注文住宅に使われる内装材の種類

ハウスメーカー(注文住宅)

注文住宅に使われる内装材の種類

投稿日:

住宅に使用する各種の内装材には、リビングや寝室などの印象を変えるだけではなく、生活の快適さを左右する重要な役割もあります。

たとえば、壁仕上げ材を選ぶ場合でも、クロス(壁紙)であれば選択するデザインや色によってリラックスできたり、気持ちを引き締めたりと、その部屋で過ごすときの気分にも影響を与えます。

また、塗り壁にする場合なら、クロスにはない質感が味わえるだけではなく、調湿や消臭などの効果があるものも選べるのです。

このように、内装材の種類と機能性を知っておくと、ご自分の好みにマッチした商品が選べ、注文住宅をより自分好みの家にカスタマイズできるようになります。

ここでは理想の注文住宅作りに欠かせない壁仕上げ材や床材などの内装材について見ていきましょう。

機能性、デザインの種類が豊富な壁仕上げ材

注文住宅に使える壁仕上げ材には、紙やビニールシートを壁に貼る壁紙(クロス)、壁に材料を塗る漆喰や塗料など、求める部屋のイメージに合わせてさまざまな種類が選べます。

それぞれの壁仕上げ材の特徴をご説明しましょう。

壁紙(クロス)

クロス
カラーバリエーションやデザインの種類が多く、また比較的安価なことから、壁紙(クロス)は一般的な壁仕上げ材として知られています。

壁紙には、パルプを原料とした洋紙にイラストや模様を印刷したり、凹凸のあるエンボス加工を施したりした「紙クロス」のほか、樹脂を使ったビニールシートに紙を貼り合わせた「ビニールクロス」が主に選ばれています。

そのほか、麻、綿、合成繊維などを原料として織り上げた「布クロス」、コルクなどの木材と紙に合わせて作った「木質系(木材系)」などもあり、使用する材料ごとに選ぶことも可能です。

壁紙はただの紙ではなく、汚れがつきにくく、汚れても水拭きで落としやすいよう、表面が加工されています

種類によっては傷に強いもの、抗菌作用のあるもの、臭いの成分をある程度分解してくれるものなど、機能性の高い壁紙も用意されていますから、ペットを飼う家なら消臭機能のあるものなど、必要に応じて選びましょう。

木材

木材

木材を壁材として使う場合は、天井や床などにも使う羽目板(はめいた)や、床から近い場所に使われる腰板(こしいた)などを貼り付けます。

木材を壁材にすると、見た目の質感や触った時の手触りが良いのはもちろん、針葉樹の檜(ひのき)や杉(すぎ)、広葉樹のブナ、ナラというように種類も豊富で、選び方しだいで高級感を出せるのも特徴です。

壁の中央よりも下の範囲を腰壁といいますが、この範囲は足がこすれたり、荷物を移動させるときにぶつかったりすることが多いことから、汚れや傷がつきやすくなります

この腰壁部分に木の壁材を使うことで、傷をつきにくくすることも可能です。

塗料

塗料

塗料を壁に塗る場合のメリットは、湾曲していたり大きな凹凸があったりする壁でも施工しやすいことが挙げられます。また、複数枚を貼り合わせるクロス(壁紙)とは違い、継ぎ目がないのも仕上がりの良さにつながっています

なお、内装用の塗料は、原料にシンナーを使用しない水性塗料が中心ですから、臭いも気になりません。

水性塗料のほかには、自然界にある成分を原料に使った自然塗料などもあります。

塗り壁

塗り壁

塗り壁は、漆喰(しっくい)や珪藻土(けいそうど)などを壁に塗る伝統的な工法です。

左官屋さんが器用に壁を塗っている姿を見たことがあるかと思いますが、壁に直接塗れるもの、クロスの上からでも塗れるものなど、材料によって施工方法も異なります。

塗り壁の特徴は、調湿性や断熱性、防火性などに優れていることです。また、塗料と同様にクロスのような継ぎ目がないのも美観にこだわる方にはメリットになるでしょう。

壁材は材料も施工方法もさまざまで、選ぶ壁材によって施工費用も大きく変わります。一般的には自然素材を使う壁材の施工がより難しく、塗り壁などは乾燥や地震などの振動によってひび割れができる可能性もあるなど、選ぶ壁材ごとのリスクも理解しておいたほうが良いでしょう。

また、クロスは種類が多いだけに色合いを微妙に変えた製品などもあり、サンプルの色味を良く確認しておくことをおすすめします。

できるだけ大きなサイズのサンプルを取り寄せ、光が当たった場合とあまり当たらなかった場合の色の違いなども見ておくと、イメージとのギャップが大きくならずに済みます。

床材は用途を優先して選ぶ

床材とはフローリングや畳、タイルなど、住宅の床に使う材料のことです。床材は家で生活している人が上を歩いたり寝転がったりと、他の内装材と比べて人体に触れる時間の長いことが特徴のひとつです

また、日常的に床材の上に水をこぼしたり物を落とす可能性があり、毎日使えるだけの高い耐久性が求められるのもこの材料ならではでしょう。

しかも、裸足で上を歩いたり寝転がったりした時の感触や見た目の美しさなど、個人的な好みが製品選びに反映されやすく、求められる性能や機能が多い材料でもあります。

和室であれば畳、洋室のリビングならフローリングという具合に、部屋によって使用される床材の種類はある程度制限されますが、畳やフローリングにも種類がありますし、廊下に畳を使用するなど、ある程度用途も変えられます。

それでは、具体的にどんな床材があるのかを見てみましょう。

フローリング

フローリング

床材のなかでも畳と共によく知られているのがフローリングです。フローリングは床に敷き詰めた状態ではなかなかわかりにくいかもしれませんが、無垢フローリングと複合フローリングの2種類があります

この2つの特徴と違いをご紹介しましょう。

無垢フローリング

無垢フローリングは木材をそのまま使った床材で、木の質感がそのまま楽しめるのがウリです。材料に使用している木の種類が多いため、固さ、色、木目などから商品を選べるなど、選択肢が多いのも特徴です。

無垢フローリングは木材をそのまま使ってはいますが、床暖房やホットカーペットを使うために耐久性や抗菌性能を高めた製品もあります。

また、木材だけあって、浅い傷ならやすりがけなどで補修することもできます。

複合フローリング

複合フローリングは合板や集成材などの表面に化粧材を貼り合わせて作った床材です。化粧材の材料を変えることで、さまざまな機能性を持たせることができ、たとえば木材にプラスチック樹脂を混ぜて硬度を増すなど、無垢フローリング以上の機能を持たせることができます

複合フローリングはこの化粧材の材料によって、タイプの分類が可能です。

タイプ 特徴
シートタイプ 木目や模様などを紙や樹脂などで作られたシートに印刷したものを貼り合わせたタイプ。木目が本物そっくりで一見シートと分からないような製品もあります。
単板タイプ 1mm程度の薄さに削った天然の木材を貼り合わせたタイプ。表面は天然の木材なので、見た目は無垢フローリングと遜色がなく、3mm程度の厚い単版タイプの製品のなかには、浅い傷が付いた場合にやすりで削って見た目をきれいにすることも可能です。

天然木材にこだわらなければ、機能性の高い複合フローリングはおすすめの床材です。実際のところ一般住宅のほとんどは複合フローリングを使用しています。

また、戸建て用、マンション用として分けて開発している製品や、耐水性に優れた水まわり用、吸音性に優れた防音用など、機能を特化した製品もあります。

畳

和室に欠かせない床材といえば、イグサやワラで作られた畳です。畳がいつ頃から使われ始めたのかについてはまだわかっていませんが、一説では平安時代ともいわれ、畳に似た床材であれば、それ以前から使われていたとする説もあります。

畳は外国から伝来されたものではなく日本発祥の床材ですが、これほど長い間使われ続けているのは、優れた特徴があるからです。
いくつかその特徴を見てみましょう。

吸湿性・放湿性に優れる

畳はそれ自体の温度が気温にあまり左右されない床材で、夏は高温になることがなく、冬もフローリングほどは冷えません。そのため、季節を問わず快適に使用できます。これは畳の表面にあるイグサやその中にあるボード状になった畳床(たたみとこ)に高い吸湿性・放湿性があるからです。

高い断熱性と保湿性

畳の本体ともいえる畳床(たたみとこ)は空気を多く含んでおり、高い断熱性と保湿性を発揮します。

そのほか、新しい畳はイグサの香りが新鮮ですから、その部屋にいるだけで気分を落ち着かせてくれます。また、畳には多少吸音・遮音の効果もあります。それが静かで落ち着いた空間を作るのに一役買っているといえるでしょう。

本来畳は和室に使う床材ですが、昔から縁側や室内の廊下を畳にしたり階段に使う場合もありますし、半畳にして洋室に敷きつめたりもします。

最近の畳は表面のイグサの部分(畳表・たたみおもて)に青や黄色などの色を付けたり、畳へりにさまざまな模様をあしらったりするなど、和室・洋室を問わず使えるようになっています。

カラフルでモダンな和室など、ご自分の好みに合わせて畳の種類を選んでみてください。

天然石

天然石

床材に使われる天然石のフロアタイルは種類も多く、天然石や大理石、ガラス、セラミック、陶器質など、さまざまな素材から選べます。

天然石の床材の特徴は、まず見た目の素材感を楽しめる点です。石なので耐水性や衝撃耐性も高く、滑りにくいのもメリットです。

リノリウム

リノリウム
リノリウムの床材と聞くと、住宅よりも病院や学校を思い出すという方は意外に多くいらっしゃいます。その理由はさまざまですが、小説を読んでいると病院内の描写によくリノリウムという単語が使われますので、そちらの影響も少なからずあるのかもしれません。

リノリウムは植物の亜麻から採った油・亜麻仁油(あまにゆ)や、石灰岩、コルク粉、木粉などの自然素材から作った床材です。

これには耐水性が高く抗菌作用があり、また弾力性があって表面が滑りにくいことから、医療施設や医学系の研究施設などの床材によく使われています。

住宅では洗面所やトイレなどの水回りに使用されることが多いです。

クッションフロア

クッションフロア
クッションフロアはシート状の床材で、弾力性のある発泡塩化ビニルなどからできています。水や汚れに強く、キッチン、トイレ、洗面所などの水まわりでよく使われるほか、リビングなどに使われる場合もあります

クッションフロアはシートが薄く、加工しやすい床材ということもあり、ホームセンターなどで買ってDIYをされる方もいらっしゃいます。

コルクタイル

コルクタイル

コルクタイルはコルクの樹皮を細かく砕いてタイルやシート状にした床材です。コルクはワインの栓などでもおなじみの素材ですが、細かい気泡が多く含まれ、通気性と保湿性が高いのが特徴です。そのため、コルクタイルの上を素足で歩くと、適度な温かみと柔軟性があり、またベタつく感覚もないので非常に快適です。

カーペット

カーペット

繊維を主な材料とする敷物です。カーペットはフローリングやリノリウムなどと比べると、耐水性が弱く、拭き掃除がしにくいなどのデメリットがあります。しかし、抗菌や防ダニのほかに防汚機能などを備えた製品もあり、使い方しだいでそのデメリットもカバーできます

カーペットのメリットには防音性と保温性の高さが挙げられます。冬場に素足で歩いても、冷たさをほとんど感じないのはカーペットならではでしょう。

床材は家で生活している以上、毎日触れるものです。生活のなかで、上に物を落としてしまったり、水をこぼしてしまったり、椅子の足で表面をこすってしまったりと、使用環境としては壁材などよりも過酷といえます。

ですから、デザインなどの見た目で選ぶのは良いとして、使う場所に合った機能性を持つ製品を選ぶことが第一です。施工した床材を長く使うためにも、耐水、抗菌などの機能はよく確認しておきましょう。

壁材や床材とのバランスを考えて選ぶ天井材

壁材や床材と比べると、天井材は触れる機会も少ないためか、デザインや色味は壁材の延長としてなんとなく選ばれるお客様が多いように思います。もしくは、コーディネーターに全面的にお任せいただくこともあります。

実際、天井材の機能性は壁材とほぼ同じものがありますし、よっぽど壁材が強い色でなければ、デザインや色味を壁材と合わせておけば、カラーリングの失敗も少なくて済みます。コーディネーターに任せた場合も、まずおかしな組み合わせは選んできません。

しかし、「せっかく建てる注文住宅だからこそ、自分で天井材を選んでみたい」という方は、以下の点を意識して選んでみてください。

床・壁・天井の順に明るさを意識する

一般的には「天井>壁>床」の順番で、内装材の明るさを変える(天井が一番明るい)と空間から圧迫感を感じずに済みます。

壁と天井を白系でまとめる場合でも、壁材は薄いベージュ、天井材は白というように微妙に明るさを変えると良いでしょう。

また、選ぶ色にもよりますが、色味のある天井材を使うと、落ち着いた雰囲気を演出できます。

部屋や環境に合わせて天井材を選ぶ

天井材で最も選ばれているのが、壁材と同様にクロス(壁紙)です。壁材には落ち着いた和風のデザインもあるので、和室にクロスが使われる場合もあります。その際、和室の天井材は濃い焦げ茶色系の色味にしておくと、落ち着いた雰囲気を出せます。

また、和室の壁材に自然素材を使っているのであれば、壁材もクロスではなく漆喰(しっくい)や珪藻土(けいそうど)などの天井材を使っても良いでしょう。

そのほか、ペットを飼っている家なら、消臭機能を持った天井材、キッチンであれば耐火性の強い天井材など、部屋や環境に合わせて天井材の機能を選ぶと、より快適な注文住宅が作れます。

天井材に使うクロスは、壁材と同様に色合いを微妙に変えた製品などがあるため、製品サンプルの色味は良く確認しておくほうが良いと思います。

可能な限り大きなサイズのサンプルを取り寄せて、光が当たった場合とあまり当たらなかった場合の色の違いを見ておくと、イメージとのギャップが少なくて済みます

さらに、床材、壁材、天井材のサンプルを並べて見ると、配色のイメージがより具体的になり、色のバランスも確認できますのでおすすめです。

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカー(注文住宅)

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.