多く、斡旋手数料などが必要な場合も多くあります。住宅を購入する際には、ローンを組むことは欠かせないため、その手続きをスムーズに行ってもらえるということが、大きなメリットなります。

 

但し住宅ローンでは、業者と銀行の関係よりは、ローンを組む人の安定収入があるかや定職についているかなどを含めた信用面を重視され、審査が行われるため、ローンを組む人側の信用度の方が重要になり、業者を通せば必ず組めるというものでもなくなってきています。

 

工務店で建てられるローコスト住宅

 

住宅を坪単価20万円台からのローコスト住宅を提供する工務店は全国各地にあり、大人気の家として、高品質・安全・低価格を追求しています。
時代に乗った理想形の家として、次世代省エネ仕様も標準装備されています。

 

ローコスト住宅は、時代に必要な仕様・設備をつねに採り入れ進化するベストセラー商品です。
自由設計の注文住宅も可能で、家族みんなの思いを形にできる住宅で、豪華設備が標準装備してあります。

 

また、太陽光発電を標準装備されている工務店もあり、エコで環境に優しい生活が約束されています。
太陽光発電を軸にオール電化・次世代省エネ仕様を効果的に活用した、経済的な暮らしを実現します。
オール電化と合わせて年間の光熱費を節約し、お財布に優しい住宅としてローコスト住宅は大好評です。

 

ローコスト住宅と省エネの費用削減

 

各工務店は安全、安心、快適を超えた価格、デザイン、エコ、健康など、様々な分野でやさしい住宅を提案しています。

 

太陽の光エネルギーを直接的に電気に変換する発電設備などもあり、つくった電気はご家庭で使用し、余った電力は電力会社が買い取ってくれる設備も搭載された住宅もあります。

 

環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムで、効率の良い電気の活用と、各電力会社にあるお得な電気料金メニューでローコスト住宅は大幅な節約が可能になりました。

 

こんな大変な時代だからマイホームだけに多額の投資は止めよう、と思う方は少なくはありません。
小さくても新築には住みたいという思いはあります。
しかし、いくら立派で豪華な家を建てても結局ローンに苦しめられると思うと、それで本当に幸せな家庭が続くのか悩みます。

 

ローコスト住宅はおいくらほどに?気になる坪単価

 

ローコストの住宅の価格は一般に坪単価20万~40万円台、広さ30坪程度(約100平方メートル)を、1000万円台で建てられる住宅商品が主流です。
これに対しハウスメーカーの家は、坪単価が70万~80万円台になります。

 

自社のプレカット工場を持ったり、共同仕入れによるコストカットもあるので余分な人件費の無駄を省き実現した住宅です。
設計、施工のシステムを合理化したり、プランやデザインを限定した規格型住宅にしたりなど配慮され、このような低価格の住宅が誕生しました。

 

設備は最新のものが多く、これからの時代を担う住宅としてトレンドで夢の住宅が完成しました。
これから新築住宅を検討されている方は、エコで優しい未来の住宅としてこのローコストの住宅を選ぶ方が増えてきています。

 

大規模な業者で家を建てるメリット

大規模の業者では、その経営の安定性がメリットとなることがあります。家を建ててから困ったことが発生した場合に、建ててもらった業者が廃業してしまっているとアフターフォローを受けられなくなる可能性があります。
その為、比較的経営が安定していることが多い大規模な業者では、その心配を軽減することができます。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.