ハウスメーカーの相場と費用

注文住宅をローコスト化するために個人ができること

投稿日:

注文住宅を販売するハウスメーカーのなかには、ローコストで家を建てられることをウリにした企業があります。

そのなかでも、テレビCMを流しているタマホーム、飯田産業、アイフルホームなどは、ローコストをウリにしたハウスメーカーとしては、比較的知られた存在でしょう。

ところで、ローコスト住宅におけるローコストの定義とは何でしょうか?

人によって低い(安い)と感じる金額にも幅がありますので一概には言えませんが、ここでは坪単価20万円から高い物でも50万円程度で作れる家のことをローコスト住宅と定義します

通常、再建築不可といった特別な条件が付いていない一般住宅の相場は、最低でも坪単価で60万円以上はしますから、ロ―コスト住宅がいかに安いかがおわかりいただけるのではないでしょうか。

しかし、坪単価が安いとはいっても、ローコスト住宅の目的は一般住宅と同様に良い家を作ることです。

一見、「良い家」と「安さ」は矛盾するようにも思えます。しかし、ローコスト住宅は「低予算のなかで最大限できることを目指した住宅」と考えてください。工夫をすれば、それも十分可能なのです。

注文住宅をローコスト化するために個人ができること

ローコスト住宅を実現するための鍵は、端的に言うとコストダウンの努力と工夫です。

もっとも、これはあくまでも企業側の努力であって、
お客様が注文住宅を考える際には踏み込めない、工夫のできない領域です。

部材の大量仕入れや流通の合理化など、企業だからこそできるコストダウンの方法があります。

ハウスメーカーによっては独自の工法を採用することで、施工費を抑えられることもあるでしょう。

実はこういった企業側の努力以前に、お客様がどんな家を建てたいかによってもコストダウンに貢献できるのです。
それはどんな方法なのでしょうか?

それでは、お客様のどんな選択が注文住宅のコストダウンにつながるのかをいくつか見てみましょう。

建物の外観をシンプルなデザインにする

シンプルデザインでローコスト化

一般的に注文住宅というのは、家に対する要望の数に比例して、施工費用が増えていきます。

間取りに凝ったり、設備のグレードを上げたりするだけでも費用が大きく変わるわけです。

したがって、1階と2階の床面積が違ったり、大きな中庭があったりと、
複雑な間取りにして建物の外観に凹凸が増えると、そのぶん表面積が増えます。

表面積が増えれば、使う材料も多くなりますから、当然コストにも跳ね返ってきます。
さらに、建物の構造体が複雑になった場合も費用が増えてしまうのです。

しかし、これが長方形、正方形などのシンプルなデザインの外観であれば、
必要な材料は最小限で済み、コストも安く済みます

形がシンプルなら施工もより簡単で、工期も短くて済みますから、
人件費も抑えられるというわけです。

単価の低い内装材・外装材を選ぶ

ローコスト住宅の最も手軽なコストダウンの方法は、安い材料を使うことです。

内装材・外装材は使う面積も広いですから、
選び方によってはコストを大幅にカットすることができます。

しかし、すべての部屋に同じ種類の内装材を使うわけにはいきませんから、
安い材料を使う部分とそうでない部分のメリハリをつけましょう。

リビングにはお金をかけて、トイレや洗面室を安くするなど、
費用のかけどころを決めるわけです。

水回りをまとめて、配管の無駄をなくす

ローコスト住宅のキッチン、洗面所、浴室などの水回りは、
隣り合うように配置して給排水用の配管を短くすればコストのカットが可能です。

建物が2階建て以上なら、上下階で水回りの位置がそろっていると、
より合理的な配管ができるようになります。

節電・節水型の機器を導入する

住宅が完成したあとのことも視野に入れるのなら、
節電や節水に対応した機器を選ぶことで、ランニングコストを抑えられます。

たとえば、節水型の便器やシャワーを使えば、水の使用量を抑えて水道代を節約可能です。

そのほか、照明をLEDに変えたり、家電を低消費電力のものに変えたりすることでも、
電気代を抑えてコストカットに結びつけられます。

建築材料や仕上げ材を厳選して、丈夫で長持ちする注文住宅を建てる

コストの安い素材を使用したローコスト住宅

ローコスト住宅をつくる際に注意したいのは、コストカットを優先し過ぎて、
ランニングコストや建物の耐久性をおろそかにしてしまう
ことです。

市場にある安い建材を使う場合でも、
基本的にはJIS(日本工業規格)の審査を通っているわけですから、
最低限の品質は保証されています。

とはいえ、材料によっては耐久性能に違いがあり、
それが理由で建物の耐久性にも差が出てきてしまいます。

また、建材のライフサイクルが短ければ、取り換えのたびに費用もかかりますから、
材料の選び方が悪いと結果的にローコスト化に貢献できなくなることもありえるのです。

20年、30年と長期間住む家であると考えれば、メンテナンスのしやすさは疎かにできません。

それでは、建材を選ぶ際にはどんなことに気をつければ良いのでしょうか

基本的には、大量生産され普及している材料(普及品)を選ぶことが、最もコストカットに結びつきます。

しかし、ポイントはそれだけではありません。以下の点も参考にしてみてください。

用途に合った仕上げ材を厳選して使う

仕上げ材とは、建物の内装・外装に使う材料のことです。

内装であれば、壁紙、珪藻土などの塗り材、板やタイルなどの壁材のことを言いますし、
外装ならサイディングやモルタルなどがそれに当たります。

こういった仕上げ材の使う種類を抑えることで、メンテナンスがしやすくなるのです。

特に屋根や外装は、強い陽射しや風雨に1年中さらされていますから、
内装と比べると劣化も早くなります。

そのため、ある程度耐久性のある材料で、
ライフサイクルのことを考えてメンテナンスしやすいものを選ぶと良いでしょう。

外壁は外から見やすいぶん、屋根よりは状態が確認しやすいですから、
定期的にチェックすることをおすすめします。

なお、外壁にモルタルを選んだ場合は、小さなクラック(ひび割れ)から雨水が浸透して、
内部を腐らせてしまう恐れもあります。

クラックを見つけたらシーリングやモルタルで隙間を埋めて補修をしましょう。

湿気の多い部分にはカビの発生防止、腐食防止対策をとる

建物の耐久性能を高めるためには、湿気によるカビの発生と腐食の防止対策を練ることが重要です。

日本の住宅のほとんどが木造軸組工法ですから、
土台や柱に使う木材をいかに腐らせないかが建物を長持ちさせるための鍵といえます。

住宅のなかで一番湿気の心配をしなければいけない場所は、浴室、台所、キッチンの床下です。

ここの湿度が高くなり土台が腐ってしまうと、建物の強度に重大な影響を及ぼします。
湿気の多い敷地の場合は、床下換気装置をつけるなどして空気の通りを良くし、結露を防ぎましょう。

また、床下は湿気だけではなく、白アリの発生にも注意が必要です。

建築基準法では地面から高さ1m以内の場所には防蟻、防腐のための措置が義務付けられてはいますが、
防腐・白アリ対策をより強化するために基礎の高さを基準より10cm程度高くする工夫も有効です。

ローコスト住宅というと、使用する建材全体のグレードを落として
満遍なくコストカットをしていると思われるかもしれません。

しかし、住宅の構造に関わる柱や土台などの肝心な部分については、
しっかりとした材料を使っている会社がほとんど
です。

その点は安心して大丈夫でしょう。

メンテナンスに手間がかかるシャンデリア

家のメンテナンスのお話に関連して思い出したエピソードがありますのでご紹介します。

シャンデリアは家計や家事に大きな負担!?
私がハウスメーカーの営業マン時代に担当した東京都大田区のお客様は、
注文住宅を建てる際にこんな要望を出されました。

それは「玄関を吹き抜けにして、豪華なシャンデリアを飾りたい」というものです。

玄関からドアをくぐった瞬間に、まるで昔の古い教会にいるような感覚を、
空間の広がりとまばゆいシャンデリアの灯りで味わいたいとのことだったのです。

しかし、お客様の夢のあるご要望に水を差すようで申し訳なかったのですが、
私はシャンデリアをメンテナンスする際の手間について確認させていただきました。

と言いますのも、シャンデリアはガラスや金属の装飾が複雑な形をしていて、
掃除や電球の交換に非常に手間がかかるからです。

お客様にはメンテナンスの内容を具体的にお伝えしたうえで、
本当にシャンデリアを取り付けても問題がないのかを確認させていただきました。

シャンデリアは見た目にもキレイで豪華ですし、
取り付けるのも比較的簡単ですが、取り付けたあとにかかる手間を考慮に入れておかないと、
後悔することにもなりかねません。

メンテナンスやランニングコストについては、
建築前の段階ではなかなか考えにくいかと思いますが、ぜひ慎重に検討してみてください。

「坪単価」を抑えたローコスト住宅のメーカーを選ぶ

坪単価を抑えたハウスメーカーを選ぶ

注文住宅の価格を表す際に、ひとつの目安として「坪単価」という言葉がよく使われます。

【坪単価の計算方法】
坪単価=注文住宅の本体価格÷延べ床面積

坪単価を使うと、1坪あたりにかかる費用がわかり、
ハウスメーカーの住宅価格を比較しやすくなるというメリットがあるのです。

まるで、肉屋さんが「100gあたり~円」といった量り売りをするようですが、
肉の部位やブランドはさておき、単純に重さだけで価格が決まる肉の場合と比べると、
坪単価は費用に含まれているものが会社ごとに違うため、
実は比較できるようでできない面もあるのです。

つまり、坪単価に含まれるものがわかれば、「坪単価~円」と言われたときに、
それが本当に安いのか高いのか、あるいは適正なのかの判断がしやすくなるわけです。

しかし、坪単価と一言で言っても、そこに含まれる費用、含まれない費用があり、
「坪単価30万円だから、40坪の家を建てると1,200万円」
というような単純計算で出た金額は参考程度にとどめておきましょう

確実なのは、会社に間取りの希望を伝え、見積りをしてもらうことです。

管理人がおすすめする見積りサービス

タウンライフ画像

注文住宅一括見積サービス「タウンライフ」
自分の住む地域で対応可能な住宅メーカー、工務店とマッチングしてくれて、
無料で間取りプランと、プランに応じた見積りが頂けるサービスです。

坪単価に含まれない費用はいずれ支払うもの

ここでは、坪単価とは何の価格なのか、その内容についてご紹介しましょう。

坪単価の計算に使う延べ床面積とは、住宅のすべての階の床面積を足したもので、
坪数(1坪=約3.3平方メートル)で計算しています。

したがって、延べ床面積40坪4000万円の注文住宅なら、
坪単価は100万円になる
というわけです。

同じような住環境・同じ40坪の広さで本体価格3200万円の注文住宅があった場合は、
坪単価は80万円ですから、20万円の差が生まれている理由が気になるところでしょう。

金額に差が出る理由のひとつは、本体価格に含んでいない費用があるためです。
では、家の本体価格には通常何が含まれるのでしょうか

これは、注文住宅の見積書を見るとわかります。

見積書に書かれている主な項目と内容については別の記事をご参照いただきたいのですが、
基本的には仮設工事、基礎工事、木工事から始まって、
屋根、建具、仕上げをして、電気や水道などの設備工事をするところまでです。

それ以外の費用を含めるかどうかで坪単価が変わります。

▼こちらの記事で「契約書と見積書のチェックポイント」について記載しています。▼

さて、住宅の本体価格に他の費用を含むかどうかで坪単価が変わることはわかりました。

では、本体価格以外は必要ない費用なのかというと、そうではありません。

ほとんどが遅かれ早かれ支払うことになる費用ばかりで、
本体価格に含める、含めないに関わらず、支払総額にはそれほど大きな違いはないのです。

たとえば、照明器具やシステムキッチン、
カーテンなどは新築住宅には必ず必要になりますが、
本体価格に含んでしまう場合と含まない場合があるのです。

また、建築確認申請などの申請費も、本来なら本体の価格とは別に考えます。

しかし、これを含む場合もあるのです。

参考までに、ほんの一部ではありますが、本体以外にどんな費用を支払うのかを見てみましょう。

住宅本体以外にかかる主な費用(付帯工事費)

  • 建築確認の申請費用
  • 建てようとしている住宅が建築基準法に適合しているかどうかを検査してもらうための費用です。

  • 解体費用(必要な場合のみ)
  • 敷地内にある古い建物を解体・撤去してから住宅を建てる場合に必要になります。

  • 地盤の改良工事費(必要な場合のみ)
  • 軟弱地盤の土地に家を建てる場合に必要になります。

  • 外構の工事費
  • 敷地の周りを囲むフェンスや入り口の門扉のほか、カーポートなどの工事費も含みます。

  • 引き込み工事費
  • 水道やガス、インターネット、ケーブルTVなどを引き込む際に必要な工事費です。

  • 設計、管理費(必要な場合のみ)
  • 設計事務所に依頼した場合に発生する費用です。

坪単価の数字だけで判断すると評価を見誤る

坪単価に含む費用が会社ごとにまちまちなのであれば、
たとえひとつの基準になるとはいえ、
坪単価だけで比較すると実態からずれてしまう恐れもあります。

しかも、坪単価の算出に使う延べ床面積には、
吹き抜けやバルコニー、デッキ、ホームエレベーターなどは含まれません
のでなおさらです。

そのため、延べ床面積は狭くても吹き抜けやデッキなどがあるおかげで、
実際には家が広く感じられる場合があります
(正反対の捉え方をすると、家は広く感じるのに床面積で見ると狭く感じます)。

家の見た目の広さと、床面積から受ける印象のズレを解消するには、
施工面積で考えるとよいのですが、施工面積だけに頼るのにも問題があります。

家を建てる際の施工面積とは、延べ床面積から除外される吹き抜けや
バルコニーなどの床面積もすべて加算した面積のこと
です。

つまり、建物の本体価格を施工面積で割ると、見た目の広さに即した価格に近づけると言えます。

「近づける」としたのは、住宅の価格は面積が広くなるほど坪単価が安くなる仕組みがあるからです。

たとえば、延べ床面積35坪、吹き抜けやデッキが合計10坪ぶんの住宅で比較してみましょう。
これを2種類の書き方で示すと以下のようになります。

面積の示し方を変えた同じ家
A 延べ床面積 35坪5000万円の住宅
B 施工面積 45坪5000万円の住宅

同じ間取り・同じ価格の住宅であっても、
AよりBの表記のほうが価格の割に広くて得をしたように感じられませんか?

坪単価で比較するならAは約142万円、Bは約111万円です。
同じ家なのに施工した床面積で計算するだけで、1坪あたり約31万円も得した気になれます。

これを見ると、坪単価だけでは判断できないことがよくおわかりいただけるでしょう

ハウスメーカーに注文住宅をお願いしている場合は、
担当営業マンに坪単価にどこまでの費用が含まれているのかを聞いてみてください。

ハウスメーカーの場合は、住宅の本体価格から計算した坪単価を使う場合がほとんどだと思います。

工務店なら、本体価格以外の費用も含む総額から坪単価を出す場合が多いでしょう。

以上のことから、坪単価は住宅の価格を比較する際の目安にはなりますが、
必ずしも実態に即していない部分もあると考えておけば安心です。

延べ床面積と実際の家の広さのギャップを解消するために、
同時に施工面積も参考にするとなお良いでしょう。

住宅の間取りを小さくしても坪単価ぶんは安くならない

坪単価に関して誤解されやすい例をもうひとつご紹介します。

たとえば、先ほど例に挙げた延べ床面積35坪5000万円、
坪単価111万円の住宅を5坪減らして30坪にするとしましょう。
この場合、30坪にした住宅の本体価格は、以下のようになると誤解されてしまうことが多いのです。

5000万円-(坪単価111万円×5坪)=4445万円

しかし、実際の価格は4445万円よりも高くなります。

坪単価111万円の住宅から5坪ぶんを減らしたのだから、
合計で555万円ぶんが安くなると思いがちですが、実際はそこまで安くならないのです。

その理由を知るためには、固定費と変動費について知っておくとよいでしょう。

住宅の本体価格のうち、必要な設備などの費用のことを固定費といいます。
キッチンや浴室の設備機器などはこの固定費と考えましょう。

一方、住宅の広さによって数が増減する柱、梁、外壁、床などの費用を変動費といいます。

つまり、住宅を35坪から30坪に減らしても、坪数に関係なく含まれている固定費ぶんは減らないので、
坪単価ほど安くはならないわけです。

坪単価のからくりについては、この点にも注意しましょう。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカーの相場と費用

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.