注文住宅

2世帯住宅に対する考え方「二世帯を分けるのは縦か横か」

投稿日:

この記事を読んでいる方は、1世帯住宅と2世帯住宅のどちらを希望されているでしょうか?

私が営業マンを始めたころは、今ほど2世帯住宅はありませんでしたし、
世間的にも注目されていませんでした。
ところが最近、特に都心部の住宅地では2世帯住宅が年々増えていると感じています。

ここでは、2世帯住宅を建てる際のポイントについてお伝えしましょう。

二世帯住宅の間取りを決める3ステップ

二世帯住宅分け目は縦か横か
二世帯住宅の間取りを決める時は、どんなポイントに注意したらよいのでしょうか?
住んでから気づくのでは遅い、意外と見落としがちなポイント」も把握しておきましょう。

1)生活のコンセプトを決める

生活のコンセプトを決めることは、二世帯住宅で快適に暮らすために大変重要なポイントです。

「毎日顔を合わせられるように食事は一緒にとる」
「完全分離でお互いのプライベートに干渉しない生活」

など、世帯間の交流方法や、
生活リズムの違いを考慮したルールづくりのために、
大まかなコンセプトを持ちましょう。

コンセプトを決めてから、細かいルール作りをすると、
指標に向かってどんな生活をすべきかイメージしやすくなります
また、踏み込んだルールも決めやすくなるのです。

2)同居の形態を決める

前述のように2世帯住宅といっても、

家の縦と横のどちらで世帯を割るか階段を内と外のどちらにするか

間取りの位置をどうするかなど、考慮する点は多岐にわたります。

ご自分の同居スタイルがどのタイプなのかを把握していただくために、

同居の種類をご紹介しておきましょう。

同居には完全分離型部分共用型完全同居型の3つがあります。

これらは、お風呂や洗面所、玄関などを含め、
部屋をすべて世帯ごとに分離するのか、あるいは部分的に共用するのか、
または日常的に顔を合わせられる場所を作るかどうかで分かれてきます。

後々のトラブルのもとにもならないよう、

建築費用の負担割合についてもあらかじめよく話し合っておくことが大事です。

さらに水道、電気、ガス代など、生活が始まった後の光熱費についても、
どう支払うかを明確にしておいたほうが良いでしょう。

3)家族間での気遣いを大切に

親子でもお互いに気遣いを

同居の場合は、多くの場合娘、息子のどちらかが両親と血の繋がった関係にあるわけですから、
全くの他人ではありません。

とはいえ、「同じ家に2つの家族が暮らしている」と考えて、
お互いの家族に対して気遣うことは大切です。

家づくりにおける距離感は、
親子と家族では違うことを理解しておきましょう。

大手メーカー営業マン時代のエピソード

これは東京都大田区久我原にお住まいのお客様を担当したときのエピソードです。

私の失敗談ともいえるお恥ずかしい内容ですけれど、あえてご紹介します。

お客様からのご相談は、
息子さんが結婚を機に久我原のご両親の家に同居するので、
建物の建て替えを検討しているという内容でした。

建物は80坪の敷地にある2階建てで、
2世帯住宅への変更は何ら問題がありません。

お客様は家族内で2世帯住宅のコンセプトを練り上げ、
建築プランを見せてくださいました。

それは世帯を家のフロアで分けて、
1階にご両親、2階に若夫婦が住み、
それぞれの暮らしにあった間取りにする
というものでした。

若夫婦は広いリビングと小さな個室のオープンルームで廊下のない間取り、
ご両親は昔ながらの和室を中心とした落ち着きのある間取りを希望されました。

また、世帯を完全に分けるため、外階段にしてほしいとの要望もありました。

ご家族が納得したプランどおりに家を建て替えてから1年後、
久しぶりにお宅を訪問した際、
1階に住むご両親からこんなことを言われました。

「2階とは生活のリズムが違うので、夜になると生活の音が気になって仕方がないのです」

つまり、2階のリビングがちょうど1階の寝室の真上だったために、
下で寝ているときに若夫婦の歩く音が聞こえるというわけです。

一方、2階の若夫婦は奥様が旦那様の家に入ったことに加えて、
旦那様の帰宅が夜遅いこともあり、
夜は音を立てないよう人一倍気を使って暮らしているとのことでした。

ご家族のなかで十分話し合ったプランとはいえ、
世帯を縦で割るメゾネットタイプの家にしておけば

この問題も発生しなかったかと思うと、そのご提案ができなかったことを後悔しています。

このときにわかったのは、2世帯住宅はお互いの生活リズムを把握し、
それぞれがどんな生活のコンセプトにしたいか

を理解することが大事ということです。

それを踏まえて家の縦・横のどちらで世帯を分けるか、
また水回りの場所をどこにするかなど、
さまざまな点を考慮する必要があります。

PR

タウンライフ家づくり




絶対知っておくべき住宅会社の選び方


家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。
でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」

というギャップを感じた人は大変多いそうです。
適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか?

いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、
夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。
ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法


  • 住宅展示場へ行く

  • ネットの情報をもとに問い合わせをする

  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する

  • ネットで資料請求する


どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く

メリット
・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる
・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる

デメリット
・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ
・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い
・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される

検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする


メリット
・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる
デメリット
・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある)
・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難

ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く


メリット
・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる
デメリット
・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも
・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった

大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。
担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。

住宅情報の雑誌を見て資料請求する

メリット
・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる
デメリット
・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。

ネットで資料請求する

メリット
・自宅で簡単に請求ができる
・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる)

デメリット
・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある

最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法

自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。
それは
資料を一括請求すること

一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。

しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。

タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。
タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。

細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由



  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ

  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない

  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない
(※検証・ネット口コミ・評判による情報)

  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する

  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる

  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる


他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。

何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で
他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。

※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要
よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます

大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。

厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照


タウンライフが信頼できる証証拠


ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。

注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。
↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓




すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-注文住宅

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2019 All Rights Reserved.