ハウスメーカー(注文住宅)

注文住宅の使用環境にあった快適な家電選び~冷暖房・照明編

投稿日:

季節や地域によって気温が大きく変わる日本では、
注文住宅の基本性能だけでは快適な生活を送りづらいのが現状です。

春や秋は比較的過ごしやすいものの、
夏と冬は冷暖房機器をうまく活用しないと健康を害するばかりか、
命に関わる場合すらあります。

夏場に毎年熱中症で亡くなられる方を見ると、
関東地方以南はエアコンが欠かせない環境になっていると感じます。

暖房器具の良し悪しについては、
熱源も含めてお住まいの地域によっても変わりますので、一概には言えません。

北海道と沖縄県では、同じ日本でも平均気温や気候がまったく違いますし、
冬の厳しさも正反対だからです。

ただ、暖房器具のなかにも、
比較的お客様に支持されやすいものもあります

そのなかからいくつかご紹介しましょう。

導入したお客様全員が絶賛した床暖房の良さ

床暖房

私はハウスメーカーの営業マン時代に、
神奈川県の湘南地区、東京都の世田谷区を中心とした23区、
埼玉県の大宮周辺などを担当させていただきました。

この範囲に限って言いますと、お客様に大変ご好評いただいた暖房器具は、床暖房でした

関東地区の一部なので、日本全体で見た場合はわかりませんが、少なくとも関東のこの地域では、
床暖房を支持される方が多かったのです。

私が担当したお客様だけで言うと支持率は100%でした。

なぜそんなに支持されているのかというと、
一番大きな理由は輻射熱(ふくしゃねつ)で部屋を温める方式が身体にやさしいからです。

輻射熱(Radiant Rays)というのは、
太陽の熱と同じ遠赤外線によって直接伝わる熱のことをいいます。

エアコンのように空気を直接温めるのではなく、
物を温めた熱から温かさが伝わってくるのが輻射熱なのです。

床暖房は温かさが床から少しずつ伝わってくる感じが身体に優しく、
エアコンと比べると温かさをより自然に感じられる点に人気が集まっているのでしょう。

注文住宅であればいろいろな場所に床暖房を入れられますから、
よく使うリビングやダイニングだけではなく、
寝室に導入されることをおすすめします

なぜなら、床暖房は空気が乾燥しないので喉に優しいのと、
部屋がじっくり優しく温まっていくおかげで、
眠りやすいという特徴があるからです。

そのほかの導入場所としては、子供部屋や洗面所(脱衣所)も良いでしょう。

洗面所へ導入すれば、
冬場に部屋の温度差によって起こるヒートショック現象の防止にもつながります。

ヒートショック現象で毎年命を落とされる方もいらっしゃるので、
お年寄りのいる、いないに関わらず、床暖房の導入を検討してみてください。

床暖房は電気式と温水式のどちらを選ぶか

床暖房の方式には、電気式と温水式があります。

これらの詳細な違いについては、別の記事で触れていますのでそちらをご参照いただくとして、
改めて個人的におすすめしたいのは温水式床暖房です。

▼こちらの記事で「床暖房」について詳しく記載しています。▼

私がハウスメーカーの営業マン時代にお客様に納品させていただいたのも、
電気式よりも温水式のほうが多かったと記憶しています。

温水式床暖房は、電気・ガス・灯油などを使ってお湯を沸かし、
そのお湯を床下に敷いたパイプの中を通すことで床から温めていく暖房です。

温水式は電気を使ってお湯を沸かすことも方法のひとつに含まれるため、
電気式床暖房と混同されるかもしれません。

しかし、電気式床暖房はヒーターを内蔵したパネルを電気で温める方式なので、
同じではないのです。

では、なぜ私が温水式床暖房のほうを推すのかというと、
まずはランニングコストの安さが挙げられます。

温水式は料金の安い深夜電力を使ってお湯を沸かしておくこともできるので、
同じ電気を使う方式でもこの部分に差が出てきます。

あとは、温水式は湧いているお湯を使いますから、
スイッチを入れてから暖まるまでが早いのも優れた点でしょう。

さらに、お湯が熱源だと温度が高く冷めにくい点や、
輻射熱ならではの優しい温め方ができる点も温水式が選ばれる理由です。

照明器具の特徴を把握して快適な照明計画を練る

照明器具の特徴

照明器具は手元や足元を照らすライト本来の使い方だけではなく、
明るさや色、光りの照らし方を変えれば、部屋の雰囲気を変えることにも使えます

そのためか、照明は国によっても考え方が違うのをご存じでしょうか。

たとえば、日本では蛍光灯をはじめとして、照明に白い光を使うことが多いのです。

駅やスーパー、家電量販店などに行っても、白い光ばかりが使われています。

ところが、外国のたとえば北欧などに行くと、街中では白い光はほとんど見かけません。

ヨーロッパのホテルに泊まった時に、そこで使われている照明を良く見てみると、
蛍光灯の白い光がまったくと言っていいほど使われていないことに気づきます。

このように照明の光に対する考え方が日本とヨーロッパでは大きく異なるのです。

照明器具は毎日使う物ですし、部屋によって用途も異なりますから、
種類と使い方がわかっていると豊かな空間を作れるようになります。

照明の具体的な種類や特徴については別の記事で触れていますので、
ここではどんな点を重視して照明を選べばいいのか、
照明器具の取り付け方法の違いなどについてご紹介しましょう。

▼こちらの記事で「照明器具の選び方」について詳しく記載しています。▼

照明器具を選ぶときは使う部屋のイメージに合わせる

照明器具にはデザインや大きさの大小を含めてさまざまな種類がありますが、
選び方の基本は意外にシンプルです。順番にご紹介しましょう。

照明器具のデザインが部屋のデザインにマッチしているか

照明器具はインテリアの一部ですから、部屋が和室か洋室か、
部屋に置かれた他の家具とデザインがマッチしているかを考えないと、
照明器具だけが浮いた存在になり、部屋にいても違和感を感じるようになります。

わかりやすい例で言うと、和室にシャンデリアがあれば変に思うでしょう。

また、照明器具のデザインが部屋の雰囲気とそれほどずれていない場合でも、
色が合っていないとやはり浮いてしまいます

たとえば、部屋に置く家具の色をモノトーンに統一して絞り込み、
そこに刺し色として部分的に強い色の壁紙を使うような演出はあります。

しかし、うまく計画しないとこれもチグハグな印象を与えるだけになってしまいます。

したがって、最初はあまり奇抜ではないデザインの照明器具から選び、
部屋のインテリアとの関連性を見ながら少しずつ手を入れていくと、
部屋を育てるような楽しみが味わえます。

色やデザインにテーマを設けて
それに合った器具や家具をそろえていきましょう

照明器具にかけるコストはメリハリをつける

コストに関しては、必要な照明器具の値段によっても変わりますので、
これという目安があるわけではありません。

ただ、実際に照明器具を買う段になると、
取り付ける照明の数が多いことに気づくでしょう。

自分で取り付けるシーリングライトなどの照明器具を除き、
天井埋め込み式のダウンライトや外構用のライトまで含めると、
照明器具だけで何十万円、施工費用も足すと100万円を超える場合もあります

そのため、照明器具はコストをかける部分にメリハリをつけたほうがよいでしょう。

たとえば、キッチンの照明は、よほど凝ったキッチンでないなら、
照明器具はシーリングライトや蛍光灯で十分ですし、
補助的にペンダントライトを使うだけでも雰囲気は変えられます。

もちろん、間接照明やダウンライト、スポットライトなど、
キッチンの照明にコストをかけるのも問題はありません。

そのほか、長い時間使用しないトイレはダウンライトで十分かもしれませんし、
反対にデザイン性に優れたライトを壁に作ったり内装に凝ったりするなど、
トイレを本格的な落ち着いた空間に仕上げるのも良いでしょう。

また、リビングや寝室は昼間と夜で照明の色や明るさを変えると雰囲気も大きく変えられます。

特にリビングは接客にも使われる部屋ですから、
デザイン性に優れた照明器具を使えば、
お客様にも見た目で楽しんでいただけるはずです。

電力使用量が低くランプの寿命が長い商品を選ぶ

照明器具は夕方から夜間に使うものですが、部屋によってその使用時間は異なります。

1日を通して使われることの多いリビングは、照明器具を使う時間も長くなりますし、
トイレや廊下は使う時だけライトを灯すわけです。

そのため、よく使う照明器具ほど消費電力が低く寿命も長いLEDに置き換えることをおすすめします。

LED電球を同サイズの白熱灯のダウンライトと比較した場合、
10年間の電気代はLEDのほうが
約10分の1で済むというデータもありますから(LED照明推協議会調べ)、
ランニングコストや電球交換などのメンテナンスの手間も考えると、
LEDのほうがメリットは多いのです。

使用する電球をなるべく汎用品にしてサイズもそろえる

LEDであれば寿命が長いのでその限りではありませんが、
蛍光灯や従来の白熱灯を使用でする場合は、交換の時のことを考えて、
なるべく近所の家電店で入手しやすい規格・サイズを使うことが望ましいです。

電球や蛍光灯はいつ切れるかわかりませんので、
とっさのときにも入手しやすい商品であれば探す手間もかかりません。
その日のうちに購入して交換したいとなればなおさらのことです。

また、サイズがそろっていれば管理もラクですし、
同じサイズをまとめて購入しておけばよいので買う手間もかかりません

照明器具の取り付け方法の違い

照明器具の大まかな選び方がわかったら、
実際に照明器具がどのように取り付けられるのかを理解しておきましょう。

天井直付けタイプ

天井に設置したソケット(引っかけシーリング)に爪を引っかけて取り付けるタイプの照明器具です。
天井に張り付くようなシーリングライトをはじめ、コードで吊るすペンダントライトなどもこの方法です。

天井埋め込みタイプ

天井の一部を切り抜いて、そこに照明器具を埋め込むタイプです。
ダウンライトや蛍光灯の埋め込み型もこのタイプにあたります。

ダウンライトは天井の高さよりも高い場所(引っ込んだ場所)にありますから、
見た目がすっきりするのも特徴のひとつです。

ただ、そのぶん電球の交換にはやや手間がかかります。
電球の交換回数を減らすためにも、あらかじめ寿命の長いLED電球を使いましょう

壁取り付けタイプ

壁に取り付ける照明器具はブラケット照明ともいわれます
ブラケット照明を使うには、電気工事と照明器具の取り付け工事が必要で、一般の方では取り付けられません。

ブラケット照明のなかにはコンセントから電源を取るタイプもあり、
こちらなら業者に工事を依頼しなくても取り付けられます。

その他のタイプ

上記のタイプ以外には、用途の限られたライトがあります。
夜間に廊下や階段の足元を照らすフットライトなどがそれです。

フットライトは電気工事が必要な壁に埋め込むタイプと、
コンセントに差し込んで使える手軽なタイプの2つが主流になっています。

照明器具を便利に使うための配線計画

スイッチをどこに配置すると便利か

照明器具の取り付け方がわかったら、次に重要になるのが照明器具の配線計画です。

配線計画というと難しい内容に思えるかもしれませんが、
要はライトをつけたり消したりするスイッチをどこに配置するかという計画です。

電気の配線は業者の方がやってくれますから、
お客様にはどこにどんなスイッチがあったら便利か
という点を考えていただきたいのです。

たとえば、広い玄関のある家なら、夜間に帰宅した時にすぐに灯りをつけられるよう、
ドアを入ってすぐの場所に玄関ホール用のスイッチがあったほうが便利でしょう。

同じように、階段なら1階と2階でそれぞれ照明をつけたり
消したりできる3路スイッチがあったほうが便利です。

3路スイッチとは、複数の場所から同じ機器に対して
電気のオンオフができるスイッチのことをいいます。

これは、電気をオンオフするための配線が3本で構成されていることからそう呼ばれているのです。

また、先ほどご紹介したフットライトや玄関ドアの外側に付けるライトなどは、
人感センサー付きの商品を選ぶとスイッチの操作が要らず、
また必要な時だけ照らしてくれるので、非常に便利です。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.