建築予定地周辺に危険な場所がないか確認する

ハウスメーカーの安全、防犯性

家を建てる予定地周囲の環境に危険な場所がないかを確認する

投稿日:

注文住宅についてあれこれ考える際には、敷地のある場所もよく検討されることと思います。

家から駅やスーパー、学校までの距離、医療機関の数など、利便性を考慮に入れるのはもちろん、
会社までの通勤時間も重要なポイントになります。

しかし、敷地の検討時に意外とおろそかにされてしまうのが、敷地の周辺環境です。

環境といっても、緑が多いとか閑静であるといったことだけではなく、
近くに交通量の多い大きな道路はあるか、急な斜面や崖はないか、
大きな川はないかなど、事故や天災と直接結びつきそうな場所のことです。

その場所に長年住んでいる方ならではの土地勘が必要なチェック事項は、
その場所に何度も通ったり、周囲を歩き回ったりしないとなかなか把握できないものです。

もし、周辺の環境をあまり確認しないまま建物の着工をされた方や竣工間近の方でも
これから確認して注意すれば良いのです。

それでは、周囲の環境でどんなところに注意すれば良いのかを見てみましょう。

敷地の陽当たりや風通しは20~30年後も確保されるかどうかを考える

この先も日当たりが確保される場所なのか確認する

陽当たりの良さや風通しの良さは、その敷地を購入するための十分な理由になります。

敷地の南や東側に面する土地が大きく開けていたりすれば、
良い陽当たりや風通しが期待できるでしょう

しかし、敷地に面した土地が広いのにも関わらず、何年も空き地になったままだったり、
広い駐車場や畑になっていたりした場合には、注意が必要かもしれません。

なぜなら、将来的にその土地にマンションなどの大規模な建築物が建つ可能性があるからです。

そうなると、空き地や駐車場だった頃の陽当たりと風通しの良さはほとんど期待できないでしょう。

隣接する土地の用途地域が低層居住専用地域ならまだしも、
近隣商業地域や中高層住居専用地域であったりすると、
建物が建たない可能性のほうが低い
と言えます。

もし、今の敷地の横に最初からマンションが建っていたら、敷地を購入したかどうかを考えてみると、
そのリスクのほどがわかると思います。

隣家との距離は火災時の延焼のしやすさとも関連する

陽当たりや風通しと同様に、隣の敷地との関係で重要になるのが隣家との距離です。

私がハウスメーカーの元営業マンだった頃は、神奈川県の湘南地区や東京都の世田谷区などをはじめ、
住宅の密集した地域を担当することがほとんどでした。

ときどき東京の新宿区や渋谷区の住宅を担当することもありましたが、
こういった地域では、隣家との間にほとんど空きがありません。

こういう状況で一番恐ろしいのが火災になったときの延焼です。

建物同士の間が十分に空いていれば延焼の対策をいくつか考えることはできるものの、
空きがほとんどないとなると、建物の外壁に耐火性能の高い製品を使うぐらいしか対策はありません

周辺を通る道路と敷地の位置関係を把握する

自動車をお持ちの方は、敷地内にガレージを作ることを考えていらっしゃるでしょうから、
当然近くにどんな道路が通っているかが気になると思います。

当然敷地から幹線道路までの距離が近いほど便利になります。

ただし、敷地のすぐ横に大きな道路が通っている場合は、道路に出たとたんに交通事故にあったり、
運転を誤った車が家の敷地に突っ込んできたりする危険性があることも考慮に入れておきましょう。

特に交差点近くにある家や、カーブの外側にある家などは注意が必要です。

さらに、交通量の多い道路がそばにある場合は、
騒音と排気ガスが生活に悪影響を及ぼす可能性もあります。

敷地の近くに大きな川や用水などがある場合は雨の日に確認を

家の近くに大きな川や用水路はないか確認する

近年は温暖化の影響か、短い時間にいきなり大量の雨が降るゲリラ豪雨も珍しくなくなってきました。

このため、大量の雨が流れ込んで起こる川の氾濫、土地の低い場所への浸水、
道路のアンダーパスへの冠水など、被害も年々大きくなっています。

しかし、雨はどこにでも降りますから避けようがありません。

大雨が降ったときにお住まいの敷地にどんな影響が出るのかを把握しておくことは、
財産と生命を守るうえで大事です。

自治体が発表しているハザードマップを見て、
あらかじめ敷地への影響を確認しておくほか、
敷地の購入前なら雨の日に実際にその場所を訪れて、
ご自分の目で雨水がどう流れるかどこに溜まるか
水はけは良いのかどうかなどを確認されると良いでしょう

昔から水にゆかりのある土地には、地名に池、沼、川、沢など、水に関係する漢字が使われています。

こういったことも頼りに、購入を考えている敷地について調べてみましょう。

敷地の近くに崖崩れや地滑りの恐れがある場所はないかどうか

山に隣接した土地や近くに崖があるような場所は、その山や崖が崩れてこないかが心配になるはずです。

地震はもとより、大雨で山や崖の地盤が緩むと、
山肌ごと地滑りを起して、その下にある家に甚大な被害を及ぼします。

その周辺の地盤を調べてから土地を購入されるのが一番ですが、
少しでも不安を感じるなら購入を控えたほうが良いでしょう。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカーの安全、防犯性

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.