生活に欠かせない道路と注文住宅の敷地の関係

ハウスメーカーの安全、防犯性

生活に欠かせない道路と注文住宅の敷地の関係

投稿日:

注文住宅をはじめとした戸建て住宅は敷地に建っています。
そして、その敷地は必ず何らかの道に接しています。

道路沿いの住宅なら門扉を通って敷地から道路に出ることが可能ですし、
公道に接していない敷地でも何らかの私道に接しているでしょう。

私道はその先で公道に接しているはずです。

このように敷地と道路は切っても切り離せない関係にあります。
実際、家に住むうえで敷地から道路に出ないことは考えられません。
周りが畑や水田に囲まれた住宅や山奥にある家であっても、必ず住人は道を通るからです。

法律的な面から見ると、建築基準法の第43条の規定に接道義務が記されているとおり、
住宅と道路はセットで考えます。

接道義務というのは、建築物のある敷地が
道路に2m(あるいは3m)以上接していなければならない義務のことです。

この義務は「都市家計画区域」、あるいは都市計画区域外でも
すでに多くの建築物の建設や敷地の造成が行われている
準都市計画区域」にある建物に対して課せられます。

接道義務は敷地のうち、一か所でも2m以上の道路に接していれば果たしたことになります。

建築基準法で定義された道路と2項道路

さて、先ほどから道路という言葉を使っていますが、
この道路にも建築基準法の第42条に定められた定義があり、
道路とは幅員が4m以上ある道のことを言います。

ところが、普段使う道を思い浮かべてもおわかりかと思いますが、
街のなかには4mの幅員に満たない道もたくさんあります。

道路を定義した建築基準法が施行されたのは昭和25年(1950年)ですが、
当時は今よりも幅員の狭い道が多く、各行政が指定すれば
幅員が4mに満たない道でも道路として扱うことができたのです。

このように、指定すれば幅員が狭くても
道路として扱えることを建築基準法第42条の2項に記したことから、
4m以下で道路扱いになった道を「2項道路」または「みなし道路」と呼びます

2項道路に接している住宅は多い

建築基準法で定義された道路と2項道路

実際に街を歩いてみても、幅員が4m以上の道路に接している敷地よりも、
2項道路に接している敷地のほうが多い印象を受けます。

開発が行われていない古い住宅地や、都心の住宅密集地などは、
ほとんどが2項道路と言っても良いぐらいです。

ただ、2項道路に接した敷地は、道路の中心線から最低でも
2mぶんまで両側にセットバックしなければならないので、
建築基準法上の敷地面積は狭くなってしまいます。

たとえば幅員2mの2項道路の場合は、中心線から最低でも
1mずつセットバックしますから、そのぶん敷地が狭くなるというわけです。
(セットバックした部分の敷地は敷地面積に算入されません。)

敷地の分割によって生まれる旗竿地

敷地のなかには旗竿地(はたざおち)、
または路地状敷地(ろじじょうしきち)と呼ばれる土地があります。

旗竿地とは、上から見ると旗とそれを繋げたポールのような形をした敷地のことで、
ポールに当たる細長い部分が道路と接する道代わりになります。

路地状敷地と呼ぶ場合はこのポール部分を「路地上部分」と呼びます。
このポール(または路地状)部分の幅員を2m以上にすることで接道義務を果たすわけです。

では、なぜこのような形の敷地ができるのでしょうか?

たとえば土地を遺産として相続し、分与するために敷地を2つに分けるとしましょう。
この際、敷地の南側のみが道路に接しているとします。

その場合、敷地を東西に分けられれば、両方の敷地の南側が道路に接するので、
接道義務を果たすことができます(敷地の南側が4m以上あるとします)。

しかし敷地の形の問題で、南北に分けなければならない場合もあるでしょう。
その場合、北側に分けた敷地は道路に接することができません。

それを避ける場合によく使われるのが、南側の道路に接する部分を北側の敷地とつなげ、
旗竿地(路地状敷地ともよばれる)にする方法なのです。

2項道路に満たない道に接する敷地は?

道のなかには、2項道路の条件を満たすことのない、より細い道もあります。
このように幅員2m以下の道に接する敷地には新築の住宅を建てることはできません

しかし、すでに中古の住宅が建っているのであれば、その建物のリフォームをすることはできます

こういった狭い道に接した敷地で、中古の住宅が建っている物件は再建築不可物件と呼ばれています。

再建築不可物件は、中古の建物を壊して更地にすると再び家を建てることができなくなってしまいます。

したがって、中古の建物付きの敷地を購入し、
その建物をリフォームして住むという選択肢しかありません。

そのぶん近隣の相場と比べると、敷地と建物が大幅に安くなっている場合がほとんどです

旗竿敷地に注文住宅を建てるメリット

旗竿敷地を活用した注文住宅建築の例
上で触れた旗竿敷地についてはこんなエピソードがあります。

私がハウスメーカーの営業マンをしていた頃、東京都練馬区のお客様を担当したことがありました。

その方からは

「注文住宅を建てたいので、土地探しから協力して欲しい
というご相談をいただいたのです。

ご予算は土地と建物の合計で約6000万円

ただし、住宅に対するお客様のご要望に応えるためには、それなりの広さの土地が必要でした。

ご依頼内容をもとに土地をいろいろと探し歩いてはみたものの、
なかなか見つけることができず、ようやく探し出した土地は路地上敷地(旗竿地)でした。

その土地は、建築に必要な条件を満たす広さがあったことはもちろんですが、
坪単価に換算して考えた場合にもお得で、その路地上敷地がベストな選択だったのです。

路地上敷地は、土地の形でいうと有効宅地部分と呼ばれる「旗形」の部分と、
路地上部分という「旗のポール型」の部分(公道につながる細長い土地)からなります。

路地上部分は敷地内の通路というような扱いで、建物は有効宅地部分にしか建てられません

そう聞くと、一見使いづらい土地にも思えます。

ところが、道路から少し離れている場所に建物を建てる分静かであったり、
道路からの視線が気にならなかったりと、この形ならではのメリットもあるのです。

ただし、路地上部分の幅が接道義務を満たすために2mギリギリしかないと、
駐車をすることができません。

駐車をしたい場合は、最低でも幅員が2.5mは必要でしょう

このように注意点もいくつかありますが、メリットがある点も十分ご説明したところ、
お客様も納得して、無事に家を建てることができました。

形が変わっていることに目をつぶれば、

独特のメリットもある旗竿地(路地上敷地)は決して悪くない選択だと思います。

敷地に建てる住宅の大きさには決まりがある?

敷地に建てる住宅の大きさには決まりがある?

敷地と道路の関係がわかったところで、次は敷地に建てる住宅の大きさについて考えてみましょう。

敷地のある場所は、用途地域ごとに、建蔽率(けんぺいりつ)や容積率が決められています

用途地域の詳細については別の記事をご参照いただきたいのですが、
簡単に説明すると、街のなかに建てられる建物・施設の種類、
大きさが地域ごとに分けられているということです。

たとえば同じ50坪の敷地でも、そこがどの用途地域にあるかによって、
建物の建蔽率や容積率に差が出てくる場合があります。

建蔽率と容積率が一番厳しく制限されているのが、
第1種・第2種低層住居専用地域第1種・第2種中高層住居専用地域です。

都市部は地価が高いこともあり、なるべくなら建蔽率の高い敷地に家を建てたいと思うものです。

閑静な住宅街に住みたいのであれば、低層住宅専用地域を選ぶのがベストの選択でしょう。

しかし、狭い敷地を有効活用したいのであれば、建蔽率がより緩和されている
第1種住居地域などで敷地を探してみるのも手です。

第1種・第2種住居地域なら、低層住居専用地域よりも
容積率が緩和されていますから、より広い家が建てられます。

注文住宅を建てる際は建蔽率と容積率を最大に

建蔽率と容積率に関しては、

私がハウスメーカーの営業マンをしていた頃から変わらない考え方があります。

それは地価の高い場所ほど、最大限の建蔽率・容積率で建物を建てるということです。

そのほうが、収納も含めて後々スペースが必要になった場合でも後悔しなくて済みますし、
会社の異動などで万が一住宅を売ることになった場合でも、より高く売れるからです。

「敷地が広くて建蔽率・容積率いっぱいに建ててしまうと、建物が大きくなりすぎてしまう」
という場合でも、たとえばアパート併用住宅にして、
部屋を賃貸にするなどすれば有効活用ができます。

以前、ハウスメーカーの営業マン時代に、
弁護士をされているお客様を担当したことがありました。

お客様が購入された土地の用途地域は工業地域で、容積率が最大限の400%ありました。

そこは4階・5階の住宅も建てられる土地でしたから、
私は重量鉄骨の建物で、容積率いっぱいの賃貸併用住宅を建てることをおすすめしたのです。

ところが、それだけの建物を建てるとなると当然大きな金額になります。

そのため、私が提案したプランに対して、当初はお客様も難色を示していました。

これは無理もないことです。

しかし、私はせっかく絶好の条件がそろっているのだからと、
お客様を説得した結果、賃貸併用住宅を建てていただけることになったのです。

今ではそこに立派な住宅が建っており、お客様から十分な賃貸収入があると感謝をされています。

お客様ごとに予算の都合もあると思いますので、これが絶対に良い方法というわけではありません。

しかし、予算が許すなら、できる限り建蔽率・容積率いっぱいの注文住宅を建てることをおすすめします。

敷地に建てられる建物の高さにも制限がある

最近は住宅メーカーのTVCMでも宣伝されているように、
3階建ての住宅はすっかり当たり前となり、珍しい存在ではなくなりました。

3階建て住宅は、最も規制が厳しい第1種低層住居専用地域でも
10mの高さまでなら建築が可能ですから、用途地域から受ける高さの制限はほぼありません

しかし、高さ的には十分でも斜線制限などの別の問題が理由で、
3階建てから2階建てに変更する方もいらっしゃいます。

実は建物を建てる際には、道路斜線北側斜線隣地斜線
そして日陰規制Vを守らなければなりません。

これらについて簡単に解説しましょう。

道路斜線

道路斜線とは、道路と道路の両側に接する建物の日照や採光、通風を確保するための規制です。

簡単に言うと、建物によって出来た日陰が、前面にある道路の境界線を境に、
決められた勾配よりも内側になくてはならないとするものです。

屋根の一番高い部分から地面に対して斜めに作られる日陰を、
なるべく建物側に収めるために建物をセットバックしたり、
高さを制限したりすることがありますが、これは道路斜線を守るためなのです。

北側斜線

北側斜線日陰を作る建物の北側にかかる制限のことで、
敷地北側の前面にある道路の反対側の境界線、
あるいは北側の隣地境界線から一定の高さ(垂直の距離)から立ち上がる斜線の中に、
建物を収めなければなりません。

街を歩いていると北側の屋根が急角度になった住宅や、
北側が急角度の壁面になったビルを見かけることがあると思います。

そのような建物はほとんどの場合がこの北側斜線対策のためです。

北側の角度を急にしないと斜線の内側に建物が収まらないので、
その斜線に沿って建物に角度をつけているわけです。

日影規制

日影規制とは建物が敷地や敷地の周辺に落とす影の範囲を制限することで、
日照を含めて良好な環境を作ることを目的とした、建物の高さ規制のことです。

これは1970年代頃から増え始めた高層マンションの日陰によって、
日照が奪われる住宅などを守るために作られたもので、商業地域や工業地域には適用されません。

また、この規制のある区域では、北側斜線は適用されません。

このように、周囲に迷惑を掛けかねない建物の影は、上記の3つの規制で制限されています。

ここで3階建て住宅の話に戻りますが、3階建て住宅を建てる場合は、
最上部が規制にかかる関係で建物の北側を斜めにせざるを得ません

その結果3階が狭くなってしまうために、2階を選ぶ方がいるというわけなのです。

第1種・第2種低層住居専用地域では、戸建ての住宅でも3階建て以上になる場合や
建物の高さが7mを超える場合は、これらの制限が加わってきます。

日陰で周囲に迷惑を掛けないほど十分な敷地の広さがない場合は、
3階建て住宅はよく検討をされたほうが良いでしょう。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカーの安全、防犯性

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.