ハウスメーカーの間取りとデザイン

空間を有効活用するスキップフロアを検討しているあなたへ

投稿日:

もくじ

空間を有効活用する中二階!建てたいなら知っておきたいポイント

中二階は空間を有効活用できます。デザイン的に見た目が良いため憧れた人は多いのではないでしょうか。今回は中二階を建てるための判断基準について書いていきます。

 

金額はどのくらいか?

金額は構造で大きく上下します。(すみません、こうしか言いようがありません。)間取りが複雑な狭小住宅に多く、内容によって値段は大きく変化します。もし、坪単価で金額を知りたいと考えて調べようとしている方は依頼する会社に見積もりをお願いすることが望ましいでしょう。

 

中二階にはどんな形式があるのか?

中二階の形式でイメージしやすいのが、ロフト・スキップフロアになります。ロフトは縦のスペースをうまく使います。賃貸などでは、ロフトを寝るスペースにしていますが、書斎や物置のスペースとしても利用が可能です。リビングとの相性が良く、天井が高くなるため部屋が明るくなりやすいというメリットがあります。スキップフロアは1.5階や2.5階と言われるように一部に高低差をつけて空間を階段でつなげます。完全な個室になっていないこともあり家族間でコミュニケーションがとりやすいことも注目する点です。
ビルドインガレージのことをイメージした方もいたのではないでしょうか。ビルドインガレージは住宅内部に駐車スペースを所持している家になります。土地を有効活用しているビルドインガレージですが、シャッターなどにも費用がかかるようです。全自動もしくは手動という点でも費用に差が出てきてしまうので費用の上下には注意が必要になりそうです。費用の削減からか、駐車スペースを半分にしてシャッターを設置せず、車の半分を屋根から出すという方法もあるようです。この点に関しては、車をどれだけ大切にしたいのかという点と費用をどれだけかけることができるのかという点で決断が必要になりそうです。

 

中二階のメリット

 

  • 二階建てでも3層構造が実現できるなどスペースを有効活用できる
  • 階段の下部を有効活用することができ収納スペースにできる
  • 光を部屋の中により多くとりいれることができる
  • 土地の高低差というデメリットも利用できる

 

便利なのが、二階建てでも三層構造を実現できるという点が大きなメリットになります。床面積が少ない時に、狭い土地を有効活用できます。この点を気に入り中二階構造を建てたいと考えた方がいるのではないでしょうか。空間を広く見せることができ開放感ある中二階の住宅は、見る人にデザイン性の高さを意識させます。また、階段の下部を有効活用することができ、収納スペースにすることもできます。部屋に通常で建てた住宅よりも光を取り入れることができます。その理由としては、中二階分のスペースを確保するには高さが必要になるからです。高さがあるため、窓の設置を工夫することによって部屋の奥まで光をとりこむことができるのです。さらに良い点としては、高低差のある土地を有効活用できるという点になります。通常の高低差のある土地は基礎工事で調整することが必要になります。ですが、中二階建ての場合は高低差をうまく利用することでスペースを作り出して住みやすい住環境を提供するのです。

 

メリットばかりの中二階の住宅。気をつけるべきポイントとは?

  • 断熱や空調の使用について配慮が必要
  • 費用が通常の住宅よりもかかってしまう
  • 設計と施工には経験を重視することが必要
  • 自治体の判断では3階建ての場合もある?

空調の効果と中二階

スペースをうまく使っているように見える中二階住宅ですが、空間をつなげて利用している場合が多いために空調が効きにくいようです。空調の効きを良くするために断熱効果を最大限に活用する必要があり費用がかかってしまうケースが多いようです。もしくは、機能的な空調を取り付けるという方法があります。費用はかかってしまいますが、快適な生活を送るために空調は欠かせません。最近では、温暖化の影響もあって平均気温が上昇しつつあります。部屋の中にいても熱中症になるというケースもあるので室内の気温の管理を甘く見てしまうことは危険です。

コストカットについては考えるべきか?

中二階の住宅にする場合は通常の住宅よりも費用がかかってしまうという点を覚悟する必要がありそうです。というのも間取りが複雑になるために工事期間は間取りが簡単な住宅よりも必要になります。工事期間が長くなってしまうということはそれだけ、工事をする人を雇う費用が発生してしまいます。人件費の他にも費用がかかる部分もあります。中二階は住宅として大量生産できない材料が必要になります。コストカットが難しくなることもあり、材料費が通常の住宅よりも高くなります。

依頼する会社は経験を重視すること

設計と施工には経験を持っている人が必要になります。間取りが複雑な住宅となることもあり、それだけスキルのある人が必要です。設計に関しては、住宅内部の気温をできる限り一定に保つことが必要になるために設計工夫がポイントになります。工夫するポイントも理解できていることが好ましいので費用がかかっても経験のある人へお願いすることが望ましいでしょう。依頼する前に把握しておきたいこととしてバリアフリー化が難しいということです。段差を利用して複雑な間取りになるために技術を持っている人でもバリアフリー化ができない場合もあります。

建築基準法との適合

住宅を建てる場合には建築基準法に適合しているという証明書が必要になります。その判断をするのが、各地域の行政となっています。この判断基準は地域の担当者によって解釈が異なります。
例えば、二階建ての中二階住宅を建てる計画をして、申請をしたとします。その申請が3階建てと判断されることもあるので注意が必要になります。
このように判断が各地域で異なることを考えると地域の慣れた建築士に設計を依頼するということも確実な方法の1つになります。もしくは、全国的な建築基準を理解しているハウスメーカー・工務店に依頼することです。自由になる部分は減ってしまいますが、中二階の住宅で建築するスキルと知識を持っています。設計にも時間をかけることなく、複数のプランを用意してくれるので1つの手段として考えておくといいかもしれません。

 

ポイントと確認点

 

ここまでで抑えておきたいポイントは以下になります。

  • スペースを有効活用できる
  • 費用は通常の住宅よりもかかることを覚悟する
  • 坪単価ではなく見積もりでおおよその費用を考えること
  • 天井が高い場合は光を取り入れることができる
  • スキップフロア等でコミュニケーションが増える
  • 部屋数が多いプランは難しい
  • バリアフリー化は難しい
  • 設計と施工はスキルと経験を持っているところへ依頼する

 

まとめ

さて、ここまででわかったと思いますが、中二階建ての住宅は通常の住宅とは違う部分が多くあります。そのため、他の情報サイトで提供している坪単価はあまり参考になりません。いろいろなタイプの中二階の住宅があります。紹介した1つのスキップフロアでも何通りもの設計方法があります。ビルトインガレージでもロフト形式にした場合でも同じことが言えます。中二階の住宅に着目した方は、なるべく自分が考えている住宅を実現したいのではないでしょうか。自由度が高くなる自分だけの住宅は、コストカットが難しくなるという前提で考える必要があります。

 

税金がかかってしまうことも考慮する。

当然ですが、中二階の住宅にした場合に床面積は増えます。そうなる場合固定資産税が上がります。これは中二階建ての住宅以外にも言えることなので、住宅を建てる場合は知識として調べておくといいでしょう。簡単に述べておくと床面積と材料が評価の対象になるようです。床面積はイメージすることが簡単ですね。材料については設備でイメージするとわかりやすいでしょう。床暖房や埋め込みの空調などが高い評価を受けるようです。正確な数字を知りたい方は調べてみてください。

一戸建ての自由な間取りと設計者

設計を自由にお家を建てれるって素敵ですね!

間取りプランと人生設計

一戸建て住宅を設計事務所に依頼すると間取りプランを自由に設計できるというメリットがあります。
設計内容は建築士の能力により異なってきますので、自分の希望ばかりを優先するのではなく設計者との良好な関係を保つことが大切です。特に間取りプランの設計では建築の専門家である設計者の意見を聞き入れ、アドバイスも受ける気持ちが大切なのです。一戸建て住宅の設計では家族構成や人生設計を基に決めるのが普通ですが、現在の状態だけではなく将来的な人生設計を重視することが大切です。結婚や出産によって家族の人数が増えることも考慮する必要がありますし、高齢者がいる場合には確実に老いが出てくる点も設計内容に反映させることが大切なのです。住宅の設計では施主のこだわりが強すぎると失敗するケースが多くなりますので、設計者の提案を受け入れながらこだわり実現していくことが大切なのです。デザインだけではなく、機能性や快適性などの基本性能を優先した設計が良い住宅には必要なのです。

 

 

人生設計を基に設計プランを決める場合、出産によって家族の人数が増えることが多くなります。家族が増えた場合には部屋数が不足する事態が起こりますので、簡単なリフォームで部屋を区切ることができるような注文住宅の間取りプランを採用することがポイントになります。人生設計が決まっていれば設計段階から反映させることが可能ですから、部屋数の不足にも対応することができるのです。家族構成の中でも年齢に関しては切実な内容となりますので、設計内容に取り入れていくことが大切です。高齢者の場合、建物内部の移動にも支障を来す場合がありますので、機能的な動線を確保することも考える必要があります。また段差を最小限にしフラットフロアを採用したバリアフリー化も良い方法となります。機能性を追求する場合には、キッチンやトイレなど毎日使う部分の快適性を重視することも大切です。キッチンであれば将来的な間取り変更にも簡単に対応できますが、トイレの場合には簡単ではないケースも出てくるため、間取りプランの設計では将来的な面を反映させることが大切なのです。

 

最適な建築プランを選ぶこと

設計士を選ぶことも重要ですが、提案されたプランの中から適切なものを選ぶことも重要です。
マイホームを購入するときには建売住宅を買う以外にも、
土地を購入してオリジナルの設計プランでマイホームを建築する方法があります。
特にオリジナルのマイホームを希望するときには、住宅メーカーなどの注文住宅のプランを活用するのが一般的です。しかし注文住宅の場合には完全な自由設計のために、通常の住宅建築と比べて割高な場合も多いのです。しかし注文住宅の設計と施工を行っている業者は数多くあるので、業者別に価格を比較することで、予算に合った建築プランを見つけることが出来ます。またオリジナルの建築プランであれば、敷地面積が小さかったり形状が特殊な場合でも建築可能なので、機能性を重視したマイホーム建築が出来るのです。また特に価格を重視してマイホームを建築したいときには、ローコスト住宅の専門業者を利用する方法もあります。またローコスト住宅の建築業者を比較することで、2000万円以下の価格の建築プランを見つけることも出来ます。

 

特にローコスト住宅を建築している業者の場合には広告宣伝や仕入れのコストを徹底的に削減しているので、割安価格であってもクオリティーの高い住宅建築を実現しています。そして数多くの施工実績を比較してみることで、初めてマイホームの建築を依頼する人であっても最適なプランを見つけることが出来ます。しかし一方でブランド力の高いハウスメーカーの注文住宅も魅力的であり、特に最新のテクノロジーを応用した機能性の高い住宅建築が特徴的です。また大手ハウスメーカーであってもブランドによって注文住宅の建築費用は様々であり、その中には30代の若い世代にも人気のある坪当たりの建築費用が割安なプランもあります。また完全にオリジナルのマイホームを建築することで、長期的な視野に立った設計と施工を行うことが出来ます。そのために住んでいる人が将来的に高齢者になったときのことを考えて、あらかじめバリアフリーの設計でマイホームを建築することも出来ます。

一戸建て住宅の費用と満足する住宅に必要なもの

賃貸で賃料を払っているなら、住宅を購入してお金を払って自分の資産した方が良いような...。

一戸建て住宅を施工するのにかかる費用

賃貸などの物件は、毎月定められた賃料を大家さんに支払って居住しますが、万が一家の中の設備などに故障が生じた場合、大家さんが責任を持って修理してくれるため、そういったメンテナンス費用がかからないのが、賃貸住宅のメリットです。しかし、賃料が高く、更新時には高額な賃料を支払う方にとっては、マイホームと呼ばれる自分の家を購入し、ローンを組んで支払っていくのとあまり差がありません。むしろ、一戸建てやマンションを購入した場合は、ローンの支払いを終えると自分の持ち物なるため、老後なども安心して住む事が出来ます。さらに消費税の増税などに向けて、住宅購入を視野にいれる方も多くなりました。こういった理由から大勢の方が自分の持ち家を持とうと考えているようです。しかし、簡単にマイホームを購入と言っても、多額の資金がかかります。購入の前に、住宅を施工するにあたりいくら位の費用がかかるのか知っておくと役に立ちます。

 

まず、自分が購入する家が一軒家かマンションかで資金の詳細も変わってきます。マンション購入をお考えの場合は、印紙税や登記にかかるお金、税金、火災保険や地震保険などの保険料、ローンにかかる手数料などが一般的にかかる諸費用とされています。一戸建ての場合も同じく、これらがかかってきます。それに加えて、一戸建ての場合は、建築料や建築確認の保証料、地盤検査料金など、様々な料金が別途必要になります。これらは建築施工工事費とは別の料金のため、最初に提示された価格よりも、多く見積もって資金を用意しておくことが必要です。家を施工する場合、費用は契約時、上棟時、引き渡しの時などに分けて支払うケースが多いようです。この他にも忘れてはならないのが、引っ越しにかかるお金です。引っ越し業者に依頼したり、家財道具を購入したりと、たくさんのお金が必要となりますので、最初にしっかりと購入金額、諸費用、その後の引っ越しにかかるお金などを知っておくことで、スムーズに支払い計画をたてることが出来ます。これらを調べ、是非、素敵な家を購入して下さい。

 

家を建てる費用を少しでも抑えるには

これから念願のマイホームを手に入れる為に家を建てる予定がある方は、予めある程度のお金を準備しないといけません。
通常の買い物とは違って、とても高額な買い物になりますので、慎重に行動していかないといけません。ちょっとでも失敗してしまうと予定外のお金が発生したり、多くのお金を支払わないといけなくなるので注意していただきたいです。少しでも注文住宅の費用を抑える為には、業者とうまく交渉していかないといけません。古い付き合いがある業者ならばうまく話し合う事で、通常よりも安い費用で家を建てる事ができるかもしれません。そうではない場合でもこちらが有利になるような交渉をしていく事によって、少しでも費用を抑える事に成功するかもしれないので、積極的にチャレンジしていただきたいです。その為には家に関する情報や知識を多く身につけないといけないので、チャレンジしようと考えている方は情報や知識を多く集めていただきたいです。それによって交渉の時に役立てる事ができます。

 

 

もしも交渉の時に難しい話をされても、情報や知識があれば問題なく話を続けていく事ができますし、業者の方にある程度の知識や情報を持っている事を伝える事ができます。それによって、専門的な話をしていく事ができ、少しでも付け入る隙がある場合にはどんどん攻めていただきたいです。少しでも家を建てる費用を節約する事ができれば、他の事にお金を回す事ができますし、そのまま貯蓄する事もできます。ほんの少しでも全然違ってくるので、これから家を建てる予定がある方は業者の方と交渉していただき、費用を抑えていただきたいです。注意する点としては、あまりにもめちゃくちゃな値引き交渉は業者に悪い印象を与えてしまうので、あくまで常識範囲内での値引き交渉を行うようにして下さい。またどのくらいの予算か聞かれた場合には、うまく話を濁すようにして下さい。出せる金額が分かってしまうとその金額以下に交渉するのが難しくなるケースがあるからです。

 

 

満足するにはお金がかかっても適切な設計士を選ぶこと

例えば、吹き抜けのあるリビングや薪ストーブのある暮らし等が最近の代表でしょうか。また、部屋数にこだわるかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、何よりも重要なことは良い間取りを提案してくれる設計士がいる会社を選ぶことです。間取り次第で、住み心地が全く違います。建売住宅などで全く変更できない場合以外は、やはり間取りについて家族で十分な話し合いが必要です。家に一番長くいて家事をする人や子育てする人にとっては特に大きな課題となります。毎日同じ動きを繰り返すのですから、今住んでいる家がある方であれば、よく考えて理想的な間取りを練りましょう。同時に、多くの住宅を経験している設計士にも気軽に相談してみましょう。設計上、無理がないかどうかも同時に判断してもらえますし、自分達がどういう家を建てたいのかを顔を合わせて細かい点まで話し合うことが大切です。

狭小住宅を広く見せよう!狭小住宅の相場や費用もチェック!

土地の面積が小さい、金銭的な問題などで狭小住宅を建てる方も多いと思います。狭小住宅は普通の家と比べると狭い家ですが、見せ方によっては広く見せることもできますよ。狭いと言ってあきらめている方はぜひ参考にしてみて下さい。また、狭小住宅の相場や費用もチェックしていきましょう!

そもそも狭小住宅ってどんな家?

狭小住宅が分からない方もいると思いますので簡単に説明しておきます。すでに知っているよって方は飛ばしてしまってください。

 

狭小住宅とは、狭い土地に建てられた住宅で、一般的には15坪以下の土地に建てる住宅のことをそう呼びます。市街地中心部などで狭い土地しかないという方がどうしても家を建てたい場合に狭小住宅を建てます。

狭小住宅は工夫次第で広く見せられる

狭小住宅は狭い土地に家を建てるため、家が狭くなるという懸念があります。実際、狭小住宅を建てたけど狭すぎて生活しにくいだとか、プライバシーが守られないという失敗談もよく耳にします。

 

しかし、間取りやちょっとした工夫で広く見せれることをご存知ですか?もし、狭小住宅建てたいけど狭いのが嫌で悩んでいる方、狭小住宅を建てて後悔しているという方はぜひこれから紹介することを試してみて下さい。

視界を遮る壁を無くした間取り

まずは、空間をいかにして広く見せるかが重要になります。土地が狭い分、広く見せるためには、その土地のより多くの部分を利用し視覚効果を得ることが重要になります。その為には、できるだけ視界を遮る壁を無くした間取りとすることがポイントになります。

 

壁があることで、視界が遮られ、狭い家に感じ取れてしまいます。しかし、一部屋にしてしまうと、リビングと寝室の区分けがなくなってしまうなど、プライバシー面で問題が出てしまいます。

壁を可動式にする

壁を可動式にしておいて、大部屋として使えたり、小部屋として使えたりと状況に応じて間取りをかえることができるようにしておくことも重要になってきます。

 

狭小住宅においては、土地の狭さからどうしても部屋数を多く確保できません。生活スタイルや家族構成などによって、部屋数が多くいるときや、大部屋が必要な場合など様々あります。

 

そのような場合に、部屋数の少なさをカバーするために、部屋のレイアウトを変えやすくしておくことが重要になってきます。

上の空間を利用して部屋数などを確保していく

狭小住宅では、敷地面積が狭くなるため、できる限り3階建てにするなど、上の空間を利用して部屋数などを確保するのも一つの手です。視覚効果を得るためにも、天井が高くするだけでも広く感じる効果を得られます。

デッドスペースを上手く活用

狭小住宅においては、収納スペースの確保は最重要ともいえる項目になります。家を購入し、長く住み続けるほど荷物が増えて、収納スペースが足りなくなってきます。居住スペースが少ないため、その中に荷物を置いてしまうことで、さらに狭くしてしまいます。

 

その為、デッドスペースを上手く活用し、収納スペースを確保しておくことが重要になります。例えば、階段の段差個所を収納ボックスと知ったり、屋根裏を収納庫とするなど、あらゆる場所を活用することが重要になります。

収納家具はできる限り予め組み込み式

家具などを部屋に入れてしまうことで、生活空間が著しく狭くなってしまうため、収納家具はできる限り予め組み込み式として置き、別途タンスなどの家具を置く必要が無いようにしておくことも重要です。

 

狭小住宅では、狭さを感じさせない工夫をすることで安く快適な家とすることができます。

狭小住宅の相場、費用はどのくらい?

ずばり!1000万円台~2000万円台が一般的です。

 

建てる場所や周りの環境、依頼するハウスメーカーによって金額が変わってくるので必ず見積もりを取るようにしましょう。

プライバシーと安心で満足するなら完全分離の二世帯住宅

二世帯住宅といっても色々な形があります。
玄関は一つなのか二つなのか?キッチンは一つなのか二つなのかなどスタイルによって変わってきます。

費用はどのくらいか?

まず、二世帯住宅の費用について考えるとカテゴリーによって変化します。
金額の変化する要因については以下のようになるでしょう。

 

  • 依頼する会社(ハウスメーカー/工務店)
  • 建てる土地の広さ
  • オプション
  • 住宅のグレード
  • 建売か注文住宅か

 

大きな要因として上記があげられる内容になります。
ただ、ケースとして坪単価についても理解しておきたいという人のためにも少しだけ記載してみます。
ローコストメーカーになると55万円程度で請け負ってもらえる会社もあるようですが、平均は65万円程度です。65万円×40坪(仮定)として考えると2600万円程度になります。この金額は純粋な住宅の費用のみと言っても過言ではありません。実際には土地、解体工事、諸工事などの費用が発生するのでまだ費用がかかるということを頭に入れておいてください。

 

二世帯住宅を建てる場合の金額を把握すること

少しだけ計算して、二世帯住宅の金額について計算してみました。しかし、これはあくまでケースです。重要なのは、自分が建てたい住宅がどの程度の金額で建つのかということです。
金額が変化するカテゴリーについては上記のようにたくさんあります。オプションなどは少しでも変化すると数十万円変化するものもあります。自分が建てたい二世帯住宅の完全分離型についてどのようなものか決めて業者へ見積もりをもらってみてください。

 

見積もりをもらう計算してもらうための注意点

ここで注意してもらいたいのは、あらかじめ予算を決めている時に金額を確認する場合は、グレードを落としていることも把握することが重要になります。業者は自分たちの利益を落として安くすることはあまりありません。建てる二世帯住宅のグレードを落とすことによって金額を安くします。そのため、後々のトラブルにならないようにグレードがどの基準であるか常に自分で把握していることが望ましいでしょう。二世帯住宅の完全分離については、費用が他の種類の二世帯住宅よりも多く発生します。そのため、自分の予算に合わせてグレードを落とすという手段をとりやすいのですが、住宅を建ててからメンテナンス費が必要になるということにもなりかねません。自分が建てたい二世帯住宅の坪数が多い場合は多少金額が増えることも考慮しましょう。もしくは、金額を減らしてこまめに住宅のメンテナンスをすることを自覚して安い二世帯住宅を選びましょう。

 

二世帯住宅の完全分離で守られるプライバシー

二世帯住宅で守りたいものがあると思います。その内容で最初に考えることがプライバシーの事ではないでしょうか。自分の両親と暮らすのであれば多少我慢出来る部分はあると思います。ですが、その場合パートナーは言葉悪く言えば他人と暮らす事になります。そのため、プライバシーを家族間でも守りたいという人が完全分離の二世帯住宅を選びます。

 

二世帯住宅の完全分離で決断して大丈夫!?

 

二世帯住宅の種類について紹介します。本当に二世帯住宅の完全分離でいいのか確認してみてください。
ここで気になるのがどこまでプライバシーを守りたいのかで二世帯住宅の種類を選ぶことになります。二世帯住宅は完全分離の他にも種類があります。部分共有型と完全同居型という種類です。部分共有型は水回りや玄関などの一部を共有することでプライバシーを守り、コストカットをして住宅を建てることができます。完全同居型は、すべての部屋を共有して暮らすことになります。住宅を建てる時に大幅にコストカットをしたい場合選ぶものになります。

 

二世帯住宅で完全分離型を選ぶポイント

二世帯住宅でもコスト面などを気にしてしまい部分共有型にしようと考えている人もいるのではないでしょうか。ただ、生活において自分の家族で細かくルールを決めている場合などは注意が必要です。細かくルールを決めている場合は、これまで生活していない人と生活すると多くの部分が気になってきます。自分でこだわりたい部分がある場合は完全分離型の住宅にすることが好ましいでしょう。いくら、家族と言ってもこれまで生活してきた部分を急に変化することはストレスがかかります。自分でこだわる部分があり、部分共有型を選択する場合は、ストレスがあることを覚悟しましょう。

 

プライバシーを守るためのポイント

二世帯住宅の完全分離型を選ぶ人は、プライバシーを守りたいという方が多くいます。そこで、二世帯住宅でプライバシーを守るポイントについて紹介します。

音について

騒音は思った以上にストレスになりやすいので、気になる方は費用がかかりますが、住宅の構造をしっかりした作りにすることが重要です。

モノの貸し借りについて

家が近所である場合には所有物の貸し借りなどがあります。例えば夕飯の準備で油や鍋を借りる場合などがあります。消費するものは特に何度も貸し借りが重なると金額としても多いものになるためルールや期限を決めておきましょう。

鍵の管理について

何かあった時のために合鍵を渡しておくということもあると思います。そこで、問題になりやすのが、勝手に自分の家に入ってしまわれることです。食事の準備などで足りない調味料があった場合などの貸し借りはコミュケーションとして良いものです。しかし、留守にしている時に許可なく住宅に入られてしまっては完全分離型にしても意味がありません。このケースに関しては、家族間で納得いくようにとり決めをすることがオススメです。納得のいく話し合いをして満足のいく二世帯住宅ライフにしましょう。

 

二世帯住宅が持つ安心感

二世帯住宅で頼りしたいのが、お互いが近くにいるという安心感です。子供が急な病気になってしまった場合でも、迎えにいってもらったり面倒を見てもらえるというメリットがあります。また、自分の家族で問題があった場合でも気軽に相談に乗ってもらえるということもメリットですね。電話やメールなどでも相談することができますが、顔を合わせて話すことができるというのは違ったコミュニケーションになります。二世帯住宅は離れて住むのとは違った安心感があるのです。

 

まとめ

さて、二世帯住宅の費用のことから安心できるメリットまでいろいろと述べてきました。これを読んでいる方はどのような理由から二世帯住宅にしようと考えていますか。どんなことにもメリットとデメリットが存在します。重要なのはそのことを把握した上で選択し、把握した問題内容にうまく対処することです。満足いく二世帯住宅の完全分離型を建てることでできるようにいろいろと情報収集してみてください。

 

費用面で大事なこと

二世帯住宅でも普通の注文住宅でも費用についてはシビアに考える必要があります。また、重要なので二度言いますが、業者は安くする場合にはグレードを下げるということが一般的です。自分の予算が理由ということはわかりますが、その場合は住宅を建てる延べ床面積を減らすことも検討してみましょう。安くすることばかり考えて、相手の良心を奪ってしまって大切なことを聞けない場合もあります。

本音を聞くために

例えば、二世帯住宅を建てる予算が足りなくなり、値下げ交渉したとします。しかし、業者の方もギリギリまで見積もっているため、グレードを下げるということになったとします。ここで値下げ交渉においてやや厳しい口調で言ってしまった場合、業者の方は本音をいうことが難しくなります。本当はグレード下げたために5年に一度のメンテナンスが3年に一度になったとします。しかし、より細かく言うと、チェックそのものは1年に一度お願いした方が良い場合そのことは言いにくいものになります。チェックしてもらう時間とお金がかかってしまうことでクレームになることを恐れるからです。住宅を長持ちさせるために聞いておいた方が良いことはたくさんありますが、それを知っているのは現場の職人さんや専門の業者の人です。お互いに言いやすい関係を構築しておくことも住宅を建築することにおいて重要なことでもあります。

二世帯住宅の相場はどのくらい?メリット・デメリットも紹介

自分の両親が遠方で生活している場合、少し不安になりますよね?サザエさんのような二世帯住宅を夢見る方も多いのではないでしょうか。この記事では二世帯住宅の相場二世帯住宅の魅力などをご紹介させていただきます。

二世帯住宅の相場はズバリ3500万円前後!(55坪程度)

と言っても相場であって実際に必要な金額に関しては、間取りやキッチンの個数などで変化します。

 

二世帯住宅の建築価格や相場はおおむね次のような要素によって決まります。

  • 完全分離型にするのか同居型にするのか
  • どのハウスメーカーを利用するのか
  • 延べ床面積(坪数)はどれくらいか
  • 風呂やトイレの個数
  • 木造なのか鉄骨なのか
  • 工法はどうするのか

などが挙げられます。
また、使う床材などの材質でも価格が変わってきます。

二世帯住宅のメリット・デメリットも合わせて知ろう

 

二世帯住宅にしようか悩んでいる方は、メリットデメリットも知っておきましょう。

 

住宅の購入は価格も高価ですし、一生に一度の大きな買い物であるという方がほとんどですね。さらに、自分たちだけで住むのではなく、2世帯住宅となると住み替えをするにしても親世帯の同意が必要になるなど、簡単ではなくなってきます。そこで、せっかく2世帯住宅を建てるのなら、失敗したくないというのが当たり前の考えです。

 

今から紹介するメリット、デメリットをしっかりと把握したうえで家づくりをしていきましょう。

二世帯住宅のメリット

  • 費用をかなり抑えることができる
  • 安心して子供を育てることができる
  • 共有スペースを一つにまとめられる
  • 税金面でもお得
費用をかなり抑えることができる

二世帯住宅は費用をかなり抑えることができるでしょう。

 

特に、今は別々に暮らしていて、両親の家の老朽化が激しく建て替えを検討しているような場合は、別々に建物を作るよりはるかに安くなる場合が多いです。

安心して子供を育てることができる

また価格面だけでなく、親と一緒に住むことで、小さな子供が居ても安心だという声が高まったことも要因となっています。両親共働きでも、保育園の送り迎えを頼んだり、逆におばあちゃんの通院の手伝いをするなど、持ちつ持たれつの関係性が可能になってきます。

 

子供世帯は孫の面倒を見てもらうことができ、親世帯は老後の安心感を得ることができ、大きなメリットとなっています。

共有スペースをひとつにまとめられる

一緒に暮らすことによって、共有スペースをひとつにまとめることができ、そのぶん他の部屋を大きく作ることが出来るなど、間取りの選択にも余裕が出てきます。共有スペースの掃除の分担も可能ですし、夫婦間のプライベートを保ちつつ、家族団らんな時間を過ごせることは大きなメリットだと思います。

税金面でもお得

二世帯の住宅には税金面でもお得です。普通の住宅に住んでいる場合には、税金面でのメリットはありませんが、玄関が2つあって、実質的に2つの建物と認められるような場合には、区分建物として登記する事ができ、不動産取得税や固定資産税が安くなります。このような免除を利用し賢い家づくりを始めたいものです。

二世帯住宅のデメリット

  • 何かをするときに親の同意が必要
  • 建てる前の話し合いの意思決定に時間がかかる
  • プライバシーが守られない場合がある
親世帯の同意が必要

自分たちだけで住むのではなく、2世帯住宅となると住み替えをするにしても親世帯の同意が必要になるなど、簡単ではなくなってきます。

建てる前の話し合いの意思決定に時間がかかる

家を建てる夫婦間で全て決定できればいいのですが、両親が一緒に住むとなると、両親の意見も聞かなくてはいけません。電話で済むのであればそれに越したことはありませんが、口うるさい両親だと大変でしょうね。家づくりがきっかけで家族仲が悪くなったというケースもあるので気を付けましょう。

プライバシーが守られない場合がある

夫婦間だけでいい話が両親が入ってきたりと、2人だけの時間がなかなか取れなくなる場合があります。どこまで首を突っ込んでいいのか等の配慮は必ず必要となってくるでしょうね。

 

 

二世帯住宅の家づくりのポイント

慎重に家族で協議しよう

建てる前の段階で、どこまで共有するのか慎重に家族で協議するようにしましょう。

 

たとえば、玄関から完全に分けて風呂もキッチンも分ければ完全2世帯となり、それぞれの家族のプライバシーはほとんど守られます。通常は1階と2階でそれぞれの居住エリアを分けますが、土地が広く使える場合は横で分けるのも手です。その上で、例えば1か所だけお互いを行き来できる通路などを作るのも良いですね。お互いに荷物の持ち運びも楽になるし、それぞれで1階も2階も使えるのも魅力です。ただ、このような完全2世帯の場合は、価格の相場があまり下がりません。共有できる部分は共有するような造りにすると、ぐっと価格を抑えることが可能です。

節約できる部分は節約する

かなり大きな金額となるのが、キッチンや浴室なので、その辺りを共有することにお互いが抵抗を感じないか考えることはとても重要です。特に、大家族でなければ、浴室は1つで十分の場合も多いので、慎重に検討した方が良い設備の一つと言えるでしょう。

 

キッチンは、使い方がそれぞれで違う場合や食事も時間的に一緒に取ることが少ないようなら別々でも良いですが、1つか2つかで百万円以上異なる場合が多いので、よくよく検討した方が良い点です。トイレや洗面所は、それぞれあったほうが便利だし、大幅なコストカットというわけでもないのでそれぞれに設けても良いですね。

 

あとは、玄関ドアも物によっては非常にコストがかかります。そこまで厳密に分ける必要がないなら1つにした方が良いかも知れません。その分、玄関自体の広さやシューズクロークなどは通常より大きめにしてみてはいかがでしょうか。

 

寝室はそれぞれで必要ですが、仏壇や神棚を置いて主に来客用となるような和室などは1つあれば良いので、どちらかに作ってむしろ広めにするのが良いでしょう。

お互いの距離感に気を付けよう

プライバシーを守れる造りにすることも必要ですが、お互いプライバシーに配慮する意識を持ち、共有しておくことも大切です。同じ家に住むことになるわけですから、お互いがほどよい距離感を保つことが非常に重要になってきます。

 

それぞれのプライバシーを確保するために、はじめにきちんとしたルールを定めておきましょう。たとえば、互いの連絡通路の鍵は必ずかけておくことなどが考えられます。

 

また、子育てに関しての過干渉が増え、ママのストレスになってしまうというケースも聞かれます。この場合も事前の話し合いが大事です。子育てのアドバイスをしっかりもらうのか、それともまったく口出しをしてほしくないのかなど、心置きなく話し合っておくことが、のちのちのトラブルを回避するコツとなります。

 

生活スタイルの違いも、注意点のひとつです。活動する時間帯が、お年寄りと若い世代ではもちろん違うことが多いので、騒音対策をすることも重要です。

 

 

二世帯住宅の家を建ててくれる業者で悩んだら...

ここまで読んでもどの業者にするのかという点で悩みます。

 

実際の業者では良い点と悪い点を自分の判断基準によって選ぶ必要があるからです。

 

自分の判断基準に自信がない場合には、相見積りをして価格によって判断するということも必要です。

 

ただ、価格だけで判断するのではなく、素材についても学習が必要です。

 

もしくは業者の方へ確認する必要があるでしょう。

 

例としては以下になります。

 

■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■

 

「このRZという会社だけAという項目の値段が低い。
他社は、全て二倍以上の金額なのになぜだろう。」

 

もし、RZに依頼するのであればAという項目がなぜ安くできるのか確認する必要があります。
というのも、安くしたことによって材料を悪いものを使用してしまうこともあります。
この場合にはメンテナンス費がかかる場合があるので注意が必要です。

 

■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■

 

このように相見積りをすると、金額差によって気がつくことができます。

 

相見積りについては便利なサイトがあります。

 

それがタウンライフというサイトです。

 

このサイトは、自分の情報とエリアを入力して情報を送るといくつかの会社に見積ってもらえます。

 

便利なサイトなので一度使って見てください。

平屋住宅のメリットを建築費用面と生活面から語ってみる

平屋住宅は、費用の面だけではなく、生活の面でもメリット満載です。この記事では平屋住宅のメリットを建築費用面と生活面から紹介しようと思います。

平屋住宅の生活面のメリット

まずが、平屋住宅の生活面のメリットの紹介です。

身体にかかる負担が少ない

平屋建て住宅の最大のメリットは階段がないので、身体にかかる負担が少ないと言うことです。年齢を重ねると階段の上り下りが大きな負担になりますが、生活の全てが同じフロアにあれば体が弱ったとしても快適に生活を送ることができます。

 

また、子育ても楽になります。階段の移動がないわけですし、子供が遊んでいる間に階段から落ちるという心配もありません。階段から落ちて骨折なんてしたら大変ですよ。。。

生活空間がコンパクト

身体への負担の点からシニア世代に平屋住宅は人気がありましたが、最近では若い世代にも人気が出てきています。

 

少子化の影響もあり、従来の様な大きな家のニーズが少なくなってきているからです。生活空間がコンパクトであれば掃除の手間も省けます。夫婦共働き世帯が主流になっている現代では、家事の負担を軽減させようという心理が働くので
コンパクトな居住空間が人気を集めるようになってきました。

 

大きな家であれば、その分手入れをするスペースが広くなります。子供が巣立ったとには夫婦二人の生活になり、部屋が余るようになるので維持をしていくことも大きな負担になってしまいます。

子どもが小さくても安全!

そしてお子様が小さいうちの子育てにも平屋は最適と言えます。階段がないことで、転落や転倒などに対して不要な心配をする必要がありません。移動スペースが同じフロアにあることで、目を離すことなく家事にも集中することが可能です。

 

フラットな空間であれば老後にも大掛かりなリフォームをする必要がなくなるので長期的に住み続けることが可能になります。生活がしやすく、長期的な観点から見てもメリットが大きいということは十分にご理解いただけるはずです。年代に応じて変化する生活にも対応している住宅と言えます。

風通しがいいこと

風通しがいいこともメリットの一つです。窓を開けることで簡単に家全体に風を通すことができます。一階と二階で空気循環がされづらいことを回避でき、冷暖房の節約にもなるのです。

階段を作る分のスペースを有効活用できる

階段を作る分のスペースを有効活用できるのも利点です。二階建ての家で、将来、家族構成が変わった時のことも考えてみると、一階部分のみで事足りる生活になった場合、無駄にならずに済むでしょう。

 

また、高さがないため、二階建てに比べると構造的に強いです。台風、地震時に危険が少なくなります。

災害リスクも軽減される

地震の多い日本ならではの悩みに、住宅の倒壊を考えなければなりません。2階建て住宅になれば、倒壊をした際に重みで家が潰れるので命の危険にも関わります。

 

平屋建て住宅であれば、2階部分がないので重みがすくなくなり万が一にも災害に巻き込まれたとしてもリスクが軽減されます。命と財産を守るための住宅なので、自然災害にも対応した住宅を建設する必要があります。

 

土地改良や耐震構造の為に費用を充てれば、丈夫で長持ちする住宅になるので建て替える必要がないかもしれません。経年劣化をしたとしてもリフォームで対処できるように家の基盤はしっかりとした造りにしておく必要があります。

平屋住宅の費用面のメリット

 

次に費用面のメリットを見ていきましょう。

建設費用が抑えられる

平屋建て住宅は、建設費用の面から見ても負担が軽減されます。建坪が少なくなることで、建設資材も少なくなるのです。その分グレードの高い建材を利用すれば強固な家を作ることができます。

外壁などのメンテナンスが安く済む

外壁などのメンテナンスの際、二階建てに比べて安くなるというメリットがあります。二階建ての場合は業者の負担や危険度が増すため、その分費用も上がるのです。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカーの間取りとデザイン

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.