ダイワハウス

ダイワハウスの口コミ・その他情報

投稿日:

もくじ

両親へ相談

私たち夫婦は3年前に結婚をし、子供が今年生まれたので、マイホームを検討するようになりました。購入するのであれば、昔から戸建てが希望だったのでマンションは検討に入れず計画を始めました。

そんな時両親に相談してみると、両親の家に二世帯住宅を建てるのはどうかという話がでました。

両親の現在の家は、祖父たちが建てた家だったので老朽化しており、いずれリフォームをしないとダメだと話していたところでした。幸い土地自体が広いので、二世帯住宅が建てられるところでした。

私たち夫婦は、予算的にも助かるし、両親と近いことで子育ての面でも協力してもらえるだろうと考え、その提案にのることにしました。ではどこのハウスメーカーで住宅を建てるべきか、両親と一緒に住宅展示場に行ってみることにしました。

初めて住宅展示場へ行ったのですが、様々なメーカーの戸建てがひしめき合い、広くて大変見学しやすかったです。子供向けのイベントなども開催されており、子供も飽きずに時間を過ごすことができました。

 

耐震性や天井高を気に入りダイワハウスに

肝心なハウスメーカーですが、大手のダイワハウスの家が気に入りました。耐震性や天井高、アフターサービス面もしっかりしていそうで、好みのセンスでもありました。

早速ダイワハウスの営業さんに二世帯住宅ではどんなプランがあるのか、だいたいの価格はどれくらいになるのか質問してみることにしました。今までの施工例の写真をたくさん見せてもらい、平均的な価格も教えてもらいました。

土地はすでにあるので、上物だけでの価格ですが、なんとか予想の範囲に入るものでした。
その後、住宅の雑誌や本を読んだりして、色々と悩みました。一生の買い物ですし、長年住むことになるので、活用方法など考えた間取りにすべきかと思っています。

ダイワハウスは長年二世帯住宅も多く手がけてきているので、その面では安心できます。また住み続けるので、アフターサービス面も重要です。その点に関しても定期点検を設けているので、お任せすることができます。

ダイワは軽量鉄骨ブレース構造を採用

実は我が家もそろそろ家を建てようかという話が出ているんですね。それで、建てるなら3階建てかなって話してたんです。我が家は子供が3人いて、それぞれに個室を与えたいんですよね。なので部屋数が必要になるんですけど、2階建てだと土地が狭いのでちょっと厳しそう・・・。

というわけで3階建ての話が出てたところでの、友人宅訪問だったので、これはいい機会とばかりに色々家の中を見せてもらい、家作りについて教えてもらってきましたよ。友人宅にあがって、まず驚いたのは家の中が広々していたこと。

失礼ながら、建坪はそんなにあるようには見えなかったんですけど、狭さはまったく感じなかったんですよね。友人宅はダイワハウスで建てたそうなんですが、「軽量鉄骨ブレース構造」っていうのを採用しているそうなんですね。これは室内に柱を出さない構造なんだそうです。

だから室内がすっきり見えるんだと友人は言っていました。柱だけでそんなに変わるのかなって思いますけど、でもやっぱり邪魔な出っ張りがないだけで違うんですね。

ちょっとの差なんでしょうけどね。あとは間取りもあるのかな。リビングと続きのようになっているバルコニーも、部屋を広く感じさせるのかもしれません。水周りも使いやすそうでしたよ。私がいいなと思ったのは、3階にあった室内干しスペースです。花粉とかPM2.5とかが気になって、外に干せない時も便利ですよね。

 

ダイワハウスの耐震性能は、国内でもトップクラス

あと、やっぱり気になるのは耐震性能です。日本に住んでいる限り、地震からは逃げられないですからね。つい最近も大きな地震があったばかりですし。

その点についても友人に聞いてみたんですけど、ダイワハウスの耐震性能は、国内でもトップクラスなんだそうですよ。

数百年に一度クラスの地震でも大丈夫だとか。それなら安心ですね。実際に3階建てのお家を見せてもらって、だいぶイメージが湧きました。早く我が家も建てたいです。

 

気になる相場・費用は?

ダイワハウスの一戸建ては積水ハウスに次いで業界2位の地位にあります。

家の坪単価は50万から80万であり、心配なほど安くもなく、手の届く範囲の価格です。

ただ実際に家を建てるとなると、購入できる土地の面積から考えても、3階建てが現実的なところです。3階建てを建てる場合には、木造よりも軽量鉄骨の家のほうが安心できる気がしました。軽量鉄骨の3階建ての価格として考えた場合、特に安いハウスメーカーではなくそこそこ名前の通ったところで選ぶとダイワハウスは有力な候補としてあがってきます。

とは言っても、家を建てていく間にいろいろなオプションをつけていくことはよくありますので、その点はしっかり確認しておかないといけないと思いました。

 

外張り断熱について

ダイワハウスの家の中で一番メリットを感じた点は、外張り断熱です。

ダイワハウスの家には外張り断熱が標準装備されているそうです。他のハウスメーカーで外張り断熱が標準装備されているところはざっと見たところありません。とはいっても外張り断熱の実際の性能がどうであるかは、今後ゆっくり調べないといけない点のひとつです。

いずれにしろ、私にとっては一生に一度の家作りなので、自分ながらにしっかりと研究し、後悔のない家を建てたいと考えています。

ダイワハウスは比較的低坪単価

大手ハウスメーカーの中でも、ダイワハウスは比較的低価格の坪単価が評価できる会社である。一般的な大手ハウスメーカーの坪単価は60万円以上というのが相場だが、ダイワハウスの場合は50万円前後での建築も可能だ。

定番の商品によって坪単価は変化する。[XEVO V]で46.5万円になり、比較的安くなる。

ダイワハウスというとコマーシャルでも皆さんの耳に届く機会は多かろうと思います。その大企業であってもそうでなかろうとも、全国の建設会社はこの筆頭である耐震と免震に注力している印象を受けています。

知名度アップのためのものもありますが、ダイワハウスを中心としてその技術についてのコマーシャルも多く見かけます。

 

そもそも耐震と免震の違いは何?

耐震性

の名の通り、地震の揺れに耐える頑丈な気候を持った技術の総称です。揺れに耐えることでその建物自体の県労政を増しているわけです。大きな買い物に皆さんからしたらなるわけですから、ある程度堅牢でないと安心して住めませんよね。

この技術は割合前からあったもので耳にしたことも多いのではないでしょうか。

 

免震性

地震を予知してその瞬間だけ地面から浮いたりする、ということではありません。ある程度の揺れは受け止めつつも、うまく揺れも減らせる、そんな機構の技術の総称です。

簡単にいえば受け流す、ということです。

 

安全面は本当に重要!

マイホームの建築を考え始めた時は、デザイン住宅や平屋建築などのタイプの家を幅広く検討したのですが、最後に選んだのは、鉄筋工法を用いた家です。最近地震や災害のニュースが多いこともあり、このような突発的なことに対して、しっかりとした頑丈な家に住むことで備えたいと思っていました。

新築とあわせて中古住宅も少し検討したのですが、年数が古い家の場合は耐震設計などが今とは大分違っていて、安全性が低くて長く住めないことも多いので、新築の住宅を購入することに決めました。

これから、新しく家を購入する人には、安全面などを考えれば、新築かもしくは中古でも建ててから年数のあまりたっていない家をおすすめします。

 

充実のサポート・アフター

ダイワハウスの家を建ててみて、家の機能や外観などが良かったことの他に、アフターサービスなど家の建築とは別のサービスが充実していることに感心しました。

ダイワハウスの住宅は、家の見た目や間取りなどが最新式で、使う建材もしっかりしています。また、家づくりを始めた時から家が仕上がるまでのサポートもきめ細やかで、また、建築を終えた後のアフターサービスも万全でした。

例えば、新居が出来上がったタイミングで少し聞いて確認したいことがあったのですが、私の急なお願いにも、すぐに営業マンが来て対応してくれました。巷では、売ったらそれでおしまい、というような悪徳な業者の噂がたまに耳に入ってきます。

しかし、ダイワハウスの家は品質の高い信頼できるもので、サポートやアフターケアもしっかりしています。今回、新居の建築を依頼して本当に良かったと思っています。

断熱材について

住宅を建てる際に、外断熱の方が良いとか内断熱の方が良いとか話題になったのを覚えている。その当時は、なんとなく外断熱の方が良いと言う風潮があったが、実際はどちらでも問題無いのである。

それよりも、きちんとした施工がなされているかどうかが大きな問題だろう。多くの断熱性能の不足の問題は、施工不良や材料が正しく使用されていない場合が多い。やっかいなのが、断熱材は完成してしまうと見えなくなってしまうので、居住者は問題が発覚してからしか対応できないことだ。

少しでもそのような問題を防ぐには、施主自体もそれなりの勉強をして知識を得て、施工中の現場に良く足を運ぶことである。全個所を自分で見るのは困難でもそのようにすることで、施工者の施工の出来具合に対する意識も高まるだろう。ただ、あまりしつこいと施工者の方が信頼されていないと感じたり、鬱陶しく感じてしまうので、ほどほどにした方が良いだろう。

 

ダイワハウスは軽量鉄骨による外断熱

外断熱と内断熱の話に戻ると、ダイワハウスなどは軽量鉄骨による建築がメインなので外断熱なのである。そのためダイワハウスは外断熱だから良いと言う意見も多かったが、ようは木造の在来工法なのか軽量鉄骨なのかによって外断熱、内断熱を使い分けているだけなのだ。

それを知識のない人が逆の方法で施工したりすると問題が生じるのである。特に軽量鉄骨の場合は内断熱だと結露してしまうので絶対に駄目である。逆の場合はそれほど大きな問題が無いが、一般的には外断熱の方が施工費用は高くなりやすいので、そっちの方が断熱性能が高いと勘違いしている人も多い。

営業の人にその部分で勧められたら注意が必要である。断熱材も内断熱と外断熱では材料が異なるので、興味のある人は自分の家に使われている断熱材を調べてみると良い。材料自体にもランクがあるし、厚さによって断熱性能も変わってくるので、既存の家をリフォームする際などに備えて今のうちに知識を得ておくことも大切だろう。

ダイワハウスの提案

今世間を賑わせている待機児童問題。家計のためにも働きたい、でも大切な子供たちを預ける先がない。こんな悩みをもつお母さん、いらっしゃいますよね。

そこで今注目されているのが二世帯住宅です。しかし、二世帯住宅といっても具体的にはどんなものなのでしょうか。実はダイワハウスでは、それぞれの家庭に合わせた2世帯住宅を提案しているのです。

 

ダイワが提案する二世帯住宅のスタイル

分離同居

これは、住まいを完全に分離することで各世帯が独立した生活空間を持つことができるスタイルです。生活時間帯が世帯によって大きく異なる、何よりもプライバシーを尊重したい、緊急時のサポート以外はお互いに必要でない家庭におすすめですが、その分空間や設備がそれぞれの家庭分必要になるため建築コストは割高になります。

 

共有同居

これは玄関やキッチンなど設備の一部分を共有するスタイルです。例えば世帯によって食の好みが違うからキッチンは別にするなど、世帯の好みに応じて歩み寄る部分とプライバシーを確保する部分を分けることができます。

 

融合同居

このスタイルは基本的な生活空間をすべて共有し、二世帯が一緒に暮らすサザエさん的生活スタイルを指します。昨今問題視されている待機児童問題をはじめ、子育てに関する悩みもこの生活スタイルならば解決することが出来ます。親世帯に子どもを見てもらえたり、人生の大先輩に悩みを聞いてもらうことも出来ますから、働くお母さんには心強い居住空間となるでしょう。ただしその分プライベートの部分は少なくなりますし。設備の譲り合いなどの多少の我慢は必要になります。

ダイワハウスが提案する二世帯住宅、子育て世代のご家庭は一度検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

ダイワの坪単価は?

住宅メーカーで価格を比較するとCMなどでも有名な大手はどこもかなりの価格になることが予想される。坪単価60万円から70万円は覚悟する必要があるだろう。

ただし、そのような大手の住宅メーカーの中でもダイワハウスは比較的安い方だと言える。実際に見積もりを取ってみれば、他の某有名な住宅メーカーに比べると同じ坪数でも若干安いように感じる人が多いだろう。

住宅タイプは大きく分けて二つあり、木造タイプと鉄骨タイプがあるが、ダイワハウスは後者のほうである。

くつろげるゆとりのある平屋住宅

最近では2階建てや3階建てという高層的な住宅が増えていますが、くつろげる住宅にするためには、ゆとりのある平屋住宅が一番です。平屋住宅を建てるためには、十分にゆとりのある敷地がなければなりませんが、平屋ならではのくつろぎの空間ができます。
ダイワハウスでは、広々とした空間を住宅に求める人たちのために、色々な提案をしてくれますので、自分にあった住宅を見つけることができます。注文住宅を多く建てている住宅メーカーだけに、平屋のメリットを十分に活かした住宅をダイワハウスは提案してくれます。

平屋の一番のメリットは、全てのものがワンフロアにあるということですので、移動がスムーズにできます。特に年をとってからの移動は大変ですし、2階に上がることも簡単ではありませんので、ワンフロアであれば生活が楽にできます。

その場合も、段差をできるだけなくして、廊下を広めに取るなどゆとりのある設計にしておかなければなりません。せっかくのワンフロアでも、スムーズな移動を考えずに、いろいろなスペースを押し込んでしまうと、移動が困難になります。

 

ダイワハウスの平屋の工夫

また、注意しなければならないのが日当たりや風通しです。平屋住宅は横に広い住宅になりますので、上手に間取りを設計することが必要です。要所要所に窓を設置したり、天窓などの明りとりを付けることによって、日当たりを入れたり、風を通すことができます。

いずれにしても、2階建てや3階建て以上に間取りには工夫が必要になります。ワンフロアだから簡単というものではありませんので、経験豊富なハウスメーカーを選ぶことが重要です。

その点、ダイワハウスであれば、様々な平屋を建築して経験も豊富ですし、木造住宅であっても軽量鉄骨住宅であっても対応することができますので、様々なバリエーションで平屋住宅の建築が可能になります。

実際に平屋を建築する場合には、自分の中の平屋のイメージを固めるために、既に建築されている実物を見学することが大切です。

マイホームは安心して住めるというのが一番ですよね!今回は大和ハウスの鉄骨建築のメリットを紹介します。

柱のスパンを広くすることができる

木造建築の場合は土台として柱がいくつか必要となるのですが、
丈夫な素材でできている鉄骨の場合は、そのスパンを広くすることが可能となっています。
つまり、柱を家の中に沢山配置する必要がないため、自由度がより一層高くなるというメリットがあります。

実際に住宅づくりを進める上で、「ここに柱があるから内装を考えなくては」とか
「柱が邪魔になってしまうな」という悩みを持っている方もいます。
柱というのは、上の階や屋根を支える重要なものとなるのですが、どうしても邪魔になってしまうこともあるワケです。
もちろん、それぞれの建築会社が柱を気にすることのないように内装を作ってくれるのですが、
当然柱を中心に作っていくため、部屋の間取りなども限られてくる可能性があります。

その一方で、大和ハウスの鉄骨建築の場合は、広々とした空間作りができるようになっています。
柱のスパンを広く取れることによって、より自由度の高い住宅づくりができるようになっているのです。
木造よりも広い部屋を作ることができるので、
奥行きのある解放感に満ちた部屋を作っていくことが可能なのも特徴となっています。
それぞれ部屋を区切ることも重要ですが、
一つ大きなリビングを作ったりすることも可能なのが鉄骨建築です。
もちろん、柱に関しては木造建築だからと言って、沢山あり過ぎるということも少ないです。
ただ、鉄骨建築と比べると、やはり鉄骨の方が少なくて済むのも事実なのです。

洗練されたスタイリッシュさを演出

木造建築が暖かみのあるアットホームな住宅だとすれば、
鉄骨建築はスタイリッシュでモダンな住宅を作りやすいと言えます。

もともと洗練されたデザインに取り入れられることが多いのが、鉄骨建築というものなのです。
そのため、家全体の雰囲気が洗練されたものとなることが多いです。
特に海外でオシャレなブティックを開いているかのような雰囲気を楽しめるし、
場合によってはカフェやバーなどの雰囲気を持った住宅にすることも可能です。
木材の良さももちろんあるのですが、オシャレな住宅にしたいという方にとっては、
鉄骨のメリットも十分考えられると言って良いでしょう。

もちろん、建物としての精度も高いので、より洗練された住宅に住むことができます。
鉄骨住宅の場合は、職人と建物の完成度が比例することが大きく、
仕上がりが一定以上の水準を保てるという魅力もあります。
特に大和ハウスでは社員教育と職人教育もしっかりしているので、
完成する家の質はとても高いと言って良いでしょう。
これから数十年先も生活する住宅となるワケですから、しっかり長持ちする家を作っていきたいものです。

特に鉄骨住宅はしっかりとした建築技術によって建てられるので、
大和ハウスなどの大きなメーカーに依頼する時は、信頼できるはずです。
色々と内容が濃いものも多くなっているので、より近年は質も高くなっていると言えるでしょう。

費用が高いからこそ良い住宅づくりに繋がる

大和ハウス キッチン
(※写真はイメージです。)

費用となる坪単価は木造建築に比べて高いのですが、その分良い住宅づくりに繋がると考えて良いです。
また、鉄筋コンクリートなどに比べると安いので、
中間的な立ち位置として使っていくことができるワケです。
鉄骨建築の場合は、その素材を購入するために費用が大きくかかってくるため、
木造よりもどうしても坪単価は高くなる傾向があるのです。
しかし、その分丈夫ですし、耐用年数も長いのが特徴となっています。

もちろん、住宅の作り方によって大きく耐久性や耐震性などは変わってくるのですが、
何より丈夫なのが鉄骨の良さとも言えます。
木造建築に比べて劣化しにくいというのも特徴だと言えるでしょう。

また、鉄筋コンクリートに比べると耐久性などは劣ると言われているのですが、
人間が普通に暮らすだけでは大きな差と言うのはありません。
数十年先のことも考えると若干変わってくる可能性はあるものの、
そこまで大きな差とはならないので、好きな住宅の素材を選んでいくのが良いでしょう。
もちろん、鉄骨建築は素材としては優秀ですし、しっかり長く使っていくことができるので、
将来的にずっと住むという方にも向いていると言えます。
何より素材が素材だけに、色々と使い道があるというのも特徴だと言って良いのではないでしょうか。
色々と良い時間を過ごせるのはもちろん、住宅としての完成度が高くなる分、費用は多めに確保しておいた方が良いかもしれません。

工事に必要となる期間が短くて済む

鉄骨建築の場合は、工場で作られた規格材料を組み立てて作っていくため、
木造建築などのように素材から作って建てていくということをしなくて済むものとなっています。
従来の木造建築工法に比べて、圧倒的に工期が短くて済むという特徴を持っているため、
早く家を完成させたい方にとっては、その分魅力も大きなものとなるでしょう。

プレハブ工場と呼ばれる方法で作っていけば、より完成するまでの時間を短くすることが可能となっています。
住宅づくりというのは、何を持って楽しむかという点が重要となってくるので、
自分たちが何を楽しみたいか考えてみると良いでしょう。
例えば、家が完成するまでの時間がワクワクできるという方は、
あえて長い時間がかかる木造建築にするというのも良いです。
逆に早く完成した家に住みたいという方は、鉄骨建築にするというのが良いです。
それぞれの利用目的や想いによって作っていく家に違いがあるので、その点も踏まえて作っていくというのが良いでしょう。

もちろん工期が短いので、その分その他にかかってくる費用を抑えられることも考えられます。
例えば、家が完成するまでアパートやマンションを借りなければならないという場合、
工期が短ければ短いほど、その分無駄な家賃を払わなくて良いですよね。
早く家に住むことができるというのは、より生活も安定させやすいことにも繋がっていくはずです!

大和ハウスで家を建てようと思っている方は、木造建築のメリットを知っておくと便利です。

アットホームな木材の良さを感じられる

大和ハウスだからということではないものの、木造建築というのは、
アットホームな木材の良さを感じることができます。

大和ハウス 木材

木材というのは、実際に人々の心を癒す力があると言っても過言ではないもので、
ずっと生活するマイホームだからこそ、木造建築にすることに意味があります。
もちろん、鉄骨やコンクリートの住宅も良いのですが、個人的な好みなどに合わせて木造建築にする方も実は多いです。

毎日帰ってくる家がどのようなものが良いのか、
しっかり考えてみると良いのではないでしょうか。
色々と住宅というのは自由なのですが、その自由を形にした時、
より安心して暮らせる家はどういうものなのかを考えておくと良いです。
それによって、作る家の内容も大きく変わっていくし、ある程度生活もイメージしやすくなるはずです。

自分たちにしかできない生活というのを考えてみて、その上で暮らしてみるのが良いのではないでしょうか。
近年は色々と住宅の形も変わってきていて、特にデザイナーズ住宅なども増加しています。
木造建築は自由度の高い素材ということもあり、比較的形なども自由に作っていくことができます。
よりアットホームな住宅を作りたいと思っている方に関しては、建築士などに相談して、
大和ハウスで夢のマイホームを作ってみるというのも良いでしょう。
作り方によって、大きく生活も変わってくるかもしれません。

木造建築は思っている以上に丈夫

木造建築と聞くと、「意外とすぐに壊れてしまうんじゃないか」と不安になる方もいるのではないでしょうか。
また、劣化するのも早いと思われていることも多いです。

しかし、実は木造建築はとても丈夫で、長持ちする住宅と言うことができます。
色々と楽しめるものとなっていて、さらには丈夫だからこそ安心して暮らすことができるのも、木造建築のメリットだと言えます。

大和ハウスでは頑丈で柔軟な木造建築住宅を作ることができるので、
長く暮らしたいという方にとっては、より一層メリットも大きいと言えます。
実際に大和ハウスに限らず、木造建築では、長いものだと数百年以上持っているものもあります。
世界最古の木造建築として知られる日本の建築物の中には、実際に数百年その形を保っているものもあります。
もちろん時代と共に風化していくことも考えられるため、ある程度管理はしっかりおこなうことが必要なのですが、
それでも見た目以上に丈夫なのが木造建築のメリットと言えるのです。

また、火災などにもとても強く、芯まで焼けてしまうということが少ないため、
倒壊する危険性も少ないのが特徴となっているのです。
万が一火事になってしまった時も、倒壊しにくいことによって、中の住民が外に避難しやすいというのも特徴というワケです。
火事の時などは、家が家族を守ってくれるということです。
その点はより評価すべき点です。

間取りなどが比較的自由に作れる

大和ハウス 間取り

それぞれ建築士や設計士がいて、住宅の間取りなどを考えていくのですが、
木造建築の場合はその間取りも比較的自由に決められるようになっています。
間取りなども自分たちの自由なので、部屋の数や大きさ、配置などを自由な発想で決めることもできる場合があります。

また、窓やドア、その他の設備に関しても配置しやすい環境となっているので、
夢のマイホームを作りたいという時は、木造建築の方が向いていると言えるかもしれません。

大和ハウスでは色々な住宅を提供してくれているのですが、中には他の人と似たような家にしたくないという方も多いです。
そういう時は、よりデザインに特化した間取りにするということも可能です。

例えば吹き抜けを作って、開放感のある家にするということもできますし、
一階と二階とを繋ぐスキップエリアを作って、そこに色々な要素を組み込んでみるということも可能です。
使い方によっては色々と楽しめるようになっているので、
その点も踏まえて住宅づくりを進めていけるのが大和ハウスの木造建築なのです。
使いやすさも重視して、より生活しているところをイメージしていけば、
より住宅としての機能を発揮できるようになるかもしれません。
それは、今後の人生を生きていく上で、とても重要な要素となります。
上手に使いこなして、より生活のレベルを上げてみるというのはいかがでしょうか。

建築費用を安く抑えることもできる

木造建築の場合は、建築費用を比較的抑えることが可能となっています。
もし、実際の自分の建築費用について
他社比較を含めて知りたい方は以下記事を参考にしてみて下さい。
【参考:ダイワハウスと他社を比較
鉄筋住宅に比べて、材料費が安くなるため、
予算が少ないという方やそこまで予算をかけられない方にとって魅力も大きいと言えるでしょう。

もちろん、鉄筋住宅にもメリットは多いものの、費用が安いというのはとても重要なメリットとなります。
実際に住宅を建てるというのは、一生に一度の大きな買い物になるという方が多いです。
むしろ近年は住宅を買えないという方も多くなっていて、実家をそのまま受け継ぐという方も多くなっています。
そんな中、木造建築の安さというのは、やはり魅力が大きいと言えるのです。

また、木造建築は様々な工夫ができるため、費用を抑えたいところはきっちりと抑えることができるのです。
自由度が高いからこそ、それぞれ間取りなどを考慮して、
必要のないものはカットしていくことができるようになっています。
そうすれば、当然必要となってくる費用をさらに低く抑えることもできるので、経済的ですよね!

また、近年はリフォームやリノベーションをするという方も多くなっていて、
そういう時にも木造建築の方が扱いやすいという特徴があります。
その点も把握してみると、確かに使いやすさだけ見てみても、木造建築の方に軍配が上がりそうです。
木造建築の場合はその後の人生もより快適にすることができる要素を含んでいるワケです!

断熱性・吸湿性が高いという特徴がある

意外と知られていないのですが、木造建築は断熱性が高いことでも知られています。
外の環境に左右されることが少なく、常に快適な住環境を保ってくれるため、快適に過ごすことが可能となっています。

熱伝導率が低いので、外が暑いという時には室内は涼しく、
外が寒い時には室内は暖かく保つことができるということです。

断熱性に関しては、その他の要素もあるため一言では言えないものの、
環境に左右されにくい家を作っていくことができるのが木造住宅と覚えておきましょう!

特に大和ハウスは熱伝導率に関しても優秀な住宅を作れる会社ですし、
何より色々と魅力的な要素を住宅に含めることができるようになっているワケです。

それと、木造建築は吸湿性が高いことでも知られています。
吸湿性というのは、湿気などを室内に溜めこまないようにできる要素であり、
これが高いことによって常に住環境を快適に整えることができるようになっています。
特にこれから住宅を作りたいという方は、その地域の湿気などについても調べておくと良いかもしれません。
特に本州とその下の地域に関しては、梅雨などの影響も受けやすいので、
吸湿性が高い住宅というのは大きな要素となります。
毎日暮らす家だからこそ、吸湿性などはしっかり高い住宅を選ぶことが必要となるワケです。
その点も踏まえて、大和ハウスの木造建築は良いものだと言えるでしょう。

大和ハウスで注文住宅を作る時、資金計画がとても重要です。そこで、上手な資金計画の方法を紹介します。

資金をしっかり貯蓄しておくこと

大和ハウス 貯蓄

資金計画で大前提となるのが、資金をしっかり貯めてあるかどうかということです。
もちろん、若いうちから何百万円も貯蓄するのは難しい方が大半ですが、
ある程度貯めておけば、その分住宅な資金計画を進めていくことができます。
カツカツの生活を送るのか、それとも事前にある程度貯金していて、ゆとりある生活を送るのかというのは、
人によって価値観が違うのでなんとも言えません。

しかし、突発的に発生する費用などに関しては、貯金がないと対処できない場合もありますよね!
特に現代は会社が倒産する可能性も高いですし、不景気の煽りで正社員になれないこともあります。
また、仕事をしていても、精神的な病気になってしまって働けなくなることもあれば、
怪我をして仕事を辞めざるを得なくなることもあるはずです。

そんな時、住宅という費用が負担となってしまっては本末転倒です。
住むために家を買ったのに、住むだけで生活が困窮してしまうというのはなんとも残念なことです。
だからこそ、住宅を購入する前には、しっかり貯金しておくことが重要です。
目安としては、30代で数百万円の貯金があれば理想だと言えるでしょう。
住宅の頭金を支払うこともできますし、税金が来ても数百万円ほどあれば対処できることも多いです♪
もちろん、貯金をするが故に現在の生活が貧乏になってしまうのも本末転倒なので、
上手な計画を持って生活することが必要となるでしょう!

大和ハウス 費用

必要な費用の概算でおおまかな費用を把握

大和ハウスに限らず、住宅を建てる時というのは費用がかかるものです。
それぞれ必要な費用についてはしっかり計算しておくことが必要となります。

まず、基本的な費用としては、土地や建物の購入費が必要となります。
注文住宅の場合は一から建築していくため、その点の工事費用などについても考えておくことが必要となるでしょう。
その他、実は必要となってくる費用がとても多いです。
土地や建物の価格以外に必要となる必要としては、
各種保険や登記費用、印紙代、住宅ローン費用、上下水道引込料、不動産取得税などがあります。

もちろん、取得した時に税金が必要となる上で、毎年固定資産税も必要となってきます。
それぞれの費用についても考えておかないと、
生活を始めてから「こんなに費用がかかるとは思わなかった」という事態に陥ってしまうことにもなります。
しっかり考えた上で、考えていくことが必要となるのではないでしょうか!

もちろん、注文住宅の場合はそれぞれ予算に合わせて作っていくことができるので、
削減できるところに関しては、自分たちで決めながらコントロールしていくということも必要となります。

特に費用が大きくなりそうな時は、費用を抑えられるような住宅づくりを進めていくことが大切です。
こちらに関しても、十分な貯蓄があれば対応できるので、やはり住宅購入をする前には、
ある程度貯金を貯めておくということが必要となるでしょう。
簡単に「家を買おう」という方がいますが、その計画は本当に大丈夫でしょうか?

より正確に費用を知っておきたいという方は見積もってもらうことが必要です。
見積りには便利なサービスがあるので活用してみてください。
以下記事を参考にできます。
【参考:ダイワハウスと他社を比較

建設中の生活費についても考えておく

大和ハウス 生活費

建設中、自分たちがどこで生活するのかということも重要となります。
アパートを借りているという方やマンションを借りているという方、
実家で暮らしているという方など色々な方がいて、それぞれ生活費も異なってきます。
建築とは実際関わって来ない分の費用となりますが、
家を建てる時には生活費なども考えておくことが、上手な資金計画に必要なことなのです。
場合によっては節約してみたり、費用を抑えられるように考えてみたり、
色々な方法によって生活費もコントロールしていくことが必要となります。

費用に関しては、それぞれの生活レベルによっても違ってくるので、
その点は自分たちの収入と支出をしっかり計算しておくようにしましょう。
ここで注意したいのは、今までの生活とはまた違った費用が掛かってくるということです。
普段暮らしているアパートやマンションでの生活費の他、
建築するための費用やその他の税金などもかかってきます。
そちらの支払いも上乗せするという形となるので、潤沢に資金を用意しておくことが必要となるでしょう。
そうすれば、色々と資金的にも計画しやすいのではないでしょうか!
特にこれから注文住宅を考えている方は、その間どこで暮らすのかという点も考えておくようにしましょう。
実家などが近い場合は、実家で暮らすというのが案外費用を抑えられるのですが、
アパートなど住宅が建築されるまでは安い家賃の住宅で暮らすという工夫も必要です!

メンテナンスするための費用も忘れずに

メンテナンスに関しての費用も考えておかなければならないのが、住宅建設です。
大和ハウスの注文住宅の場合も色々と考えておくことが必要で、
生活していく上で避けられない費用があることも多いです。

住宅というのは数年住んで引越しをするということは少ないです。
特に日本人は一度家を建てると、そこで一生暮らすというライフスタイルの方が多いため、長年使っていくことになります。
当然、長く暮らしていると「外壁が古くなってきた」とか
「水回りがおかしくなってきた」という悩みなども増えていきます。
「屋根裏の管理をしていなかったせいでカビがすごい」とか
「柱がシロアリにボロボロにされた」とか色々な悩みが発生します。

当然、それに対処していけば、メンテナンスの費用も掛かってくるワケです。
人によってそれぞれ異なりますが、そのメンテナンス費用もトータルで見ると数十万円~数百万円になることが多いです。
30歳の時に住宅を建てたとしても、その後50年ほどその家で暮らすことになるため、
メンテナンスが必要となる場面も多いワケです。
しっかり考えて対処しないといけないので、その点の資金計画も進めておくことが必要となるでしょう。
早急な問題ではないのである程度は大丈夫ですが、生活しながら貯金を進めていくことも重要ですね!
そういうトラブルに関しては放置している家庭も多いですが、
直さないと家が加速度的に老朽化していくので、しっかり対処しましょう!

住宅ローンは計画的に進めていく

資金計画という言葉を聞いて、人によっては「住宅ローンにするから良い」と考えている方も多いです。
しかし、甘い考え方で住宅ローンを組むと、後々大変な思いをすることになる場合があります。
実際に住宅ローンの計画を甘く見ていて、生活が困窮しているという方もいるくらいです。

住宅ローンに関しては、安定した収入があるということが大前提となるのですが、
近年は残業も減らす傾向があるため、残業で稼いでいるという方は、まず稼げなくなる時代がくるかもしれません。
また、正社員の方が良いと言われていた時代ですが、現代は正社員とは名ばかりの給料の方もいます。
そうなった時、毎月支払っていく住宅ローンが非常に重荷となることも多いのです。
そうなると、結果的に生活自体が送れなくなってしまうので、
せっかく家を建てても売り払ってしまうことになるのです。

資金計画をする時、住宅ローン選びは本当に慎重におこなっていくべきです。
近年は無理な計画をしてしまった人のために、住宅ローンの見直しなどもあるので、
そちらを利用していくというのも良いかもしれません!

なお、収入が安定していると考えている方も、いつ会社が倒産したり、
自分が働けなくなったりするかわからないので、その時の対処も考えておくことが必要となるでしょう。
特にこれからの時代は、より安定した仕事というのも少ないので、
住宅ローンの計画は無理のないものにすることをおすすめします。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ダイワハウス
-

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.