ハウスメーカー(注文住宅)

注文住宅の間取りが固まったらプランと費用を確認

投稿日:

注文住宅を建てる場合、
ハウスメーカー、工務店、設計事務所の
どこに設計を依頼するかによって、作業や契約の流れが変わります

たとえば、私が以前営業マンをしていたハウスメーカーや工務店の場合は、
基本的に1社で設計と施工の両方を行います(設計施工)。

しかし、設計事務所に頼んだ場合は、住宅の設計は設計事務所、
施工は別の工務店と作業が分かれているために、
依頼する相手が2社に分かれます(設計施工分離方式)。

とはいえ、どこの会社に設計を依頼するにしても、
打ち合わせを重ねて理想の間取りが固まったら、
注文住宅の制作工程はひとつの節目を迎えたと考えて良いでしょう

住宅を建てる計画、すなわち建築計画には主に4つのステップがあり、
間取りを決めることは、そのステップの1つ「基本設計」になります。

「設計」と言うと家の図面・設計図を書くことだけのようにも思われがちですが、
それは実際のところ計画のほんの一部にすぎません。

ここでは設計事務所に設計を依頼した場合を例に
建築計画の4つのステップについて違いを見てみましょう。

1)企画・調査・規模の検証
設計を行う前に、敷地の広さや立地条件、上下水道、ガス、電力の供給状況などについて
現地で細かく調査をします。

2)基本設計
施主から建てたい住宅の間取りや部屋の広さ、設備などを良く聞き取って、
プランニングを進めていく段階です。都市計画法や建築基準法など、建築に関係する法令に照らし合わせながら、
平面と立体の基本設計図を作成します。

具体的な間取りがこの段階で固まるのにともない、
工事費の概算もわかるようになりますから、
建築費用の支払計画が立てられます

基本設計の段階で出来上がる図面は比較的シンプルな内容なので、
施主にもわかりやすい内容です。

3)実施設計(詳細設計)
基本設計図書(図面、仕様書、構造計算書)で固まった内容をもとに、
工事の請負業者が実際に工事できたり、
工費の具体的な内訳明細が作れるまで情報を盛り込んだりして、
設計図書を作成する段階
のことをいいます。電気や給排水の場所なども書き込まれ、
かなり詳細で専門的な内容の図面となるため、
施主だけでは内容が把握しにくいはずです。

この段階で作成した設計図の一部をもとに、
建築確認申請手続きを行います。

これで建築確認通知書を受理しないと、着工することができません。

実施設計が終わった時点で大規模な変更を加えることは、
ここまでの計画を無駄にすることになりますし、
余計な費用を使うことにもなってしまいます。

4)工事標準管理
実施設計図に基づき、工事が請負契約書などに示された条件に従って
適切に施工されているかを管理します。以上の4つのステップのうち、1)と2)が「基本設計」と呼ばれる段階にあたり、
基本設計で注文住宅のおおまかな内容・方向性が決まります

たとえば建物が平屋なのか2階建てなのか、どういう間取りなのか、
各部屋の大きさはどのぐらいなのか、ドアの場所はどこかなど、
基本的な設計がこの段階で決まってしまうわけです

基本設計は施主の要望をどう間取りに落とし込むか、
または落とし込めるかを検証しつつ図面に示した段階です。

さらに具体的に図面を作るのは、その次の実施設計(詳細設計)になります。

実施設計を無駄にしないために基本設計でシミュレーションをする

間取りが決まったら費用をシミュレーションしよう

施主から間取りに対して十分に要望を伝え、基本設計である程度形が見えたら、
一端立ち止まって完成予定の家に対する
生活シミュレーションをしてみることをおすすめします

生活シミュレーションというのは、
その家で朝起きてから夜寝るまでの1日の生活を想像してみるということです。

たとえば、朝起きたときに自分はどの部屋で寝ているのか、
そのときに朝日はどちらから差し込んでくるか、
また着替えはどの部屋で行うのか、
ダイニングのどのあたりに座って食事をするのかなど、
生活の時間に沿って、家の中での行動を具体的にイメージしてみましょう。

計画した間取りをもとにイメージを膨らませると、
動線にムダが多いことがわかったり、
扉や窓の位置を不便に感じたりすることがあるかもしれません

また、シミュレーションをするときは、規則正しい生活だけではなく、
時間帯のずれた生活やアクシデントも想定しておきましょう。たとえば、
深夜に帰宅したときに家族を起さずに部屋まで行けるかどうかや、
停電をしたときにブレーカーがすぐ見つけられるかどうかなど、
特定のシチュエーションも想定してみると、
図面に潜む問題点がより見えやすくなります。

これは屋内の間取りだけではなく、
外構やガレージなどにも有効な方法なのでぜひ試してみてください。

実施設計が完了したら相見積もりを取りましょう

相見積もりを取りましょう

基本設計の内容に問題がなく、実施設計が終わったら見積もりを取ります

よほどの理由がない限り、見積もりを取る会社は1社に絞り込まず、
最低でも3社は選びましょう

この際、ハウスメーカーにも合い見積もりを取りたい場合は、
設計の段階から依頼してください

なぜなら、実施設計で上がった図面をハウスメーカーに渡しても、
工法などの違いから対応できないからです。

したがって、各企業における設計と施工の分担は以下のようになります。

依頼内容 担当する施工会社
設計のみ依頼 設計事務所
設計から施工まで依頼 ハウスメーカー、工務店
施工のみ依頼 工務店

設計事務所に設計を依頼した場合は、
施工する工務店を探してそちらの見積もりも取ることになります。

設計を工務店にお願いした場合やハウスメーカーを選んだ場合は、
設計と施工が一緒に行われる場合がほとんどなので、
施工会社を探す必要はありません。

見積もりを依頼する設計・施工会社の探し方は?

注文住宅の設計・施工の見積もりを取るといっても、
どこの会社に依頼すればいいのでしょうか?

これが絶対に正しい、という選び方はありませんが、
費用やトラブルの面で発生しがちなトラブルをなるべく減らすには、
以下の方法を試されると良いでしょう。

1)依頼する会社の規模を変えて合い見積もりを取る

ハウスメーカー、工務店、設計事務所+工務店という具合に、
依頼する会社の規模を変えてそれぞれから見積もりを取ると、
費用はもちろん、工法や間取りに対するそれぞれの考え方の違いを比較できます。

この比較が非常に良い検討材料になるのです。

この際、それぞれの会社には同じ間取りを伝えて(同じ条件で)
設計をしてもらわないと比較にならないので注意
しましょう。

私はハウスメーカーの元営業マンでしたから、
ハウスメーカーの注文住宅を推したい気持ちはありますが、
あえて合い見積もり一括見積もりを取ることをおすすめします。

これによってそれぞれの会社の良し悪しが見えてくるはずなので、
ぜひ比較検討してみてください。

2)設計事務所の横のつながりを利用する

設計事務所に設計を依頼した場合
工務店探しはその事務所と取引のある会社から何社か紹介してもらうのも良いでしょう。

お互いに普段からいっしょに仕事をしている関係なので、
よほどひどい会社は紹介されません。

裏を返せば、紹介された工務店は設計事務所の太鼓判を押されているわけです。

これなら安心感があるでしょう。

また、ご自分で会社を探す場合、
もしも家の近くに2~3代続いている家族経営的な工務店があるなら、
そこに依頼してみるのも手です。

そういった地元密着型の会社は、
確かな腕と評判がなければ長く営業は続いていません。

会社が2~3代も続いているのであれば、
それだけ確かな実績があるということです。

3)親戚や上司の知人などが経営する会社はなるべく避ける

工務店や設計事務所探しの方法として、親戚や友人を頼るのも1つの手です。

しかし、合い見積もりを取って断った場合、
紹介相手の心象を悪くする可能性のある場合は避けておいたほうが無難です。

たとえばあなたがサラリーマンの場合、
会社の上司の知り合いに工務店を経営されている方がいるとします。

上司からその方を紹介され、図面を見せてもらったり合い見積もりを取ったりした結果、
お断りすることになったとしましょう。

その後、その上司がメンツを気にされない方なら構いませんが、
そういうつてで紹介されたあなたは、断りづらいのではないでしょうか?

直接の利害関係はないとはいえ、
その後上司と仕事をするうえで小さな禍根が残らないとも言えません。

そんな心配を抱えるぐらいなら、最初から依頼しないほうが気は楽でしょう。

建築中も上司の知り合いということで余計な気を使ってしまうかもしれません。

また、親しい親戚や兄弟が工務店や設計事務所をやっていた場合も、
いざ断るとなったら断りにくいのではないでしょうか。

間柄が親しいほど、
提示された見積額になかなか「No」とは言いにくいものです。

こう書くとお付き合いを無視した冷たい判断のようにも思えるかもしれません。

しかし、大きな金額が絡む一生に一度の買い物だからこそ、
人間関係も含めて会社の選択は慎重を期すことをおすすめします

4)家から近い場所にある会社を選ぶ

その会社ならではのデザインができる設計事務所など、
「あの会社以外は考えられない」という特別な思い入れがない限りは、
設計・施工会社は家から近いほうが何かと便利です。

家から近ければ打ち合わせ回数が多くなってもすぐに行けますし、

注文住宅を建てたあとに何かあった場合でも、すぐに来てもらえます。

といっても、家から会社までの距離に、選ぶための目安があるわけではありません。

交通機関を使って移動する時間を考えると、遠くてもせいぜい15km圏内でしょう。

ただ、地方であればこの限りではなく、また設計・施工会社の多い都内なら、
範囲をもっと狭めても良いと思います。

注文住宅にかかる費用・予算の内容を把握する

注文住宅を建てるときに、必要な費用・予算を把握することは非常に大事です。

住宅はさまざまな材料、部品が何千・何万個と集まって1つの家を形作っているので、
部品1つの小さな金額の違いも、数が増えると大きな差額となって予算に表れます。

このときに役立つのが見積もり書の比較です。

そもそも、提示された見積もり書が、必ずしも完璧な内容ではない場合がありますから、
じっくりと中身を見て、抜けている要素がないかを確認しましょう。

とはいっても、専門的な部品や部材になると、
それがどういう役割でどんなグレードの商品なのかは、
一般の方にはなかなかわからないと思います。

さらに、すべての部品に対して1つずつ機能や価格を調べて比較検討するというのも、
その手間と時間を考えると現実的ではないでしょう。

しかし、やはり比較の目安がなければ判断の拠り所を失ってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、
かかる費用を家の間取り単位で比較することです。

注文住宅を間取り単位に分けて予算を検討する

間取り単位に分けて費用を考える

各施工会社に提出してもらった合い見積もりは、
同じ条件の間取りにすることを前提にしているはずですから、
部屋単位で費用の比較ができます。

この比較方法で各部屋の見積もりを見ていくと、
各社が算出した金額の差がわかると同時に、
その会社がどこにお金をかけようとしているのかがわかります。

たとえば、A社はキッチンの施工費用に200万円、
B社は250万円の金額を提示してきたとしましょう。

この場合キッチンの広さは同じと考えます。

このうち、見積もりの50万円の差が設備のグレードアップなどに使われていた場合は、
そう悪くない提案かもしれません。

たとえば、キッチンの間取りにパントリーの設置を希望されていたとして、
値段は高いもののB社が選んだ商品の使い勝手がよさそうなら、
50万円高い見積もりでも十分な検討材料になるでしょう。

反対に50万円の半分ぐらいが人件費に使われているとか、
同じ商品の割引率が単にA社よりも悪く、そのぶん高くなっている場合は、
見積額の差から納得感は得られないかもしれません。

このように、屋根や外構なども含め、
家の場所・間取り単位で見積もり金額を比較していけば、
問題点がよりわかりやすくなります

全部の部屋を比較し終わったあとには、
どこに費用をかければいいかが、よりはっきりとわかってくるでしょう。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.