外観と外構の決め方

ハウスメーカーの間取りとデザイン

注文住宅の門扉、塀、植栽などの外構と外観の決め方

投稿日:

注文住宅を建てるとき、門扉、塀、植栽などの外構と外観にもこだわりたいと思う方は多いです。

大手ハウスメーカーの元営業マンが、イメージ通りの外観にするための流れと、
外観に合った外構をプランニングするコツをお教えします。

外観・外構を決めるポイントをおさえる

注文住宅の外構と外観の決め方

注文住宅において、家の見た目はその家主を表す大事なポイントになります。

自分のイメージを形にするには、外観と外構をセットで考え、統一感のある家づくりを目指しましょう。

建物の外観を考えるときに押さえておきたい3つのポイント

建物の外観についての考え方は、建てる方の好みや予算の問題もありますから、正解はひとつではありません。

とはいえ、後悔しないために押さえていただきたいポイントはあります。

それらを3つほどご紹介しましょう。

1)注文住宅の外観は街並みと調和するデザインにする

先に、私が以前担当した埼玉県大宮市のお客様の例をご紹介します。

そのお客様は家の建て替えを希望されていました。

私が「どんな外観をお望みですか?」と聞くと、お客様は
個性的な見た目はいらないので、自然と調和する家にしてほしい
と答えたのです。

そこは大宮の繁華街から離れた自然の多い閑静な住宅街でした。

つまり、お客様が生まれ住んだ街の風景や自然になじむ家にしてほしい、というご要望だったのです。

私はこの言葉を聞いて、さすがだなと唸ってしまったことを良く覚えています。

私は約20年間ハウスメーカーの営業マンをやってきて、
その間にさまざまな家を見てきました。

しかし、家の外観についての考え方は、
このお客様のご要望が核心を衝いたものであると思います。

確かに家づくりに個性は大事です。

どんな快適な部屋・間取りを望むかで、お客様の個性が出ます。

しかし、その結果それぞれの街が持つ景観から浮いてしまうような個性は、返ってマイナスになると考えます。

たとえば、これは極端な例ですが、カラフルな外壁の建物が並ぶ北欧の街に、
突然白と黒を基調とした日本家屋が現れたらおかしいですよね。

もちろん日本の家屋は美しい建物です。

とはいっても、北欧ならではの鮮やかなカラーで統一された街並みのなかでは、
日本の家屋は周囲から浮いてしまうでしょう。

そのお客様の家を建てたのは12年ほど前でした。

最近大宮の近くに用事があったため、少し足を伸ばして久しぶりにそのお宅を見てみましたが、
今でも風景になじんだ良い家でした。

家は何十年とその地に建ち続けるわけですから、
周囲に溶け込み風景を壊さないことが大切なのです。

2)住宅の外観とバランスのとれた外構計画を練る

敷地に余裕がある場合は、外構にも力を入れましょう。

敷地の広さにもよりますけれど、
まずは門扉、建物、植栽のバランスを大事にしたいところです。

特に植栽の緑は周囲からの目隠しになるだけでなく、
見る人に安らぎを与えてくれますから、積極的に採り入れてください。

人間にとって緑は心を落ち着かせてくれる色です。

和室の井草の畳のように、緑を基調とした部屋はおだやかな気持ちになれます。

また、植栽を道路から見えるようにすることで、建物との対比も鮮やかになり、外観も引き立つのです。

3)住宅の外壁に使う部材の質感を考える

住宅の外壁にはさまざまな材質とデザインがあります。

注文住宅によく使われるサイディング(板状外壁材)でも、タイルや岩肌などのさまざまな模様がありますし、
サイディングを使わずに塗り壁にしたり、焼き杉や石を使ったりするなど、種類と方法も多彩です。

外壁は色で印象が決まる部分も大きいとはいえ、
屋根の形状とのバランスも考えて、まずは質感を重視したほうがデザインの方向性も定まりやすくなります

街並みに合う注文住宅

3つのタイプ別に外構を決めるポイントをおさえる

外構には大きく分けて3タイプの仕様があります。

  • オープンタイプ
  • クローズドタイプ
  • ミディアムタイプ

ここからは、外構のタイプ別にそれぞれの特徴を見ていきましょう。

プライバシーを重視する度合いや予算で選べる外構タイプ

周囲の環境に溶け込んだ家にするためにも、
建物だけではなく外構にも気を配りましょう。

ひとくちに外構といっても、作り方はさまざまですが、
まずはオープンタイプとクローズドタイプ、
そしてその両方の特徴を兼ねたミディアムタイプの3つのパターンから考えてみましょう。

1)オープンタイプの外構

オープンタイプの外構は、門扉やフェンスをほとんど使わず、
敷地とその前の道が地続きになっているような印象を与える外構
です。

門扉やフェンスがないぶん費用を抑えることができるのと、
敷地が広く感じられるようになるメリットがあります。

そのため狭小地などであえてオープンタイプにする方もいらっしゃいます。

デメリットとしては、敷地内への出入りが簡単になってしまうので、
ほかのタイプよりも防犯に気を付けなければいけない点が挙げられます。

また、植栽などを使って、外を通る人からの視線をさえぎる工夫もしておかないと、プライバシーを確保するのも難しくなります

オープンタイプは開放感がありますから、
アーリーアメリカンスタイルの家を作りたい場合にも、この外構をおすすめします。

2)クローズドタイプの外構

クローズドタイプは、庭や建物が外から見えなくなるほどの高い塀やフェンスを作り、
プライバシーを確保したり防犯性を高くしたりする外構です。

高級住宅街などでは、カーポートをレンガ貼りの高い壁にして敷地を囲い、
外から庭や建物が見えなくなっている家を良く見かけますが、それはこのタイプです。

クローズドタイプは重厚感のある佇まいになる一方、
周囲からは閉鎖的に見えてしまったり、高い壁が圧迫感を与えたりすることもあります。

また、オープンタイプや一般的な外構よりも費用がかかる点も注意が必要です。

さらに、高い壁に光がさえぎられてどうしても陽当たりが悪くなりますから、
敷地にはある程度の広さが必要です。

3)ミディアムタイプの外構

ミディアムタイプ(セミクローズドタイプと呼ばれることもある)は、
オープン・クローズドタイプの両方のメリットを取り入れたごく一般的な外構です。

オープンタイプほど開放感があるわけではなく、
クローズドタイプほど高いプライバシーが確保されているわけではありません。

そもそもミディアムタイプは、敷地がフェンスで囲まれていなければならないなどの決まりがないので、たとえばカーポート部分だけをオープンタイプにして、あとはクローズドにするなど、両方のタイプの良いところを自由に採り入れて良いのです。

まとめ

注文住宅の外観と外構

外構用のエクステリア商品は種類も豊富で、予算やデザインに合わせて自由に組み合わせられるぶん、細部まで凝ることができますし、費用の調整もしやすくなっています。

各タイプのメリットデメリットをよく比較しながら、
豊かな外構計画を立ててみてください。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカーの間取りとデザイン

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.