ハウスメーカーの間取りとデザイン

間取りの考え方特集

投稿日:

もくじ

リビングや居間を広く見せるコツとおすすめの間取りプランはこれ

リビングを広く見せたいという要望は結構多いみたいですよ。リビングが広いだけで、なんだか豪邸に住んでいるような気分になりますよね。

 

この記事では、リビングを広く見せたい方にリビングを広く見せるコツを教えちゃいます。

リビングはどうすれば広く見えるの?

答えは簡単です。

 

視覚的効果によって広く感じさせる事です。同じ面積でも、間取りやインテリアによって、広く見える家と狭く見える家とがあります。もちろん、出来れば広く見える間取りにしたいものです。とくに家族が居る時間がいちばん長くなるであろうリビングはなおさら広く見せたい部分ですよね。

 

金銭的な問題で広い土地は買えない方や、間取りの関係でリビングを削ったという方もいると思いますが、戦術の通り視覚的効果を利用することで、広く見せるということでしたら建築後でも可能です。

 

具体的に何をするのか?というと...

  • 作りつけの収納を多くしてものを外に出さないようにする
  • 家具も出来るだけ低いものにする
  • 家具の高さを揃えて統一感を持たせる

等、家具や収納の工夫が重要です。

リビングを広く見せる3つのコツ

白や淡い色使いを基調に

広く見せる効果として挙げられるものに、色による視覚的効果があります。インテリアを白や淡い色などの膨張色に統一してみましょう。それと同様に、部屋の床・壁・天井の順でだんだんと淡い色合いにしていくという方法もあります。

 

確かに天井の色が濃い色だと圧迫感がありますし、部屋が狭く見えてしまいます。逆に白などの膨張色だと天井に広がりが感じられるようになります。

天井を高くする

また、天井が高いと広く見えます。

 

吹き抜けは、その分部屋数が少なくなってしまうというのが難点ですが、視界が上にも広がるため、広く見せる効果は絶大です。

 

リビング内の階段部分や窓ぎわの部分だけを吹き抜けにするという間取りにしてみるのも良いですね。玄関や廊下の天井高は普通でも、リビングが吹き抜けになっていると、そのギャップでより広さを感じる効果があります。

窓は大きく

また、大きな窓をつくってその先に広いテラスを作り、まるでテラスが部屋の延長線上にあるような錯覚を起こさせる事も効果的です。鬱蒼とした圧迫感のある木々は避け、目隠し程度の樹を数本植えたら、遠くの景色や空が見えるようにすると、奥行きが生まれます。

リビングが広い間取りプランが欲しいという方に

リビングが広い間取りはここ最近大人気で、どのハウスメーカーもリビングが広い開放的な家を売りにしている気がします。つまり、どのハウスメーカーに頼んでもリビングや居間が広い家を実現できるでしょう。

 

そこで重要になってくるのが価格の問題です。先ほど、どのハウスメーカーでもリビングの広い家は実現可能と伝えましたが、値段に大きな差が出る場合があります。つまり、あなたが家を建てて損するか、得するかは業者選びにかかっているということなのです。

 

ブランド名や広告をたまたま見たという理由で業者を選んでしまうと後悔する可能性も大いにあるので、業者選びには慎重になりましょう。

家族を基準にした注文住宅の間取り

現状から設計を考えるのではなく、将来、家族がどうなっているのかを考えながらプランニングすることをおすすめいたします。

家族を基準に考える注文住宅の間取り

これから家を建てようかとお考えの方はたくさんいらっしゃると思います。どのような家を建てるかは、もうお決まりでしょうか。
まだ決まっていないのであれば、間取りが自由に設計出来る注文住宅にすることをお勧めします。
自由に設計できるといっても、ある程度、注文住宅における家の内部の設計デザインの基本を知っていると全然違います。
せっかく家を建てるのですから、自分達の理想の家にしてはどうでしょうか。
注文住宅であれば、間取りを自由に考えることが出来ますので、家族の形態や施主さんのご希望に沿った家を建てる事が出来ます。
家は一生に一度の大きな買い物です。一生に一度のものだからこそ、間取りにこだわった注文住宅にすることをお勧めします。

 

せっかくの新築の一戸建てが自分達には住みにくいとなってしまっては、勿体ないです。
家は家族がリラックスして過ごす場所です。住みにくい、使いづらいとなってしまっては住んでいてもストレスが溜まるだけです。
家は一日の疲れを癒やし、家族でくつろぎ、明日への活力を養う場所でもあります。
それができる、家族に合った間取りを作ることができるのが、注文住宅です。

 

注文住宅だからと言って、自由過ぎる間取りにすることはお勧め出来ません。
広いリビングにしたい、書斎が欲しい等、様々な希望があるかと思います。
しかし、実際に住む事を考えれば、現在の家族構成や将来的なことも考えに入れなければなりません。
今すぐには困らなくても、将来は家族が増えたり、または親の介護をすることになるかもしれません。
間取りはそのようなことも頭に入れながら考える必要があります。

 

新築の家を建てることは希望に満ちていて楽しいことですが、様々な方向から考えることが大切です。
例えば、今は子供が小さくて、子供用の部屋は必要なくても、将来的には必ず必要になってくるでしょう。
今は他の用途に使って、将来は子供部屋にしようなどと柔軟に考えていく必要があります。
また、子供が増えた場合のことを考え、一つの部屋を二つに分けることが出来るようにしておく、など設計段階で話し合っておくことも大切です。
夢のマイホームなのですから、住みやすい家にすることを柔軟な発想で考えることが重要です。

 

 

子供参加型の間取り

子供が少しずつ大きくなってくるので家の購入を考えますが、家の購入の時になると子供の事を考えた住宅作りをしているかといえば、どうしてもお母さんの意見が先に通ってしまうことも起きてきます。
せっかく注文住宅で家を建てるなら、子供参加型の間取りを考えてみると良いかもしれません。

 

子供目線で導線を考えるとまた違うものになるかもしれません。
帰ってきて手洗いやうがいの習慣をつける為にも、間取りで洗面所という場所をどこにするかは大事です。
また、親の料理や片付けをしている姿をみせられるキッチンというのも子供が自分から参加したくなる間取りです。
そのように考えるとキッチンの幅もある程度とっておきたい所です。
また、ある程度子供が大きくなってから、いつのまにか知らない間に自分の部屋にいたということがない方が良いので、リビングから見える所に階段を考えたいものです。

 

親子のコミュニケーションの取りやすい家は、親子の会話を自然と増やします。
ある工務店では階段の幅を広くとってベンチのようにして子供がつい座っておしゃべりをしたくなる作りにしたということもあるようです。
キッチンにいる母親に話かけながら本を読んだりテレビをみたり、そのような場所を意識的に作ってあげることも大切な事なのかもしれません。
家を建てるなら是非、子供と自然と会話が増えるような工夫をしてみたいものです。

 

 

プロからのアドバス

注文住宅は、家を建てる際に自分の好きなように間取りを決めることができる点が最大のメリットです。
しかし完全に自分の意見を通すことができるかと言えば、そうでもありません。
ハウスメーカーからのダメ出しや提案も多く出されるからです。
ハウスメーカーは住宅作りのプロですから、より快適に生活できるようアドバイスをしてくれます。その中でも特に多いのが、水まわりや廊下についてのアドバイスです。

 

具体的には、たとえば水まわりはできるだけそれぞれが近くにある方がいい、廊下は少ない方がいい、などというものです。
キッチンや風呂場やトイレなどの水まわりが比較的近くにあると、家事をする際に移動距離が少なくてすむため、とても便利なのです。
逆に水まわりが家の四方八方に散らばっていると、家事がスムーズに進みづらくなります。
そして廊下は、あればあるほど部屋に使う面積が少なくなってしまいます。廊下を作らずに部屋と部屋とを隣接させれば、その分部屋に使える面積が増えるのです。
また、間取りの中に廊下を多く入れると、その分予算も増加します。
廊下は部屋を作るのと同じくらいの予算がかかりますので、廊下が少ない方が安く家を建てることができるのです。
ハウスメーカーは、そういったことを考慮してアドバイスをしてくれます。

 

せっかくの注文住宅ですから自分のアイデアのみで間取りを決めたいという人も多くいるのですが、長年暮らすことになる家です、好みだけで決めるのではなく、過ごしやすさを重視したハウスメーカーの意見も受け入れて家を建てることをおすすめします。
もうひとつ、注文住宅を建てる際におすすめしたいことが、風通しを考えることです。
各部屋の入り口や窓が、風が吹き抜けるように一直線に作られていると、家の中の風通しが良くなります。
風通しが良いと湿気がこもることなく、エアコンをつけずとも涼しいので省エネになるのです。

考えると深い間取りについて

一言に間取りと言っても、部屋のことだけではありません。
コンセントの位置なども検討していく必要があります。

家を建てるときの間取りについてのポイント

大きく分けて視覚で考える部分と隠れる部分とで大きく分かれます。視覚で考える部分については、「ゾーニング」「広さ」があります。「ゾーニング」は間取りの分け方として、どこに何をどの方角に配置するのかといったことで3つの要素があります。リビングルームのように家族全員が集まったりするパブリックスペース、個人の部屋として利用するプライベートスペース、食事等を提供したりするサービススペースがあります。「広さ」は文字通り空間としての広さですが、窓の広さも考慮に入れます。たとえば居間を例にとってみますと、居間は集まって食事をしたりくつろいだりする場所ですので、北側で日陰の場所で窓も小さいと暗い雰囲気になってきます。また日差しの良いときには、外の空気を入れかえたりすることも難しくなってきますので、計画を立てる際には気をつけます。

 

 

隠れてしまう部分につきましては、「配線」「配管」があります。「配線」は電気の配線やコンセントの位置ですが、建築前に良く考えないと後で修正が難しくなります。たとえば台所は最も電気を使用する部屋のひとつであります。電子レンジや炊飯器など多くの電気機器を使用しますので、ひとつしかコンセントが無いと、家事がうまく機能しません。「配管」は水の通る管であり、水回りといわれる台所・洗面所・浴室・洗濯機などに通る管です。出来る限り互いに近い位置にあるほうが配管の長さも短くて済みますし、給湯器の湯が効率よく分配されます。配管が寝室の下を通ると水の音で寝づらい状況にもなりますので、水周りには位置関係も気をつけます。家を建てる前の段階から様々な角度から考えていかなければならない箇所がたくさんありますが。後から間取りの不具合に気づいた場合、内装からやり直しということになる可能性を含んでおります。普段の行動を考慮して、間取りを考えて家を建てるということも大事になってきます

 

 

間取りプランの例

 

実際に一戸建てを建てる際には、検討する事が数多くあります。例えば通勤や生活に便利な土地を選んだり、評判の良い学区を選んだり、建築メーカーを選んだりする作業などです。その中でも特に大切なのが、家の間取りを決めることです。間取りが自分たち家族に合ったものでないと、たとえ家が便利な場所に建っていても、使いづらくてストレスのたまる家になってしまいます。一戸建ては一生に一度の買い物という人が多いですから、内部の設計はぜひ慎重にじっくりと考えたいものです。家族の形態によって最適な家は異なります。例えば、子どもたちそれぞれに個室を持たせる、家族全員が集まるリビングを作る、夫婦それぞれの趣味の部屋を作る、一人暮らしの親を引き取って同居する、コレクションを飾るスペースを作るなどです。自分達の希望するタイプの家はどんなものなのか、家族みんなで話し合っておくことが大切です。

 

 

とはいっても、専門知識を持たない人が、家の中の細かい所まで決めるのは大変です。間取りの設計は、設計事務所等に全て任せることも可能ですが、部屋の数など大雑把な希望は出すことができても、細かいところは設計事務所任せになってしまうことが多いです。その結果、一応満足だけどなんとなく使いにくい家になったということもあります。それを防ぐためにおすすめなのが、プランの例をインターネットで検索しておくことです。最近では、多くの会社がプランの例を出していますし、検索の方法も便利になっています。例えば土地の坪数や玄関の向き、二世帯や三階建てなど大雑把な作りを指定すると、その条件に合ったプランを表示してくれます。それぞれには、特長の説明が記載されています。たくさんプランを見ていくうちに、自分たちの家もこういう間取りにしたいという間取りの希望がはっきりしてきます。その上でプランを選んだり、設計事務所に希望を話して設計してもらえば、好みの一戸建てを建てることができます。

 

 

成功事例だけを集めても成功するとは限らない

また、間取りを考える場合には成功例はもちろんですが、その反対についても情報を得ておくと良いものです。住宅は建ててしまってからでは、やり直しをするのに大変な手間や費用を要します。日当たりや風通し、家事動線、内装、設備全てにおいて十分すぎるくらいの検討が必要です。また、最初から全て決めてしまわずに後々の家族構成の変化にも対応できるようなプランにする方法もあります。初期費用も抑えられるというメリットもあります。子供部屋の代表的な例では、子供が小さいうちは一人で部屋にこもることもありませんし、むしろ兄弟や友達と年齢に関係なくわいわいと走り回って遊べるような広いスペースを喜ぶものです。窓と出入り口を設けたら、あとあと仕切る方法もあります。また、子供がいないのであれば、最初は2階を設けずに後から床を張るというプランもあります。実に多様なプランがありますので、柔軟に考えて自分達の生活に最もあった方法を選びましょう。

注文住宅の間取りと重視する優先度

家庭によって家つくりの優先度は変わってきます。

お客様と一緒に家を作っていくというスタンスの注文住宅

注文住宅というのは、お客様と一緒に家を作っていくというスタンスの家づくりで間取りやキッチンのデザイン、床や壁の色合いや素材なども全て建築業者と相談して家を建てることが多いです。
こうした建築方法は主に工務店という業者が行ってくれるものであり、依頼をして様々な相談をしながら家を建てるものです。

 

注文住宅は今では人気のある建築方法で、様々な個人的な要望を叶えることができる為に多少お金がかかっても利用する人が増えています。
家づくりにおいて間取りは特に重要になり、家族の部屋の広さなどを効果的に選ぶこともでき、子供部屋をしっかりと確保することもできるので非常に便利で済みやすい家になります。
こうした家づくりは特に便利に利用できるのでかなり安心して家を建てることができます。
メーカーが売っているような建物では作られたものの中に住むことになりますが、注文住宅は自分で作ったものの中に住むことになり、その過ごしやすさがかなり変わってきます。

 

家の間取りを考える時には、その家に住むことになる人の数や求めている生活を考える必要があります。
こうした部屋の広さやダイニング・リビングの広さは生活においてとても重要で、時には廊下の広さもとても重要になってきます。
近年はバリアフリーを家の中に施すこともあり、様々な工夫ができるような注文住宅は特に良い建築方法となっています。
例えば、4人家族であれば最低でも個人の部屋は4つ必要になります。
それに加えてダイニングとキッチンが必要で、更にお風呂やトイレなどのスペースも重要になります。
家庭によっては庭やベランダに力を入れたいと思う家庭もあれば、人によっては地下室を造る場合もあるでしょう。
こうしたそれぞれの想いを形にする家づくりは自分の個性を出すこともでき、子供を育てるのにも最適な方法になるので、充分に検討しておくことが大切になってきます。

 

注文住宅はそれなりのお金がかかると感じている人も多いですが、要望にしっかりと応じてくれる業者も多いので妥協しないようにすると良いでしょう。

 

 

柔軟な変化を持たせた注文住宅の間取り

 

家を建てる際には、間取りにこだわりたい。
部屋がいくつ欲しいとか、和室が必要だとか、希望は次々でてくる。それらを一から設計に反映してもらえれば良いのだが、コストや時間的余裕がいる。
注文住宅で家を建てるなら、希望を取り入れつつ間取りを決めていくことができる。

 

さて、その間取りだが一番重要なことは何だろうか。部屋の数でもなければ、広さでもない。
それは、柔軟な変化をもたせることだ。
年月が経つにつれて家族の生活や人数が変ぼうしていく。それを、頭の片隅にぜひ置いておいてほしい。
現在子どもが小さいなら、少し大きくなれば個室をほしがるだろう。その時のことも見越しておいてほしい。

 

また、今必要な子ども部屋は、それぞれの子どもたちが進学などで家を離れてしまうとどうなるだろう。
身近な例で考えてみると、思い出のつまった物置部屋となっているお宅が多い。
子どもの立場からすると、都合よく思い出の品々が保管されているのでいつまでたっても、片付ける人間がいないということになってしまう。

 

家を建てるということは、そこに家族の夢も詰め込むということだ。
注文住宅を購入することは、一生に一度の買い物ともいわれる。
ひとの人生と共にあるのが家だ。それを上手い波に乗せていってほしい。
いつしか物であふれてしまった開かずの部屋ができたりしないように知恵を盛り込んでみてほしい。

 

例えば、木製の引き戸を壁の間仕切り代わりにする。そうすれば、後々取り払えば大きな部屋として対応できる。
注文住宅の際には、この間仕切りの状況にぜひ注視してみてほしい。

 

最近では、老齢の生活状況にも対応できるようにあらかじめ工夫を加えておくこともある。
階段に手すりをつけるとか、風呂やトイレを使用する際の段差をつけないなど、バリアフリーを常用化しておくこともいい。それが、子どもにもやさしい生活環境となるのだから。

 

私の実家も、思い出の品々であふれていた。それを母がすこしずつ片付け、今ではオープンな空間を作り出している。頭が下がる。

 

 

注文住宅の間取り作りで何を重視するか

注文住宅の間取りを考える際に、何項目か重視したことがあった。
自然素材であること、白を基調にしたキッチンであること、20畳以上のLDK。これらを必須項目とし、家を建てることを考えた。

 

最初に注文住宅を意識したのは、自分の実家が家を建て替えた時である。私も将来必ず家を建てようと思い、躍起になって働いた。
まだ、家を建てる段階ではないものの、家族をもち、子供ができたことで、より意識が高まってきたというのが本音である。

 

実は私も、嫁もアレルギーがあり、建売の家では、じんましん等が出てしまう可能性も否定できない。
そこで自然素材を多く用い、できるだけ安心でかつ安全なものにしていきたいと考えている。
当然子供の方が、身体も弱く耐性が少ないであろう。

 

次に間取りについて考える。
出来れば2階だてにしたい。白を基調にしたきれいでシンプルなキッチン。料理が趣味である二人にとって、キッチンは聖域だと考え、また子供と一緒にくつろげる空間であるリビングについては、ダイニングやキッチン込みで20畳以上は欲しいと思う。
続いて2階については、部屋を4部屋。1階と2階を吹き抜けにし、開放感のあるものがいいだろう。
次にお風呂。3人で入っても広々と入れ、足を延ばせるくらいのものがいい。やはり日本人に生まれたからにはゆったりと浸かりたい。

 

多様な価値観によって、皆様が考える理想するとものは異なる。
そんな多様な価値観を踏まえた上で、自身の理想するものを描くことができるのが注文住宅である。
こうやっていろんなプランや間取りを考えるのも注文住宅で家を建てることのメリットではないだろうか。

 

では、注文住宅で失敗しないために必要なものは何だろうか。
まずは事前にしっかりと間取りをねること。プランナーの人と何回も話をし、またそういったアプリケーションもあるため、活用するのもいいだろう。
そして最後に最も重要なのが費用である。今では1000万くらいから、家を建てることが可能だと言われている。
もちろん土地台は別だが、これくらいならそこまで無理なく建てることができるのではないだろうか。

注文住宅に必要な準備

ハウスメーカーの品質もそうですが、やはり一番の決め手は営業マン次第ですよね!

信頼して相談できる注文住宅会社選び

注文住宅で家を建てるとなると自分で間取りを考える必要があります。
もちろん、建築基準法などがあるので、無理な設計をすることはできません。
これは素人にはわからないことなので、自分がこういう間取りがよいという希望を建築事務所や設計事務所などに伝える必要があります。
間取りの希望を伝えることで、建築事務所や設計事務所などからこういう間取りはどうですかという提案があります。
具体的な間取りまでは考えられていなくても、まずはこういう家にしたいという要望を伝えましょう。
そうすれば業者からいろいろと提案をしてもらえるので、出された案の中から検討していくことが可能です。

 

注文住宅を建てる場合は、業者とのやりとりがとてもたくさん発生することを覚悟しなければなりません。
家の細かい部分までしっかりと相談して、一緒に決めていく必要があります。
そのため、注文住宅を建てる業者を選ぶ際には、価格だけでなく、信頼して相談できるところを選ぶことがとても重要になってきます。
いまはインターネットを使えば簡単に検索できるので、会社探しを始めるにはとても便利です。
注文住宅会社の中から気になったところをピックアップして、実際に相談にのってもらいましょう。
注文住宅の相談や見積もりだけであれば、たいていのところは無料で対応してもらえるので、遠慮なく相談することが大切です。

 

家を建てるというのは人によっては一生に一度の大事な行事になります。あまり良くない業者に頼んで失敗しても、後戻りはできません。
業者選びをおろそかにすると、自分が望んだものと違うものができてしまうというトラブルが発生してしまうこともあります。
せっかく家を建てるのにワクワクしていたのが、最後には悩みの種になってしまったりするととてももったいないですよね。
業者選びはとても慎重に行うことをオススメします。

 

友人などで注文住宅で家を建てたことがある人などがいたら、紹介してもらうのもよいでしょう。
良い業者というのは口コミでも広まっていきますので、そのような情報がキャッチできるように周りの人たちにお願いしておくのもよいかもしれません。
まずは気になる業者をピックアップして実際に相談してみましょう。

 

注文住宅の間取りと土地探し

私たち家族は、自宅を購入しようと決断した際に、耐震構造が優れているということを一番の条件として考えていました。
また、自宅の間取りもリビングを吹き抜けにしたいなど、色々な思いを持っていたため、最終的に家を建てる際には注文住宅で建築してもらうことに決めました。
何度もモデルハウスの展示場へ足を運び、最終的に耐震構造が優れているハウスメーカーに家を建てることを依頼しました。

 

ハウスメーカーが決まると、まず土地探しから始まりました。
やはり電車の駅に近いことが条件だったため、何か所か検討をした結果、大阪の北摂地域に決めました。

 

それからは、営業マンの方との打ち合わせが始まります。
屋根や壁の種類や色、ベランダのデザイン、外構の感じ、そして玄関などの配置など、どういった外見にしたいのか、間取りはどのような形がよいのかなど、いろいろな要望を言い、話し合いをしました。
このように、自由設計できるというのが、注文住宅のメリットだと言えるでしょう。

 

私たちには、子供が一人しかおらず、それ以上望まなかったため、子供部屋は一つということに決めていました。
2階には3部屋つくれるとのことでしたが、8畳の部屋を子供部屋にして、あとは6畳の部屋を2部屋つくれるとのことでしたが、その部屋を一つにして、大きな部屋をつくり、そこを寝室とすることにしました。
もし、子供がもう一人できた時のことを考えて、一応後でも壁で仕切れるようにしていただきました。
一階は和室とリビングダイビングがあるのですが、和室は基本的に客間として使用したかったという事もあり、リビングとつなげるのではなく、廊下をはさんで作ってもらう事にしました。

 

このようにいろいろな要望を考慮していただいた結果、営業マンの方が、3種類ほどの間取りの案件を作ってこられました。
その中から、一つの案を選び、建築してもらいました。

 

実際に出来上がると、想像以上の自宅が出来上がりました。
注文住宅の場合、建て売り住宅よりも費用はかかりますが、その分自分たちの希望に近いものを建ててもらう事ができます。
家を建てるなら注文住宅で建てることをオススメします。

 

注文住宅で家を新築したときの作業や考えたこと

約1年前に注文住宅で家を新築しました。
一番時間をかけて検討したのが間取りです。
どんな家を建てたいのか漠然とした希望はありました。「和室はほしい」「吹き抜けで開放感を」「子供部屋は2つ」などなどです。

 

しかし、設計士さんと検討するにつれ分かったきたことは、間取りを決めるということは希望を足していく作業ではなく、いかに削っていくかの作業だということです。
ここに何を優先させるのか施主の考えが露骨に反映されます。
そして、最大限の妥協をしながら最高の間取りを手に入れるには、相当な時間と労力をかける必要があることが分かりました。
私たち夫婦は、子供が寝静まってからはお互いの意見を出し合いながら何枚も何枚も手書きで描きました。
そうやってやっとのことで図面が出来上がりました。
今考えるとここにかけてきた時間が注文住宅の家を建てる上でもっとも楽しい時間だったと思います。
これから家を建てようと検討している方は、一生に一度の作業夫婦で楽しんでください。

 

さて、家を建てると決意してから実際に引っ越したのは約2年後でした。
建てようと決意してから一番後悔したのは、もっと前から準備に入っておかなかったのかということです。
家を建てるために色々な本を買って勉強していくと、どれだけ早く準備を始めたかが非常に大きな差になることを痛感しました。

 

その一番は、資金面です。現金で一括払い出来る人は限られており、ほとんどの方が私のように住宅ローンを組むでしょう。
その上で、頭金の存在はまさに踏み切れるかどうかの根幹になります。貯金できるときにもっと貯めておけば、と何度も後悔しました。何事も準備8割ですね。

 

次に大変だったのが土地選びです。土地を持たずに注文住宅となると建てる場所を探さなければなりません。
様々な条件に合い、資金的に許される範囲となるとかなり限られてきます。
私は運よく、条件に合った土地を探すことが出来ましたが、探している時は、週末のたびに土地を探して回りました。
住んでみて1年が過ぎましたが、今のところ後悔している点は1つもありません。

注文住宅で家を建てるための専門知識

専門的な知識を持った、信頼できる「注文住宅会社」にオリジナルの間取り作成を依頼することができます。使い勝手のよく、住みやすい素敵な間取を提案してもらえますし、家を建てる総費用(本体工事費以外の諸経費を含めたもの)を事前に資金計画をたてて把握してもらえるので、お金の不安も解消することができます。また、理想的な間取を作るだけでは不足しており、土地にあてはめて敷地の広さや方位、日照、地盤、近隣環境、利便性などを考慮して土地探しからお家づくりを行う必要がありますので土地探しもしっかり行いましょう。そういったことも含めてトータルでインターネット上で行ってもらえる会社もありますので、夢のマイホーム実現のために是非利用して、失敗のない家づくりを行いましょう。 また、収納のつくり、部屋の広さ、音の伝わり、配線計画、視線、明るさなど間取を考えるうえで考慮すべき点も得られますので、いろいろ検索してみるとよいでしょう。

 

間取りは注文住宅ではポイントの1つ

間取りが生活の場が快適な空間になるか、ならないかの大切なポイントです。まずは収納スペースですが、持っている家具等の大きさをしっかり図って設計しましょう。そして玄関にもコート等の上着が入る収納スペースがあると便利です。通路の場所によって収納スペースの便利度も変わってくるので気を配りましょう。そして案外見落としがちなのが明かるさです。玄関に自然の明かりが入るようにしたりするのも良いですし、テレビのある部屋は明かりの方向によって見にくくなるので配慮が必要な場合もあります。節電対策にもなるのでよく検討しましょう。そして明るさと言えば照明器具ですがコンセントの位置もよく考えて取り付けないと、配線だらけの見苦しい部屋となってしまいます。リビングやダイニングを吹き抜けにすると非常に開放感がありますが、冷暖房の効率が悪くなる事も覚えておきましょう。自分や家族のライフスタイルをに沿った間取りを考える事が家を建てるポイントになります。

 

柔軟な発想を大切に

注文住宅でも様々な制約点はあるのですが、これらを全てクリアーにするというのはなかなか難しいかもしれません。ただ、そのなかでも出来そうなことは家を建てるに当たってある程度間取りの自由度を残しておくことかもしれません。部屋の仕切りなどはともかくとして、階段や水回りの配置、柱など動かせないものなど、後から手を加えるのが難しかったりコストがかさむであろうポイントを中心に間取りを決めていく。

 

動かせないものも多いかもしれませんが、それ以外の場所に出来るだけ変更の自由度のある設計をお願いする、といったところでしょうか。もちろん、それとて制約があるのかもしれませんが、あまり今の状況のイメージで将来像をガチガチに固めようとせず、可能な限りの自由度を残しておきたいものです。こういった判断をする時には割り切りも必要になるかもしれません。ただ、こういったことも注文住宅ならではのことですから、楽しみながら柔軟に発想していきたいものです。

坪単価や価格を比較してわかること

各建築会社の見積もりが簡単にとれる方法があります。

住宅の価格比較を購入前に必ずしてみる

住宅というのはかなり大きな買い物となります。
そのためにじっくりと内装であったり外観であったりが自分のめがねにかなうものであるかというのを調べるものですが、実際にその内容に納得してしまうと、坪単価であったり総合的な価格というものには多少目をつぶってしまうという面も否めないのではないでしょうか。とはいえやはり数万円単位で価格というのは変わっていくということもあり、一つ一つを見ていくとかなりの差が出てくるということもあるため、住宅購入前にはどの程度の費用がどこにどれぐらいかかるのかというのを比較して検討しておくというのも自分の気持ちが突っ走ってしまうのの抑止力となってくれることにもなります。やはりどんと購入してしまおうというような気持ちにもなりがちですが、積もり積もってなんとやらということばもありますので、少しずつでも費用がかからないようなものを調べていくということが最終的には自分にとって良かったと思える事ともなるはずです。

 

 

調べる方法の一つとしては、やはりメーカーのカタログなどを参照にしてみるということもありますが、住宅展示場などに出向いてみて価格の比較をしてみるというおも大事なこととなります。一坪当たりどのぐらいの金額で出来上がるのかというようなことを調べたり、またその出来栄えというものが満足できるものであるのかというのも直接目にして比較検討をすることによって違いを感じ取ることも出来る様になるからです。やはり家というのは一生の買い物とも言われるので、しっかりと自分が納得できるまで調べて、チェックをするということも大事なのではないでしょうか。そのためには、一つ一つ自分のこだわりたいところがどこなのか、また値段が納得できるメーカーはどこなのかというようなことをし食べて積み上げていくことが必要にもなっていくのです。満足を手に入れるためには内容とやはり注文住宅の費用の面で折り合いがつくところがポイントになっていくのではないでしょうか。

 

 

住宅メーカーの建築費用の坪単価が比較出来るサイトでわかること

住宅メーカーの建築プランを選ぶときには、価格も重要になります。
特に限られた予算で希望する面積や間取りの住宅を建築するためには、坪単価で比較するのが一番わかりやすいのです。その場合には個別の住宅メーカーのウェブサイトで確認するよりも、複数のメーカーの平均的な坪単価を一括して比較できるサイトを利用するのが一番便利なのです。また特に低価格で高品質のマイホーム建築を希望する場合には、ローコスト建築で定評のある住宅メーカーのプランから選ぶべきなのです。低コストでの建築が可能な業者であれば、坪単価が30万円から40万円程度が主流であるので、大きめの4LDKの間取りのマイホームを新築した場合でも建築費用が2000万円以内に抑えられるのです。また間取りには様々なラインナップがあるので、夫婦だけの世帯や夫婦と子供一人の世帯であれば、小さめの間取りの建築プランを選ぶことで1500万円以内で建築することが出来ます。

 

しかしマイホームを新築するときにはブランドにこだわりたいと考える人も多く、その場合には大手ハウスメーカーの建築プランの中で比較する方法もあります。大手ハウスメーカーの場合に坪当たりの建築費用が60万円を上回る場合も多いですが、最近では低価格の建築プランのラインナップも増えているのです。また大手ハウスメーカーの場合には外張り断熱などの独自の技術で評価が高い場合もあるので、坪当たりの建築コストが割高であっても、光熱費などの月々の費用を考えた場合には割安な場合も多いのです。そして大手ハウスメーカーのブランドであれば耐震性も高いために、災害時の対策を考えたときのメリットも大きいのです。そのためにマイホームの建築では建築費用も重要ですが、坪単価だけにこだわるのではなくて建物の性能を総合的に評価する姿勢が大切です。そのために情報サイトで比較する以外にも、資料を取り寄せたりモデルハウスも見学する必要があるのです。

 

工務店とハウスメーカーでも比較してみる

木造の一戸建て住宅であれば在来工法によって自由な設計プランも可能ですから、注文住宅の間取りプランにこだわる人には良い選択となります。ハウスメーカーでは軽量鉄骨を使った鉄骨軸組パネル工法が主流となります。工場生産によって主要部材を作りますので、既製品に近いことから間取りプランを自由に選べないことが多くなります。また、自由な間取りプランが可能な場合では、その分建築費用が割高となるのが一般的です。部材を工場で生産するため部材の精度が高く、組み付け精度も高くなるという特徴があります。

満足できる住宅と間取りにするには

建築士との密な話し合いがカギをにぎります。

理想的な間取りにする注文住宅

注文住宅の魅力は、自分自身の家を建てる時の理想の間取りを実現出来る事にあります。

リビングを広くして家族団らんの時間を過ごしやすい家にする、またはウッドデッキを作り休日にはバーベキューをする、もしくはビルトインガレージにして愛車やバイクを部屋の中から容易に手入れが出来るようにするなど、自分自身の生活様式や夢に描いた理想を現実化できるのが注文住宅の本来の良さと言えます。このような注文住宅は価格的に少し高いイメージがありますが、それは一概には言えず、実際にハウスメーカーに相談してみると、分譲で販売している家と価格的にはそう違いがない場合もあります。極端にこだわった家にしてしまった場合は、もちろん価格も上がってしまいますが、基本的に最もお金のかかる部分はと言えば土地になりますので、家を建てる事自体には注文住宅だからと言う理由だけではそれほど高額と言うわけではない場合が殆どと言えます。間取りや使う材質などを考えれば価格も抑えることができるのです。

 

例えば、どのようにして価格を抑える事が出来るかは、まず最初にハウスメーカーの特徴を知ることが大切です。例えば間取りを考えた場合、建物の面積で価格を決める会社であったり。変形した形の建物になった場合に価格が発生してしまう会社もあるので、そのハウスメーカーが「どのようなポイントを押さえて家を立てて行くと節約できるか」など直接聞いてみるのが良いと言えます。その最低限のポイントを押さえた上で、家を建てる時に、自分自身の理想の外観や間取り、そして雰囲気を担当者に伝え、「このような感じだと率直に価格は幾らほどになるか」を最初に確認しておくと一つの目安が出来るので便利です。ただ、その時に一社だけだと価格の目安が分からないので同時に2社か3社にも同じような質問をしておくと価格のの比較と目安が分かります。また同時に複数のハウスメーカーに行き、モデルルームなどを目にしておくと、それぞれの家の良さを知ることが出来るので、実際に注文住宅で家を建てる時の大きな参考となります。注文住宅で家を建てる時は、価格の目安を知ること、そして数多くの家を見る事が何より大切で大いに役立ちます。

 

注文住宅の間取り~家を建てる場合のコツ~

注文住宅の間取りなどもある程度は自分で好きなようにすることができるのですが、専門家の意見をしっかり聞いた上で注文していかないと思ってもみないような建築になってしまいます。特に注文住宅の間取りについてはしっかりと考えた上で注文する必要があるので、「生活風景」をしっかり想像した上で注文していくようにしましょう。まず、間取りというのは「動線」ありきのものです。動線というのは要するに、その空間で動く人が作り出す「線」のことなのですが、そういった線を無視して間取りを決めてしまうと、家を建てた後で苦労することになってしまいます。いくら設備が新しくても、仕上がりが美しかったとしても、内部環境が整っていないと何かとストレスが溜まってしまうので、まずは「その空間で実際に家族が動き、生活するということ」を想定した上で、注文していきましょう。

 

 

また、家を建てる場合は「天井」にも注意が必要です。注文住宅だと何かと自由が利くので、天井の高さなども調整できるのですが、そういった点を知らないと、間取りだけが綺麗で天井がやたら低い、という物件になってしまったりします。注文住宅の場合は家を建てることだけでなく、建てた後のことも考えなければなりませんし、建てた後に「こんなに天井が低いのは嫌だ」ということになったとしても、なかなか改築することはできないので気をつけるようにしましょう。家を建てる場合は、必ず全体の要素を細かく吟味する時間が必要不可欠です。多忙な現代人にはそういった時間もなかなかないかもしれませんが、しっかりと検討するようにしないと後になってから反省することになってしまうので、自分の家の設計図と向き合う時間を必ず作るべきなのです。また、建築事務所などでは模型をくれるところも多くなっていますし、模型があるとイメージがわきやすいので、作ってもらうようにしましょう。

 

 

理想的な間取りへのヒント

家を建てる際に考慮しなければならない事柄は数多くありますが、その一つとして使いやすい間取りとなっているか、ということをあげることができるでしょう。家族の人数や構成、さらには生活のスタイルの違いなどによって、同じ間取りでも使いやすいか、またはそうではないかが決まってきます。ですから長い目で見て最善の決定をする必要があります。建て売りの住宅でも必要を満たせることも多くありますが、家を建てる時に注文住宅にすることによって理想的な住宅にすることができるのです。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカーの間取りとデザイン

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.