注文住宅の防火・地震対策について考える

ハウスメーカーの安全、防犯性

注文住宅の防火・地震対策について考える

投稿日:

住んでいる人の命や財産を守るうえで大事なものの1つが、
住宅の耐火・耐震性能でしょう。

天災である地震はいつ起こるかが予想できないので備えるしかありません。

しかし、火災は人災でもあり、自分の家から起こるだけではなく、
隣家からの延焼で起こることもありますので、万全な注意と対策が必要です。

まずは、防火に関する基本事項として、、
法的な側面からの防火地域、そして防火性能についてみてみましょう。

防火地域と準防火地域に建てる家は耐火性が義務づけられている

都市計画法の第9条20項には、、
「防火地域又は準防火地域は、市街地における火災の危険を防除するため定める地域とする」
とあります。

この防火地域と準防火地域とは、簡単に言うと、それらに指定された地域に建てる建築物は、
耐火建築物にする義務があり、火災の被害が拡大しないようにしなければいけないということです。

なお、耐火性能を高めた建築物には、耐火建築物と準耐火建築物の2種類があります。

これらは建築基準法第2条第9号に定められています。

耐火建築物

主要な構造部分(柱、梁、壁、床、階段、屋根)が耐火性能を満たしていて
なおかつ延焼の恐れがあるドアや窓などの開口部に、
火災を遮るための防火扉などの設備を有している建物のことを言います。

「耐火性能を満たしている住宅」というのは、建築基準法を元に簡単にまとめると、
建物が耐火構造で、自分の家から火災が発生した場合、または隣の家で火災が発生した場合に、
その火が燃え尽きるまでに耐えられる家ということです。

耐火構造としては、1100度の火に対して1時間程度耐えられることが要求されます。

したがって燃えにくく、構造のしっかりとしたコンクリートや鉄骨構造の家は、
耐火面では有利な住宅と言えます。

準耐火建築物

耐火建築物以外の建築物において、
主要な構造部分(柱、梁、壁、床、階段、屋根)が準耐火性能を満たしていて
なおかつ延焼の恐れがあるドアや窓などの開口部に、
火災を遮るための防火扉などの設備を有している建物のことを言います。

耐火建築物とほとんど同じような内容ですが、準耐火建築物の場合は、
「耐火性能を満たしている住宅」の定義が少し違います

これも建築基準法を元に簡単にまとめると、建物が準耐火構造である、
または準耐火構造と同等の準耐火性能がある技術的な基準に適合していることが条件です。

では、耐火構造と準耐火構造の違いは何かというと、耐火構造は火災の火が燃え尽きるまで建物が耐え、
そのまま状態を維持できなければいけないのに対して、、
準耐火構造は火災の火が燃え尽きるまでに建物が耐えられれば、
その後は壊れても良いということ
です。

耐火構造のほうがより強い耐火性能を求められているわけですが、
いずれも火災の延焼を抑制するという点では同じです。

注文住宅を建てる敷地がどんな地域なのかはぜひ知っておいてください。

知っていれば意識が変わり、対策の立てようもあります。

ちなみに、建物以外での防火対策としては、敷地の境界に常緑樹を植えて、
延焼を防ぐ例
もあります。常緑樹はその名のとおり、
1年中緑色の葉をつけているので、燃えにくく延焼を防ぐ壁になってくれるのです。

地震に強い家とはどんな住宅なのか?

地震に強い家とは

注文住宅を建てるときに、火災に強い家と並んで検討するのが地震に強い家だと思います。
では地震に強い家とはどういう家のことでしょうか?

まず、建築基準法をもとに、一定の耐震性能が求められている関係上、
木造軸組み工法(在来工法)や2×4(ツーバイフォー)、あるいはプレハブ工法(軽量鉄骨造)など、
構造の違いによる耐震性能に大きな差はありません

確かに、メーカー独自の工法によって、
制振の仕組みやエネルギーの吸収の仕方に技術の違いこそありますが、

耐震性能だけで評価するなら大きな差はないのです。

地震に強い地盤・弱い地盤の違いと調べ方

地震対策として建物の構造を重視する前に、建物が建つ地盤の性質を見極めることも同じぐらい、
またはそれ以上に重要
です。地盤がしっかりしていなければ、、
いかに頑丈な家を建てても、足元から崩れてしまうからです。

今お住まいの地域、またはこれから購入しようと思っている土地がある地域の地盤がどの程度強いのかは、
自治体が発表しているハザードマップが参考になります。

または、民間の「地盤サポートマップ」(http://www.jiban-portal.jp/)のように、
インターネット上から各地域の地盤の強さが確認できるサービスもあります。

一般的には、埋め立て地干拓地三角州など、もともと水の中だった場所は、
地盤が弱く揺れやすい土地です。

こういった場所は地震の揺れで液状化を起しやすくなっています

反対に地盤が強く揺れにくい土地は、山地丘陵地台地などです。
地面が隆起してできたような場所は地盤が強い傾向にあります。

しかし、地盤が弱い場所でも、地盤改良工事によって強くすることができます

地震に強い住宅を基礎部分から考える

木造住宅を例に、地震に強い住宅を基礎から見ていきましょう。

現在木造住宅の基礎は、主に布基礎とベタ基礎の2種類から選ばれています。

布基礎は、壁の下から地面方向に伸びる基礎部分の断面が、
アルファベットのTの字を逆にしたような形になっていて、
Tの上の部分(フーチング)が地面に接することで、建物からの荷重を分散します。

一方ベタ基礎は、基礎の底部全体で建物からの荷重を分散します。

そのため、建物の一部が傾きながら地面に沈む現象・不同沈下が発生しにくくなっています。
地盤が弱い場合は、ベタ基礎が採用されることが多いのも特徴でしょう。

基礎の上の土台も耐震化は可能

しっかりとした基礎を作ったら、その上に乗せる建物もまた頑丈にしなければ意味がありません。
まずは上に乗せる建物の一番下にある土台が重要になります。

土台とは、布基礎やべた基礎の上に並べて乗せ、アンカーボルトで固定する木材のことを言います。

建物の一番下にあり、地面から近いこともあって、
白アリに食べられたリ、水場からの湿気の影響を受けたりしやすい場所です。

そのため、通常は防腐剤を塗るなどして腐りにくくしてあります

また湿気対策としては床下に換気口を付けますが、
湿気が多い場所については換気扇を付けて対策をする場合もあります。

土台が白アリに食べられるほか、湿気で腐ってしまっては本来の強度を出せませんので、
しっかり施工してもらいましょう。

地震の横揺れ強い建物は壁の多い建物

地震に強い家は壁の多い建物

地震には縦揺れと横揺れがあります。
横揺れの力に耐えられる家にするには、壁が多いほうが良いのです

壁といってもただの壁ではなく、筋交いが入った壁や構造用合板の厚い壁のことで、耐力壁とも呼ばれています。

2×4(ツーバイフォー)の工法で建てられた家は、耐力壁で支えられた家なので、
横揺れに強い家です。

地震に強い耐力壁を使うこと、
そしてこの壁が家にバランスよく配置されていることが、
地震に強い家を作るためのポイントの1つ
です。

通常、陽当たりの良い南側は、広いリビングやダイニングを配置することが多く、
反対に陽当たりに関係のない浴室、洗面所、トイレなどは北側に配置します。

この間取りを上から見ると、南側に広い空間があるぶん、
壁の枚数が少なくなることがわかるでしょう。

壁の枚数が少なくなれば、建物の南側を支える力もバランスが悪くなります。
間取りを考える際は壁量が少なくないかもチェックしておきましょう。

骨組みは太い柱や梁の使用に加えて金具で補強

注文住宅の骨組みになる柱や梁は、
なるべく数が多く細いよりは太いほうが良い
のは言うまでもありません。

古い住宅をリフォームする際にも、
細い柱があると両側から新しい柱で挟んで補強(サンドイッチ工法)するぐらいですから、
いかに太い柱が重要かはおわかりいただけるのではないでしょうか。

また、柱は1階と2階が1本でつながった12cm角の通し柱が最も強く
通し柱ではなくても、1階と2階の同じ場所に柱があるほうが、
建物の構造的にも強くなります。

また在来工法の場合は、筋交いを補強したり柱の接合部を補強したりする、
各種耐震補強金物との組み合わせ
で、縦揺れを含めて耐震性能が格段に上がります。

家具の耐震補強を施すことで部屋の安全性をさらに高める

建物の耐震性を高めても、部屋のなかにある家具が倒れてくるようでは、
危険性はいっこうに減りません。大地震の際に、
家具に押しつぶされて怪我を負ったり亡くなられたりする方がいらっしゃるぐらいですから、
身近なところから耐震性を高めるのがより安全性の高い家づくりに繋がります。

家具は転倒防止器具を取り付けて、壁や天井に固定しましょう

PR

タウンライフ家づくり

絶対知っておくべき住宅会社の選び方

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。一大決心して買った注文住宅。 でも、いざ住宅が完成してみたら「思っていたのと違う・・・」 というギャップを感じた人は大変多いそうです。 適正価格でイメージ通りの家づくりをすることは、難しいことなのでしょうか? いいえ、正しい情報を得て、しっかりと比較し、自分に合った住宅会社を選択することで、 夢のマイホームを適正価格でイメージ通りに建てることができます。 ではどのように情報を集めて、比較をすればいいのでしょうか?
理想の家づくりを実現へ!かしこく情報収集する方法
  • 住宅展示場へ行く
  • ネットの情報をもとに問い合わせをする
  • チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く
  • 住宅情報の雑誌を見て資料請求する
  • ネットで資料請求する
どれも家づくりの情報収集に有効な手段ですが、それぞれの方法にメリットデメリットがあります。
住宅展示場へ行く
メリット ・メーカーや工務店の建築実例を実際に目で見ることができる ・一度に多くのメーカー・工務店のモデルハウスを見ることができる デメリット ・住宅展示場に展示されているのは、大手の限られたメーカーや工務店のみ ・衝動的に依頼する会社を決めてしまうパターンが多い ・担当営業がついて、しつこく営業の電話や訪問が繰り返される
検討材料や情報収集の場と割り切り、強い意志を持って行く

ネットの情報をもとに問い合わせをする

メリット ・スマホやPCで、どこからでも簡単に情報を得ることができる デメリット ・情報のかたよりがある(ネットに掲載されていない業者も多くある) ・膨大な情報量の中から、本当に優良な業者を見つけるのが困難
ネットで見つけたメーカー・工務店の中には、古い情報を掲載していたり、
間違った情報を載せている会社もあるかもしれない、と心構えをもっておく。

チラシやTVCMで見た業者のモデルハウスへ行く

メリット ・気になる住宅会社が実際に建てた家の中を、じっくりと見ることができる デメリット ・断りにくくなり、なし崩し的に商談が進んでしまうことも ・大手だからと安心していたら、ひどい担当者に当たってしまった
大手だから安心、と盲目的に考えるのはNG。 担当者との相性や、協力会社の質や価格帯も異なるため、地域によって価格や対応に大きな差が出ることもあります。
住宅情報の雑誌を見て資料請求する
メリット ・広告を載せている住宅会社から、気になる業者を選んでコンタクトが取れる デメリット ・住宅情報誌に掲載する会社は、広告費を多くかけている分、坪単価が高くなる傾向がある。
単価増の可能性も含めて気に入った会社があれば、問題ないでしょう。
ネットで資料請求する
メリット ・自宅で簡単に請求ができる ・無料で資料請求できる(サービスによっては一括請求できる) デメリット ・業者によってはしつこい営業電話がくることも
しつこい営業電話がなく、あなたに合ったプランを提示してくれる優良な資料請求サービスがある
最も効率よく安心して家づくりの情報を得る方法
自分に合った優良な会社を探す一番手軽で効率の良い方法があります。 それは 資料を一括請求すること 一括請求のメリットは、とにかく気軽であること。そして、じっくりと比較ができること。 「しつこい営業がない」と評判で、充実した資料を送ってくれる一括資料請求サービスを見つけました。 タウンライフ家づくりというサイトですが、私の会社のお客様からよくタウンライフの評判を伺うので、
どんなものか気になって、実際に資料を請求して検証してみました。 タウンライフ家づくり
本当に3分で依頼完了するのかも気になりますね。
細かい項目を選択しますが、サクサク選択できて無事請求完了しました。本当に3分ちょっとで完了しました(笑)

タウンライフ家づくりがイチオシな理由

  • 無料
仲介手数料やその他費用を払う必要ナシ
  • 資料請求が簡単
3分で資料請求できて、後日メールで資料が届くから貴重な時間を取られない
  • しつこい営業がない
しつこい電話や訪問営業をされる心配がない (※検証・ネット口コミ・評判による情報)
  • 間取りプランがもらえる
希望に応じた間取りプランがもらえて、家づくりが具体化する
  • 詳細な見積りがもらえる
間取りプランをもとにした実際にかかる建築費用の目安がわかる
  • 資金計画書がもらえる
見積りを基にした、現実的な資金計画書がもらえる
他のサイトのサービスと比べても、タウンライフの一括資料請求は内容がかなり充実しています。 何より、間取りプラン、見積り、資金計画書が具体的で 他のサイトで資料請求した時よりも、家づくりのイメージがわきやすい点もポイントですね。
※坪単価で建築費用を計算するのは注意が必要 よく目にする有名ハウスメーカーや工務店の参考坪単価は、オプション、設備のグレード、付帯工事などが含まれず、実際にトータルでかかる費用と大きな差が出てしまいます。それに比べてタウンライフで請求した資料は、実際の建築費がトータルで見積もられているため、よりリアルな数字を把握することができます
大手ハウスメーカーから、地元に根付いた工務店まで、
全国600社以上の会社が登録されています。 厳格な国家基準をクリアした信頼ある住宅会社のみが掲載されているため、
安心して利用できるのも大きな特徴だと思いました。

↓画像はタウンライフのサイトより参照

タウンライフが信頼できる証証拠
ネットで口コミを見かけても、好意的な評判が多いです。 注文住宅が気になる方は、タウンライフ家づくりを是非ご覧になってみてください。 ↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓

すべての人がよい住宅を望み、
すべての不動産会社がよい住宅を謳っているにも関わらず、
住宅で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

家づくりを成功させる秘訣をお教えします!

家づくりを成功させるには、最も大切なポイントがあります。それは、「自分に合った正しい業者選び」を行うことです。ここでつまづいてしまっては、大金をはたいて建てた家が、不満だらけのマイホームになってしまう恐れがあります。

家づくりに成功した人がやっていた!優良〇〇〇〇とは?

満足できる家づくりをするには、根気よく自分の希望に沿った業者を選ぶこと。良い業者に出会えるかどうかは、家づくりを始める前の準備段階にかかっています。

「まず、何をしたらよいのか?」と迷っている方や、情報を集めてみたものの、迷うことだらけでなかなか先に進めない、という方は、是非この記事をご覧ください。

-ハウスメーカーの安全、防犯性

Copyright© 家を建てる費用や見積り , 2020 All Rights Reserved.